« 入院ボケ | トップページ | お部屋模様 »

2010年5月28日 (金)

出張美容室

一昨日 Mちゃんから「明日顔見に行って大丈夫かしら?」とメールがあったので「髪をカットして」と頼んだ。
彼女は若い頃、美容師の資格とってるのよ。
「ずっとカットなんてしてないけど勇気ある?」
あるもなにも…工作ハサミで前髪ぱっつんにし、その後も足りず、トップ部分をつかんで5センチくらい切ったばかりでございます。
4時近く名古屋から来たMちゃんと お供のKちゃん。ベッド横でにわか美容室開店。
新聞紙に穴を開けてかぶり、顔の前でも新聞紙を広げて受ける。
「昔のサーファーカットみたいにして」
「そんな高度な事を言われてもねぇ」
すでに土台は私がガタガタにしちゃってるしね。
私は目を閉じてるので 助手のKが
「わ!Mちゃん、美容師さんみたい〜」と歓声をあげる。
「ここ、こんなに長さが違ってるわよ」
「そりゃぁ私がいい加減に切ったとこだもん」
苦笑されつつ終了。ひどい土台をかなり見事に修復してもらえた。
ちょっとどんぐり♪
Mちゃんが 今 勉強中の手のひらセルフケアの施術を受け、Kも私もとろ〜んと眠くなる。

5月27日 木曜日【18日目】
毎日覗いてくれる研修医Y先生(年齢は娘ね)とは雑談や 忙しい先生には聞けないくだらない事を聞いたりできる。
この日は、私の体の中は熱いのに皮膚が冷たいと言ってて 足先、背中、腰を触ってもらった。
「え〜こんなに冷たいんですか!」エヘッ(*^.^*) なぜ嬉しいんだろ?
「膠原病の事、たくさん勉強はしたけれど、実際にこういう状態を知らないから勉強になります」
健気でしょ〜☆

5月28日 金曜日【19日目】
尿蛋白…+2 変化無し
潜血…+− 前回より一歩後退
う〜ん、これが−で固定されれば 腎臓の炎症は治まったと思えるんだけどな。
血液中のアルブミンは少し増加。流れ出てた分が溜まり始めた様子で○(私の理解ね)

夜、S先生の回診で
「今日の小テスト(採血・採尿)の結果、Y先生から聞きました。潜血+−でしたね〜」
「潜血の+−はね、+と大きな差があるから気にしなくていいです」よかった〜。
そして大事なお願いをした。
母が私に会えなくて寂しくてどうしようも無いの。『おばさんを乗せてくるわ』と言ってくれる友達もいるけど、せっかくなら私は友達ともおしゃべりしたい。
それで実家方面に近い友達が来た時、一緒に乗せてもらって実家に行き、帰りはタクシー利用と思いついた。
ただ、それだと先生の許可がすぐに貰えなきゃ実行不可能。
そこで『フリーバス』を申請してみた。
「いいですよ。ただし感染が怖いから風邪っぽいお友達の車はやめてください」
「はい。風邪っぽい友達は来ないから」
「皆さん、よくご存知で」(*^.^*)

色々な患者さんの話を聞いていて、私の将来は楽観してちゃいけないんだと、改めて感じた。
年齢と共にSLEは活動しなくなると単純に信じてたのに、今回のていたらく。
ステロイド充満の体内には すごい影響が蓄積されてるだろうし、骨粗しょう症は間違いないから、この先、とんでもない事で骨折するんだろうな…。
自分なりの制限を設け、無茶しない生き方してきたつもりだけど、元気が続くと できるハードルも気付かないうちに上がってるんだよね。

|

« 入院ボケ | トップページ | お部屋模様 »

日々のこと」カテゴリの記事

病気(SLE・骨頭壊死など)」カテゴリの記事