« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月31日 (土)

『福祉のつどい』も 転輪太鼓

 毎年開催される『福祉のつどい』 以前はホールでのセレモニーの要約筆記担当で、一部だけ見てた。

 要約筆記を辞めてからは、駐車スペースが無いから行こうとも思わずに過ぎてしまってた。

 今年はまたまた「転輪太鼓の演奏」があると聞いたので行って来た!

 

 10時45分からの『ふれあいコンサート』

 私がホールに到着した時は、ヒーローショーが終わったところ。大勢の家族連れが退場するところだった。

 一気にがらんとした客席…。

 春日井養護高等学校音楽部のハンドベル演奏が始まると、客席にはまた違った層の観客が増えてくる。

 続いてマリンバの演奏。

 どちらも楽しめた。以前は要約筆記の後片付けしながらとか、その年のプログラムによっては要約筆記しながらの観賞だったから、ゆったりと「観賞モード」ってわけにいかなかったからね^^

 さて、2つの演目が終わると、私の後ろのおば様達が「今日はこれを見に来たんだわ」「転輪太鼓すごいよね~」「この前、ウドちゃんのテレビにも出てたでしょ」と。

 うあぁ~~転輪太鼓の知名度・注目度はぐんぐん上昇してるわ。

 まずは『豆ぞう組+新加入の子供』

 出てきただけで周りから「うわぁ~~可愛い~~」とつぶやき声が聴こえてくる。

 そうなのよね~~~めちゃんこ可愛いのよ~~~~泣。

 太鼓の影に隠れてしまって頭しか見えてない子もいるのよ~~~泣。

1031a

 今日のMCは入道光雲さんじゃなく、大志郎君。来年の凱旋コンサートに向けてMCも体験かな。

 豆ぞう組のまだ新しい子。この前の道場お披露目で叩いてた時よりも かなりしっかりリズムも刻んでる。短時間であそこまで身に着くものなのねぇ。

                       1031b

 そして風組の演奏が始まると…。

 やっぱり音が違う。同じ太鼓なのにね。観客も一緒に手拍子。終わると割れんばかりの拍手。私に指笛が吹けたら吹きたかったわ。

                   1031c

 屋内は音が響くから、心地よい振動の中に身を置いて、健康になれるような気さえする。

 子供たちの純粋で一生懸命な姿にも感動するんだけど、パフォーマンスの完成度が高いから。

     1031d

 最初に「45分やります」と聞いた時は「あら、そんなに長くやるんだ」とびっくりしたけど、45分なんて思えないほど あっという間に終わってしまった。

「アンコール!!」っておじさんの声も聴こえた。

 周りからも「ほんとにすごいねぇ~~~」「うわぁ~~~よかったねぇ!」と称賛の声。振り向いたら、いつの間にかホール内は満員。

 来年1月24日には 春日井市民会館で「風雲児」コンサートがあります。

 我が家はもちろん行くし、義母と母も連れていく予定です。

 詳細はまた後日 こちらにでも載せるつもりです。お近くの皆さま、一度ご覧になってみてください。損はさせません。

 入道光雲さんが「加工無しでけっこうです」と言ってくださったので、今日はそのままアップしました。

|

2009年10月29日 (木)

初々しい

 『僕の初恋をキミに捧ぐ』って映画が公開されますね。

 テレビで宣伝用の映画のワンシーンが映ると、乗り出して見入ってしまう。

 病気で命に限りある男子の恋のお話みたい。

 基本的ストーリーは、もしかしたらおばさんには『照れ臭すぎて直視できない』かもしれない。

 ただ、数パターンのキスシーンが とってもいいのです。

 井上真央ちゃんは 前から大好き。

 男の子は 最近 似たような綺麗な可愛い俳優さんが多くて、誰なのかよくわかってません…汗。

 ドラマでも映画でも 大人の恋のラブシーンは さほどなんとも思わない。

 でも10代の初々しい恋のシーンって 心がふるえちゃうのです。

 キスだけじゃなくて、何気なく見つめ合って、それだけで二人ともがなんとなく笑っちゃうとか(とっても嬉しそうにね) 男の子が女の子の頭をぽんぽんっとするとか、男の子の背中に女の子が黙っておでこをくっつけてるとか、ちょっと意地悪しちゃうとか…あ~~ん、どんどん妄想しちゃうじゃ~~~ん。

 おでこに汗かいて「あ~にきびできちゃう~」と前髪を引っ張って気にしてると

「おっ!おでこ出すとカワイイな」って おでこをぴしゃっとたたくとか。

 ちょっとふくれたら

「怒っても可愛いな」って真面目な顔して言うとか…本当は怒ってたのに、思わずにやけちゃうじゃ~ん。

 音楽室のピアノカバーの中に二人で隠れてキスするとか。

 雨の降る放課後、二人で誰もいなくなった教室の電気を消したら急に切なくなって、彼の胸に黙って顔を寄せたら、そっと抱き締めてくれるとか。

 落ち葉が浮かぶプールを見ながら、体育館の壁にもたれて膝をかかえて体操座りで別れ話するとか。

 ちょっと~~~止めてよ!

 要するに『僕の初恋を…』には、そんなシーンがいっぱいなんだろうなって話! ストーリー抜きにして、そういうシーンを見る為だけに あの映画、みたいかも~。

|

2009年10月28日 (水)

いくつになっても…

 昨日、実家の前で車から降りると、ちょうど散歩していた『フキちゃんのおばさん』に会った。

 『フキちゃん』は、私より2つ年下の女性…という表現ではぴんと来ない。要するに小学校の頃 一緒に登校してた年下の女の子なのです。そろばんも一緒だったし、中学生になってからは、お茶とお花も一緒に習ってた。

 で『フキちゃんのおばさん』と言うのは、フキちゃんのお母さんの事です。れっきとした名字はあるのに『○○ちゃんのおばさん』と呼ぶのは、最近の若いママさん達には不評らしいわね。

 私もそれにはちょっぴり賛成する。『○○ちゃんママ』じゃなく『△子さん』の自分も大切にしていきたいもんね。

 と話が逸れましたが、実際のところ『フキちゃんのおばさん』は、どうしても『フキちゃんのおばさん』なのです^^

 その『フキちゃんのおばさん』が 私を見るなり にこにこ顔で近づいてきて

「ゆうこちゃ~~~ん、久しぶり~~!! 元気そうだねぇ!」

 50歳の私を未だに「ゆうこちゃん」と呼ぶ^^ (実家のご近所にはそんな方が大勢いらっしゃる) たぶん60歳になってもそうだよね。

「こんにちは~~~。お陰さまでなんとか元気です~~~」

「もう病気は治ったんだねぇ!」

「治ってはいないんだけど~」

「もう普通に歩けるようになったんだねぇ!よかったねぇ!」

「少しの距離だけは杖もなしなんだけど、普段は杖使ってます~」

「でも こんなにいい笑顔してるんだから大丈夫だわ。よかったよかった~」

と、私の肩や背中をなでくりまわす。

 フキちゃんのおばさんには、50歳の私でも、子供も頃の私に見えるんでしょうね。

 それと手術直後の両松葉杖姿を一度でも見てると、ステッキで歩いてるだけでも「すごく良くなった」って見えるのかも。

 私が公文のガンバってる子供をなでくり回すのと同じような気持ちで フキちゃんのおばさんは 私をなでくり回してくれたんだと思うと 嬉しくてくすぐったい。

 50歳になっても、愛情こめてなでくり回されるのは心地よいものです。

|

2009年10月27日 (火)

松茸はいりすぎ!!

 新聞広告の中の旅行社のチラシ、けっこう好きで見入ってしまう。

 季節先取りの風景の写真と、面白そうなプランを見るだけで なんか楽しい。

 さて、そんなチラシの中で ある文言に今日は目を奪われた。

『松茸はいりすぎ 焼きつけ』

 な・な・なんですとーーー!?

 松茸が入りすぎた「焼きつけ」って何なんだろう?! 食べ物には違いない。

 それにしても「はいりすぎ」って 自分で言っちゃうなんて…うくくぅ(涙笑

 バスで日帰りのプランなのよね。

 松茸がはいりすぎた「焼きつけ」なるものを食べに行くのもいいかも~~~。

 一応、中身を全部読んで、最後にもう一度 見出しを確認する。

『松茸入りすき焼き付』 (松茸いり すき焼き 付)

 ・・・「入り(はいり)」も「入り(いり)」も 同じ表記になるのね。

そして一番の間違いは「すき」であって「すぎ」では無かった事ね。

 『人は自分が読みたいように読めてしまう』と 以前 友達が言ってたけど…まさにそれ。

 今年は恒例の松茸を嫌というほど食べられなかった私は未練がましく「松茸が入り過ぎてる」絵が鮮明に見えてしまった。

 そうなると もう「すき焼き」なんて言葉はすっかり消えてしまって「焼きつけ」としか読めない。

 老眼と思い込み大魔王のなせる技…と 自虐的につぶやいてはみたものの、今 打ち込んだ「松茸入りすき焼き付」を見ても やっぱり「松茸がはいりすぎの焼きつけ」と読めてしまう。

 どなたか これを読んで「私もそう読めるよ」と言ってくださいませんか?

|

2009年10月26日 (月)

第30節 サンフレッチェ広島 対 川崎フロンターレ

10月25日 日曜日

【広島 対 川崎】 等々力陸上競技場(スカパー観戦)

 サッカー0対7 

 サッカー………大敗

 6時キックオフは、夕食のタイミングが難しい。終わってからだとすごく遅くなるから、結局早めの夕食になる。(お陰で寝る前にお腹すいて残り物のコロッケを食べちゃった…)

 夕食をあわただしく終えてテレビの前に。今日はなんだか寿人のアップが少ない。
私「まだ私 寿人じっくり見てないわ」
夫「手袋してますよ」
 半袖に手袋…カワイイ^^

 洋次郎の髪形がよくなってる。以前 評判悪かったふわふわパーマ、私は好きだったの。その後のストレートも散切りも「なんだかなぁ…」だったんだけど、今日はなんかよかった^^
 …と この辺りのメモ(スカパー観戦時はブログを書くためのメモをとってます)は「無責任ファン丸出しのミーハー的記述」ばかり。

 両チームとも決定的なチャンスが来るのに決めきれず。川崎がチャンスをつぶすと「あ~~~よかった~~~決められたと思った~」だし、広島がつぶすと「うぅ~~~惜しかった~~~」

 そんな中、とうとう川崎が先制ゴール。あ~ぁ。
 でもまだ1点だわ。先制して気が緩むよりも追う方が力が出るかもしれない…と ポジティブに考える。

 良太がこの日2枚目のイエローを貰って退場。
 ええ~~~~~~!!?? なんだか訳が分からなかった。良太本人も悔しいとか悲しいとか申し訳ないとかじゃなく茫然自失の顔してピッチを出た。
 うわぁ~~~この状況で10人かぁ…きついなぁ。あ、でも広島はこういうゲームで馬鹿力を発揮したりするんだよね。
 …と まだポジティブに考える。(この辺りからちょっと無理やりになってきてる)

 寿人が抜けだしてGKと1対1に。DFも迫ってきててシュートコースが無く打ち切れず。
 直後にミドルを打つも、川島の正面。
 んん~~~寿人もいろいろ考えてしまって固くなってるんだろうか? 私なら絶対にそうなってる。

 そして広島大ピンチ!! 3連発のシュートを浴びる。ウッズが弾く、また打たれる、ウッズが顔でブロックする、また打たれる、ウッズが止める(詳細はよく覚えてない)
 うあぁ~~~ウッズ~~~~!! 2発目は顔に当たってると思うんだけど、直後に大写しになった顔は綺麗だった。キリリとしまってすごくいい顔してた。

 アオがスライディングでボールを奪い寿人に。高めのボールはジャンプした寿人の頭上を越える。ああ、これが決まれば二人の感動シーンが見られたのに。

 寿人の傍にはいつも大きな水色の人が2人ついてる。
 
 ピッチ解説の名波さんと解説の川勝さん(?)が「広島はよくスルーをする。後ろの選手が『スルー!』と言わずにつなげるのは、普段の練習の成果もあるだろうが、感性でやれてるようだ。そういう感性を持った選手がたくさんいる。Jリーグにはそういうチームがいくつかあるけれど、広島はその筆頭」と 楽しげに語り合ってた。
 なんか嬉しい。(この時点まだ楽しかった)

 後半。
 寿人の髪がつやつやのピカピカ。

 川崎が決定機を決めきれずに終わったリプレイ画面から切り替わった瞬間に「ひぇっ!!」今度は決まっちゃったよ…。
 うぅ~~2点差かぁ。追いつくまで大変だ…。

 今日のカズは昔のカズ。頼れるカズだ。

 ピッチ解説の名波さんが「佐藤寿人は動き出し、動き直しを何度もしてます」って。画面には映ってないのに、名波さん ちゃんと見ててくれてるのね。
 
 サンフレッチェサポーターが1400人来てるって。大事な大事な試合だからね。

 今まで「もう負ける~~」って試合で良太が終了間際にゴールを決めて引き分けに持ち込んだ事が私の記憶では2回あった。今日はその良太が退場になっちゃったし…なんとかなんとか追いついて~~~!

 なのに3点目…。もうこの時は「どうやって入った」とかってメモもしてない。
 『3失』『4失』と文字が並ぶ。

 一誠のシュートはゴールキックの判定。名波さんが「明らかにワンタッチありました」って。審判に抗議にいった寿人にもイエローカード。
 うぅ~~きっとゴール裏のサポーターさん達は怒り狂ってたでしょうね。
 私はもう思考が停止してた。
 そして『5失』の文字。

 「もういいよ。今日はもう適当にやって早く終わらせよ」私がピッチにいたら絶対にそう思ってる。でも選手もサポーターも そんな気持ちでいる人は皆無だろうね。そんな人が一人でもいたら試合は崩壊する。

 そして『6失』…まさかの『7失』

 どうして7失点もしちゃったんだろう? 何が悪かったんだろう? 誰もあきらめてはいなかったのに。
 広島が4点くらいとると「ああ、もう相手は戦意喪失するよね。このチャンスに寿人ハットトリック決めちゃって」とワクワクするのに、以外に1点返されたりする。それが今日の広島は1点も返せないまま…。
 
 一生懸命サッカーを見るようになって3年近く過ぎても見る目はたいして養われてない。そんな私に7失点した原因なんてわかるはずない。

「広島のサッカーは面白い」と あちこちで言われ出したこの数か月。
 去年、J1降格を決めた時の寿人の「J1で旋風をまち…まち…巻き起こしましょう!」が 現実になってた。
 最後の最後につむじ風を起こしてほしいよ。

|

2009年10月23日 (金)

転輪太鼓 ウドちゃんとからみます☆

 携帯サイトに登録したつもりだけど、できてるんだろうか? と ちょっぴり不安だった。

 ちゃんとできてたようです。

 今日、メールが届きました。

 それによりますと…

 24日土曜日 朝9時30分 メーテレ「ウドちゃんの旅してゴメン」に 転輪太鼓の子供たちが出演するようです!

 勝鬨会館(事務所・道場)にウドちゃんが来たみたいです。

 え~~いつ来たんだろ? ミーハーな私としては 現場をこっそり見たかった。

 花桃ブログを見てくださってる皆様の中に 転輪太鼓にも興味を持ったとおっしゃる方がいらしたら、ぜひ テレビもご覧くださいませ。

|

2009年10月22日 (木)

午前0時の怪音

 それは今年の夏のある夜、突然始まりました…

 夜中の12時、我が家ではまだまだ宵の口、入浴してリビングでテレビを見ながら化粧水をたたいていると

♪ぴぴぴぴぴ…♪  時計のアラーム音が どこか遠くから聞こえる。

「どこかのお家の人が 夜中のバイトに出かける為に目覚ましかけたのかな? それとも受験生がちょっとだけ寝て起きるためにかけたのかな?」と思った。

 夜中の12時のアラームはその夜からずっと続いた。5回くらい鳴ると必ず止まるから、ちゃんと起きてるのね。

「きっと夜中の仕事だね」

「これだけ近くに聴こえるから、お隣か真上か真下かしら…?」

 季節は動き、涼しくなって窓を閉めるようになっても、午前0時のアラームは変わりなく聴こえる。

「へぇ~~~窓閉めてても こんなによく聴こえるもんなんだ~」←呑気すぎる

 ある夜、私がお風呂から出てくると、夫が「この部屋から何か聴こえた」と和室を指さす。

「ぴぴぴってアラーム音でしょ~~~!? 前から私が『毎晩12時にどこかの家から目覚ましの音が聞こえる』って言ってたじゃ~ん」

 夫は私のその主張を毎度毎度 いい加減に聞き流していたよう…。

 それにしても和室って…私がいつも寝てる部屋よ。

 そう言われてみると「あ、そういえば何かの景品でもらった目覚まし時計とか、安物のタイマーとか、引き出しに入れてあるかも」

 そして次の晩、12時にまた♪ぴぴぴぴぴ…♪ 二人で顔を見合わせる。

「ほんとだ、外じゃないね。窓閉めてるし。私がどこかに安い目覚ましとかしまったかもしれない」と和室を探そうとした時、夫が「あ…」と。

 リビングにあるケースの夫の小物を入れてある引き出しを開けて「・・・これでした」

 そこには、夫がこの夏 買い換えたスポーツ用の腕時計。

「なんで鳴るのかな? 何もしてないけどな…」と言いつつ、しばらく腕時計を触っていた。

 そして次の日の夜…聞きなれたあの音が♪ぴぴぴぴぴ…♪

 夫~~~~止めてなかったのねぇ~~~~。(止め方がわからなかったのね)

 こうして今宵もまた午前0時に聴こえてくるわけです。

|

2009年10月21日 (水)

食べませんってば!

Pafe

 出来立てのパフェが整列!!

 でも食べられませんよ。

 これは郡上のサンプル工房で撮った写真。

 そう・・・全部ろうです。

 ほんとはこういうの私も作ってみたいんだ~~。

|

2009年10月20日 (火)

転輪太鼓☆まつり☆

 更新が遅れました。

 10月17日の宵祭り。

 午後から降り出した雨は夕方には土砂降りに。

「これはもう屋外ステージは無理だね。文化フォーラム内の方が私は楽かも」と車で出かけた。

 ところが! 家から数分の文化フォーラムに着いた時には雨が上がり、屋外ステージの周りの提灯などを見てるうちに、空には星までまたたき始めた。

 1017a

おそるべし!これが転輪太鼓の念力か?

 夜の屋外ステージでの太鼓演奏、ライトに浮かび上がる独特の雰囲気。

                   1017b

 入道光雲さんの力強く楽しいMC。

「風雲児風組」の全国大会優勝の報告に会場からは拍手喝さい。

「にっぽんいち!!」と叫びたかったけど、そんな勇気は無かった…汗。

 後ろの方の椅子席に座ってたけど、舞台のへりには子供たちがとりついてて、大人たちもどんどん前へ行くので、私も人ごみにまぎれて前へ。

             1017c

 去年もこういうステージをやってたみたい。知らなかったのが悔やまれる。

 3歳から和太鼓を始め、小学1年生でプロとして舞台に立ち、K-1武蔵選手に和太鼓を指導した実績を持つ中学生 大志郎君。

 太鼓の実力やルックスの良さは十分知ってるつもりだったけど、舞台上の彼をあらためて見ると(今までマメにばかり気を取られてて、演奏中の彼に注目してなかった…)すごい存在感。スターのオーラ。色気さえ感じる。「見せ方」を知ってる。

 転輪太鼓演奏の後にも次々と面白そうな出し物が続いたようだけれど、途中から寒さと空腹に負けて撤退。まだ明日があるし^^

 それにしても…会場の近所に引っ越して来てからすでに17年。この時刻にこういう催し物があったのに、一度も来なかった。

 転輪太鼓見たさに踏み出してみてよかった~~~!

 さて一夜明けて…。

 毎年、ベランダから見ていたパレード。プログラムをにらんで、少し早めに出て良い場所をキープ。

 小学校のブラスバンドチームは、いつもベランダから一生懸命な姿に涙ぐんで見てたけど 近くで見ると「やらされてる感」が強くて…あれ?って感じ。

 そして待望の転輪太鼓と幼稚園のドラムライン。遠くに姿が見えた時点で待ち切れず迎えに歩いた。(走れないので…)

        1018a

 幼稚園児の可愛い演奏にも期待してたのに、転輪太鼓を目の前にしたら、マメ達の事をすっかり忘れてた!

 沿道の群衆はこのドラムラインに並行して進む。私も群衆の一部となって移動する。

               1018b

 せっかくだからいい写真をとりたい。それには先回りしてベストポジションを確保してシャッターチャンスを待たなければ。

 群衆の中をかき分けて高速移動。でも狭い舗道なので思うように勧めない。小走りもできない私は仕方なく転輪太鼓から離れ、裏道でショートカット。

 市役所前の最後のスペースで待つ。こんな所まで来るつもりなかったので、カメラ以外何も持ってないのよ…。

 宵祭りですっかり魅せられた大志郎君を狙う。

 そして流れにまかされて市役所入口まで来てしまった。

           1018c

 床屋さんのグランマ(年齢的には限りなく近い)とも会えて「この後メインステージでまたやります」と教えてくれたので そのまま中に。

 あ~~~こんな事なら、昨日もらった「祭り会場屋台50円割引券」を持ってくるんだった~~~。

 メインステージの周りには宵祭りの何倍もの人達が待ち構えてる。

 最初に地元の和太鼓チームのパフォーマンス。子供と若いママ、中年のおば様方の楽しい演奏。

 近くに居た子供が「わ~すごい」と。すると傍に居たお母さんが「この後、もっとすごいのがあるよ」って。

 そう…私も転輪太鼓を知る前だったら、最初の和太鼓パフォーマンスで十分満足しただろうな。

 いよいよ風雲児風組の登場。

   1018e

 演奏が始まると周りの空気が変わった。さすがにお祭り会場なので『水を打ったように静まる』ではなかったけど、みんなが固唾をのんで見入ってるのがわかる。その証拠に終わった瞬間、周りから「ふぅ~」とも「はぁ~~」ともつかない息がもれたもん。息をするのも忘れるくらい集中してたんだと思う。

            1018d

 司会は地元テレビでよく見る男性タレントさん(名前忘れた…)

「鳥肌がまだ立ってますよ~」って第一声。彼も予想以上だったんでしょうね。『子供の和太鼓チームが地元の祭りで演奏』のレベルじゃないもん。

  1018f

 一糸乱れぬ動きと迫力。お金とってもいいわ。

 干しっぱなしの蒲団が気になり、転輪太鼓が終わると退散。

 それにしても…想定外に歩いたわ。お陰で帰宅後、腰も股関節も痛だるい。

 この地に来て、市民祭りにこんなに時間を費やしたのは初めて。私にとっては「転輪太鼓まつり」でしたね。

 ***國分入道光雲さんに「じゃんじゃん載せてください」とお許しはいただいてますが、お子さん達の写真は一部ぼかしてあります***

|

2009年10月19日 (月)

第29節 サンフレッチェ広島 対 ガンバ大阪

10月17日 土曜日

【広島 対 G大阪】 ビッグアーチ (スカパー観戦)

 サッカー2対2 

 サッカー得点 アオ・マッキー

 代表戦では、後半わずかながらも寿人らしい位置で使ってもらえたので、私的にはちょっぴり岡田監督を見直したところ。(なんてげんきんな…)
 その寿人は代表戦の疲れも見せずに(疲れるほど出てないか…いや合宿だって大変だったはず)スタメン出場。

 洋次郎→公太さん→寿人ヘディングシュート。綺麗につながったんだけどな…。
 スタジアムは風が強そう…と思って見てたら雨まで降り出した。かなりひどく降ってたのに、日も差す。こんな時は虹が出るんじゃない?と「虹大好き」な私が思ってたら カメラがアウェイスタンドの後ろを映す。
 なんで? よく見たらぼんやりとだけど大きな虹!
 
 うあぁ~~~これが広島に勝利をもたらす幸福の虹だといいなぁ♪

 今日の解説も寿人の事を「シュート力もだが、打つための準備やポジショニングがいい」って。

 広島ゴール前でピンチ。ウッズがクリアしてこぼれ球をまた蹴りこまれた。バタバタと必死で対応。他のメンバーも一緒に守りとおした。

 カズは5ヵ月休んでたとは思えない。ずっとここに居たような気がする。(と前半は思ってた)

 アオのヘディングシュートが、ぴよーーーんと入った! 吠えるアオ。駆け寄る寿人。
 2点目はゴール前でまたもパスが綺麗に繋がり、いつの間にか走ってきてたマッキーが左から豪快なシュート。スッコーンとゴールに吸い込まれた。
 マッキーの弓矢ポーズは本当にかっちょいい!

 うきゃぁ~~~♪ やっぱり幸運の虹だったんだ~~~。
 G大阪にこんなに簡単に勝てちゃうなんて~~~^^
 (と この時点で思ってしまった私は やっぱりダメダメですね)

 バックスタンドもいっぱい埋まってる。このまま無失点で勝って! 見に行った人達 いいなぁ~~~~^^

 そして後半。

 バンちゃん投入でチーム全体の動きがよくなったと解説が言ってる矢先、バンちゃんのシュートを ウッズが弾いたのは近くに落ちて「これでもか これでもか!」って打ちこまれ、ウッズもDFも振り回されてる中で失点。
 ああぁ~~~。

 これ以上の失点はダメだよ。
 
 そして2失点目。うやぁーーーーー!! 滑り込んだ剛平さんも間に合わず。


 バンちゃんが飛び出した。オフサイド無し。ウッズと1対1!! だめかーーーーー! 絶対に決められると思った。
 なのにバンちゃんが打つより先に ウッズがバンちゃんの足元に回り込むようにしてボールを掴んだ!
 「神!」と言うよりも「獣神」だった。

 ルーカスのミドルシュートも入ったと思ったんだけど、枠外だった。後半は一方的に攻められてたような気がする。
 カズが疲れてるんじゃないかと 私の目にも見える。ここで無理しちゃだめだよ。
「カズ~~~ 交代してって自己申請しなさい…」祈るような気持ち。

 そしてカズからトモへ交代。
 大丈夫かしらん…カズ…、せっかくここまでいい感じで復活したんだから、焦って無理してほしくないよ。

 寿人はシュート3本は打ったと思う。決めさせたかったよ…。
 後半、アオが打ってもよかったんじゃない?と思えるボールを 寿人にパスしたのは「僕はさっき決めたから次は寿人さん決めてください」だったんだろうな。

 最後の最後までG大阪に攻め込まれる。
 剛平さんがゴールライン上でヘディングでクリア。
 全員が心を一つにして頑張ってるんだけどな。

 2対2で引き分け。

 前半で勝ったと思ったよ…。
 ゴールを決めたアオもマッキーも喜び半分だよね。

 6位だって悪い順位じゃないのに、一度3位を経験してしまうと「優勝争い」から脱落してしまったような残念な気分になる。
 まだまだこれから!!
 チームは私みたいな弱気じゃないはずだよね!!
 私も気合を入れなおして応援します!

 

|

2009年10月17日 (土)

太鼓にひかれて市民祭り

 市民祭りの会場は、我が家から徒歩数分の市役所周辺。引っ越してきた年に1~2度行ったきり、その後行った記憶がない。

 足が悪くなってからは特に、人ごみを歩くのが億劫で ここ数年はパレードをベランダから見るのが私の市民祭りの全てになってた。

 今年は、夫が床屋さんのグランマから「転輪太鼓豆ぞう組の演奏を17日の午前11時と午後2時にNTT駐車場でやります」と聞いていて「これは行かずにおられるか」と。

 さて市役所に向かう道は露店が並んでいて、そぞろ歩く人達があふれている。

 わぁ~~やっぱりこういうのっていいなぁ~~~♪

 と、最初は思ったけど、やっぱり人ごみをかき分けながら転ばないように歩くのは怖かった…。

 転輪太鼓の会場は遠い…涙。

 でも演奏が始まったら道中の大変さは吹っ飛んだ。

 最初は遠慮して後ろの方で見てたけど、最前列の椅子が空いてたので座った。

 豆ぞう組には 新しい子供も参加してた。1歳半だって~~涙笑。 いっちょまえに撥を持って叩く格好をまねしてた。

 「グランマ→夫」情報によると、転輪太鼓の教室は新加入者がいっぱいだって!

 風雲児の演奏が始まった。私の真前にセンターをつとめる男子中学生。

『こんな間近だと相当響くよね』と覚悟してたつもりだったのに、最初のひと叩きでのけぞってしまった。

 以前、新事務所での演奏も風が起きてぶつかってきたけれど、今日は真正面から空気の塊がぶつかってきた。演奏してる間中、空気が振動していて、太鼓にもっとも近い私のジーパンの裾は ずっとびりびりと震えてた。

 豆ぞう組の子達は、あの雰囲気でいつもより集中してない感じがしたけど、風雲児になるとさすが。

 主宰のMCで「去年の全国大会で優勝を逃した翌日から、自らの意思で高い目標を掲げて一生懸命練習してきた」と。

 そういう向上心、努力・・・私に欠けてるものを この子たちは持って頑張ってるんだなぁと思うと、眩しくて直視できない感じ。

 さて2時からは広島サッカーをスカパー観戦し、夕方からは また宵祭りでの転輪太鼓の演奏があるので、再び行ってまいります!

|

2009年10月16日 (金)

キリンカップ「トーゴ戦」

10月14日 水曜日(宮城スタジアム)

 トーゴの選手たちはW杯予選に敗れたばかりで傷心な上、長時間の移動で疲れ果て、万全ではなさそう。おまけに主力選手を欠いてるって。

 開始早々に日本のゴールが続き「あら~~こんな事だったら ヴェガルタ仙台とやった方が 課題ができてよかったかも…」とさえ思っちゃった。
 
 後半のいつもの「寿人タイム」にやっと呼ばれた。
 実況の佐藤アナが「岡田監督は、切り札的存在として起用する意向を明かしている」って。
 寿人も「15分でお前はとれる選手だと言われて、期待されているんだなとわかった。スーパーサブで行くぞ」とウォーミングアップの時から意識を持ってやってるそうな。
 自分の夢でなく、チーム勝利の為に自分が求められている役割を果たす覚悟をしたのね。
 
 テレビ画面から「ひ・さ・と! ひ・さ・と!」の大音声が聴こえてくる。ヴェガルタ仙台のサポーターの人達が一生懸命後押ししてくれてるんだろうな。
 
 本田選手の「いただきましたゴール」に真っ先に駆け寄って 頭をぽんぽんして祝福してる寿人。いい人過ぎるわ(涙

 終盤で、その本田選手からゴール前に低くて速いボールが来て、寿人はすべりこんだんだけど、わずかに届かず。寿人の得意なパターンだったのになぁ…。
  
 解説の金田さんも「いや~惜しかったねぇ」って本当に惜しそうに言ってくれた。
 実況の佐藤アナも「佐藤寿人選手がこう言ってました」って いくつかのエピソードを披露。
 ん~~他の選手の事も同じくらい言ってたのかもしれないけど、私には「寿人の事ばかりやけに言ってくれてる」と思えた。

 ヴェガルタ仙台のサポーターさんで「寿人好き」って事でお友達になってくれた人が現地で観戦した。
『寿人が出てくると周りの仙台人達は力が入ってた』
『青ユニを着て あの歩き方・動き方をされると、また黄色ユニ姿を見たいと思った』って…。
 
 寿人を育ててくれた仙台の人達が 今もこうして寿人を応援し見つめてくれていると思うと 私まで嬉しくなる。
 ピッチの上に居た寿人には「ひ・さ・と!」の大声援の中心が誰なのかよーくわかってたでしょうね。
 そして私が嬉しがってる以上に嬉しく心強かったと思う。
 
 なんか胸がいっぱい。

|

2009年10月14日 (水)

こんなはずでは…

 最近お気に入りのブティック。店員さんは全員「おしゃれなアラフォー」って感じ。お客さんも30代後半から40代以上(無理やり自分を含めちゃった)

 おばさん服ではなく、かと言って無理な若作りでもなく。

 そこで先日、素敵なニットのミニ(ここ大事)スカートを見つけた。大胆な花柄で暖かそうでおしゃれ。見てたら店員さんが

「それ可愛いでしょう~。ニットタイツやレギンスを合わせてブーツはくといいですよ」

うんうん^^ 私もまったくその通りに考えてた。

・・・ただ

「私、背が低いから、このスカートだとひざ丈になっちゃうのよね」

 店員さんは自分の前にスカートを当てて

「大丈夫ですよ。ブーツを短いのにすれば」

 彼女は推定167センチのすらりとしたスタイル。ちょうどグレーのタイツと黒いブーツをはいてて、そのスカートを当てると 私の大好きな大人可愛い感じになる。

        Huku1           

 で、試着してみた。

 …試着室から出てみた。

 待ってた店員さんが「あ・・・(違った)」という顔をした。

 私は、試着室の中で「あらぁ・・・(予想以上だったわ)」と思ったわよ。

 ひざ丈どころか、ひざ下よ。中途半端なロングスカートよ。そして本当はミニスカートなので、バランスが悪いわよ。

 ついでに言うと、私が持ってるブーツは全部「短め」です。普通の人がはいたら ふくらはぎあたりまでの長さ。でも私がはくと それが普通のロングブーツになって膝までくる。

 だからこのスカートに お気に入りのジョッキーブーツをはくと、短めのロングスカートの下からジョッキーブーツの太いところが出るという しまりの無いスタイルになってしまうだろうと予想できた。

                            Huku2

 それでもすっかり気に入ってしまったので買った。なんとか工夫して着ればいいわ。

 帰宅して 私の理想とするスタイルにする為の工夫をしてみた。

 ウエストもニットなのが救い。ウエストを胸の下まで上げてしまえば、程良いスカート丈になる^^ でもそうすると実際のウエスト周りが厚くなる。

 …これはもう昔の編み上げショートブーツと合わせるしかないわ。(あのブーツ捨てなくてよかった)

 やっぱり私はSサイズショップで買うべきよね。

 でもそれだとウエストがは・・・省略!

|

2009年10月13日 (火)

スコットランド戦

10月10日 土曜日

 7時までに食事を済ませようと 早めに支度してたら、つけっぱなしのテレビから「今夜の代表戦・・・」と聴こえて来て、エプロンで手を拭きながらリビングに。

 試合前の練習映像。

 はっ! 居たっ!!

 そこに居るって事は少なくともベンチには入るって事ね?

 でも、8日にフル出場した選手がはずれるから当然か…。

 ピッチレポーター名波さんは、石川や森本の話ばかり。今夜の放送の目玉だから言わされてるよね。

「個人的には佐藤寿人に期待してます」と言っておくれ~~~。いや名波さんの心の声は聴こえました。

 夕食を終え、片付けもしないでテレビの前に。

 サブのメンバーに居て ひとまず胸をなでおろす。

 あれだけ騒いでおいて、森本スタメンじゃないって…。

夫が「でも森本は絶対に使うから交代枠残り2つ」

「がーん!…あ、キリンカップだから6人じゃない?」 望みは繋がれた。

 カメラがベンチを映す。私にとっては試合より こっちが大事。ピントはヤット選手に。ぼやけた寿人の顔は穏やかでやわらかな表情。

「いい顔してるじゃん!」 ・・・これがファン馬鹿、親ばか心理ね。

 もし緊張で強張ってれば「凛々しい」「気迫あふれるいい顔」って言ってるわ。

 マッキーから「ピッチ外でのポジショニング指導」受けてるかもね。練習の時は本田選手と話しながら走ってたし、この日はベンチで森本とも隣り合わせにいたし。

 試合はリラックスして見て、ベンチが映ると身を乗り出す。寿人のいる代表戦のいつもの観賞スタイル。

 森本選手は、15歳でJリーグデビューの時から注目してた。寿人を知る前で、今ほど一生懸命にサッカーを見てたわけじゃないけど印象にある。

 実は我が家では以前から「オラン・ウーターーン」と独特の節回しをつけて呼んでました。(失礼なあだ名でごめんなさい)

 今時の子と違う「サッカーの為に一生懸命」な姿も好感が持てる。イタリア語も堪能になってて感心した。そのイタリア語でのインタビューで「日本から届いた荷物は?」「食品とか雑誌・・・ポルノ」って さらりと答えてたのもよかった^^

 岩政も好きなんです。なぜか「可愛い~」と思ってしまう。ちょっと荒っぽいプレーをしても憎めない。なんでしょうね、この贔屓は。

 交代枠がどんどん消費されていく。寿人は最後の10分か…。

 カメラが引いて全体を映すと 特徴ある選手以外は誰が誰なのか判別できなくなる。

「これはもう老眼鏡かけてテレビの真前に座った方がいいかな…寿人が出たらそうしよ」

 もう33分。録画もしてるんですけど…。

 名波さんが「松木さん!」と呼びかける。いよいよ「佐藤寿人選手 準備してます」か!?と乗り出したら「フレッシュな選手はいいですよね」だって。

 その直後に「駒野選手 準備してます」 寿人もセットで入れてよ!! 

「あと10分を切りました」 あの~寿人タイムなんですけど~~。

 もう38分だわ…やりきれない気分、泣きたいんだけど涙が出ない。

 駒野からの絶妙なパスを森本が打ち、こぼれたのを本田が入れた。

 私「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」な夜でした。

 さて、一夜明けて

10月11日 日曜日 天皇杯

【サンフレッチェ広島 対 JAPANサッカーカレッジ】

コカ・コーラウエスト広島スタジアム

(携帯サイト速報のみ)

 この日は 月に一度のお寺参りの時刻と試合がちょうど重なった。

 お経が終わった時点で こっそり携帯サイトを見る。この瞬間 いつもドキドキするのよね。

 前半が終了したところで、公太さん・洋次郎(この時は高萩なのか高柳なのか 裸眼だったのでよくわからなかった)・陽介のゴールで無失点。

 きゃぁ~~~いいじゃ~~~~ん!! 公太さんの先制点なんて なんかいいーーーーっ!! そして洋次郎でも一誠でも どっちもいいし、陽介もいい^^ 

 寿人の居ない試合は なんかいつも大量得点だし、たくさんの選手がゴール決めてる感じがする。今日もそれっぽくてなんか嬉しい^^ まあよほどの事がない限り勝つよね…と高をくくって、でも上の空で お説法を聞く。

 お説法も終わり、駐車場の車の中で後半経過を見る。勝ってるだろうとは思いつつも、またもドキドキ。

 一誠・龍一のゴール! あ~~龍一も決めたんだ~~~^^ よかったねよかったね!!

 チュン君はもともと なんか好きな選手だったけど、彼の加入で龍一くんの影が薄くなってしまったようだったのが気がかりだったの。

 でもこうなるとチュン君のゴールがまだ見られれない事も心配になってくるし。

 でもまあ勝ってよかった!! 

 アキの復帰で失点ゼロだったのも嬉しい。

 と手放しで喜んでたら きたんちゃんからは現地で内容を見て厳しい判断のメールが来ました。

 次は寿人もいる事だし、どうか安心させてください。元旦まで熱い夢を見せてくださいませ。

|

2009年10月 9日 (金)

代表戦 いろいろ

 昨日、公文の帰り道、薄明るい角を曲がると、マンション入り口へ入っていくサッカー少年S君の姿が見えた。急ぎ足で行けばエレベーターに一緒に乗れる(乗れるって…笑)タイミング。

 でも急ぎ足ができない。

 そういう運命なのよ…(いや何の運命もないのよ)と思いながら、入口の階段にたどり着くと、そこにはとっくにエレベーターに乗って行ってしまったはずのS君が立ってるじゃないの!

「こんばんは!」「あ、こんばんは。おかえり~」なんてさわやかな声^^ まさか私を待っててくれたって事はないよね?…ないない!

「エレベーター点検中ですよ」「え?こんな時間に~?」 あ、それで外階段へ行く為にエトランスから出たのね。

「うあぁ~~3階まで上れるかしら」とつぶやきつつ、ついでに「寿人、代表復帰です・・・」

「はい、知ってますよ!」笑顔がきら~~~ん、私はくら~~~ん☆このうす暗さの中でもS君の顔だけは輝いて見えちゃうわ。

「今日これから試合見ますよ!」

「あ、BSついてるんだ~。うち ついてないの…見といてね」(招待して…)

「はい!応援しときます!」

「お願いします。じゃ おやすみ~」と別れて、私は諦めきれずにエトランスに入ってエレベーターを見る。

「点検中」の札。明かりも消えてる。…階段しかないのね。

 そこへ帰って来たTさんの夫君。「今朝、出勤する時、ちょっと変だとは思ったんだ」「台風で雨がドアにしみ込んだかなぁ」と語りつつ、私の赤ちゃん上り(右一段、左そろえる。右一段、左そろえる)に付き合ってくれました。手すりがあっても「手すり」として作られてないから、変な所を掴んで必死に上ったわ~~。

 さて、そんな思いをして帰宅。木曜は夕飯を食べたら「ちょっと寝ます」なんだけど、さすがにこの日は寝てる場合じゃありません。

 なんとか情報を得られないかと 某巨大掲示板を見る。サブに入ってるじゃない!私、初日は無いと思ってたんだ。

 サンフレッチェ広島スレッドではBSを見てる人が書き込んでくれてる。

「寿人くるーーーー」「なんだ○○か・・・」

「今度こそ 寿人くるーーーーーーー!」「いつ出すんだよ!」

そしてやっと「寿人キターーーーーーー!」 私が掲示板を見たのはすでに試合終了間近。

 リアルタイムじゃないけど、サンフレッチェサポーターのみんなが寿人に期待し一生懸命応援してるのを感じて涙ぐんじゃった。

 試合終了頃には文字情報にも追いついてリアルタイムテキスト観戦となる。

 岡崎ハットトリックか…。

 その後はテレビのスポーツニュースを必死で見る。岡崎のゴール映像ばかり。

3点目は寿人のシュートをGKが弾いたのを岡崎が押し込んだのね…うぅぅ。

 テレ朝では、その3点目、寿人がゴール前に迫ってくるところからのアップだった。いつも広島で見せてる寿人の姿だった。

 以前のようにピッチの端っこにぽちょーんと居させられてるようには見えなかった。寿人の得意な位置に居たんじゃなかろうか?

 某掲示板では「けなげ」って 誰かが書いてたけど、ほんとに「けなげ」 もう親の気持ちで「ひさとぉ・・・頑張ったじゃん・・・」とつぶやくしかなかった。

 釜本さんが「FWは、今よこせ!と言ってもいい」みたいな事を新聞に書いてた。寿人は広島でも「今よこせ!」とは言わないだろうなぁ。でも「ここに今くれよ!」は言ってるね。代表でもそれが言えるようになるといいのに。

「今くれたらいいなぁ~」「ここに欲しいんだけどなぁ~~」「誰か僕を見ててよ~」って 何度も何度も動きなおしてるんだろうね。

 実況が映ってない寿人の動きをちゃんと説明してくれてたって。ありがと(涙)

 岡田監督~~~2ゴールを科したのなら、もう少し時間を与えてよね。

|

2009年10月 8日 (木)

今夜は…

 日本代表の公式戦、香港が相手。

 寿人は出られるんだろうか?

 あちこちの情報から、現在の練習では、以前のようにサイドをやらされる可能性は低そう。

 たとえスーパーサブでも、寿人らしい位置で、寿人の良さを出せる使い方をしてくれるならいいわ。(←何様?)

 日本サッカー協会公式サイトの映像で、初日練習の寿人を見た。PC画面で動いてる人の中から寿人を見つけるのは大変よ。

 寿人を映してる時しか 私には発見できない。

 シュート練習ではゴールを決めたと思う。(ボールの行方は映らなかったけど歓声が聴こえたから)

 6日の夜からスポーツニュースは あちこち探して見てるんだけど、全員でジョギングしてるところしか見つけられなかった。

 どうしてもカメラは森本・本田・俊輔を追うもん。その背景にちらりとでも映らないかと 眼を皿にして見つめるけど居なかったのよね…。

 まさか濡れたベンチをせっせと拭いてないでしょうね。

 今夜の放送はBSだけなのかな。

 誰かの家に行って見せてもらおうかしら。

 ん~~~私が見てない時にゴールしそうだから…ええい!見なくていいわ!!

 とにかく、怪我をしないで、自分で満足できるプレーをしてくれますように。

|

2009年10月 7日 (水)

成長するって事☆

 昨日は亀田大毅選手の試合をテレビで見てた。

 正直言って野次馬根性。

 試合前のインタビュー映像なんかを事前に見てて「多少は人として成長したかも…」とは思ってた。だから「どれくらい変われたのか?」って期待感も多少はあった。

 内藤選手を投げ飛ばした反則行為を、本当に本当に反省してるのも見て取れた。いい薬になったんだね。そこで挫折せず反省して奮起したって事だけでも評価していいんだろうなぁ。

 それでもやっぱり「そんなに簡単に変われるものなのかな?もしも勝ったりしたら、それこそまた調子にのっちゃうんじゃないかな?」とも想像した。

 「大毅頑張れって人と、無様な負け姿を見たい人と 両方がこのテレビ見そうだね」と思いつつのテレビ観戦。

 それが始まってみたら…。

 まあ…皆さまの想像通り、私はボクシングを見る目も持ってません。

 でももしかするとサッカーよりは分かりやすいのかもしれない。手数の多さとか、打たれ具合とか、それくらいは見てればわかるから。

 細かいテクニックについては、知識もないし見る目もないけれど「なんかいい試合してるんじゃないの?」と 早い段階で感じた。

 そして汗で髪がはりついたせいもあるのかもしれないけど、大毅選手の顔が どんどんスポーツマンの顔になっていくように見えた。

 「大毅 頑張れ」と いつの間にか心で応援してた。決定的なシーンはなくて 素人の私なりに「ん~~難しい判定だなぁ」

 結果は判定負け。

 私は勝ち負けよりも 大毅選手がいい試合をした事に感動しちゃった。

 昨日は、弟と久しぶりにした長電話で「努力した事、積み重ねた事は必ず形になる」って偉そうに言った。そのサンプルを見せてもらったような気がする。

 サンフレッチェ広島の槙野選手も「楽しい事も我慢して、人の何倍も練習しないとW杯にはいけない」ってインタビューで言ってた。

 世の中にはこうやって見えないところで努力を重ねている人が大勢いるんだね。

 ダイエットもぬるい、wiifitも飽きてしまった私って…。

|

2009年10月 6日 (火)

コピー機は進化すれど…

 昨日は市役所の音訳ボランティア。

 次期配布の市の広報の中から、利用者さんが必要と思われる記事を選択し、文字数を数え、読む時間に換算し、次のチームの担当者に割り振る作業。(私はこれが一番 苦手)

 抜群のチームワークで、選択・割り振り作業が順調に進み、出来上がった原稿をコピーする段になって…

「自信ない…」3人がぞろぞろとコピー室へ。

 録音作業の日もそれぞれが作ってきたリライト原稿を 録音担当者・録音中の検証用にコピーするのに いつも苦労する。

 裏面を使用した紙に印刷するので、手差しにするのにまず戸惑う。拡大になると また一苦労。

 担当の職員さんがコピー機の使い方を分かりやすい写真付きでマニュアル化してくれた。

 この日は、職員さんがついて来てくれて「あ、これは2部で行きましょう」「このままで もう1部スタートでいけます」って 的確に指示してくれた。

「あ、そうなんだ~~~~。わぁ便利ねぇ~~~」

「最近はコピー機も どんどん進化してますからねぇ」

ん~~~進化してくれても、使う方はどんどん退化してるので…汗。

|

2009年10月 4日 (日)

第28節 サンフレッチェ広島 対 清水エスパルス

【広島 対 清水】 アウトソーシングスタジアム日本平
(行って来た!!)

 サッカー1対1 

 サッカー得点 寿人ぴかぴか(新しい)

 県外でも私が車で(運転はできない)行けるスタジアムでの試合。
 でも夫が日曜に試験を控えてて3日は一日勉強するので夫には乗せてってもらえない。

 そこでサンフレッチェ東海のDさんの車に同乗させてもらう事にした。
 病気や下肢障害で、迷惑かけるのは見えてるから…と躊躇する気持ちもあったんだけど。
 直前に同乗予定のSちゃんに迷惑かけるけどとご挨拶メッセージしたら「お体の事はご心配なさらないでください」と。嬉しくて涙が出た。それで勇気百倍。
 Dさんもお仕事柄、私の不便さは理解してくれてるだろうと勝手な思いもあり。
 
 そして一度くらい襷の中で たとえ5分でもいいからバモってみたい…。夫が一緒だと ちょっと気恥ずかしくてできないのよ。
 夫が居ない観戦(京都戦は 広島のきたんちゃんと待ち合わせて二人で行ったけど、京都サポの真ん中の席で縮こまってた)は、弾けてみる絶好のチャンス☆
 選手の後押しをしたいっていう高尚な志じゃなく「あの興奮を味わってみたい。一体感を味わってみたい」っていう極めて利己的な動機…汗。

 そんな期待や不安を抱えて出発。

 行きの車中で、それぞれが広島を応援するきっかけの紹介から。
みんなの熱い想いを聞いた最後に
「私は…代表戦で寿人に一目ぼれして…」
「ギャルサポじゃん!!」とDさん。いたたたた…!弁解できません。『おばさん』のギャルサポでごめんなさい…恥汗。
 
 一昨年 ここへ来た時は車椅子駐車場を使わせてもらえたので シャトルバス降りてスタンドまで歩くのは初めて。ゴール裏自由席が遠い遠い…涙。Sちゃんいわく「これがアウェイの洗礼」
 そしてお天気が急激に回復してピカピカの日差し。
 階段をたくさん上がり2階席にやっと到着した時には膝ががくがく、汗びっしょり。
「最初の5分だけでも襷の中で弾けたい」想いは完全に消失。
 とにかく裏の日陰に一時避難して、二十歳のA君にご飯を買ってきてもらう。
 顔みしりのサポさん達とばったり(限られたスペース内だから確率は高いよ)会っておしゃべり。
 これもね、いつもは夫がいるから長話すると夫が退屈かな…って思って、気もそぞろであいさつ程度なんだけど、この日は自分の好きなように^^
 パルちゃんショーだけは見たいので頑張ってスタンドへ上がる。

 その時点でもうスタンド端っこの壁でできたわずかな日陰の席を確保。
 周りに知ってる人は誰もいない。完全に一人観戦。

 カズのスタメンは Dさんが駐車場で携帯速報を見て教えてくれてた。

 試合前の練習でカズが出てくると♪俺た~ちの かず~ゆき~ 俺た~ちの ほ~こり~♪ 3回繰り返したかな?涙がこみ上げる。
よかったね、よかったね! カズ本当によかったね!!
 寿人も嬉しいだろうなぁ。

 試合開始。
 私の後ろには 小さい子供を連れた家族が「…じゃけん」と 聞きなれた言葉。広島から来てるんだね^^
 Bさんのアドバイスを思い出して、肘をちゃんと伸ばして両手をあげる。
 中心の襷からは遠く、言葉も交わさないけれど、ここにはサンフレッチェ広島の仲間たちがいる。

 夫からは「岡田監督が来てるぞ」とメール。勉強中でもスカパーだけは観てるらしい。

 カズのミドルシュート! 余分な力が入ってなくて 気持ち良くスコーンと飛んで行った。ゴール左へそれてしまったけれど「ああ、カズは健在だ」と 嬉しくてまた泣きそうになった。

 先制点は寿人。ゴールは向こう側なので、よくわからない。ミキッチからのボール、ゴール前にオレンジ色が二人いて、その中で寿人らしき人が足を振りぬき、ボールはゴール内へ転がったようには見えた。
 ビッグアーチならここで「ゴォーーーーーーーーーーる!HI-HAAAAAAAA!」なんだけど、当然それも無い。
 私の周りにも歓声が弾ける様子がない。襷の方から寿人コールが聴こえたので隣のお兄ちゃんに「今の寿人?」「だと思います」で、二人でハイタッチ。このタイミングで?
 さっき録画を見たら すっごく寿人らしいいいゴールだった!!

 前半、私の席からは、清水が攻めてくるのがよく見える。(ゴールネットの真前は死角で見えない)
 岡崎が、ヨンセンが打とうとすると良太が、剛平さんが、マッキーが体を寄せたりボールにスライディングしたりして阻止する。
 なのに…なんか広島選手が一瞬止まったように見えて、え?って思ってたら岡崎が決めちゃった。
 録画を見たらポストに当たって入ってた。そりゃウッズも止められないわ…。

 後半。
 今度はこっち側へ広島が攻めてくる。寿人の雄姿を間近で見られる。
ところがね、近ければ近い分、視野が狭くなってて決定的なシーンを見てないのよ…。
 向こう側のゴールでは、ウッズがナイスセーブを見せてる。数回「あ、決められた!」と思ったもん。

 1対1で終了。
♪エ~スパ~~ルス♪の大合唱は聞かずに済んだ。(好きなんだけどね)
 また「俺た~ちの かず~ゆき~~」を歌い、一度引っ込んだカズが もう一度戻って来て両手をあげた。また涙が出た。

 帰りは東京で就職先の内定式を終えたS君が合流。シャトルバスを待つ間には、Dさんのお友達も一緒におしゃべり。
 試合の感想から どうでもいい話まで、こういう時間が楽しい。

 夫が一緒だと安心だし楽ちんだし、わがまま勝手できるけど、夫抜きの遠征もまた楽し…だなぁ。



 さて、これを書いてる後ろで 試験を終えて帰宅した夫は今 名古屋対FC東京戦を見ています。
 名古屋の先制に夫歓喜、私は愛想程度に反応。その後、失点で夫「うわっ!」FC東京の得点が石川だと知った私は「げっ!」

 岡田監督は、昨日の試合視察で 寿人の正しい使い方を研究してくれたと信じてます。

 

|

2009年10月 2日 (金)

よかったね~~♪ うれしいにょ~~~☆

 昨日、公文のお手伝いから帰って夕飯を食べると、その後、片付けもせず「ちょっとだけ寝ますタイム」(ここんとこいつもそう)
 「ちょっとだけ」は1時間半くらいになる事が多いんだけど、1時間くらいたった時、夫が「寝てる場合じゃないですよ」と起こしに来た。
 普段は私が昼夜かまわず寝ても何も言わない人が「寝てる場合じゃない」とは何事か!?と びっくりして跳び起きると
「寿人、代表ですよ」って。
 
 きゃーーーーーーーーん!!
 
 夫の指さすパソコン画面を見る。
 うあ~~~夢みたい!

 私、実はもう岡田監督の間は召集ないだろうとあきらめてたのです。
もう寿人は次のW杯まで頑張るしかないって思ってたのです。
 まさかこんな早く復帰できるとは…。
 そして「もしかして寿人の事 嫌いなの?」と 顔まで意地悪に見えてた岡田監督が、寿人の能力の高さをちゃんと認識し評価してくれてたのを知って、すっかり見直しました。(どんだけ偉いの?私)
「最後の10分でどうしても点がほしい時」ってコメントにあるので、スーパーサブ枠なんだろうけど、とにかく代表復帰できればいいわ。

 最後の10分、寿人を投入すると同時に「全選手、たえず寿人の動きを見て、寿人がほしそうな所へどんどんボールを出せ」って作戦にしてほしいわ。

 ゆうべから、数分おきに「あ~~~よかったにゃ~~♪」「寿人よかったにょお~~~」「あ~~嬉しいにゃ~~~~♪」と つぶやきながら、こみあげてくる嬉しさで にやけています。

|

2009年10月 1日 (木)

市民祭りの楽しみ♪

 毎年恒例の市民祭りの月になりました。

 市役所の近くに住んでいるので、露天商や特設ステージなど 見に行こうと思えば駐車場の心配もなく、歩いて行けるんだけど…私は歩いて行けない…。

 ただ、パレードは 私の住むマンションのすぐ下の道路^^

 ベランダに椅子を置いて特等席で見られる!…いや、見る事ができた。

 交差点に面した歩道に大きな看板が立ってしまい、うちのベランダから交差点が見えなくなってしまったのよ。

 それでもパレードの音はよく聴こえるし、建物や看板の端っこからパレードも切れ切れに見えるので、去年はそうやって楽しんだ。

 今年は「転輪太鼓」も参加すると聞いている。(去年もあったのかもしれないけど知らなかった)

 それなら市役所の特設ステージにも行こうかな…と思ってた。

 昨日、市の広報が届いた。市民祭りのプログラムも一緒に。

「♪転輪太鼓~~~どこかな~ 転輪太鼓~~~いつかな~」と探す。特設ステージには無さそう。ええ~~!? あちこちの公演で忙しくて市民祭りには出られないのかなぁ?

 …と思ったらパレードにあった!あった!!

 大トリの「総踊り」の直前だから 実質「トリ」だよね。

 それも…「ドラムライン(2部)転輪太鼓・ひなご幼稚園」だって!

 幼稚園と一緒~~~~!! 涙笑!!

 いや~~~~ん、もぉ~~~~~!! 豆ぞう組と幼稚園ぼっこ達が一緒に てんてけてんてけ叩きながら歩いてくれるんだろうか?

 きゃい~~~♪も~~~嬉しくて嬉しくて!!

 これはもうベランダ特等席からちらっと見るだけじゃなく、スタート地点まで行って、一緒に歩いちゃうかもだわ。

|

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »