« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月30日 (水)

やっぱり捨てられない…

 先週、立て続けに食器を割った。

「え?また~?なんで?」って思うくらいに続いた。自覚症状が無い程度に指の力が弱ってるのかなぁ?

 見事に粉々になったお皿、ひび割れたガラスのコップは、新聞紙に包んで捨てた。

 お気に入りの急須も蓋がぱりんと真っ二つに割れたので「これも長く使ったし…寿命だよね」と一度はあきらめた。

 33歳の時、SLEの再燃で3度目の入院をした。半月後、二十歳の発病以来の主治医のすすめで転院した。

 転院先では同じ病気でも、入院生活にいろんな違いがあって驚く事がいっぱいだった。

 その中の一つが「ずっと病室にいるねぇ。たまには外出してもいいんだよ」だった。

 おっかなびっくり、母を伴って外出して、そこで買ったのが この急須。

                Img_5833

 一目惚れして買った。

 退院後は、日常使いにして楽しんだ。口が広くて中が洗いやすく、どっしりしてて安定感もある。お茶好きの私にはちょうど良い容量。毎日使ってもう17年になる。

 さて、この写真を見て、蓋が割れてるのわかります?

 一度は捨てるつもりで新聞紙を広げたけれど「…待てよ? こんなにきれいに割れてるんだから くっつくんじゃないかしらん?」 

 以前にも口の縁が欠けたのを接着剤でつけて、どこが欠けたのかも忘れて使ってたのよね。

 とっておきの接着剤を出して来てくっつけてみる。

 あら、いいんじゃない? 蓋だから多少漏れたとしても問題無いし。

 …という事で 見事ふっかぁ~~~~~つ☆

|

2009年9月29日 (火)

松茸や~い

 先日、毎年恒例の「松茸買い」に出かけた。

 夫が一年かかって貯める「松茸貯金(500円玉)」が3万円以上になってたのに、両替に行くのを忘れてて、財布はじゃらんじゃらんと重い。

 500円玉ばかりで払うわけにはいかないので、月末の残りわずかな家計費をかき集め、500円玉は高速料金や温泉、お土産、飲食に使う事にした。

 朝、念のために松茸屋さんに電話してみると…「現在使われておりません」

えええ~~~~!? 携帯を替えたのかなぁ。私のアドレスは教えてないし、わざわざ「変更しました」と電話してくるとも思えないしなぁ…。

 一抹の不安を抱えながら出発。

 橋を渡りトンネルをいくつも抜けて「そろそろ ここら辺りから看板があるはずなんだよね」と行く先に目を凝らす。

 私の行く松茸屋さんは、店舗があるわけじゃなく道端に軽トラックで売りに来てるのです。

 軽トラックに近づく何キロも先から 道端には『松茸』の看板がいくつもおかれているのです。

 その看板が・・・無い!! カーブを曲がる度に かなり先まで探すけど「無い!!」

 そしてとうとう、見覚えのある縁石の退避場まで来てしまった。

 あるはずの軽トラックの姿も無い。

 小さな空き地の横に車を止めて、よく見ると木製の看板が。

「このたび閉店いたしました。15年間のご愛顧ありがとうございました」と。

 うえ~~~ん、不安が的中しちゃったよ。

 ご主人が体調でも悪くされたのかなぁ…?松茸の山は誰が引き継ぐんだろう…?

 いや、そんな事よりも1年に1度の贅沢、松茸の炭火焼用に 前日に買い足した木炭はどうするのよ?

 道沿いの「地元農家直送」の露店に次々と停車して「あの…松茸ありませんか?」と聞いて回る。

 少し前の新聞記事で「今年は松茸が豊作」と読んだ記憶があるんだけど、どこも「ありません」 どころか「今年は山のきのこが不作でねぇ…」と。 

 この日の夕飯に(七輪炭火焼・土瓶蒸し・松茸ごはん)備えて準備した食材を無駄にもできない。

 夫が「今朝のチラシに『国内産松茸』って書いてあった」というので、近所のスーパーマーケット(ちょっぴり高級な食材をそろえてるので、普段は行かない)に向かう事となった。

 とんだドライブだわ…。

 さて、その店の野菜売り場に直行すると「おわび…広告の国内産松茸は本日 入荷しませんでした」とポップが。

 万事休す!!

 ところが下の方をよく見ると「韓国産」に混じってふた箱だけ「長野県産」があるじゃないの! 値段は「韓国産」の10倍以上。

 普段なら絶対に買えないけれど、今日はそれ「松茸貯金」を持ってますからね^^ 岐阜の松茸屋さんで買う予算とほぼ同額だし。

 こうしてなんとか松茸を手に入れたけれど、帰宅して包装のビニールをはがしても香りが無い。

 下準備をして七輪で焼けば 松茸の食感はあるし、やっぱりおいしい。土瓶蒸しも松茸ごはんも まあこんなもんでしょう。

 岐阜の松茸屋さんで買ってた頃は「これだけお金出せば、地元スーパーでも そこそこのものが買えるんじゃないかなぁ?」と ちょっぴり思ったけど、質も量もやっぱり違ってたわ。

 来年から楽しみが無くなったなぁ…。

 七輪と木炭…どうするかなぁ。普段の食事にわざわざ出すのって面倒臭いのよ。片づけるのもね。

 

|

2009年9月28日 (月)

第27節 サンフレッチェ広島 対 アルビレックス新潟

9月26日 (土)

【広島 対 新潟】 ビッグアーチ(スカパー観戦)

 soccer1対2 広島勝てず

 soccer得点 アオ

 寿人のワンタッチパス「うまいうまい!」 受けた一誠のシュートはGK正面。

「佐藤寿人の裏へのパス、難しいのにいとも簡単に通しましたね」と解説。

そうなのか~~~^^

私にはボールを自由自在に操るだけで「すごい!」なんだけど、逆に何が簡単で何が難しいのかも分からなかったりする。

 翔は 今日もいいプレーをしてる(ように私には見える) その翔から寿人へ絶好のパス。オフサイドぎりぎりで寿人飛び出すも打てず。

 公太さんからのクロスに、寿人はモモンガならぬ忍者みたいにヘディングシュート。GKのナイスセーブにあう。うはっ!!

 広島ゴール前で、打たれるか!?と思ったらスルー、次打つか!? またスルー。

「ダメダメダメー ウッズ頑張れーー」と力を込めた瞬間に矢野貴章ゴール。

 さあ、これで寿人も火がつくぞ~!

 マッキーがゴール前に切り込み、寿人はうまく裏へ抜けてシュート、ゴール!! はオフサイド。

 私が見てても「オフサイドだなぁ…」だったんだけど、日曜のやべっちの別角度の映像を見たら「微妙~~~!」だった。

 誰かの落としを寿人の左足シュートも 千代反田の足がブロック。いいシュートだったのになぁ。

 私はとにかく寿人には打ってほしい。決まらなかったとしても打たないよりもいい。

 でもこれだけ打っても決められないってのは…なぜなの? 何が足りないの?誰か教えて。

 2失点目はシュートをウッズが弾いて…え? あれ?と思ってるうちに ころころころ…と入ってしまった。実況が「これはゴールですね…?」って迷うくらい。

 うあぁ~2点かぁ…。

 後半。

 ミキッチから一誠へ、その先の洋次郎がオフサイドで立ちんぼしてる隙をついてアオのゴール!! これが広島ホーム400ゴールになりました^^

 それにしても このシーン、何度も何度もあちこちでリプレイされるけど、あえてプレーしてない洋次郎の立ち姿が すっとぼけてて笑える~~~^^

 まずは同点に!!

 新潟のシュートを何度もウッズががっちり止める。

 新潟ゴール前で広島のFK。ストヤノフが居ない今、誰が蹴るの? テレビの前で同じ思いの人は多かっただろうなぁ。

 案の定、ピッチ上では選手たちが集まって相談してるよ^^

 で、ミキッチが勢いつけて走り出したので、ミキッチ初ゴールか!?と思いきやそれは囮で、マッキーが打った。残念枠外。

 その後も寿人はダイレクトシュートや、後ろからDFの横をすり抜けてヘディングシュートを繰り出すんだけど、決められない。

 そして再び、新潟ゴール前でのFK。さっきより相談は短くて、今度こそミキッチ。いいキックだったんだけどGKキャッチ。

 寿人、ゴール前でDFを背負いながら技ありシュートを放ったんだけど、これもGKが触って防ぐ。うぅぅ。

 解説が「今日はGK北野がよく守りましたねぇ」

 ん~~相手GKが今日はすごかったのかなぁ。

 少し前まで負けると監督の「良い内容だったが勝てなかった」ってインタビューがあったけど、このごろは毎回「いい試合」をしてるように私には見える。

 負けても「次までに絶対にうまく修正してくれる」って思える。

 寿人はどんな気持ちでいるかなぁ。私が焦っても仕方ないけど…。

 日曜のやべっちでは、名波さんの「今 代表に必要なのは?」って新コーナー。

「名波さんって、よく寿人の事褒めてくれるから 寿人って言ってくれるかも!」と期待したら、小笠原選手…続いて陽介。きゃぁ~~~やっぱり陽介も近いうちに召集されるよね。

 そして…そして! やっぱり寿人!

「シュートがうまい、ミートがうまい」ありがとうございます!!

|

2009年9月25日 (金)

男女交際事情

 私の住むマンションの子供が公園の横の道を歩いて学校から帰ってくる。

 最近よく見かけるHちゃんとTくんの二人連れ。たしか小学3年生か4年生…。二人で仲良く(というよりも ごく普通に)話しながら帰ってくる。

 !!!!!!!

 公文の子供たちを見てると「あ~そろそろ異性を意識しだしてるな」なんて感じることがある。一体 何年生くらいから そういう意識が芽生えるんだろう?

 HちゃんとTくんには まだそんな気配もない。

 マンションの子供たちは兄弟みたいな雰囲気がある。21戸なのでほぼ顔見知りだし、小さい頃からエトランスで遊んでたからなぁ。

 

 私が小学3年生の時、クラスのO君と二人で帰った事がある。家の方向は違ってたはずで、O君が私に何か見せてくれると言ってた。何を見せてもらったのかは忘れた。

 私には特別な意識はなかったけど、翌日、学校で♪3年の1学期の初めごろ~花桃とOが知り合った~~~♪と ケメコの歌の替え歌でからかわれた。

 って事は意識してる子は3年生でもいたんだよね。

 …私はたぶん その頃から「好きな子」以外は 男でも女でも「友達」でしかなかったんだろうなぁ。

 2年生で好きな男の子は居たけど、O君と一緒に帰る事になんの感慨もなかった。何かを見せてくれると言うから ついてかないと悪いな…って感じだったかなぁ。

 それにしても…O君とは道草だったはず。通学路じゃない所へ行った記憶があるから。真面目で小心者の私がそんな大胆な事するのも不思議。道草への罪悪感もなかったんだよねぇ。幼いおさない…っていうか、お足りんちゃん?

|

2009年9月24日 (木)

間違えたーーーー泣

 ハーゲンダッツの秋の新作「アーモンドプラリネ」 絶対に食べたい!!  でも私は定価でハーゲンダッツは買わない。(貧乏性)だからすぐには買えない…。

 先日、スーパーで待ちに待った「ハーゲンダッツ218円」のポップを発見。もっと安い時もあるんだけど、ここはもう「アーモンドプラリネ」の為ですから^^

 勇んで手に取りかごに入れる。

「あ、待てよ。この後少し他の買い物するから できるだけ奥の方の凍ってるやつにしましょ」と奥まった下の方から取り出して籠のと入れ替えた。

 さて帰宅して冷蔵庫の「アイスクリームのお部屋(二つある冷凍室のうちの小さい方)」に入れようとしてびっくり!!

 アーモンドプラリネは「メロン」になっていた!!!

 うそーーーーん!!

 私 ハーゲンダッツのストロベリーは好きで買うけど メロンのアイスクリーム自体があまり好きじゃないのよ。

 ダイエットの為に1つしか買わなかったのが不幸中の幸い。

 老眼って こういう時に困る。

 見えてないって自覚が無いのよね。

 

|

2009年9月23日 (水)

第26節 サンフレッチェ広島 対 柏レイソル

9月20日 (日)

【広島 VS 柏】 日立柏サッカー場(スカパー観戦)

 サッカー1対1 
 サッカー得点  良太

 柏サッカー場の半分が紫に染まってる!(バックスタンドは黄色いけど仕方ない…)大勢のサポーターが行ってるんだねぇ~。
 夫もすごく力んでる。
「今日はどうしても勝たないといけない。J1・J2連続優勝の歴史を刻むためにも!」と。

 選手入場の後、フェアプレーフラッグを持って退場していく子供たちが ころんころんころんと続けざまに転んだのが なんだかとっても可愛かった~~~泣。

 試合開始。
 プレー中の選手の後ろに観客の顔がある。ピッチが近いんだよね~。スタンドも低くて本当に近い。

 さっそくアオからのいいパス。寿人はうまく抜け出してループ気味のシュート。
 スピードが無いので私の動体視力でもじっくり追える。
「やったね^^ さっそくゴールだね^^」と思って見てたら…枠外。
うーーーーびざどーーーーー。

 陽介からゴール前にパス。相手DFを二人背負いながら体を翻し…寿人の得意なパターンだったのに、右足シュートは枠外。
 あぅ!ひさとぉう!
 岡田監督が来てるから力んじゃったのかなぁ。

 試合は無知の私が見てても面白い。
 パスミス!と思うと、すぐに誰かがフォローして奪い返して攻撃になる。

 柏ゴール前で菅野選手と競り合ったアオが 勢い余ってゴール裏まで吹っ飛んだら、レイソルサポーターがわらわらわらとすごい勢いで集まってきた! ちょっと笑えたけどこあいよーーー。

 ウッズは出身地なのかな? 地元の友達に晴れ姿を披露できるね。
 菅沼のシュート、うぎゃっ!!と思ったら ウッズが見事に止めてくれました。

 マッキーが菅野の交錯して険悪なムード。寿人が菅野の背中を抱いてなだめてる^^

 一誠もシュート。いいプレーができてるんだけど、ゴールだけが無いんだよね…。

 解説の都並さんも「広島は(なんとかかんとかが…)J1屈指」と。何が屈指なのか理解できなかった私は情けないけれど、とにかく「J1屈指」なんて台詞が聞けたのは嬉しい。
 
 以前どこかの試合で、寿人が決定機をことごとくはずして後半にゴールを決めて「前半 何度もチャンスを決められなくてすみませんでした!」と苦笑いで叫んでたのを思い出す。
 これだけシュートチャンスがあるんだから、今日も後半で決めて「前半ごめんなさい!」で終わるといいな…と願う。


 後半。
 ウッズが相手シュートを中途半端に片手で弾いたので「眩しかったのかなぁ?」なんて思ってたら、直後のCKからゴール前のごちゃごちゃの中で「え?入っちゃった?」って感じのゴール。
 ウッズ、切り替えて頑張れ~~!!

 柏が交代。フランサが居たーーー! 忘れてた! こあいよーーー!

 ハンジェが中へ切り込んでスルーパス。寿人のシュートはGKが押さえる。うげっ!

 今日の翔はとっても落ち着いてる。まったく違和感なくチームに溶け込んでるように見える。ストヤノフが居ないだけで すっごい若手のチームに見える。

 寿人・菅野・小林選手がゴール前で交錯。菅野・小林選手は強く当たったみたいで倒れてる。小林選手を気遣う寿人。
…寿人が巻き込まれなくてよかった~~~(私は鬼だ)

 寿人のダイレクトのシュートもGKキャッチ。うあ~~~ん、ひさとぉ~~~~!
 実況は「相手にとって嫌なプレイヤー佐藤寿人、今日も素晴らしいプレーを見せてくれています」って…。嫌味?と思ったら「足りないのはゴールだけ」と続いた…苦笑。

 ゴール裏には紫のサポーターがいっぱい! 相手ゴールの裏で広島ゴールを呼び込むんだと聞いたけど、本当にそうなりそうな状態。
 と思ってたら本当に良太が決めた。良太よくやった!! 良太って貴重な1点を決めるよね。
 ゴール裏のサポーターの引力も大きかったんだろうなぁ。
 ああ、寿人も引力に導かれてちょうだい~~~!

 とりあえず同点になって ちょっと安心の私。でも夫は「ダメです。今日は勝たないと」と まだまだやる気十分。

 ポポ選手の無回転シュートもウッズが止める。なでしこの元GKだったピッチレポーターが「あれを止めるのは難しいんです」って言ってた。

 アディショナルタイムは4分。
 実況が「しびれる試合です」って。確かにそう。激闘。テクニックも気持ちも両チームともが譲らない。

 ゴール前でポポがFK。ぶれ球やめてよーーーー! ウッズ弾き出す。

 試合終了。
 引き分け…ん~~~寿人が決めてれば勝ってたんだよねぇ…。

 試合中「試合前には両チームのサポーターがエールの交歓をしたり、柏サポーターに対して、広島サポーターが笑顔のブーイングをしたりと 微笑ましい雰囲気だった」と実況が言ってた。
 終了後にその笑顔のブーイング映像が少し流れた。こういうのっていいなぁ~♪

 やべっちでは、寿人の決められなかったシュートシーン。…無念。

 後日、寿人のブログでも「悔しい。取り逃がした分は取り返す」と決意がつづられてたから期待してます!

|

2009年9月18日 (金)

やられちゃいました~☆

 ドラマ「任侠ヘルパー(我が家では『こども店長のドラマ』)」最終回でした。

 「加藤清史郎君が見たいだけで、ストーリーはどうでもいい、草彅くんには悪いけどおっかない顔の草彅くんもあまり好きじゃない…」などと言ってましたが…話の展開に知らず知らず引き込まれ、ニヒルな草彅くんにも「あら、案外色気があるのねぇ~~~いいじゃない」なんて思ってしまったり。

 こども店長は相変わらず吹っ飛ばされ方もひよこの口も可愛く面白く、ああいう子役は貴重よね。須賀健太くんも あんな感じだったけど、私はこども店長ほどは、須賀健太くんには惹かれなかった。これは好みの問題ね。

 さて、いつもなら悲しいシーンでも 可哀想な顔をしてる清史郎君が可愛くて、泣き顔で笑ってしまってたんだけど、昨日の草彅くんの足に取りすがって泣いたシーンには 思わずもらい泣きしちゃいました。すごい感情移入だよね。あれは演技じゃなかった。

 でも最後の最後では、すってんころりんとしてくれて、面白可愛い清史郎君なのでした。

 あの終わり方は「…続きがあります」だったね。スペシャルやるかな? 清史郎君があまり大きくならないうちにお願いします。(声変わりするまでは大丈夫そうね)

|

2009年9月16日 (水)

最初の記憶

 伊勢湾台風の大被害から50年が過ぎた。

 私は伊勢湾台風の半年前に名古屋市南区で生まれた。

 当時の事は両親から何度も聞かされている。

 警察官の父は台風が近づいてくると召集され、母は一人で2階建て木造の借家を守る事に。道をはさんだお向かいさんが大きなお家で母と私はそこに避難させてもらったらしい。

 台風一過の翌朝、水が引いた家の二階まで靴ばきで上がり、片づけに何週間もかかったと。父はその後半月以上帰宅できなかった。

 生まれて半年の私には さすがに大変だった記憶はない。

 ただお向かいの大きなお家の一場面だけは 夢の中の記憶のように残っている。

 さすがに生まれて半年のその時ではないと思うけど、その後の大きな台風のたびに避難させてくれてたんじゃないだろうか?

 大きな家の明かりのついた縁側を私は歩いていた。それだけなんだけど、大人たちがちょっと不安そうだったのが その薄暗い明かりの景色にシンクロして思い出される。

 それと、月夜の晩に借家の木の門から玄関へ向かう石畳の上をとかげがちょろちょろっと走りすぎる場面。あれは小さな子供の目線の記憶。とても近い距離だったから。

 白黒の写真では 古い借家のいろんな部屋で私が写ってるので、室内の様子は見られるけれど、お向かいの家の縁側とうちの玄関までの地面の写真は無い。

 やっぱりあれは私の3歳前の記憶なんだろうなぁ。

 3歳で中区の警察官舎に引っ越した私は「どこから来たの?」と大人に聞かれると「ばばい(汚い:名古屋弁の幼児語?)おうちからきたの」と律儀に答えていたそうな…汗。

 確かに写真で見る借家の外観は 今にも壊れそうでぼろぼろでした。まさに「ばばいおうち」

|

2009年9月15日 (火)

聴こえる?

Tori1

Tori2

なあんて聴こえた気がした。

夏が終わって次の季節に飛び立って行くんだね。

|

2009年9月14日 (月)

第25節 サンフレッチェ広島 対 横浜F・マリノス

9月12日 (土)

【広島 VS 横浜】 ビッグアーチ(スカパー観戦)

 サッカー3対2 広島勝利
 サッカー得点  陽介・ストヤノフ・陽介


 3位の2週間が過ぎて久々の試合。
 イエロカードも溜まっててリーチの選手も数人、こわいよ~。

 こちらは朝から雨で、キックオフの時点では土砂降り。選手やサポーターの人たち 風邪ひかないように…と思ってたら、ビッグアーチは雨があがってるみたい。
 気温も19度だって、動きやすいかな。


 ブルガリアの代表スタメンから帰国したばかりのストヤノフが疲れも見せず、ドリブルでがんがん上がっていく。
 そのまま打つか!と固唾を飲んだら寿人にパス。寿人は反転し体を倒して…いつぞやのシュートの再現なるか!? 
…微妙に空振り気味でした。

 相手ゴール近くでマッキーが倒されたけどシュミレーションを取られ逆にイエロー。
「えー!? 俺?!」って声が聞こえそうなリアクション。ひっくり返る姿はまるで駄々っ子(笑)
リプレイでは間違いなく足はかかってるんだけどなぁ。
大げさに吹っ飛んだように見えるけど、あれはマッキーのいつもの動作なんだよねぇ…。

 1点目。
 陽介がミドルシュートを打つ。
「そうそう!打てばいいのよ!」と まずは遠くから打った勇気を褒めながらボールを見てたら…入った!! 陽介すっごーーーい☆

 もしかして…今日も勝てちゃう? なんてちらっと思ってたら、1失点。
 実は昨日から風邪気味で 今日は風邪薬を飲んでぽや~~んとしてた。
 テレビ観戦中も「広島の試合じゃなかったら寝るんだけどなぁ…」って感じで。
 そしたらGKがはじいたのを山瀬が押し込んでゴール!
ヒャーーーー!! 一瞬にして目が覚めた!

 2点目。
 相手ゴール前でFK。誰が打つんだろ? 
 実況が「ストヤノフが蹴った!」と言ったけど、私には誰が打ったのかも見えてなかった。
 でもボールはゴールネットを揺らしたのは見えた! すっごーーーーい☆

 そしてハーフタイム。我慢できずにソファーの隅っこに丸まって少し眠る。


 …目が覚めたのは陽介の2ゴール目が決まった時。(早い時間帯のゴールで良かったわ)

 さあ、そろそろ寿人も決めてくださいよ。

 そしたら千真選手にあっけなく決められちゃった。3対2。うぅぅ。

 ミキッチに代えて剛平さん投入。実況解説によると金選手係らしい。
お願いよ、剛平さん!

 横浜のシュートが増えてる。私が「同点にされたら困る」と思って見てるから余計に攻められてるように感じるんだろうね。
 攻め込まれるたびに「やめてーーーー!」と金切り声。
 さっきまでの眠気はどこへやら、ソファーから乗り出してる。

 解説が「これだけ攻め込まれ続けると、肉体だけじゃなく精神も疲れてくる」って。
 そうだよね。集中し続けて、周りも見て、どう動くか瞬時に考えて、頭が疲れてくるよね。

 広島のCKから 剛平さんがボレーシュート。惜しかった!!

 そして相手ゴール前で綺麗なパス回しからマッキーがシュート!ゴールしたんだけどオフサイド。

 3対2は怖いよ…。同点に追いつかれたらそのまま負けそうな気がしちゃうよ…。3位を守りたいよ。

 横浜がシュートを浴びせ続ける。ほんとやめてやめて!
 そんな中、ウッズが飛び出して弾いたボールは まだ生きてて、空っぽのゴールめがけて誰かが打った。
「あーーーー!」決められたと思った…そこに現れたのはナカジ。無人のゴールを守ってくれた! ありがとう!!ナカジ!!

 チュンソンも良い飛び込みを見せる。

 両チームに特別な思いの無い人が見たら面白い試合だろうねぇ。
私も、このまま勝って終わるってわかってたら面白い試合なんだけど、ハラハラするわ~。
 アディショナルタイム5分だって!!ぎゃあ!!
 
 広島も最後の攻撃。スタンドの歓声が響く。私もリビングで叫ぶ。

 ホイッスル。はぁ~~~よかったぁ~~~~!!


 チュンソン初登場の劇場。
 広島に移籍してからの彼の動向を見聞きするにつけ「あら?意外と真面目な青年なのね」と認識を新たにしたけど、マッキー達と一緒にいると北京五輪の時のヤンチャな彼が見え隠れしてました^^
 ミーハーな私にとっては おいしい素材の新加入☆ 

 今期、1試合2ゴールは、今日の陽介が初めて。去年は寿人も量産してたんだけどなぁ。
 今期19ゴールを目標に掲げた寿人、今まで有言実行の寿人だから、頑張ってほしいわ☆

|

2009年9月11日 (金)

イメージダウン!

  9日に、夫がわけもわからずにプリペイドカードを買い、それを使う為にアダプターを買うはめになったって日記を書いた。

 Yちゃんから「それって私…(青ざめた顔・ウインクして舌出す顔の絵文字)」と携帯メールが来た。

 へぇ~~~あの経済観念のしっかりしてるYちゃんでも そんなヘマをするんだ~~~^^ と嬉しくなり もっと詳しく聞こうと思ったら…

 9日の日記の最後『リアル花桃夫を知ってる人はきっと「え~~~? 花桃夫って そんなにおマヌケだったの~?」と驚くことでしょう』の『驚く人』が『私』だということだそうな…汗。

 日記を読んで思わず「私」と叫んだんだって。

 その前のQRコード読み取り挫折の日記を読んだ時点で「驚き」だったらしい。

 『3年F組のヒーローがおマヌケというのは・・・(破れたハートの絵文字)』

 夫との付き合いは私よりもYちゃんの方が古い。

 結婚後は、Yちゃんの中の『昔の花桃夫』のイメージを崩す数々の醜態を見せたり、私が言い付けたりしてたけど、今回もまた減点されてしまいました。

|

2009年9月10日 (木)

美しい空間

 内科の定期診察。

 中待合室はほどほどの混雑。

 きっちり座れば5人は座れる3人掛けのソファーには3人がゆったり座っていた。左から2番目の隙間に「すみません…」と入れてもらう(決してお尻を無理やり押し込んだわけじゃありません)

 すると右の扉から70歳を過ぎてると思われるご夫婦が入っていらして、具合の悪そうなおじいさまが4人が座ったソファーの右端に座られた。(それくらい余裕あり)

 私の右に座っていた30代とおぼしき女性がさっと立って「どうぞ掛けてください」と おばあさまに。

 するとおばあさまは「あなた具合悪いんでしょ?私はいいですよ」

 女性は「いいえ、私は元気ですから」と笑顔で立ち去った。おばあさまはお礼を言ってその席に。

 いい話だなぁ~~~と思ってたら…

 今度は私の左側の若い女性が立ち上がり ちょっと離れた所に杖をついて立ってたおじさまの所へ行って「あそこへ座ってください」と。

 おじさまは「さっきまで座っとったでええよ」とにっこり。

「いいえ、どうぞ」「大丈夫大丈夫、もうすぐ呼ばれるで」と しばらくやり取りしてて、結局 若い女性はどこかへ行ってしまった。

 たぶん、そこに自分がいるとおじさまが座れないだろうと判断したんでしょう。股関節の悪い私の見解では、杖のおじさまは、一度立つと今度は座るのが大変なんでしょう。

 おじさまは 本当にすぐに診察室に呼ばれてしまい、私の左は空いたまま。

 そしたら、譲った若い女性が戻ってきて座った。

 なんかほのぼのいい空間。

 ずっと座ったままでそれを眺めていた私って…汗。

 私だって広島のシャトルバスを1時間以上も立って待てるんだから、診察待ちの数分くらい立ってられるのにね…。

 股関節が悪いのを免罪符に甘えるのが当たり前になってるなぁ…。

|

2009年9月 9日 (水)

結局 こんなもんです…汗

 携帯でQRコード読み取りできました! と 嬉しげに報告しましたが…(ええ、それは間違いありませんのよ)

 実は少し前に夫が○ンテンドーDSを買ってきました。(今頃です)「お金とモノのなんとか」に興味があったそう。

 以前「脳トレ」が出た時、興味はあったけれど買うまでには至らなかったの。

 で、帰宅後、分刻みでいろんな事をやってます。(読書してPC見てwiifitして○ンテンドーDSして)

「忙しいよねぇ~~。でも私と違って時間を有効に使ってるわ」と感心してたら、今度はwi-fiネットワークアダプタなるものを買ってきました。

 かなりの時間を費やして接続し、wiifitに いつもと違う画面が登場。

 wiifitをネットにつなげると もっといろんな事ができる…のは知ってましたが、特別何かしたいとも思ってなかったの。

 夫は私よりも柔らかい脳を持ってるなぁ…なんとかぎりぎり、今の情報についていけてるなぁ…と またも感心していたら…。

 夫が言いました。

「DSを買った時に、wiiのプリペイドカードが傍にあって、これを本体に差し込んだら何かいい事があるのかなぁ~と思って3000円分買った。そしたらアダプタが必要とわかって、5800円で買った…(照れ笑い)」

 なるほどね…。そういうわけね^^ ここはもう笑っておくしかないでしょう。

 ゆうべはそれを繋いで「じゃこぴちの明日の運勢は…」って教えてくれました。

 リアル花桃夫を知ってる人はきっと「え~~~? 花桃夫って そんなにおマヌケだったの~?」と驚くことでしょう。

|

2009年9月 8日 (火)

汚名返上

 先日「夫婦して携帯でQRコードの読み取りできず」と書きましたが、名誉のために報告しておきます。

 できました☆

 取り扱い説明書を読めばちゃんとできるんです!

 …いや、ちょっと時間かかりましたが。

 携帯で写真撮るんじゃないのね…汗。

 ちゃんと読み取り用のツールがあるじゃないの。

 写真撮ったら自然にURLが認識されるんだと思ってて「恐るべき技術の進化!」と驚嘆してたのに。

 こんな事、若い子にしてみたら「なんでわからないの? 取り説読んだって? 笑い~~~」でしょうねぇ。

|

2009年9月 7日 (月)

ほんとにすごいよ☆

 「劇団四季・オペラ座の怪人」観てきた。

 先に行った友達が「ほんとにすごいわ」と言ってた。

 私の記憶では「12年前に名古屋で観た」んだけど、どうやら11年前らしい…。

 四季の公演は舞台装置がすごくてイリュージョンの要素もある。

「オペラ座…」は、そこにストーリーの恐ろしさが加わるので そりゃもう客席も舞台も区別がつかないくらいの臨場感。

 数回、びっくりして椅子の上で飛び上がりそうになった。(お尻が2センチほど浮きあがったはず)

 以前 観た時にとても印象的で大好きなシーン…これから観る人の為に詳しくは書きませんが「花嫁衣装と鏡」は、期待でいっぱいだった。

「あ、もうすぐだ^^」と そこばかり見てた。

 前に観たのとはちょっと違う演出だった。やっぱりまったく同じ事はしないよね。

 「あそこから怪人出てくるかな…」「どこにいるかな…」と 時々 舞台中央から目をそらして探したり(苦笑

 ところが…私 このお話の最後がどうなるんだったのか まったく覚えてなかったのですよ!

 今回 記憶のあるシーンをいくつか経て、エンディングが近づいて来た時に「え? で、どうなるんだっけ?」と。

 結局 ああなったんですが…

「へぇ~~~こうだったんだ~~~~なるほどねぇ~~~」まったく覚えてないって どういう事!?

 まさか演出だけじゃなく、ストーリーまで変わるはずないしね。

 登場人物に対する気持ちも 以前感じたのとは全く違うものだった。

 マンマ・ミーアでも役者が違うと 同じ役なのに ちょっぴり違う人格が見えたりしたんだよね。

 それにしても やっぱりあの舞台はすごい☆

 ちょっとした仕掛けはそこらじゅうにあって、今回見過ごしてるのもあるような気がする。

やっぱりもう一度観たいなぁ…。

 帰宅後は♪マスカレ~~~~ド 仮面舞踏会 マスカレードーー♪ と しばし踊りました。

|

2009年9月 5日 (土)

またも泣かされた…そして泣かされた

 転輪太鼓 風雲児風組の受賞報告会に行ってきた!

 新道場のお披露目を兼ねているので来賓の方々も大勢。

 来賓代表のあいさつの中で 主宰の事を「子供を働かせて収益を巻き上げる角兵衛獅子の親方のように見えるけれど…(続く)」って。笑った~~~。

 だって本当にそうだったもん。コンサートでは太鼓をたたいてる真剣な顔しか見てないから、最初は「おっかない人」だと思ってた。

 でも舞台を降りると笑顔の素敵な大人の男性。(私より年下なのよね…)

 来賓あいさつの続きは「見た目とは違い、子供が大好きで地域や子供やお年寄りの事を一生懸命考えてる」と。

 来賓の人たちもそうだし、私の知らない所で、地元の活性化に一生懸命な大人がたくさんいるのね。

 受賞した子ども達の演奏は、やっぱり感動的。

         Image0411

 道場の角に立って見てたら、もたれてる壁がびりびりと振動してた。最初に全員が叩いた時は、空気がぶつかってくるようで思わず後ずさりした。

 初めてコンサートを見た時から とっても印象的だった黒髪の切れ長の目の女の子、風組だと思ってたんだけど今日はいなかった。ちょっぴり残念。

 そしてまたも泣かされましたねぇ…。

            Image0451

              ↑受賞者に贈られた太鼓の初叩き

 演奏終了後、他の来賓の人達からもコメント。

 その間中、子供たちは全員立ったまま体の向きを変えて、しゃべってる人の方をしっかり見ている。きちんとしつけられてるわ~~~。

 大人なのに、途中から目の前の赤ちゃんを見ててごめんなさい!

 上海万博からも招待されたんだって。

「今後も応援をよろしくお願いします!」と言われ「はい!!力の限り」と心の中で答えた。

 そして帰宅後、会場で配られたアンケートに答えるべく『QRコードのとりこみ』にチャレンジ。

 以前 別の機会にやってできなかった事があるのよね…。その時は「できないからまあいいや~」だったけど、今日は今後の情報を得るためにも登録したい。

 で…やっぱりできなかった。

「私の携帯ではできないのかも?」と 夫に託す。

「写真も撮った事ないんだけど…」と夫。私よりもさらに期待薄。

 そして案の定、挫折。

 二人とも挫折。

 本日2回目の涙。

|

2009年9月 4日 (金)

老後

 実家の換気扇が動かないから買い換えたいと母が言う。

 家を建て直した時につけたレンジフードなので家電屋さんで換気扇を買うわけにはいかなさそう。

 今日、駄目元でレンジフードの枠を外して掃除してみた。(自分ちでも年末大掃除の時しかしないのに)

 買い換えるつもりの「やっつけ仕事」なので、油を溶かす洗剤を吹き付けて放置してからぼろ布でふき取るだけの簡単掃除。

 ところがちゃんと復活したのですよ~。

 母は大喜びで換気扇が買えるくらいのお小遣いをくれました(笑

 「あ~~よかった~」と満足感に浸りながらの帰り道…ふと思った。

 二十歳で病気になってから(いや その前にもいろんな)心配をかけてばかりの娘だけれど、母にとっては自慢の種で、友達とのおしゃべりの中でも いつも私の名前が出るらしい。

「いいわねぇ~ そんな娘さんがいて。私もほしいわ」と言われるって。

 母からそれを聞くと、穴があったら入りたいくらいなんだけど、今日みたいにたまには役に立つ事もあるわけで…ちょっと挽回。

 でも…私の老後には こういう日常のちょっとした事を頼める子供の存在が無い。

 一人暮らし老人が孤独死したお家は、電球が切れたままになってたり、壊れて使えなくなった電化製品がいっぱいあったりするらしい。

 若い人には何でも無い事が 年をとると億劫になってきて、電球の取り換えや壊れた家電の修理・買い換えをしなくなるんだって。

 わかるなぁ…。

 今の時代、テレビでもゲームでもコンセントを挿せばすぐに使えるって事がないもんね。どんどん難しくなっていくでしょう。

 私の老後は どうなるのかな…?

 

|

2009年9月 3日 (木)

やっぱりね…

 8月の平均体重を計算しました。…先月に続き 気乗りしなかったわ。

 先月は奇跡のプラスマイナスゼロでおさまった。

 今月はいくらなんでもそれは無理でしょう…。

 はい、そのとおりでございました。

 でも…プラス0.06キロ。60グラムね。

 ほやぁ~~~~~~~~ と ちょっと安心してしまうところが ほんとに私って…汗。

 11月には12年ぶりに高校の学年同窓会がある。

 ダイエットの師匠M(高校の同級生)は、ここんとこリバウンドらしい。

「痩せないと同窓会には行けない」と言い合ってる。

 Mは高校時代 まさに「小枝ちゃん」だったから、普通体型になっただけで「太った」って感じるんだよね。

 クラス会をしても 高校時代から綺麗だった子は相変わらず綺麗だし、昔は目立たなかった子が垢ぬけて素敵になってるし、みんなおしゃれが上手。50歳になって、子供もいて、なお綺麗でいられるってすごいなぁ。

 さて、私は去年 レコーディングダイエットを開始した時の気持ちを思い出して、また頑張らないといけないなぁ。

 楽な方に流されるのは簡単なんだよね…。

|

2009年9月 2日 (水)

枝豆に手をかける

 枝豆の旬はまだしばらく続くらしい。北の地方でおいしいのが収穫されるようになるもんね。

 私はスーパーで買った枝豆を ひとつひとつ両端を調理はさみで切る。

 塩で軽くもむ。

 大きな鍋でゆでながら 浮いてきたアクをとる。

 ゆであがったらざるで湯切り。

 ミネラル塩を振って ザルをざざっざざってして また塩を振り そのまま放置。

 と けっこうまめに手間をかけてるんだけど…

 冷凍枝豆の方が色が綺麗って どうなの?

 どうして あんなに綺麗な緑色なんだろう? 値段も安いし。

 私のゆで時間が長すぎるんだろうか? そんなはずないんだけどなぁ。

 ゆでた野菜は氷水にとると色が綺麗なんだけど、枝豆は氷水につけると水っぽくなるとも聞いたから、あえて自然に冷めるまで放置してるのよね。

|

2009年9月 1日 (火)

快挙☆

 転輪太鼓の子供チーム「風雲児風組」が和太鼓コンテスト青少年の部で最優秀賞をとったと新聞に大きな写真と共に掲載された。

 先週、壮行会をすると聞いたけれど、にわかファンのおばさんが行ってもなぁ…だし、広島から帰って数日は頭がぼんやりしてたので行けなかった。

 新聞には『審査員全員がトップ評価』『問答無用の一位ですと審査員に言わしめた』と。

 だよねぇ~~~~!!

 初めて彼らの演奏を聴いて感動したコンサートで「去年の全国大会では優勝できなかった」と聞き「これ以上のパフォーマンスを見せるチームがあるんだ~~。一体どんな演奏するんだろう?」と思った。

 私が聴いたのは すでに全国一位の演奏だったのね。

 聴くたびに感動して涙が出てしまう。

 審査員の人たちも きっと泣いたでしょうね。

 青少年の部は中学生以下。

 風組には中学3年生の子が数人いたはず。

 新しい事務所のお披露目では「自分たちが出られる最後のコンテスト」と意気込んでいたなぁ。

 彼らが卒業したら 次の世代の子達が「最優秀」を守るべく猛練習するんだろうね。

 こんな身近に こんな素敵な子供たちがいるのって とっても嬉しい。

 そして数年後には「豆ぞう組」の子達が 風組の中心になってるんだねぇ~~~涙笑。

|

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »