« 大嘘つき^^ | トップページ | 本音トーク♪ »

2010年10月27日 (水)

絆創膏デビュー☆

 今日は抜糸でした。

 ついでにお出かけの用事もあったので、右半分だけ化粧してマスク装着で^^

 人工関節置換のや骨折縫合の手術の後の抜糸は、チクッチクッと痛かった記憶がある。

 今日は全然、チクリともしなかった。

 でも、皮膚を切らないように、あんな細かい縫い目を一つ一つ切っていくのって難しくないんだろうか?

 と考えていて何針縫ったのか(切る音で)数えるのを忘れてた!

 顎の方は6回切る音がした。たった6針? もっとびっしり縫われてたような気がするんだけど。

 病理検査は「悪性では無い」「粉瘤アテロームなんとかかんとか」との診断。

 H先生も最初からそのように思ってらしたようだし、私も何の心配もしてなかったけどね。

 そして!いよいよ先生お勧めの絆創膏の出番。

 『マイクロボアメディカルテープ』だそうな。

  以前、名大で股関節の手術をした後、傷跡が綺麗になる「魔法のテープ」と看護師さんに教えられたテープがあった。

 私はそれを『3M』という文字と白色だった事だけ記憶してる。

 傷に直角に貼るのは同じ。細く切ったのを直角にいっぱい貼っていく。子供が描く線路のようになる。

 そのテープとは色が違う。

「傷に対して直角に貼ってください」と説明しながらH先生が貼ってくれる。貼り方は似てる。

「貼ったままで1週間くらいもつはず。はがれて来たら貼り替えてください。もう薬も塗らなくていいし化粧もしていいですから」

 へぇ~~化粧していいんだ~~。なんか…怖い。私の事だから、その部分にはファンデーション塗れないだろうな。

 形成外科で作成された「きずあとを目立ちにくくするために」のプリントの角には、テープの切れはしがサンプルとして貼ってある。

 Image106 そのプリントを持って売店へ。

 ←買ったのがこれ。

 なるほど☆ 住友スリーエム株式会社のものだったのね。

 『3M』だけが頭に残ってたわけだ。

 そしてそのテープを貼った姿がこれ→Image104

 ほ~んと目立たないわ。

 股関節手術のついでに黒子除去手術してもらった時は「3ヶ月間は紫外線に当てないように絆創膏を貼ってください」と言われ、後半はシールを貼ってた。

 鼻の下だからよけいに笑えた。

 今度は頬だし、こんな目立たないテープだからね^^ 

 いや…もしかすると老眼だから見えてないだけ?

 実は抜糸する前の傷の写真も撮ったんだけど、写真を見ると、あまりに衝撃的。

 もし公開したら、多くの人が「花桃…可哀想…こんな傷モノになっちゃって…」と息をのむと思う。

 私は「多分、言わなきゃ分からないくらいに綺麗になる」と楽観視してるので、そこそこ綺麗になった時に、衝撃画像と並べて公開いたします。

|

« 大嘘つき^^ | トップページ | 本音トーク♪ »

病気(SLE・骨頭壊死など)」カテゴリの記事