« サンフレッチェ広島 対 サガン鳥栖 | トップページ | 年賀状の準備 »

2008年10月27日 (月)

軌道修正しながら

 「食べなければ痩せる」と言いつつ、カロリーを減らす努力をしてるのに一向に体重は減らない。たぶん、まだ努力が足りない…って言うか、それほどの苦労をしていないです。はい。

 カロリー計算(換算)するのもなんだか面白いし、低カロリーで栄養価の高いレシピを見て作るのも楽しいし。

 でもちょっとは辛い思いもしてる。

 外食する時に「あ~今までなら何の迷いもなく天ぷらうどんを食べるのになぁ」と思いつつ「とろろうどん」を注文する時の切なさ…。

 「生クリームたっぷりのケーキが食べたいよう~」と洋菓子店の広告を見つめる時の虚しさ…。

 なのに体重計に乗ると「52.1キロ」だった日には…怒りがこみあげてくる。そして深夜、寝る直前にあいちゅくり~を食べてしまう。

 友達からはダイエット情報が次々に入ってくる。私の体を心配して「カロリーや体重を気にし過ぎちゃダメ」と言ってくれる人もいる。自分に甘い私はそれを聞いて「そうだよね。以前よりは間違いなくカロリーダウンできてるんだから、これ以上はもういいよね」と、都合のいい部分だけ受け入れちゃう。

 「筋肉をつけて脂肪が燃えやすい体にしないと」と具体的に教えてくれた友達があり「上半身だけでもいいから」との一言で「そうか!」とやる気になった。

 氾濫するダイエット情報で「痩せるには筋肉をつける」とは知ってたつもりだし、私のダイエット師匠Mも 以前それらしいことを言ってた。

 ちょっとした言い方で俄然やる気になるのはお子様レベル? 筋肉をつけるなんて私には無縁(無理)だと漠然と思ってたけど、生活の中でちょっと意識するだけでも違うって気づいた。別に筋肉もりもりになろうってわけじゃないもんね。甘え切ってたるみきった筋肉をちょっと驚かせてやればいいんだわ。

 三日坊主でもいいわ。しないよりは3日分だけでも為になる。

 股関節の保護の為にも、大腰筋や大臀筋などを鍛えないといけないと整形外科で学んでいる。(なのにやってない・・・)その筋トレで「痩せやすい体」も作れるとしたら一石二鳥。

 SHIHOさんだったかの「腰回し運動」さえ、半月も続かなかったけれど、まずは股関節の為の筋トレを始めよう。

|

« サンフレッチェ広島 対 サガン鳥栖 | トップページ | 年賀状の準備 »

痩せたいのよ!」カテゴリの記事