« 第9節 サンフレッチェ広島 対 清水エスパルス | トップページ | 第10節 サンフレッチェ広島 対 FC東京 »

2009年5月 5日 (火)

どっちにすべきか…?

 SLEでかかっている内科で処方してもらっている頓服は2種類。

 そのうちの一つPL顆粒は頓服では無く風邪薬なんだけど、私にとっては頭痛・気持ち悪い時に威力を発揮してくれる魔法の薬。

 もう一つは一般的な鎮痛剤であるロキソニン。

 さて、この季節、毎年恒例の頭痛がよく起きる。

 そんな時、どっちを服用するか…?

 私の選択基準…「頭が痛い!!」と、痛みや不快感が頭に限定できる時はロキソニン。頭も痛いけど、気持ちも悪いし、全体的に重い…って時はPL顆粒。

 昨日は夕方から酷い頭痛になり「これはロキソニンだ」と服用して頭を冷やして少し横になった。3時間後くらいには少し痛みが薄れて来た。

 これがPL顆粒だと、薬が効き始めると脳みそがとろ~んととろけるような感じがして、それがすっごく気持ちいいの~。(もしかしたら本当に少しずつ脳みそが溶けてるかも・・・)

 ロキソニンにはそれが無くて「効いてきた!!」って実感がない。でも数時間後には痛みが無くなってるから効いてるのよね。

 今朝も6時に目が覚めて玄関の新聞をとりこんだ時、すでに頭が重かった。これはPL顆粒の出番か! 脳みそとろ~~~んを味わえるのか! とちょっぴり期待も沸いたけれど あまり乱用するのも良くないと自重。

 それからいつものようにまた寝て、9時過ぎに起きた時には「飲まなくてもいいかも・・・」程度になっていて「こんな天気だし…一日中寝てればいいか…また痛くなったら飲めばいいわ」と思ってたら、結局 一日飲まずに済みました。

 というわけで万全の体調で、スカパー観戦です!!

|

« 第9節 サンフレッチェ広島 対 清水エスパルス | トップページ | 第10節 サンフレッチェ広島 対 FC東京 »

病気(SLE・骨頭壊死など)」カテゴリの記事