« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月30日 (木)

そちらの方の関係の仕事

 セールス電話の撃退法として 数回 ここに書いたけど…。

「名古屋の○○と申します。最近 ご家庭の水道水が汚れてると思われませんか?」

「ええ…」と曖昧に返事するも 決して感じ悪い対応はしない。明るく爽やかに返事をする。

 そして最初の数秒で何を売りたいのかを嗅ぎ取る(ここはけっこう真剣に聞かないと難しい)

「今回は当社の浄水器のご紹介なんですが」

 ここまで来たら『浄水器』に間違いないので 相手が呼吸をした隙に「夫がダスキンに勤めてるんです~」と申し訳なさそうに言う。

「あ、そうでしたか。申し訳ありません」と なぜかたいていの人は ちょっと苦笑気味になる。

「いいえ、ご苦労さまです」と いかにも同業者のよしみで労うそぶりを見せる。

 こうしてセールス電話は30秒もかからずに 相手の方が気持ちよく切ってくれる。

 そして我が家の夫は ダスキンだったり、布団のマルハチ(もう無くなった?)だったり、いろんな職業を転々としてたわけです。

 ところが何を売りたいのかがよく分からない電話もある。投資とか先物取引とか。

 こうなると私の知識では具体的な社名を出せない。

 でも相手がとうとうと語り出すのは阻止しなければいけない。利益に繋がらないトークに時間を費やしたら可哀想だもん。

 それで出た苦肉の策が

「ごめんなさい、夫がそちらの関係の仕事をしてるんです~」 そちらの関係って…爆。

 でも不思議に「証券会社ですか?」とか「銀行ですか?」と来るので

「ええ、まあ・・・」と そこは馬鹿正直に答えなければいけないこともないでしょうからね。

 で、いつものように「そうでしたか、申し訳ありません」となって 円満な終結に向かう。

 今日は「健康に良いとされる黒酢は飲みにくいですよね。当社は それを飲みやすいカプセルにいたしました」と来た。

 いくつかテレビCMの社名は頭に浮かんだけれど、自信がなかったので伝家の宝刀「そちらの関係の…」を出した。

 はい^^ 見事に

「そうでしたか、申し訳ありません(苦笑気味)」

「いいえ、ご苦労さまでした~」  チャンチャン♪ この間 20秒。

 電話をしてくる人は テレフォンアポインターのパートさんだと思う。この人たちは電話した相手から何かしらのOK(訪問・書類送付など)を貰えばお給料になるんだと思う。

 まずここで絶対にOKを出さない私に時間を使わせるのは申し訳ない。

 万が一、この最初の砦を破られて、訪問されたとしたら、今度はそのセールスマンに時間と労力を使わせるのが申し訳ない。

 商品を売ってる会社はどうなのか分からないけれど、働いてる人は 自分に与えられた仕事に真面目に一生懸命なんだと思うから無碍にはできないのよね。

|

2009年7月29日 (水)

いやぁ~な夢

 手術室だった。

 執刀医は、私の整形外科の主治医。

 手術を受けるのは 私の他に二人。

 22歳、2回目の入院をした時に一緒だったネフローゼの男性Nさんと、同じくその時仲良くなった3つ年下のNちゃん。

 えぇ~~同じ部屋で同時に3つの手術しちゃうんだ~~~。

 H先生は人工関節の組み立てに取り掛かってる。まるで大きな鉄製のプラモデル。(実際はそんなんじゃない)

「Nさんの分 完成。次いくよ」

 うあぁ~~~あんな風に流れ作業で作っちゃうんだ~~~。あんな大きいのを大腿骨のとこに入れるんだ~~~。

 患者の準備も始まる。

 一応 男性と女性は分けるみたい。

 カーテンで仕切られた隣にNさん。

 こっちのベッドには Nちゃんと私が一つのベッドに入れ子に寝かされる。

 ん~~~Nちゃんは背も高いし足も長いから 入れ子にするのは無理だよ…。(両足を開いて入れ子にされる。そんな複雑にしなくてもいいのに)

 睡眠導入剤を打たれてしまったので もうすぐ眠ってしまうでしょう。入れ子にされようが それが無理だろうが もう私の知ったことじゃない。

 …それにしても3人の人工関節の手術を H先生は一度にやってしまうのだろうか。

 そしてハッとする!

 私 人工関節の手術をするって いつ決めたんだろう?

 たしか当分は何もしないって言ってたはずなのに…。

 そんな状況だったから、今日が手術なんて 家族にも友達にも多分言ってないわ。

 ええぇ~~~誰にも言わないで手術されちゃうの?

 今まで手術の時は家族や友達が心配して応援してくれてたから、無事で終えることができたんだよ。

 その力が無かったら、どうなっちゃう?

 術後ははりつけだから、誰かに介護してもらわないといけないし。

 看護師さんに「電話させてください」とお願いしたら「規則でできません」って…。そ・そ・そんなぁ…。

「内緒でメールだけでも…」

「多分 手術室は電波が遮断されてますよ」

 あぁ~~~もう睡眠剤(麻酔かも)が効き始めちゃうよ~~~~。

 こんな夢。何の暗示?

 やだわ~~~~。

|

2009年7月27日 (月)

第19節 サンフレッチェ広島 対 FC東京

7月25日 (土)

【広島 VS 東京】 味の素スタジアム(スカパー観戦)

 サッカー0対0 
 

 カボレ・平山・石川
 あ~~~今日は3つも注意しないといけないのか…きついなぁ…。
 ストヤノフはイエロー3枚持ってるし…怖いよ。

 朝からネガティブ。
 でもこの方が絶対にいい。
 実は心の奥底で「石川に追いつけ追い越せ寿人。今日2ゴール決めちゃえ。いや 私の念願のハットトリックを見せてくれてもいいよ」と蠢く思いがある。
 これが大きくなってリアルになると絶対に実現しないから(私のリアル想像は実現しない法則)薄ぼんやりと消えてしまうくらいがいい。

 で、またも6時前に一人で夕飯を済ませてテレビの前に座った割に、冷めた心で見る。(このコントロールはけっこう難しい)
 
 石川があっという間にゴール前に走り込む。やめてーーーーー!
 ウッズが飛び出す。勇気ある!
 そうそう! そうやって しょっぱなから石川を動きにくくしておいて!

 なのに石川…次のチャンスにはシュートも放つのよねぇ…。
 思わず「う゛っ!!」と唸ってしまったわ。ウッズがブロックしてくれた。

 この日の私は どうやら「石川抑えて」だったらしい。彼ばかり見てたみたい。
 石川がドリブルで駆け上がっていく。足が長いわねぇ~。カモシカみたい。
 陽介がいつものちょこまか走りでそれを追うけど、石川は忍者みたいに ひょいひょいとかわして、スピードが落ちない。
 やめてーーーーーこあいよーーーーーー!!

 広島ゴール前での混戦。解説が「フリーだ!!」と叫ぶ。ボールは枠外に転がった。
 え?誰がフリーだったの? 誰が打ったの?
 リプレイがすぐに流れて、平山がフリーでヘディングシュートしたのが分かった。
 あ~~~ほんとに私って何も見えてないわ…。

 でもFC東京が交代で入れた若い選手が とっても可愛い顔してるのだけは ちゃんと見える。
「この子 可愛い顔してるわねぇ~ ええ~?」と一人でうなずく。
 
 ただし! いくら可愛い顔をしていようとも、寿人とは別のステージ。

 今日はとにかく私が力まないこと! と意識し過ぎたせいか、ワクワク感も味わえないままに終わってしまった。
 スコアレスドロー…ん~~~負けなかったから・石川ゴール無かったから良かったと思うしかないか…。
 やっぱり寿人のシュートシーンがたくさん無いとつまんないのよね。ブロックされようがキャッチされようが 寿人には何本でも打ってほしいの。

|

2009年7月25日 (土)

私のクリームチーズたい焼きーーーーーーーーーっ!!

 清○屋のレジの外にある甘味屋さんのクリームチーズたい焼きが大好きだと何度も書いた。

 先々週だったか「一口茶○ 白いタイ焼き」の新聞チラシが入った。

 ん~~~以前からもちもちたい焼きとして売られてたし、私の好きな売り子のお姉さん(多分 同世代)と「最近はやってるけど、ここはもっと前からやってましたよね」って話してたんだよね。

 それを大々的に広告にするのは何故? それと店名に「総家」なんてついてたっけ?

 先週、清○屋へ行って その理由が判明した。

 「一口茶○鯛焼総家」は、白いたい焼きの専門店になってしまってたのだ!

 総菜たい焼きなるものまである。それは嬉しいんだけど…。

 私の大好きなクリームチーズたい焼きは? 普通の茶色いたい焼きは?

 リニューアルオープンの直後だったらしく 売り子さんも焼いてる人も 見覚えのない人ばかりで、私はガラスケースの向こうに あの愛しいクリームチーズたい焼きが置かれてないか目を凝らして見ただけ。

 

 今日、清○屋へ行ったので、意を決して店員さんに聞いてみた。

「クリームチーズたい焼きは もう無いんですか?」

「ええ、すみません。もう白いたい焼きだけなんですよ」

「…そうなんですか…catface あれ大好きだったんです…weep

「ぜひ、白いたい焼きも召し上がってみてください」

「はい、前にも買ってて あれはあれで美味しいんだけど、どうしてもクリームチーズたい焼きが食べたくて…」

「店長~~~ クリームチーズたい焼きが欲しいそうです~~。 店長にこういう声があるって伝えておくといいかもしれないから(にっこり)」

 どうかどうか復活させてください。あれは ここでしか売って無かったのよ。似たのとしてはグランパスの試合会場で売られる「グラン巻クリーミーチーズ」 これは藤田屋へ行けば買えるのかしらん?

 さて、店員さんと店長さんとからんでしまったので、白いたい焼きを2枚買って帰ることに…ここでも2枚なのね。

 すると突然の土砂降り。

 私の車は屋根付きのエリアに停めてあるんだけど、反対側の外の駐車場の雨を見ると…なんと駐車場に「佐世保バーガー」の販売車が止まってる。

 うあぁ~~一度食べてみたかったのよねぇ~~~!

 土砂降りなので 店の人も大慌てで降り込むのに対処してる。私もこの雨の中をあそこまで買いに行く元気はない。

「これも神様のおぼしめしね。タイ焼き買ったんだから」と 屋根付き駐車場へ向かい車を出す。

 すると…別の神様が私に微笑むのよ。

 空が明るくなってきて雨も小降りに。

 別の神様のおぼしめしに素直に従い、車を外の駐車場に入れる。

 憧れの佐世保バーガー850円。

 注文してからハンバーグを成形して焼く。すっご~~~い。

 野菜もベーコンもチーズも入って、すっごいボリューム。

 一人で食べられるかなぁ…それにすごいカロリーだよねぇ…。

 さて帰宅して待望の佐世保バーガーをほおばる。おいしいおいしい☆

 半分残しておこうかな…どこを切れば具が上手い具合に半分になるのか…ドレッシングが溢れてきてるし…あ、卵も入ってるじゃん…これは真ん中では切れないわ…あれこれ考えながら食べてるうちに、残りわずかになってしまった。

 さすがに後半は あぐあぐになってたんだけど、そこで残しても汚らしいだけなので、お腹に収めることにした。

 今日はもう白いたい焼きは食べないぞ! (午後4時25分現在の決意)

|

2009年7月24日 (金)

ゴキブリは一撃必殺☆

 夜、回覧板を置きに行って帰宅すると リビングで夫が新聞紙を持って申し訳なさそうに立っている。

「ゴキブリが入ってきた…さっきベランダに出て戻る時に一緒に入った」と言う。

「このくらいの大きさで、今 ソファーの下にいる」と。かなりの大きさ。

 2年くらい前に大きなゴキブリを見て、ホウ酸団子を買い、ゴキブリホイホイも設置したけれど、ホイホイに捕獲されたヤツを見たことないし、団子を食べて干からびてる死骸も見たことが無いので、おそらく我が家には生息していないんだと 高をくくっていた。

 取り急ぎ、放置してあったホウ酸団子を改めて設置しなおす。埃をかぶったゴキブリホイホイは粘着力を確かめて(まだ何となくくっつく)ソファーの隅に置く。

 数時間後、WiiFitをしてた夫が不思議なポーズをしてるので新種目かと思ったら、ゴキブリと見つめ合ってた。

 息を殺して新聞紙を丸め攻撃のチャンスをうかがってるところだった。敵は箱と床のへりに居て、新聞紙では叩きにくい。

「もう少し出てきてくれるといいのに」と夫。

「じゃあ私がこっちで構えるから こうやってそっちから追って」と私も新聞紙を丸めて追い詰めるふりをしたら その風で敵は気づき さささささ・・・と机の下へ。

 あう!私とした事が!!

 ゴキブリホイホイを机の下へ移動させる。

 私がお風呂から上がってくると 再び夫が新聞紙を持ってかまえている。なぜに敵は机の下から何度も出てくるのだろう? 照明があかあかと灯り、夫もいるというのに。

 喉が渇いて水が飲みたいのかも・・・と 台所の流しにホイホイを移動させ、ホウ酸団子も置く。

 でもなぁ・・・こんなのを置いて寝ても、夜中に移動されるのは嫌だわ。リビングの隣の和室で寝てる私はまず顔の上をササササササ…と歩かれそうじゃん。

 しばらくリビングで二人 沈黙で敵の出現を待つ。

「とりあえず私が見ておくから お風呂入ってきて」と夫を促す。そう簡単には出てこないだろうなぁ…。

 出てくるんですよ!出てきたんですよ!

 そっと新聞紙を丸めて近づく私。敵はさっきと同じ箱のへりを歩いている。

 ここでいっそ叩くか? いやもう少し様子を見よう。そっと…そっと…そっと。

 台所へ移動。照明をつけようか…老眼は暗闇には弱い。でも明かりをつけたら敵はまた逃げる…逃すものか…睨みつけながらそっとそっと追う。

 チャンスは来た!

 台所のテーブルの足から離れ「絶好の叩きつぶしポイント」に入った!

 今だ!!千歳一隅のこのチャンスを逃すな!

 この時、一瞬でも迷いがあってはいけないのです。一撃でとどめをささないと絶対に逃げられる。一瞬でやっつければ敵も苦しまずに済むしね。

 渾身の力で丸めた新聞紙を振り下ろす。バシッ!

 おそるおそる新聞紙を持ち上げてみると、見事にせんべい状態になった敵の姿が。内臓が飛び出してると思ってたんだけど、どうやら真上からの直撃だったようで、本当にそのままの姿で平たくなってる。

 もしかしてまだ死んでない?気絶してるだけ?だったら復活する前に引導を渡さないと。

 で、もう一度叩く。

 今度は間違いなくつぶれた…叩いた新聞紙で仏さんを包んで捨てる。

 …ああ、私もたくましくなったもんだわ。これが主婦よ。新婚当時は「きゃぁきゃぁ」言ってましたから。その経験の中から「一撃必殺じゃないとダメ」だと悟ったわけで。

 さて、お風呂から上がってきた夫に向かってガッツポーズをしてニカッと笑って見せたら

「やっつけた?」

「はい~!」

「さすが、じゃこぴち(←夫は私をこう呼ぶ)」

 そして気づく。もしかして夫は叩き潰すのが嫌だったんじゃないか? 叩くチャンスをうかがっていたのじゃ無く「やだなぁ~ つぶすのやだなぁ~~ どっか行ってくれないかな~」と思って見てたんじゃないか?

 まあそれも良し。

 これで花桃家には私が必要だって事が確認されたと思うし^^

|

2009年7月23日 (木)

『エルコスの祈り』

 K市民会館で 劇団四季「エルコスの祈り」

 こんな近くで観られるなんて嬉しいわ~~~。

「こころの劇場」って事で全国のこども達の為の公演。だからチケットも普段の四季の公演と比べるとかなりお安い。

 そんなお値打ちな所に 大人が二人で行ってゴメンナサイ。

 市民会館で、一昨年だったかは「二人のロッテ」を観た。いつもの新名古屋ミュージカル劇場とは全く雰囲気が違う。

 始まっても席はざわざわ、子供は泣く(笑

 今回は5列目だったので、役者の顔がよくわかる。歌うと「あの人の声だ」ってわかる。そして声が自分のところに届くと その歌唱力や美声にうっとりする。コーラスもハモリ部分がそれぞれ聞こえる。

 ダンスシーンは もう少し後ろの席だと全体が見えるんだけど、前だと一部分しか見えなくて頭を左右に動かしながら あの人を見たり この人を見たり。

 バレエが基本にあるからなのか ハイテンポな今風なダンスをしても優雅。

 エルコスの女優さんがとっても魅力的。

 そして!! マンマ・ミーアで「いいな」と思った俳優さん発見! 彼を中心に見る。ダンスがわざとなのか荒削りで それも個性的で素敵。

 こども達は 狙い通りの場面で笑う笑う。

「ぐひひひひ」「ぎゃはははは」

 昔の「8時だよ全員集合」って あんな風だったよね。

「子供に このネタはわかるかな?」「ここは理解できるんだろうか?」ってシーンもあったけれど、はじめざわついてた席も どんどん静になる。

 みんな真剣に見入ってるんだね。

 クライマックスでは 周りから鼻をすする音が聞こえてくる。(私はその前の群舞で何度も泣いた)

 終わってからロビーで公文の子供に会い「どうだった?面白かった?」と聞くと

「うん、僕 泣いた」って^^ 

 ラストシーンで泣いたそう。お姉ちゃんは もう少しまえから号泣してたって。

 あ~~~やっぱり子供の心にもちゃんと届くんだねぇ。

 そして…劇団員の送り出し。

 私はちゃぁんと あの彼をターゲットにして(でも流れ的に自然だったよ)彼の前に。私の前にはこども達がいて、彼は次々と来る子供の背の高さに合わせてしゃがんで話してた。

 汗びっしょりだけど綺麗な肌!

 携帯で写真撮ってる人もいて、私も撮りたかったけど、そこで止まる勇気が無かった。

でも「ファンなんです、握手してください」はお願いできた(おそるべしおば力)

 ちゃんと目を見て両手で握手してくれた。

 …なのに今回もまた名前さえ知らないのですよ…。

 出演者表を貰うのを忘れた。プログラムは買ったんだけど写真がどうしても一致しない。

 今度からは どの公演でもプログラムを買うわ。そして出演者表も貰ってくるわ!

 次はオペラ座の怪人だけど 私の好きな役者二人を発見できるかどうか…出てるかどうかさえ分からないし。 

 

|

2009年7月22日 (水)

とうとうやっちゃった…

 花桃んちの冷蔵庫、養命酒と黒酢は野菜室に立てて入れてある。

 養命酒を飲むのは私。食前飲用なので、調理しながら(沸騰を待つ間など)飲む事がある。

 黒酢は夫用。食後に小さいコップに注ぎトマトジュースで割るのは私の役目。

 さて、この数か月、調理しながら養命酒を既定の計量カップ(お猪口くらいの大きさ)につぐつもりで 誤って黒酢をついだ事が2回。

 瓶の大きさも形状も全く違うのに…。液体の色は限りなく似ている。

 液体の濃度が違うので ついだ時に「あれ?なんか変だった」と気づく。

 うはぁ~~~気づいてよかった~~~! こんなのをぐっと飲んだら喉と胃が焼けちゃうわ。

 ところが昨日…またも調理中に養命酒(のつもりで黒酢)をつぎ、いつものように半分をくいっと流し込んだ。

 ぐはっhappy02

 ちょっと甘ったるいアルコールが来ると思いこんでいた舌と喉が すっごいびっくりする。

 一瞬 脳みそまでが大騒ぎする。

 神経を一気に伝わって両足がドタバタジタバタする。

 慌てて水を飲んで薄める。

 まあ体に悪いものじゃないから、そんなに慌てることもないんだけど。

 …はぁ とうとうやっちゃったわ。

 昔、友達が洗面所で歯磨きチューブと洗顔クリームを間違えたって言ってた。(どっちをどう使ったんだかは忘れた)

 私はまだ それは無い。(微妙に威張って 先の失態を誤魔化している)

|

2009年7月21日 (火)

第18節 サンフレッチェ広島 対 ジェフユナイテッド千葉

7月19日 (日)

【広島 VS 千葉】 ビッグアーチ(スカパー観戦)

 サッカー4対1 広島勝利ぴかぴか(新しい)
 サッカー得点  寿人ぴかぴか(新しい)・ストヤノフ・リハンジェ・青山

 早く夕飯を済ませてテレビの前に。

 寿人の広島100ゴールを祝う花束贈呈。寿人の目線が低くてすっごい笑顔なので「どこかの子供が花束を持って近づいてくるんだな…すっごい可愛いんだろうな」と見てたら…どこかの子供どころか、寿人の子供じゃ~~~~~ん!!
 レオトが自分と同じくらい大きな花束を寿人に渡してる。ちょっとかがんで受け取る寿人。
 あ~~~どんな顔して渡したんだろう? 嬉しそうな誇らしいような笑顔だろうなぁ~~~! 見たい見たい見たい!
 レオトの頭をなで、奥さんに抱っこされたリリトの頭もなで。ほんとに愛情いっぱいのお父さん。
 親子4人の記念撮影。
 リリトが ちょっとお澄まし顔。
 3月のホーム開幕戦では、チームの集合写真の時でさえ、自分だけ一歩前に出て完全にカメラを無視し、自分の見たい方を見る為に 体ごと90度横向いてたリリトが ちゃぁんとカメラを見てる。
『写されてる』って自覚が芽生えたんだねぇ~~~涙笑。
 お澄ましだったリリトの顔がどんどん「ガンつけ」顔になってきて(もしかして緊張してたんだろうか?)ちょっと前まで女の子みたいな可愛いらしさだったのに『完全寿人の顔』になってた!笑
 …千葉の選手の映像に変わる。
 やだーーー! レオト・リリト もっと映してーーーーーーー!!

 そしてチームの集合写真のシーン。
 右端に寿人、その下にレオト、寿人に抱え込まれて前かがみのレオトは いつもとってもとってもあどけなくて可愛い顔してる。
 大好きなかっこいいパパの一番近くに居て嬉しくて誇らしくて幸せなんだろうなぁ。
 奥さんと抱っこされてるリリトもその横にいる。
 にゃ!! うぴゃ~~~~~~! 時間よとまれーーー!
 解散するとレオトは照れ隠し風にふざけた足取り。手前にママが待ってると寿人そっくりな前かがみのダッシュなんだけどね。
 うひ~~~いいもの見ちゃったなぁ~~~! ああ、スタジアムで見たかった…。

 さて試合前半はなかなか動かず。
 良太がライン際で蹴られた時は バキッって音と「うぉー!」って叫び声を至近距離のマイクが拾ったので「骨が折れた!」と思ってドキドキしたわ~~~泣。
 脛当てに当たった音だったのね。

 そして後半。
 試合日程表をちらっと見てて、テレビから目を離した瞬間、夫が「やった!!!」
 なになに?! 寿人じゃ~~~~ん!! すぐにリプレイしてくれるからいいわ。その方が私にはよく見えるし。
 うほぉ~~ん、何やら面倒臭そうな状況で決めちゃったなぁ!ああいう処で決められるのは本当にすごいと思う。
 ドフリーではずすのが不思議なんだけど、寿人は本能で打つのかもね。だからフリーで余裕があると考える時間があってダメなのかも。

 2点目はストヤノフのFK。
 決まった瞬間、監督の方に走り、他の選手達も追いかけて、チームの仲の良さが現れるいいシーン。
 後ろから抱きつくマッキーはやっぱりえろす。

 千葉の深井と巻が広島ゴール前を走り回ると「ダメダメダメーー!」

 巻のヘディングシュートを剛平さんが阻止した時は「あぁ~~~ん、さすが剛平さん~~~」と切ない声を出してしまった。

 3点目はハンジェ。ゴール前で相手選手が目測を誤ったのか空振りみたいになってる所を逃さずストン。
 この時、私は「ふかすかなぁ…」と思ったんだ。
 綺麗に決まった瞬間「よかったね!!よかったね!ハンジェよかったね!」と思わず手を叩いた。
 特別に好きな選手というわけじゃないのに。スタメンからはずれても腐らずに頑張ってるハンジェにスポットライトが当たるとすごくうれしい。
 
 どうかこのまま完封して! と私が力んだ途端に失点。

 そして終了間際にアオの4点目。最初のシュートが弾かれたのを もう一度アオが叩きつけてゴール。

 あぁ~~~4連敗にならずに済んだ。順位も6位でいい感じ。2年前の夏の再現にはならなさそう。

 アフターゲームショーでは水沼さんが寿人のゴールを見て思わず「うまい。寿人はボレー(シュート)がうまいですよね」って。水沼さんありがとっ!

 そして17節のベストゴールは寿人でした!!
 夫も投票したって。私ももちろんした。
 私は「寿人ゴールなら何でも投票」ではないのです。
客観的に見て(そりゃ やっぱり寿人贔屓目は強いけどね)「これはすごいでしょう!!」って時のみ投票する。

 やべっちの放送が無いので、あちこちのスポーツ番組をめぐる。
 どこかの番組では短かったけれど、寿人のゴールシーンが流れ「代表復帰に猛アピール」ですって。
 岡田監督は寿人がいくらゴールを量産しても「寿人の正しい使い方」をしてくれないから活かせなくて、したがって呼ばないんだけど、それでもゴールを決めなくちゃ始まらないからね。

|

2009年7月19日 (日)

至近距離で「転輪太鼓」

 転輪太鼓新スタジオのお披露目、午前の部を夫が偵察に行き、午後 私も一緒に行ってきた☆

 国分入道光雲さんとも 床屋さんのお母さんともご挨拶できた。

 スタジオに並べられた太鼓と同じ床の上に立って、本当に触れそうな距離で演奏を聴いた。

 豆ぞう組も見た~~~^^

 午前の偵察に行った夫が「すごい音が響くよ」と言ってたけど、響くなんてもんじゃない。最初のひと打ちは鼓膜を破るかと思うほどだった。

 すぐに慣れると、もう広いスタジオの中の空気が振動し、それが自分の体を包み、太鼓の音と一体化するような錯覚。

        Img_5480

 私のお目当ての可愛い子ちゃんは居なかったけど、他の子よりも明らかに慣れてない子が一人いて、主宰の方を見ながら見ながら打ってるし、他の子達と挙げてる手が逆だったりするのが もぉ~可愛かった。

 こうして見ると やっぱりあれくらいの大きさの子供が、一分の隙も無くリズムを刻み、腕を挙げ、皆と合わせるのはすごく難しい事なんだね。当たり前のようにやってた子達のすごさをあらためて知った。

 全国大会に出る風雲児たちの演奏はやっぱり感動する。

 まだ優勝した事はないんだって。あの子たち以上のパフォーマンスを見せる子供の太鼓って どんなんだろう?

 あの子達が優勝できないなんて不思議。

 入道さんや指導してる若い男の子が声を掛けたり、煽ったりする。少年サッカーチームや野球チームと同じように、いろんな学年の子供達が共に成長しあえる良い場所なんだね。

 2回の公演で「存在感があるなぁ」と思った子は やっぱり違うわ。近くで見るとますます光る。

 一方的に「よく知ってる子」になってるもん。

        Img_5495

 子供たちの演奏が終わって一旦休憩の後、大人のライブ。本当はそれも見たかったけど、出かける用事があったのでそこで帰ることに。

「太鼓を叩いてみませんか?」と国分入道光雲さんが声をかけてくれた。

 叩いてみたい…叩いてみたいよ~~~!

 かっちょいい衣装のお姉さん(私より年下だけど…)達も「表のお花を持ってってください」って。まだ明日もあるから遠慮してきた。

「近所なので また遊びに来ます」

 喫茶ルームが完成したら通っちゃうかも~~~。

 数か月後には「そこの人!リズム感悪いよ!」と叱られる花桃夫と「そんなぷよぷよの腕では太鼓は叩けないぞ!」と叱られる花桃の姿があったりして…。

|

2009年7月17日 (金)

私の中でまだまだ続く「転輪太鼓」

 夫の行く床屋さんの息子ちゃんが転輪太鼓の豆ぞう組に入ってるとわかってから「今度、床屋さんへ行く時は 豆ぞう組の発表会とか練習見学とか 何でもいいから聞いてきて~」と夫に頼んでおいた。

 先日、夫が「いろいろ聞いてきましたよ~~~」と床屋さんから帰って来た。

「うひひひぃ~~~ありがと」smile

 公演のステージで「新スタジオをK市に建設中」だと主宰が語った。

 パンフレットで見る建設中の住所は うちの住所に限りなく近い!どこだろう?近かったら練習を見に行ける!

 そう思ってた。

 夫が床屋さんから聞いてきた情報は…きゃぁ~~~~~!!もぉ~~~~~!!

 ほんとにご近所なのよ! 歩いて行ける距離(私には かなり厳しいトレーニング)

 喫茶ルームやサロンも併設するらしい。私のような野次馬もウエルカムらしい。

 夫は次の休日のジョギングタイムに 早速 偵察に行ってきた!

 主宰の国分入道光雲さんはじめ 団員が鉢巻姿で内装工事をしてるって。

 そして昨日「床屋のオーナーのお母さんから電話があった」と夫。

 新スタジオのお披露目会が今度の連休にあるって!!

 何をするのかまで夫は聞かなかったけど、1日2回ずつの4回なので、きっと太鼓も叩いてくれるんでしょう。

 行く!!行くわよ!! ステージよりももっと近くで豆ぞう組を見る事ができるんだもの!!

|

2009年7月15日 (水)

幼児を侮るなかれ

 午後2時からの数分の番組で 幼児が日常のいろんな事に初挑戦するってのがあって、時間のある時は必ず見る。

 今日は2歳の女の子が洗濯物をたたむのに挑戦。

 お母さんがたたんでいるのを見て、いつも一緒にやりたがるんだって。

 バスタオルもズボンも全身を使って、畳の上をあっちへこっちへ動きながら「パタン」「パタン」とたたんでいく。

 へぇ~~~なんとか形になるもんだわねぇ。びっくり。私だったら さささっと手直ししたいけど、あえてしなくてもいいレベル。そうそう、そこで手直ししない事が重要かもね。

 そして小さなブラウスをたたむシーン。胸の前で袖を真中に折って・・・あ~~うまくいきかけてたのに、後半でぐじゃぐじゃだわ。・・・うん、そのやり方だと大人でも難しいもん。

 お母さんがアドバイスして、畳の上に置いて袖をこっちに、反対側の袖もこっちに…ええ~~~何とかできちゃうものなのねぇ~~~~!

 お母さんが余裕を持って見守れば、何度も繰り返すうちに 幼児でもそこそこできるようになっちゃうんだろうなぁ。

|

2009年7月14日 (火)

たまに使うから こんな事に…

 日中、一人で家にいる時は、極力エアコンを使わない。電気代がもったいないし、体もだるくなりそうだから、窓からの風と扇風機で過ごす事が多い。

 それでも昨日は午後2時に室内が31度になってたので しばらくエアコンをつけた。

 夜になっても室温は30度。

 夫が帰宅してエアコンをつけた。

 さて問題は寝る時。

 エアコンをつけて寝ると翌朝だるいのよね。 ここ数年、扇風機の弱と首振りで寝てた。

 ゆうべは、昼間だるかったから(最高気温更新でしたね)熟睡したくてエアコンつけて寝ることにした。

 さて…タイマーってどうやるんだっけ?

 説明書を見ればわかるんだけど、寝る直前になってて説明書を出してくるのが面倒臭くて…おまけにリモコンの文字も裸眼では見にくくて…

 仕方なく老眼鏡だけは持って来て、リモコンの目ぼしい所をやたらと押してみる。時刻が点滅したり「切」が表示されたり…んんんんん~~~。

 いよいよ説明書を持ってくるしかないか…と思った時、簡易ボタンの中に「1H」とあるのに気づく。これはもしかして1時間のタイマーではないか?

 たしか以前タイマーを使ってた頃は簡単な操作だったような気がするもん。

 で、それを押して就寝。

 

 1時間後には消えるはずなんだよね。2時か…それから暑くなって目が覚めた時に窓を開ければいいかな…ほんとに消えるだろうね…私の操作ミスで朝までついてたりして…いっそもう消しちゃおうか…と布団の中で考えてたら眠れなくなってしまった。

 暗いリビングの壁に点灯しているエアコンの小さな緑のボタンを見つめていたら…消えた! 2時だ。簡易タイマーはあれでよかったのね。それは良かったけど、結局1時間眠れなかったわけだ。

 扇風機つけようかなぁ…まだ窓を開けるには早いしね…と思ってるうちに眠ったみたい。

 気づいたら外が薄明るくなってたので窓を開ける。あ、気持ちいい空気が入ってくるわ。

 そして5時45分 無情な目ざまし時計の音。 

 んん~~~今夜は どうしよう。

|

2009年7月13日 (月)

第17節 サンフレッチェ広島 対 浦和レッズ

7月11日 (土)

【広島 VS 浦和】 埼玉スタジアム2002(スカパー観戦)

 サッカー1対2 広島勝てず…
 サッカー得点  寿人ぴかぴか(新しい)

 3連敗はしたくない…今日こそ勝たないと…。
 でも相手は浦和。おまけに浦和ホームでは広島は勝ってないらしい。
 洋次郎もミカも居ない。

 これは無理かも・・・。
 私がこれだけリアルに「勝てない」想像をしたから 勝てちゃうかもしれない。(私がリアルに想像すると実現しない法則)
 と変な期待をする。

 
 さて、レッズの33番、高橋選手って マッキーに似てない? マッキーを小型にして毒を抜いた感じ。
 マッキーがキムチで、高橋選手は浅漬けって感じ。気に入った!

 などとおばさん目線で見ていると…
「ホームでの広島戦、先制点はすべて闘莉王選手なんですよね」とピッチレポーターが言ってたら…
うっはぁーーーーーーーー!! 寿人ゴール!!
 夢をみてるみたいだった。
 スカパーのリプレイで やっと現実を知る。
 陽介が粘って粘ってゴール前にボールを出したところへ、寿人が走り込んで来て、体を横倒しにして足を交差させてシュート!
 何度もリプレイが出てスローモーションも見せてくれて、ほんとに芸術的ゴール。
 私だったら(って想像すること自体おこがましいけど)あの体勢になったらもう一か八かで足を振る。
 寿人はちゃーんとボールを見てタイミングを合わせてるんだよねぇ。

 このゴールについては 土曜日のスパサカで加藤さんが「佐藤選手のゴールもすごかったですよね」と 本当に感嘆の表情で言ってた。
 日曜日のやべっちも すっごく嬉しそうな顔で褒めてたから、寿人ファンの私の贔屓目じゃなく、本当に素晴らしいゴールだったんだね^^
 これで寿人の広島100ゴールも達成。

 スカパーの実況は浦和ホームだから 浦和寄りは当然だけど、高原選手がボールを持って攻め上がると
「来たか!!高原ーーー!!」って絶叫する。
私は硬直して汗が出る。

 そこへ夫帰宅。
 私はすでに一人で夕食を食べ終えてる。
「ハーフタイムまでいいよ」と言ってくれたけれど、すぐに食べられるようにしておいたものを出す。
 普段なら、夫の帰宅が遅い時は、最後に火を通すだけにしておくんだけど、この日は全部火を通してある。そして普段なら せめて温め直すんだけど、それも省略してそのまま出す。(鬼嫁)


 そして寿人が左サイドを一人で駆け上がりパスを受けた!
「行ける!!」私が力むと…寿人のシュートはクロスバー。
あぁぁ…私が悪い。ほんとに私が「これは無理でしょ…」って脱力してる時は入るんだよ。

 さっきのリプレイかと思うような寿人の上がり、そしてシュート!これをGKが弾いたのをマッキーがヘディング。闘莉王がブロック。
 うあぁ~~~~~!!
 それにしても 今日は寿人のシュートチャンスが多い!!

 ストヤノフはすごいスタミナと集中力だわ。頼もしい。
 
 なんだかとっても楽しい。サッカー無知の私が見ていても面白いサッカーなのは 広島が優勢だから?

 視察に来てる岡田監督「う~~ん、やっぱり広島のサッカーいいな。これをやってみるか…。寿人1トップで、ボールを持ったら全員が寿人を見るシステムにしてみるか」って思ってよ!


 そして後半、1失点後のPK。
「なっかばやし! なっかばやし!」私もテレビに向かって声を出す。
 かまえてるウッズの顔が不思議なくらい冷静で、止めてくれそうな気がする。
「ウッズ 止めてーーー!」じゃなく『なんかしてくれそう…』だった。
 エジミウソンのキックはポスト。跳ね返りもぎりぎりライン外。
 まだ広島に運がある!!


 途中交代で入った丸谷君が数分後に替えられる事態発生。
 うあぁ~~ん、可哀そう過ぎる…。親御さんの気持ちになってしまうわ。
 どうかどうか「あんな切ないデビュー戦だったけれど、あれがあったからこそ今の僕があります!」って笑顔で語れる日が来ますように。

 そして2失点。

 寿人の広島100ゴールの喜びも薄れてしまう敗戦。
 でも試合後にも実況が「相手にとって嫌な動きをする佐藤寿人は光っていました」って。

 とうとう3連敗。
 2年前のずるずる負け続けた夏が甦りそうだけと、二度と同じ轍は踏まないよね!
 選手も監督もたくさんの事を学んだはずだもの。
 次こそ勝利を!

 

|

2009年7月11日 (土)

お久し振り! なのに…

 ここんとこシャトレー○のシュガーコーンアイスに すっかりはまってしまっている。

 1つ食べれば十分なのに「あ~美味しかった!」で終われない。

「この美味しさをもう一度味わいたい」ってなって…もう1つ…。

 こうして私は毎回2つ食べるのが「普通」になってしまった。ひどい時には、昼食後に2つ食べて、夕食後にも食べることがある。さすがに2つ×2回って事はなくて、夕食後は1つで終わらせる・・・やればできるじゃん。(それでも1日に3つって…)

 さて、食べるのを我慢できないのなら運動してカロリー消費するしかないでしょう。

 それでWiiFitを再開した。

 再開って…しばらくさぼっておりましたの。

 夫がやる時、キャラクターに「最近 ゆうこサンを見かけませんね」と言われていた。

 さあ! そのゆうこサンが戻って参りましたわよ!! お待ち~~~!!

 で起動させてみたら

「あ、ゆうこサン 59日ぶりですね」

 え?それだけ?! なんかもっと言うこと無いの?

 もっと驚いて喜んでくれるとかって無いの?

 あなたの想いは そんなもんだったのね。

「最近見かけませんね」って かなり気にしてくれてる様子だったのに…。

 そして59日ぶりのWiiFitでの体重測定は…見事に+0.7キロになっておりました。

|

2009年7月10日 (金)

こども店長

 車のCM「こども店長」の面白可愛らしさが好きな人は きっと私以外にも大勢いると思う。

 あのCMを初めて見た時「あ!この子って何かのドラマに出てた?」とちらっと思った。

 しばらくして新聞のタレント養成スクールか何かの募集記事で発見。

 「天地人」に出てたんだ~~! あのドラマ 初回だけちらっと見たのよ。そこで武士の子供の役で 元気できらきらした子がいたのよ! あの子だったんだ~~~!

 その初回さえ、他に見たい番組があって全部見なかった。

 あ~~~全部見てたら、あの子の魅力に気づいてその後(成長するまでの短期間だと思うけど)も見たのになぁ・・・でも きっとこれから他でも出るわ、と思ってたら

 出たーーーーーーーー!! 

 新番組のPRシーンに ちらっと映ったのに遭遇。

「よし! このドラマ見るぞ!」

 昨日始まった。

 ちょっと出かけてて最初は見逃した。途中からだったのでストーリーや登場人物の事はよくわからない。

 家事をしながら、あの子が出るとテレビ画面を見る。

 大人にぶつかって吹っ飛ばされても ふっ飛ばされ方が可愛い。

 最後には「弟子にしてください!」と言い、主人公の草薙剛君に

「俺はしょんべんくさいガキは嫌いなんじゃ!」と言われ、両頬を親指と人差し指でぎゅっと挟まれてアヒルの口にされた。

 その口のままで まだ何か言って、草薙君にもっと力をこめられてヒヨコの口にされて、それでもまだ何か言ってた。

 も~~~~面白可愛いーーーーーーーーーー涙。

 きっと撮影現場では「ちょっと痛いけど ごめんよ」って草薙君 言いながら『この方がもっと可愛いから』ってヒヨコの口にしたんだろうなぁ。

 次週は彼がたくさん出そうなので楽しみ楽しみ♪

|

2009年7月 9日 (木)

ふりふり花花のパジャマ

 二十歳の発病当時、入院する度に、母は「年頃の娘が病院でおしゃれもできなくて可哀想」と思うから、可愛いパジャマをたくさん買って来てくれた。

 友達のお見舞いにもパジャマは多くて、退院後は家で順番に着つぶした。それでも何十年も自分でパジャマを買う必要がなかった。

 ここ数年は、夏でも腕が冷たくて半袖のパジャマを着る事がなくなり、まだ着られるノースリーブや半袖の花柄可愛いパジャマが段ボール箱(別名入院セット)に眠っている。

 あまりにも可愛過ぎて家で着るのはもったいなくて「今度入院する時の為に残しておこう」ってのは、なかなかおろせない。50歳過ぎて、あのパジャマを公衆の面前で着ていいのか?って不安は 日増しに大きくなりますが…。

 数年前から着ていた夏用(普通のに人は春用)パジャマがくたびれてきたので、久し振りに新しいのをおろすことにした。

 新しいと言っても…昔 病院で着てたもの。

 いよいよ「可愛過ぎる」のしか残って無くて、その中でもまだシンプルなのを段ボール箱から出した。(まだ入院する気でいる…汗)

 少し黄色がかった白で、肩から胸に白いレース、胸元には黄色の小花モチーフ。上着の袖口とズボンのすそにはゴムがはいって端っこはフリル状になってる。

 このズボンの裾のゴムって重要。

 小型の私は普通サイズのパジャマは必然的にズボンの裾が長い。(足が短いってのも原因)

 30年前の国立病院は和式トイレしかなくて、トイレへ行くたびにズボンの裾を折り曲げないと汚れそうで怖かった。

 これが裾にゴムが入ってると、ずり上げるだけでいいから楽ちん。

 母は他のストレートなズボンの裾にもバイアステープでゴム通しを作ってくれた。お陰で「布袋様」みたいなパジャマがいくつもできた。

 久々に出したパジャマのズボンの裾を点検したら、これは最初からゴム入りのデザインで、母の手では無かった。

 それにしても…何十年間も段ボール箱に入れっぱなしにしておいたパジャマ…さすがにカビ臭い。

 ゆうべお風呂上がりに おろして着てから気づく。

「あ~~今日洗濯しておけばよかった…このまま寝て まさかカビ菌で皮膚や呼吸器に異常が起きたりしないよね」と ちょっと不安だったけど、今朝は普通だったのでよかった。

 とりあえず今日 洗濯しました。

|

2009年7月 8日 (水)

うふふ…で、とほほ…な夢

 私は過去にお付き合いした人とは別れてしばらくするとお友達になれる。

 物理的距離ができて全く接点の無くなった人とも 数年後に偶然再会(神様の悪戯のような再会もあったなぁ…)してお互いに何の躊躇もなく懐かしい気持ちで挨拶ができた。

「二度と顔を見たくない」って人は無い。

 …ただ一人だけ、向こうが私に会いたくない人がいる(苦笑…いや笑うとこじゃないのよ)

 その人の夢を久しぶりにみた。

 名古屋のデパートのバーゲンに行き、エレベーターの前の行列に並んでいると、その人が柱の陰から現れた!

 黒とグレーのツートンカラーの車高の低いスポーツカーに乗って。(デパートの中なんだけど…)

 私が名古屋のデパートに居るなんて事自体が滅多に無いのに、よくこんな偶然に遭遇したもんだわ…と思っている。

 その人は私を見て一瞬躊躇したようだったけど、車を降りてスタスタと近づいてきた。(車はエレベーターの前に放置か?)

 私の前に並んでる女性と待ち合わせだったみたい。

 私はちらりと会釈をする。すると彼も私をちゃんと見て、泣き笑いのような顔をしてから目を逸らし、女性の元へ歩み寄りながら、すれ違いざまに私の頭をちょんっとした。

 あ~~~昔、人差し指と親指でピストルの形を作って、私を狙い撃ちする真似をするのが好きだったなぁ。人ごみの中なんかで、ちょっと離れてても二人にだけわかるように。

 気障な事を平気でして、それが妙に様になってる人だった。

 そして今も私の横で女性と話しながら、足でつついてくる。

 ん~~これは「後でお茶しよう」って事かなぁ…と思う。(どこまで私は自分に都合よく解釈するんだろう…現実にはコレで とことん嫌われたのに)

 やっとお友達になれる時が来たのかなぁ…などと思ってる最中に ハッとする。

「あ!!今日 公文の日だ!! もう始まってる時刻じゃん!!」(その時刻に名古屋のデパートに居る時点でもうアウトなのに…)

 でも律儀な私は慌てて帰るのでした。

 彼とお友達になるチャンスを逃しました。

 夢の中のあなたへ…あなたと再会したのが嫌でバーゲンも行かずに帰ったわけじゃないですからーーー!

 待ち合わせの女性にやきもち妬いたわけでもないですからーーー!

 時々、夢が現実になる私だけれど、これはきっと「今のところ 彼と友達になる可能性はありません」って事だねぇ~。

|

2009年7月 7日 (火)

第16節 サンフレッチェ広島 対 ジュビロ磐田

7月5日 (日)

【広島 VS 磐田】 ビッグアーチ(スカパー録画観戦…少しだけ)

 サッカー0対1 広島勝てず…


 えっと~~~更新が遅れ、おまけに録画をまだ全部見てない…。

 実はその日、豊田スタジアムへ「名古屋VSG大阪戦」を見に行ってました。


 夫はサッカー観戦自体が好きだし、一応グランパスFCにも入ってて、今年はまだ豊田スタジアムへ行ってないので、この日行くことに。

 3時には着いて、ペナントシールを貰ったり、選手カードを買う。
そしてスタジアムグルメを堪能。
 近隣の名産を売ってるコーナーがお気に入り。
 手作りソーセージや牛・豚・鶏の串焼きも炭火で。
 私はまずグラン巻クリームチーズを買い、夫にはソーセージを買って食べていると、横のテーブルの可愛いギャルたちが買ったばかりのカードを見ている。
「佐藤寿人…なんとかカントカ…」え?! 耳をそばだてる。
 Jリーグチップスから出てきたらしい!
 グランパスのレプユニを着てるよね。寿人には何の関心も無いよね?
私に売ってくれないかな?
 さっき買った選手カードの中に彼女のお気に入りがあれば交換もつけて交渉してみようと、彼女の背後に回って背番号をみたら12番…。
 彼女は寿人カードを可愛い金色のカードケース(財布かな?)に入れてしまった…って事は「要らないカード」では無いって事かな?
 あ~~~ここで交渉しなかったらもう会えないよ…どうしようどうしよう。さんざん迷ったけど、なんとなく声をかけられずに、そこを立ち去った。

 それからスタジアム内をぶらぶらして、自由席でちょっと休んで、5時になって「最後の腹ごしらえ」のつもりで大杉そばを食べに、さっきのスペースへ戻ったら…あのお嬢さん達がまだいる!
 そこの椅子とテーブルは一応食べる人の為にあると思うのよね。だから私達は食べ終わったら他の人達の為に空けようと立ち去ったの。
 彼女たちのテーブルにはもう食べ物は残って無くて、明らかにおしゃべりしてるだけ。
 あ~他のお客さんが座れなくて近くで立って食べてても平気なのね…。
 KYを自覚してるおばさんだけど、こういうのを本当の空気読めないって言うんじゃないかなぁ。
 あ~こんな娘っこに交渉しなくてよかった…とちょっと思った事でした。


 さて偽りの赤いプレイヤーズTシャツにタオマフの私達。
 夫は一応 このカードならグランパスを本気で応援している。私は玉ちゃんのゴールだけは見たくないけど、どっちが勝っても別にいい。
 で、玉ちゃんが決定機をはずした時は…タオマフで口を隠しながら「ぷひっ」と夫の方を見て笑ってしまった(←鬼婆だ)ほんと玉ちゃんファンの皆様ごめんなさい!

 ハーフタイムにやっと携帯サイトを見る。0-1で負けてるじゃん。前田に決められてるじゃん・・・。代表に一度でも選ばれてるFWは、私の中で寿人のライバル。うぐぐぐ~~~。

 さて豊田スタジアムでの試合は1対1のままロスタイムに。
 巻佑樹投入。彼だけは応援してる。巻兄も寿人と共に(二人でお互いを生かし合いながら)代表で活躍してほしいと思ってるから。
 だから「まっきゆうき!」だけを見てたら…相手GKが不用意にDFに出したボールを奪った…「行け行け まっきゆうき」と思ってたら ほんとにゴリゴリと行って打ったのがキーパーの股を抜けてほんとにゴール!
 その瞬間、私の周りは興奮の坩堝。もちろん隣の夫も立ちあがってこぶしを突き上げてる。耳をつんざくような周りの歓声。
 私は完全に乗り遅れた。だって正直 どっちが勝ってもいいから…汗。

 でも「まっきゆうき」よかったね^^
♪まっきゆうき まっきゆうき ドンドドンドンドンドドンドン♪

 携帯サイトでは、広島の試合は、前半のスコアのまま終わってしまった…涙。
 寿人の100ゴールもならず。

 この日 ちょっぴり心残りだったこと。
 試合開始直前に後ろの席の子供がコーラをこぼして、その段と前の段の私の左側の空席の下がコーラ浸しになった。
 お母さんが警備員にさっきまで作業してたお掃除の女性部隊を要請したらしいけど、管轄外だったよう。
 お母さんがトイレットペーパーを持って戻ってきて、私の横に降りて拭き始めた。
 私、手伝ってあげたかった! かなりの量だったので拭いても拭いてもまだびしょびしょなの。知り合いじゃない人がこういう場所で手伝うと、当事者は救われるのよね。こぼして汚して申し訳ないやら恥ずかしいやらで、お母さんは大変だったと思う。ほんとに私も一緒に拭いてあげたかった。
 でも私はしゃがめないのよ…。狭い通路に屈んで拭いてるお母さんのお手伝い、何もできないのよ…何かできることはないか…と考えたよ。
 拭いたトイレットペーパーを入れるビニール袋! と閃いたけど、すでにお母さんがもってました。賢いお母さんだ。
 ほぼ拭き終わった頃、お母さんと交代して小学3年生くらいの男の子が椅子をまたいで降りてきて拭き始めた。
 なんて偉いの!! お母さんがやらせたとしたら、お母さんが偉いし、もしかして子供が自発的にやろうとしたのなら、なんて健気な子供なの!
 隣の席ですっごく感動してるのに、何もできず何も言えず見ないふりしてる自分が情けなかった。
 ステッキでトイレットペーパーを押して拭く事はできそうだったけど(誰も見てない場所ならする)それはあまりにも横着でしょう。


 夜、帰宅してとりあえずアフターゲームショーだけは見た。
 寿人が「あらよっ! こらよっ!」と 相手ゴール横でリフティングみたいにボールを操ってる場面と ゴール前にすべりこんで「寿人の足があと5センチ長ければ…」ってシーン。
 寿人の広島100ゴールはアウェイで達成なのかな?
まさか 次のホームまで持ち越しって事ないよね?

|

2009年7月 4日 (土)

桃のおばあちゃん

 今年も桃の季節がやってきました。

 また あのおばあちゃんの農家へ寄りました。

 収穫をしたばかりの桃が箱にいっぱい。まだ白い紙で包まれてて葉っぱがついてるのもある。とってもとっても可愛いの♪

              Momo1

 先に来てたお客さんに「小さいのだと7つ入れれるでね。1つ、2つ……5つ…6つ…これは ちょっと虫が食っとるから おまけしとくでね。ここ以外は食べれるで。…ええっと~~~いくつ数えたかね? 最初っからだわ。1つ、2つ…」とやってる。

 ほんと おばあちゃんも可愛いの。

 で、待ってる間に「桃の写真撮っていいですか?」

「あ~~あんたは去年も撮ってくだゃ~たね。いいよ。撮ったって」

 私が携帯を構えると

「こんな紙がついとってはいかんわ」とはずそうとするので

「いいえ、これがいいんです。葉っぱもついてて収穫したてって感じだから」と言うと

「じゃあ、この葉っぱも」と隣の箱から青々とした葉っぱのついた桃を持って来て載せた。

「ここは虫食っとるわ」と桃の向きを変える。

Momo2

 自分が育てた自慢の桃が少しでも綺麗に可愛く写るように…だね。

 今年もこうして 桃のおばあちゃんち通いが始まりました。

|

2009年7月 3日 (金)

いじらしい

 昨日の公文の教室での出来事。

 1年生の○○君がその日のプリントを全部やり終えて私の前に来た。

「せんせー 今日 僕 少し泣いたけど頑張ったよ」 半べそだったけど

「ほんとだ!よく我慢したね~偉い偉い!」

 ○○君は ほぼ毎回大泣きする。間違いがあると悔しいのと直すのが嫌なのと いろんな感情が溢れてしまうんだと思う。

 涙と汗で頭までびっしょりになる。

 大泣きしながら問題を解くので余計に混乱する。

 「僕 頭がおかしくなった~~。もう全然わからん~うわぁ~~~ん」随分先の学年の教材をやってるくらい頭は良いんだけど、こうなると何を説明しても聞き入れられなくなる。

 「今日 泣かなかったらゲーム買ってもらえるはずだったのに~~~もう来月まで買ってもらえない~~~うわぁ~~~ん」という時もあった。

 先週は「どうして僕 泣いちゃうんだろう~~うわぁ~~~ん」だった。

 それが昨日は半べそでおさまった。

「少し泣いたけど頑張りましたって ここに書いて」とプリントを出すので

『少し泣いたけど一生懸命こらえて頑張りました☆』と赤ペンで書いた。お母さんに見せるのね。

 子供でも「今日は泣かないように頑張る!!」って決意して努力するのねぇ…いじらしくて可愛い。

 そしてその後彼は「僕もっとやりたい!」と 次の日の分のプリントを貰いに行き、喜々として解いていました。

|

2009年7月 2日 (木)

甘い誘惑…何度目?

 3月から減量ペースは落ち、6月の月平均はなんとかマイナス100グラムだった(汗

 レコーディングダイエットで自己流換算ではあっても 毎日のカロリーは記録している。私のしてる努力はそれくらい。

 これでダイエットできたら誰も苦労しないわ。

 それでも100グラム減ってるのは、ここ数年の増量が異常だったということかな。今は正常に戻りつつあるところなのかな。

 でもここからは もう少し強めに頑張らないと簡単には減らないだろうなぁ。

 そんな大切な時期なのに…高湿度の為、食欲がなく、代わりに甘いものばかり食べちゃう。最近はシャトレー○のシュガーコーンアイスにはまってる。

 シャトレー○はシュークリームを買う為に 昔 よく行ったけど、最近はすっかりご無沙汰してた。

 それがチラシに美味しそうなシュガーコーンアイスが掲載され(カロリー表示もある)つられて行ってしまい、せっかく行ったんだから…と クッキーサンドアイスなるものも買ってみたら これが美味しい☆

 夕食後に「1つだけ」と食べ終えると「あ~~~美味しかった!! もう一つ!」と どうしても2つ食べちゃう。これは病的。これで一気に360カロリーアップ。(種類によっては400カロリー超え)

 我が家の冷蔵庫、冷凍室の1つは「アイスクリームのお部屋」になってるんだけど 最近は大きい方へも侵出してしまった。

 なくなりそうになると またシャトレー○へ。アイスクリーム関係だけで2000円近く買うってどうよ?

 1年で6キロ減らす予定は、このペースでは既に挫折。…根性のある人なら「ここから本気出すわよ!」ってなるんだろうけど、私は自然に任せてるからなぁ…。

 昨日は夫がやってるWiiFitの私のキャラクターがうなだれて居眠りしてたわ。

|

2009年7月 1日 (水)

一目惚れはこうして始まる

 6月28日 日曜日 「劇団四季ソング&ダンス 55ステップス」を観てきた。

 ここ数年間に見た作品の中のいくつかの曲が まったく別の味付けで披露されている。

 ストーリーを彷彿とさせる演出もあり。

「あ~~確かアイーダの中で流れてたっけ」アイーダ もう一回観たいなぁ。

 劇団四季の公演は何度も見たけれど、役者の名前まで覚えようとしてなかった。

 荒川務(私の世代のアイドル歌手だった)だけは「美女と野獣」で見つけて嬉しかったけど。

 毎月届く冊子も つらつらつら~~っとしか見てなくて アイーダのラダメスが阿久津陽一郎さんだったと言うことも、今回の55ステップスを見て初めて認識したくらい。

 そして大好きな大好きな「ライオンキング」からは「早く王様になりたい」

 前奏が流れただけで もう踊り出したくなる。

 舞台は「ライオンキング」とは全くの別物。

♪ほんとにこのガキャ しょうーがーない!はやく おーさまに~~~なり~た~い♪

歌詞はそのままなのに違和感がない。楽しいなぁ~~~☆嬉しいなぁ~~~☆

 そして私はこのシーンでメインの男性に見入ってしまった。(それまでは気付かなかった…)

 マイケル・J・フォックスみたいな小柄で可愛いらしい人!

 もうそこからは別の作品の群舞になっても彼を探す。

 ああいう世界で小柄な男性って不利だよねぇ…でも彼はちゃんと役をとってるんだなぁ…才能ももちろんだけどすごく努力したんだろうなぁと感嘆しつつ「可愛いなぁ~! 素敵だなぁ~~~!」

 「ビー・アワ・ゲスト」は 美女と野獣の中でも華やかで私がすっごく感激した曲。

 これも全く違う演出。お洒落で大人っぽくて素敵だった。

 エンディング・カーテンコールとなっても 私は 可愛い人を見る。手の振り方も素敵!!

 そして「今日は千秋楽。会場出口で出演者全員がお待ちしております!」と阿久津陽一郎さんがステージでお辞儀をする。

 わぁ~~劇団四季で、こんなの初めて~~~!

 出口は左右を入れれば4つだけど、多分後ろの2つだけだよねぇ…と一番近い後ろの右側から出る。

 あの人はどこ?

 すると!! 目の前にいたんです~~~!! なんて運がいい。いや波長が合ってるんだわ!!

 私は握手の行列の3番目くらいに入った。

「今日 ファンになっちゃいました!」「ありがとうございます!」と笑顔で握手してくれた。近くで見ると舞台メイクだから濃い~~~わ。

 名前も知らないんだけど…これからは冊子「ラ・アルプ」をしっかり見ることにしよう。

 それにしても…公演中、私の前の席に居た50代の女性二人と間にいる若い女性の3人組は、手拍子もスタンディングオベーションも迷いがなかった。

 曲が始まると同時に力強く手拍子をし、私なんかがエンディングらしい雰囲気に「そろそろ立つのかな? まだ次の曲があるのかな?」などと思ってた時には微動だにせず、3人がキリッと立ち上がった時には本当に最後の曲だった。

 よほど通い詰めたのねぇ。感服。

|

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »