« ダイエット何度目かの中間報告 | トップページ | 一目惚れはこうして始まる »

2009年6月29日 (月)

第15節 サンフレッチェ広島 対 京都サンガFC 行ってきた☆

6月27日 (土)

スペードミーハーファンのつぶやき(試合レビューでは無いのでご了解くださいませ)

【広島 VS 京都】 西京極陸上競技場(現地観戦)

 サッカー0対2 広島勝てず…

 京都なら近い、でもこの季節はしんどいし、夫は午後から用事があるので、行くなら私一人(←サポートしてもらえない)
 こういう状況なので「前日の体調がすっごくよくて 当日のお天気が私的にOKだったら その朝行く!と決めよう」と思ってた。
 複数のお友達から「京都戦行きますか?」と尋ねられると「当日の朝、行くことにするかも」って。

 それが…先々週、広島在住のきたんちゃんから「旦那の許可が出たから行く! ゆうさん 京都駅で待ち合わせよ」とメールが来て 一気に「行く気モード」に。
 きたんちゃんとの約束も最初のうちは「私の体調次第でドタキャンあり」だったのに「せっかく行くんだから良い席で(私の体調優先なので、日陰・ゆったり限定)」「新幹線チケットもお茶する時間がとれるように」…などと どんどん具体的になってきて、結局観戦チケットも前売り指定席を買った。 
 こうなったら もう何がなんでも行くしかない!!


 さて、アウェイ観戦は いつも車だというきたんちゃん、新幹線の一人旅は初めてだと言うので、開幕イベントに2年連続 「一人で広島⇔名古屋」してる私は親切に指導してあげた。

『新幹線一人旅のマナー』
①最近の新幹線は靴を脱がなくてもいい。
②指定席に乗り合わせた隣の人には 偽名でいいから自己紹介と簡単に挨拶をする。
③検察に来る車掌さんへのチップは500円くらいが適当。おつりを貰わなくてもいいように準備しておくといい。

 私のアドバイスが役に立ったかどうかは謎ですが、京都駅で無事に会えました。
 それにしても名古屋から京都って本当にすぐなのね。寝る暇も無かったわ(でも一瞬寝た)

 きたんちゃんは観戦の予定を組む時、京都駅からスタジアムまでの移動や昼食の場所など、とにかく私の体の負担軽減を最優先にしてくれた。
 せっかく高い運賃払って京都まで来たなら、少し観光もしたいだろうに「京都駅でお茶してランチしてタクシーでスタジアム」プラン。

 階段では、私のキャリーバッグを持ってもらう。(キャリーバッグにはゲーフラも日傘もステッキも差しておけるので たいした荷物は無いけど使用)

 さて西京極陸上競技場の指定席…どこも屋根は無いので方角と時間帯から「ここが一番マシだろう」と予想して買ったんだけど、カテゴリー内の場所までは把握してない。
 もしサンガサポばっかりの席だったらどうしよう…と上がってみると おお!! けっこうサンフレッチェユニ着てる人がいるわ!! よかったよかった^^
 そしてアルファベットを順に追っていく…あれ? どんどんホーム側へ行っちゃうわ…サンフレッチェユニは?…居ないよ…。

 ひぃ~~~~~げっそり ほんとにサンガユニだらけじゃん…。
 ビッグアーチではバックスタンドで熱い声援を送るきたんちゃんも さすがにここではたじろぐ。
 幸か不幸か私達の前と後ろは2列くらい空席。赤紫ユニの真ん中にぽっかり空いた空間に青紫の二人。
 タオマフも回せず手拍子もできず…。

 まずは入場の寿人と勇人を見る!!
 双子キャプテンのコイントスと握手シーンはシャッターチャンス!! なのに私のカメラには 握手を終えて離れる瞬間の二人しか写って無い…汗。これじゃただ審判の前で横向いてる二人だわ。
 でも審判が笑ってるのは写ってるから、そこには何か微笑ましい空気が流れていたんでしょう。

 ミーハーな私と違って、試合をきちんと見てプロ並みのレビューを書いてるきたんちゃんの生解説を聞けるのが楽しみだった。
 二人だけに聞こえる声で「今日は京都の○番・○番・○番(←覚えてなくてごめん…)の3人がポイント」「中盤が空いてるでしょう」的確な解説と共に「ひさっちゃん そりゃないわ~」「洋次郎 こねくりすぎ~~」などとスカパーでは聴けない解説もあり。
 打てども響かない私相手では、きたんちゃんの解説も虚しかったでしょうけれど、広島の決定的なシュートが外れると周りは歓喜の拍手、私達は「うぅぅ~~~ん」とうなだれ、逆に京都の決定的シーンがはずれると周りは「それでもよくやったよ!」の拍手なので、私達は「あ~~守れてよかった~~~」と 紛れて小さな拍手。
 
 京都の暑さは尋常じゃないと覚悟してたけど、去年の長居スタジアムに比べると1ヶ月早いせいもあって、時折風が吹き 思ったほどじゃなかった。
 途中からは小さな屋根の陰が下りてきて私達は日陰に。

 試合は0対2で勝てませんでした…。私の今年の生観戦はこれで『負け…2 引き分け…3』って…一度も勝ってないじゃん!! 勝率悪いとは思ってたけど、一度も勝ってなかったとは…。

 試合終了後は、サンフレッチェ仲間と会う。
 ナビスコ戦のDVDをいただける約束がある人とも無事に会えたし、お友達のお友達も紹介してもらった。こうやってサンフレッチェ関連のお友達が増えていくのも楽しい。

 「帰りは京都駅までバスか電車乗り継ぎで交通費節約しようね」と 主婦二人は言ってたんだけど、きたんちゃんが「タクで行こうよ」と。
 スタジアム横の喫茶店でお茶しようと移動しかけたら、サンフレッチェの選手バスが出るらしいのに遭遇。
 そこで見ることに。
 着替えた選手達がバスの横を歩いてくる。私の位置からはバスに乗る直前しか見えない。
 マッキーは長袖の白いYシャツが素敵。
 寿人はちっとも来ない。監督ももう乗ったのに…。まさかもう先に乗っちゃってる? いやいやロッカールームで勇人と話してるのかも。
「わんこ見に家へおいで」って誘われてるかも。
 そう思ってたら、待ってる人達からひときわ大きな歓声が。
寿人だ~~~~!

 選手バスを見送ってから喫茶店へ。
 試合の感想やらプライベートな話やらで すぐに時間が過ぎる。
 私の新幹線の時刻に合わせて京都駅へ。そこでもまだ「グリーンティが飲みたい」とつぶやく私。

 名残惜しい気持ちできたんちゃんと別れ、地元のJR駅に着いた時はまだ明るい。京都近いわ~~~。
 
 そして一人観戦も何とかなると自信になった。(ご迷惑をかける人が必要だけど)
 …夫には申し訳ないけど、夫の居ない観戦もまた楽し…でございました。

|

« ダイエット何度目かの中間報告 | トップページ | 一目惚れはこうして始まる »

佐藤寿人(サッカー)」カテゴリの記事