« さすがW先生☆ | トップページ | 味覚異常 »

2008年8月 1日 (金)

W先生に褒められた…?

 「帰りにウインドーショッピングでもしよう」と軽い気持ちで病院へ。

 待ってる患者さんを探しに診察室から出てきたW先生が私を見つけて「ああ、花桃さん」と両手で×印を作って見せた。検査結果がまだ出てないのかな?などと まだ暢気に構えてた。

「とにかく入って」とW先生。

「さすがに長くSLEやってると、病状の変化もちゃんと分かるんだなぁ。恐れ入りました」と先生に褒められた(?)

「補体がすごく落ちてたわ。今までずっと正常値だったのに」と、今までの結果をずら~っと見せてくれた。120近くで安定してたのが69になってた。

「これはまずいなぁ。プレドニン増やすけどいい?」

「はい」 仕方ないもんね。手術するよりはマシだもん。

「今2錠だったね。3錠か・・・」先生が少し躊躇してから

「いっそ4錠にしとくか」

「はい!」 ちまちまと増やして効果が上がらず、長期化した挙句「やっぱりもっと増やさなきゃいけない」ってなるのが一番いやだもん。最初からどかんと多目に服用して、体をびっくりさせて効いてくれれば良し。

 処方箋を入力するのに、先生は何度もミスタッチをした。私よりも先生の方が動揺してる?

 今まで、ご飯を食べるのと同じように毎日食べてた洋菓子類。レコーディングダイエットを始めてから、不思議と買わなくなった。家にすでにあったものも食べてない。

 …それも実は、体調が悪かったからなんだねぇ。味覚も変だし。(やたらと甘い)

 優良SLE患者である私の率直な訴えと、すぐに検査をしてくれたW先生の好連係で、ここで治まるといいなぁ。

 まずは1ヶ月、おりこうにしてないとね。

|

« さすがW先生☆ | トップページ | 味覚異常 »

病気(SLE・骨頭壊死など)」カテゴリの記事