« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月29日 (金)

T君のう○ち 再び

 昨日も公文のお手伝い中、幼稚園児T君がトイレに入ったなぁと思っていると「せんせー!」と呼ぶ声が聞こえる。

 まさか・・・?(2月1日のブログをご覧くださいませ)

「せんせー 出たよー」 やっぱり・・・? 「せんせー 来てー!」 

幸か不幸か私はトイレの一番近くに座っている。飛んで行くとドアに鍵がかかっている。

「T君 鍵かかってるの。開けてぇ」 「せんせー 来てー」え~困ったなぁ。ドアノブの赤い小さな窓を爪で押して回してみたら簡単に青になった。(そういう仕組みなんだろうか?)

 かくして私はトイレ侵入に見事成功☆ 前回同様、和式便器にまたがったT君のちっちゃなまあるいお尻の下に見事なう○ちを確認したのでした。

「大きいの出たねぇ~!」 「うん! 僕のバナナ型うんこ!2本!」そうなのです。今回はご丁寧に2本が少しずれて並んでおりました(涙笑)

 前回のブログを読んだ友達から「子供って立派なうんちすると見せたいものだよ」と言われていたので ちょっと心に余裕もあり

「先生は T君のうんちを見ればいいんだよね?」

「そうだよ」 (当たり前じゃんとでも言いたげなトーン)

「何もお手伝いしなくても 全部 自分でできるんだよね?」

「うん、できる」とトイレットペーパーを巻き取りながら

「でもトイレットペーパーを切るのがちょっと難しいかなー」

あらあらあら~~~~~そういえばエンドレス! 慌てて切ってやる。

 狭いトイレから出るのにドアが開けられず 「こっちの角に立ってごらん」「ここ、ここ、先生の前に立って」と まるでツイスターゲームのように絡まりながら、何とか二人で脱出。

 手を洗いながら「せんせー どうやって鍵開けたの?」

「爪でぐいっと押したの(偶然なんだけど・・・)」

「そっかー! 大人は爪が長いから?」

「そうだねぇ」

「大人は爪が長いから開けられるけど、子供は爪が短いから開けられないんだよね」

「あ~そうかもしれないねぇ。だから子供は鍵をかけなくていいんだよ」と 訳のわからないこじつけを・・・。

 さてT君は いつまでう○ちを確認させてくれるんでしょうか?

|

2008年2月28日 (木)

だいすき!の子役

 新番組宣伝の「だいすき(香里奈ちゃん主演)」に出てくる赤ちゃんが可愛いかったのでドラマを見たと 以前書いた。

 赤ちゃんがその回の終わりには「子供」になってしまったとも。

 でもその子供がこれまた可愛いので次回も見た。たしか2週間はその「子供」だった。本当にお人形さんみたいに可愛らしい顔をしていて、演技はまだまだだったけど、演技を超えた可愛らしさが随所に出てて ドラマの筋とは関係ないちょっとした仕草を見ては

「きゃぁ~~~~~可愛い過ぎる~~~」と足をばたばたさせていた。

 ところが、4週目からは「さらに大きな子供」に。以前から良い作品に出てた女の子で演技がしっかりできてる。同じ保育園児の役なのに なぜ前の子供じゃダメなんだろうと思った。実際に彼女は小学生だろうし、保育園児の役をするには成長しすぎてる。

 それでもその大きな子を使うのは・・・深い話になってきてて前の子では 複雑な心境を表すのは無理だったんだろうね。そして時は流れ、ドラマでも小学生になった。

 ・・・そして私は、見なくなってしまいました・・・ごめん~~~~!

|

2008年2月27日 (水)

人間の体ってすごい☆

 骨頭壊死を発症してからもうすぐ12年になる。この間、右股関節は骨切り回転術・人工関節と2回の手術をし、想定外の転倒骨折もして右足はひわひわ・・・のつもりだった。股関節の2回の術後、かなり調子がいい時でも立ってる時は、無意識に左に重心があり、台所仕事してても、ふと気づくと右足は軽く地面についてるだけだった。

 そして一昨年の骨折で膝まで弱ってしまって、ますます弱っちい大事な大事な右足ちゃまになってた。

 ところが、最近びっくりしたのです。椅子から立ち上がる時、右足だけに力が入っていた!! 

 そう・・・左股関節がどうしても痛い。激痛じゃないので日常的に「痛くてたまらない」って事ではないんだけど。椅子に座ってて立つ時に、多分微妙に骨頭と臼蓋がずれるんだと思う。それをかばう為に無意識に左足に重心をかけないようにしてたわけだ。すごい☆

 そうなると普通に右足に体重かけても良かったんだなぁ~と今頃気づく。ならば階段も・・・と思うんだけど、これがやってみたら体を持ち上げる瞬間に右膝に力が入らないのでくしゃっとなる。(重過ぎるのもある・・・むぅぅ)

 だから階段は今まで通り左足から上がる。そして左股関節に重心が来た瞬間にステッキに力が入る。これって別に考えながらやってるわけじゃないの。自然にそうなる。・・・そうしないと階段が上がれない。

 普通の人も階段を上がる時は、足の裏、膝、股関節って順番に力が移動してるんだろうね。別に考えてるわけじゃないのに。そりぁ心臓だって命令しなくても動いてくれてるんだから当たり前と言えば当たり前なんだけど。

 人間の動きができるロボットの開発がめざましいけれど、人体がいかに高度な仕組みになっているのか思い知らされました。

|

2008年2月26日 (火)

ドラリオンのリトルブッダちゃん♪

 去年の暮れ、ドラリオンを観に行って、迫力の演技や美しい演出にすんごく感動した。

 その中で私が一番 心を惹かれたのは、案内役のような小さな女の子。くりんくりんの髪の毛(帽子にも見えた)に同じようなくりんくりんのパンツをはいていて、全体的にまるまっちい。アクロバティックな演技が繰り広げられてるステージの隅っこで、可愛いポーズでリズムを刻んでる。

 後でプログラムを見たら「リトルブッダ」だった。そっか~~~仏様だったのね。そういえばお腹も出てたわ。でも私には、まるまっちい小熊ちゃん・妖精・子供の雷様にしか見えなかった。所作がなんとも言えず可愛かったんだもん。

 年明けにもう一度観たかったんだけど、席がとれなかった。

 そしたら、今は東京で公演してるからテレビでちょくちょく取り上げられるのね。

 午後2時にほんの数分間「体操の時間」ってのがあって、以前から好きで時間のある時は見てた。(見てるだけかい?!)そこに「ドラリオン体操」なるものが登場した!

 リトルブッダちゃんも出てた!! ああ~~何をしても可愛い!!何曜日にやるのかがわからないんだよねぇ・・・。毎日では無いようだし。

 そしたら昨日の番組欄で、スマップスマップに「ドラリオン」と書いてある。パロディでコントかも?と思いつつ、テレビをつけた。

 出てきた~~~~!! リトルブッダちゃんだ~~~~^♪ 画面では、迫力のアクロバテットが展開されてるんだけど、私は隅っこのリトルちゃんに釘付け。

 そして今日は2時の体操の時間にやった☆ あぁ~~~可愛い!! 母にも「テレビ1チャンネルつけて!!」と電話した。

 可愛いと言えば、ドラリオンにはもう一つ可愛い思い出がある。後ろに2歳より小さいくらいの女の子が居て、始まるまではうにゃうにゃ言ってたのに、始まったら食い入るようにして観てる。(私はチラッと何度も振り返ってその子を見てた)

 そして演技の合間に「ナンカ デテキタァー」「ナンカ デテキタァー」と言うの。驚きや感動を、知ってる単語で精一杯表現してるんだろうな^^ 終わった時には「○ちゃんも もっとやるーー」と言って泣いてた。「もっと観ていたい。帰りたくない」って事だよね。わかるわかる^^ 私もそう思ったもん。思い出すと可愛くて泣きそうになる。

 シルク・ド・ソレイユのDVDを3本買って観たけど、あのリトルブッダちゃんをもう一度観たい。そして あの可愛い○ちゃんにも もう一度会いたい。涙。

|

2008年2月25日 (月)

可愛い~~~涙

 中日新聞日曜版に絵手紙のコーナーがある。私はいつも丹念にそこを見る。絵と作者の年齢から、いろんなことを想像するのが楽しい。

 昨日は可愛いいのを発見。

 小1・伊藤麻亜知君(7歳) 

 水の中を泳ぐ赤い鯉の絵が描いてあり「てんごくへ いってね はじめてのおこづかいでかった ぼくのこい」と文字が入っている。

 え~~~~~~~ん(滂沱) 7歳の子が初めてのお小遣いで鯉を買ったんだ~~~~!!なぜに鯉を!? 涙笑。

 そして その鯉は死んでしまったんだ~~~~。「ぼくのこい」なのに~~~~涙。

 泣いたんだろうなぁ・・・。私は可愛すぎて笑いながら泣いた。

 そして彼の名前のおしゃれなこと^^ まあち君♪(だよね?)

