« 揺れる心 | トップページ | 友達解禁 »

2010年5月19日 (水)

ドキドキした…

昨日の写真が大き過ぎるのは、よ〜くわかりましたが、携帯から修正できず、あのままにします(涙)
友達数人から「楽しそう、幸せそうに見える」と感想が届いてるから もういいや…汗。

T子さんが、オリジナル眼帯のサイトを探して印刷してきてくれた!
それはとっても嬉しかったんだけど…。

5月18日 火曜日【9日目の追加】
夜、S先生がみえて、今朝の
蛋白尿…+3→+2 (これは良し)
尿潜血…+2→+3(ダメじゃん)
血液…悪くなってはいない。
とのこと。
そう…私はステロイド服用すると しんどさは すぐ消失するけど 異常数値はなかなか改善しない。今まで同じ治療してる子達が次々と陰性になっていくのに 私だけは大きな変化を未経験。
ステロイドが6錠に減ったのも、効果があったからじゃなく
「効果の出ない投薬はダラダラ続けない(とS先生が言ったと理解した)」わけで。
最初に話があった免疫抑制剤を使う事を考えたいと。
「せっかく入院してるんだからお願います。怖い副作用とか痛い検査は無い?」(←これが一番気になる)
私が長期入院覚悟してると言うと、先生が何だか申し訳なさそうに
「免疫抑制剤は通院で使えるし、目はね…」と口ごもるので解った。
「目は完治せず退院もありね」
「…そうです」
オリジナル眼帯の話も聞いてくれて「買っても使わなかったって事もあるからね」
「だよね」
「W先生と相談しながら免疫抑制剤は考えるから」
「色々面倒かけますが、よろしくお願いします」
ステロイドで効果が出ないのは先生も張り合いないよね。でも一生懸命考えてくれてるから、すごくありがたく感謝して消灯した。
どうせいつもの動悸で寝付けないと思ってたんだけど…違う動悸。
感情的に胸がドキドキして横になってられない。そっとベッドに起き上がり、さてぐるぐる思考の始まり。
今回の入院で初めてのドキドキ。これがなきゃパラダイスは味わっちゃ駄目よね。
…そんな軽いものじゃなく、悲しいのか怖いのか何が辛いのか解らないのに「なんかやだ!」
もっとすごい絶望感は味わったから それよりはマシ。
何が駄目なの?
退院してオシャレして眼帯とステッキで歩く姿…やだ。やだ。うえ〜んって泣きたいよ。
看護師さんの循環時間が近づくと寝たふりして、また起き上がる。

5月19日水曜日【10日目】
朝 まず部屋の人達に報告して涙じわり。なんか泣き足りない。…う〜ん、泣くほどの事じゃない気がしてきた。
タイミング良く研修医のY先生が来てくれて、詳細を話して一緒にうなだれてくれて…あら、やっぱりもう大丈夫みたい。
眼帯すれば生活はできる。片目の不便は慣れが必要だけど。
朗読も音訳も片目でできるし、オリジナル眼帯したら、お姉様方が「ま〜花桃さんらしい、素敵じゃない!」と絶対言ってくれる。←ナルシストなので ここまで想像する。
一つだけ、新しい決意。
今まで何でも受容してきたけど、今度は抵抗する。
「眼帯でいいなんて思わずに、絶対元通りになる!」と思うことにした。
…でもね ショックを和らげる為に「オリジナル眼帯すればいいや…」と思ってるのもたしか。

|

« 揺れる心 | トップページ | 友達解禁 »

日々のこと」カテゴリの記事

病気(SLE・骨頭壊死など)」カテゴリの記事