« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月30日 (金)

おマメとのラブタイム♪

 公文の教室のお手伝いで、ここんとこ小さいマメ達のテーブルを任されていた。

 幼稚園児から小学1年生くらいまでのおマメが3~5人。 まめまめチックに鉛筆を握って 時折、あくびしたり、よそ見したりしながらやってるのを手と口を出しながら見ている。

 ええ、ええ^^ はっきり言ってパラダイスですわよlovely 

 足し算のプリントを1枚やると「せんせーーできたーーー」

 2+3レベルの教材は解答書が無く、その場で暗算で採点すると「せんせーはやーーい!」と目を丸くしてくれる。

 教室に来始めたばかりのマメには、オーナー先生の指示で、鉛筆を持つ手を私が持って書かせたりもする。

 あぁ~~~~ちっちゃくてまるまっちいおててを包む心地よさheart04 鼻くそをほじったばかりであろうが、鼻水で濡れていようが平気でございます。

 つっぷして寝そうになる子をくすぐったり、頭をくりくりんとしたり、ほっぺを押したり…ええ、ええ、やりたい放題でございます。

 その中には、以前うんちを見せてくれたT君の弟Y君もいる。まだ3歳くらいかなぁ?

 印刷された動物のイラストを指さして、数を数える教材では、並んだキリンを差し「いーち、にぃー、さー・・・あ! キリンさん、笑ってる~! あ、このキリンさんも笑ってる~! これも!これも~!きゃっきゃっけらけらchick

 はい、全部同じイラストなんで、全部笑ってるんですけど^^

 飽き始めたので気を引こうと、丸の代わりにネズミを描いたら「あ~~みっちーまうすだ~~~!」と過大評価してくれる。

 さて、昨日は大きい子達が多くなって、私は別のテーブルで採点してたら、そのY君がトイレへ行くらしい。オーナー先生がついて「自分でできる? パンツはおろせるの?」とお世話してる。結局 トイレのドアの前で、ズボンもパンツもぜ~んぶ脱ぎました。(そういう段階^^)

 Y君が用を足して出てきて、オーナー先生がトイレの後始末をして(私が以前T君にしたように…笑)そこからが…きゃわいかったの~~~泣。

 パンツをはかせてもらうのに、先生の両肩に両手を当たり前のように置いてるんだも~~~ん(涙) よくおむつのCMで見るシーン。

 うあぁ~~~~ん、私もやって欲しかったにょ~~~~~!!

 あぁ~~~でもなぁ~~~それをやるには 私はしゃがまないといけないんだよねぇ。ぎりぎり膝をつけばできるかなぁ。

 …と次回のチャンスを期待して、家で秘かに試してみる。

 …できた!! 

 うふっwink さあY君、いつでもおしっこに行きたまえ! ズボンもパンツも全部脱いで行くのですよ。わくわくわく♪

|

2009年1月29日 (木)

甘い誘惑

 ダイエット報告をさぼってました(汗

 一応 少しずつではあるけれど減ってます。(月500グラムペース)

 ただ…レコーディングダイエットを始めた頃に比べると、私の努力はかなりゆるくなってる…catface摂取カロリーも1800くらいすぐいっちゃうし。

 脂質を取りすぎないようにってのは無意識に抑制できるようにはなってる。

 今まで何の躊躇も無く、揚げ物したり、ピザとったりしてたのを「今日はやめとこ」ってなる日がある。

 でも…甘い物だけは抑制できないのよねぇ…。

 始めた頃、クッキーをひとかけらだけ食べて我慢できたのが「2枚くらいいいよね?」が「2枚も3枚も同じだわ・・・」になって…。どうして1枚で満足できないんだろう? ダイエットにはまず甘い物をカットするのが一番なのに。

 ダイエットに成功してる人はよく「甘い物が欲しくなくなった」と言う。私もそうなるといいなと思ってたんだけど。ダメでしたねぇ…。

 クリームチーズたい焼きも1枚食べて「あ~~美味しかった!」の後「この美味しさをもう一度…」って2枚目に手を出しちゃう。2枚買ってはダメなんだろうけど、せっかく店に行ったから余分に買っておこうって思っちゃって。それが余分どころか当然のように食べちゃう事になるんだよね。

 「年明けたらプールに行きます」宣言も まだ実行せず。寒いし…風邪ひくといけないし…って言い訳。

 軽い筋トレだけは継続してます。ただし私の筋トレを見た人は「何をもぞもぞ動いてるんだろう?」としか思えないでしょうね。汗もかかないし、息も上がらないし、心拍数も変化しないレベルだから。

 でももしかしたら、このゆるゆる筋トレで「痩せる体質」になってるんじゃないか?と思うのです。

|

2009年1月28日 (水)

老眼で編み物!

