« 第23節 サンフレッチェ広島 対 ヴィッセル神戸 | トップページ | 地デジ »

2010年9月22日 (水)

思い癖

 友達が「今が、ベストタイミング!(精神科医 越智啓子著)」という本をプレゼントしてくれた。

 精神科医という立場から、心の栄養や良い考え方などを書いてあるのかなと思って読み始めたら、スピリチュアルな世界のお話。

 そして…私がずっと前から漠然と思ってた事が 分かりやすい言葉で書かれてた。

 腑に落ちる事ばかりが いくつもあったけど、その中で特に気になったのは『引き寄せの法則』

 私にとっては「言霊」って認識でもあった。

 言い続ける事は、それを意識し続けてるって事で、意識はその現象を引き寄せてしまうんだよね。

 だからポジティブな事だけを口にしてると(想像・意識してると)前向きになるし、実際に状況もそうなっていく。

 逆にネガティブな事ばかり言ってると、悪い事を引き寄せてしまう。

 私は独自に「リアルに想像してる事は現実にならない」って思いこみがある。これは若い頃からの経験で『楽しい未来を想像してて実現しなかった』って事が多かった気がする。

 秋になったらあの服を着てデートしよう♪って考えてると その前に別れちゃうとかね。

 それが病気になってからは顕著に感じるようになった。

 春に特番(物真似番組だったような…)を見て「次は秋だな。楽しみ♪」って思ってたら入院して見られなかったとか。

 SLEでも前向きに明るく生きてるつもりだったけど、大腿骨頭壊死にまでなってしまって、その頃から「私はどんどん体の機能を失っていく」って想いが強くなった。

 それでも私なりに それを前向きに捉えるようにしてた。

「歩行は困難になったけど、まだステッキで歩けるじゃん。数年後は車椅子じゃないとどこへも行けなくなるかもしれないから、今、少しでも歩ける事に感謝して、歩いて行ける所に行っておこう」って。

 それともう一つの想いは「リアルに想像しておけば現実にはならないから、寝たきりになるかも…とか、目が見えなくなるかも…とか、あらゆる事を想像しておこう」ってのもある。

 これは、あらかじめ想像しておけば、現実になった時、ショックが少なくて済む・・・ってのがあると思う。

 結局・・・私は自分の未来を老後を「元気で生き生きとしてる」とは思って無いのね。

 でも、それが「引き寄せる」わけだ!

 現に、真面目におりこうにSLE患者をやってきてるのに、30年前・20年前・10年前よりも できない事は増えてる。老化もあるんだろうけど。

 二十歳で発病した時「年と共に病気の勢いも治まっていく」と言われてて、その通りなら今頃は『遅れて来た青春時代』だったはず。

 これは全て私が引き寄せてしまったんだろうなぁ。

 本の中にもあったけど「私は健康だ!」って毎日 大声で言おう。

「これ以上は悪くならない!」「元気いっぱいの中年よ!」

 でもねぇ…親しい友達に「最近は調子どう?」って言われて「元気元気!何の問題も無いよ!」って言えないのよ。強がってるみたいで嫌なの。

「私にしてはまあまあだけど、でも ○○が痛いし、△△に違和感あるんだよね…」って詳しく語っちゃう。

 それもダメなんだよねぇ…。

 そうだ!! 嘘じゃなく本当に「調子いい!」状態になればいいのね!

 馬鹿正直な51年間を生きてきたから、今から性格を変えるのは難しいけど、少しずつ意識を変革させていけたらいいな。

 10年後に「あら、あらためて振り返ると10年前より元気になってるわ」って思えるように。

|

« 第23節 サンフレッチェ広島 対 ヴィッセル神戸 | トップページ | 地デジ »

日々のこと」カテゴリの記事

病気(SLE・骨頭壊死など)」カテゴリの記事