« 松茸や~い | トップページ | 市民祭りの楽しみ♪ »

2009年9月30日 (水)

やっぱり捨てられない…

 先週、立て続けに食器を割った。

「え?また~?なんで?」って思うくらいに続いた。自覚症状が無い程度に指の力が弱ってるのかなぁ?

 見事に粉々になったお皿、ひび割れたガラスのコップは、新聞紙に包んで捨てた。

 お気に入りの急須も蓋がぱりんと真っ二つに割れたので「これも長く使ったし…寿命だよね」と一度はあきらめた。

 33歳の時、SLEの再燃で3度目の入院をした。半月後、二十歳の発病以来の主治医のすすめで転院した。

 転院先では同じ病気でも、入院生活にいろんな違いがあって驚く事がいっぱいだった。

 その中の一つが「ずっと病室にいるねぇ。たまには外出してもいいんだよ」だった。

 おっかなびっくり、母を伴って外出して、そこで買ったのが この急須。

                Img_5833

 一目惚れして買った。

 退院後は、日常使いにして楽しんだ。口が広くて中が洗いやすく、どっしりしてて安定感もある。お茶好きの私にはちょうど良い容量。毎日使ってもう17年になる。

 さて、この写真を見て、蓋が割れてるのわかります?

 一度は捨てるつもりで新聞紙を広げたけれど「…待てよ? こんなにきれいに割れてるんだから くっつくんじゃないかしらん?」 

 以前にも口の縁が欠けたのを接着剤でつけて、どこが欠けたのかも忘れて使ってたのよね。

 とっておきの接着剤を出して来てくっつけてみる。

 あら、いいんじゃない? 蓋だから多少漏れたとしても問題無いし。

 …という事で 見事ふっかぁ~~~~~つ☆

|

« 松茸や~い | トップページ | 市民祭りの楽しみ♪ »

おばさんの独り言」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事