« 9月20日 横浜FC戦 | トップページ | 9月23日 愛媛FC戦 ☆昇格決定☆ »

2008年9月23日 (火)

おぼっちまん先生

 昼食を作りながら、洗い桶の中のグラスを洗っていて割った。前からひびが入ってたのに、お気に入りだから捨てられずに使っていたの。

 右人差し指の甲側の付け根、骨の出っ張ったところの皮が親指の爪くらいの大きさにべろんとなった。もちろん大出血。痛さよりも怖さで流し台に手をついて足をバタバタさせた。

 リビングに居た夫は、私がいつも台所で何かしでかして「ひゃぁ~」とか「おぉ~~」とか言ってもビクともしないのに、さすがに飛んできた。でも夫も手が出せない。ティッシュで押さえて心臓よりも高く揚げて止血する。

「病院行こう」と夫。んん~~たかが切り傷だしなぁ…でも化膿したら困るし、べろんとなった皮の内側に破片が入ってるといけないし…で、市民病院の救急外来へ。(お得意様だわ

 自分でした応急手当で、診察を待つ間に一応血は止まった。

 1時間半待ってやっと呼んでくれたのは、おぼっちまんな先生。

『大丈夫かなぁ~~痛いことしないでね・・・』と祈る。

 自分で当てたガーゼを取ったらまた出血。患部を見たおぼっちまん先生は「水で5分くらい洗ってください」

えぇ~~? 診察室の裏側へ案内されて、そこの水道を使ってくださいと放置された…。病院関係者が通る場所で恐る恐る水をかける。いたたたた!!5分どころか3秒もかけてられないよ。

 水道の調節がわからなくて、ぬるま湯が出る。通りかかったおぼっちまん先生に「ぬるま湯でもいいんですか?」「水の方が血が止まりやすいです」そうなんだ!じゃあ頑張ります!左手で蛇口を調整した。だんだん痛みを感じなくなった。

 「じゃあ こちらで手当しますから」と、先ほどの診察室の机。ええ~~こんな所で~? もっと蛍光灯とか使わなくていいの~?血も流れるよ。

 おかまいなしに先生は滅菌ガーゼを破る。皮もめくってるようだ。(怖くて見られない)皮の内側にも薬を塗ってくれてるようだ。これは私では絶対にできない。

 そして出てきたのは、名大で「魔法のテープ」と呼んでいた傷テープ。「縫う程では無いですから」と。よかった~~~。

 それから包帯を巻いてくれた。・・・それが ぐるぐるぐるぐるぐるぐる・・・どれだけ巻くわけ~~? と思ってるのに まだぐるぐるぐるぐる。切らないつもりなのね、包帯を使い切るつもりなのね。この時すでに笑えてきた。

「これで圧迫して止血もできますから」と完成した右手を見て、もう笑いをこらえるのに必死だった。グローブになってる

「もし指がしびれてきそうだったら、自分で包帯をゆるめてください」 あの…もうすでに指の色が変わってるんですけど。親指以外は全部固まってるんですけど。ちょっとしびれてもきてるんですけど。

 病院を出て、遅い外で遅いお昼を食べることにしたけど、箸どころかスプーンもフォークも持てない。で、回転寿司にした。そのお寿司さえ、途中から右指4本が痛くて痛くて「早く帰って包帯をとりたーい」になってしまった。

Houtai_5   ←親指以外は、ポーズじゃなくて固まってる。

 帰宅して写真を撮って、すぐに包帯をはずしましたわ。

|

« 9月20日 横浜FC戦 | トップページ | 9月23日 愛媛FC戦 ☆昇格決定☆ »

笑…?」カテゴリの記事