 去年の12月17日のブログに書いた「花モチーフのマフラー」

 あの後、Oさんが「よかったらキットを買ってきますよ」と言ってくれた。Oさんが編んだのよりも色合いを渋くすれば50歳目前の私がしてもいいかな・・・と思ってたので、自分で選ぶつもりだった。

 でも色の組み合わせは難しそうだなぁ…これじゃ2年越しのOさんを上回る「毛糸を買うまでに1年」かかっちゃうかもね…との不安もあり、お願した^^

 で、キットが届いたのが年末。

 年が明けてすでに4週間が過ぎようとしている。

 せっかくキットを買ってきてくれたのに「取りかかるまでに半年」じゃ申し訳ない。

 って事でやっと編み始めました~~~^^

 さすがにキットだわ! 袋詰めの毛糸玉だけ見ると「へぇ~~~こんな組み合わせなんだ~~? この色は浮いてるよなぁ~」と思うんだけど、いざ編んでみると(花モチーフなので すぐに1つ編みあがる)花芯に指定の色で花びらをつけたら「おぉ!!こんな素敵なんだ!!」と感動する。

 自分では絶対に思いつかない色の組み合わせ。

 でもねぇ~~~最後に編み物してから何年たったかしらん? 老眼の進行をひしひしと感じるわ。

 花芯はモヘアの2本取りなんだけど、これがもうほとんど見えてない。勘だけを頼りに鉤針を網目の穴に通す。こんなだから土台になる花芯がすでにいい加減。その土台に花びらを編んでいくので、出来上がったモチーフは それぞれ花びらの数が違う(爆

 まっ これでいいんです^^ 編み物って洋裁と違って、かなり誤魔化しが効くからcoldsweats01

 なんとか今シーズン中に完成させたいんだけど…ちょっと自信ない。

|

2009年1月27日 (火)

ホスト海司クンに納得☆

 先週末の予告を見て、だいたい想像はついた^^

 お調子者だった中・高生海司君が大人になった時、あの俳優(田中幸太朗)が演じる訳もわかった^^

 この前は、田中幸太郎さんでは違和感があると書いたけれど、そこでも触れた通り、辛い体験(美波ちゃんとの恋・失恋じゃなく、バイト先の先輩の家族を背負う決心をしたんでしょうね)をして大人にならざるを得なかった海司君を演じるには、彼がぴったり!

 私が田中幸太郎さんを見たのは、題名も忘れちゃったけど、本仮屋ユイカちゃんが陸上かなんかをやってる女子高生のドラマだったと思う。そこで「明るく元気な仲間の中で、ただ一人大人の恋をしている役」だったような記憶。(もしかしたらウオーターボーイズにも出てたかなぁ…とも思うけど自信ない)

 そうそう^^ 彼は何か悲しい十字架を背負ってる姿がよく似合う。

「金が欲しいんだ」と 人の心には触れたくないとばかりに発言する冷たさ。そこはかとなく匂う色気。いいですねぇ~~~~!!

 でもポッケからは、美波ちゃんにもらった東京タワーのストラップがのぞく…。

 当分は「ワル」の海司クンを堪能させていただきましょう☆

 

|

2009年1月26日 (月)

マッキー全国区☆お散歩隊

早めに入浴を済ませ「やべっちFC」を待つ^^

 マッキーのオーバーヘッドが炸裂!
「翼くんみたいなオーバーヘッドでしたね」と、高橋先生の言葉とともに、翼くんのイラストと重ねた画像。
 いやぁ~~~おいしかった!
 
 試合は同点でPK戦へ。代表チームの最初のキッカーは…槙野。おもむろに出てきた。
 ま・ま・まさか…アレをやる…?!
 ボールを置いた。少し距離を置く為に下がる。
 アレ…やっちゃうの? 
 
