« プロって大変 | トップページ | 可愛いおマメ♪ »

2008年1月17日 (木)

真夜中にちょっと暴れている

 風邪がちっとも治らない原因の一つが私の寝方にあるかもしれない。

よい時期にのぼせが始まってて(注:後ほど) 真夜中にも数回カーッとなる。その瞬間は気分が悪くなってしっかり覚醒するので かけ布団を全部取っ払う。冷気に全身を包まれて気持ちよ~くなる。

 さて、その直後なんですね。2回に1回は、その気持ちよさの中で あっという間に夢の中に戻ってしまう。そして寒くて寒くて上着を探してるんだけど、これがまた薄っぺらい服しか無くて、仕方なくそれを着るけれど、それでもまだ寒いっていう夢をみる。

 ・・・それは現実の私の姿。真冬の真夜中に掛け布団も無しで寝ている私なんです。あぁ無情。

 でも逆の2回に1回は、程好く冷えて熟睡体制に入りそうな瞬間、脚がぽとんと落ちる衝撃で目覚めたり「あ~~このまま寝ちゃうとこだった~~」と気付いて自分で布団を掛け直してるんですが・・・。

 まあ毎夜、数回ののぼせがあるので、その半分を布団無しで熟睡してるってのは危険に違いない。

【注:のぼせが良い時期】

夏場ののぼせは最悪だけれど、寒い時期ののぼせは、かなり役に立つ。

のぼせてる瞬間は少しも寒さを感じないので、暖かい室内に居て動きたくない時でも のぼせた時に「あ、このチャンスにお風呂掃除してこよう」と立ち上がれるのだ^^

この作用で私の行動にどれほどスイッチが入ってることか☆彡 ありがたや冬ののぼせ。

|

« プロって大変 | トップページ | 可愛いおマメ♪ »

病気(SLE・骨頭壊死など)」カテゴリの記事