« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月27日 (土)

行きたかった…

 サンフレッチェ広島、開幕前イベントの日。

 少し前から広島のお友達が「来る?」「予定を教えて」「会おうね」と声をかけてくれてて、私も行く事しか考えてなかったんだけど…近づくにつれて、脚の痛みが気になりだした。

 この脚で新幹線乗って、駅の階段下りて…ってしんどいなぁ。

 去年みたいにずっと座ってられる場所を確保できればいいけど、それはそれでステージからは遠いし、サイン会とかも見えないし…と、どうも前向きな考えが出て来ない。

 山東との試合結果によっては「行きたい!なんとしても行く!!」って思うかも…と 自分に賭けをした。勝ったら行きたいのか、負けたら行きたいのか、予想できなかった。

 負けてみると、迷う気持ちに変化はなかった。

 「こういう気持ちで行くより、試合を見に行く時の為に体力温存しておいた方がいいわ」と決断。

 「あ~もう会場では整理券を貰う人が並んでるんだろうなぁ」と時計を見ながらもやっとする。

 

 11時25分からは「夢のちから・転輪太鼓の子供たち」のテレビ放映。

「これが生で見られたからよかった」と思うことにする。

 1月の「問答無用コンサート」に向けての合宿に密着。

 なんだかこっちが勝手に「知ってる子」が増えてしまって「あ~あの子!」「きゃ、あの子」ときゃっきゃっ言いながら見る。…そして泣く。

 中学生から幼稚園児までが一室で蒲団をぎっしり並べて あっち向いたりこっち向いたりの格好で眠ってるの。蒲団をたたむのも子供たち。

 夜は学校の宿題をして。大きな子が小さな子に勉強も教えているみたい。 今時、こんな風に学年を超えて子供たちが密着してる空間って珍しいよね。

「こんな経験、いいよねぇ…」で、また涙ぐむ。

 コンサートに向けての太鼓の練習は想像通り厳しい。舞台の上の弾ける笑顔の裏には、どれほどの涙があっただろう…と あらためて想像して また涙。

 懇意にしてる居酒屋の大将んちの子供に見せたくて、コンサートチケットを押しつけた。その後、大将は二人の息子を早速、転輪太鼓に入れてしまいました(笑) 

 次のコンサートには、彼らも力いっぱい叩いて見せてくれることでしょう。

 夕方になって、寿人のブログを見たら、イベント会場から更新されてた。

 うえぇ~~~ん、そこに居なかった事が急に残念になってきたーーー泣。

|

2010年2月26日 (金)

寿人ぉぉぉぉ…

 バーレーン戦のメンバー発表が昨日だと気付かずに「いつかなぁ~」と呑気に思っていたら、夕食後、PCを開いていた夫が「がぴーん(リアル夫を知ってる人からは想像できないフレーズでしょう)寿人クンはずれました~」

 いつもメンバー発表を見つけた時は、当落を言わずに「発表ありますよ」と私を呼ぶのに、この日は夫もショックだったんでしょうね。

「ええ~~~!! がっかりがっかりーーーーー!」次に「プレミアムシート買えなくて良かった」が浮かんだ。

 洗い物してた手が完全に止まった。

「寿人、どんな気持ちでいるだろうね…。レオトが『パパ名古屋行かないの?』って言ってたりして…奈央さんは、何て声かけるんだろう…」いろんな事を想像してしまって、心がずんと重くなる。

 そして次に岡田監督の悪口三昧。

 それから「リーグ開幕戦直前に名古屋まで行かされて使われないなら、呼ばれない方がずっといいわ。開幕戦に全力投球すればいいわ」と開き直ってみる。

 プレミアムシートを買いそびれた時「これが幸いしたりして…」なんて思ったのよね。でも本当は「それは無いでしょう」ってのが大きかった。

 スタメンじゃなくても…万が一最後まで出番無くても、アップしてる所とかベンチにいる所とか、私は試合そっちのけで寿人を見るも~~ん♪ もしベンチにも入らなかったとしたら…メインスタンドの中段のあの辺に居るのかなぁ~♪ って想像ばかりしてた。

 寿人意外のFWのゴールなんて見たくないよ…。(日本代表を応援してる皆さま、ゴメンナサイ)ゆうべは、もっと具体的な酷い事を言ってました(汗

 今朝の地元紙では「岡田監督が今回はずれたメンバーには4月にチャンスを与える」って。それ見て、ゆうべの悪口を少し反省。

 私は戦術も何もわからずに、自分の好きな選手がはずされた…って事だけだもんね。

 でもね…寿人の事だけじゃなかったのよ。小笠原をぎりぎりに呼んだくせに、今回ははずす、岩政大ちゃんだって、あれだけの想いを持ってたのにはずす、選手の気持ちをずたずたにしてるように感じたんだ。

 …まあこれも、寿人や小笠原や岩政に限らず、誰だって必死に頑張ってるんだもんね。選ばれる人がいれば、はずれる人もいるわけで。

 なんだか自分の中で納得させようとしてる。

|

2010年2月25日 (木)

AFCチャンピオンズリーグ 「山東魯能 戦」

2月24日 水曜日 ビッグアーチ(文字情報のみ)

 soccer0対1 広島勝てず

 リーグ開幕戦よりも前に、公式試合があるなんて…幸せ♪

 7時には夕食を終えて、携帯を片手にPCを開く。

 PC公式サイトの試合速報が一番見やすいんだけど…さすが有料携帯サイトね。情報量が違うもん。

 そして…それよりももっと楽しめるのが 某巨大掲示板の実況スレッド。

 各々が感情のままに書き込んでるので、プレーの詳細はぼやけるんだけど、元来サッカー無知な私には それはさほど重要じゃないのよね。

 それよりもテレビ中継を見ながらとか、現地で応援しながらの生のつぶやきが 生々しくて臨場感があるから楽しいの。

 こうして私の文字情報源は①某掲示板 ②携帯サイト ③最終確認の為の公式サイト速報。

 それにしても…今回は「寿人」の名前があまり出て来なかった。前半に太ももを痛めたようで、その瞬間は皆がエキサイトしてた。

 どうやら大事には至らなかったよう。でも今日、寿人のブログを見たら大そうな治療をしてるので けっこう大変だったのね…。

 3月3日の代表戦大丈夫なのかな? 召集されるのかな? うぅぅぅ…。

 夜のスポーツニュースは 女子フィギュアばかり。もちろんそれも興味あったわよ。

 でもサンフレッチェの選手がプレーしてる姿を、寿人の新ユニ姿を一目でも見たいじゃないの。

 やっと「neoスポーツ」でサッカーの話題…三浦カズが横浜FCのキャプテンだそうで。

 ええええ~~~!! それだけで終わり~~~!? せめて結果だけでも…。

 他のスポーツニュースはタイミングが合わず、野球しか見られなかった。

 今朝の地元紙には、なんと山岸のシュートシーン! へぇ~これはどういう視点なんでしょう?

 そして…山岸の背景にはメインスタンドの下部にあるガラス張りの部屋がピンボケで写ってる。

 その中に ぼんやりと 本当にぼんやりと ママと二人の子供の姿が見える。私には見える…。

 これは…これは…私の大好きなあの子たちに違いない。寿人よりも可愛いあの子たちに違いない!!

 拡大鏡を当てれば、もっとぼんやりしてしまうのに、穴があくほど擦り切れるほど、その部分を見つめた事は言うまでもありません。

|

2010年2月24日 (水)

母との時間

 週に一度、実家へ行く。

 母は元気に一人暮らしをしている。

 近所の人に大事にしてもらって「○さんとお茶飲んできた」「△さんがおかず作ってきてくれた」「◇さんとお芝居見に行く」と いつも嬉しそうに報告してくれる。

 5年程前から、母の老人性難聴が進み、私の声は特に聞こえにくいらしい(周波数の関係かな) 嬉しい事も悲しい事も、何でも母に聞いてもらっていたのに、それがままならなくなってきた。

 一方的に自分の話をする母に対して、いつのころからか不完全燃焼の気持ちが溜まっていた。

 一卵性母娘で、本当に仲良しだった母と私。

 数年前の鬱病の酷い時期、一番甘えられる母に対しては、心のままに仏頂面ばかりしていた。

 母はいつも小さな事でも笑って、不機嫌な私を受け止めようとしてくれていた。

 でも私は母に対して笑えなくなってた。

 昔「お母さんに感謝してるけど照れ臭くて言えない」って話を聞くと「なんで言えないかなぁ?」と理解できないくらい、私は日常的に母に感謝や称賛の言葉をかけていた。

 それができなくなった。

 死生観も一致してるので

「お母さんは、ゆうこが先に死んだら生きていけないからね。ゆうこより先に死ぬのが目標」

「お母さんがいつ死んでも後悔ないように、逢える時に逢っておくよ」って、お互いに自然な気持ちで口にできてた。

 それが…週に一度実家へ行く事さえ億劫に感じるようになった。母に会うのが嫌だと思うようになった。

 あんなに大好きだったのに、あんなに私を愛してくれてるのに…。

 以心伝心だね。

 母も老いていく自分を認めたくなくて頑固になっていく。私に対して弱いところを見せまいと意固地になる。

 会うのもしんどいけど、でも…そこが血の繋がり。母が気になるから行く。行っても、心はすれ違うばかりで、帰りの車の中で自分を責め、不条理な母の言動を思い出しては泣いた。

 去年の年頭の「一年の目標」の中に『優しい娘になる』と言うのがあった。

 でも2月ごろだったかな…(私からすれば)母の我儘な怒りに対して、いつもいつも我慢してたのをこらえきれなくなって「もう帰る!」と車に乗った。

 50メートルと走らないうちに、玄関を出る私を茫然と立ちすくんで見送っていた母の姿を思い出したら切なくて可哀想でたまらなくなって戻った。

 そして気まずい昼食の続き。

 …そんな一年が過ぎて、今年の目標は『母を大切に、優しい気持ちで母に接する』と変わっていた。

 去年の事を思い出すと、母と私の関係はすごく良くなってる。昔に戻りつつある。

 …ただ悲しいかな、母は老いていく。

 本当に残された時間は限りあるんだろうなと思う。

 穏やかで何でもできて頑張りやで愛情深くて…そんな母とは違う姿を見る事が増えてきた。

 今は母を愛おしいと思う。愛おしくて切なくて泣きたくなる。

 今日は白髪染めをしてきた。

「ありがとうね~。今日やってもらえるなんて思ってもいなかったから嬉しい~!」そこまではいい。

「もうあそこの美容院、時間かかって高くて、お母さんもう絶対に行かない!!」こんな事、言わないお母さんだったのにな…。

 そして美容院代よりも高いお金をくれるのでした。(涙笑

「ゆうこの貴重な時間を使ってるんだから、これくらい当然。お母さんすごく嬉しかったんだから、お母さんの気持ち、受け取って」

 私の貴重な時間はアヒル寝最優先なのですよ…。

 母が私の年齢の時には、仕事をしながら、週に2回、私が入院している名古屋の病院まで電車とバスを乗りついで洗濯物を取りに来てくれてたじゃん。入浴禁止の私の足をいつも洗ってくれてたじゃん。

 母が65歳の時は、私の骨切回転術後の3週間の張り付けに泊まりこみ、ベッド上で排便するお世話もしてくれたじゃん。

【汚い話なのでスルーしてくれていいです】

「お母さん、ごめん~~。ご飯前なんだけどう○ちがしたい…」

「いいよいいよ~~^^ 出た方がいいんだから」

そして「わぁ~いいのが出たね~!」と まるで赤ちゃんのおむつを片づけるような笑顔で汚物室へ始末しに行ってくれたじゃん。

 

 子育てを経験しなかった私は、やっぱりいつまでも「子供」なんだね。

 自分が最優先。

 母の為にもっと時間を作ってあげてもいいのにね。

 この先、また母との関係が悪化して私が修羅と化す事があったら、今日の日記を思い出したいです。

***********と、日記を保存し終わった瞬間、母から電話がありました。

 「お母さん、今日すごく幸せだったの。ゆうこがこの頃元気でいてくれるし(私が優しいって事ね)今日は髪まで染めてもらって。(髪を染めたのは初めてじゃない)さっきは愚痴(自分が子供の頃、継母に苛められた話)も聞いてもらったけど、こんないい娘が居るんだから十分幸せだって気付いたの。ありがとね。直接ゆうこに言いたくて」

 「私も嬉しいよ、私こそありがとうね」

 そして二人で電話口で泣きました。

 なんなんでしょうね。この馬鹿親子。泣。

|

2010年2月23日 (火)

小花モチーフのマフラーは、まだまだ終わらない

 時々「私も欲しい」と言う人が現れるので「私だけが特別なマニアでは無さそう…」と思うこの頃。

 プレゼントしたTは、すごく喜んで着けてくれてるみたい。

「今日も名古屋駅まで出かけたので首元を飾らせてもらいました」ってメールくれた。

「嬉しい~~~!! ゆうぅ~~ すっごく嬉しい~!」と とびとびしてたTの姿を思い出すと 私も嬉しくなる。

 そんな喜びをまた感じたくて、喜んでくれそうな人に編んでプレゼントしたいな…と思う。

 まずは身近ないつもお世話になってる友達…でも、あの子は絶対にしないだろうなぁ…聞いてみようか…でも「私はできないわ」って言わせるのもなぁ…と躊躇する。

 「絶対にしなさそう」と思ってる子に「しないよね」と振ってみたら、意外にも「いいなと思ってたんだよ~!」って言われもして、びっくり。

 やっぱり聞いてみないといけないわね。

 一番気になってる人に 今やっと聞いてみたら…予想通り「私はいらないわ~」って。

「誕生日プレゼントにしなくてよかった」と返したら「誕生日プレゼントの殺気を感じてた」そう。ぷぷぷ!!「あれ貰ったらどうしよう…」って怯えてたらしいわ。

 自分がしてみたい色合い、その人のイメージの色合い、編んでみたい色はいっぱい。でも小花モチーフ自体が、自分の思ってる通りに完成しない。

 モヘアの花芯を編みあげて、花弁の毛糸を選ぶ。

「この組み合わせ好さそう」と思っても完成すると「えぇぇ…」って事もある。

 こうしていろんな毛糸を組み合わせているうちに、作業してるテーブルの上は すっごい状態になります。

 Sagyou

 不思議に肩こりはしないんだけど、目がしかしかしてくる。

 2時間近くあっという間に過ぎてしまうんだけど、後半は集中力が無くなってきて、違う糸をひっかけてしまう・違う穴に針を入れてしまう…で、何度もやり直して「あ~もうこれは時間の無駄」と切り上げる。

 そして台所のテーブルの上に山積みになった毛糸玉や始末した糸の端きれを片づける。

 それからしばし、完成したモチーフを並べて「くぅぅ~~~可愛い~~~~!」と悦に入るのでした。

 やっぱりマニアック。

 私の周りで いつも花桃のお世話をしてる人「いらない」人は早めに自己申告してくださいませね。じゃないと…恐ろしい事になりますよ~~~。

|

2010年2月20日 (土)

ぞっとする物

 高所恐怖症とか先端恐怖症とかと同じ部類なんじゃないかと思ってるけど…。

 子供の頃、スイカやプリンスメロンを切った時、種がびっしり並んでるのを見ては、母と弟と私で「ぎゃぁ~~」「ひぁ~~~」「うえぇ~~~」と叫んでいた。

 父は同じ物を見ても何ともないけど、母・弟・私の3人は鳥肌たってる。

 でも内心嫌いではなくて(怖いもの見たさって感じ)プリンスメロンを切る時は、わざわざ覗きこんだりもした。

 母と私は「これ…見て…」「ぎゃぁ~~~~気持ち悪い~~~!」と ちょっと面白がってるとこもあった。そういう時弟は「やめてよ~」と本当に嫌そうだった。

 無機質なものが規則正しく並んでるのは何ともない。自然界の物がびっしり並んでるのがダメみたい。ハチの巣の映像をテレビで見る時は「ひぇ~~~」と鳥肌が立つ時と、平気な時がある。何かが違うんでしょうね。

 なぜ、こんな事を突然書き始めたかと言うと…

 今夜、レンコンのきんぴらを作っていた時の事。

 煮汁が少し多くて鍋の中で薄切りのレンコンがひたひたになってたので「あ~ レンコンの穴って模様みたいで綺麗だなぁ~」と見とれていた。

 次の瞬間「ひぃぃ~~~」

 ちょっと細めのレンコンだったので、穴も小さくてびっしりになってる。

 鳥肌がたった。

 で、箸でぐりんぐりんとかき回し…でも もう一度眺めてみる。

 「うひぃ~~~~」またも鳥肌がたつ。 でも見たいのよね…。

 煮汁が煮詰まってきたら、レンコンの向きもいろいろになってきて、びっしり模様が見えなくなった。 …あ~終わっちゃった。

 こういう人、他に居ないかなぁ。

|

2010年2月19日 (金)

免許証が語る

 運転免許の更新に行って来た。

 いや~~やっと本来のゴールド免許に戻れたわ~~^^

 思い出しても泣けてくるスピード違反。

 この私が駐車違反ならともかくも スピード違反って…。

 私が普段、どれほど慎重で「もっとスピード出せ」と言われても出せないって事を証明しろと言うのなら50人くらいの署名は集められるわ。

 片側一車線のほとんど車の走ってない道を普通に走ってたのに…涙。

 あの時ほどおまわりさんを憎らしいと思った事ないわ。悔しくて泣けてきた数少ない経験。

 そんな忌まわしい青い免許証ともお別れ~~~♪

 …で良かったんだけど、私 平成1年から今までの免許証 全部とってあるのよね。

その写真を見ると「歳をとる」ってのがよーくわかる。

 髪形やお化粧や、ちらっと写る服などに その時の流行も見える。

 平成12年(41歳)交付の写真を初めて見た時「え?私 こんなに老けてる?」とびっくりしたんだっけ。その前の平成7年は、まだ「女子」(ひいき目)に見えたのに、どう見ても「主婦」 その次の平成17年は、鬱病でげっそりしてた…それを貰ってくるのを忘れてしまった。あ~もったいない。

 そして今回は…精いっぱい若く見えるようにしていったのに、これはどう見ても「女史」だ。12年の「主婦」でさえ「若かったなぁ…」と思える。

 こうなると鬱病でげっそりの平成17年のだって、5年若い分 残しておきたかった…。

 

|

2010年2月18日 (木)

「痩せた!」・・・ように見えるらしい

 ここんとこ、立て続けに「痩せた?」と言われる。

 先々週、内科の定期診察に行った時、W先生がまず「痩せたかな?」と。その次は院外処方箋をFAXしてくれるお姉さまが「痩せた?」と。

 そして極めつけは2ヶ月ぶりに会ったOちゃんが「ゆう、ちょっと痩せたんじゃない?」と。

 …残念ながら体重はほとんど変わってません。

 それどころか1月の平均体重は、12月よりも0.3キロ増えております。

 なのに「痩せて見える」訳は…顔ですね。

 ムーンフェイスがやっと元に戻りつつあるの。長かったわ~。

 洗顔してる時にまず違和感を感じる。頬の厚みが無くなった。そう思って鏡を見ると「あ~私って面長だったんだよねぇ~」と思い出す。

 右斜めから見ると一番ひどかった左頬の丸みも落ちてきてる。その分老けた感じがしなくもない…汗。

 去年の11月の同窓会の写真は、顔が真丸で余計に太って見える。写真って残酷よね。去年の春の「3人誕生会」なんて、自分ではかなり見よくなったつもりで居たのに、写真に写る私は一緒に写る友達の倍くらいの大きさの顔してたわ。

 幾分、丸みが無くなったつもりでいるけど、今も写真に撮ったらダメかも。

|

2010年2月16日 (火)

好きな人は…やっぱりお好き

 花桃ブログで今話題の(?)小花モチーフマフラー。

 この頃は、ショッピングセンターの手芸品コーナーにも立ち寄り、気に入った色の毛糸を買い集めている。

「今度はあんな色合いで」「あれと これと組み合わせるといいかも」

 …そして私の毛糸段ボール箱は満タンになってしまった。

 花芯部分のモヘアは、私の思う色がなかなか無くて「これならいいかなぁ…」と買ってみて編んだら、全然良くなかったり(汗

 色だけで選ぶので安いのから高価なのまでさまざま。いざ小花を編み始めると「やっぱり高い毛糸は柔らかくて気持ちいいわ~」となるし、安いのは「うぅ~~ひっかかる~~~」となる。

 先日、一番お気に入りの手芸品店へ行った。

「いらっしゃいませ」と店員さんが私の顔をじーっと見ている。…すっごく見ている(汗

「…なんだろう?」と訝しがりながら、さり気なく会釈すると

「そのマフラー素敵ですね。編まれたんですか?」 きたぁーーーーーーー!

 そう、その日は最新作の小花モチーフマフラーを巻いてたのです。

私「はい」とにっこり。

「いいですね~~!! 花束みたいで可愛いですね~!」

 つい嬉しくなってしまって、キットに自分の好みの色を足しながら編んだと説明すると

「その色合い、私好きです~!」と。

 で、時間をかけて選んだ毛糸を幾玉も籠に入れてレジに行くと、さっきの店員さんが

「本当にそれいいですね~!」 この人も本当に好きなんだね。

 それでまた嬉しくなってしまった私は「これって好きな人とそうじゃない人、極端ですよね。『私には無理』って言う友達もいます」と。

「私はすごく好きですよ~!本当にいいわ~」

 このブログにも「小花モチーフマフラー」で検索してくる人がけっこうある。全国に同じ嗜好の人がけっこういるのね^^

 モノトーンで編んでみたいなとも思うんだけど、それだと小花モチーフの色違いが少なくなるなぁ…。同じ色の組み合わせでいくつも編むのは嫌なのよ~~。

 絶えず違う色で編むから続けられるのです。ほんと飽き性だから。

|

2010年2月15日 (月)

東アジアサッカー選手権「韓国戦」

2月14日 日曜日 寿人途中出場

 普段ならゆっくり摂る日曜の夕飯だけど、この日は7時前には終わらせる。

 でもソファーに座った時「なんか…眠くなるかも~」と思った。どうせ寿人は出ても後半ちょっとだしさ。

 そしてキックオフ。すぐに睡魔が来た。内容が眠かったわけじゃないの。(寿人を好きになる前は 代表戦で「あ~なんかつまんない試合だなぁ」って思う時もあったよ)

 開始2分で体がぐらっとした。

 いけないいけない!

 でも次の瞬間…ハッと目が覚めたら画面の表示は8分だった。

 もうダメ。

「後半まで寝ます。もし早くに寿人出たら起こしてください」多分無いけど…。

 数分後「ワーッ!」と歓声が聴こえて目が覚めた。蒲団の中から「誰ぇ~?(が決めたの?)」

 闘莉王がPK獲得しただけでした。

 遠藤がそれを決めた(音だけの情報)「ころころだった?」「普通のだった」

 蒲団の中から聞くかな…汗。 で起きた。

 そしたら大久保が交代。それまでの経緯を知らないからなぁ…。

 この頃「おおぐぼぉ~~~~うぐぐぅ~~~!」って気持ちも無くなってきたわ。寿人がスタメンじゃない事にも慣れてしまった…苦笑。

 そして韓国のPK。

「今日は楢崎どうかなぁ…そうそう2回も続けて止められないよねぇ……ひぃっ!!」こんな気持ちで見てたらダメよね。ごめんね楢さん。

 岡崎が韓国選手のラリアットを受けて倒れる。こんなの寿人がやられたら困るーーー!

 あらら?呆気なく2点目をとられる。

 うあぁ~もしかしたら寿人出番あるかも~~~~~!?

 闘莉王が退場。

 きゃぁ~~~~!! こんな追い詰められた状況で寿人投入なんてやめてね~~~!

あれだけ代表戦の寿人を見たかったのに、なに?この「出なくていい」モード。

 ハーフタイム。歩く楢崎選手の後ろに寿人の姿「あ!寿人だ!!」これだけで嬉しい。スタンドに『寿人ゲーフラ』この前と同じ人かな。こんなに熱心に応援してくれてて、寿人も嬉しいだろうなあ。

 まさか…後半最初から寿人出てたりして~~~♪ と軽く期待してたら、さっき大久保と交代したばかりの香川が岩政と交代。香川も可哀想…。でも闘莉王の穴を埋めとかないと、これ以上失点できないしね。

 うぅ~交代枠もう2つも使っちゃったじゃん。とんだアクシデントで寿人のわずかな望みが縮小されちゃった。

 実況か解説が「最後の貴重な切り札を監督はどう考えているでしょうね」って。寿人がこの状況で使える切り札だとは 実は私は思ってないのよ…。

「平山かなぁ…いや、意外と寿人あるかも~」と揺れ動く期待。

 監督もしかして「平山か寿人 どっちにしよっかなぁ~」って考えてる?

 風間さんが「ゴール前でフリーになる動きのできる選手が必要」って。それはもしかして風間さんの中では寿人の事ですか?

 そんな事してる間に3失点。もう31分ですよ。寿人じゃなくてもいい、とにかくゴールできそうな人を出すべきじゃないの?と ミーハー素人がかなり熱く思う。

「日本ベンチが騒がしくなりました」 …平山かなぁ。

「佐藤寿人です」 やったーーーーーっ!! キィーーーーーっ!!(高い方のミくらいの音)

「ここまでは日本のジョーカー的存在で…」うむぅ~~ジョーカーの意味がよくわかりませんが…汗。

 いつも言いますが…玉田って本当にハンサムよねぇ…。寿人を出してほしいばかりに「禿げてしまえ~」の玉田への呪いも ここんとこなりを潜めてるなぁ。

「170センチの小さな体、サンフレッチェのエースです」なんか いつも寿人の時だけ親切に紹介してくれてるような気がするんだけど…。

 風間さん「時間が少ないですねぇー」それは「寿人の時間が少ない」って事よね?風間さんは この前も寿人のボールの無いところでの動きなおしを褒めてくれてたもん。

 なんか私が緊張して吐きそうな・吐きたいような状態。1点でも返してほしい。寿人にゴール決めてほしい。

 あ、寿人今日は白いシューズか~赤がよかったなぁ~。(吐きそうなほど緊張してるのに、気になる部分がこれ…)

 憲剛がヤットさんがボールを持つ…「はい! 寿人見て! 寿人見てーー!!」

 風間さんが「佐藤も岡崎も十分、相手の背後をとれる選手なんですよ…」でも活かしきれてないって事よね? 寿人をよく見て出せって事よね? (寿人優先、寿人中心でごめんなさい)

 「憲剛&寿人」が一緒にピッチにいる貴重な状況。でも憲剛君は頬がこけてるし、大丈夫なのかな。

 試合終了。みんな悲壮な顔。大ちゃんはしゃがみこんでしまった。その大ちゃんに寿人はタオルか水か何かをあげてた。そんな所でも気配りの寿っちゃん。

 スパサカでは加藤さんが「監督はどう考えてるんでしょうかね」と。やべっちも、試合終了後の監督インタビューで進退について質問した記者に「おぉ~!(よく言った)」って感じのリアクション。

 今日の新聞でも監督批判はかなり顕著になってきた。

 3月3日のバーレーン戦、もしかして…もしかして~~~♪ 寿人先発あり~!?

 カテゴリー5でも必死で走って夫に走らせて前の方に座る?

 あ~、あまり過剰な期待はすまい! 代表戦を見られるだけで良しとしとこ。

|

2010年2月13日 (土)

クラス会で 小花モチーフマフラーのお嫁入り

 以前、ブログを見たTが「あの小花モチーフマフラー、超欲しい!」と。

「超欲しい!」って、本当に好きなんだなぁ~と嬉しかった。あれは好みが分かれるもん。

 Mは「可愛いとは思うけど、私は使えないわ」と言ったし。Oちゃんも実物を見て「へぇ~ブログで見るのとはまた違うね」とは言ったものの「これなら私もしたいわ」とは言わなかったし。ここが「好きか嫌いか」の判断の分かれ目。

 さて、昨日は高校の同窓会(2009年11月)の幹事打ち上げ会。幹事以外にも案内状発送などのお手伝いをした人も誘われてるらしい。

 私はなぁ~~んにもしてないんだけど誘われた。

「ゆうは、住所不明者を何人も見つけてくれたし(今も年賀状やり取りしてた子も居たし、友達の友達って繋がりを知ってて、複数の住所を報告できた)…4組は特別だから」と。

 今年はもう今までみたいに歩けなくなるかも…ってのもあるので 行ける時に行っておこうと。

 その飲み会にTも出席する。実は先日の「デコメールをいくつもくれる」のは このT。

 それで「Tに小花モチーフマフラープレゼントするわ。皆が『私も欲しい! 私も!私も!』ってなると困るから、さり気なく渡すのを受け取ってね」とメールしておいた。

 Tは「すっごく嬉しいーー!本当は ゆうに編んでってお願いしたかったんだけど編むのも大変だろうなと思って、すっごく我慢してたんだよ。あれを首に巻いてる自分を想像するとテンションあがる~」と その時点でかなり喜んでくれてた。

 今回は「夜だし暗いし寒いし足が痛いから迎えに来てください」と丁重にお願いして、地下鉄改札口までF君に迎えに来てもらった。エレベーターを使う為に遠回りして…。(歩く距離が長くなるのと、階段を一歩ずつ上るのと どっちがいいのかなぁ…ちょっと迷い始めてます)

 いつものクラス会に他クラスの幹事が数人混ざって新鮮。一度も同じクラスになってないのに、なんか仲良しだった子とも 久々に話ができた。

「ゆうのクラスって ずっと仲いいよねぇ。しょっちゅうクラス会やってるでしょう」

 そうなの。高校時代、うちのクラスの成績は学年でビリだったはず。優秀な子も多かったのに、平均点を著しく下げる人が少しいたからね(…ええ、わたくしですけど)

 学校行事にクラスが一つにまとまって「よし!皆で頑張るぞ!」って事もなかった。でもなぁ~んか仲良しだったのよねぇ。

 女子のグループも大きなのが3つくらいあったけど、それぞれのグループを超えて個人的に仲良しが居たので、よくある女子グループ同士の対立も皆無。

 少ししか居ない男子が上手に、それぞれのグループをかまってくれてたのも良かったかな。

 その良い習慣がそのまま残って今に至ってる。

 私のグループのNとは「いつでも会えるから」と、クラス会の時にわざわざ隣に座る事は無かった。でも☆君が空へ行ってしまった時「いつでも会える」は「いつ会えなくなるかわからない」だと気付き「今日は隣に座るね!」と 前もって約束。

 男子に人気の美人のNの隣を「今日は私だもんね!」と独占する。

 Tにはさり気なく手提げ袋を渡した。Tも「うん」とさり気なく受け取った。(そうそう、Tも別のグループなんだけど、卒業してもずっと付き合いがあったんだよね。私が入院すればお見舞いに来てくれたし)

100213kobana_2

 飲み会も和やかに騒がしさが上昇していく。

 10時に「一応お開き」となった時、別のグループで仲良しのGちゃんにもマフラーを見せたくて「T~、例の物、Gちゃんにも見せて~」と言ったら、すでに酔っ払ってたTは「出していいの!?」と満面の笑みで手提げ袋の中のラッピングした透明バッグまで開けてしまい、首に巻いちゃった!

 そして「ゆうぅ~~~~~!! も~~すっごく嬉しい!! きゃーー嬉しい!!」と抱きついてとびとびしちゃう。

 みんなが「何?何?」と寄って来て「これ、ゆうが編んだの~ 私 前からすっごく欲しかったんだわ~」とおおはしゃぎのT…照笑。

 でもね、ここでもやっぱりあれを好きなマニアックは少ない事が判明したわ。

 「ゆうって器用だよね~」「これテレビでやってたよね」とは言うものの「わ~素敵!! こういうの好き~」とか「私も欲しい~」って言う人は居なかった(汗

 そのままTは、首に巻いてコートを着て店を出ました。私はそこで帰ったけど おそらくTは二次会も行ってるだろうから、どこかに忘れて来ないでね。

 それにしても…あんなにあんなに喜んでもらえると、本当に嬉しい♪そしてTに よく似合ってた。

 他にも「私も好きです~。欲しいわ」と言ってくれた友達がいる。

 同じ物をいくつも編むのが嫌いなので「編み図をあげるわ」と言ってあったけど、こうなったらもう編んでプレゼントしようと編み始めています。小花モチーフは自分で好きな毛糸を買って色の組み合わせを考えて編むので 毎回、いろんな組み合わせで編めて、ちょっと変化があるしね。

                    ↓こんな風にね♪

   100212kobana

|

2010年2月12日 (金)

東アジアサッカー選手権「香港戦」

2月11日 木曜日  香港戦 寿人出ず

 7時に照準を合わせて、早めに支度を始め、夕飯を食べ終えた。

 国立競技場の映像、すごい雨。

 「こんな雨の中、寿人出なくていいよ。風邪ひいたら困るもん。24日はACL初戦なんだから」などと思う。

 入場を待つ選手達の後ろに黄緑のビプスをつけた寿人発見! 乾は居ないから寿人に違いない。ベンチには入るのね。岡崎は欠場だからFWの控えとして入るのは当然かなぁ。

 試合開始。控えメンバーの発表は今日も無い。

 ベンチが映る度に「寿人…寿人…」と探す。

 赤い靴、赤い靴、いないなぁ~! あ~でも雨だから違う靴かも~。

 そのうち、眠くなってきた…。隣の夫は、すでにうたた寝している。

 でも! 私は寝るわけにいかないのよ。ベンチの寿人を確認するまでは。

 そして玉田ゴール。

 あ~~~もぉ~~~ほんとにぃ~~~玉田っってぇ~~~代表戦ではゴール決めるんだよねぇ~~~~。

 そしてゴールしても顔色一つ変えない。

 寿人…次にゴールした時は、こうするのよ。

 ゴール裏まで走っちゃだめだよ。小さくガッツポーズくらいにしとこうね。あれをしていいのは(して欲しい・しなければいけない)リーグ戦だけ。

 前半終了。

 山口さんと実況アナの後ろのガラス越しにピッチが見え、控え選手がアップに出てくるのがぼんやりと映る。

 スタンドに寿人ゲーフラ発見! って事は寿人 いるんだね!

 後半開始。

 今野に替わって平山。はうぅっ!!

 でも…雨も風も強くなってきてるし、こんなとこに寿人出したら可哀想だもん。

 ピッチ解説の低い声が「日本 二人目の交代のようです」 寿人か!? やっぱり期待しちゃうよ。

 小笠原→稲本。

 あー今日は寿人無いかも~~~。と思っておくと きっとあるんだ^^

 CKから闘莉王がヘディングで決める。

 うぅ~~これはやっぱり、今日は切り札要らないかも~。寿人無いかも~。

 香港のCBが足を傷めてるらしい。

 そんなチャンスに寿人を…。

 そしてまたもや低い声で「3人目の交代ですね」 ドキドキ…「香川が入ります」

 眠いの我慢してたのに~。

 でも不思議に以前ほどの失望感や監督への怒りは湧かない。

寿人が「スーパーサブ」に誇りを持って頑張ってるって思えるからかな。スーパーサブとは言え、寿人らしいポジションで使ってもらえてるからかな。(サイドに開いてぽちょんと居るのだけはやめてほしい)

 そして玉田の本日2ゴール目。もぉ~~~ほんとにぃ~~~。玉田ってハンサムなんだから~!

 試合終了。

 監督の次は玉田のインタビュー。その後、なぜに平山? どんだけ期待されてるのよ。どんだけ平山にゴールさせたいのよ。 その期待と特別待遇を寿人にも!

 場内を一周する選手達。そこでも寿人を探す。居ないじゃん!

 岩政~、むう、あべゆ~、川島~。…ほんとに寿人居ないじゃん!!

「カラスの着ぐるみじゃない?大きさ的にも」と夫。

 居た!! 稲本の後ろに映った! 次のシーンでは ピントは甘いけど、画面の中心に寿人。ありがと~カメラさん。

 なんか穏やか過ぎる顔してるなぁ。いいのかしらん?

 

 

 

|

2010年2月10日 (水)

「使い回し」でも愛をこめるのだ!

 09年12月26日の日記をご覧ください。

http://hanamomodiary.cocolog-nifty.com/hanamomodiary/2009/12/index.html#entry-58061324

 彼女からは その後、おしゃれ「あけおめメール」も届いた。それも「どっちがお好き?」って2種類。

 これは私に「使い回ししていいよ」って言ってるのよね? …したよ^^

 

 さて、その彼女から昨日、バレンタインメールが届きました。

「ちょっと早すぎない?」と思ったのは一瞬。

 おしゃれメールには「大好きな彼(旦那様)にメールしてください」とコメントが。

 ああ、間違いない! これは「使い回しせよ」って事だ!

 そうそう! 14日に おしゃれメールくれても 私が使うには遅いもんね。だから早めにくれたわけだ。

 よくできた友達でしょ☆

 すると…今日もまた彼女から、違うタイプのおしゃれバレンタインメール。

 「大好きな彼」が何人いると思ってんのよ~~~!?

 …よくできた友達だ。

 

 いや、これは複数のテンプレートから選んで「使い回し感」を少しでも無くそうという彼女の思いやりなのかも。

 ありがたく「選ばせて」いただきます。

 そして私からおしゃれバレンタインメールが届いたら「ちぇっ 使い回しかよ」と思わないでね。

 一人一人に愛情たっぷりこめますから。

 …って やっぱり複数じゃん。

|

2010年2月 9日 (火)

下手!!

 私は本当にチケットをとるのが下手だ!(←少し怒りがこめられてる)

 劇団四季のチケットは「この席」って選ぶ事もできる。

 発売初日、アクセスが集中してるから、何度も何度もリロードしてやっとサイトに入れて、手元に用意したメモを見て『第一希望日』の座席表画面にたどり着く。

 すでにそこでドキドキ。

 できるだけ良い席を狙うんだけど、ゆっくり考えてると取られてしまうんじゃないかと思ってドキドキは最高潮に、そして「まあ、ここでいいや!」とクリックする。

 購入の手続きを終えてから、念のため、第二希望日の座席表画面を見ると…ぎゃぁ~~~こんないい席がまだあるじゃ~~~ん!! 私のばかばか!! 同じ金額でこの席かぁ…。あそこで慌てて決める事なかったじゃ~~~~ん!!泣。 となる。

 この数年間、ネットで上手にチケットを取って満足できた事は数回しかない。いつも後悔ばかり。

 さて、そんな私が今回は3月3日の豊田スタジアム サッカー日本代表 バーレーン戦のチケットをとることに。

 1月22日に「抽選先行販売」の申し込みがあった。

 「寿人も今月は召集されてるし、多分、3月も大丈夫だろう」という前提。

 代表の寿人を豊田スタジアムで見る機会なんてそうそう無いでしょう。水曜日だけれど夫も「会社は××するから行ってもいいよ」と。

 で、せっかくならいい席で…と プレミアムシートを奮発する事にした。(だって代表寿人が豊田スタジアムって千載一遇のチャンスだもん!)

 ところがプレミアムシートに限り、一般販売と同じ2月7日のみ。その日、夫は神奈川に行って居ない。…いや~な予感。

 まずは日本サッカー協会のサイトで当日の申し込み方を何度も何度も見て予習しておく。

「事前にチケットJFAに登録が必要」とあって、それも済ませる。

 ここに落とし穴があったんだけどね…涙。

 名前や電話番号からだと思うけど、『すでに登録されている「チケットぴあ」と連動させますか?』と出たので、たくさんの窓口持つと面倒だから「はい」にした。

 そして7日 日曜日。前夜から泊まっている母に「新聞でも読んでて」と言い置き、午前9時55分からパソコンを立ち上げ、JFAサイトのチケット購入画面を開き『本日10時より販売』にカーソルを合わせて待つ。準備万端!

 10時!アクセス集中ですぐには購入画面には入れないだろうと思ってたら、すんなり最初のクリックで入った。

 落ち着いて落ち着いて…「プレミアムシート2枚組」をクリック。いけた!

 こんなに簡単に購入手続きまで行けちゃうとは☆

 手元には登録したIDやパスワードや支払いカードも置いてある☆

 それを見ながら間違えないようにIDとパスワードを入力。

 …なのに「IDかパスワードが違います」って(汗

 もう一度 メモを見ながら入力。

 「違います」

 なんでよ~~~泣。

 あ、もしかして登録したばかりの「JFA」じゃなく「チケットぴあ」のID・パスワードでいいの? と気付いて入力してみたら、さっきとは違う画面が開いたけど「入力の規定数を超えたので、ブラウザを閉じパソコンを再起動してください」と出た!

 再起動なんてしてられますか!? と まずはブラウザを閉じ、IEをクリックする所まで戻って再挑戦。無事に購入画面にたどり着き同じ作業をする。

 そして「パソコンを再起動してください」

 ひぃーーーーーーーーーー!! 

 再起動再起動!!

 数分後 スムーズに3度目の購入画面にたどり着く。

 そして「プレミアムシート完売」のバナーを見て愕然とする。

 10時8分…。

 おまけに、さっきまであった一般販売の「カテゴリー1・2・3・4」が消えている。

 カテゴリー5(自由席)…! 私は良い席を取るために走って行けないのよ。夫が走ってくれるけど、早めに行って開場までは並んで待たなくちゃいけないし。

 カテゴリー5じゃ、寿人なんて豆粒だよ。ゴマ粒だよ。ミクロだよもう行くのやめとこうかな。ショックで悲観的な事しか浮かばない。

 夫に電話してみたけど、マラソンの準備にとりかかってる時間帯で、出ない。

 カテゴリー5も完売してしまうかも!と新たな強迫観念にかられて、独断で申し込む。そうそう完売しないのに。

 完了。コンビニでチケットを受け取るのだけは慣れた。

 あらためて、豊田スタジアムの座席表を見て、悲しみがこみあげる。 

 ばかばか!! 私の馬鹿!! 最初から「チケットぴあ」のIDを入力しておけば良かったんだ。

 ベンチ裏でアップしてる寿人を目の前で見られたのに。

 こうしてブログを書いてると、あの瞬間の悲しさがよみがえってくるわ。

 今はもう、当日 夫に頑張って走ってもらうだけです。でも・・・いくら会社を××んでくれても、何時間も前から行って並ぶ気力は 私にはありません。さすがに夫だけに並ばせるのは忍びないし。

 私はチケットをとるのが下手! この先、上手になる事があるのかしらん?

|

2010年2月 8日 (月)

東アジア選手権 中国戦

2月6日 土曜日

【日本代表 対 中国】 寿人途中出場

 夫が神奈川マラソンに泊まりで出かけたので、母を家に泊めた。

私「7時からサッカー見るからね」

「ゆうこが最近 サッカーサッカーって言うから、お母さんも時々見てるよ。夜中にやってるの、面白いねぇ!」

 母は10時過ぎにはうとうとして、深夜12時頃 目覚めてテレビをつけるので、おそらくスポーツニュースを見たんでしょう。あれはゴールシーンばかりを流すから、見てると面白いでしょうね。

「一人、可愛い子がいるんだわ~」 おぉ!そこを見てるか! さすが私の母! 

 選手入場が始まったので、その「一人可愛い子」を確認しようと まず画面のウッチーを指さして

「この子?」違う」 スタメンで他には「可愛い子」はいないしなぁ。玉ちゃんは「可愛い」じゃなく「ハンサム」だし。

 手元にあった『サッカーai』の<あなたが選ぶベストイレブン>のページを開き、柏木をさして「この子?」違う」 中澤聡太をさして「この子?」可愛いけど、違う。もっと普通の顔の子だった」と。

 その下に寿人があったので「私の好きなのはこの子だよ!」 「誰かに似てるねぇ 「○○(実の弟)じゃない?」 「あ~~~そうだねぇ~~~!」 で 可愛い子探しは終わってしまったけど「普通の顔で可愛い子」って…こわんこ山田クンだったかも~~~!! もう一段下まで行けばよかった。もしそうなら、78歳の母の感性、おそるべし。

 そんな事をしてる間にキックオフ。サブメンバーの一覧画面は出たんだろうか? それを見る為にしばらく画面に集中。

 「3試合で控えの選手を全部使う」とか「いろんな組み合わせを試す」とかって監督の言葉が新聞に載ってたけど、この前少しだけやった「平山・寿人」のコンビネーションをもっと試してくれないかな?

 6日の朝刊は、玉田とボールを奪い合う寿人の写真なのよ~。まあ地元紙だから「玉田」で、偶然、寿人が一緒に写っただけなんだろうけど…。

 そして…先発予想されてる玉田とボールを奪い合ってるって事は「相手チーム=スタメンじゃない」…だよね。

 ちょっと~~ほんとにサブメンバーの発表っていつなの? 母としゃべってる間に出ちゃったの? 寿人はベンチにいるの?

 サブメンバー表を待ち続けて前半終了。汗。

 お風呂を楽しみにしてた母が、サッカーが終わるのが9時過ぎと知って そわそわし出したので「ハーフタイムまで」と待たせた。

 前半途中でお風呂の湯を入れ始め、ハーフタイムに急いでシャワーや水道の使い方を説明する。本当は一緒に入って洗髪してあげたかったのにな…。

 キックオフまでに蒲団を敷き、化粧水などを並べておく。

 後半開始。

 ゴール裏に緑のビプスの平山と小笠原が映る。その向こうに寿人らしき人が走ってる。って事は…出る可能性はある?

 ♪おーおー たぁーまだ~、おーおー たぁーまだ~、カモンゲッタゴォーール、おーおーおーー♪ あぁ~あ、玉ちゃんチャントが聴こえてくるわ。(でもこのチャントいいんだわ)

 後半14分過ぎ「平山が準備しています」

…あ~平山かぁ…寿人じゃないのかぁ…。あ! でもその後、平山・寿人コンビやるかも。

 玉田と交代。実況が「今日の切り札として平山投入です」

『今日の切り札として』…今日の…じゃあ、もう寿人の出番は無し?

 

 「あ~いいお風呂だった~」と頬を上気させて嬉しそうに出てきた母が

「お母さん、野球よりサッカーの方が好き。おもしろいから」と。 …うん、野球よりも動きがあるからね(苦笑)

 そしてご機嫌な母の面白つぶやきが続く。

「ゆうこの好きな子 勝ってるの?」 「…まだ出てないの」 寿人が勝ってるってどういう状況よ…笑。

「けっこう勝負に時間がかかるね」 「90分だからね」 母はどういう勝負のつき方を想像してるんだろう? 笑。

 実況アナが解説の清水さんに「今、日本に何が必要ですか?」

「シュートですねぇ」 寿人ぉ~~~~~泣。

実「今回は交代枠が限られてますが、平山投入後、監督は動きませんね」 うぅ~『今日の切り札』だからさぁ…。

 そしてこの実況、もしかして清水さんに「佐藤寿人を入れてみるといい」と言わせたかったの?

 中国のPK。楢崎がすっごくいい顔してる。母が「この人 男らしいいい顔してるねぇ~!」おそるべし母娘シンクロ。

 この瞬間、私は「楢崎止めるわ」と思った。「絶対止めてーー!」じゃなく「止めるられるわ」と 軽く思った。

 そして本当に止めた! さすがにうおぉーーーーーー☆ 楢崎~~~素敵過ぎる~~~!!

 ところがその直後「PKを取られた瞬間、ベンチでは『追いつかなければいけない展開』になるからと佐藤寿人を呼んだが、楢崎が止めたので『もう大丈夫』と、佐藤はまたジャージを着ました」って。  

 え゛ーーーーーーーーーっ!! 楢崎のおたんこなすぅ~~~好きだけど…止めてくれてありがとだけど。

 平山が頭で落とし、大久保がボレー。「うわぁーーー!」←複雑な叫び。

 母が「何? 勝ったの?!」 …ん~~母にとって「勝つ」って何だろう? ゴールの事かな。

 母に本当のゴールの歓喜を見せてあげたい。

 洗髪した母にドライヤーを当ててやるつもりで用意してたのに…40分寿人投入で、母放置。

「寿人出た!! 寿人出た!! この子!」と画面を指差す。 小学生の頃、学級写真で好きな男の子を母に教えてる時みたい。

「これを見に、いつも広島まで行くの 「これは日本の代表チームだから違うよ」

 テレビの前に立って「これ!寿人」「ここ!」と 寿人を指して母に教える。寿人がジャンプして誰かとぶつかると

「ほぉっ!痛かったねぇ~!」

 誰かの蹴ったボールがラインを割ると「外へ飛んだのはダメなの?終わり?」 母に説明するのは難しい。

 こんな状況だから いつもみたいに集中して見てない…って事は、寿人ゴールあるかも~~! 母に寿人ゴールを見せたい、跳びあがって喜ぶ私も見せたい、きっと母も一緒になって「勝ったの?勝ったの?」と喜ぶことでしょう。…と欲が出てリアル想像しちゃった。

「赤い服の人は何?」 ずこっ!笑。

 楢崎のゴールキックを寿人が頭でそらして平山へ。寿人かっちょいい~☆ そして楢崎のキックやっぱりすごいわ。今期は西川→寿人ってシーンが見られるのかな?

 0対0のまま終了。

 うぅ…寿人ゴールどころかシュートも無かったか…(私が見落としてるかも)

 遠目に映る寿人って本当に可愛いなぁ~♪ 赤いシューズいいよ~♪ これから代表ではいつも赤い靴にしてほしい。

 選手たちがスタンドに手を振りながら場内を一周する映像を見て、母は「かっこいいねぇ~~~!」と拍手喝さい。

「観客に挨拶してるの?ふぅーん(←感嘆)」

 寿人コート長っ!!笑。

 そして母の極め付け…この人もいい顔してるがね」 ひっ!平山!!

「背も高いし」 …母は背が高いのは高評価。

 私も寿人を好きになる前は平山すごく好きだったのよね。ここまで好みが似てるとはね…汗。

 なんだか集中できないまま終わってしまった。

 まあ本来がミーハー観戦なので、これもヨシです。

|

2010年2月 5日 (金)

おねだり☆

 今日はOちゃんが遊びに来る日。

 先日、郵便局の「1月・2月の記念切手等」のチラシを見て「春のグリーティング切手シート(シール式)」が欲しくなった。

 自分で買いに行けばいいんだけど、発売は1月25日からだったので、もう売り切れてるかも…と思い、金曜日に来る約束のOちゃん(郵便局にお勤め)に「もしあったら買って来てくれない?」とお願いした。

   100205a

 そして今日、50円切手シートを3枚と80円切手シートを2枚、Oちゃんは買って来てくれて「ゆうにプレゼントするわ」と。

「だめだめ~~!」 そんな事もあろうかと思って、あえて3枚と2枚頼んだんだよ。1枚ずつだったら絶対にOちゃんはお金を取らないだろうから。

「いいのいいの。プレゼントさせて^^」

「だめだってぇ~~」と 『おばさんに有りがちなやり取り』を繰り広げた。

 そして私は言った…「切手は買うから、そのクリアファイル頂戴~♪」

 Oちゃんはビニール袋に丁寧に入れた切手シートを これまたご丁寧に可愛いクリアファイルに入れて持ってきたのです。

 100205b それは小型で開きになってるの。とってもお洒落で可愛いの♪

「いいよ~」と気前良くくれたOちゃん。

 化粧品のノベルティなんだって。

 …って事は自分では買えないわけで「ほんとにいいの?」と 一応念は押したけど「頂戴」と言われた手前「あげられない」とは言えなかったかも…。

 Oちゃんが帰ってから、しげしげと見て…本当に可愛くて素敵♪

 そして…切手代よりも高くついてるかも~~~汗。

 私の一方的な、ど~でもいいような話を「ゆうの話 聞くの好きだからさ」と長時間聞いてくれた揚句、可愛いクリアファイルを奪われてしまったOちゃん…ごめんよ。

|

2010年2月 4日 (木)

焼き芋にもいろいろあり

 「天津甘栗蟻地獄」から逃れて、今は「焼き芋キャンペーン中」の私。

 一昨年だったか、いつものスーパー『N』の焼き芋コーナーに「安納芋」なるものが並んだ。その店は普通の焼き芋は裸で焼き石の上に置いてあり、安納芋はアルミ箔に包まれていて値段も少し高かった。

 店員さんに、どう違うのかたずねてみると

「安納芋はスイートポテトみたいに濃厚です。好きな人は好きだけれど、ダメって人もいます」って感じだった。「スイートポテトみたいに濃厚」に惹かれて買ってみたら…私もダメな人だった。

 あのべっちゃり感が好きじゃない。確かにかなり甘い。芋ようかんみたい。でも…私の食べたい焼き芋じゃな~い!

 って事で、それ以来、私は一度も安納芋を買わない。(好きな人もいるはずなので、これを読んで「私も買うのやーめよ」って思わないでね。一度食べて見て。好きな人かもしれないから)

 もう一つの店『S』の焼き芋は一つずつ紙袋に入って焼き石の上に置いてある。それもかなりおっきい。(値段は2倍弱…重さに比例してるのね)

 さて、先日その『S』に、アルミ箔包みの焼き芋が並んだ。安納芋とは書いてない。大きさも私が知ってる安納芋じゃなく、いつもの焼き芋サイズ。

 「紙袋が無かったのかな?」と軽く考えて、アルミ箔包みの焼き芋を買った。

 …ワクワクと家で開いてみたら、あぁ~~~ん、べっちょりだった~~~。すっごく甘いんだけど、私の理想とは違うのよ…。

 安納芋ではないけれど、そういう種類のお芋さんだったのね。アルミ箔包みは私には鬼門だ。

 そして今日、いつもの『N』でアルミ箔安納芋と並んでスリムな裸の焼き芋さんがあった。

「おぉ!これだわ!」と 3本の中で一番大きそうなのを袋に入れてもらった。家にはまだ火曜日に『S』で買った「べっちょり芋」が少し残ってるのにね。

 今、食べてみたら…ううん、食べる前に割っただけでわかる。ほくほくなの。

 うん、私が食べたいのはこれよ!

 甘さは「べっちょり芋」の方が断然勝ってるんだけどね。

 このホクホク感は、口の中でもっさりもするし、胸やけもしそう。でも好きなの!

 あああ~~やっぱり焼き芋って美味しいなぁ~~~♪

|

2010年2月 3日 (水)

ベネズエラ戦

 2月2日 火曜日 九州石油ドーム キリン・チャレンジカップ

 【寿人後半30分より出場】

 1日の夕刊から必死になって動向を探ろうとしてた。寿人は出られるのか?

 中日も日経も寿人の「ひ」の字も無い。

 ところが中日新聞2月2日の朝刊に「公式練習で調整する岡崎・佐藤・小笠原」と写真が掲載された。小笠原が出したとおぼしきボールが寿人の前にある。

 むむむぅ~~岡崎と小笠原~!? 3人のコンビネーション?そして3人を迎えうとうとしてる背中は中澤のように見える。 って事はこのメンバーは主力組じゃないの?

 そんな嬉しい妄想をしつつ夜を迎えた。

 試合直前の映像。ピンク11番のビプスでストレッチしてる後ろ姿は寿人だ!(乾かなぁ…と弱気になる)

 ピンクのビプスか…ん~遠藤はつけてないぞ…中澤は黄色ビプスだ。ん~~どっちが出るのよ~。

 キックオフ。私はサブメンバーを早く知りたい。

 画面左側に一覧が出る。 

 見慣れた「佐藤寿人」の文字を探す。…無い!! もう一度見るけど無い! 

「いないじゃん!」声が裏返る。そしてドキドキしてひざ下の力が抜けた。

 そしたらね…さっきの画面はMFまででした。続いてFWのサブメンバー。

あったぁ~~~!よかったぁ~~~!!(後でよく考えたら、故障者以外はベンチには入ってたのかも)

 リーグ戦、広島の試合を見るよりも気楽に見てる。ただしカメラがベンチを映すと集中する。岡田監督が映る。

「もっと右!! カメラ もっと右~~!」ん~そんなにしてまでベンチの寿人を見たいのかしらん? 汗。

 解説の風間さんと清水さん、どっちか忘れたけど「佐藤寿人、この人も気が利いてる小柄なプレイヤー」だって。寿人を褒めるフレーズにだけは敏感で、前後はよく聞いて無かった(汗

 落ち着いてくると、広島に移籍してきた西川の事も気になってきた。ベンチに何人入れるのか知らないので

「サブGK、西川って入ってた?」と夫にたずねる。

 さっき一緒にサブメンバー画面を見てたはずの夫が「わから~ん」

 夫も、寿人の名前を探すのに必死だったもよう。

 前半終了。

 後半開始。

 まだまだ気楽に画面を見てて…ハッ!!

 後半寿人が投入されて決勝ゴールを決める映像がリアルに浮かんでしまった。

「あーーーーだめだーーーー!! これ想像しちゃだめーーーー!」

 平山・駒野が準備。はぁうん! ほんとに平山ってここへ来ての覚醒だもんねぇ。駒ちゃんと一緒に寿人を出して~!

 憲剛君が平山と交代。そんなぁ~~~! 寿人の為に憲剛君は残しといてよ~泣。

 そして28分頃、ピッチ解説の山口さんが「日本側動きがあるようです」と。画面にはベンチでコーチから指示を受けてる金崎と寿人の姿が!

 きゃぁ~~寿人って やっぱり可愛いなぁ~♪(と言われても寿人はちっとも嬉しくないでしょうが)

 つやつやのマッシュルームカットみたいな髪に、上半身はピチユニが張り付いて白いパンツはキュロットスカートみたいで…ほんと可愛いの。

 小笠原はやっぱり存在感あるなぁ…と感心してたのに 30分、その小笠原と交代。

 おぉ!残り15分。いつもの寿人タイムよりも少し長めだわ。それまでの姿勢とはうってかわって、乗り出して見る。

「寿人はどこよ?」珍しく赤いシューズだ。ファン感の写真で見たけど、私は何となくこの赤い靴好きなの。寿人らしくないけど意外に似合ってる。

 そして…解説の清水さん(風間さんかも)が「イナがボールを出したが、佐藤寿人はサイドバックをはずしにかかってるんですよね。この辺も見えるようになると良さが出てくるんですがね」って。メモなので表現はちょっと違ってたかも。

 でも「はずしにかかってる」って言葉がとっても心地よかったの。画面には映ってないのに、ちゃんと見ててくれてるんだね、それも嬉しい。

「せっかく佐藤寿人が前線で頑張ってお膳立てしても そこにボールが来なければ…」とか。ほんとよーーー!

 実況アナウンサーか清水さんか風間さんか忘れたけど

「テレビを見てる人なら誰でも知っているでしょうけど、仙台でも広島でも献身的なプレーをし、決めるところでよく決めるんですよね」とか

「小さいので、まずDFの陰に隠れて、ギリギリのところから飛び出すので(出し手は)それを見てないと」とか。

 おりしも駒ちゃんがボールを持って駆け上がる。

「駒ちゃん 寿人見てぇ!寿人見てぇ!」

「前へ行く振りをしてDFから離れていく、緻密さがある」とか。 

 なんか寿人の事ばかり言ってくれてるように感じるのは、私がそれしか聞いてないからかなぁ?

 そして決定的チャンス。平山の頭を越えたボールはゴール左前の寿人のところへ。頭をくいっとひねって合わせたヘディングシュートは枠の左へ…。 

 仰向けにひっくりかえって悔しがる寿人。(槙野の悔しがり大の字にちょっと似てる)あんな寿人を見るのは初めて。本人が一番残念だったんだろうな。

 残り時間もわずかになった時

♪ひっ・さっ・とっ!ひっ・さっ・とっ!♪ と聴こえて来た。これも私だけが聴こえる空耳?他の選手の個人コールは一度も聴こえてないんだけど…。

 もしかして広島から大勢のサポーターが応援に行ってるのかも。

 0対0の引き分け。

 寿人のあのヘディングが決まっていれば…私が寿人ゴールをリアルに想像しなければ…。

 「寿人をスタメンに!」とは言いません。でもスーパーサブで使うのなら、寿人を出した瞬間から、サンフレッチェ広島みたいに「ボールを持ったら寿人を探す」って徹底させてほしいわ。

『DFをはずしにかかってる』寿人をちゃんと活かしてほしいわ。 

 まずは本日、6日からの東アジア選手権のメンバー23人に残る事ができました。

 どうかどうか…寿人らしいプレーをしてゴールして、W杯出場確定となりますように。

|

2010年2月 2日 (火)

自然に防御する

 少し前まで、階段を上る時は、(健常な方の)左足が先だった。そして赤ちゃんみたいに一度同じ段に両足をそろえて、また左足から次の段へ。

 それが最近気付くと、右足から上がっている。…左股関節が痛くて体を支えられないって、無意識に分かってるからでしょうね。

 股関節を悪くしてから、床に物を置いたり拾ったりするのが苦痛になった。

 女らしく斜めにかがむって事ができないから。

 お行儀悪いと思いながらも、床へは投げるように置く。床の物をちょっと移動させたい時は…足でする。(情けない)拾う動作はできるだけ避ける。だから夫と外出して靴を脱いでげた箱に入れなければいけない店なんかは、夫が靴を持ってくれる。

 …以前は夫の分も私がやってたのよ。

 大人の女性として当然のたしなみなのに、体の都合でできないって悲しい。

 私の事情を知らない人は、まさか股関節が悪いなんて思わないから「あの人、お行儀悪いわ、がさつ」って思うよね。

 事情を知ってる人でも「こんな事ができない」っていういくつかの事は思いつかないだろうなぁ。

 近しい人には「これができない」「あれが苦痛」と言いまくってるから かなり理解してくれてるけどね。

 もともと車の運転は苦手で、自動車学校では車庫入れに苦しんだ。だから股関節のせいだけでは無いんだろうけど、うちのマンションの機械式駐車場の奥へ入れる時、後ろを見るのが難しい。

 首だけ動かせばいいんだろうけど、普通は腰からねじれるよね。で、右股関節が痛かった時は、すごく庇ってて、後ろをしっかり見ることができず、何度も何度も切り返さないとダメだった。

 最近、右側にねじってるのに左側も痛い事に気づいて(左の変形が進んでるからよね)、ますます車庫入れが下手になった。

 …これも老化のせい?! 

|

2010年2月 1日 (月)

スーパーサブ☆

 代表合宿の映像を見たくて、スポーツニュースをめぐる。

 みんなでランニングしてる中に寿人を探す。

 中澤の傍で走ってるのを発見。

「うん、寿人良いポジショニング☆」

 でもさ、平山選手と小笠原選手ばかりが注目されてるのよね。

 

 中日新聞スポーツ欄に「サバイバル・サッカー日本代表合宿」ってのがある。サバイバルって言うくらいだから「出場できるかどうか」って選手にスポットライト当てるんでしょうね。

 平山選手とか岩政選手とかの記事が載った。

「ここには近いうちに寿人載るでしょう!」と変な期待。

 そして! 29日金曜日 その時はやってきた!

 でもね…でもね…なんてこと!?

 興梠選手とセットなのよ!

 それまでは一人ずつだったのにぃ~~~。

 コラムの最後には「切り札をめぐる争いも激化の一途をたどる」って…。

 「スタメン奪取」じゃなくて「切り札をめぐる争い」なのね。

 寿人は「スーパーサブとして必要とされている」事に誇りを持って頑張ってるようだから、私がとやかく言う事じゃないけど。…でもなんか…ぐすん。

 どうかどうか、日本の勝利を決める貴重なゴールをたたきだして「スーパーサブ」としての輝ける歴史を作ってほしい。

 さて、そんな寿人のブログに乾選手とのツーショットが公開され「似ているとよく言われていたのでどうですかね?」って(笑

「お互いこども店長にも似てるって言われるので」って…涙笑。

 今回、乾選手が代表召集されて、私は「お~この二人が揃ったら、みんなに『似てる』って言われないかな?」と思ってた。

 ぼんやりと不細工な速水もこみちがドリンクを飲むと シャキッとかっちょいいもこみちになるCMがあるでしょう?

 実は私の中では あのドリンクを飲む前が寿人で、飲んだ後が乾選手なのです。(好きなのは寿人でございます)

 一緒にピッチに立ったら、外国人選手は区別つかないかも。マークをはずすのにいいんじゃない?

 勇人と組むよりも効果ありそう。

 …ああ、そんな事を言いながら、もう明日は代表戦じゃん。

 寿人がどうか出られますように。そしてゴールできますように。

|

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »