« ナビスコ杯 サンフレッチェ広島 VS 大宮アルディージャ | トップページ | おにぎりダイエット? »

2009年6月 1日 (月)

☆転輪太鼓コンサート 勝鬨 参☆ 行ってきた!

 市民会館で『転輪太鼓コンサート』があり夫と行ってきた。

 和太鼓には前から興味があったの。

 オープニングから、もう内臓や心にずんずん!!と響いてくる。いいなあ~~~!!

 

 地元に10年前からこんな活動してるグループがあったなんて知らなかった。

 第一部の演目は☆和太鼓ミュージカル『転生請負人あやかし魔童子』☆

 おどろおどろしい題名。

 それが…このグループに所属する子供たちの太鼓チームが大勢出てきて…涙涙涙。

 風雲児「風組・雲組・豆ぞう組」と子供たちの年齢によって分けられてるみたい。

 文字通り「豆ぞう組」は、赤ちゃんに毛がはえたようなちっちゃな子供がいっちょまえに和風の勇ましい衣装をつけ、足もともおぼつかないのに、ちゃんとばちを握って打ってるの。

 中には本当に存在感のある子がいて、釘付けになってしまった。体全体でリズムを刻み、おまけにキレがある。もう可愛くていじらしくて微笑ましくて 笑った顔で泣いてしまった。鼻をすすりながら微笑んで見つめた。

 私の耳に聞こえてくる太鼓の音は、大人のそれより小さいものの、音楽として十分楽しめる。

テンテンテン!テントテテン!! すごいすごい!

 小学生チームになると、もっと迫力が出る。

「えいっ!」「はっ!」「うぉぉぉああああーーー!」全身で叩きながら声を出してて、胸に迫る。こちらはもう微笑むどころか感動の涙涙涙。思い出しても泣きそうになる。

 ここにも大勢の中ですごく存在感のある子がいるのね。他の子とどこが違うのか説明できないけど、なんか光ってる。

 ミュージカルのフィナーレは 豆ぞう組も出てきて、音楽に合わせてぴょんぴょんしてるの。もぉ~~~~~可愛い~~~泣!! そのぴょんぴょんも芸術的なんだ~~~。

 第二部は大人チームの本気の演奏。舞台装置も素敵だし、和風だけじゃなくて宇宙を思わせるような幻想的な演目もあって引き込まれた。

 エンディングは、豆ぞう組からも4人が参加。小さな子たちはもう眠い時間帯だと思うんだけど、すごい集中力だ。

 大人太鼓の前でちっちゃいのが4人でテケテケテケ!と叩いてる。おひねりがたくさん舞台に飛ぶ。私も投げたかった。特に可愛いその子に投げたかったけど、前まで行く勇気が無くて…元野球部の夫に「投げる?」と言ってみたけど、夫もちょっと恥ずかしいらしい。

 今度機会があったら、立派なおひねりを用意して、前の方に座って投げるもんね!!

 一番可愛い男の子は、投げられたおひねりを 体をねじって見ながらも、ちゃんとテケテケテケと叩いてて、無意識にばちを振ってるだけかと思いきや、大人太鼓がリズムフィルイン(と言うのかどうか…)すると ちゃんと正確に合わせてる!! 驚愕! もう体にリズムが染みついてるんだろうね。

 太鼓の演奏に手拍子って邪魔かと思ってたら、演者の煽りで会場が手拍子で参加。最後は全員立たされて勝鬨を上げた。

 出口では出演者が送り出してくれる。演じ終えた子供たちが精いっぱいの声を張り上げて「ありがとうございました!」と言ってる。

 一番手前に居た女の子、色白の頬を紅潮させて「ありがとうございましたっ!」もういじらしくて可愛くて「ありがとう! とっても素敵なものを見せてもらったわ」と握手しちゃったら、次の子とも握手しないといけないような感じになってしまって…6人くらいと握手したかも。

 今月中に名古屋でもやるんだって。おひねりを用意して行きたいなぁ~~~! でも今月は観劇の予定がびっしりなのです…。体力があれば行くんだけどなぁ。

 …すでに「行こうかな」モードになりつつある。

|

« ナビスコ杯 サンフレッチェ広島 VS 大宮アルディージャ | トップページ | おにぎりダイエット? »

転輪太鼓」カテゴリの記事