 まあち君、また次のお小遣いで鯉を買うのかな? ひよこもいいかもよ? あ~~でもひよこはすぐに死んじゃうからなぁ。

 頑張れまあち君!! ぎゅ~~~~~~~~っとしたいおばさんなのでした。

|

2008年2月23日 (土)

サンフレッチェ広島 開幕イベント

 サンフレッチェ広島ファンクラブから 開幕イベントのお知らせが届いた。

 3月2日、選手のトークショー、サイン会、トルコキャンプ秘蔵VTR公開などなど☆ その後は、参加者の中から抽選で、サンフレッチェ電車に選手と一緒に乗って歓談できるんだって~~~~~! 行きたいよ~~~~!! 日帰りで行けないかなぁ・・・? でももし電車の抽選に当たったら、その日のうちに帰って来られないしなぁ。

 そして3月1日は、ゼロックススーパーカップなんだよねぇ~~~。実はこれチケットプレゼントに応募してある^^ そしてその日は、朗読教室の最後の全クラス親睦会でもある。

 そういう大切な日だからこそ、チケットの抽選に当たってしまうような気がする(笑

 夫は「もしチケットが当たったら一人でも行く」と言ってますの。夫は本来は元レッズの小野選手(今はボーフム?)が好きなんだけど サンフレッチェの応援に付き合う為に、槙野選手のレプユニを買うと言い出した。いい機会なので、私もちゃっかり寿人のレプユニを買った。去年は夫に遠慮してコンフィットシャツしか買わなかったのに・・・笑。

 3月には広島でホームゲームを観戦する。もうホテルも新幹線も確保してある。スタジアムでは、去年までの指定席じゃなく、もうちょっとサポーターチックな席に入りこもうと思っている。ゲーフラも完成した!! 後はレプユニがそれまでに届いたら、前日練習にも行って、夫はマッキーに 私は寿人にサインをしてもらうんだ~~~~♪

 だから3月2日は無理だよねぇ…。

 

|

2008年2月22日 (金)

可愛いマメに物申す

 今日はとっても暖かかった。コート無しで出かけた。(車だけど)

 用事を済ませて久しぶりにウインドショッピングをする気分になった。市内のショッピングモール(と言うのだろうか?)へ行った。

 平日の昼間、若いママが子供を連れて来ている。最近の子供って本当におしゃれ。子供(赤ちゃん)服じゃないの。そのまま大人が着てもいいようなデザインの服を着てる。

そう!私が着たいのだ!!(今は太ってるから着られないが・・・)

 で、そんなおしゃれな服を着たちっこいマメが とっとことっとことっとこ歩いているわけです。小走りなんぞしていると 私よりも速いかもしれない…汗。

 あっちにもこっちにも おしゃれマメが居て、もう私はにんまりしどおし。

 ところが!! あ~~それはダメでしょ~~~~~!! と思わず叫びそうになってしまった。

 キャンディーの棒をくわえたまま歩いている! ちいさいマメだから チュッパチャップスって事は無いでしょうね。ペコちゃんキャンディかな。それにしても棒状のものを口にいれたまま歩いてて転んだら危ないじゃん!

 花桃んちでは、父がその件については非常に厳しかった。だいたい立って物を食べるのはダメだった(これは時代の流れもあって、最近は良しだね) そして食べ物じゃなくても歯ブラシでも口に入れたまま歩くのは絶対にダメだった。

 小さい頃に教え込まれた事って根深く残るわねぇ。だから、私は口に長いものを入れて歩くと転んで喉に刺さるというイメージが鮮明にあるので、怖くてできない。

 それって神経質すぎるのかなぁ~?

 あ~~でも あの可愛いマメが転んで喉に刺さったら嫌だよ~~~~。でも注意はできない花桃なのでした。

|

2008年2月20日 (水)

大丈夫かな? 初雪のかずら

                   Image035

 画像、下側が以前にも紹介した、ぴかぴかの芽が出てるアイビー♪ あれからも どんどん綺麗な葉っぱが生えてきてる。天気の良い日はベランダに出してお日様に当てて、夜になるとまた室内へ。そして相変わらず触りまくっている。

 画像の上方は 初雪のかずら。あんなに可愛かったのに、冬場はこんなボサボサ。そしてちっとも春の装いになってこない。もしかして枯れてるの!?

 去年はどうだったっけ?また可愛いピンクの葉っぱになってよ~~~!

|

2008年2月19日 (火)

やっぱり☆予知夢

 私は時々 予知夢をみる。

 20代前半の頃、中学の同級生T君の家の前にいる夢をみた。現実には、T君の家の前にそんな場所は無いんだけれど、夢の中では「T君の家の前」 夜で、テントのような屋根があり、薄暗い裸電球が灯っていた。中学3年の時のクラスメイトのN君と私と 他にも数名いた。なんだかもの悲しい夢だった。

 そして30代後半の秋、T君が突然亡くなった。家の前の駐車場はお通夜の参列者の臨時の待機所になっていた。そこでN君も含めた同級生数人と話していて「あ!」と気づいた。

 あの時の夢と同じ風景だ! 薄暗い裸電球とN君と数名の同級生。誰もが小声で話してた。

 骨頭壊死も発症する少し前に 歩いていたらすごい勢いで火の玉が転がって来て、慌てて飛び上がって、足先に触れただけで、やり過ごした夢をみている。

 テレビで外国の綺麗な景色を特集した番組を見ていると「あ~~!ここ夢で行ったことある!!」なんて事はしょっちゅう。

 綺麗な洞窟温泉の夢をみた翌日、同じような温泉旅行のチラシが入っていたこともある。

 さて、今日の私は またも自分の予知夢にびっくりなのであります。

 実家の側を通る私鉄の線路。その脇に綺麗な公園がある夢をこの10年くらいの間に数回みている。目覚めてから「あそこにそんな大きな公園があるわけないよね」といつも思う。子供の頃から利用していた電車の線路だし、その脇は小・中学時代の通学路でもあった馴染みのある場所。

 そしたら今日、なんと!そこに新しい公園が作られ始めてるのを発見! 私の夢はそれこそジェットコースターやモノレールまであったけど、さすがにそれは無い。でも鮮やかな遊具が遠目からも見える。けっこう遊べそうな公園だ。

 うっそ~~~~!夢でみたのに似てるじゃ~~~ん。恐るべし!花桃の予知夢!

|

2008年2月18日 (月)

花桃 またも道に迷う

 タイトルに「花桃 道に迷う」と入力しようとしたら、すでに入力されていた。そうだった・・・手芸品屋さんへ行った時、迷ったんだった・・・汗。それで「またも」と加えた(苦笑)

 週末、夫を飲み会の店に配達した。初めての場所なので行きの運転は夫。私の知っている目印○○を左折して だんだん暗い道になるので「ええ~~~こんなところまで来て 私ちゃんと帰れるかなぁ」と不安を口にする。

 夫は「○○を左折してからは、ずっと道なりだから大丈夫でしょう」

ああぁ~~~私が知ってる目印○○からは、一度も曲がってなかったのかぁ~~~。

 私の脳内地図は、東西南北の道がそれぞれ真っ直ぐで、直角に交わっている。スタート地点を出る時に「目的地は北の方角」と思えば、そっちに向いてる道を進めばいい。

 でも実際の道は自然にカーブしてて、右左折しないのに方角が変わってしまうんだよね。それをつい忘れてしまって、最初に目指した方角を信じて走ってしまう。

 今回もかなりカーブしたから、最初に感じた方角とは違ってるんだねぇ・・・と 脳内地図を修正していると 夫が

「ここを右折すれば△△町」と。へぇ~~~△△町(すごく馴染みのある所)につながってるのかぁ~~~~へぇ~~~~出発した方向とつなぎ合わせると・・・ん~~繋げない。脳内地図は ますます混乱。

 と整理する時間も無く「ついた」と夫。店は その交差点脇にあった。

 夫をおろしたら、先ほどの道を忘れないうちにと そそくさと出発する。

大きなパチンコ屋さんの明るいネオン。あれ~?行きにこんな所あったかなぁ?

でもなぁ~んとなく自然にカーブしてるし、とにかく一度も右左折してないんだから間違えようがないよね。

 そうやってそこそこの時間を運転して、そろそろ私のわかる目印○○じゃないかなぁと思っていたら・・・なんと!!突然見覚えのある違う風景が! 

 △△町だ~~~!! うっそ~~~~!! 狐につままれたみたいとは このこと。

ちゃんと道なりに走って来たよ。どこも曲がってないよ!すっごく不思議。

 まあ無事に△△町に着いたので 道に迷ってる自覚もなかったのが幸い。

それにしても どこで間違えたんだろう? とさんざん考えて 思い当たるのは・・・

店を出た瞬間に左折(行きの右折)の道に出たんだろうねぇ・・・。

|

2008年2月15日 (金)

豚もおだてりゃ木に登る

 今日は市役所で声の広報のボランティア。先週違う組の人が録音したテープをダビングして発送する作業。これが私は一番好き^^

 120本以上のテープをダビングして ちゃんと録音できているか1本ずつ頭部分を聞いて確認する。テープの消音→ダビング→確認を流れ作業でやっていく。機械でダビングしながら、片っ端から聞いて確認する。リズムにのれば簡単。こういう単純作業は大好き。

 テープレコーダーを早送りして確認時間も短縮する。聞きながらテープのケースの蓋を開けておき、次の早送りをしながらケースに収納。そして背後のダビングの機械操作も怠らない。メンバーの中ではかなり若いので「花桃さんが居ると作業が早い」「神の手」と言われる(笑)

 さて、そんな得意分野と同時進行で、回収した前回分のテープを配送の布袋から出して、宛先カードと名簿とつき合わせ、新たに発送する布袋を準備する作業がある。 

 神の手と言われるのをいい事に こっちの作業は1回しかやったことがない。だって、なんだかややこしくて難しそうなんだもん。

 でも今日は何となくこっちをする流れになってしまった。ドキドキ。

 そしたら組んだ人のリードが上手かったようで、ダビング作業が終わるよりずっと前に発送袋の準備が完了した!! おぉ 私 こっちでもやれるじゃん♪ と思ったら・・・

 2本ずつ入れたテープの数が合わない。2種類のうち一方が1つ不足し、もう一方が一つ余っている。

「きっと同じのを2本入れちゃった袋があるんだわ」と 広報の担当お兄さんと一緒に せっかく完成させた袋を一つずつ開いて確認。なんと最後の3つになった時に発見。とほほ・・・。

 今度こそ完了と思ったら、今度は袋の数が足りない。宛先カードと名簿も照らし合わせてあるし、次はわざわざ袋と名簿をつき合わせてみた。そして不足している一人分を特定。じゃあ宛先カードはどこに?

 完成させたはずの袋から また宛先カードを出して2枚重なっていないか確認。あったあった!!

 と言うわけで、二度手間ならぬ三度手間。

「すみませ~~~ん。私が不慣れでへたこいてしまいました。(小島よしお風)」

するとダビングしてた2人からも「こっちも失敗して余計な時間かかってたんだわ~~」

4人で「こっちがスムーズにいってたら 後20分は早くできた」「こっちだってあの失敗がなかったら後10分は早かった」と反省しきり。

 そこへ広報担当のTさんが「今日はテープが2本ずつだったし、ロスしてても、十分早かったですよ」って。あぁ!おばさん達をやる気にさせる術をよくご存知だこと☆

|

2008年2月14日 (木)

手紙を書く

 少し年上のお友達(と言ったら失礼かも)から手紙が届いた。一緒に要約筆記をしていた人。心に沁みる言葉がいくつもあって、彼女と出会わせてくれた要約筆記に あらためて感謝した。

 久しぶりに手紙を書いてみたくなった。最近はメールばかりで 本当に手紙を書くことが減っている。

 学生時代は学校で会ってるのに、夜また手紙を書き、翌日交換してたよねぇ~~~。可愛いレターセットをたくさん買って、それもすぐに使ってしまって。(今の若い子はこれも携帯メールだろうね)

 1年半くらい前に家の近所に大きな文具店(ちょっと違う)ができたので、そこで可愛いレターセットをいくつも買ってある。それを取り出してペンを持った。

 私は薄いブルーの万年筆が好きなので、インクはブルーブラックでなく、ブルーを探して買う。そしてそれを水で薄める(笑) その万年筆も久しぶりに使った。

 そのお友達に返事を書きながら、難しくも無い漢字が出てこないのでジリジリする。要約筆記をしてた頃は もう少しマシだったような・・・。

 やっぱり手紙もたまには書かないといけないわ。これからは意識して手紙を書こうと思う。

|

2008年2月13日 (水)

こみ上げる

 J2の試合を見る為に とうとうスカパーに加入しました。

 先々週からお試し期間で映画なども見つつ、サンフレッチェ広島の試合を見てた。実際にスタジアムへ行って見た試合も、写真を撮るのに必死でカメラの液晶画面を見ている時間が長く、ピッチの記憶があまりない。

 だからテレビ画面で動く選手達を見て「あ、ここ写真に撮った!!」「この後、転ぶシーンがあるはず」って思う(笑

 スタジアムと違って解説が入るのも新鮮。寿人を褒めたり期待したコメントには いちいち「ありがとう」と返事をする。(おばさんだ)

 先日は清水戦を見た。昨年の観戦で一番いい観戦日和だったなぁ。そして清水の応援はやっぱり素敵だなぁ♪

 解説が「降格を免れる為にもどうしても勝ち点3が欲しい広島」

「佐藤寿人は、降格なんて考えていないと言っています」と言った。その瞬間 こみ上げてきた。そう・・・最初からなんか胸と喉の辺りに少し痛みを感じてたのは、これだったんだ!

 この時は、まさか本当に降格するとは思ってなかったんだよね・・・。

 今朝は、ヴィッセル神戸戦を録画しつつ見た。寿人ゴールで、応援に駆けつけてくれたカープ選手達への感謝の気持ちを込めたホームランパフォーマンスをアップで観られると思ってたら・・・なんと!私がカメラを構えた時よりも尚数秒遅い接近で、ポールを元の位置に戻した瞬間の映像しか無かった(涙

 でもその後の笑顔はアップでたくさん見られて満足です。

 次は入れ替え戦2戦目(1戦目は、既に泣きながら見た)

寿人の号泣「このチームでJ1に戻ろう!」をじっくり見られるにょ~~~~^^

|

2008年2月12日 (火)

ショックな法令改正

 自分のことなのに、最初から正式名称を書けないのが情けないのだけれど・・・。

 障碍者手帳を持っているので、道端に駐車してもいいという証明書を警察署で発行してもらえる。たしか・・・駐車違反除外なんとか・・・。

 それをフロントガラスから見えるところに掲示しておけば、駐車違反にならない。これは私にはとってもありがたい。濫用はしていないつもりだけれど、駐車場から遠く離れた店などへ行く時は、これを出して店の近くの路上に停めることができるわけ。(ん~こんな使い方も滅多にしないなぁ)

 そうそう!! 一番使うのは名大へ行った時だ。駐車場が満員で入るのに時間がかかりそうな時は、これを出して路駐する。(これはちょっとだけ濫用?)

 前置きが長くなりましたが、今日 その期限更新の手続きに警察署へ行ったら「法令が改正されて、手帳4級の人には発行されなくなりました」と。

 そ・そ・そんなぁ~~~~~~~!!

「でも急にでは無く、今回を最後の更新として認めます」って可愛い婦警さんがおっしゃる。ちょっとだけありがと~~~~!! 

 婦警さんに「私 あまり歩けないんで、これは必要なんです」と言ったら「手帳を3級に申請してもらうのは不可能ですか?」って。それができたらずっと前にしてるよ~~~。

 車検証がまだ届いてなくて 今日の手続きはできなかったけど・・・。

 あぁ・・・それにしても 身障手帳の4級と3級には大きな差があると前から言ってて、4級の数少ない恩恵の一つがこの「どこでも駐車OK証」だったのに・・・。

 私が許可されるのは22年までらしい。どうかそれまでにまた改正されますように!!

|

2008年2月10日 (日)

発表会 終わりました^^

 この冬、ちっとも雪が降らないなぁと思ってたのに、こんな大切な日に限って雪…。

 それなのに9時前から整理券を貰う為に30人以上の人が並んでた。交流アトリウムは室内とはいえ広くて寒々としてるのに。

             Image031

 名古屋から来てくれるはずだった友達は雪で断念。そんな中、三好から駆けつけてくれたHには感謝感謝です。でも帰りが心配だった~~~!

 私と同様に 来てくれるはずの友達の整理券を貰っておいたメンバーがたくさん居たけど「来られなくなった」人が続出。早めに退出する人も居て、途中からでも着席する事はできたみたい。でも有難い事にほぼ満席。 

                 Image033  

 久しぶりに緊張してドキドキした。9日の占いは全てが良い。「今までの努力が報われる」とあったし^^ だからきっと大丈夫!!と言い聞かせて出番を待つ。今までのミニ発表会や小学校での公演でも 少しも緊張しなかったのに・・・。

 他のクラスの人達からも「おさとちゃん(役名)楽しみにしてるからね」と声をかけてもらった。

 そして私の台詞。声が小さいなぁ・・・。歌も途中で声が裏返っちゃった。母親役の先輩も一度もとちった事のない歌を間違えて急遽作詞作曲したし。でも後で「それは全部そういう演出だと思って見てもらえてるわ」と別の先輩。

 ラストの全員の歌では泣きそうになった。そして拍手が体にざーっと入ってきた。拍手を貰う快感ってこういう事なんだなって 初めて感じた。

 この発表会をもって この会は解散。このメンバーで何かをする事はもう無い。みんなで力を合わせて何かを創り上げるって本当にすごい!脚本作りから2年近く、一緒に悩み苦しみ、意見を戦わせたこともあったっけ。みーんなみーんな素敵な思い出になった。幸せな経験をさせてもらえた事に感謝します。

|

2008年2月 8日 (金)

日産ノートに乗った

 ぴっちー号を車検に出した。前もって「一番小さな代車を」と頼んだ時に「今はノートが最小です」と言われた。

 車屋さんの駐車場に留めたぴっちー号の横に代車ノートが連れられて来たら

おっきーーーーぃ!!

「運転できるかしら…」

「大丈夫ですよ。今からキーの操作を教えますんで」

キーの操作ってねぇ・・・それくらいは私だってわかってるわよ。

そしたら渡されたキーには差し込む柄(?)がついてない!!

「これを持ったまま ドアのこのボタンを押してください」ほぉ~~~~~~~☆

おまけにエンジンキーも要らない。窓のロックの開閉のようなスイッチを回すだけ。

 キーから電波が出てるんだろうと必要以上にキーを近づけている私に「キーは鞄の中でも大丈夫なんですよ」

 あぁ~~~テレビCMで見たことあるわ~~!! へぇ~~~本当にキーを挿さなくていいんだ~~~~!!

 代車の保険の書類に捺印しながら「どうかこれが必要になりませんように」と祈る。必要最小限しか乗らないもん! だから乗る用事の少ない時を選んで車検に出したんだもんね。

 お店の人に見送られながらノートを発進させる。ふむふむ運転してる分には、さほど違和感は無いじゃん。・・・と思ったらブレーキ踏んだらつんのめった。その後もずっとブレーキのたびに軽くつんのめる。

 スーパーで買い物だけして家の前へ。

 そこで大変な事が!! 

 いつも一緒にぶらさげている車と家と鍵のホルダーから 今日は車のキーだけはずした。車につけて一緒に家の鍵も出しちゃうといけないからね。そして駐車場の鍵と家の鍵をくっつけておいた。

 その鍵が無い!!! 心臓が飛び出しそうだった。

 念のため、車屋さんへ電話してみたら「ドアの横のポケットに たくさんの鍵がありましたよ」と。あぁ~~~よかった~~~~~(涙) そうなんです、いつも駐車場の鍵をそこに入れるんです。

 そしてまた車屋さんまで、できるだけ乗りたくない代車を運転するはめに・・・。

 こうして鍵を取り戻して無事帰宅。お陰でたい焼きとみたらしも すっかり冷めてしまいました。

 しかし・・・新型の車は音も静かで、キーレスエンジン(と言うのかな?)も確かに便利。サイドブレーキも無いので、乗り降りのたびに何か忘れてるような変な気持ちにはなるけど。

 そして機械式駐車場に止めた代車ノート君は、数回の切り替えしの末、一度降りてから また入れ直したのにも関わらず、タイヤがすごい向きになってました・・・。

 早くぴっちー号 帰っておいで~~~~(絶叫)

|

2008年2月 7日 (木)

こんな苺~~~~☆

               080205

 この前、双子の苺を食べたけど、今日はこんなの~~~☆☆☆

 見た瞬間 私の頭に浮かんだ言葉は「苺のギャザースカート」

でもそれをタイトルにすると 苺模様のギャザースカートかと思われるよね。

次に「苺の花びら」と思った。花びらと言うにはゴツ過ぎる。

 一緒に入っていた他の苺も大粒で、濃い味だった。これだけは まだ食べてないんだ。1個で3個分だよね。小粒のだったら6個分くらいあるかも。ずっしり重いんだもん。

 今日中に食べちゃいます♪

|

2008年2月 6日 (水)

朗読発表会のお誘い

 ことばリフレッシュの会 20th ANNIVERSARY

      「ことば磨いて20年」

 ■2月9日 土曜日 13:00~16:00(開場12:30)

 □文化フォーラム春日井・視聴覚ホール

 ■入場無料 全自由席 

    要整理券(当日10:00より 先着198名 受付にて配布)

*************************************************************

 いよいよ発表会が週末に迫ってきました。

「行きたいんだけど」とメールをくれた人が数名あったのですが・・・実は入場が上記のシステムなのです。

 花桃家では、夫・義母・母の分の整理券を取るために夫と私(直前練習中)が並ぶ予定です。その夫は、サッカーのチケットをとる為に10時から電話にかじりつくので、整理券配布に間に合うかどうか・・・。

 10時から並んで整理券をもらっても開演は1時、私の出番は3時。しかも12時50分の時点で着席していなければ整理券は無効という厳しいルール。市民文化財団が共催なので こちらの自由にならないんだそう。

「家族の出番だけ見る」ってのは不可能らしいです。

 整理券を貰ってから開演までは、館内の立派な図書館か近くの清水屋かデニーズで時間をつぶしていただかなければいけません・・・。館内には ほんと~~~に小さな喫茶室があるだけで 他では飲食禁止。お昼ご飯はどこかへ出て食べてもらわないといけない。

 こういう事なので「是非来て」とは言えないのですよ・・・涙。

 198名を超えて入場できない人には、文化フォーラムのフロアのマルチスクリーンで見てもらうんだけど、それがまた「あまりに少数の場合はマルチスクリーン投影は無し」だそうで・・・。

「そうならない為に一人でも多くの人に来てもらってください」と先生は言われたけれど・・・私も見てほしい、聞いてほしい。

 こういう状況でも「行ってもいいよ」と思ってくださる方は どうかどうかお越しください。

花桃ゆうからの複雑な思いをこめたお願いです。

|

2008年2月 5日 (火)

寿人は元気◎

 サンフレッチェ広島のトルコキャンプ。キャンプレポートを見ると、寿人はすこぶる調子が良さそう^^

 広島での練習時から、ミニゲームで何本もシュートを決めていたらしいし、インタビューに答える顔も清清しく明るかった。自分の中で新たな自信が芽生えてきているのかもしれない。寿人の公式サイトの日記も更新が頻繁になってきてるし、中身も明るい^^

 なんか私も嬉しくなる♪

 古巣広島に復帰した久保選手とのコンビネーションもいい感じのようだし、もっともっと調子を上げて、リーグ戦を突っ走ってほしい。

 

|

2008年2月 4日 (月)

ふたご☆いちご

          Image028

 いちごの季節だ~~~☆

 そろそろ天津甘栗と絶縁しなければ・・・と思っていると、苺の季節になってしまうんですねぇ~~~苦笑。

 そして今日は、パックの中に こんな双子の苺が混ざってるのを発見! すごく大きいよ! 豊潤な甘さ^^ うぅ~~~ん幸せ☆

|

2008年2月 2日 (土)

朗読発表会リハーサル

 20周年記念発表会も来週に迫った。今日は最後のリハーサル。衣装もつけて、全クラスが集合して本番さながらに行われた。

 私は こういう場面でほとんどあがらないので、何の心配もしてなかったら・・・なんてこと!

 薄暗い照明の下で老眼は(役作りのため老眼鏡は使用せず)脚本がよく見えない。最前列の席の先生が助け舟を出してくれて、何とかなったけど、本番は先生は居ないんだよねぇ~~。あ~びっくりした。ちょっと甘く見てたなぁ。

 私のクラスに、去年の9月に出産した人が居て、最近は赤ちゃんを連れて参加している。練習中は赤ちゃんを抱っこひも(肩から斜めにかける最近流行りのやつ)でお腹の前に抱っこして舞台に立っている。その赤ちゃんがおりこうさんなんだ~~~~!

 みんなに 覗きこまれてもご機嫌な顔してるし、ママの出番直前に「ふにゃーーー」と少し言うくらいで、舞台に一緒に上がってしまえば、ママや共演者の顔をじーっと見てる。

 ママのお腹にいる時から、この朗読劇を聞いているから、懐かしい子守唄みたいに感じてるのかなぁ~。

 今日は他のクラスの練習中、抱っこさせてもらってた。私の腕と胸をちっちゃな両手で掴んで顔をじっと見てる。うぉーーーーーーっ 可愛いにょーーーーーー!!!

 そんな至福の時を過ごし、さて私たちのクラスの番になれば、お姉さま方に「花桃さんは重いもの持っちゃダメ」と裏方の作業を一切やってくれて、舞台への階段は誰かが肩につかまらせてくれて、とっても嬉しかった。

 今日 舞台でちゃんと読めない経験ができてよかった。本番では 冷静にあがらないで普段通りに読めるように あと1週間でしっかり練習しとかないとね!

|

2008年2月 1日 (金)

幼稚園児のう○ち

 昨日は、公文のお手伝い。

トイレに入った幼稚園児T君の「先生ーー!出たぁ!」「先生ーーー来てーーー!」という切羽詰った声が聞こえてきた。ちょうどオーナー先生の手が離せなかったので私がトイレに向かった。

「せんせーーー早く来てーー!」「はいはい」

トイレのドアを開けると和式便器を上手にまたいだT君の姿が。

「先生!早く来てよ!」と ちょっとお怒りモード。

「ごめんごめん。立派なのが出たねぇ~~~」と言いながら、さて私は何をすればいいの?まさか・・・お尻を拭けない?

 子育ての経験が無い私は、こういう時 情けない。子供に何ができて何ができないか分からないの。そしてお尻を拭いてやるなんて事も初体験で戸惑ってしまう。

 T君が立ち上がったので「お尻拭ける?」「うん」あ~~よかった^^

 トイレットペーパーをくるくるっと巻き取って渡したら、立ったままふきふきふきふき・・・(紙を換えなくていいのか?)と思ってたら、ぽいっと捨ててパンツもズボンも一気に上げてしまった。どうやら終わったらしい。あぁ・・・本当に私って情けない。

 立派なう○ちを流してやり、ドアを開けてやり、水道の蛇口をひねってやり、ついでに私も手を洗った。(笑

↑私の動揺っぷりが分かるでしょう?

 そしてT君は普通に席に戻っていきました。

 さてと・・・T君は何のために先生を呼んだんだろうか? もしかして立派なう○ちを見せたいだけだったんだろうか?

|

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »