« 幼児を侮るなかれ | トップページ | 至近距離で「転輪太鼓」 »

2009年7月17日 (金)

私の中でまだまだ続く「転輪太鼓」

 夫の行く床屋さんの息子ちゃんが転輪太鼓の豆ぞう組に入ってるとわかってから「今度、床屋さんへ行く時は 豆ぞう組の発表会とか練習見学とか 何でもいいから聞いてきて~」と夫に頼んでおいた。

 先日、夫が「いろいろ聞いてきましたよ~~~」と床屋さんから帰って来た。

「うひひひぃ~~~ありがと」

 公演のステージで「新スタジオをK市に建設中」だと主宰が語った。

 パンフレットで見る建設中の住所は うちの住所に限りなく近い!どこだろう?近かったら練習を見に行ける!

 そう思ってた。

 夫が床屋さんから聞いてきた情報は…きゃぁ~~~~~!!もぉ~~~~~!!

 ほんとにご近所なのよ! 歩いて行ける距離(私には かなり厳しいトレーニング)

 喫茶ルームやサロンも併設するらしい。私のような野次馬もウエルカムらしい。

 夫は次の休日のジョギングタイムに 早速 偵察に行ってきた!

 主宰の国分入道光雲さんはじめ 団員が鉢巻姿で内装工事をしてるって。

 そして昨日「床屋のオーナーのお母さんから電話があった」と夫。

 新スタジオのお披露目会が今度の連休にあるって!!

 何をするのかまで夫は聞かなかったけど、1日2回ずつの4回なので、きっと太鼓も叩いてくれるんでしょう。

 行く!!行くわよ!! ステージよりももっと近くで豆ぞう組を見る事ができるんだもの!!

|

« 幼児を侮るなかれ | トップページ | 至近距離で「転輪太鼓」 »

転輪太鼓」カテゴリの記事