 後ろ向いたーーーーーーー!! そのまま仁王立ち。笑。

 おそらく初めて目撃する事になる実況アナは「精神統一しています」だって。だよねぇ~~~笑。

 そして…とうとうアレが全国にお披露目だ。

 後ろ向きから突然振り向いて走りだしシュート! そしてお決まりのど真ん中コースでゴールネットを揺らす!
 シジマールも 見ているやべっちも呆然。
「しらなーい! びっくりー!」とシジマール。

「遠藤さんがコロコロPKなら、僕のは振り向きPKです」と マッキー自ら名前も発表。
 とうとう全国の人がこれを見てしまった~~~笑。嬉ぴいにょ~~~☆
 
 J1チームのGKも見ちゃったかなぁ。これからマッキーが後ろ向いたら、GKはど真ん中を守っちゃうじゃ~~~ん(泣
 でもマッキー、フットサルのあんな小さなゴールにも振り向きで決められるんだねぇ!

 やべっちを見終わって「うるぐす」へ。代表ニュースと中澤のインタビュー。
 そこでお散歩隊の話題が出た。メンバーは?との城の問いに「楢さんと能活さんと、巻、高木…」そうそうおっきい人ばっかりなんだよね。
「若手は参加しないんですか?」「そうですねぇ。来ませんねぇ…おっさん達は9時半頃にうろうろしてるからおいでって言ってるんですがねぇ…」
 そりゃ見えない身長制限があるからでしょ~。それに怖くて若手は行けないよ~~~と思ってたらなんと!!
「寿人が時々来ますね」だって!! そして楢崎達の写真に並べて、寿人の写真。
 うきゃぁ~~~~~♪ 寿人もお散歩隊に参加してたのねぇ~~~!
 でもあのメンバーと一緒にお散歩してる寿人って、大型犬の中に1匹だけ混じったハムスターじゃん(惚)
 
 中澤って「ひさと(『と』が高い)」って言うのね。広島の選手もそう呼ぶいるなぁ。(浩司とか)私は『ひ』が高いアクセントで呼んでたけど『と高』のひさとも ちょっといいなと思ったことでした。

|

2009年1月24日 (土)

愛知県内で代表合宿・・・涙

 22~23日まで「愛知県内で代表合宿」と新聞で見た。

 愛知県内~~~!? どこよーーー? なんだかすごく近くに来るような気がしちゃう。

 『23日、中部国際空港から出発』ともあり、私は一瞬それを昔の名古屋空港だと思ってしまった。ご丁寧に「名古屋から成田かどこかまで行って、そこから国際線にのるのかなぁ?」とまで…汗。

 名古屋空港は、限られた所へしか運転できない私でも行ける数少ない場所なのだ!

 この2つの感違いな思い込みで ますます「あ~~もし寿人がいたら、何としてでも行くのに!!」との思いがふくらんで 身悶えしてしまった。

 合宿は刈谷だと 昨日の朝刊で知った。刈谷かぁ~~~。昨日はお天気も良く暖かかった。足の調子もここんとこ、けっこう歩ける。

 寿人が居たら刈谷まで行ったかも~~~。

 22日の夜のテレビで 刈谷での練習風景が流れた。観客席には雨にもかかわらず大勢の見学の人達の姿。

「なかざわ~~!」「たまだ~~~!」と子供たちの声がして「あまりの熱気に、会場にはこんな案内も」とのナレーション。電光掲示板に「お静かに応援をお願いいたします」だって。

 こんな近くで代表選手を見られるなんて嬉しいよねぇ~~~!

 ・・・私は寿人がいなくて良かったと思うしかない。寿人が居たら、ちょっと無理して行ってたかもしれないから。そこで風邪ひいたかもしれないし。今日は寝込んでたかもしれない。

 なぁんてね。負け惜しみだ~~。

|

2009年1月22日 (木)

バーレーン戦に向けて・・・・・・・・・・・・・・(うぅぅ)

 20日のイエメン戦は「あえて寿人はお休み」という情報を信じることにしていた。ほんとは、なんか納得いってなかった。天皇杯も早い段階で終わってるし、寿人だけに特別お休みを与えなくてもいいように思えて。

 いくら若手主体で試してみると言っても、すぐにW杯予選が待ってるんだから、そうそうお試しばかりしてられないだろうし。

 28日のバーレーン戦には呼ばれる?

