2017年11月20日 (月)

黄色い声で

 
 プレーオフを優位に迎える為に 大切な大切な最終戦。
 
 千葉戦が終わった時点で4位は確定したので、最終戦で負けても プレーオフ準決勝はホームで試合できるし、引き分けでも勝ち。
 3位だったら、準決勝・決勝共にホームで どちらも引き分けでも勝ち。
 無知な私でも シンプルに「3位が絶対有利」と思う。
 
  で、3位になるためには、最終戦の相手讃岐に勝ち、同時に、41節で3位にいた福岡が引き分けか負けないとダメ。
 二重のハードル・・・越えられるかなぁ・・・ダメダメなヒサ婆。
 
 寿人は「ホームで決める事しか考えてません」と。
3位になって決勝までホームで戦うんだね。
 こういうリーダーの強い気持ちって重要なんだろうなぁ。
 
 ダゾーンの画面を夫と二人で食い入るように見つめる。
 ゴール前に攻め込まれた時は、スタジアムのサポーターに声を合わせて手拍子。
とにかくこの試合に勝つ事が必須条件。
 
普段は
①寿人ゴールで勝利
②寿人ゴールあるも勝てず
③寿人ゴール無く勝利
④寿人ゴール無く敗戦
と、②と③の順位が逆転している私。
 でも!さすがにここへ来ると 寿人ゴール無くてもいいから勝ってーーー!と 心から願う。
 
 寿人の素敵プレーもあり~の、でも決められず「あぁ~~~ん 寿人ぉ~」の、両手を顔の前で組んで祈祷師にもなり。
 ピンチには「きゃぁーーーーーっ!!」と 衣を裂くような声・・・こういう時は おばあちゃんでも こんな声が出るんです。
 窓を閉めてる季節で良かった。
ご近所の人が「何事?!」と思いそうな声だもん。
 
 自陣でボールを奪って前を向けば「それ行けーーーっ!それ行けーーーっ!」
「ほれっほれっ!」・・・なんで、「ほれっ」なんだろう?と後で思うけど、その時は「ほれっ!」なの。
 これが名古屋のおばあちゃんなのかも。
 
 2-0になると もう「早く終わってーーーーーー!」
 
 福岡対岡山の試合経過も気になる。
 
 1-1と知り「岡山ガンバレ 岡山ガンバレ。最後まで粘ってくれ~!」
 祈祷師状態になって終了のホイッスルを聴き「やったぁーーーーー!」と両手を揚げて金切声。
 
 家の中で ひじをピンと伸ばしてバンザイするなんて 滅多にないぞ。
 
 福岡が引き分けて グランパスの3位が確定した。
 あぁ~~~寿人の言ってる事が どんどん実現していくんだなぁ。
 
 だがしかし!
 プレーオフの準決勝の相手が、千葉になりましたぁ・・・。
この前 ホームで負けたばかりだし、アウェイでも負けてるし、どっちも得点してないし・・・。
 
  「日曜日の瑞穂スタジアムは勝つ」って あちこちで目にする。
それに この前 負けたばかりだから、修正点はわかってるよね? 勝たなくて逆に良かったのかも。
 
  また双子対決かぁ・・・興行的にも面白いんだろうね。
 
 寿人と勇人お兄ちゃんのご両親、この前の試合は『35歳の息子二人がピッチで躍動してる姿を見られる』だけで嬉しいだろうと想像してた。
 どっちが勝つとかじゃなく、二人が全力で大好きなサッカーをしてるだけで満足だったんじゃないかと。
 でも…今度は、それだけじゃ済まないよね。
 
 勇人お兄ちゃんだって、J1昇(復帰)は長年の悲願だもの。
 寿人は「グランパスを1年でJ1に復帰させる」のが使命だし。
 ・・・と 勝手に親の気持ちにもなり。
 
 でも やっぱり「ヒサ婆」なので、ここは勇人お兄ちゃんに涙をのんでいただくしかない。
 勝ってほしい! 
 
 残り2試合 勝てば(引き分けでも!)J1復帰なんだ。
 引き分けでもいいなんて有利なのに 過去には3位で昇格できなかったチームもあるんだよね・・・あぁ、ネガティブな私。
 
 簡単な事では無いって事。
 
 広島でJ2を1年戦った時は、断トツに強かったもんね。 
9月には J2優勝して復帰を決めた…寿人は28ゴールだったかな・・・懐かしいなあ。
 
 レギュレーションも変わったけれど、こんなドキドキのJ1復帰ストーリーは 寿人 初体験じゃない?
 
 先週までの ドキドキヒリヒリに加えて息苦しいよ。
 ヒサ婆もネガティブを封印して「勝つために!」応援する!
 2試合余計に観られるなんてファンとしても幸せだ!! 2試合だからね!!

|

2017年11月17日 (金)

母の表情

 特養に入居して1年半が過ぎようとしている。
 
 もうこの2年くらいは、母とコミュニケーションをとる事が無い。
 いつも無表情で動かない母に慣れてしまった。
 
 それでも じっと母を見つめていると微妙な表情の変化を感じる時がある。
 ある日は『ゆうこ、なんで こんなところへ入れたの!』って怒ってるのかな・・・と思った。
 また、別の日は 泣きたいのを必死でこらえてるように見えた。
 可哀相で切なくて私が泣けてきた。
 私自身のその日の心理状態が そう感じさせるのかなぁ。
 
 泣きたいのをこらえてるように見えた日は、昼食時間だった。
 多くの入居者さん達は、テーブルにつき、多少の助けを借りながらご自分で食事されている。
 母は 刻み食で全介護なので、皆さんが食事を終えてから・・・となるらしい。
 皆が食べてるところから ちょっと外れたテレビの前で座って、何もわかってないだろうとは思うけれど、もしかしたら『みんなご飯を食べてるのに私だけもらえない』と思ったのかもしれない。
 もしそうだったら・・・可哀相でたまらない。
「私だけ ご飯まだよ」とも言えず、このまま貰えないのかもしれないと思ってるんだとしたら・・・。
 テーブルが空いて、私が刻み食を食べさせたけれど、口をぎゅっとすぼめて『食べない』意思を見せる。
 かぼちゃの煮たのなんて、味見してみたらすごくおいしいんだけど。
 デザートのプリンは食べたので『食べたい物は食べる』だとしたら それはそれで嬉しくもある。
 帰宅して「もしかしたらご飯やおかずが冷めてたから嫌だったのかもしれないな」と思い至る。
 
 薬が効きすぎてぼんやりしているのかもしれないので、支援員さんや常駐の看護師さんと相談して、薬を減らしてもらった。
 二週間くらいすると 薬を減らした効果が表れる。
 先日は「ご自分で動かれましたよ」「食欲も出てきましたよ」と 教えてくれた。
 
 この日は、少しでも温かいものを食べさせたくて。焼き芋を買って行った。
 キッチンの電子レンジで更に温めて、小さく切り、母の口元へ運ぶと・・・食べた。 もぐもぐしてる。
 もぐもぐしてるだけで嬉しい。
「おいし~い?」 大きな声で聞いてみるけれど、当然 返事は無い。
 でも 次の一口を持っていくと 口を開くので 美味しかったんだね。
 
 そのうち、母が目を大きく見開いて私を見た。
私を見てくれてるなぁ・・・。 誰かはわかってないでしょうけど。
 
 そして ふと気づく。
 
 ああ、この顔は「ゆうこ~ これ美味しいねぇ~!」と 二人で美味しい物を食べてご機嫌に言う時の母だ!
 そこまではっきりした『嬉しい顔』では無いんだけれど、怒ってるみたいや泣きそうに見える顔ではない。
 
  笑った顔が見たい。 声が聴きたい。 「ゆうこ」と呼んでほしい。
 時々、そんな思いが湧くけれど、親身になってくれる支援員さん達に 何もかもお任せできて、綺麗な施設で栄養のある食事をとらせてもらえる今が幸せなんだ・・・とも思う。
 母を任せておけるから、私も母に優しくできるんだしね。
四六時中 母を見てたら、私が壊れてる。
 

|

2017年11月14日 (火)

お花畑なヒサ婆が考える「良いチーム」

 
 11月11日の千葉戦は完敗。
 
 「寿人の日」の双子対決に 『寿人はモッテルから』と 無責任に勝利を思ってました・・・。
 
 試合後、今季のホーム最終戦ということでセレモニーがあり、キャプテン寿人の挨拶は、ありきたりな言葉でなく、誰の心にも響くものだった。
 
  さすが寿人!!
 
 ゴール裏への挨拶も 動画でアップされた。
真摯な態度で『大事な大事な試合に勝てなかった悔しさ』と『このままでは終われない』と決意を語り、ファンサポーターへの変わらぬ応援をお願いしてた。
 
 またサポーターとチームの心を一つにしたね。
 
 先日の花桃ブログで「良いチームになった」と書いた。
ヒサ婆にとっての「良いチーム」とは「寿人がプレーしやすいチーム」だと 断りもして。
 
 サッカー無知の私が試合を観てる時 寿人に良いパスが出ると
「お! 〇〇 いいパスくれてありがとう!」
 寿人のパスを効果的に次につなげてくれる選手には
「お! △△ 気が利くじゃん!」
そして、〇〇選手や△△選手の事を大好きになる。
 
 運動音痴で、団体競技には無縁の私だけれど 『仲が良い』というのは、こういう事の積み重ねじゃないかと思ったりする。
 
 インタビューなどで チームの状況を聞かれて「みんな仲が良いですよ」との答えは けっこう見聞きする。
 オフの日に一緒に出掛けたり、家族ぐるみで集まったり・・・も 仲が良い事ではあるんでしょうけれど、強いチームのそれは また別のものじゃないかな。
 
 リーグ優勝したチームが 各テレビ局の特番で 数名ずつがトークコーナーなどに出演するのを見ていると「優勝したチームは本当に仲が良いな」と感じる。
 
 私が寿人中心に「寿人を活かしてくれる選手が好き」なように、選手だって、試合中に『ありがとうな!お前の事 好きだぜ!』って思う事 あるんじゃないかな。
 
 パスミスしたのを上手く受けてくれた。
 良いクロスを上げてくれた。
 自分のミスをカバーしてくれた。
 自分が欲しい所へ絶妙なパスをくれた。
 自分の意図を素早く汲んで走ってくれた。
 
 サッカー無知なので、これくらいしか思いつかないけれど、こういう「サンキュー!」が いっぱいある時は プレーしてても楽しいんじゃないかな。
 そして、サンキューの相手を大好きになるんじゃないかな。
 
 ヒサ婆の描く寿人中心の「サンキュー放射線」だけでなく、A選手中心の「サンキュー放射線」 B選手中心の・・・が いっぱい絡まって目が詰まって行くと たくさんの「あいつとプレーすると楽しいな」が「このチームでプレーすると楽しい」になっていくんじゃないかな。
 
 もちろん 最終的には勝たないと「楽しい」とは言ってられなくなるけれど。
 
 リーグ戦 あと1試合を残して4位までは確定した。
 
  プレーオフで最大2試合観られるのは、ファンにとっては嬉しい事でもある(心配でドキドキでもあるけど)
 
 リーグ戦も含めて あと3試合で たくさんの「サンキューな!」が生まれますように。
きっとそれは J1復帰への大きな力になる。
 
 12月3日 「ハラハラさせたけど、最後まで楽しませてくれて、もうほんとにコイツ等~~~!」と ファンサポーターを笑い泣きさせる復帰を決めてくれますように。
 
 運動音痴なヒサ婆が、お花畑な夢想を披露してみました・・・汗。
 
 

|

2017年11月 6日 (月)

ドキドキヒリヒリ・・・でも嬉しい

 
 日曜日の「グランパス 対 ファジアーノ岡谷」 ダゾーン観戦でした。
 
 MF登録の寿人は、有料サイトでも「新しい能力開花」みたいな事が書かれてた。(記憶が曖昧過ぎるのと 理解が間違ってるかも)
 寿人は与えられた場所で最大限の努力ができる人だからね。 これだけは間違いない。
 
 MF登録と言っても、実際に試合が始まると ゴール前にも顔出すしFW登録と差はないと思うのは、私が無知だからかな。
 「MFだからシュート打っちゃいかん」と言われてるわけでも無いし。
 玉さんとパスを交換しながらゴールに迫って行くシーンは身震いする程 ワクワクして嬉しい。
 自陣ゴール前のごちゃごちゃの中で体を張って守備してる姿も見た。
 
 ピンチを切り抜けた直後
「今の 寿人が掻き出したよね!」
 
すぐに流れたリプレイでは、寿人では無かった・・・。
 
もうヒサ婆の色眼鏡(寿人フォーカス・寿人贔屓)にも失笑。
 
貴重な亮太くんの1点は、左をえぐった寿人からのパス。
そこへ行きつくまでの玉さんやコバユーとの連係がこれまた美しかったーーー!
 
寿人ファンになっばかりの頃から、グランパス対サンフレッチェの試合だけは 名古屋でも毎年スタジアム観戦してた。
 
 寿人が代表チームに呼ばれるようになると FW枠を争う玉さんが私は気になって気になって。
「寿人ファンじゃなかったら、私は絶対にグランパスの玉田ファンになってたよねぇ~ だって あんなにハンサムなんだもん」
 しかしながら・・・寿人ファンの私は、代表FWのライバルとして勝手に敵視し「玉田ぁ~~~禿げてしまえ~~~」と 呪って ごめんなさい!!
 
 
 寿人のグランパス移籍が発表されてから 玉さんの加入も発表になり、私は正直複雑だった。
 先に移籍加入した寿人は背番号11で、すごくすごく嬉しかった私。
でも玉さんが加入と知って おまけに28番で・・・ごめん・・・だけど、寿人には11番をつけさせてほしいの~~~泣。
 
玉さんは「背番号なんて ただの番号だから 何のこだわりも無い」とコメントしてくれてたけど、本当はどうだったのかな。
 
もし寿人がサンフレッチェに戻り、同時期に新加入した選手が11番をつけ、寿人が違う番号だったら・・・やだ~~~絶対やだーーー。
 
「28は、最初につけた番号だし」と爽やかに答えてくれた玉さん・・・大人だよねぇ。
 
グランパスで寿人を観るうちに、玉さんもやっぱり見てしまい
「ほんとハンサムだよねぇ」
「瞬間の写真でも不細工な顔って絶対ないよねぇ」
だけでなく、大人な対応や飄々としたユーモアや年齢を感じさせないスタミナにも感服してる。
 
 加入直後は『大人対応』をしながら 本当はお互いに意識せざるを得ないだろうな・・・と ヒサ婆は心配してた。
 それがこの頃、試合中やハーフタイムに戻る時など、二人が笑顔で会話してる姿がよく見られる。
 
 社交辞令の笑顔でなく、信頼し合ってるのを感じる。
 
大人でプロアスリートの二人が『ベテラン同士でしなければいけない事』を共通認識として捉えてるのかな。
 
 そういう二人の関係がチームに良い影響を与えているんじゃないかしら。
 最年長ベテランの楢さんまでもが、近頃は勝利後の挨拶で、寿人の音頭にノリノリになって付き合ってくれてるし。
 本来は ああいう事 あまり好きじゃなさそうな楢さんが『ベテランがプレー以外でもできる事』をしてくれてるんだろうな。
 
 なんか・・・良いチームになって来たなぁ。
 サッカー無知の寿人贔屓のヒサ婆の想いなので 本当のところは どうかわかりませんが。
 おまけに私の「良いチーム」の基準は「寿人が楽しくプレーできる事」なんで・・・汗。
 
 
 アディショナルタイムが5分と表示されて
「え~~~3分も無いでしょ~!」
「早く終わってーーーーーー泣」
 終了のホイッスルが鳴った時は、ホッとして力が抜けた。
 
 2位の長崎も勝ったので、勝ち点2のまま。
次節、長崎が勝って 名古屋が引き分け以下だと 長崎の自動昇格が決まるのかなぁ。
 
 プレーオフも3位だと断然優位なんだけど、それでも昇格できなかったチームもあるもんね。
 やっぱり寿人がずっと言ってる「自動昇格」を目指したい。
 
 11月11日 千葉戦(豊田スタジアム)で グランパスが勝って、その日、長崎が引き分け以下ならグランパスが2位浮上で、最終戦を迎える事になる(よね?)
 
 とにかく勝たないと!
 
 11月11日なんて「寿人の日」じゃん。
 おまけに相手チームには、勇人さんが居て^^ 
試合前から注目されるなぁ。 こういう時 寿人はモッテルんだよね。
 
 あ~ドキドキするのと 心配でヒリヒリするのと・・・でも J1復帰を目前にして「必死で全力で戦う」のは、寿人にはきっと楽しい事でしょう。
 
 グランパスをJ1に復帰させる為に来た救世主として大歓迎された1年前・・・その役割を果たせますように!
 
 神様 お願いします!!
 

|

2017年11月 2日 (木)

駆け込み引っ越し

 
 お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、何とか10月中にホームページの引っ越しを終えました~。
 まだあちこち調整が必要なので「完了」とは言えませんが。
 
 掲示板「花桃サロン」が7月末で停止になっていた事も 今頃 知った(汗)
 新しい無料掲示板を探すか、もう設置しないか・・・迷うところです。
 
 手直ししたいところも多々ありますが、もうタグを触る事が面倒で面倒で・・・小さな文字を見続ける負担が大きくて・・・。
 
 旧ホームページにアクセスすると自動的に 新ホームページに移動する設定になっているので、引っ越した事に気づかない方もいらっしゃるかも。
 このリダイレクトは、2018年3月末までなので、新ホームページのURLをお気に入りに登録してくださると安心です。
 
新URL   http://hanamomoyuu.sitemix.jp/
 
 ホームページの更新も 以前のように頻繁でなく 訪問してくださる方には申し訳ありません。
 
 また新ホームページは 無料レンタルサーバーを利用したので、広告が出ます。
各ページの上下のテキストの他に 右下にけっこう大きなポップアップが現れて違和感があります。
 このポップアップは、右肩の×印をクリックすれば消えるので、お手数ですがいちいち消してください。
 ただ…トップページのポップアップだけが、私のPCでは×印をクリックしても消えません(なんで~?)
 
 ブログは 今後も週に一度くらい更新するつもりです。
 
 これからも 花桃ゆうに どうぞお付き合いくださいませ。

|

«ホームページ引っ越しに伴うお知らせ