« 横浜FC戦 | トップページ | 桃のおばあちゃん »

2008年7月29日 (火)

子供の目線

 以前、公文で「ボクのバナナ型うんこ2本!」と見せてくれたT君。昨日は漢字の書き順が分からないと聞きに来た。

 机をはさんで向かい合い「まず、横棒」「ここでいいの?」「そうそう。次に縦」「こう?」「そう!上手上手!」指先をくっつけんばかりにしてらぶらぶ状態のT君と私

 一心に私のペン先を見つめている可愛いT君。そして正しい鉛筆の持ち方をサポートするお道具(何て言うのかな?ミッキーマウスの形のゴム製品が鉛筆に巻きついてる)を握って書くちっちゃな手を見て、口元がにやけてしまう私。

 ・・・すると! 紙の上のT君の鉛筆が急に止まり、私の指の甲にぴたっと移動した。そのまま静止。

 ん?どうしたんだろう?

 きゃぁ~~~~~~~!! よーく見ると、T君の鉛筆の先が差しているのは、私の指の甲に生えた産毛!

 老眼の私よりもよく見えるであろうT君の濁りの無い瞳、私の顔よりもかなり近い位置にあるT君の目。彼の目には見た事も無い物体がどど~んと映っていたに違いない。

 T君の指には存在しない、きっと若いママの指にも無いでしょう。パパにも無いのかも…。

 きっとT君のちっちゃな頭の中では「これは何だろう?昆虫の毛みたい・・・どうして先生には こんなのがあるんだろう?」って疑問が渦巻いていたに違いない。

「次は この線だよ」と強引に鉛筆を紙に戻させたけれど、T君のさっきまでの勢いはもはや無い。書き順を覚えるよりも疑問でいっぱいなんでしょう。

 何とか書かせたけれどT君の顔は「?」のままでした・・・汗。

 そして、今度は私が帰る段になり、腕カバー(冷房で腕が冷えるので)をはずしたら「先生~、これどうしたの?」と腕に残るゴムの赤い跡を目ざとく指摘したのは1年生のM君。

「これねぇ~ゴムの跡だよ」「どうしてつくの?」「太ってるからかなぁ(え~~ん)」「ボクも太ってるけど つかないよ」「私、M君よりもずっと太ってるもん」

 いいえ、それだけじゃないのですよ。若い子は肌の弾力があるので、跡に残りにくいのですよ。先生はね・・・すぐに跡が残っちゃうのよ。

 え~~ん、私ぼろぼろだ~~~

|

« 横浜FC戦 | トップページ | 桃のおばあちゃん »

笑…?」カテゴリの記事