 なんか不安だった。

 そして不安的中。

 寿人の名前が無いのを知って愕然とした。合格発表に自分の番号が無いみたいな感じかも。

 寿人はそれ以上だよねぇ…。

 確かにこれまでの代表戦では、寿人は良さを出し切れてないように思う。

「寿人にボールを集めよう」「寿人に出せばゴール決めてくれる」「寿人頼むぞ」

 サンフレッチェ広島では、こんな感じだと私は思ってる。(無知な素人ですが…汗)

だから、代表チームでは、寿人の得意なプレーをさせてもらえないんだろうな…。

 達也のがむしゃらなボール奪取やドリブルは怪我と紙一重だけれど、あれを上回る武器を、寿人は持たないといけないんだろうな。

 素人の私には「Jリーグで得点できない玉田は なぜ代表戦だと決めちゃうわけ?」なんだけど、サッカーを知ってる人には その理由はよくわかるんでしょうね。夫は代表戦を見ていると「たしかに玉田うまい」とよく言うし。

 一度は消えかけた巻(私は好きだよ。寿人と2トップ組んでほしい)が復活してるし、「柱」と期待されてた高原は全然出てこないし、この先も何が起きるかわからないよね。

 負けず嫌いで努力家の寿人だから、私なんかがやきもきしてる間にも、明確に努力目標を定めて成長してくれると信じてる。

 …なんだけどぉ…やっぱりとってもがっかりなのです。残念なのです。悔しいのです。

 サンフレッチェのトルコキャンプに行けるから良かったんだよね!

 そして今期は「寿人旋風をまちまち巻き起こす」んだもんね!! とカラ元気を出してみる。

|

2009年1月21日 (水)

帯状疱疹だった(ような気がする)

 年末に「帯状疱疹かも」と言ってたアレ、静かに終息したんだけど、やっぱりそうだったように思う。

 ぴりぴりと痛いのが赤斑の部分だけじゃなく、足首をくるっと回りそうになった。でもそれも一過性。紅斑は、最初の大きさのまま。これが赤斑も一緒に回ったら、もう少し重くなってたのかも。

 先週 その赤斑も、かさぶたになってた。やけどの跡みたい。

 どこかにぶつけてもいないし、靴下はいてるから虫さされでもないのに、突然、赤斑が現れて、ぴりぴりと痛み、でも「ここが痛い」って手で示そうと思うと、微妙に場所が違う。これは神経痛の痛みではないか? 

 帯状疱疹は、昔の水ぼうそうのウイルスが体内に残っていて、それが体力低下の時などに目覚めて神経に悪さをするんだよね。あれはやっぱり「水ぼうそうウイルスが起こす神経痛」だったように思う。

 内科定期診察の折りに、先生に見せればすぐに判明するんだろうけど、パンストをはいてるので見せられなかったんだよねぇ。 それこそ水ぶくれになれば、寒いのを我慢してパンストをやめて靴下だけにして、見せたんだけど。

 年末の大掃除、後半で失速したのも、お正月中、お腹痛くて寝てたのも、結果的には「体を休める」って事になって良かったのかも。

|

2009年1月20日 (火)

成人 海司くん

 昨日から美波ちゃんも海司君も大人になりました。(成人式直前)ぎりぎりまで後姿ばかりを見せてた海司君・・・やっとこっちを見たら・・・あ・・・そうなんだ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。(汗)

 以前 何かのドラマで見た事ある、好きなタイプの俳優さんではあるんだけど、中高生時代の海司君とは あまりにもイメージが違いすぎる。控え目で思慮深い感じで、陸君をやった方がいいように思えちゃう。あのやんちゃでお調子者の海司君は、美波ちゃんとの失恋を経験して、ちょっと翳りのある青年になった…ってとこかなぁ?

 その陸君も・・・話し方は、中高生時代の陸君を上手に踏襲してるんだけど・・・あのナイーブでどこか大人びた色気は感じは無いのよねぇ・・・。

 これから大人時代を演じていくから、きっと彼らの実年齢は20代半ば過ぎなんでしょうね。もしかしたら30歳近い…過ぎかも。それが二十歳をやってるから余計に違和感があるのかなぁ。

 幼馴染の坊主頭の子(名前忘れた)も純朴な青年になってるけど・・・前の子が良かったなぁ。あの子、もっと見たかった。いい味でてたもん。

 でもきっと、これから彼らを見てるうちに、どんどん好きになっていくだろうな^^

 ドラマは相変わらず「周りの人たちはみんな良い人だけど、神様だけが意地悪過ぎる~~~」って運命の悪戯満載の展開で ハラハラドキドキではなく「そっかそっかぁ…そうくるかぁ…まあ、そんな時もあるわねぇ~」って、純愛路線は継続。

 こういうのが好きだーーーーっ☆

|

2009年1月19日 (月)

浄水ポット

 昨年、美容院で美容師さんから「浄水ポットを買ったら すごく良かった」と聞いた。我が家では、夫が朝と夜、ペットボトルの水を飲んでいて、それがけっこうエンゲル係数をあげていたりする。だから私は夫用のペットボトルの水は飲まないで、湯ざましを飲んでいた(涙)

 で、うちも浄水ポットを買うといいかも~と思っていたところ、ショッピングカードのポイントが溜まったので、それで引き換えることにした^^

 「こんなの気のせいなんじゃないかなぁ~」などと思いながら使ってみたところ…これがびっくり!

 一番感じるのは味噌汁。今まで味噌の渋みだと思ってたんだけど、浄水ポットの水で作る味噌汁は渋みがなくて美味しいの~~~! 比較に、あえて以前のように水道水で作ってみたら やっぱり渋みを感じた。

 それを実感してから、コップでそのまま飲んでみると、なんだかさらっとしてて これも渋みが無く美味しいように感じる。それまで水道の水をそのまま飲むなんて事はできなかったけれど、浄水ポットを使うと、結果的には煮沸してない水道水なのに、抵抗無く飲めてしまう。(これはいいのか悪いのか?)

 というわけで、今うちでは煮物も鍋物もラーメンもインスタントコーヒーも、浄水ポットの水で作っております。活性炭カートリッジのスペアが無くなった時が問題だなぁ…。数年分は一緒についてきたんだけど。

|

2009年1月16日 (金)

一瞬の夢…「宮崎キャンプ激励応援バスツアー」

 一昨日だったか、サンフレッチェ広島からのメルマガで「宮崎キャンプ激励応援バスツアー」の募集があった。

 去年は「行きたかったなぁ~~~」と 家で爪をかんでたっけ。

 今年の私の運勢は「健康運がいい。健康の不安を感じないで過ごせる」とのこと。

って事は「今年なら行ける!!」なのです。

 まずは夫を口説き落とすところから始めなくては。

「宮崎キャンプ応援ツアー、行きたいなぁ~~♪」

「定員35名だって~~ 少ないよねぇ~、それくらいの人数だったら会食の時、寿人と話せる確率も高いよねぇ~」

「2人部屋で交通費、食事込みで3万円ちょっとだって~~~」

「私、今年なら行けるんだよねぇ~。来年はきっと行けないと思うんだ~」

と、まずは さえずり続ける。

 夫が「日程は?」とのってきた。(うひひ)

 でも…正直言うと、ちょっぴり自信がない。金曜日の夜、広島からバスで宮崎まで9時間くらい? バス内で寝られるだろうか? 翌日、私は動けるだろうか?

 そして最終日の日曜の夜、22時過ぎに広島着。私たちは、そこでもう一泊しないといけない。明けて月曜の夫の仕事も私の公文のお手伝いも休む事になるよねぇ。

 などと考えていたら…翌日にはもう「定員いっぱいになりました」って! だよねぇ~~~たった35人だもん。

 あ~ぁ、残念でした。

 帰宅した夫に報告してから確認する。

「私がどうしても行きたい!って言ったら、連れてってくれた?」

「半分くらい もう行くつもりだった…」 うぎゃ~~~~!

|

2009年1月15日 (木)

養命酒で酔う!

 たしか養命酒を飲み始めたのは去年の6月位だったと思う。初めて飲んだ時は完全に酔った。その後、ちびちびと飲むように気をつけて、少しずつ体も慣れてきたつもりだった。最近はもう食前に水を飲むくらいの感覚で(小さい容器)ぐびっと飲んでも平気になってた。

 年末からお腹が痛くて養命酒を飲むのも嫌で、しばらくやめていた。

 久しぶりに再開したら…大変だった。

 以前の調子で、食事の支度をしながら、ぐびっと飲んだ。

 食事が始まったら、なんだか目の周りがぽや~~んっとする。心臓がばくばくし始める。何なの~~~この気持ち悪さ。

 鏡を見たら目の周りも目の中も赤い。

 もしかして酔っぱらってる?

 ふぅふぅ言いながら食事を終えて、洗い物もできないほど動けない。

 そのまま布団で寝る。

 1時間後くらいにトイレに起きたら、なんと太ももまでが赤い。(普段は寝起きでも白い)

完全に酔っぱらってるわ!

 って事で せっかく慣れた養命酒だったのに、また1からのスタートです。食前に少しずつ少しずつなめるようにして容器1杯を飲みほしてます。

 そしてすぐに出かける用事のある時は飲みません…汗。

|

2009年1月14日 (水)

市役所地下駐車場の怪

 昨日は市役所の音訳ボランティア。

 雪が降ってたので地下駐車場へ入れた。

 以前そこに停めた時、活動を終えてお姉さま達に「お疲れ様でした~。私 こっちに停めたので、失礼します~。また来月もよろしくお願いします~」と挨拶して、自分の車にたどり着いたら、さっき別れたお姉さま方が向かい側に停めてあった車にすでに乗り込んで発進するところだった。

 今日はそんなヘマはすまいと、位置を確認し、柱の番号もちゃんと見た。緑の4番の裏側。庁舎のエレベーターホールに近いつもりで停めたのに、予想に反して遠い場所だったのはドンマイ。

 さて録音を終えて(録音は一人ずつなので帰りもひとり)駐車場へ行き「緑の4番」を探す。すぐに見つかった。ちょっとかかとの高いブーツをはいてたので なるべく歩きたくない。最短距離を歩いて4番の柱の裏側を目指す。

「この裏側♪」 あれ~? ないじゃん。

 ここで「盗まれた?」と思わないのが私。

「え~!? 緑の4番じゃ無かったかなぁ~?」と自信が無い。水色だったような気がしてくる…。

 んん~~落ち着け落ち着け。まず入ってきた時を思い出せ。

 入り口を探すけど、なんか私の記憶と風景が違う。ん~あそこから入って来たとしてー、エレベーターに近いだろうと思ってーすぐの所に停めたんだよねぇー やっぱりここじゃんねー。

 広い地下駐車場で途方に暮れる。

「あ!! 地下2階だったかも!」ひらめいた!

 歩き方が悪いので必要以上にブーツの音を響かせながら、来た道を戻りエレベーターに乗り地下2階へ。

 そして緑の4番の裏側に果たしてピッチー号は ちんまりと停まっていました。

地下2階だったのかぁ~~~あは・・・あは・・・あはは。

|

2009年1月12日 (月)

怪しげな仏壇

 仏壇の蛍光灯が切れたので買い置きのを付け替えたら…なんだか色が変。接触が悪いのか、青みがかってて、幻想的というか…怪しげというか…はっきり言って「いかがわしい雰囲気」

 新しいから見慣れてないのかと思って、しばらく使ってたけど、どうにも変。仏壇の前に座ると落ち着かない。

 熱帯魚の水槽みたいな色合い、雰囲気。

 ごみ箱に捨てた蛍光灯の袋を探して、老眼鏡をかけてよく見てみたら・・・

『虫が集まりやすい光を出すランプです』だって! 仏壇に虫を集めてどうする? そしてもっともっとよーく見たら、その下には「捕虫器用蛍光ランプ(ケミカルランプ)」と。

そ・そ・そうだったのーーーーー!?

 そもそもこれを買う時がいい加減だったのを思い出す。家電屋さんへ行った時「ついでだから買っておこう」と リビング用の蛍光ランプを買った。となりに小さい蛍光ランプもあり「仏壇用のも買っておこう。サイズは・・・たしか私の手を広げて親指と小指最大幅くらい」という アバウトな記憶で選んだ。

 そこに同じサイズで数種類のランプがたしかにあった。老眼鏡をしてない私に小さな文字は読めず(読もうともせず)なぜこれを選んだのか・・・多分「虫が集まりやすい…云々」と書いてある部分が綺麗な薄紫色だったからだと思う。

 かくしてうちの仏壇には「捕虫器用蛍光ランプ」が取り付けられてしまったわけで…苦笑。

 さすがにこれは申し訳ないので、早速 買いに行きましたよ。

 普通の蛍光ランプに照らされた仏壇は やっぱり神々しかったです。

|

2009年1月 9日 (金)

毎日泣かされる「ラブレター」

 あぁ~~また今日も泣きましたよ~~~。

 多分 私が泣くところは、普通の人とはちょっと違うかもしれない。

 人工内耳の手術後、聴こえるようになってなくて、家族や友人はそれぞれが自分を責めて嘆き悲しむ。そこでは私は泣けない。本当に辛すぎると泣けないのよ。美波ちゃんも泣かなかった。(私と同じかどうかは分からないけど)

「泣きなさいよ。思いっきり泣けばいいのよ。海司クンに会いに行って、彼の胸で泣けばいいのよ」

 辛すぎる思いも、甘えたい人の前だと小さくなる。抱きしめてくれる人の前だと「何とかなるかも」って思える。だから泣くこともできるようになる。

 そしていっぱいいっぱい泣いたら、心の奥の重く苦しい塊が溶けて流れ出す。

俺がお前の耳になったる。一生一緒や。

「一生 一緒や!」「一生・・・一緒」

私にもわかる手話。 ふぇ~~~~ん。

 そして美波ちゃんの生みの親や育ての親、おじいちゃんをはじめ、小豆島の幼馴染達や海司クンの家族が もうほんとにいい人でいい人で!! 涙。

 現実の世界では、こんなに恵まれた環境なんてあり得ない。でもドラマくらい「いい人達の真心」いっぱいでいいじゃない。 ドロドロや意地悪や汚い心を ドラマでは見たくない。

 来週からの予告場面では、青年期に入りそう。美波ちゃんは鈴木亜美になってた。でも海司クンは後姿のみ。よっぽどもったいつけてるのね。

 どうか「えぇ~~~海司クンが・・・あんなになっちゃってるぅ・・・がっくし」となりませんように。ついでに今の陸クンも どんどん魅力が増してて、初めの頃は文句なしの「海司クン派」だったけれど、今は「ん~~両方に口説かれたら…困ったなぁ…選べないよぉ」状態です。

「誰が花桃を口説くか!! 怒」 はい、ごもっとも。

|

2009年1月 6日 (火)

花桃邸 秘密のギャラリー

 いつぞやは「冷蔵庫ギャラリー」なるものを紹介いたしましたが、今日はもう一つのギャラリーを…。

Wc2

 白亜の壁に映えるのはunder23の選手達のカレンダー。去年初めて買ったサッカー雑誌の付録でした。

 花桃邸には、こんな素敵なコーナーがあるのね!と驚嘆された皆様…ここがどこなのかは次の写真で、ご推察ください。

                           Wc1

 はい・・・そうです。

 こんな所にはるなんて選手達に失礼とも思いますが…。他にはる場所がないのです。さすがにリビングにはそぐわないので。

 上のカレンダーは、トイレでふと「○月○日は何曜日だっけ?」などと思う時に便利なのですよ(どんな時だ?)

 今年の3月いっぱいまでのってるので、もうしばらくはっておく。ちょっとたるんできてる(苦笑)多分、3月には新しいのが発売されるでしょうから また買ってしまうんでしょうね。

 一時期は付録の陽介の特大ポスターもはってたんだけど はがれてしまったのを機にはずした。アイドルちっくなそのポスターに見降ろされながら トイレでの目的を果たすのもなんだか…ね。

 そしてこれはやっぱり陽介ファンの子が部屋にはるべきでしょうと、いつか誰かにプレゼントしようと思ってファイルに入れてある。ついでにウッチーポスターもどんどんたまる。(だって某雑誌は、ウッチーばっかりなんだもん)

 下のはまだ最近の^^ 広島J2優勝の時のです。これは嬉しい。見るたびに嬉しい。今年は あんな夢の続きは見せてもらえないでしょうから、トイレでこれを見て にんまりします。

|

2009年1月 5日 (月)

今年最初の病院

 カテゴリーをあえて「日々のこと」にしました(笑

 風邪気味のまま、本格化もせず、ただだらだらと現実逃避の惰眠にはしった数日。

 お正月の花もまだ活けてないのに「病院へ行くなら今日だ!」とこれを最優先にした。W先生の担当曜日をネットで確認し、お天気も良く寒くもなく、快適な通院日和。

「あぁ、久々に化粧して外へ出るわ」って感じ。風邪っぴきも、すっごくしんどい時は病院へなんか行けないんだから。

 正月明けで、きっと患者さんが多いだろうから私はPL顆粒だけ貰えばいいつもりで行ったら、事務員さんが「風邪だと診察が必要かもしれません」と。

「はい、じゃあ待ちます」そんなこともあろうかと思って 行きに「サッカーai」を買ってましたのよ。

 老眼鏡をかけて開いてみると思いがけず寿人のページがでーんとあって^^ しっかり見入っていたら、W先生が廊下まで出てらした。偉い立場の先生なのに、しばしば患者さんを探して診察室から出てみえる。

 薬だけ貰う為に「現在の症状」を書いたメモも添えて診察券を出したので、先生もさほど心配もせず(笑) 診察票を持って来てくださいました。

「先生、私の次の診察ですが、検査予約だけ入ってて、診察予約がしてありませんでした」

「あ~僕がするの忘れてたわ!すまんすまん」

「電話で確認したらもう予約いっぱいだったので、予約なしで行きます」

「僕が入れるのは大丈夫だから入れておきます!」

と、エネルギッシュな声を残してさっそうと中待合室に消えて行かれました。

 あぁ…私ったら、そんな偉い先生の前でソファーに座ったままでした…と気づいたのはすでに遅し。先生はちゃんとこちらに合わせて座ってくださったのに…。

 申し訳ないのとありがたいのとで、心で手を合わせつつ、会計窓口に向かって歩きだしたら、なんだか視界が変、足もとが不安。

なにこれ? 

 老眼鏡したままでした! あは・・・あは・・・あはは・・・。遠近両用なんだけど、やっぱりこれで歩くのは無理。

|

2009年1月 4日 (日)

お正月も終わってしまった

 もう4日ですね…私の今年のお正月は本当に寝正月で終わってしまいました…汗。

 年末にいい調子で大掃除してたら失速。まずは気力が萎え、そのうちにお腹がしくしく痛みだした。

 恒例の義母宅での大晦日も、並んだご馳走に一通り箸をつけただけ。洗い物はいつものようにしたけれど、その後はこたつで寝てしまいました。(おそるべし嫁)

 紅白歌合戦が終わると、いつもは中学の先生のお宅(お寺)へ鐘つきに行く夫の運転手をするんだけれど、さすがに夫が「今年はやめとこう」と言ってくれた。それで気が楽になって体も良くなるかと思ったんだけれど、年明けてもなんだかすっきりしない。

 お腹がしくしく痛いので食欲が無くて、よってご飯を作るのが嫌。それでもお正月だからと気張ってたんだけど、2日に実家へ行ってもほとんど何も食べられず。自己嫌悪で現実逃避の為に寝る。(この流れ 理解できないでしょう? 笑) 

 以前やった胃腸風邪の時は、眠れない程 お腹がきりきりと痛み、下痢・嘔吐もすごかったけど、今回はちょっと下痢気味な程度で他は大丈夫。要は気力の問題なんでしょう。

 3日の夕方にはとうとう「今日はもうご飯作れません。外で何か食べてきてください」と宣言した。夫はスーパーでおかずを買って来てくれた。できた人でしょう~~!

 そして一緒にバナナを買って来てくれた。 「これなら食えるでしょう?」って。ふぇ~~~ん、ちょっと優しくしてもらうといいんだよ~~~。

 今年はお正月のテレビも見てない。ほんとによく寝た。

 年末の風邪の症状には市販の「発熱用」だの「鼻づまり用」などの薬を服用したけれど、この状態になると「伝家の宝刀 PL顆粒」がいい。なのにこの前も貰うの忘れて手元にあるのは3包だけ。出かける用事に合わせて3包を飲みきってしまった。

 今朝は「もしや」と思って開いたポーチに1包発見して服用。明日こそ行ってもらってこようかなぁ…。

|

2009年1月 1日 (木)

2009年 平成21年 元日のご挨拶

 「いつも側にいます」をご訪問くださる皆様、明けましておめでとうございます。

 「オリンピックの年は入院」のジンクスは破ることができ、新年を無事に自宅で迎えることができました。

 12月半ばからの風邪っぴきが本格化しないまま継続し、月末は大掃除に精を出すことができましたが、最後の2日は気力が萎えました(笑

 そのまま「寝正月」に突入です。

 帯状疱疹は思い違いだったのかしらん? 左足首の赤いのはカサブタになって痒くなってきました。って事は治りかけですね。水疱にはなりませんでした。同時に左背中と左頭の後ろも痛みが消えました。「妄想帯状疱疹」だったのかしらん? 帯状疱疹が初期症状で治まったんだと自分では思ってるんだけど…。

 今はちょっとお腹が痛いです。これもしくしくと痛いだけで、じっと寝ていれば平気。ご飯もちゃんとお正月バージョンで作って洗い物して寝て…おやつ食べて…寝て…で元日が過ぎました。

 お正月用の薔薇も届いたけれど、義母宅用に活けて持って行ったけれど、自宅と実家のはまだ活けられず束になったままです…。明日からはちょっと動きます。

 いつも花桃の体調を気遣ってくださる皆様、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

「いつも側にいます」も2008年はほぼブログの更新だけになってしまってました。今年は初心に戻って他のページも更新していきたいです。

 皆様の新しい1年が より幸せでありますように。

|

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »