« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月31日 (火)

お嬢ちゃんに諭されて…

 買い物に行ったスーパーでの出来事。

 私の食料品の買い出しの楽しみは「お菓子と果物」

 今日も 食材を一通りそろえてから、お楽しみコーナーを巡る。

 北海道展みたいなのをやってて、北海道チーズケーキとかコーヒー牛乳プリンとかバームクーヘンとか、心をくすぐる商品がいっぱい♪

 コーヒー牛乳プリンは小さいのに398円もする。ちょっとためらう。後でもう一度来よう…。

 その横に見切り品のロールケーキが目に付いたから、あっさり諦めがついた。ロールケーキお買い上げ。

 移動してバームクーヘンのところへ。 チョコとチーズとプレーンのポップがある。チーズがいいんだけど売り切れらしい。

 「どうしよっかなぁ~」と考えてる横に 同じように考えてる女性が…。あ、さっき牛乳プリンのところでも会ったよ…。

 バームクーヘンの横にチーズケーキがあったので、それを籠に入れる。

 それから いつもの「スーパーのシュークリームとかワッフル」の並んでるコーナーも覗く。

 そしたら…またさっきの女性。そっか~私と同じ嗜好なのね!

 と思った瞬間、まさに私が もっとよーく見たかったショートケーキに彼女が手を伸ばした。絶対にかぶってるわ。

 北海道展とは違うけど、いつもは売ってないケーキなの。真ん中に何が挟まってるのか私も見たいのよ…。買いたい気持ちの最終確認ね。

 と考えてたら「ケーキはダメっ」

 え?! 

 よく見ると彼女が連れている小さな女の子。

「ダメなの~?」とママ。 私も心の中で「ダメなのぉ~?」とつぶやく。

「ダメぇ~」と女の子。

 ママは戻しました。

 私も「はぁい…」と心の中で小さくつぶやきながらも、一応 手にとって見た。

 なんかやたらとクリームが多い。カスタードクリームじゃ無さそうだし…うん、ここはやめとくわ。

 ママは どんなおやつを買ったんでしょうね?

 ここまで読んでお気づきの方もいらっしゃると思いますが…花桃 いかにもケーキをやめて偉いでしょう!みたいに書いてますが、その前に籠に入れた物は返してませんの(汗

|

2010年8月30日 (月)

第21節 サンフレッチェ広島 対 モンテディオ山形

8月28日 土曜日

【広島 対 山形】 広島ビッグアーチ (スカパー観戦)

  soccer2対1 広島勝利
  soccerゴール…浩司・ミキッチ

 スカパーでもリアルタイムに観戦できる幸せ♪

 山形の西河がサブで残念。

 寿人係の西河が見たかったりして…苦笑。

 

 今日も寿人のゴールが見たい! 得点ランキング上位に居てほしい!

だから…私は極力 力を抜いてみなければいけない。

 ゴール前の寿人にボールが行くと、すっごく意識して あえて鼻歌を歌う。

 敵陣にボールが行くと、普段ならボールの無い所の寿人を見てるんだけど、それもあえて見ないようにする。

 …こんな変な意識で45分間はあっと言う間。

 そして後半。

 寿人がシュートを打とうとしてPA内で倒された。膝から落ちたように見えて青くなる私。アフターゲームショーでは、野々村さんが「DFとしては、こんな所まで切り返されるとは思ってないから、足が引っ掛かっちゃうんでしょうね」って言ってた(私の理解なので怪しいけど)←寿人の動きを褒めたんだと受け取った。
 寿人がとったPK…寿人が打つかな? 寿人打って! 10ゴール目のチャンスよ!!…あぁ、でももしはずしたら…ここはどうしても勝っておきたい…そんな大事な場面で寿人がもしはずしたら…ファンなのに、こんな弱気でホントごめんね。

 寿人は立ち上がらない。えぇ~~怪我!? どうしよう!!

 キッカーは浩司。ドッガッ!っていい音で決まった。浩司~~~☆ すっごく嬉しいよ~!

 寿人は?寿人は大丈夫なの? …と画面の隅っこに笑顔が映った^^ ホッと安心。

 元々、サッカーを見る目も動体視力も無いんだけど、この日はカメラの動き方によっては、すっごく気持ち悪くて正視してられなくなる。左目の外転神経麻痺が完治してないのよね…。

 時々、薄目になったりしながら見る。

 1失点の後…ミキッチのゴールが決まった!

 この直前、私はゴール前に迫って行くミキッチを珍しくちゃんと捉えてて「あ~ミキッチ~そんな大事にしてたらとられちゃうじゃ~~ん」と思ってたのです(汗)

「紅白試合じゃないんだから~ そんな自分の打ちやすい位置にボール置いてる場合じゃないでしょ~~~」って、そこまでゆっくり思ってたの。

 そしたら決まったんだもん!!

 寿人がこれ以上無いくらいの笑顔でミキッチを讃えてる。いつものように頭と首を抱いて走ってるつもりなんだろうけど、自分の大きさを忘れてるから、抱かれた方は前のめりになるってば(笑) それやってちょうどいいのは航平くらいでは無いかしらん?

 でも寿人って本当にいい人だわ~! 私だってミキッチのゴールは嬉しかった。涙が出るくらい嬉しかった。

「よかったねぇーーー!」「ほんと良かったねぇ~~~」って、ミキッチのアップが映る度に涙声。

 寿人はチームメイトとして『怪我で長期離脱』してる選手の事をすごく考えてるよね。ミキッチが復活してゴールまで決めて(それも入団初ゴール)心から喜んであげてるんだよね。あの喜び方は「喜んであげてる」って言うよりも、寿人自身がすっごくすっごく嬉しかったって思える。いい人だーーー☆

 さあ、もうこうなったら寿人ゴールなんて言ってられないわ。このまま終わって!!

「絶対にもう失点しないで!!」

 広島ゴール前でナカジと長谷川が空中でゴッツン!! 二人が地面に崩れ落ちる。 申し訳ないけど「ナカジ!大丈夫!?」と片方だけを案ずる。

 立ち上がったナカジのアップ。ぎゃっ!! 出血!! ナカジ~~~ぃ!! Mっちが悲鳴を上げてるだろうなと胸が痛む。

 ナカジは いつものひょうひょうとした顔で治療を受けてる。白い太い鉢巻をしたみたいな姿でピッチに戻る。痛いだろうなぁ。後で何針も縫うんだろうなぁ…。ナカジ 体を張って守ってくれてありがとう!

 アディショナルタイム3分。頑張れーーー! 守り通せーーー!

 そんな中で「ヒーローインタビューはミキッチかなぁ~」などと ふと思った不謹慎な私。

「ダメダメ!集中集中!!」と気を引き締める。

 終了のホイッスル。あ~~~勝ったーーーーーーーっ!!

 ミキッチのインタビューにスタンドの反応が無い…終了直後にピッチ内で広島のメンバーが円陣組んでたのよね。あんなの見た事無かった。何かしてるのかな?…と思ったら案の定、全員でボーリングのパフォーマンスしてたみたい。

 それはとっても面白かったけど、ミキッチちょっと可哀想。

 夜のスポーツニュースでも「ここのところパフォーマンスでも沸かせる広島ですが…」って。もちろん試合内容で注目されたいけど、こういうのも悪くない^^

 サッカーに興味の無かった人も「へぇ~こんな面白い事やってるんだ~」って見てくれるようになったらいいもんね。

 そして新しいパフォーマンスを考えて練習して全員でやっちゃうのは、今の広島のチーム状態の良さを表してるよね。

 良い試合をして上位に食い込んでいく為には「仲良し」じゃないとね。ぎくしゃくしたチームでは、100パーセントの力は発揮できないと思うもん。(素人だけど)

|

2010年8月27日 (金)

「ひまわり」ちゃん

 退院後、すぐにお盆休みだった。平日の昼間に夫が居たので、夫がつけてるNHKを一緒に見る事に。(以前の私は習慣で『笑っていいとも』でした)

 『ゲゲゲの女房』が話題になってるのは知ってたけど、入院中も見てなかった。

 新聞でストーリーの進み具合だけは知ってたけど、途中から見ると誰が誰なのかよくわからない。

 ところが…「あ!」と思う人が居た!

