« サッカー少年にドキン☆ | トップページ | 愛媛FC戦 »

2008年7月10日 (木)

抜釘手術の計画 顛末

 いざとなると決心がつかず、申し込みに行けなかった意気地なしの私。

 昨日 密かに決意していた。「今夜の試合、広島が勝ったら明日行こう!」と。

 広島では寿人以外の好きな選手が軒並み怪我で手術をしてる。彼らも今、病院で辛い思いをしてるんだから…と勝手な仲間意識(笑)

 そして昨日の試合は勝利! 寿人ゴール おまけにJ2得点王1位タイに並んだ。

 もうこれは行くしかない!!

 4時間待たされました…その間 ドキドキしてましたよ。手帳を何度も見てお稽古やボランティアの日程を確認して「この辺りがベストだな」と 自分の中で日程の計画をたてて。

 2年ぶりの市民病院の整形外科の先生は…2年半前に手術してくれた女医さんは異動しちゃったので、知らない先生。若い男の先生だった。もうほとんど年下なんだよねぇ~~~苦笑。

 さて、その先生は「人工関節置換の話が出ましたか?」 「いいえ」

「だったら、まだ抜かなくていいでしょう」 えぇぇ~~~すごい決心してきたのに~~。

 右足の痛みや、置換手術前に土台を鍛えておきたい旨を説明したら

「よくわかります。でもこれを抜いても痛みが消失する保証は無いですよ」と。

 もともと、私は手術したくてしたくてたまらない訳じゃないので もうその時点では内心「しなくていいんだ~よかった~~」になってた。

 ドクターが左股関節の事なども興味深く聞いてくれるので 私もついでに色々尋ねてみた。

「抜釘手術後の安静などおおよその経過はどうなりますか?」

「普通の抜釘よりは大きな手術になりますねぇ。これだけの手術がしてあるから。血がじゃんじゃん出るよ」 じゃんじゃん出るって・・・笑。

 もしかしてこんな面倒臭い手術はしたくない?

 でも「置換手術もうちでしてもいいですよ」と言ってくれたしなぁ。あ~でもその頃には、きっとこの先生は異動してるわ。

「ボルトが5本 貫通してるので、抜いたら穴が5つ開きますよね。その分、弱くなりますか?」

「穴って言ったって小さい小さい(笑)」

 術後は翌日から歩いていいって。(最近は人工関節オペでも翌日には歩けて、2週間で退院という情報をよそから聞いてる) まあ 私の今までの手術の中では一番ちょろいんだよねぇ。

 ・・・と言うわけで、またもや「お騒がせしました」になってしまいました。まあ執行猶予ではありますが。

「手術前に会っておきたい」と言ってくれてる友達が数人いて・・・あはは・・・汗。

|

« サッカー少年にドキン☆ | トップページ | 愛媛FC戦 »

病気(SLE・骨頭壊死など)」カテゴリの記事