« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月30日 (土)

ほんと学習してない…汗

 黒木メイサちゃんがCMしてる ユ○クロのレギンスパンツ、かっこいいよね♪

 でも あれは彼女のスリムで長い脚だからよ! と冷静に見てた私。さすが年の功。

 レギンスで太ももを出してもいいのは若い人達だけだと 私は勝手に思ってる。

 細くてスタイルが良くても、私と同世代の人が 短めのチュニックにレギンスで太ももを出してるのを見ると 痛々しいというか、生々しいというか…ちょっと…止めた方が…と思う。

 スタイルの良い人でもそうなんだから(あくまでも私の目)私なんかが それをやったら逮捕されても仕方ないと自覚してる。

 まあ、私の場合は、普通丈のチュニックを買っても膝まであるので、太ももは絶対に出ないんだけどね。

 それでも! あのレギンスパンツは無理だと思ってた。

 …それが。

 出先で若い女の子がレギンスパンツを素敵に履いてるのを初めて見たの。CMや広告以外で見るのは初めてだった。

 特別おしゃれなお嬢さんじゃなかったけど すっごく素敵だったのよ。

 そう、今思えば…スタイルは良かったね。

 今ならそう思うのに、その瞬間「あ、あれなら私はいてもいいかも!」となぜか思ってしまった(汗

 で、その日の帰り道、速攻ユ○クロへ。

 黒なら地味でいいわと籠に入れる。

 相変わらずあそこのマネキンは何を着てもかっちょいい。

「私が着たらこうはならないのよ…」と言い聞かせながら、なのにレギンスパンツだけは買ってしまった。

 そして…帰宅して履いてみて…ぎゃ~~~~~~やっぱり最初に想像したまんまじゃ~~~ん!! 黒い股引ではないか。おまけに長すぎるし!

 どうして、あのお嬢さんのように履けるかもと錯覚してしまったんだろう?そして試着もせず、丈直しもせずに買ってしまうんだろう?

 翌日、丈直しだけは出向いて頼んだ。返品はせず…汗。

 そして…もうタイツのつもりで長いチュニックワンピースの下にはくことにする。

 ブーツインすれば何とか見られるの…甘いか。

 

|

2010年10月29日 (金)

本音トーク♪

 昨日は、今回の入院で親しくなったKさんとランチした。

 たった三泊四日ほどの同居だったけど、引き合う物があって^^ 先に退院したKさんは その後も時々 病室へ寄ってくれて、私が退院後は、ちょくちょくメールもしてた。

 やっと再会がかないました。

 花桃御用達のデ○ーズで♪

 どうしてもコーンスープと石窯パン(これが洋食セットとしてメインディッシュに添えて注文できる)が食べたい私。

 この二つを含めてランチしてデザートすると、軽く1000カロリーを越える(毎回経験)

 でも…食べたいんだもん。

 洋食セットとフリードリンクとデザートだけでいいんだけどなぁ…と思ったら、メインディッシュに「温野菜ときのこのサラダ(83カロリー)」を発見。選べるドレッシングも 一番カロリーの少ないのを選んだ。

 Kさんは、季節限定のあんかけきのこリゾット。すだちをかけて食べるの。

 私お勧めの石窯パンとコーンスープを迷ってたので「リゾットと洋食セットは重すぎるから、私のを一口食べて、今後、はまったら自己責任ね。私もシェアすれば、カロリー減るし」と。

 コーンスープと石窯パンを一口分けて、きのこリゾットを一口貰ったから…一緒かなぁ。

 ただ…きのこリゾットがとっても美味しかった…。

 今度はあれを食べようと決心している。…その時は洋食セットは我慢するしかない。

 デザートは 最初はKさんは「あんみつ…白玉がいいかな」と言ってたので「じゃあ私はカロリーの少ない白玉(あんことアイスクリームつき)にする」と決めた。

 ところが食後に注文する時になったら Kさん「やっぱりチーズケーキ(ミルフィーユとアイスクリームとソースがのってる)にしようかな」と言いだす。

 私、最初はそれにしようと思ってたんだよ~。でも高カロリーなんだよ~。白玉に落ち着いて良かった~私 今日は頑張ったじゃん♪ と思ってたんだよ~~。

 でも!Kさんの一言で すんなり方向転換。

『メインを野菜で我慢したんだもん。デザートくらい本当に食べたい物を食べてもいいよね』

 で、甘い甘いキャラメルソース付きのチーズケーキを食べました~♪

 Kさんとのおしゃべりは3時間半に及んだ。

 病気の事、入院生活の事、家族の事…。

 お互いに「そうだよね~~~」「わかるわかる~~~」だったり「あ、そういう考え方もあるんだ~」だったり。

 普通の人は考えないような事を 病気持ちだから考えなければいけないって事がけっこうあって。

 とてもシビアでデリケートなテーマについても、忌憚なくおしゃべりできた。

 そして…話していて途中で ハッとする。

『あぁ…私、また自分の年齢をすっかり忘れてるわ。まだ学齢期のお子さんを育ててる若いKさんなのに、おばさんの私の話によく合わせてくれてるなぁ…』

 相手が20代くらいだと 私も年齢差を自覚しつつ接するんだけど、30代だと『同世代』くらいの気持ちになっちゃうの。相手から見たら『うんと年上の人』なのにね。

 そしたらね…Kさん4○歳(40代後半)だったの!! これなら文句なしに「同世代」と言っていい(…よね?)

 入院して来た時は「独身の文学少女が来た」と思った。翌日、夫君がお子さんを連れて面会にみえたので「あら~~~子供居たんだ~~びっくり~」だった。

 出会ってから5ヵ月過ぎて やっとお互いの実年齢を確認し合えました♪

 

|

2010年10月27日 (水)

絆創膏デビュー☆

 今日は抜糸でした。

 ついでにお出かけの用事もあったので、右半分だけ化粧してマスク装着で^^

 人工関節置換のや骨折縫合の手術の後の抜糸は、チクッチクッと痛かった記憶がある。

 今日は全然、チクリともしなかった。

 でも、皮膚を切らないように、あんな細かい縫い目を一つ一つ切っていくのって難しくないんだろうか?

 と考えていて何針縫ったのか(切る音で)数えるのを忘れてた!

 顎の方は6回切る音がした。たった6針? もっとびっしり縫われてたような気がするんだけど。

 病理検査は「悪性では無い」「粉瘤アテロームなんとかかんとか」との診断。

 H先生も最初からそのように思ってらしたようだし、私も何の心配もしてなかったけどね。

 そして!いよいよ先生お勧めの絆創膏の出番。

 『マイクロボアメディカルテープ』だそうな。

  以前、名大で股関節の手術をした後、傷跡が綺麗になる「魔法のテープ」と看護師さんに教えられたテープがあった。

 私はそれを『3M』という文字と白色だった事だけ記憶してる。

 傷に直角に貼るのは同じ。細く切ったのを直角にいっぱい貼っていく。子供が描く線路のようになる。

 そのテープとは色が違う。

「傷に対して直角に貼ってください」と説明しながらH先生が貼ってくれる。貼り方は似てる。

「貼ったままで1週間くらいもつはず。はがれて来たら貼り替えてください。もう薬も塗らなくていいし化粧もしていいですから」

 へぇ~~化粧していいんだ~~。なんか…怖い。私の事だから、その部分にはファンデーション塗れないだろうな。

 形成外科で作成された「きずあとを目立ちにくくするために」のプリントの角には、テープの切れはしがサンプルとして貼ってある。

 Image106 そのプリントを持って売店へ。

 ←買ったのがこれ。

 なるほど☆ 住友スリーエム株式会社のものだったのね。

 『3M』だけが頭に残ってたわけだ。

 そしてそのテープを貼った姿がこれ→Image104

 ほ~んと目立たないわ。

 股関節手術のついでに黒子除去手術してもらった時は「3ヶ月間は紫外線に当てないように絆創膏を貼ってください」と言われ、後半はシールを貼ってた。

 鼻の下だからよけいに笑えた。

 今度は頬だし、こんな目立たないテープだからね^^ 

 いや…もしかすると老眼だから見えてないだけ?

 実は抜糸する前の傷の写真も撮ったんだけど、写真を見ると、あまりに衝撃的。

 もし公開したら、多くの人が「花桃…可哀想…こんな傷モノになっちゃって…」と息をのむと思う。

 私は「多分、言わなきゃ分からないくらいに綺麗になる」と楽観視してるので、そこそこ綺麗になった時に、衝撃画像と並べて公開いたします。

|

2010年10月26日 (火)

大嘘つき^^

 久しぶりにセールス電話のお話。

 ゆうべ、かかって来た女性からの電話。

「○○の(カタカナの会社名)△△(名字)と申します。奥様でいらしゃいますか?この電話は決してセールスではありませんので」

 そんな事をわざわざ言うのは、間違いなくセールス電話。

 ことさら感じよく返事する。

「はい^^」

 そしていつものように、何を売りたいのか1秒でも早くキャッチすべく、耳と頭を研ぎ澄ます。

『無添加の化粧品を販売するにあたり、サンプルを無料でお送りしたい』との事。

 そこで間髪いれず

「ごめんなさい。私、皮膚に疾患がありまして、医師の処方を受けたものしか使用できないんですよ~」

相手もさるもの。ここぞとばかりに

「うちは無添加なんです。お肌の弱い方にもお使いいただけます」

「私は いちいち医師に見せて許可を得ないと使えないんで…ごめんなさいね」

「…そうですか。失礼いたしました。また機会がございましたら、よろしくお願いします」

「はい、御苦労さまでした」

 化粧品の成分まで調べなければいけないお医者様も大変だ(笑

 そして、今日は

「奥様は株取引など なさった事は おありですか?」と来た。

これは一番簡単なパターンなので、最後の言葉はすでに用意しつつ

「はい、あります」と 自信たっぷりに答える。

 相手は一瞬 驚いた感じ。

「どういった取引をされたんでしょう?」

 それは困った。私が知るはずないじゃん。

 そこでもう最後のセリフを告げる。

「うち、夫がそういう仕事をしてますので」

「あ、そうでしたか…失礼いたしました」

「いいえ~。御苦労さまです」

 ごめんね~~花桃 大嘘つきで。

|

2010年10月25日 (月)

第27節 サンフレッチェ広島 対 湘南ベルマーレ

10月24日 日曜日

【広島 対 湘南】 ビッグアーチ(何も見てない…)

  soccer3対0 広島勝利
  soccerゴール…チュンソン・洋次郎・マサさん

 前日に広島の友達から「寿人は明日は出ない」ってメールが来た。

 もしかしたらベンチに居て、後半少し出るかも…と淡い期待をしてたんだけど。

 そして私は金曜日の夕方から気持ちが悪い。

 腫瘍摘出後の抗生剤のせいだと思う。

 食事の支度をするのが嫌で嫌で。…ついでに家事一般も。

 金曜の夜から、夫には「ご飯作れないから外食してきてください」と言って、自分はヨーグルトとかおかゆとかお菓子(!?)とか、薬を飲む為に口にするくらいで、ちゃんとした食事を摂らずに土曜日も一日ひたすら寝てた。

  日曜日、洗濯物がどんどん溜まるので、それだけを必死で片づけた。洗濯は洗濯機がしてくれるけど 自動的に干してくれないからね。

 1時にテレビの前に座ったけど、試合が始まったら動く画面を見てるのがもう嫌で嫌で…。

 まるで代表戦の時のように「寝ます…」

 目覚めた時は5時を過ぎてた。

「勝った?」

「3対0で勝ったよ」

「誰のゴール?」

「チュンソンと洋次郎と雅人」

 ええええええ~~チュンソンすごいじゃん!!

 夜のスポーツ番組(蒲団の中で半分眠りながら音声だけ聞こえた)では、5試合連続ゴールはチーム初だって。

 マサさんのゴールも良かったね!

 広島のマダムなお友達3名が小躍り(狂喜乱舞?)してるだろうと想像して 私もにやける。

 でもぉ…ちょっと心配になってくるよ。

 寿人 大丈夫かなぁ。

 好調チュンソンと どうやって併用していくんだろう?

 寿人を使うばっかりに チュンソンの良さを生かせなかったらダメだし。

 …もしかしたら今まで 寿人がいるばっかりに、チュンソンの実力が出せなかったのかも…とさえ思ってしまうの。

 どうかどうか二人をうまく使ってください。

 マサさんも含めて1トップ2シャドーでも 3トップでもいいから「あの3人が向かってくると怖い」って相手チームに言われるような攻撃ができますように。

 でもね…チュンソン・洋次郎・一誠の息の合ったプレーも本当に好きなんだよ。もっともっと進化させてほしいって思うんだよ。

 困ったなぁ…。いや 私が困る事じゃないか。

 寿人はマリノス戦、出る気満々みたい。ナビスコに向けて試合勘を取り戻しておきたいしね。

 11月3日 全国放送で寿人の雄姿が見られる。

 寿人の事を知らない人達にも「佐藤寿人っていいな」って思ってほしいの。

 ちょっと泣きそうです。

|

2010年10月21日 (木)

ほんとに慎重なので…苦笑

 粉瘤摘出手術、翌日の「チェック」に行ってきた。

 ゆうべから すでにほとんど痛みは無い。

 処方されたロキソニンを睡眠導入剤代わりに服用しただけで、今朝はもう抗生剤のみ。

 診察室に入ると、ガーゼをとって手術痕を手鏡で見せてくれた。

「おぉ、もう昨日よりも綺麗になってる!」

 上の傷はまだ少し出血してた。喋ったり食べたりする時、頬の皮膚はどうしても動くからかな。

 でもH先生としては問題無いみたい。

「もう何も貼らなくてもいいんだけど、どうしますか?」

えぇぇ~~だって何か当たったら痛そうだし、傷が開きそうで怖いじゃ~~ん。

「…厳重なのにしておいてください」

 Image097 病院チックな救急絆創膏みたいなのを貼ってくれた。

 昨日よりも多少 小さくなったかな?

 帰りに売店で同じ絆創膏を購入。

 来週の抜糸まで貼るつもりなんだろうか…笑。

 私の事だから 多分そうなる。

この写真ではよく分からないけど、上の傷は出血が絆創膏の上から透けて見えて、ちょうど傷の長さになってる。

 もう洗顔もしていいって言われるけど…怖いよ~。右半分だけ洗おうかな。

 さすがに2日連続で洗わないと、ただでさえくすんでるのに、脂で黒ずみそうだわ。

 寿人は抜釘術を終えて、練習に復帰する気満々だけど、私は怖いなぁ。痒みが増して来て、寝てる時に無意識にかいてしまうのも怖い。

 やっぱり絆創膏を貼っておくべきだね!

 どうせ抜糸しても半年はテープ貼るんだしね(笑

|

2010年10月20日 (水)

甘く見すぎた…

 今日は粉瘤摘出手術。

 局部麻酔の注射の痛みさえ我慢すれば、あとはチョチョチョイだわ。

 絆創膏の半年やそこら平気平気~♪ 

 軽く見ていた。

 夕方の手術の前に、T嬢とお茶。

 先日の『どこのか分からない割引券』が【パス○ル】だと判明したので それを使う事にした^^

Image092_2 でもちょっと不安。

ほんとに ここの割引券かな? レジで出して「???」って顔されたら恥ずかしい。

そしたらT嬢が聞いてくれて「間違いなく使える」と確認^^

 T嬢には不似合いなケーキを食べて、おしゃべりをして、あっという間に1時間半が過ぎ、予約時刻ぎりぎりに病院へ。

 診察券を入れるとすぐに呼ばれた。

 不安を感じる暇も無く^^ 

 ところがねぇ…処置室に入ったら、やっぱり緊張するのよ。

 手術室にあるようなライトがあるし、帽子はかぶらされるし、血圧は測られるし、顔には穴のあいた布をかけられるし。

 二つの粉瘤を順に取り、一つだけを病理検査に出す事を説明された。

「花桃さん、じゃあ麻酔打ちますよ。痛いけど我慢してくださいね」

「はい」 うぅ…痛い…。

「もっと痛くなりますけど頑張ってくださいね」

「はい」鼻息が荒くなる。

「はい、少し休憩しましょう」 麻酔が効いてくるのを待つのね。

「これで後は痛くありませんから。押したり引っ張ったりするのを感じるだけで、切ったり刺したりする痛みは感じませんからね」

…刺すんだ…。ごくり。

「麻酔が効いてるかどうか確かめますよ。これ痛いですか?」

「いいえ」 うん、もう何もわからないよ。どうやって確かめたんだろう? ちょっとは痛くしないとダメだもんねぇ。ハサミで突っつくくらいじゃ麻酔してなくても痛くないだろうし。何か刺してみるのかな?

「じゃ始めます」

ほんと何もわからないの。でもちょっと怖い。鼻の横が痒くなってきたけど動けない。

メスで切ってるんだろうな…と想像はできる。ガーゼを当てられるから出血してるんだろうな。

 頬をひっぱられる感覚。ドラマなんかで見る『器具で患部を開いて留めてる』様子が浮かぶ。そんなに引っ張って傷口はどうなってるんだろう? この豊かな想像力が恐怖感を増す。

 この恐怖感をもう一度味わわなければいけないのか…「今日は一つだけにします。もう一つは別の日に…」って言おうかな…と考える。

 しばらくして「パチン…パチン…」と聞こえてくる。この音は縫合した糸を切ってるんじゃないかなぁ? だとするともうすぐ終わるね。

 …それがなかなか終わらない。縫合の音じゃ無かったのかな。

 患部を拭いてる感触。

「一つ終わりましたよ」 やっぱりさっきの音は縫合の糸を切ってたんだ。それにしても長かったなぁ。

「じゃあ、もう一度麻酔打ちますよ」

さっきと同じように丁寧に声をかけながらしてくれる。

R子先生が麻酔科の研修で、このH先生の手術を見たんだって。

「H先生はすごくこだわりがあって、丁寧な手術されますよ」って言ってた。布の下でそんな事を考える。緊張してるんだけど痛くないから、帰ったらまずもやしのひげ根を取ってゆでて…と 夕飯の支度の事まで考えた。

あ! H先生の方が大変だわ。こんな小さな患部に神経集中させて手術してるんだもん。私も集中しなくちゃ。…と 何のメリットも無いでしょうけど、私も患部に意識を集中させる。

「これ破棄してください。さっきのは出します」と看護師さんに指示。

 って事は摘出完了なのね。破棄する前に見たいな…「見せてください」って言う力が無かった(汗

 そしてまたパチン…パチンが始まる。長いなぁ…。

「終わりましたよ」

 顔にかけた布がはずされて、手鏡を渡される。

 鏡を見てびっくり!! 頬と顎にそれぞれ2センチくらいの傷! すごく細かく縫ってある。

 私ね、ちょっと切って中を出して、ちょちょっと縫うのは3針くらいだろうと想像してたの。3針どころか数えきれない。

 そっかぁ~3針だと思ってたら、こんなに細かく縫ってたから時間かかったんだ。

「わざと皮膚を盛り上げて縫ってあります。傷が治ってくると平になりますから」

なるほどね…14年前に黒子を取った痕は少しへこんでるもん。さすがこだわりのH先生☆

 ガーゼで圧迫してテープで留めてくれた。絆創膏どころじゃないわ。Image095

「何が起きたの?!」ってくらいの顔になってる。

「今日は飲酒・入浴・洗顔はしないでください。激しい運動も」

 この時間からの激しい運動って…(想像した)

「血圧が上がるような事はしないでくださいって事です」

 やっぱり そういう事か…と 少し笑えた。

 ベッドから起きて周りを見回すと、器具がまだ残ってたので「摘出したもの見られますか?」と聞いてみた。

 破棄するのも検査に出すのも両方見せてもらえた。

大きい!! こんなに大きいの!? 

「皮膚が少しついてるけど、この下が腫瘍です」 腫瘍なんだねぇ…。

 会計受付に行くと、R子先生が来てくれた! 手術時刻に合わせて外来に寄ってくれたの。

 少し話してから、お金を払ってるうちにR子先生の姿を見失った。

「どこかに呼ばれちゃったかな?」と思ってたら、救急外来の方からぴょんぴょんって出て来て

「今、S先生が救急にみえたから『花桃さんみえてますよ』って知らせようと思って…」って。

R子先生ナイスです☆

 でもS先生は ちょうど患者さんに何か処置してたそうで、声をかけられなかったって。

 まあ私もノーメイクだし、手術用の帽子かぶってたから髪の毛もぼさぼさで、興奮で顔もすごく変だったから「せっかくS先生に会えるなら、もう少しマシな時に」って思うしね。

 ベンチでR子先生とおしゃべりしてるうちに 笑うと頬が少し痛くなってきた。

 手はずっと震えてる。

 慎重に運転して帰宅。

 マンション駐車場で、同じマンションのおじ様に遭遇。

「顔どうしたのぉ~」と聞かれる。

 だよねぇ~~~この大きな白いガーゼ。

「おできをとってもらって来ました」

「おできかね。すごいねぇ」 確かに…笑。

 T嬢がメールくれてたので、

『割引券11月分のもあるから、来月はランチとケーキしようね』と加えて、報告メールを返す。

 夕飯は手抜きしようと思ったけど、麻酔が効いてるから、けっこう普通に作れた。

 飲酒はダメなので養命酒は飲まなかった(笑

 明日は傷口のチェック。ガーゼが絆創膏になるわけね。小さな四角い絆創膏では足りないね。救急絆創膏並みの大きさで2ヶ所だね…苦笑。

 洗顔もできないからノーメイクだ…。

|

2010年10月19日 (火)

三つ子の魂…いくつまで?

 市民祭りのパレードで 幼稚園児のダンスを見た。

 そろいの法被(今風の手作りっぽいの)を着て白いハイソックスはいて、ちっちゃいのが まめまめまめまめしてる。

 数人のグループごとに先生が居て、先生は踊りのお手本も見せながら、子供たちを見守ってる。

 『どっこいせ』ってのは、おそらくK市のオリジナル曲だと思うんだけど、それに合わせたダンスの行進。

 リズムが複雑なの。今風なの。一昔前の「なんとか音頭」とはわけが違うの。

 でも幼稚園児は ちゃぁんとついていけてるのよねぇ~~~!

 振りもちゃんと完成してる。

 まめまめまめまめしてるけど、先生にちゃんと合わせて踊ってるの。

 途中ではいる掛け声も「まめ声」だけど勇ましい。

 今時の子供は生まれた時から 今風の音楽が身近にあり、カラオケも歌い、テレビをつければ踊るのが当たり前だもんねぇ。

 私の世代、小学校(中学校だったかも)の音楽の授業で、課題曲を一人ずつ歌うってのが たしか1学期に1回ずつくらいあって、男子なんかにとっては「拷問」でしかなかった。

 今の子供は人前で歌うなんて快感ですらあるでしょうね。

 それはさておき、先生を一心に見上げながら、一生懸命に踊ってる子供達…この中の数人は、数年後には「うぜぇんだよ、くそばばあ」なんて言うんだろうなぁ。

 あんなに純真に踊ってた時代があったなんて、誰も想像できないような「不良」も この中から育っていくんだろうなぁ。

|

2010年10月18日 (月)

後の祭り

 土日は、市民祭り。

 我が家からはパレードの道路が見える。

 メイン会場も徒歩で行ける距離なので、二日間は行き交う人でにぎわう。

「お祭りだなぁ~」って感じられて何となく浮き立つ。

 以前は歩いて会場まで見に行ったけど、股関節が悪くなってからは、ベランダからパレードを見るのが一番の楽しみになった。

 それが、ベランダの向こう側に立体駐車場ができ、マンションが建ち、数年前からは「ベランダの特等席」は消滅してしまった。

 去年はパレードの転輪太鼓を見る為に、カメラをぶら下げてずっと沿道に出てた。転輪太鼓と一緒に移動して メイン会場のフィナーレまで見ちゃった。

 …今年は足がすぐ攣りそうになるので、沿道に下りる事さえも不安で、階段の踊り場でちらっと見る事にした。

 プログラムを見て「○時の幼稚園児のどっこいせと ○時の◇小学校バトン部を見る」って予定してね。

 最後の楽しみはもちろん「転輪太鼓」

 ドラムラインが近づいてくる。地響きのような太鼓の音が聞こえてくる。

 市内にはたくさんの和太鼓チームがあるのね。

 独特のリズムを叩くチームもあって「あ、これいいな♪」って思う。

 転輪太鼓を知らなければ「すっご~~~い☆」って感動しちゃうんだろうけど、転輪太鼓の演奏を何度も見ちゃったからなぁ…。

 子供たちの厳しい練習などもテレビでも放送されるし、地元紙にも時々取り上げられるしね。きっと他のチームだって似たような事はしてるんだろうけど、転輪太鼓は特別って思い入れがある。

 そしていよいよ転輪太鼓のトラックが来た。

 わぉ!! 衣装が新しいデザインだ☆ この夏のコンサート、チケットは買ってあったけど、入院中で行けなかったのよね。

 全国和太鼓コンテスト、今年は最優秀賞は逃しちゃったんだよね。

 でもチームは どんどんメンバーが増えてるんだって。

 我が家が懇意にしてる居酒屋さん(夫婦でロックやってる)を 以前コンサートに招待したら、その場で大将が気に入ってしまい、息子をすぐに入会させた。

 奥さんも 子供を送迎してるうちに入会した。

 そんな繋がりもあって、我が家の「転輪太鼓熱」は地底のマグマのように熱い。

 トラックの上での演奏だから、舞台ほど力を入れて叩けないかも。

 でも明らかに他のチームとは違う空気。貫録だねぇ。

 マンション階段の踊り場から見えるのは ほんの一瞬。

 音だけ聞こえればいいわと、カメラも持ってなかった。

 でも偶然にも交差点で少し止まってたのよね。

 あぁ~~~カメラの望遠使えば、このタイミングなら撮れたのにぃ。

 まだ止まってるから、急いで戻ってカメラ持ってこようか…でも少しでも見ていたいし…と迷ってるうちに動き出して視界から消えてしまいました。

 市民祭りが終わると季節は急に変わって行くの。

 祭りの後は いつもなんとなく寂しい。

|

2010年10月17日 (日)

第26節 サンフレッチェ広島 対 ジュビロ磐田

10月16日 土曜日

【広島 対 磐田】 ビッグアーチ (スカパー観戦)

  soccer1対1 
  soccerゴール…チュンソン

 ザック監督が来てる!! あ~~ん、寿人アピールのチャンスだったのにぃ~~。なぜこんな時に? 槙野も西川も前田も そこそこ見たでしょ。広島まで来てくれるんなら、寿人の出てる時にしてよ…。

 思いもよらぬ人を発掘しちゃったりして…。

 チュンソンのゴールは、もうぞわぞわしたわ~☆

「鳥肌が立つ」って本来は恐怖や寒さの表現だけど、ほんとにぞわぞわっとするんだよねぇ。

 相手選手を抜いてかわしてゴール前に迫って…囲まれて…もうパスするしかないでしょう…と思ったら打った! 決まった!!

 チュンソンすごーーーーーい☆

 チュンソンがボールを持ってから私は「あ、おぅ、おっ、おっ!」と発声しつつ眺めてたの。まさか打って決めちゃうとは想像してなかった。

 チュンソン、よくここまで這い上がったね。よく我慢したね。

 モデルウォークのパフォーマンスも チュンソンのキュートな魅力が発揮できてて良かった!!

 でも…寿人が復帰した時の、寿人のポジションが心配になってきたわ。

 おそらく「待望の大エース寿人復活」で、いつものポジションを与えてくれるだろうとは思うけど、そこでチュンソン以上の結果を見せないとダメでしょう…。

 プレッシャー大きいよね…。

 寿人なら、そのプレッシャーをエネルギーに変えて、期待に応えてくれると信じたい。ヘタレな私とは違うよね。

 強烈シュートを至近距離で体でブロックしたカズ。

 カズは本当に落ち着いてて頼りになる。もしかしてザック監督 カズを呼んじゃったりして。

それは嬉しいけど、でも試合中のカズの顔見てると「大丈夫? 体しんどくない?」って いつも心配になっちゃう。

 後半。

 前田にやられちゃった…。得点ランキングでも代表FWでも 寿人のライバル。

「玉○~~禿げてしまえ~~~」って意地悪を言ってしまう程の「敵対心」は、前田には感じないのよね。

 でも…やっぱり…寿人が出られないうちに着実に得点を重ねられると…うむむぅ~~~穏やかではいられなくなる。(ほんと心が狭くてごめんね)

 カズのミドルシュートも良かった☆ 私の中では、ああいう場面に後ろからするするーっと現れてドカーンと打つのが森崎ツインズなんだ。

 そしてチュンソンのアクシデント。出血したらしく治療を受ける。包帯を巻いた頭がパイナップルみたいで可愛いの~~~泣笑。

 ちょっとヤンチャな男の子…ってのが 私のチュンソン像。ここ数ヵ月は「苦悩の青年」だったから、パイナップルなチュンソンは顔も幼く見えて可愛くて良かった☆

 今日も躍動した一誠がマサさんに交代。

 スタンドに居るであろう「マサレディーズ」が歓喜に震えてるだろうなと想像する。

 ガラスの向こうの寿人が映る。パーマかけたてのにこやかな笑顔。

 動く寿人を久々に見た^^

 きたん情報によれば、先日の天皇杯の寿人はプレス席じゃなく観客席で熱い応援してたそうな。スタンドの寿人…見たかったなぁ。

 広島は3人目の交代。え~? カズ、フル出場なの? 大丈夫なの? 

 西川はやっぱり頼もしかった…残念だけどウッズより間違いなく上だった…。ウッズ、いいお手本が近くにあるんだから、もっともっと頑張ってね。

 ウッズ本人は「お手本にしたいところがいっぱいある」と言ってるくらい謙虚だしね。せっかく掴んだ正GKを あっさり譲って(奪われて?)しまった悔しさだってあるでしょうに。

 復帰のマサにもゴールさせてやって~~~!

 マルがいいシュート!! よしよし!!

 3分のアディショナルタイムも終了。引き分けでした。

 あぁ…また劇場できなかったね。チュンソン、ゴールして劇場やりたいよね。

 来週土曜日、寿人は出ちゃうんじゃないかしらん…。好調チュンソンとどう併用するんだろう。

 寿人を活かす為にチュンソンの良さを消してしまったらもったいないし、でも寿人には活躍してほしいし…困ったわ。(いや、私が困る事じゃないけど)

|

2010年10月16日 (土)

カップルだらけ☆のコンサート♪

 市民祭り前夜祭のアコースティックナイトコンサートに出かけた。

『なごみーず』伊勢正三(かぐや姫・風)・太田裕美・大野真澄(ガロ)のユニット。

 会場はカップルばかり! それも…中年・熟年・老年の…汗。

 ええ、もちろん私も夫と一緒でしたわよ…苦笑。

 そして加齢臭漂う客席に何のの違和感も無く溶け込んでおりましたわ…開き直り。

 

 偶然、この日の朝、34年来のボーイフレンドY君のメールに返信したところだった。

 ギターを弾いて作曲して歌う彼とは感性の部分で共鳴しあうので、10代の頃からいろんな話をしてきた。

 もちろん「風」は二人にとっても思い入れのあるグループ。

 ただ…最近 伊勢正三さんのライブに行ったY君は「声量が落ちたかな…」とこぼしてた。

 私も伊勢正三さんのソロを聞くと「ん~~~風の時って もっと上手かったような気がする~」って感じ。

 それでこの夜も ほとんど期待してなかった。

 夕方 Y君に「今夜 伊勢正三コンサートに夫と行くよ。生正三は…bearing」とメールして(苦笑)

 それがねぇ! すっごくよかったの!!

 私、当時から伊勢正三さんを全然知らなかったのよね。弟も「風」が好きだったので曲はしょっちゅう聞いてたけど、歌ってる人には無関心だった。

 生の伊勢正三さん…素敵だった~~~☆ ひょうひょうとしてて、でもさり気なくお洒落で。

 ちょうど彼に近い側の席だったので、弦をつま弾く指先に見とれちゃった。

 …Fコードが押さえられなくてギターを挫折した中学生の私を思い出した。

 Am・C・C7・G・G7・Em…確か私が弾けたのはこのコードのみ。でもこれだけで成り立ってる曲って けっこうあったのよね(笑

 太田裕美ちゃんは変わらず可愛かった!

 大野真澄さんに至っては ガロの人と結びつかない。でも すっごく歌がうまくて聞き惚れた。

新曲♪ワンパイントのラム酒に乾杯♪も すっごくよかった!

 去年は、同じ前夜祭で山本コータロー・イルカのコンサートがあった。

 終盤、コータローさんが新ユニットで新曲披露した時は 正直「え~~そんな知らない曲もういいわ~~~」「え~まだ歌うの~~?」だったけど、ゆうべは違った。

 懐かしい曲はもちろん心にずんずん響いて来たけど、知らない新曲も包みこまれるように楽しめた。

 会場の大勢のカップル達もノリノリ。

 きっと昔、彼らのコンサートに行ってた人達だろうね。手拍子や拳を突き上げるタイミングもバッチリ☆

 私は、集まった人達より少し年齢が低いのかもしれない。

 チョコレートパフェのような恋しか知らなかったもん。

 彼らの全盛期、歌詞と同じような恋をして泣いた人達は、この歌を聞きながらいろんな事を思い出すんだろうな。

 最後は会場総立ち。

 私は ここ数日、右足の甲がすぐに攣るので、人やまの中に埋もれて座ってました…涙。

 …それにしても、熟年夫婦のいかに多い事か。

 こういう身近な場所で ちょっぴり「非日常」を味わえるのっていいね。それも「夫婦単位」でできるのは幸せな事。

 K市に感謝だわ。

 数十年前のスター達が 懐かしい曲を引っ提げてする全国コンサートも最近多いよね。

 全盛期よりもお値打ちな価格のチケットで、若かりし頃の甘酸っぱい記憶を呼び起こせるの、いよね~。

|

2010年10月15日 (金)

やっと会えた♪

 退院してから2ヶ月が過ぎた。

 入院中 お世話になった研修医のR子先生が「花桃さんの外来の日は診察室の辺りをうろうろします」と言ってたけど、ちょうど動けないお仕事中だったりして、なかなか会えずにいた。

 昨日は内科と眼科の診察時間を知らせておいた。

 眼科で待ってると…白衣の女神が さぁ~っと現れた! う~~ん、清々しい~~☆

「せんせ~~~!!」

 いつものよう近寄って跪いて目を合わせてくれるR子先生♪

 夜勤明けで午後からの仕事だったのを早く出て来てくれたの。

 眼科の中待合室には 2人くらいしか患者が居なかったので、声はひそめたものの、かなりのおしゃべりができた。

 まずは私の体調や今日の検査報告、目の見え方チェック。

 そしてR子先生の近況。

「今日 会えなかったら、次こそはW先生に『研修医のY・R先生を呼んでください』ってお願いしないといけなかったわ…でも あの偉いW先生に さすがにそれは頼みにくい…」と私。

「でもW先生はフランクな方だから^^」 そうだけどぉ~~~汗。

 偉いW先生のお洒落なネクタイを「どこで売ってるんですか?」って 厚かましい事は聞けちゃう私だけどね。

 診察後、会計を済ませて処方箋FAXコーナーを見ると T嬢は居ない。先月もちょうどお休みで会えなかったの。また今日も~?

 まあT嬢とは いつでも約束できるからね…と思って財布をバッグに入れてると(けっこう時間かかってた)

「ちょっとぉ~~いつまで待たせる気~?」と現れたのはT嬢☆

私の姿を見かけて隠れてたんだって!! 小学生か!? 笑。

 入院中は ほとんど毎日 会ってたから 数週間会わずにいると話が溜まる溜まる。T嬢は仕事中だから そうそうおしゃべりできないしね。

 来週の予定を確認しあって、粉瘤摘出手術の前にお茶の約束をした。

「来週は なんだか毎日のように外出だわ」

「いいじゃない。おうちに居ない方が余計な物食べずに済むから」

たしかに~☆

  ところで…先日の「どこのだかわからない」クーポンは「パス○ルじゃない?」と Kが知らせてくれた。

 私もアップしてから「もしかしたら…」と思ってたので Kのメールで確信した。

 で、T嬢には「パス○ルのクーポン券持ってるから!」と 待ち合わせを提案。

…はい、外出してもやっぱり食べるのですよ。 

|

2010年10月14日 (木)

第90回天皇杯 アビスパ福岡戦

10月13日 水曜日 コカ・コーラウエスト広島スタジアム(ネット情報のみ)

 soccer2対2  PK 5対6 広島勝てず…

 soccerゴール 洋次郎 ・槙野

 J2のチームだもん…勝つよね。 と なぁんとなく思ってた。

「いやいや侮る事なかれ…」とも思った。

 食後、PCで公式サイトの速報を開き、携帯を見る。

 …公式サイトは、大きな動きのみ。携帯は それよりは多少詳しいけれど、パケ放題じゃない私は、長時間アクセスするのが不安(みみっちい…)

 それにね「○○クロス、△△シュート、GKブロック」って書かれても サッカー無知な私は映像が無いと イメージが湧かないのよ…汗。

 こういう時は、某巨大掲示板の実況が一番いい☆
 だって臨場感はあるし、感情が溢れてるし、茶の間やスタンドで「あ~だ、こ~だ」と言ってるのを聞いてるみたいで面白いんだもん。

 で、3つを見ようとしたんだけど、気付けば某巨大掲示板に集中しちゃった。

 0対0で前半終わるのか…と思ってたら、ロスタイムに失点。

 うそ~~~~ん。

 後半は掲示板実況に腰を据えて、でも時々、公式速報で「確認」する。

 0対1のまま時間だけが過ぎて行く。

「え~~~もう後20分だよ~」

「えぇ~~~~もう10分じゃ~ん 泣」

 掲示板実況に「キターーーーーーー!」の文字が並ぶ。

 時々、悪戯で嘘を書きこむ人がいるから、すぐには信じない。

 でも「キターーー!」のAAが並んだからもう大丈夫。

 うあぁ~~~~ギリギリで同点じゃん!! すごいすごい!!

 私は『逆転勝利』できる事がすごいと思ってる。先制してそのまま勝つよりも難しいように感じるから。

 「敗戦濃厚」となった時間帯に追いついた勢いで 延長戦では先制して欲しい。

 一度は諦めかけた「勝利」への執着が私にもよみがえって来た。(弱気で勝手でゴメンね)

 ユースチームは前半2失点したのを後半で4ゴールして高円宮杯優勝したんだもんね。兄貴分も貫録見せてやらなきゃ。

 なのに…なのに…またも福岡ゴール。

 それもどうやらウッズのファンブルが原因らしい…。

 ウッズにはミスして欲しくなかったよ。

「西川とウッズ、どちらも捨てがたい」って監督を悩ませるくらいになってほしかったの。

サポーターさん達にも「西川もウッズもどっちもいいな」って言ってほしかったの。

 うえぇ~~~~ん。

 でもウッズ!! ここで集中を切らさないで!!

 私はPCの前で「怪しげな祈祷師」に変貌する。

 両手の指を組み合わせて握って力を込めて「う~~~ん、ん~~~~ん」と唸りながら体も揺らす。

 「頼むよ~~~」「お願いよ~~~」

 組み合わせた手指をほどくと、今度は跡が残るほど腕を掴んでた。

 そして…一誠がPK獲得!

 寿人が出てたら「寿人? 寿人が蹴るの?…嬉しいけど…心配」だけど、この日は「誰? 槙野?」って ひたすら『期待』

 槙野は決めてくれちゃうんだよねぇ。

 またしても同点!!

 ああ、こうやってシーソーゲームの末に勝って、監督インタビューで「体に悪い試合だった」みたいな事言われた事あったよねぇ…。

 またそうなるといいな。

 祈り・祈祷虚しくPK戦へ。

 これは運もあるからなぁ…。

 そして!!ウッズ!! さっきのミスを帳消しにしておつりを貰えるプレーを見せてよ!

『ウッズ止めたーーーーー!!野獣神!!』って皆を喜ばせてよ。

 ここへ来て掲示板実況は半分以上が『面白半分の嘘』になっちゃった。

 それでもね、なんか真実を知るのが怖いような気もして、最後の最後に確認すればいいわ…と ずっと掲示板実況を見てた。

 たくさんの偽情報の中の数少ない真実を見極める。…それも実は面白かったりする。

 双方とも5人成功。

 サドンデス突入。

 はぁはぁはぁ…。ウッズ頑張れ。ウッズ止めてくれ!ウッズ頼む!!! と力んでたら…6人目の良太失敗。

 おろおろしてる間に 福岡6人目成功で終わってしまった…。

ぽかーーーーん。

 なんか…言葉が出ない。

 代表戦の不貞寝みたいに このもやもやを放棄できない。

「あぁ…なんだかなぁ…うぅ…仕方ないかぁ…でもねぇ…」と もやもやもやもやし続ける。

 元旦のテレビ観戦は無いんだね…。

 でも!! ナビスコとリーグ戦に全力投球できるじゃん!!

 そうだよ、あれもこれもって欲張っちゃダメ!

 と無理やり自分を納得させる事にした。

|

2010年10月13日 (水)

不貞寝ふたたび

 昨日も、番組開始の頃はちゃんと見てた。

「まるでバラエティ番組だよねぇ…風間さんもこんな事やらされて大変…」などと言って見てた。

 故障で離脱のGK川島の代わりに西川がスタメン。真面目に努力してれば、こういう幸運(川島にとっては不運だったけど、復活は間違いないから)が訪れるんだよね。

 前田がワントップ…彼だって去年から得点を積み重ねてるもんね。

 でも…でも!!

 寿人が怪我してなければ きっと召集されてた。そして「お試し」であっても(お試し期間中だからこそ)使われたはず。

 前田のワントップは、寿人だったかもしれない。

 寿人ワントップで先発。ヤットさんや駒ちゃんから どんどんいいパスが来て、ゴール前の寿人が華麗に舞ってボールはネットを揺らす…誇らしげな寿人。

 …と想像したら、お腹が痛いような気がしてきた。

 わかりやすい「拒絶反応」ね。

 でもなぁ…トップ下が本田では、寿人なんて無視されちゃうかも~。本田が寿人をいつも見てて寿人に合わせてパスを出してくれるなんて事は…無さそう。

 ワントップでスタメン起用されても本来の仕事をさせてもらえず、本田の引き立て役になるのも嫌だなぁ…。(いや、そんな心配しなくても まだ怪我のリハビリ中ですから…)

 槙野も先発じゃないし…これにはかなり落胆した。

 苦しい広島の台所事情を無視して、何のために槙野を連れてったのよ。

 そりゃ代表での経験は槙野の成長に大きな影響を与えてくれるだろうけど、この時期はきつかったわよ…。

 お試しで次は槙野だと思ってたのに。

 …もうホントにお腹痛いわ。

「寝ます…」と またもリビング隣のお布団に。

 数分後…ちょっとした歓声『これはゴールの大歓声とは違うな…』と夢うつつで聞き流そうとしたら「いいシュートでしたね」と風間さんの声。

 ガバッと飛び起きる。

「ゴール?!」

「違いますよ」

 そして…どれくらい時間が過ぎたのか、覚醒した時には菅野美穂ちゃんのドラマやってました。

 これも半分夢の中で「0対0」って言葉がインプットされてる。

「0対0で終わった?」

「はい。でも駒ーにょが怪我しました」

「ええぇーーーーーーーー!」

 その後のスポーツニュースでは、本田のいいプレーの映像が。

 駒ちゃんの怪我のシーンも…あぅ! いつか見た松井秀樹の手首骨折シーンみたいじゃん…。

 深夜のスポーツニュースで「上腕骨折 全治不明」と。ショックだろうなぁ…。

 駒ちゃんも地道に真面目に一生懸命やってる人だもんね。

 あ~だけど、ナビスコ決勝は これでちょっと有利になる?(ごめん、こんな不謹慎な想像)

 おそらく広島の選手や熱血サポーター達は「国立競技場で駒野と優勝をかけて戦える」のを楽しみにしてた事でしょう。

 こうなったら『駒野が居なくても勝てた』って磐田さんに言われないように、絶対に広島が勝たないとね!

|

2010年10月12日 (火)

なんだっけな…

 お得なクーポン大好き♪

 新聞広告に入ってくる飲食店のクーポンは切り取ってしまっておく。広告のままだとかさばるもん。

 ただ…大事に保存しておいても、使ってラッキー♪って事はごく稀で、持ってる意識も無くしてるか、使おうと思ったら期限切れ~って事はよくある。

 今日、クリップで留めてあるたくさんの切り取ったクーポンの期限をチェックしてみた。

『10月31日まで』ってのが多いわね。気をつけておこうっと。

 さて、そんな中に こんな綴りが…。

Image093

 裏は白紙。

 ご丁寧に切り取ったのが悪かった!

 テイクアウトが200円引きよ。ランチタイムは5%引き。ディナータイムは10%引き。ケーキ全商品50円引きだって! どうやらデザート系の店だわ。

 右半分は11月分で、テイクアウトが250円引き。

「なめらかプリン進呈券プレゼント」なんてのもついてる。(ただし、これはテイクアウト1500円以上お買い上げのみ利用可)

 老眼鏡をかけても読みづらい細かい文字をだ~っと斜め読みしてみた。クリスマスケーキの予約についても表記がある。

 ん~かなりケーキ屋さんっぽいなぁ。

 クーポン券利用の際はポイント5倍ともある。

 私は懇意にしてるお店でもポイントスタンプを集める根気ないから、おそらくここのポイントカードも持ってないでしょうね。

 教訓:切り取る時は店名がわかるようにしましょう!

|

2010年10月10日 (日)

ナビスコ杯 準決勝 対 清水エスパルス 第2戦

10月10日 日曜日

【広島 対 清水】 アウトソーシングスタジアム日本平(スカパー観戦)

soccer1対1 引き分けだけど広島決勝進出

soccerゴール 山岸

  

 一昨日から『どよーん』のまま。

『今日は勝って決勝進出になってきゃほ~~~って元気になっちゃうかも』ってリアル妄想は これっぽちも湧かない。

 はぁ…有利な状況でのアウェイ戦だったのに勝てなかったか…って、ますますどよーーんとする想像ばかり。

 …これはいい調子♪(初めて読む方へ…私がリアル妄想する事はほとんど実現しません)

 今日はウッズが見られるの。それは楽しみ☆

 開始早々、清水サポさん達のチャントがすごい!! いつもに増してすごい!! 歌うというよりもずっと叫び続けてるかのような音量。

 清水のFK。

 ウッズ~~~頑張れ~~~すでに泣きそう。

 ゴール前に攻め込まれたり、ゴール前でパス回ししてると「ちょっちょっちょっ…」と思わず言ってしまう。

 西川が守ってる時「あ~西川だと平気で見てられるなぁ…やっぱり安定してるのかなぁ…私のウッズへの思いが 西川へのそれより大きいせいかなぁ…」と思ってたけど、やっぱりウッズだと「うわっ…」「ひぃ~~~」と力が入っちゃう。

 プレーの質なんて私には見えないしね…汗。

 清水の攻撃。シュートはポスト、弾んだところをヘディングシュート。

 ウッズが最初のシュートで(こっちから見て)右側に飛んだので、左側はガラ空き。

「決められた!」と思った。

 それが続けて反対側ポスト直撃。

 ひぇ~~~助かった~~~!! 肝冷やしたわぁ~~~。

 解説が「中林にプレスをかけてミスを誘うシーンがいくつかある」って。そ・そ・そんなーーー。

 サッカー無知の私でも「ちょちょちょ…」と言ってしまうのは当然なのかな。

 山岸は昔、代表に出てたのを見て「顔が好き」と思ってた。今日は「髪が短すぎ」と思った(笑) 他の人には「もっと短くすればいいのに」といつも言うのに、彼に関しては「もう少し長い方がいい」気がする。(なんとまあ勝手な…まあ、言わせておいてください)

 ヨンセンのシュートもバー直撃。本日3回目。

 これは広島に運がある?! ここまで『勝負の神様』が味方してくれたんだから、そろそろ応えないと呆れてそっぽ向かれちゃうよ~。

 後半。

 ストヤノフがミキッチに交代。ストヤノフ居なくてDFラインは大丈夫なのかなぁ…。

 とにかく先制してほしい。

 無知なのでやたらと「打てっ!」「そこで打つ!」「打っちゃえ!打っちゃえ」と叫ぶ。体は右方向にどんどん傾いて行く。

 藤本(淳)が打つか!! ぎゃぁ~~~と思ってたらカズがスライディングで止める。

カズ~~~☆ ありがとう~~~!! 

あ~ん、でもカズ大丈夫? 大丈夫なの? 

 開けた窓の横のソファーで「うわっ!」「キィ~~~~(目玉おやじ風の声)」「うぎゃ」「あ、あ、あ、あ!」「よしよし!!」と叫びながら見てるので ご近所の人が聞いたらなんと思うかしらん。

 などと思ってたら…

 サイドで山岸がボールを受けてドリブル。「そーそーそー(ゴールに向かっていけ)」と言ってたら…打った! 入った!! 入っちゃった~~~~~☆

 やったーーーーーーっ!! 涙。

 私そこで「打て!」って言って無いんだよね…。ほんとに私ってチャンスも見る目が無いんだね。

 ちょうどサポーター側のゴール。スタンドに向かって全員が並んで矢を射るパフォーマンス。シンプルでいいんじゃな~い^^

 がんばれーーーこのまま終われーーー力が入って足の指先を無意識にもにょもにょしてた。

 もう1点とっといてーーー! 寿人を国立に連れてけーーーーーー!!

 カズが疲労困憊の顔してる…と思ってたらマルと交代。カズお疲れ様でした! 本当に頼りになるよ。お願いだから少しでも余力を残して次に備えて交代してほしい。

 後半25分くらいで『初のナビスコ決勝進出~~うひょ~~~♪』ってにやけるとこを想像しちゃった…まずい。

 28分。もう泣きそうで、息がはぁはぁしちゃう。

「もう1点とってくり~~それか終わって~~~~(悲鳴)」

 実況が「日本平で勝つのは15年ぶりです」って。いかんいかん、もう勝った気になってちゃいかん!

 もし得点状況(ホームでの得点も含めて)が逆だったら「残りの時間帯で2点は難しいよねぇ…」とかなり気落ちしてるだろうけど、勝ってたら勝ってたで「でも10分あれば2点とられちゃう事あるよね…早く終わってぇ!!」となる。

「初のファイナル出場が見えてきました!」と実況が叫ぶ。やーーーその気にさせないで~~。

 ヨンセンがゴールに突進する。うわぁっ!! だめだめだめ! ちぢみあがる。その瞬間、ウッズが飛び出してボールを掴んだ。

 よく飛び込んだね! あの勇気ととっさの判断力…GKってすごい。

 広島のチャンス。ミキッチがフリー。私にもスローモーションのように「あ、ミキッチチャンス!」と見えた。

 つい最近も まるで一瞬止まってるようなシーンからゴール決めたもんね!

 …でもシュートは枠外。ミキッチぃ…そこがなんとなくミキッチらしいんだよ…涙笑。

 寿人はスタンドに来てるかな? もし決勝進出が決まったら『怪我で離脱の佐藤寿人もこの喜びの表情』ってアップになるかな? と また余計なリアル想像をしちゃう。だめだめだめ。

 そして…え? あら? あらあら?って感じで失点しちゃった。

「小野うまいわぁ」と夫。 夫は広島に小野も欲しい人だからね。

 41分。まずいな…この失点。 延長戦になったら…ダメと思う。ほんとにネガティブでごめん。

 ロスタイムは4分だって!! ほらーーーー泣。

 もう息苦しくて ひぃ…ひぃ…ふぅ…ってなる。あっ…あぅ…あぅ…。

 49分09秒…もう終わってーーー(泣き声)

 49分35秒…もう終わりでしょーーーーーーーー!!(金切り声)

 ヨンセンのシュートで終わった。

 よかったぁーーーーーー! はぁっ…。疲れた。

 スタンドで泣いてる女子サポ。初の決勝進出だもんね。長く応援してる人達にとっては感無量でしょう。

 さて、私は「国立の決勝戦で寿人復帰ゴール!!」と もはや想像しています。 

|

2010年10月 9日 (土)

不貞寝

 退院後「もしかしたらそうかも…」とは思ってたけど、間違いない!

 私は代表戦があると具合が悪くなる。

 昨日も 夫が帰宅したらすぐ夕飯できるように支度し、夫が間に合わなければ録画もしておこうと準備もしていた。

 代表戦を見るつもりだったんだよ。

 案の定、夫は早く帰宅したので夕飯を済ませても余裕を持ってテレビの前に座れた。

 放送開始は7時でもキックオフまでかなり時間あるのね。ライブ映像やら解説者の姿やらを黙って見る。

 ライブ映像の時は、二人で槙野の姿を探す。

 スタメンでは無いのは朝刊などで確認済み。でもちらっとも映らない。

 注目選手の近くに居るはずなのに…。

 スタメン発表があり、それぞれの選手のアップが映る。

 誰かの背景を横切る槙野がちらっと見えて二人同時に「居た!」と言う。

…なんだかねぇ。

 ザックとヒデの対談の中で「私はすでに良いFWを見つけた」って。

それを聞いた瞬間に「いぃーーーー」となった。

 寿人はずっと試合も出てないからね…寿人以外のいいFWなんだよね。

「寝ます…音声だけ聞いてます」とリビング横の和室の布団に入った。

 半分眠りながらゴールの歓声だけはキャッチできるのよね。

「誰?」

「岡崎」

「げーーーーーー」(岡崎ファンの皆様ごめんなさい。彼には何の文句も無いのよ)

 その後は本気で眠ってしまったよう。

 10時に目覚めて

「どっちが勝った?」

「1-0のまま日本が勝ったよ」

岡崎ゴールの勝利か…。

 寿人を好きになっていなければ、新生ジャパンの初勝利を素直に喜べるのにね。

 朝刊の代表戦の記事、中日・日経 どっちも岡崎の写真だった。そりゃそうだ。

 寿人の写真が見たいよ。

 雨のせいなのか、体が重いよ…。

|

2010年10月 8日 (金)

三度目の「きれい」と「自慢」

 先日、病院で採血した時の話。

 K市民病院は、中待合の向こうにカーテンで仕切られた採血スペースがあり、3人くらいが同時に処置できる。

 カーテンの向こう側の人影が机のこちら側に回って椅子を引き出してるのが見えた。

 採血指示書(?)と一緒に『車椅子』の札が届いているので、車椅子が入りやすいように準備してくれてるんだろうな…と想像した。

 はたして「花桃ゆうさ~ん」と呼ばれた。

 返事をすると、私よりも年上と思しき看護師さんがカーテンを開けようと迎えに来てくれてる。

 …私、カーテンどころか観音開きのドアだって自分で開けて車椅子で通り抜けられるんですよ~。

「ありがとうございます」とお礼を言いつつ、目標の採血台の下にスルリと車椅子を入れる。

 うぴっ☆我ながら上手い車輪さばき。自動車の車庫入れはこうはいかないのよ(笑

 勝手知ったる『採血』なので、いつも聞かれる前に『生年月日・名前・朝食の時刻』を告げながら、採ってほしい方の腕を出す。

 看護師さんが腕にゴム管を巻く。ここまではじっと見てるんだけど、針を刺す瞬間から抜くまでは、見ない(見られない)のよねぇ。

 採血用のスピッツを確認してるのを感じつつ、横を向いていると…

「綺麗ね」と看護師さん。

 何がだろう? どこがだろう?? さすがに今回は「肌が…」「頬の上が…」とは ちらっとも思わなかったわよ。

 真っ先に浮かんだのは腕の内側!(日に当ててないから白い)

 その次は血管!(まるで『ここから採って』と言わんばかりの立派な血管がある)

 私の狼狽ぶりが分かったんでしょうね。

「ペンダントですよ。何が綺麗なんだろう?って思うよねぇ」って看護師さん。

「腕か血管かと思いました」

「腕も綺麗よ。私のと交換したいくらい」

お互いに苦笑。

「一人で来たの?」…子供じゃないですってば(笑) 

車椅子だからでしょうね。ええ、運転して行ける所なら あたくし一人で出かけますのよ。

 採血を終えると 看護師さんは車椅子を押してくれるつもりらしく こちら側へ回ってくれようとする。

 それよりも早くスッとバックして出口の方に方向転換して(もうね、本当にこれが自動車でできたら どれほどかっちょいいかと思うくらい無駄の無い動きなのよ!)

「ありがとうございました」と言って出てきました。

 いやぁん、私 かっちょいい~~~♪

 

 …しかし、これが四輪になった途端

spade2台分空いた駐車スペースに、またいで入ってしまう

spadeマンションの自分ちの駐車パレットで、もう17年使用してるのに、何度も切り返ししないと入れられない

spade自動車学校でできないままだったので『縦列駐車』の選択は私には無い!

 ちなみに卒検は日替わりで『縦列駐車』と『車庫入れ』があり、私は数回落ちた挙句『車庫入れ』の日に合格したのでした。

 もひとつ…仮免は1度で合格したけど、卒検で3回(だったと思う)落ちて、その後、休めるぎりぎりの期間お休みしました…涙。

|

2010年10月 7日 (木)

今度こそ「手術」…笑

 入院中、ずっとマスクをしてたら左頬にあった小さな「ぽっち」がみるみる大きくなってしまった。

 針でぷすっと刺せば中から何かが出て来て綺麗に治りそうな感じ。

 退院間近に「ついで受診」で形成外科のH先生に診てもらったら「ナントカなんとか腫瘍(名前覚えられなかった)日本人に多い良性腫瘍です」って。

 針でぷすっと刺しても中の袋が残ってれば、また大きくなるんだって。

「自然に小さくなる可能性もあるので様子をみる」事にして退院し2ヶ月。小さくならなかった。最近は気にして無意識に触ってしまってる。

 これは良くない。

 昨日 受診してきた。 その場で摘出してくれるかも…と思って、左側だけ化粧しないで行った(苦笑)

 もう一度しっかり名前を聞いた。『粉瘤(アテローム)』ですって。

 実は私には 2つの粉瘤があるのです。左顎にも もう20年くらい前からあって、そこは以前 自分でつぶしたの。

 中から嫌な匂いの白いもの(膿とは違う)が出て来て、一旦は平になるけど、また膨らんでくる。袋が残ってるからだったのね。そうやって何年も来たので 左顎の粉瘤の周りは押した跡が黒くなってしまった。

Image090 上が5ミリ、下が7ミリだって。 この2つを同時にとってもらう。

「手術はいつにしますか?予約をいれます」って。

手術なんだ~~~~! 笑

 親知らず抜歯の時は、私は手術のつもりだったのに「処置」だったのよね。

 同意書や手術申込書をその場で書いた。

 そして「HIV抗体検査意思確認書」なる物も。必要性について丁寧に説明された。もちろん私は拒否する気なんて毛頭無いから 書類にサインをしようとしたら

「そこは『同意しません』です。『同意します』は上です」って(汗

 老眼鏡をいちいち出してると時間がかかるから「この辺だろうな」ってところに勘で名前を書いてたの。これが詐欺目的の書類だったら大変だわ。

 手術内容や合併症などの説明も受けた。

「メスは、将来できるしわの方向に合わせて、ここはこっち向きに…ここはこの方向に入れます」って。

 さすが形成外科!

 私「皮膚科へかかるべきなのかなぁ~」と思ったんだけど、形成外科で正解だったわ。

 局所麻酔で、翌日にはシャワーもいいんだって。へぇ~~~!

 私は『見える部位』に何かされる痛みは 割と平気。顔だから自分では見えないけど、とにかく表面の事はなんだか大丈夫なの。

 それがちょっとでも奥まった所になると一気に怖くなる。(親知らずとかね~)なんなんでしょうね。

 14年前、大腿骨骨切り手術の後「ついでに鼻の下のほくろ除去してもらお♪」と 軽い気持ちでお願いして、予想以上に痛かったんだよね。でも懲りてない。

 その手術の後「傷口は3ヶ月くらいは紫外線に当ててはいけない」と言われ、救急ばんそうこうを貼る事になってしまった。

 当時、合宿のように仲良くしてた入院仲間(22歳・26歳・32歳・33歳♂)に「ついでにほくろ除去する~♪」と自慢げに言ってたので、鼻の下にばんそうこうを貼って戻り、それが3ヶ月続くと報告した時には みんなにさんざん笑われた。

 それを思い出して「以前 ほくろ除去で3ヶ月ばんそうこう貼ってました」と言ったら

「僕は6ヶ月です」って!! ぎゃぁ~~~~~~~!! それに2ヶ所なんですけど~~。

 H先生はばんそうこうじゃなく、それ用のテープを紹介してくれました。うん…鼻の下じゃなく頬だし ばんそうこうじゃなく小さな四角いテープだし……。

 左顎の古いのは、もしかしたら中でやっかいな事になってるかもしれないなぁ。

 手術(!)は20日…寿人の抜釘予定と同じ日だ♪

 

|

2010年10月 5日 (火)

買ってはいけない…

 家にいると おやつの時間じゃないのに甘いものを食べてしまう。

 手持無沙汰だから…口寂しいから…と食べちゃう。 で、体重は正直に反応する。

 入院して1300カロリー・間食無しで するするするっと痩せたもんねぇ…遠い目。

「今日は余計な(ここ大事)甘いものは食べない!!」と 朝、声に出して3回言ってみた。(先日読んだ本の中にあった自己暗示を自分流にアレンジ)

『余計な』と言うのは、食べるのは前提なのよね…汗。でも「暇だから食べよう」っていう食べ方はやめなきゃって。

 昨日は公文で一緒にお手伝いしてる若いお友達Sさんとファミレスランチ。スマートなSさんが「健康診断で、毎年体重が増えてて、夫から『甘いもの禁止』と言われた」って。

 じゃ今日はデザートは無しだ…うん、それもいい!

 デ○ーズのコーンスープ好きなんだけど、石窯パンだけでもすごいカロリーなので、ここはスープは我慢した。偉いぞ私☆

 ところが食後、Sさんがデザートを食べる雰囲気。あら!?そうなの? そこでやめる程 わたくし強い意思は持ち合わせておりませんの。

 友達と一緒に食べる甘いものは『余計な』では無いもんね♪

 先日、迷った末にフレンチトーストに負けたキャラメルパンケーキを頼んだ。

 楽しいおしゃべりと美味しい食事とデザートで満たされた時間を過ごし別れて、買い物に。

 さて、Sさんからはシャト○ーゼの焼き菓子を貰った。家にはグラン巻もまだあるし、プリンとフルーツヨーグルトも 夫が貰って来たバアムクーヘンもある。

 今日は絶対にお菓子は買わないぞ!!

 スーパーの入口に栗入り大福があった。ちょっと立ち止まってしまう。そして半透明の求肥に包まれた「塩餡栗大福」なるものを発見。

 「塩餡」って…!! これは食べたい!! でも5個パックなのよ。これ買ったら絶対に3個は一度にいっちゃう。だめだめ!!

 スルーした。偉いぞ私☆ やっぱり朝の3回の呪文が効いてる!!

 おはぎの店も いつも見るシュークリームやワッフルのコーナーもちら見で通り過ぎた。

 この調子この調子♪

 ところが!! 出ちゃったよ天津甘栗!!

 これもね、去年はかなり抑える事ができたんだ。週に2回買い物に行くたびに買ってた年もあったのに、シーズン中に数える程しか買わなかった気がする。

 今年も買わずにいれば はまらないような気がする! と通り過ぎようとして…『新栗』のラベルに気付いてしまった。

 『新栗』は、今日しか買えないでしょう!! で迷わずカートに入れた。

 さて帰宅して…まずは栗を味見。ここで以前はエンドレスになったんだけど3つで止まった。 本日3回目の 偉いぞ私☆

 でも…夕食後に、やっぱり10粒(でも止まったから偉い)と、Sさんに貰ったレーズンバターサンドクッキーを食べちゃった。

 食べた直後は美味しさに満足して まったく後悔が無い。それどころか「ダックワーズも食べたいけど我慢しよ…偉いよね私(ややトーンダウン)」などと思う。

 そして入浴後の体重測定で自己嫌悪。

 さて、今日は昼食の代わりにダックワーズとバウムクーヘンを食べた。デザートに甘栗(爆)

 いや…笑ってちゃいけない。

 

|

2010年10月 4日 (月)

『行け』そうな気がするーーーぅ

 京都戦の録画を見た。

 最初に審判がユニフォームをパンツの中に入れるように注意してる(笑

やっぱりね~~本当は入れないといけないんだもんね~~~寿人はちゃんと入れてるもんねぇ~♪

 なのに入れてないままの人もまだいる! 注意したなら徹底しなきゃ。

 無失点だとわかってるので攻め込まれても「どうやって守ったのかなぁ~」って平常心で見ていられる。

 狭い所にポンポンとパスが通る。運動神経ゼロの私は、腰くらいに来たボールを片足を上げて膝でトラップするだけでも「すごい!」と思ってしまうので、よくもまあ、あんな所にパス出せるわと感心しきり。

 最初から3-0で勝った試合だと思って見てるから「広島らしいいい攻めができてるじゃん。ボール取られてもすぐ奪い返してるじゃん」と。

 こうなってくると「やっぱり生で見たいなぁ~」となる。

 前半が終了した頃には「ビッグアーチなら車椅子で行けるわ」に変化している。

 名古屋駅も広島駅もエレベーターがあるから、最悪私一人でも大丈夫! 広島駅からタクシーでもいいし、横川駅もエレベーターがあるから、そこまでは問題無く行けるわ。

 シャトルバスに乗れないだけで、かえって歩かなくていい分、いつもより楽かも!

 一番のネックは地元のJRの駅。出発ホームへは長い階段を下りて上らないといけない。駅員さんにお願いして線路を渡らせてもらう事になるだろうな。

 それさえクリアすれば後はスイスイだわ♪

 広島のお友達が「こっちでのサポートは任せて」と言ってくれてるし。

 スタンドでプレーはよく分からなくても「○○が可愛い」だの「△△はちぇくちー」だの みぃみぃはぁはぁ言いながら見たいのよ~。

 そんな事を考えながら録画を見る。

 ナカジがキャプテンマークつけてた。このチーム、誰がつけても納得できちゃう。

 今日も一誠・洋次郎・チュンソンがいい動きしてる! なんかさぁ…寿人が居ない方が彼らが活きるのかしらんって思っちゃうよ…イジイジ。

 でもね、やっぱり若い彼らが躍動してくれると見てて楽しい。

 チュンソンの2ゴールは素晴らしかった! 現地で観戦してるはずのなおちゃん、どんなに嬉しいだろう☆

 途中から入ったカズに続き、浩司も投入!

 うぁ~~~♪ 応援に行った人達、すごいいいシーンに立ち会えたね!

 

 そして…我が家では「きたんちゃんを探せ」をする。

 本人に映った時間帯を聞いてあるので、そこへ来たらまず夫がテレビの前に立った。私も続く。

 そこまでして見たいわけ!? 笑。

 そして夫が先に発見する「これ きたんちゃんじゃない?」

 止めて戻して見る事数回。

「あ、また映った!!」 また止めて戻して見る事数回。

 そんなにしてまで見たいきたんちゃんって…大笑。

 

 

|

2010年10月 3日 (日)

第34節 サンフレッチェ広島 対 京都サンガFC

10月2日 土曜日

【広島 対 京都】 西京極陸上競技場

  soccer3対0 広島勝利
  soccerゴール…槙野・チュンソン×2

 実は、スカパーも最初しか見てません…汗。

 と言うのも、昨日は瑞穂陸上競技場での「名古屋対仙台」を観戦したからです。

 退院後、まずは近場での観戦を…と 以前から興味と親しみを持ってたベガルタ仙台が来るこの日を選んだ。

 チケットはファンクラブ特典で早く買ったんだけど身障者駐車場を申し込むのが遅かった! なにしろ今期好調の名古屋、観戦する人も激増してるらしい。

 槙野のFKゴールだけ見て出発。車の中で携帯サイトの速報を何度も確認する。

 大事を取ってマイ車椅子を持って行く。名大の有料駐車場に停めて そこからタクシー。(往復のタクシーと駐車料金で6100円の出費だった…涙)

 瑞穂では車椅子でエレベーターを使用させてもらった。関係者以外立ち入り禁止の所から入れてくれる♪ 特別な感じのする廊下で「こんにちは!」と爽やかに挨拶してくれるジャージ姿のかっちょいい青年…胸にはベガルタ仙台のエンブレム。私が知らないだけでベガルタの選手なのかも。名古屋の選手と遭遇しないかなぁ…と きょろきょろ。

 うぴっ…車椅子特権では こういう美味しい思いもできるにゃ…。

 夫にグラン巻きを買って来てもらう間に携帯サイトを確認。

 3-0で勝った!! 無失点だ!! そしてチュンソンが2ゴール!!! すごいよ☆チュンソン本当によかったね! と思った瞬間、寿人が心配になった。

 この仙台戦には、仙台サポで「寿人の事は今でも応援してる」というKさんが来るので会う約束をした。

 無事に対面。恒例のお土産交換。そしてKさんからは 地元の銘菓の他に もう一つ素敵なプレゼントが!

 ベガルタ仙台時代の寿人の写真付きのマッチデープログラム!! おまけに対戦相手で「気になる選手」として勇人の写真までついてる!! すごいチョイス☆

 私がまったく知らなかった時代の寿人を垣間見る事ができた。

 Kさんと別れてメインスタンドへ。

 あえてアウェイ側を選んだので、そこには名古屋サポと仙台サポが入り混じって座っている。

 私達夫婦は紫のハートを偽りの赤いレプユニ(夫は小川が本当に好き。私も名古屋では一応巻を応援)で包んでいる。私の右隣には仙台サポさん。

 私は正直、名古屋が好調だろうが、今日の試合で勝とうが負けようが全く興味が無い。

diamond仙台サポの楽しい応援を見るのが楽しみ。

diamond生で梁ちゃんを見るのが楽しみ。

 と言う事で、顔をほとんど右側の仙台のゴール裏に向けてた。

 テレビではよく見聞きしてた仙台の応援…やっぱりいい! 両手を使ったパラパラみたいな盆踊りみたいなのも楽しい!!

 ♪へーい!(ほーいかも)へーい!! おっ・とっと~おっと仙台♪ と私には聞こえるのが一番好き。(おっとっとって言ってるはずないけど)

 他にもオリジナルっぽいチャントがいくつかあり、手拍子も複雑でクオリティが高い。いいねぇ~~♪

 でも赤いレプユニ着てるから、あからさまに仙台チャントにのるわけにもいかず。

 そんな中で梁ちゃんのゴール!! 「うわっ!」思わず声が出た。

 でもこれは「きゃぁ~~入れられちゃった!!」って叫びだと思われてるだろう…汗。

 心の中では「梁ちゃん~~~やったね!!すごいよ~~~!!」

 その直後、ゴール裏の仙台サポさん達が肩を組み横に動くのを生で見た!テレビでは見た事あったけど、いいねぇ~~~これ!! すっごい楽しそう。

 「梁は特別」とKさんも言ってた。仙台サポさん達、遠くから来た甲斐があったね!

 正直言って、名古屋はここで勝ち点0でも状況に大きな変化は無いでしょう。仙台に勝ち点3あげやぁ…。

 気付けば無意識に仙台のチャントに体が反応しちゃってた。

 なのに名古屋にPK与えて決められた…。

 仙台のKさんは去年J2の首位を走ってる時でも『仙台が好調だと変な気持ち…場違いな感じ』っていう論調だった。

 今期も『降格する可能性が高いからJ1の1年を精一杯楽しみたい』って雰囲気。

 私は仙台サポさんはKさんしか知らないので、Kさんの発言(ベガルタに居た選手は移籍しても応援してるとかね)で「ベガルタ仙台の人達って欲が無くて人が良すぎる」と思ってる。

 寿人を開花させてくれた場所でもあるし、寿人も特別な思いを持ち続けてるチームだから、私も親しみを感じるの。

 ゴール裏のKさんは今頃「勝ち点1なら御の字」と思ってるだろうなぁ…と想像する。

 同点に追いついた途端、周りの手拍子が大きくなってる。完全に「ホーム名古屋」だ。

 隣の仙台サポさんと 心の中で手をつなぎ祈る。

 それなのに…途中交代の小川が決勝ゴールを決めてしまった。

 夫は本当に小川が好きなので 周りの興奮と同化して拳を握って叫びながら伸びあがった。

 私は肩をすくめ両手で鼻と口を覆って「はぅ…!」

 うえぇ~~~ん、仙台サポさん達…ここへ来てガックリだよね…。

 試合終了後、挨拶に行く選手達にゴール裏では温かいコールが響いてた。

 Kさんからは「妥当な結果かと。役者が違いましたね」とメールが届いた。どこまでも謙虚な仙台さんです。

 夜のスポーツニュースでは 槙野ゴールの「だるまさんが転んだパフォ」をあちこちで見た。

 槙野って お尻を突き出すポーズが好きね~^^ ほんといいキャラしてる。

 どうかこの調子で次のナビスコ清水戦 勝っておくれ~~~!!

 

|

2010年10月 1日 (金)

なぁんだ…

 先日、Yちゃんとお茶してた時の事。

「ねえ、やっぱり私 相当丸い?」と聞いてみた。

 気休めを言ってほしくない私の性格を熟知してるYちゃんは

「ん~確かにこの辺は(と自分の頬の下を触る)丸いって言うか…膨らんでるって言うか…」と ちょっと言い淀むので、申し訳なくて

「やっぱりステロイド顔なんだねぇ」と助け舟を出す。

「そうそう。でもね! この辺(頬の上を触る)肌に張りがあっていい感じだよ」

 え~?Yちゃんは気休めも言わないけど、お世辞も言わない(はず!)

 朗読教室でも「肌にはりがあって若返った」と言われたから、もしかしたら本当にムーンフェイスになった事で肌がピンと張って綺麗に見えるのかも!?

「ほんとにぃ~?」と ちょっと嬉しくなってしまうのが私のオメデタイところ。

 おしゃべりして別れて車に乗って…すぐにバックミラーで確認してみた!

「どんな風に綺麗に見えてたんだろう~?」うふふ。

 えええぇぇぇーーーーーーー!!

 どこが張りがあっていい感じなのよ? さっきまで見てたYちゃんの肌の方がずっと綺麗じゃん!

 店の照明のせいだったのかなぁ。

|

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »