« 私の中でまだまだ続く「転輪太鼓」 | トップページ | 第18節 サンフレッチェ広島 対 ジェフユナイテッド千葉 »

2009年7月19日 (日)

至近距離で「転輪太鼓」

 転輪太鼓新スタジオのお披露目、午前の部を夫が偵察に行き、午後 私も一緒に行ってきた☆

 国分入道光雲さんとも 床屋さんのお母さんともご挨拶できた。

 スタジオに並べられた太鼓と同じ床の上に立って、本当に触れそうな距離で演奏を聴いた。

 豆ぞう組も見た~~~^^

 午前の偵察に行った夫が「すごい音が響くよ」と言ってたけど、響くなんてもんじゃない。最初のひと打ちは鼓膜を破るかと思うほどだった。

 すぐに慣れると、もう広いスタジオの中の空気が振動し、それが自分の体を包み、太鼓の音と一体化するような錯覚。

        Img_5480

 私のお目当ての可愛い子ちゃんは居なかったけど、他の子よりも明らかに慣れてない子が一人いて、主宰の方を見ながら見ながら打ってるし、他の子達と挙げてる手が逆だったりするのが もぉ~可愛かった。

 こうして見ると やっぱりあれくらいの大きさの子供が、一分の隙も無くリズムを刻み、腕を挙げ、皆と合わせるのはすごく難しい事なんだね。当たり前のようにやってた子達のすごさをあらためて知った。

 全国大会に出る風雲児たちの演奏はやっぱり感動する。

 まだ優勝した事はないんだって。あの子たち以上のパフォーマンスを見せる子供の太鼓って どんなんだろう?

 あの子達が優勝できないなんて不思議。

 入道さんや指導してる若い男の子が声を掛けたり、煽ったりする。少年サッカーチームや野球チームと同じように、いろんな学年の子供達が共に成長しあえる良い場所なんだね。

 2回の公演で「存在感があるなぁ」と思った子は やっぱり違うわ。近くで見るとますます光る。

 一方的に「よく知ってる子」になってるもん。

        Img_5495

 子供たちの演奏が終わって一旦休憩の後、大人のライブ。本当はそれも見たかったけど、出かける用事があったのでそこで帰ることに。

「太鼓を叩いてみませんか?」と国分入道光雲さんが声をかけてくれた。

 叩いてみたい…叩いてみたいよ~~~!

 かっちょいい衣装のお姉さん(私より年下だけど…)達も「表のお花を持ってってください」って。まだ明日もあるから遠慮してきた。

「近所なので また遊びに来ます」

 喫茶ルームが完成したら通っちゃうかも~~~。

 数か月後には「そこの人!リズム感悪いよ!」と叱られる花桃夫と「そんなぷよぷよの腕では太鼓は叩けないぞ!」と叱られる花桃の姿があったりして…。

|

« 私の中でまだまだ続く「転輪太鼓」 | トップページ | 第18節 サンフレッチェ広島 対 ジェフユナイテッド千葉 »

転輪太鼓」カテゴリの記事