« 第29節 サンフレッチェ広島 対 ガンバ大阪 | トップページ | 食べませんってば! »

2009年10月20日 (火)

転輪太鼓☆まつり☆

 更新が遅れました。

 10月17日の宵祭り。

 午後から降り出した雨は夕方には土砂降りに。

「これはもう屋外ステージは無理だね。文化フォーラム内の方が私は楽かも」と車で出かけた。

 ところが! 家から数分の文化フォーラムに着いた時には雨が上がり、屋外ステージの周りの提灯などを見てるうちに、空には星までまたたき始めた。

 1017a

おそるべし!これが転輪太鼓の念力か?

 夜の屋外ステージでの太鼓演奏、ライトに浮かび上がる独特の雰囲気。

                   1017b

 入道光雲さんの力強く楽しいMC。

「風雲児風組」の全国大会優勝の報告に会場からは拍手喝さい。

「にっぽんいち!!」と叫びたかったけど、そんな勇気は無かった…汗。

 後ろの方の椅子席に座ってたけど、舞台のへりには子供たちがとりついてて、大人たちもどんどん前へ行くので、私も人ごみにまぎれて前へ。

             1017c

 去年もこういうステージをやってたみたい。知らなかったのが悔やまれる。

 3歳から和太鼓を始め、小学1年生でプロとして舞台に立ち、K-1武蔵選手に和太鼓を指導した実績を持つ中学生 大志郎君。

 太鼓の実力やルックスの良さは十分知ってるつもりだったけど、舞台上の彼をあらためて見ると(今までマメにばかり気を取られてて、演奏中の彼に注目してなかった…)すごい存在感。スターのオーラ。色気さえ感じる。「見せ方」を知ってる。

 転輪太鼓演奏の後にも次々と面白そうな出し物が続いたようだけれど、途中から寒さと空腹に負けて撤退。まだ明日があるし^^

 それにしても…会場の近所に引っ越して来てからすでに17年。この時刻にこういう催し物があったのに、一度も来なかった。

 転輪太鼓見たさに踏み出してみてよかった~~~!

 さて一夜明けて…。

 毎年、ベランダから見ていたパレード。プログラムをにらんで、少し早めに出て良い場所をキープ。

 小学校のブラスバンドチームは、いつもベランダから一生懸命な姿に涙ぐんで見てたけど 近くで見ると「やらされてる感」が強くて…あれ?って感じ。

 そして待望の転輪太鼓と幼稚園のドラムライン。遠くに姿が見えた時点で待ち切れず迎えに歩いた。(走れないので…)

        1018a

 幼稚園児の可愛い演奏にも期待してたのに、転輪太鼓を目の前にしたら、マメ達の事をすっかり忘れてた!

 沿道の群衆はこのドラムラインに並行して進む。私も群衆の一部となって移動する。

               1018b

 せっかくだからいい写真をとりたい。それには先回りしてベストポジションを確保してシャッターチャンスを待たなければ。

 群衆の中をかき分けて高速移動。でも狭い舗道なので思うように勧めない。小走りもできない私は仕方なく転輪太鼓から離れ、裏道でショートカット。

 市役所前の最後のスペースで待つ。こんな所まで来るつもりなかったので、カメラ以外何も持ってないのよ…。

 宵祭りですっかり魅せられた大志郎君を狙う。

 そして流れにまかされて市役所入口まで来てしまった。

           1018c

 床屋さんのグランマ(年齢的には限りなく近い)とも会えて「この後メインステージでまたやります」と教えてくれたので そのまま中に。

 あ~~~こんな事なら、昨日もらった「祭り会場屋台50円割引券」を持ってくるんだった~~~。

 メインステージの周りには宵祭りの何倍もの人達が待ち構えてる。

 最初に地元の和太鼓チームのパフォーマンス。子供と若いママ、中年のおば様方の楽しい演奏。

 近くに居た子供が「わ~すごい」と。すると傍に居たお母さんが「この後、もっとすごいのがあるよ」って。

 そう…私も転輪太鼓を知る前だったら、最初の和太鼓パフォーマンスで十分満足しただろうな。

 いよいよ風雲児風組の登場。

   1018e

 演奏が始まると周りの空気が変わった。さすがにお祭り会場なので『水を打ったように静まる』ではなかったけど、みんなが固唾をのんで見入ってるのがわかる。その証拠に終わった瞬間、周りから「ふぅ~」とも「はぁ~~」ともつかない息がもれたもん。息をするのも忘れるくらい集中してたんだと思う。

            1018d

 司会は地元テレビでよく見る男性タレントさん(名前忘れた…)

「鳥肌がまだ立ってますよ~」って第一声。彼も予想以上だったんでしょうね。『子供の和太鼓チームが地元の祭りで演奏』のレベルじゃないもん。

  1018f

 一糸乱れぬ動きと迫力。お金とってもいいわ。

 干しっぱなしの蒲団が気になり、転輪太鼓が終わると退散。

 それにしても…想定外に歩いたわ。お陰で帰宅後、腰も股関節も痛だるい。

 この地に来て、市民祭りにこんなに時間を費やしたのは初めて。私にとっては「転輪太鼓まつり」でしたね。

 ***國分入道光雲さんに「じゃんじゃん載せてください」とお許しはいただいてますが、お子さん達の写真は一部ぼかしてあります***

|

« 第29節 サンフレッチェ広島 対 ガンバ大阪 | トップページ | 食べませんってば! »

転輪太鼓」カテゴリの記事