 下のお嬢ちゃん。

 最初は「なんだか面白可愛いなぁ」だったんだけど、次の瞬間に「あ!ひまわりじゃん!!」と気付いた。

 2年くらい前かな、香里奈さん主演の『知的障碍のある女性が出産子育てするドラマ』で、香里奈さんの娘(赤ちゃんの次の時代)を演じた子!

 そのドラマも新聞の宣伝で香里奈さんに抱っこされてる赤ちゃんがすっごく可愛くて見る事にしたのよね。

 当然、赤ちゃんはすっごくすっごく可愛かった。

 でもその次の時代の子が これまたすっごくすっごくすっご~~く可愛かったのよ~~。

 香里奈さんが ちょっとお足りんちゃんっぽく「ひまわりぃ~~」と呼ぶのを気に入って、よく真似してた。

 そのドラマが終わって間もなく、果汁たっぷりジュースのCMに大勢の子どもと一緒に「ひまわりぃ」が出てた。やっぱり特別に可愛かった!

 そのひまわりに再会できたのだ~~~!! 

 かなり大きくなってて、演技も立派にしてる(涙笑)

 前歯が抜けてるのも可愛い。

 今のドラマでは「よしこちゃん」だっけ?

 でも我が家では「今日 ひまわり面白かったね」「今日のひまわり泣けたね」なのです。

ドラマのストーリーとは無関係に ひまわりの登場シーンをにやけてみてます。

 少し前に夢中だった「ななみ」ちゃんの小さい時に似てるなぁ。

|

2010年8月26日 (木)

ゆるんでます

 入院生活が長くなると、頭のねじが緩む。…私に限らずよ^^

 退院して、日常生活のリズムを取り戻すにつれて、緩んだねじも徐々に締まってくる…はずなんだけど。

 年と共に戻るのにも時間がかかるようになってる気がする。

 …もしかしたら『私のベスト状態』のレベルが下がってるのかも!?

 以前から買い物に行く時は「買い物メモ」を持って行ってる。日々の中で「あ、これが無くなりそう」「夕食にコレを作ろう」って気がついた時にメモしておく。

 ここ数回、買い物に行く時も メモを持って行った。

 メモを見てるのに買い忘れる事はしょっちゅうなので、これは大した問題じゃない。

 リチウム電池のメーカーから品番から、それらしい番号やアルファベットを全部書いたんだけど、いざスーパーへ行くと、電池売り場を見つけられず「ま、別の店でいいわ」と、2回見送った。

 次の買い物の時にも忘れずに新しいメモに同じ品を書きうつす。

 そしてようやく購入したリチウム電池2つ。ついでに、電卓用の小さいのも買っておこう。これくらいの大きさだったよね…(こうして間違えて買った電池がいっぱいある)

 さて、帰宅して食料品を冷蔵庫に入れて…このリチウム電池 何に使う為に買ったんだっけ?!

 わざわざこれだけのメモをしたんだから「とりあえず買っておこう」では無い事は間違いない。

 何かが動かなくなってどうしても必要になったはず。

 なんだろう? なんだろう? なんだったんだろう?

 3回もメモを持って行ったのよ。

 …でも3回目に行くまでの数日、何も困らなかったのよね。

 謎のまま寝る頃になって、ふと気になる言葉を思いついた。

 良い物とどうでもいい物が一緒に混ざってる状態…「しゅぎょくこんごう」私の頭の中には こんな言葉が。「ぎょく」は「玉」 「しゅ」って何だろう?

 ここでひらめく。あ!! 電子辞書の電池だ!! 要約筆記やってる時に買った電子辞書が 先日の整理中に出て来て「辞書ひくより見やすいわ」と思ったんだった!!

 るんるん♪ と 電子辞書に買ったリチウム電池を入れる。

「しゅぎょくこんごう」…出ないじゃん!!

「ねえ、良い物とどうでもいい物が混ざってるような感じって、なんて言うんだっけ? ほら、しゅぎょくこんごう…みたいな」と夫に聞く。

「ぎょくせきじゃない?」

あ~~玉と石か~~~!!

「ぎょくせきこんごう」電子辞書に入力してみる。

出ないじゃん!!

漢和辞典を取りだす。…「玉石」で引いたら「玉石混淆(ぎょくせきこんこう)・混交」

「こんこう」なのね!! 知らなかった!

 まさにうろ覚え。良い物とどうでもいいものが混じってるんだから「混合」だと思うじゃんねぇ。

 ねじが ひとつ締まりました。

 …ほんとかな?

|

2010年8月25日 (水)

ウインドウショッピングはハイテンションになる♪

 入院してるといつもそう。面会に来てくれる友達や、院内で見かけるおしゃれな人の服装にすごく興味を持つ。

 Tにいたっては「会員制バーゲンに行った」と聞けば、戦利品の写メだけでは物足りず「現物を見せて!」と大きな紙袋に入れて持って来てもらったくらい。

 院内で見かけたおしゃれな人は、振り返って「じーーーーーっ」と観察もする。なるほど~私の手持ち服もあんな組み合わせにすると新鮮でいいなぁ…とか、あ、こんな服も着てみるといいなぁって。

 看護師さん達のおしゃれにも注目してた。ロングヘアーをポニーテールにしてる人が多く、暑くなるにつれ、おだんごさんや夜会巻きなど、さり気なく可愛く素敵に変化。

「ねえ、それどうやってやるの~?」気になる事は直接聞く!! 中には検温の最中にカーテンを閉めて 私の髪で実演してくれた看護師さんもいた。

 日勤が終わる時に「今から帰るから、留め方見る?」って、夜会巻きの仕方を見せてくれた人も。

 私の腰の強い髪でもできる事がわかり「退院したら彼女みたいな髪留めを買う」のも楽しみだった。

 昨日は、その目的を果たすべく一人で運転してサ○ィへ。

 そしてまだ飽き足らずパジャマも探す。友達の連係プレーで最後の1枚をゲットできたお店の名前を思い出せず、館内を探しまわればそれらしき店名に当たるだろうと、ぐるぐるする。

 車椅子なので足は疲れないもんね。(帰宅後 手指が攣ったけど)

 でもどうしても見当たらずYちゃんに電話する。

「あ、3階のねぇ、エレベーター下りた正面だったと思う」ひぃ~3階だったんだ~~~!2階しか見てなかったよ。

 冬用パジャマはまだ無かった。

 髪留めは買えた^^

 そしてもう一つの目的「ミ○ド」へ。白いなんとか…が食べたかったの~。

 混雑する店内にぴっちー号は不便。端っこに畳んでおいて普通に立って購入。

 実は、この日、あちこちのテナントで店員さんや通りがかりの人に優しくしてもらってる。

 店の商品って普通の目線用にセッティングしてあるから、車椅子からだと本当に一部しか見えないのよね。見えても届かないのも多いし。

 そんな時、店員さんが満面の笑みを浮かべて「お取りしますので言ってくださいね」ってつきっきりでお世話してくれる。

「立って歩けるんだけど…」とは言わずに「すみませんが、あれ見せてください」「これ見せてください」と甘える。

 手芸品店では、側にいたお客さんに「上から3番目の白いテープ取っていただけませんか?」と甘える。

 さんざん甘えておいて、ミ○ドで立って歩いてる姿を見られたら…汗。

 食糧品売り場には、車椅子用のカートがあった! 普通のカートより低く籠を横にセットできる。ただ、私のぴっちー号は小さいのでマジックテープで固定できるシステムは利用できず。

 コーナーを曲がる時、苦労するけど、清○屋で普通のカートを足で押すよりは楽。

 ここはもう何度も立ったわ。

 さて、帰宅してみると…そんなに歩いてないのに(瞬間的に立つ事はあっても )左股関節が痛い! エレベーターから玄関までは、ステッキを使っても「うぅっ…うっ…うぅっ…」としか歩けなかった。

 運転もね…左を見る時は首ごと左に曲げるようになったけど、ルームミラーをちらっと見ると「ぎもぢわるい…」そうしてるうちに、左目が薄目になってる。

 実家までは何とか運転しないとね…。

 そして夜になって…頭が冴えるのよ~~~! 興奮状態。

 体はしんどいから早く横になりたいのに、絶対に寝付けないって感じる。で、睡眠導入剤を使う。

 見事に「今日のあの店のあの服…」と思いだしたところまでは覚醒してたけど、おやすみ2秒だったみたい。

 今朝は目ざまし時計を無意識に止めたよう。それでも起きる時刻の15分後にはちゃんと起きたよ^^

|

2010年8月23日 (月)

準備してます!

 退院後の片づけ、最初は目につく物片っ端からやっつけたけど、後半になるとだらけてくるのが私の常。

 「次回のパジャマ」を補填しておきたいので、なかなか段ボール箱がしまえない。

 新しく買い足したパジャマは 全部 ズボンの裾ちょっと上にバイアステープを縫いつけゴムを通す。以前 母が買ってくれて気に入らず着てないのもリメイクする。

 ネグリジェ(ひらひらセクシーじゃありません)も裾を切って、ロウウエストにゴムを通してブラウジングさせる。これにレギンスか、もしくは無地のパジャマのズボンをはくつもり。

 日々、こんな作業をしています。

 お盆に義母と母と出かけた先でもパジャマを買ったので、ひとつ完成させても「リメイク用パジャマの山」は ちっとも減っていかない。

 こんなにパジャマを準備してどうするの? 笑。

 百均のお店へ行くと「こんなのあると便利」って思って、ついいろいろ買ってしまうし。

 春日井市民病院の枕頭台と配膳やお茶のシステムに合った『お道具』が必要なのよ。

 これが病院が違うと また違う物が必要になるんだけど。もう股関節の手術もこちらでする事に決めたし(!)

 これだけ準備しておくと、次にこの入院セットを開封した時「え~~今時こんなパジャマ着られないよ~。数十年前に流行ったんだよねぇ…」とか「70歳でこれは無理でしょ~」ってなるかもねぇ~^^

 …いや、今回も29年前のパジャマ着てましたから。そして…今回でそれは普段パジャマにする予定だったのに、また入院セット段ボール箱にしまいましたから。

|

2010年8月22日 (日)

第20節 サンフレッチェ広島 対 FC東京

8月21日 土曜日

【広島 対 FC東京】 味の素スタジアム(スカパー観戦)

  soccer2対0 広島勝利
  soccerゴール…公太さん・寿人shine

 日中暑くて「もう横になりたい…」気分でテレビの前に。

 ピッチを走り回る選手達やスタンドで応援するサポーターさん達に申し訳ない。

「今日こそは勝って」…「どうか負けないで…引き分けでもいいから負けないで」って本当にネガティブでごめん。

 試合が始まってみたら、なんかすごい☆

 マキは「危ない!」ってとこに必ず居てブロックするし、ミドルは打つし。

 浩司もいい感じ。運動音痴の私は、ボールを自由に扱うだけで「すごい!」って思っちゃうの。浩司は、素人の私から見ると「自由自在にボールを操ってる」

 公太さんもいつも通りサイドを何度も往復して「さっき相手ゴール前に居たのに、いつの間にここに来たの?」って感じだし。

 良太も積極的に攻めてて 相手選手をかわしてゴール前に迫ったのは本当によかった! スローモーションで何度も再生されたの^^ 良太よかったね!

 ストヤノフは相変わらず頼りになるし。

 寿人も自陣まで戻ってカットするし。

 なんか感動しちゃう。

 それでもまだ「引き分けでもいいから負けないで」と思ってた私って…汗。

 今日の寿人係は21歳の二人だって。 解説によると「よくやってる」そうだけど、なんせ21歳コンビ、経験は少ないでしょう。寿人 このチャンスに! と ちらっと思った。

 後半。

 アオから寿人へのパスが通り寿人のシュート! なんと寿人係にブロックされた。うぅぅ・・・やるなぁ21歳。

 サッカー無知な私は、フリーでボールを持つと「打てーっ!」と叫ぶ。ちょっと距離があってもとにかく打ってほしいって思っちゃう。

 この日も何度目かの「打てーっ」 公太さんが本当に打った!

 入ったーーーーーーーっ!! 寿人がゴール前で両拳を上げてる、同時に私も同じポーズしてた。

 公太さん「入っちゃった? 俺? やっちゃった?」って照れた顔。よかったよ~~~!! ずっと頑張ってる人にはちゃんとスポットライト当ててほしいもん。

 もうこのまま終わって! どうか失点しないで!!

 と思ってたら…さっきと似たようなシーン、公太さんがフリーでボールを受けた。

 公太さんのクロスはゴール前に飛び込んできた寿人のところへ。相手選手が2人寄せてくる。難しいよね…と思ってたら、寿人はトラップしてから相手をかわして(…よくわからない)難しい体勢からシュート! ゴール右隅に入った!!

「やったーーーーーーーーーーーっ!!」久しぶりの興奮。

 寿人は前傾姿勢でマキを振り切って(ここでエネルギー使いすぎないでよ…)サポーターの方へ全力疾走。

 スタンドのサポーターから差し出されたコーナーフラッグでスウィング。

 おそらく『寿人のコーナーフラッグへのキスを見るとFC東京サポーターは失点した怒りが爆発する』のを承知のサポーターの悪戯心ね。

 そこでキスせずスウィングしたのは、大人対応ね。…でも正直言うと 私は寿人のコーナーフラッグキス好きなんだ。

 アオのシュートはポスト。

 みんなすごくいいじゃん!

 もう1点とってほしかったけど、次の試合にそなえてかな?寿人はチュンソンに交替。

 チュンソンも今日こそ決めて…決めさせてあげたい。

 そしてどうかどうか失点しないで!

 浩司も攻め上がる。

「あ~浩司だ~~!」って頼もしく、ホッとする。交替する時は晴れ晴れとしたいい顔してた。

 3分のアディショナルタイムが過ぎた。試合終了。あ~~勝った~~~~!

 寿人と浩司が肩を組んで、すっごく嬉しそうな顔してた。二人でいろんな事を感じ合ってるんだろうね。

 夜のスポーツニュースやスカパーのアフターゲームショーも見ないとね。

 …でも私、体力がもちませんでした。テレビから広島関連の音声が聞こえたら起きるつもりで、リビングに繋がる和室の布団で横になった。

 乾のシュートシーンをどこかで見て「あ、寿人…じゃなかった。男前の寿人」とは思った。

 今朝、夫が「ゆうべ、国分太一の番組で寿人インタビューあったよ。今日のシュートは80点でしたって言ってたよ」って。

 え~~~全然知らなかったぁ~~~!

 そして朝刊に「あ、寿人のシュートシーン!」と思ったら、またも乾でした。

 二桁ゴールまであと1本。

|

2010年8月20日 (金)

久々の外来診察

 昨日は、退院後初めての外来診察。

 左側を見られないので夫が送迎してくれた。

 検尿・採血をして、懐かしい病棟へ。

看護師さん達が笑顔で迎えてくれた。「戻って来た!?」とびっくりした看護師さんも居た。

この暑さだから戻るのもやぶさかじゃないわよ。

 看護師さんに状況を確認してからHさんの個室へ。

 口内の手術をしたので発話できないHさんは筆談と手ぶりで「うれしい」と涙ぐんだ。12時間の手術だったって…。術後一週間たつけど、たくさんの傷跡は、壮絶な闘いを物語ってる。

 以前から弱音も愚痴も言わず頑張るHさんだったけど、今度も頑張ったんだね。そしてまだまだ頑張らないといけないんだ…。何もできない私は胸がいっぱいになる。

「また来ていいですか?」「なんかいでもきて」

 まだまだ大変な治療が待ってるんだと思う。元気に回復していく姿を見たい。

 内科の中待合室、W先生の診察室の前で待つ。左手にS先生の診察室があった! 3ヶ月前は知らなかったんだよね。

 患者さんが出入りする度に開くドアから、S先生の姿を確認する。

「真面目な顔してやってるじゃ~~ん」とにやける。予定通りに診察が終わりますように…と祈る母心。(S先生は患者さんの話をいちいち真剣に聞くので診察が長引くんだって)

 診察室のW先生とも久しぶり! ああ、これが私の普通の生活だわ…すべてが3ヶ月前と繋がった。

 尿蛋白…+1 潜血反応…- 血液検査も『花桃的には良好』って事でプレドニンは2錠に減りました。

 S先生は「退院したら きっとW先生が早急にプレドニンを減らしてくれると思います」って言ってたのよね。

 続いて眼科へ。外来診察は初めてなので、いつ呼ばれるかと動けない。検眼だけしてから、かなり待った。

 眼科の隣は口腔外科。昼休みの時刻になって【H君】を含む『男前』のドクターが勢ぞろいで歩いてるなぁ…と思って見てたら【H君】が「花桃さん、調子はどう?」と、わざわざこっちへ来てくれた。ハイ!+10点!! 100点溜まったらどうしよう? 最後に残った左下奥の親知らずを抜いてもらおうか?

 夫に「昼食は済ませてください」とメールし、実家の母にも「遅れる」と電話をして、待つ…待つ…待つ。

 やっと呼ばれてA先生のもとへ。車の運転の事を聞く。

「いつからなら良いですとか、まだダメですとか、こちらからは言えません。ご自分で今の見え方に慣れるしかないです。短い距離から始めてください」と、私が考えてた通りでした。

 会計をしてたら「花桃さん」と声をかけてくれたのはS先生。まだ診察は終わってないであろう時間帯。

 ちょうどトイレへ行くところだったって。

 R子先生だけ逢えなかった…涙。

「花桃さんの診察の日は、その時間帯に内科待合をうろつきます」って言ってたけど、麻酔科の研修中だから、もしかしたら手術室にでも入ってたかなぁ。

 最後は処方箋T嬢。久しぶりの私服と化粧(マスクしてるので顔の下半分はノーメイク)した私を披露。

「顔のふくらみはどう?」 マスクをとって見せる。同い年なんだけど どっかで『お姉さん』みたいに思ってるのよね私。

「あら、大丈夫じゃない」 …うん、いつだったか、昼は普通だったのに、夕方すごく丸くなってた時がマックスだったかもしれない。

 ちなみに…体重は退院後1キロ増えました。そりゃ毎日2000カロリー超えじゃあねぇ。

 リハビリ室のK先生とR子先生には 次の診察に逢えますように。

 Hさんの筆談用のホワイトボードを買いに、夫に運転してもらう。この日は後部座席に横になってタオルケットをかぶり、顔には帽子をのせてた。隣に並ぶ車の人が見たら「後ろに何か怪しいものが乗ってる」って思うよね。

 ホワイトボードを持って病院に戻ったのは3時過ぎ。

「あ~花屋へ脱走した時と同じ時間帯だなぁ…このまま『ただいま~』って病室へ行くみたい」って錯覚。

 実家へも乗せてってもらい、運転手(夫)には頭があがりません。

 さて、夜になって…あれだけ日よけしてたのに、顔がぺかぺかで熱い。そして頭がぎらぎらに冴えてる。病院や百均の店を巡り、興奮状態なのね。いかに この数日、スローペースだったか実感したわ。

 そして本日…夫に頭が上がらないままだと困るので…運転してみた。

 かなり怖い。

 慣れていくしかないよね。

|

2010年8月18日 (水)

照れる!

 地元紙の夕刊5面スポーツに「あ!」見慣れたユニフォーム!

 不満げに顔を斜めにしてるアウェイユニの寿人の姿…この前のだ!

『サッカーの話をしよう』大住良之さんのコラムに 15日の川崎戦の事が書かれてた。

 私には細かい戦術なんて理解できない。ただ『ここ数年間、広島はJリーグのなかで最も魅力ある攻撃的なサッカーを見せるチームだった』って文章に嬉しくなる。

「え?そうなの?最も魅力的なの?」と ちょっと懐疑的ではあったけど(苦笑

 ここ数日、入院中のスカパーの録画を早送りで見てる。(ただでさえ内容が見えないのに…早送りじゃ…汗)

 無失点で勝った試合は、試合中の解説も「広島いいですね」って何度も言う。

それがダメになるのはどうしてなんだろう?

 今日、負けたらいやよ。

 寿人もそろそろゴール決めないと、ランキングの表から名前が消えちゃう~。

 …所詮、寿人ファンの私は ここにこだわるのよね。寿人は自分のゴールよりチームの勝利を望んでるでしょうけど。

 今夜、私は力を抜いてテレビ観戦だわ。私が力んで見てる時、寿人がゴールした事ないような気がするもん。

 力を抜くのがこれまた難しいのよ。

|

2010年8月17日 (火)

回想

 家にこもってるから 特別変わった事も起きず…。

 アヒル寝とおやつな『花桃の日常生活』が繰り広げられています。

 入院前と違うのは、テレビを長時間見る事が無くなった…。

 入院中、W杯くらいしか見なかったので、ドラマなんて何やってるのか知らなくて。途中から見てもね。

 病院の正面玄関から失敬してきたアイビーは この通り元気です!

Image082

 キッチンの水道の側に生けておいて、根が生えたらベランダのプランターに移植します。楽しみ楽しみ~♪

 一日に何度も携帯メールチェックに通ったデイルーム(の携帯コーナー)

Image076

 西病棟の廊下にある『ほんの少しだけ西の景色が見える場所』ここ好きだったんだ~。日没を眺めるの。

 日によって…時間帯によって…こんなに違う空になる。

Image060 Image075

|

2010年8月16日 (月)

★第18節 サンフレッチェ広島 対 川崎フロンターレ

8月15日 日曜日

【広島 対 川崎】 等々力陸上競技場(スカパー観戦)

  0対2 広島勝てず…

 

 夕飯を早めに済ませて(今日はこの為に一日のスケジュールを無駄の無いように決めた)

7時少し前にはテレビの前に。

 退院してから2回目のスカパー観戦だけど、前回の記憶がほとんど無い。

 本来、サッカー無知のミーハーなので、プレーの内容までしっかり見えてないんだけど、この前は、動く物を見るのに慣れてなくて、きっとほとんど見えてなかったんでしょう(…無理やり)

 クワシンの似顔絵を描いてた事だけは覚えてる…汗。

 で、この日は、何故か川崎のキクチ選手の顔を描きたくなった…汗。

 浩司がすっごく頑張ってるように私には見えるの。

 所詮『私』なので、気になる選手しか見えないんだけど、そういう対象の選手がいいプレーをすると「すごい!!よく頑張ってるじゃん!」って思っちゃう。

 そりゃ寿人がゴール決めたりアシストしたりと活躍してくれるのが一番なんだけどね。

 この前のガンバ戦でも「浩司がいい」ってメモが残ってる。

「浩司 体は大丈夫なのかな? 無理しないで」と祈る想いがあるから、余計に「すごい!」って感じるんだろうね。

 この日もすごくいい顔してた。カズの分まで…でも頑張り過ぎないで…あ~でも頼りにしてるよ…って複雑な心境。

 チュン君が入った時は「チュン! よく折れずに頑張ってるね! 今日こそ決めなさいよ!神様 決めさせてあげて!」と祈る。

 寿人は後半、険しい顔してたね…。自分に苛立ってる感じ? (…それも素敵…)

 ああ、早くテレビの前で「やったーーーーーっ!!」って 寿人ゴールに雄たけびを上げたいわ。

 今週は試合続き。この暑さの中、移動だけでも大変だよね。

 どうか怪我や病気しないでほしい。

 やべっちFCは「もう横になります」と蒲団に入ってたけど、6つの宿題の中に槙野が入るかも…と淡い期待をしてたら、リビングの夫が「槙野~~~(笑)」と声を上げたので、私も起き上がって見た。

 やべっちの『あの枠』は、槙野の為に確保されるね。

|

2010年8月15日 (日)

三ヶ月前の食べ物…恐

 退院して一週間が過ぎた。

 一人での外出は無いけれど、日常生活はかなり戻って来てる。

 公文のスタッフSさんが盲腸で5日間の入院を経て家に帰ると、室内にカビが生えてたって。

 うちはどうかなぁ…? 生えてても気付かない…見ないふりするかも…などと思ってた。

 予想通り…現在の時点で「気付きません」^^

 でも驚く事はある。

 冷蔵庫にゴールドキウイを発見。夫が買ったのかと思いきや「知らない」って。

 …って事は、入院前に私が買った?

 外見は異常なし。恐る恐る皮をむいてみたけど、ちょっぴりぐたっとしてるくらいで、傷んではいなさそう。

 で、食べてみた。うん、大丈夫。

 ほんとに大丈夫なのかしらん? 三ヶ月前のキウイよ?

 そして今日は、切り餅を発見。

「春頃、焼き餅にはまってて、たしか買い置きがあったはず…」と思ってたら、目立たない所から出て来た。

 カビも生えてなくて、おそるべし袋入りの餅!

 まだこれから、何か出てくるわ。

|

2010年8月13日 (金)

入院セット

 退院後6日過ぎたけど、予想通り『完全に片付く』事が無い…汗。

 箸やカップなどの『入院セット小物の部』だけは、今回貰って増えた物もきちんと入れて次回に向けて万全の備えが完成した。

 パジャマは、今回『28年前の』『18年前の』ってのが十分活躍した。

 数年前に買ったお気に入りのパジャマは乾燥機で色が褪せてしまった。デザインが好きなので捨てるのは嫌だ。

 それで染めた!白いレースの部分までブルーになってしまったけど仕方ない。これはまだまだ病院で着るのだ。

 入院パジャマの入った段ボール箱(箱自体がボロボロになってる)もついでに整理してみた。

 毎回入れ替えてるけど、袖やズボンが長い(花桃が小さいから…)のとデザインがスポーティ過ぎて好きじゃないから一度も着てない冬物パジャマが数点。

 ええい!! 袖もズボンもゴムを入れて可愛くしてしまえ!

 って事で作業開始。

 でもねぇ…ここが『いい加減』なのよ。物差しも当てず、よって長さを測る事もせず【目分量】で裁ちばさみでジャキジャキ切る。

 その結果、一枚はダメにしてしまいました…汗。

 その他は…まだ一枚も完成せず。ちょっとやると すぐに疲れてしまうの。

 入院当初「袖が長過ぎて濡れて困る」というお部屋のおばあちゃんのシルクのパジャマを直してあげた。

「片目でよく見えないから せっかくのシルクが台無しになるよ」と前置きして。

 まち針も無しで、よく見えない目でやった事を思えば、とりあえず今は、目の前は両目で見られるし、まち針も使えるのはいいよねぇ~☆

 こんな事をしながら日常の片づけをしてるから、部屋はちっとも片付かない。

 パジャマの段ボール箱から「もうこれは入院セットからはずして普段に着よう」」と一旦は出したクリーム色のパジャマ。

 タオルや靴下を入れ替えてるうちに「ん~やっぱりこれはまだ病院で着られるわ」と戻してしまった。

 できれば次は『前もって準備できる』入院であってほしい。今回と前回、続けて緊急入院だったもんね。

 こういう時は夫に「○○に入れてある△△を持って来て」って頼まないといけないから不便なのよ。最低限、夫がすぐに見つけられるようにしておかないとね。

 さしあたり、段ボール箱のパジャマは、夏・冬用に分けておかなきゃ。

|

2010年8月12日 (木)

百恵ちゃん♪

 私が入院中に、夫が購入した「山口百恵 IN 夜のヒットスタジオ」DVD。

 今日、一部を見た。

 若い頃の記憶ってすごいね。

 登場した瞬間の衣装を見ただけで「あ、あの歌だ!」ってひらめく。

 曲名を忘れてたのもあったけど、歌詞の一部だったり、歌の内容だったりがちゃんとよみがえるの。

 そしてそのひらめきは全部合ってた。

 歌が始まると無意識にちゃんと歌えちゃうしね。

 これを歌ってる時、私はもう発病してたなぁ…と思ったりもした。

 歌う百恵ちゃんの後ろには、懐かしいいろんな歌手の姿も。

 中には「誰だろ?」って人もいる。一発屋さんだったかな?

 「あ~~この人 いたねぇ~!」って人も。

 こういうDVD 流行ってるよね。私達世代が絶対に欲しがるもん。

 当時のファッションやお化粧も懐かしいし、その頃の自分がふわっとよみがえったりもする。

 それにしても…百恵ちゃん すごいわ。

 歌も本当に上手かったんだよね。曲も良かった。宇崎竜童・阿木耀子すごいわ☆

 いい映画もいっぱい主演したし。

 そして潔く寿引退して、その後 絶対に出て来なかった。

 三浦友和も一時期は 紳士服のCMくらいしかやってない感じがしたけど、最近は味のある品の良い紳士になってて、ドラマや映画でも独特の存在感を醸し出してる。

 日本の歴史に残る女性かもね。

|

2010年8月11日 (水)

おっちゃいもの~♪ おっちゃいもの~~♪ …だけど

 夫のお盆休みのうちにサ○ィに送迎してもらう約束。一人で存分にお買い物したいのよ。

 でも昨日から体がしんどい。やたらと眠ってしまう。(いつもの眠り病かもしれないけど)

 ゆうべもぐっすり寝たのに、今日も食事の時間以外は ほぼ寝てた。寝がえりもせずに じっと固まって寝てる。

 夕方、これもいつものように少しだけ元気になった。食料品も買いたいし…夫に送迎を頼む。

 時間が時間だからサ○ィじゃなくて清○屋。

 久しぶりのお買い物は ちゃんとお化粧もして そこそこのお洒落もして行きたかったのに、そこまでの気力・体力が無くて、ノーメイクで部屋着のまま。マスクしてるからいいわ☆(これが怖いよね)

 助手席に乗って出発。

♪おっちゃいもの~ おっちゃいもの~♪ 思わず歌ってしまうほど嬉しい。…と、次の瞬間…窓からの景色を何気なく見てて「あ!ぎもぢわるい…」

 そう言えば、今日は家の中で、左側を見る時 無意識に左目を閉じてた。って事は 左側の復視が入院中よりも悪くなってるって事だ。

 でもお買い物は行くのだ!

 夫には一旦帰宅してもらったので、待たせてるって気遣いもせず自由自由。

 パジャマを直す為のバイアステープやゴムを選ぶうちに、サマーニットまで…。

 次の入院に備えて、今回の入院中『あったらいいな』と思った物を買い足す。

 普段なら もっとじっくり見るけど、やっぱり今日は体力が不足してるので 早々に食料品売り場へ。

 さて、一人でどうやって買うか…。

 ぴっちー号は小さいので籠を膝にのせられない。そこで買い物カートを押しながら車椅子を操るという高度なテクニックを使う事にした。なんとかなるものよね~。

 これだと高い所にある商品は、車椅子をきちんと止めて立ち上がればいいしね。

 レジの人も親切だし♪

 夫にお迎え依頼メールをして、駐車場へ向かう渡り廊下をカートを押しながら走ろうとしたら…少し上りの傾斜があったのね(普段は気付かない程度)ちょっと難しかった。

 通りかかったおじさまが「そこまで押しましょうか?」お願いしました。

 ほんと誰かが助けてくれるものねぇ。

 さて、帰宅したら…うぅ~~めちゃめちゃ疲れてる。

 手抜き用に買ってきた食材をさささっと料理したけど、食卓についた時には手が震える。

 入院中 こんなにしんどかった事あったかなぁ?

|

2010年8月10日 (火)

さらりと思い出す

 あんなに寂しかった退院間近の日々。

 家に帰ってみたら、日常が私を優しく包んでくれてる。

 以前は、退院後の方が切なかったりした。

「今頃 病院では検温だな…」「そろそろ部屋の明かりが灯る頃だな…」

「消灯間近の静かな時間だわ」

「私の居なくなったあのスペースには、もう別の人が別のスタイル作ってるんだろうな」

 そして、廊下を歩く私や、窓から外を見てる私を思い出して、その時の自分の気持ちを思い出して胸がいっぱいになったりしたんだ。

 でも今回は退院前にそれを全部やっちゃったみたい。

 今は穏やかな懐かしい気持ちで病院での日々を思い出してる。

 ちなみにお昼ご飯はお粥にしたよ♪

 昨日から気温が低い。室温が30度いかないんだもん、一人で居る時エアコンつけられないわ。

 でも湿度が高いのよ。すると体が重いのよ。

 今日はやっぱりアヒル寝しちゃった…。

 午後から片づけものの続きやPC触ってると、すぐに疲れちゃう。手が震えそうになる。

よくある事だけど、入院中は無かったんだよねぇ…。

 入院中、ちょっとした不調でも いちいち検温の看護師さんには伝えた。

ちゃんとS先生に伝わって「○○だそうですけど大丈夫ですか?」

「はい、家ではよくある事だから。でも一応 報告だけはしとこうと思って」

律儀なS先生の回診にも「今朝はこうだった」「昨日の夜はしんどかった」

 家では、すぐに対応してもらえない…汗。

 だから帰宅した夫に報告する。

「今日は蒲団を片づけたからしんどい」「今日はなんか眠い」「頭が重い」「足がだるい」

 そしていつものように夫は さら~りと聞き流すのでした~^^

 足のだるさは、筋肉痛でもある。

 だってずっと歩いてなかったもんね。

 鼾おばあちゃんが退院する時にくれた湿布を足の裏に貼りました☆

 Image080

 写真は懐かしい「病院の私のお部屋 最終段階」

入院してから少しずつ自分の使いやすいように変えていくの。

|

2010年8月 9日 (月)

やっぱりダメな私…汗

 入院グッズの片づけをしてる。

 ついでに、蒲団や衣服の入れ替えも。

 蒲団の入れ替えは大変よ。ちびが高い所に物を上げるのって、本当にしんどいんだから。

 でもね、股関節の手術後のように「体重かけられない」とは違うから、そこは楽。

 Image077_2                                                                                                    入院前は左股関節を保護するのに必死だったけど、入院中、ほとんど荷重してないから痛みが無くなった。

何しろ、ベッドからトイレまで8歩しか歩いてないから。一日で100歩あるかどうかよね。他はぴっちー号(私には自転車代わり)での移動だったもん。

 ←これが自慢のぴっちー号。よく働いてくれました。

 でもねぇ…昨日のカロリー見てびっくりよ。

びっくりも何も食べてる最中に「こりゃダメだわ」と気付いてたけどね。朝・昼・夜と健康的な食事をしたけど、その他にデザート類だけで約1000カロリー!!!(桃は食事に入れた)

 

面会に来てくれる友達に

「お菓子は絶対に食べない!」

「一口だけ貰うから、あとは食べて」

「全部は食べたくないから、ちゃんと手伝ってよ」と言い放っていたのに…。

 ムーンフェイスも一時期より見やすくなったような気がしてた(見慣れたのかも)のに、糖分・脂肪分の過剰摂取で また膨らむんじゃないかしら。

 そうならないと止められない私って…汗。

|

2010年8月 8日 (日)

帰ってきました

 久々のPC・・・ログインパスワードは忘れてるわ、タッチタイピングはミスタッチばかりだわ、セキュリティは更新しないといけないわ…ここまでたどり着くのに時間がかかった(汗)

 土曜日、お部屋の人達と握手して(目覚まし時計さん・Hさん)3人ともが少し泣いた。それぞれ想いは違っただろうけど。

 詰め所の横を通ったら、ちょうど看護師さん達は出払ってて、男性看護師Kさん一人。彼は消灯後に救急外来から病室に運んでくれた人。

「Kさん、お世話になりました」と言ったけど、涙目で部屋を出て来たばかりなので私、変な顔してたね。

「一人で帰るの?」「夫が下で待ってます」これ以上話してると べそべそになるから、そそくさと去る。

 そこへ『病棟のリス』こと看護師Gさんがちょうどやってきた。

「Gさぁ~ん、退院するよ~。お世話になりました~」とべそべそ声で言うと、Gさんが抱きしめてくれた。車椅子に座ってるとちょうど全身を抱きしめやすいのよね。

 心ここにあらずって感じで、救急外来出入り口で夫の車を待つ。

 風があって樹木の緑が綺麗で蝉が鳴いてて、病院じゃないみたい。夏の高原…。(出たよ、妄想)

 ここから夫の車で4~5回出かけたよね。

「でも今日はもうここには帰って来ないんだ」そう思ったら、また苦しくなった。

 助手席に乗って発車して、まず「うあぁ~ん」と一泣きした。(一吠え)

 少し走ってから振り返って病院を見た。いつもデイルームから見てた田んぼの中の道に今いるんだ。

『あの窓から見てたんだ…』 もう懐かしい場所になってしまうんだね。

 帰宅して、目に付くところから片つける。何かし始めると「あ、これ」と気付いて、なるべく動かなくていいように「ついで」に取りかかってしまうので、結局余計な事を始める事になっちゃう。(大掃除でもそうだから、これは私の無計画な性格のせい)

 寝る場所だけ確保して『お昼寝』

 夜はスカパーで広島の試合を見る。

 寿人の動いてるパーマ姿 まだ見てないんだ。広島の友達が送ってくれた写真を見ると、パーマとれちゃってるみたいだった。

そう言ったら「後ろはクルクルですよ」って。

「あ、ほんとだ、後ろはクリンクリンだ、寿人可愛いじゃん♪」

 10時には寝るかも…と思ったけど、やっぱり家だわね。1時までテレビ見てたわ。

 深夜、足音がするのよ。看護師さんの巡視・お部屋の人がトイレに行く足音なの。

「家だよねぇ…」と確認するけど、時間をおいて2回聞いた。すごい空耳。病院にまだ私が居るのかもね。

 今日は、以前のように朝寝坊するかと思いきや(夫が休みの日は朝食にも起きない)なんと病院と同じように5時半に起きちゃったもんね。

 こういう時刻に起きると、午前中にできる事って多いのねぇ。アヒル寝の悪習を修正できるといいなぁ。

 昨日も今日も、さほど暑くない。

 昨日の続きを片づけるけど、これまた「ついでに」衣替えも始めちゃって、荷物置き場と化したリビングに面した和室は、帰宅した時よりも酷い状態になってる!

 その上、パジャマの裾にゴムを入れる作業まで始めちゃって。ミシンも出して、すんごい事になってる。

 昼食は手抜きにしたけど、入院中食べたかった「おにぎり」を握った♪

 夕食はちょっと頑張った。

 たった三か月空いただけなのに、いろんな事を忘れてるのよ。夫が片づけた食器などの場所が私の定位置と違ってて「あれはどこだろ?これはどこだろ?」って事も。

 明日は夫を送り出す手順を間違えないようにしなきゃね。

 ゆうべは、入浴前に自分の替えの下着だけを持ってきた。夫が浴室に向かう時「あれ?僕の下着は…?」(と口にはしないけど)って顔をした。

 あ、そうだった! いつもは私、自分のと夫の分を持って来てたわ。

「今頃、病院では…」「この時刻は、私は○○してたな…」事あるごとに思う。

いつも退院直後は、こうなんだ。

 

|

2010年8月 7日 (土)

退院の朝

胸の真ん中にスコンと穴があるみたい。
一瞬、全身から力が抜けちゃう感じ。
いつもと同じ朝だけど 明日は同じ朝じゃないの。
自宅で迎える朝の方が普通なのにね。
『馴染んだ場所や人』への情なんだろな。
ゆうべ、デイルームから見える名古屋のツインタワーを撮るつもりだったのに、これも忘れた。
毎晩恒例の体重測定に行って これも いつものように看護師さんが「大丈夫?」とスイッチ入れてくれて…。
最初の半月くらいは体重測定したついでに、氷枕を作って貰ってたな…。
新人看護師のHさんが サササッと来て お手紙をくれた。
彼女が初めての夜勤に すごく緊張してたのを私励ましたのね。
それ以前から一生懸命なのが見えて健気だったから。
子供の居ない私だけど娘のような年齢。
それで 余計に応援したくて。
いじらしいお手紙に また涙。
私は もしかしたら、日常生活が怖いのかな?
快適な温度から いきなり酷暑の真ん中に放り出され、入院中の荷物を片付け、運転はままならない…それが嫌なのかな。
今までの入院、いつも全快バリバリで退院じゃではない。
でも家に帰ると不思議に何でもできちゃう。
股関節の手術の後だって、すぐに運転しちゃったもん。
今回だって そうだろな…と 高をくくってるんだけどな。
最後の朝食が済んだ。
この情緒不安定、私は気づいた。
鬱病の時と似てる!
朝食、何を食べてるのか認識しないまま口に入れてた。
鬱病の時は本当に砂を噛むようで 美味しいとも感じなくて、体を維持する為だけに必死で口に運んだ。
まだそこまでじゃない。
でも この息苦しさ、動悸、脱力感…やだぁ。
ずっと う○ちがゆるいのも 抗生剤のせいじゃなく、心因性かも!?
思えば、37歳からの3回の入院は、股関節と骨折で、半分以上、寝たきり。人の手を借りなきゃ駄目だった。
今回は久々の『自由に動ける』入院だったから、余計に『私の生活』が出来上がっちゃったんだよね。
30代までの古い病院とも違う、綺麗で至れり尽くせりの施設だったし…そりゃ居心地良いわよ。
ふぅ…と ため息をつきながら片付けた。
しんどいよ。
これは動くからしんどいのとは違う気がする。
とりあえず詰め込んだ物を家で解体して、定位置に戻すのが また大変。
夏の終わりには完遂するでしょう。
さよなら、病院の私のお部屋。

|

2010年8月 6日 (金)

最後の一日

 いつもの『朝一番乗りシャワー』先を越された…。
それで『お風呂』の予約表を見たら9時が空いてたので、最後はお風呂にした。
入院して3日目くらいに最初の入浴をした。
慣れない片目だけの視野と、頼りない足元の私には、浴室は広すぎて、その上暗かった!
こんな暗いとこ、やだな〜と思い、数回使用しただけで、シャワー室に変えたの。
それがね…今日、暗くないのよ。
浴室だからピッカーっとはしてないよ。でも困らない程度の明るさ。
やっぱり私、かなり見えてなかったんだね。
 ゆうべ、仕事を終えたTがEちゃんを誘っておしゃべりに来てくれて
「二週間前に見た時は、まだ左目がちょっと斜視っぽかったけど、もう今は全然違和感無いよ」って。
先生や看護師さんからも「左目よく動くようになったね」と言われるけど、自分では見えないから。
 そして…Tが言った。
「現実のゆうを知ってる人は思わないけど、会った事の無い人が、ゆうの話を聞いたら『ご主人が可哀相、そんな体の弱い奥さん持って大変だな』って思うと思うよ」って。
本当にそう。
夫は『膠原病』の私と承知で結婚したけど、股関節まで悪くなり、こんなに度々入院するとは予想してなかったよね。
優しい言葉や励ましの言葉もかけてくれないんだよ…と、よく私はこぼす。
でもね、いつもいつも愚痴も文句も言わずに淡々と受け止めてくれてる夫には感謝してるし、貧乏くじ引かせたよねって思ってる。
…ほら、また泣ける。
「退院したら、ご主人を大事にしなさいね」とTに言われ
「基本的にいつも大事にしてるってば〜」と笑った。
まあ、数日は『借りてきた嫁』程度には、お利口にしてるでしょうけど……あえて先は言うまい。
 いつものように、おしっこの回数をメモして「あ、明日は検温で報告する事も無いわ…」と気づき、また、うっとなる。
看護師さんに言ったら「明日、また聞きます!」だって。
 明日居ないかもしれない看護師さん達に挨拶したいけど、あえてしてないの。悲しくなるから。
気づいてる看護師さんから「よかったね。長かったもんね」と言われると、また顔がうにゅぅとなる。
 私の性癖を短期間で熟知したT嬢が、「昼ご飯が胸につっかえた(それでも完食したけど)」と言う私に
「それは寂寥感ね」って。
 R子先生も来てくれて握手でお別れ。
「花桃さんのIDを知ってるから外来診察の日を調べて待合室あたりをふらつきます」って。
 再会したHさんのご主人が「おめでとうございます」って。
Hさんが前に退院する時、フロマージュを買って来てご馳走してくれたの。その白い器には、今、花をいけてます。
大変な手術をひかえたHさんに、軽々しい言葉なんてかけられないよ…。祈りますからね。
 リハビリのK先生、FAXコーナーのT嬢のお仲間さん達にも挨拶に行くつもりだったのに、タイミングを逸して忘れた…。
外来診察で来た時にしましょ。

8月6日 金曜日 【89日目】
『まだ退院したくない』と 体が最後の抵抗をしてるのか 足がむくむ(涙笑)

|

2010年8月 5日 (木)

めそめそ…

何をしてても いちいちこみあげる。
消灯後のベッド、最初の一ヶ月は、ステロイドハイで頭が冴え、夜中もほとんど起きてた。
看護師さんの巡回の時刻が近づくと横になって、巡回が過ぎたら、また起き上がって。
…ゆうべ『この場所だよ』って思ったら泣けた。
月曜と木曜の朝食に、選択メニューのプリントがつく。
今朝『土曜の夜は もういないから選択してもしょうがないんだ…』と思ったら うっと胸が痛くなった。
デイルームの自販機のコーヒーの匂いを嗅いでは『いつかこれを飲むんだ』と胸に誓ったよね…。
最初に飲んだのは検査結果が好転して友達が来た日。
ストレス発散の為に夜 ココアを飲んだ事もあったな…。
やだわ、想い出を振り返るシリーズじゃん。
 小・中学校の同級生のSちゃんが、院内で仕事してて、たまにバッタリ会ったり、ついでに覗いてくれたりする。
彼女も、私の退院がそろそろだと思い、今日覗きに来てくれる途中で会った。
「時々、デイルームで見かけたけど、いつも友達が来てて楽しそうで元気そうで、ゆうこちゃん偉いなと思ってたよ」って…また泣けるじゃん。
ほんとに、皆のお陰だよ。
入院当初「協力させて(頑張ってとか、お見舞いに行くよ…じゃなく)」と言ってくれた幼なじみの二人。
「ゆうの都合が良ければ会いに行ってもいい?」と通ってくれた名古屋の友達。
買い物を頼まれてくれた友達。
毎日、覗いてくれて、何かあると、院内の人脈を利用して、即座に対応してくれたT嬢。
メールで応援してくれたり、寿人に突撃してプレゼントを入手してくれた県外の友達。
皆がいたから、私はこんなに楽しい入院生活をおくれたの。
この気持ち、どう伝えたらいいかな?
とにかくありがとう☆です。

8月5日 木曜日 【日目】
いよいよ抜糸!
昼食の配膳車が来たタイミングで呼ばれた…涙。
歯医者さんの椅子…うわぁ。
抜糸くらいは平気のつもりなのに『H君』が「緊張してるね」(ため口よ)
途中で看護師さんを呼んで、吸引をした。
普通は吸引は必要無くて、先生一人で抜糸するんでしょうね。
緊張しぃの私は唾液が出る出る…で、吸引が必要。
いや、本当にたいして痛くもなかったのよ。
「穴が埋まるには2〜3ヶ月かかるけど、診療はこれで終わり。もしどうしても気になる事があったら来て下さい」と『H君』
どうしても気になる事あるわよ…研修医として、私は何例目ですか?出来は自己採点で何点でしたか?先輩の評価は?車は何?得意の口説き文句は?…あ、なんか違う。
昨日、親知らず抜歯で入院してきたお嬢さんは、なんと4本抜いたのに 今朝は元気。
ゆうべも『ぺっ』もしない。
私って…私って、情けない。
名誉の為に補足すると、彼女の親知らずは、真っすぐ綺麗に生えてて別に抜く必要も無かったんだって。
縫う事もなく、抗生剤の点滴も一日のみでした。
それでも私って…駄目?

|

2010年8月 4日 (水)

センチメンタルモード☆突入

あ〜やっぱり来た!
シャワー室で「最初にここを使った時は、手摺りをいちいち掴んで、シャンプーのボトルを移動させるのさえ慎重に慎重にやったなぁ…」と思ったら、色んな事が次々に浮かんできた。
入院三ヶ月なんて、私にとっては『入院の基本』で 長くなんか無い。
でも、振り返ってみると短い期間では経験できない色んな事があったんだ。
シャワー室の中だけでも 色んな事 考えたんだ。
その時々の事を思い出したら切なくて泣きたくなっちゃう。
健気に頑張ってた自分が愛しいのかもしれない。
ふぇ〜ん。

 Aさんが退院して、親知らず抜歯のお嬢さんと…なんとなんと、最初に隣のベッドにみえたHさんが手術の為に再び入院してらした!
同じ部屋だなんて、私は嬉しいけど…手術は喜べないよ。
大変な病気なのに気持ちで負けてないHさん。
でも弱音を吐かない分、心の中はいかばかりだろうと想像する。
私にとっては、Hさんとの同室は、最後の数日、神様がくれた優しいプレゼントなんだけどな。
先月も診察の時に寄ってくれたの。
まさか病室で再会するなんて、その時は思ってもなかった。
 私特有の『退院寂しいセンチメンタル』だけじゃなく、なんだか切ない最後の日々だわ。
 T嬢には「悲劇のヒロイン気分に浸ってるでしょ」と笑われたけど「今はここがうちだもんね。ここが現実の世界で、退院後がバーチャルだもんね。でも少し経てば、向こうが現実になるわ」と。
ほんとに、その通り。
8月4日 水曜日 【87日目】
小テスト
尿蛋白…+1
潜血…+1
尿蛋白が+1なら良しとしましょう。
S先生からは「追試は無しで週末卒業としましょう」って。
昨日は、ロキソニンもPL顆粒ものまずに済んだ。
夜も頭と足を正しい位置にして、看護師さんの巡回も知らずに眠った。
朝、W先生が覗いてくださって「元気そうだな」って。
すみませ〜ん、こんな元気なのに、ズルズル一ヶ月以上も退院を延ばし、最後の最後には 親知らず抜歯まで、ちゃっかり頼んだんですぅ〜。
(名大で股関節の骨切りした時は、ついでにホクロ除去手術もしたよ〜)

|

2010年8月 3日 (火)

退院の日

 今日は鼾おばあちゃんが退院。 
 しっかりしてて可愛いくて気配りのできるおばあちゃんとのお別れは、ちょっぴり寂しい。
 この部屋で…(今までの長い入院の歴史の中でも)たくさんの退院を見送ってきた。
みんな、退院の日を指折り数えて待ってるから、退院が決まると無意識にハイテンションになる。
 二泊か三泊の入院で「早く退院できて嬉しいわー!よかったー!」と大騒ぎして退院していった50代後半の人もいたなぁ…。
 私は最初の入院の時から『退院が決まると寂しいモード突入』だったから、退院が嬉しくてたまらないという気持ちを味わっていない。
発病前の体に戻り、完治しての退院じゃないしね。
 だから…なのか、でも…なのか、自分が退院する時は、実は気を遣う。
 数日(数週間・数ヶ月の人もあった)一緒に過ごした人達も退院の目通しがついてれば良いけど、そうじゃない時は「早く退院できるといいですね。お大事に」なんて月並みな無責任な事は言いたくないの。言えないよ。
 自分が退院する時は、さりげなくさりげなく…だわ。
でも、この『さりげなく』が、かえって気を遣い過ぎて嫌味に感じるかなぁ。
 鼾おばあちゃんは、やはり朝から支度を整えて、午後3時にお迎え来るまで、時間を持て余してた。
明日はAさんの退院。
二人とも、ここ数日はハイテンションだった。元々明るい人達だけど、まだ辛い治療中の目覚まし時計さんは、どんな気持ちだろう…と、また変に気を遣う私。
 目覚まし時計さんが、この部屋に来た翌日あたり、退院する人がいた。
目覚まし時計さんのカーテンの向こうから鼻をすする音がして、後で「退院できていいね…」と、呟いたの知ってるし。
でも、目覚まし時計さんも最近は明るくなったし、少しずつ快方に向かってるからね。

8月3日 火曜日 【86日目】
ゆうべ、消灯直前にPL顆粒をのんだ…。
ん〜いつまで薬に頼るのよ。
横になり、頭を動かすと顎が痛むの…。 
今のところ、本日はロキソニンもPL顆粒ものんでない。
今夜はのまずに眠れるかな。
鼾おばあちゃんのスペースには、目覚まし時計さんが移動してきた。
今夜からは、頭と足の位置を戻しても良さそうね。

|

2010年8月 2日 (月)

ヘタレな私

ヘタレな私
 写真は、昨日の夕方。大草原の可愛いおうち☆みたいでしょ。
手前の方は病院の前庭。
ここも、オシャレで可愛いの。散歩するのに良いんだよ。…した事ないけど。
田植えをしてから随分時間が過ぎたんだね。もうこんなに青々と成長しました。
ゆうべは、寿人ゴール×2 (おまけに1つはPK☆)槙野ゴール、無失点勝利で とっても幸せな気分で消灯した。
痛み止めものまずに眠れそうだった。
なのに3時過ぎ…右顎が痛くて そこから首・肩・背中まで突っ張るような痛みが繋がる。
寝違えたみたいな感じもするけど 抜歯からきてる!と私は思う。
痛いまま夜明けを迎えるのが嫌で4時に痛み止めをのんだ。
でもまだ(午前11時)なんか痛いのよ。頭まで重くなってくる。
首と背中には湿布を貼った。
 昼食後、昼寝しようとしたけど、いつもみたいにスーっと眠れず、1時に本日2回目の痛み止め。
でも少しもスッキリしない。
 看護助手さんが「今日はすごく湿度が高いですよ」それでか〜!
鼾おばあちゃんも「今日はえらい(しんどい)日やね。私は顔が下がってくる」と。
 これはPL顆粒の出番かも。

8月2日 最後の月曜日
【85日目】

 口内の痛みは、かなり楽になり、歯ブラシを無意識に突っ込みそうになってあわてて引っ込める。
でも耳の下の顎が痛い。
これで土曜日に退院してたら、今頃「病院に帰りたーい」と泣いてたわ。
 この季節、日中はしんどくても、夕方になると元気になるんだけど、今日は駄目だ…。
肩と背中がどんどんこってくる。
今夜は湿布とPL顆粒で寝るわ。
鼾と寝言をやりそう…汗。

|

2010年8月 1日 (日)

男前鑑賞♪

鼾おばあちゃんと、目覚まし時計さんとこへは、口腔外科の先生がよくみえる。
鼾おばあちゃんは以前に長く入院してたので 先生達の事も よくご存知。
今回、私もやっと口腔外科の先生と接触を持ったので、以前、入院してた若い女性の「男前過ぎて聞きたい事の半分も聞けなかった」医師に俄然 興味が沸いてきた。
鼾おばあちゃんは「H先生(H君)も頼りになるええ先生やに」と。
私は、以前は廊下ですれ違う度に『俺ってカッコイイだろ。おまけに医者なんだぜ』と思ってるに違いない!と 勝手に決めつけてたけど、自分が担当してもらったら「あらま、気どらない良い人じゃん」と変化した。
同期のR子先生からも面白情報たくさん聞いたし♪
今日は、目覚まし時計さんを呼びに来た(病棟診察室で診察がある日は医師が呼びに来る)ついでに『来なくて良い』と言った私にも「花桃さんは調子どう?」と声をかけてくれたので、おばさんはそれだけで、またプラス10点よ。
鼾おばあちゃんが「H先生は研修医でもしっかりしてるから、心配せんでええに。N先生(鼾おばあちゃんの主治医)は、昔はもっと可愛かったよ。白衣をこんな風に着て(捻れた真似)色々話しかけてくれたよ。最近は少し貫禄がついて口数は減ったけど、診察の時は、やっぱり優しいに」と。
う〜ん、超男前は誰なんだろう。情報を突き合わせるとN先生が該当する。
詰め所のカウンターに 私がN先生ではないかと思う美男の医師が居たので、鼾おばあちゃんに確認してもらう事にした。
Aさんも「私も見たい!」と部屋から3人連れ立って…でも『N先生を見に来ました!』と悟られるのは カッコワルイから こそこそと…さらに怪しい。
看護師さんが用事かと思って「?」と問い掛ける眼差し。
「いえいえ、何でもありません」と忍び笑い。
鼾おばあちゃんが口だけ動かして「N先生や」
やっぱりね〜☆本当に美しい顔なのよ。
口の中を診る為に あの顔が接近したら…私なら遠慮なく鑑賞するわ!
どういうパーツが どういう配列になってるのか よーく見るわ!
「でもね(私の入院中の主治医)S先生だって男前とは違うけど 優しくて誠実で素敵な先生なんだよ〜」と、そこで力説しておいた。
お部屋の人達、カーテン閉めてるから、多分じっくり見た事無いと思うけど。

8月1日 日曜日 【84日目】
ゆうべは、痛み止めのまず。
でも明け方、じんと痛くなる。
痛み止めをのむ程じゃないんだけど、朝食を美味しく食べる為にのむ。
今夜の夕食はBの冷し中華を選択してある。
でもきざみ食では 冷し中華はでない。
「冷し中華が食べたいから、今夜から常食に戻してもらおかなぁ〜」と看護師さんに言ってみたら
「今夜だけ戻せますよ」って。
え〜!そんな我が儘していいんですかぁ?!
ではお願いします☆
最後の一週間、楽しませていただきます♪
抗生剤の点滴も今日で終わりらしい。
最後にちょっぴり病人気分も味わえた♪
…夕食終わりました。なんと私の『冷し中華』は『冷しおろしうどん』に化けてました。
食材が間に合わなかったのね…。
給食の冷しうどんは、前に食べたから、冷し中華が食べてみたかったな〜。
でも常食を左側だけで噛んで飲み込めたから、明日から常食に戻してもらう。
だって近々『ちらし寿司』がメニューにあったもん♪

|

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »