2017年12月11日 (月)

「しゅき~♥」

 先週は、母の特養の大掃除で、いつもは週に一度のところ2度 行ってきました。
 
 近頃、母は 薬を減らしたお陰で 夢の中から多少 覚醒しているようす。
 
 私がキッチンで洗い物をしたり、洗濯物を畳んだりしていると、じっと見てる^^
 ちょっと離れた所から、パッと母を見ると目が合う。 
 私を見てたんだ~~~♪と 嬉しくなる。
 
 おやつを食べさせたり、手足をさすったりしている時、上半身をぐ~っと近づけてくる事は 前から時々あった。
 そして頭を寄せてきて、おでこをくっつける。 それは すっごく可愛い・・・と私は思うんだけど 親馬鹿ならぬ娘馬鹿かしら。
 
 その『おでこくっつけ』が 近頃 頻度を増して来た。
母が頭を寄せて来ると、私もおでこをくっつけやすいように構えてじっとしている。
果たして母のおでこがくっついてくる。
2人でおでこをくっつけたまま じっとしている。
 支援員さんに「これ、なんか可愛いんです~」と言うと「あ~母桃さん、よくそうやってくれるんですよ」と。
 
 あら、私だけじゃないんだ。
 でも 支援員さん達にするって事は もしかしたら母の親愛の表現なのかもしれない・・・と気づく。
 支援員さん達が シモの世話から日常の何もかもをしてくれて、ありがとうって気持ちを表してるのかも(一番 覚醒してる朝は、着替えの時に「ありがと」と言う事もあるそう)
 で、私の事もその一端を担っていると認めてくれたんじゃないか・・・。
 
 そう都合よく解釈すると、おでこをくっつけてくるのは 母の「好き~♥」というボディランゲージに思えてくる。
 
 この半月、元気な母の夢を2度みた。
 
 一度目は実家に居て、少々 頼りなさげではあるものの、母はちゃんと歩いてた。
『あ~家に帰れば歩けるんだ~』と思った。
 二度目は、特養の母の部屋へ行くと、母が「ゆうこ? 久しぶりだねぇ~」とほほ笑んだ。
『あ~私の事 わかったんだ~』 すごくすごく嬉しくて こんなにしっかりしてるなら、車椅子で買い物にも連れ出せるなぁと思った。
 元気な母・・・と言っても、本当の昔の母ではなく、グループホームに入所してアルツハイマーの症状が進行しつつあった頃の姿。
 
 施設に入れなければ、足は弱らなかったかも・・・と思うけれど、グループホームに入所しなければ同居の弟が壊れただろうし、私も通うのが大変だった。
 
 母の足をダメにし、もしかしたら認知障碍の進行を早めたのかもしれないけれど、施設入所を私は後悔していない。
 弟と私の日常を守る為に きっと母は望んでくれた・・・と思ってる。
 勝手な思い込みかな。
 でも 何一つ自分でできなくなり、私の事さえわからない母を愛おしい可愛いと思えるのは、施設でお世話になってるからこそ。
 
 都合良く解釈した「しゅき~♥」を信じてる。
 
 

|

2017年12月 4日 (月)

良かった・・・涙

 超満員の豊田スタジアム。
 
赤とオレンジのパネルを掲げてのコレオグラフィーが綺麗に完成できるくらいの密集度。
すごい数の報道陣。
こんなに注目されて盛り上がる決勝戦。
 
2016年の寿人が 1年後 こんな舞台でチームを率いてるなんて想像しなかった。
 
 土曜日、川崎フロンターレの優勝を見て 2012年広島の初優勝を思い出して涙が出た。
グランパスのプレーオフ決勝戦に向けたプロモーションビデオ(?)を見ても涙が出た。
 
 たくさんのグランパスサポーターさん達は、ヒサ婆のこんな安っぽいセンチメンタルとは違う感傷や悲願で きっともうたくさん泣いたんだろうな。
 
とにかく手拍子を一生懸命する。
一緒に戦っている気持ちで。
 
 「うまい!」「〇〇いいじゃん!」 サッカー無知ながら、選手のナイスプレーに声が出る。
攻め込まれれば「タノムカラー タノム タノム(頼む)」変な呪文を無意識に唱えている。
 
 寿人が何度も足をすくわれてひっくり返される。
「うきゃぁー寿人がぁー」
「あーっ 寿人 いたいいたい」
 
0対0のまま前半終了。
 
引き分けでも勝ちとなる優位な立場だけれど、終了間近に1点とられたら終わり。
どうかどうか早めに1点をとってください!
 
 後半開始。
 
 交代した寿人がベンチでチームドクターの簡易診察を受けてるのが見えた。
目に光を当てたり、立たせたり、両手を前に出させたり・・・私が脳梗塞の疑いで最初に受けた簡易診察と同じだ。
 
何度も地面に打ち付けられてたからなぁ・・・頭も打ったんだろうなぁ。
耳も抑えてたから脳震盪を起こしてたのかな。
その後、ベンチで後頭部を冷やしてはいたけれど ちゃんと座ってたし(コーチか副監督なみにピッチに向かって叫んだり 身振り手振りしたりしてた)大きな問題は無かったんでしょう。
 
ピッチでは数回 肝を冷やす場面。
「キャァ----!」 私だけじゃなく、スタンドのあちこちから悲鳴があがる。
 
 普段は静かな人が多いメインスタンドの手拍子も止まない。
チャンスには「〇〇行けーーーっ!」「打てーーーっ!」と声援が飛ぶ。
 本当に選手とファンサポーターが一緒に戦ってるような気がして涙が出る。
 
 監督や選手が試合前のインタビューで 盛んに「皆さんの応援が力になっている」と。
よく聞くコメントだけれど、今はそれが本当の事だと思える。
 
 スコアレスのままアディショナルタイムに突入。
 ベンチの寿人や アップをしていた選手たちが集まり肩を組む・・・まるでリーグ優勝を目前にしたゲームみたい。
 
 「どうかどうかどうか・・・」
 自陣ゴール前で グランパスの選手達が体を張って相手選手の侵入を阻み、打たれたシュートをはね返し・・・すごい集中力と気合。
 
 終了のホイッスル!
 ピッチもスタンドも歓喜歓喜歓喜。
ピッチにひれ伏して泣いている選手の姿も。
 これはリーグ戦優勝なのかと思うくらいの感動のスタジアム。
 プレーオフ優勝という事で、盾が授与されるのね。
受け取る寿人・・・弾ける笑顔で盾を掲げる寿人・・・チームメイト達と笑顔で互いを讃え合う寿人・・・サポーターさん達と声を合わせて「おぉぉぉぉ~~~~オーイ!」と 何度も盾を高く掲げる寿人・・・キャプテンとして挨拶する寿人。
 
 「J1で風を起こしましょう!」 上手い事言った!!
・・・広島時代を知る私としては そこは「風をまち・・・まち・・・まち起こそう」でしょう!だったけどね(笑
 
 サンフレッチェ広島が優勝した時…特に2012年の初優勝の時 こんな風だったなぁ。
 2015年から 広島で徐々に出番が減り、2016年は観戦に行って途中からでも寿人が出れば「あ~今日は良かった~」だった私。
 こんな晴れがましい寿人をまた見られるなんて・・・。(カテゴリーは下ですけど・・・ゴールも量産してませんけど)
 
 嬉しそうな寿人を見ると 私も嬉しくて嬉しくて涙がこぼれる。
 グランパスファン1年生の私は『寿人ミーハーファン』であって、本気のグランパスファンサポーターさん達と肩を並べて喜ぶのはおこがましい。
 
 周りから「寿人ありがとう!」の声が聞こえ、鼻水をすする音もあちこちから聞こえる。
 本当にありがとう! 本当に本当にありがとう!!
 私のありがとうは、寿人にもだけれど、寿人を必要としてくれたグランパスに、寿人を信じて支えてくれたサポーターさん達に、寿人と共に戦ってくれたチームメイトに。
 
誰もが驚き、広島のサポーターさん達を悲しませた移籍から1年。
 1年前のブログを読むと、あの頃の空気が蘇って また涙が滲む。
 とりあえず「グランパスに移籍した使命」を果たせたね。
 
 来季もグランパスに居てくれるのかな・・・。
 
 どこに居ても どんな寿人でも 私は付いて行くし応援する。 
幸せそうにサッカーする寿人が見たいから。 努力する寿人が見たいから。笑顔の寿人が見たいから。

|

2017年11月27日 (月)

感動

 J1復帰の為の『絶対に負けられない(負けたらそこで終わり)』の準決勝。
 ネガティブなヒサ婆は、いろんな事を考えてしまって不安が大きくなるばかり。
 
 でも寿人は
「1位や2位で上がるより、プレーオフで上がる方が盛り上がる」
「本当に痺れるような戦いを経験できるということでは 楽しみな部分しかない」
「これから勝ち抜いていくという前向きな部分があり、何より今季2敗している千葉が相手でこのまま終われないというモチベーションもある」
「千葉がプレーオフに来てくれなければこの借りを返すチャンスがないままシーズンを終えなければいけなかったが、そのチャンスは来た」
と、弱よわヒサ婆でも奮い立つような明るく前向きで力強いコメントをしている。
 
「僕たちは千葉に勝点6を渡しているので、そろそろ返してもらいたいですよね」と ユーモアたっぷりに締めくくって。
 
 試合前に レミちゃんと「寿人がこう言ってるんだから、私たちも楽しまなくちゃね」と握手を交わす。
 
  レギュラーシーズンが終わってから まだ2試合観戦できるなんて 寿人のプレーをまだ観られるなんて こんな幸せな事はないよね。
 
 超満員のスタジアム。 
 千葉のゴール裏もびっしり埋まってる。
 
 応援の手拍子、この一拍一拍が選手の力になるんだと信じて、必死に手を叩く。
スタジアム全体が必至で応援してて、選手たちがそれに応えて魂をこめてプレーしてると思えて涙が出て来る。
 
 アディショナルタイムに先制されて、えぇぇ~~?な空気のまま前半終了。
 
 後半に 同点になった瞬間は ヒサ婆も両手を突き上げてた。(肘はちょっと曲がってた)
 このまま守り切れば『引き分けでも勝ち』なんだから・・・とつぶやく私の隣で、夫は
「まだまだ得点しないとダメです」
 
 2対1になり「もう必死で守備だけして~」と私。
夫は「2点ではまだ安心できません」
 
 私よりはサッカー見る目もあるし、親しい友達からは『勝負師』と言われる夫の言葉は本当でした。
 私が監督だったら「ここからはもう全員で守備しろ」って言うなぁ。
(勝負事に向いてないのは、誰もが知る事で、天地がひっくり返っても 私がスポーツで監督をする事は無い)
 
 3点とってから、1点返された。
 2点のまま同点にされてたら、どうなってたか。
 スタンドの手拍子は高まり、絶好のチャンスには あちこちから「よしっ!」「もらった!!」と声も上がる。
 J1の優勝決定戦かと思えるくらいの盛り上がり。
 もう私は「頑張って」「頑張って!」と言うしかない。 頑張ってるの知ってるけど。
 アディショナルタイムが掲示され、夫は腕時計を何度も確かめて「よし、勝った」と。
PKを獲得した時点では蹴る前から「シモビッチ ハットトリックだね♪」と 無責任に微笑み合う余裕。
 
 第一関門を突破しました!
 
勇人お兄ちゃんが「寿人のファンとして グランパスを応援する」とコメントしてくれてた。
うん、お兄ちゃんの想いも力に変えて、絶対にJ1復帰しないとね!
 正直なところ、ヒサ婆は、寿人が楽しくサッカーができるなら、別にJ1じゃなくてもいいんだけど「グランパスをあるべき場所に戻す」のが 寿人の使命だもんね。全うさせてあげたい。
 
 広島の小春ちゃんからは「広島勝って残留確定」のメールも届いた。
同じ寿人ファンとして この1年、いろんな想いや情報を伝え合ってきた。
 ここ数日は
「広島が降格して 名古屋が復帰のすれ違いは嫌」
「どっちもJ2で対戦は嫌」と 弱気な妄想もしてたけど、まずはサンフレッチェ広島が一足先に 来季のJ1を決めた。
 
 グランパスが無事にJ1復帰できて もし、来季も寿人がグランパスに居て、エディスタでの試合に行ったら・・・寿人 スタジアムに着いて きっと涙ぐんじゃうだろうな。
 そして、サンフレッチェのサポーターさん達が どんな「愛あるブーイング」してくれるか、私も楽しみ。
 ネガティブなくせに、こんな夢想も^^
 
 
 3時前に、パロマ瑞穂スタジアムに着いた時、川沿いの紅く色づいた桜並木を見て 夫が珍しく「春には満開だったなぁ」と センチメンタルにつぶやいた。
 そうだった・・・。
 寿人がグランパス初ゴールをやっと決めた直後に怪我で離脱し、試合前の握手会に出た時 満開だったんだよね。
 
 驚きの移籍発表から1年・・・グランパスでの寿人を近くで応援できる幸せに浸った10ヶ月。
 心配もたくさんしたけれど、今 溌剌とプレーしている寿人を見ると「寿人にとっても良いシーズンだったな」と思える。
 
 さあ! 有終の美を飾ってもらわなきゃ!

|

2017年11月25日 (土)

ここちゃんとたこ焼き♪

 
先日 ここちゃんが遊びに来てくれました。
 
アラ還の夫婦二人だけの暮らしは、変化が少なく、会話も減りがち。
そこに ここちゃんの笑い声が響くだけで、我が家の空気が一変します。
 
 お昼はたこ焼きをしました。
 
以前、一緒にたこ焼きをした時、ここちゃんは2歳か3歳。
カッカと私が 千枚通しで たこ焼きをくるっと回すのを見て真似するんだけど・・・つんつんつんつん 一生懸命 つついてたなぁ・・・と思い出す。
 
今は「カッカぁ~ 見本を見せて~」と しっかり学習してから手をつけました。
 

Img_4093bb_4

タコ入り・ウインナー入りの2種類 美味しく焼けて 皆で頂きました。

 ここちゃん用のプラスティックの食器がそぐわなくなってきたなぁ。

たこ焼きもワンタンスープもサラダもフルーツも、大人よりは少な目に盛り付けたけど、ここちゃん 綺麗に食べました。

 たくさん食べられるようになったねぇ~。

 夫がプレゼントした「プーさんの耳」の髪飾りで前髪を留めて、おでこを出してるのが 私は大好物。

 何とか加工してアップしたいと挑戦してみたけれど、全体をぼかすと可愛さが見えなくなるし、部分的に隠すと服装などがわかってしまうし・・・断念しました。

 将棋の駒崩しゲームでは、その可愛いおでこのまま、体をひねって取りやすいポジションを確保し、落ちないかどう慎重にのぞき込み、真剣な顔で駒を動かす。

 それがもう可愛くて可愛くて^^

Img_4135bb

 はさみ将棋も1回でルールは覚え・・・でも 夢中になると勝ちたい気持ちが先走り、にょろ~っと斜めに駒を進め「斜めはダメ~」と言われて 照れくさそうに笑って戻すのが また可愛くて可愛くて。

 相手の次の一手で取られるのに気づかずに、自分の攻めを考えてる時には

「ここちゃん ピーンチ ぴこーんぴこーんぴこーん」と 私が警鐘を鳴らす。

 また照れくさそうに笑って考える姿が ほんと可愛いの。

 幼児の頃から 手の表情が豊かで可愛かったけれど、大きくなってきてもそれは健在。

手指の所作の綺麗な女性って 私は好きなんだ。

これは意識すればある程度はできるのかもしれないけど、幼い頃から自然に身についてるのはいいよねぇ~。

Img_4164bb_2

 

 どんな女の子になっていくのか 似非ばぁばも楽しみです♪

|

2017年11月20日 (月)

黄色い声で

 
 プレーオフを優位に迎える為に 大切な大切な最終戦。
 
 千葉戦が終わった時点で4位は確定したので、最終戦で負けても プレーオフ準決勝はホームで試合できるし、引き分けでも勝ち。
 3位だったら、準決勝・決勝共にホームで どちらも引き分けでも勝ち。
 無知な私でも シンプルに「3位が絶対有利」と思う。
 
  で、3位になるためには、最終戦の相手讃岐に勝ち、同時に、41節で3位にいた福岡が引き分けか負けないとダメ。
 二重のハードル・・・越えられるかなぁ・・・ダメダメなヒサ婆。
 
 寿人は「ホームで決める事しか考えてません」と。
3位になって決勝までホームで戦うんだね。
 こういうリーダーの強い気持ちって重要なんだろうなぁ。
 
 ダゾーンの画面を夫と二人で食い入るように見つめる。
 ゴール前に攻め込まれた時は、スタジアムのサポーターに声を合わせて手拍子。
とにかくこの試合に勝つ事が必須条件。
 
普段は
①寿人ゴールで勝利
②寿人ゴールあるも勝てず
③寿人ゴール無く勝利
④寿人ゴール無く敗戦
と、②と③の順位が逆転している私。
 でも!さすがにここへ来ると 寿人ゴール無くてもいいから勝ってーーー!と 心から願う。
 
 寿人の素敵プレーもあり~の、でも決められず「あぁ~~~ん 寿人ぉ~」の、両手を顔の前で組んで祈祷師にもなり。
 ピンチには「きゃぁーーーーーっ!!」と 衣を裂くような声・・・こういう時は おばあちゃんでも こんな声が出るんです。
 窓を閉めてる季節で良かった。
ご近所の人が「何事?!」と思いそうな声だもん。
 
 自陣でボールを奪って前を向けば「それ行けーーーっ!それ行けーーーっ!」
「ほれっほれっ!」・・・なんで、「ほれっ」なんだろう?と後で思うけど、その時は「ほれっ!」なの。
 これが名古屋のおばあちゃんなのかも。
 
 2-0になると もう「早く終わってーーーーーー!」
 
 福岡対岡山の試合経過も気になる。
 
 1-1と知り「岡山ガンバレ 岡山ガンバレ。最後まで粘ってくれ~!」
 祈祷師状態になって終了のホイッスルを聴き「やったぁーーーーー!」と両手を揚げて金切声。
 
 家の中で ひじをピンと伸ばしてバンザイするなんて 滅多にないぞ。
 
 福岡が引き分けて グランパスの3位が確定した。
 あぁ~~~寿人の言ってる事が どんどん実現していくんだなぁ。
 
 だがしかし!
 プレーオフの準決勝の相手が、千葉になりましたぁ・・・。
この前 ホームで負けたばかりだし、アウェイでも負けてるし、どっちも得点してないし・・・。
 
  「日曜日の瑞穂スタジアムは勝つ」って あちこちで目にする。
それに この前 負けたばかりだから、修正点はわかってるよね? 勝たなくて逆に良かったのかも。
 
  また双子対決かぁ・・・興行的にも面白いんだろうね。
 
 寿人と勇人お兄ちゃんのご両親、この前の試合は『35歳の息子二人がピッチで躍動してる姿を見られる』だけで嬉しいだろうと想像してた。
 どっちが勝つとかじゃなく、二人が全力で大好きなサッカーをしてるだけで満足だったんじゃないかと。
 でも…今度は、それだけじゃ済まないよね。
 
 勇人お兄ちゃんだって、J1昇(復帰)は長年の悲願だもの。
 寿人は「グランパスを1年でJ1に復帰させる」のが使命だし。
 ・・・と 勝手に親の気持ちにもなり。
 
 でも やっぱり「ヒサ婆」なので、ここは勇人お兄ちゃんに涙をのんでいただくしかない。
 勝ってほしい! 
 
 残り2試合 勝てば(引き分けでも!)J1復帰なんだ。
 引き分けでもいいなんて有利なのに 過去には3位で昇格できなかったチームもあるんだよね・・・あぁ、ネガティブな私。
 
 簡単な事では無いって事。
 
 広島でJ2を1年戦った時は、断トツに強かったもんね。 
9月には J2優勝して復帰を決めた…寿人は28ゴールだったかな・・・懐かしいなあ。
 
 レギュレーションも変わったけれど、こんなドキドキのJ1復帰ストーリーは 寿人 初体験じゃない?
 
 先週までの ドキドキヒリヒリに加えて息苦しいよ。
 ヒサ婆もネガティブを封印して「勝つために!」応援する!
 2試合余計に観られるなんてファンとしても幸せだ!! 2試合だからね!!

|

«母の表情