« 小花モチーフマフラー伝道師 | トップページ | 寿人の居ない代表戦 »

2010年3月 2日 (火)

すごい想像力

 左股関節がすごく痛い。

 寝てても痛い。蒲団の中でちょっと動いた瞬間が痛い。激痛ではないけど「あ~左骨頭もダメか~」と思うとやりきれなくて痛みがじわじわと響いてくる。

 ちょっと前かがみになった時が一番痛いので、骨頭の前面が陥没してるんだろうなと想像する。

 私のこの想像力には 自分でも呆れて笑える。

 以前、腸閉塞の手術をした後、血抜きのドレーンがお腹に入ってた事がある。

 冷静に考えれば、術後の炎症でお腹全体が痛かったんだろうけど、私の頭の中では、ドレーンの先っぽがお腹の中にある映像がくっきり。

 担当医に「管の先が膀胱の上に当たってる感じがして痛い」と訴えた。

 膀胱の上の感覚がある私って。(爆

 今もその想像力は健在で「左前部分が陥没してると、ラウエンでも写りにくいかも…よっぽど開かないとダメだな…でも痛いから開けないのよ」と 次々とリアルに想像している。

 「ぎりぎりまで我慢して人工関節にする」と宣言してたけど、今度の診察で「人工関節手術の申し込みしようかな…」とまで思い始めている。

 右の骨切り回転術の後、数年後で痛み始めた時は「こういうものなんだわ」と、日常的な痛み(今よりもひどかった)も受容してたのに、こらえ性が無くなってるのかな。

 「人工関節にして良かったよ」って言う知人と会わなかったら、ずっとあのまま痛みと付き合ってたのにね。

|

« 小花モチーフマフラー伝道師 | トップページ | 寿人の居ない代表戦 »

病気(SLE・骨頭壊死など)」カテゴリの記事