« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月30日 (火)

広島一人車椅子旅 

 記憶が曖昧になっていく…。

 27日 土曜日。快晴。

 この日は、山口県からSちゃんが車でホテルまで迎えに来てくれる。Kちゃんもホテルまで来てくれて Sちゃんの運転で出発。

 このSちゃん、見かけは清楚な奥様なのに 運転にかけては「男前」でした。

 私なんて慣れた道でも人を乗せるのは怖くて できれば避けたいのに、初めての道を迷いながらでも行けちゃう。おまけに熱くおしゃべりもしながら。

 カーナビは基本的に無視、時々利用して、曲がるべきところを通り過ぎても全然慌てない。私だったら「きゃ~どうしよ~」なのにね。(だいたいカーナビなんて見てられないのは分かってるから私の車には搭載してないし)

 お嬢さんの高校の説明会に行ってるC姉(年下だけど)を校門で拾い4人集合。

 秋晴れの広島の地を離れた土地に住む同世代女子4人が走ってる…なんか不思議。

 助手席で片手で日よけしてた私に、C姉がブランケット(前日練習の寒さに『明日、ゆうちゃんのひざかけ持ってくるわ』と言ってくれた)を窓にかけてくれる。

 どんだけ大事にしてもらってるか…涙。

 Sちゃんが予約しておいてくれたイタリアンのお店でランチ♪ その後、別の店でケーキ。その間中、ずっとしゃべる!

 選手の事から、家の事から、夫の事から。

 3時半にスタジアムに到着。身障者駐車場に停めて、レプユニをそこで着る。

「ついでにカイロも貼っておく?」と これまた袋ごと使い捨てカイロを持って来てくれたSちゃん。

 車と車の間に多少隠れてるとは言え、公衆の面前で背中と腰にカイロを貼りっこする。チュニックで隠してあったパンツのヒップ・お腹周りを露わにし、あまりのおぞましさに、Kちゃんが「見ては悪い」と思ったのか、私から目をそむけた(爆) いや、笑ってちゃいけないかも。

 スタジアムへ。

 約束してた広島のAさん、仙台のKさんと それぞれ再会できた。

 私の申し込みが遅くてアウェイ寄りの車椅子席。C姉は夫君と合流の為、一時離脱。

 介助者として入場できるKちゃんのパイプ椅子に、SA席チケット入場のSちゃんが一緒に座る。

「くっついてた方が寒くないし」

 選手入場では「ホーム最終戦=選手の子供も一緒」ってのを、私うっかり忘れてた。大好きなお子2人の姿を発見して、にやけてしまう。よかった~~~見逃さなくて。

 寿人は先発。チュン君とうまく活かしあってくれるといいな。

 仙台の応援が近くてよく聞こえてくる。ボードも綺麗。

 3人で勝手な事を言いながら観戦。

 後半途中で寿人が交代。テンション下がる。

「ゆうちゃん、大丈夫?」

「うぅ・・・・・」 仕方ない。

 じゅんじゅんの劇的ゴールで勝利☆

 ホーム最終戦のセレモニー。

 下田選手のお別れ挨拶に、3人が鼻をすする。去年もホーム最終戦をKちゃんと見て、ハンジェや陽介の姿に二人で泣いたっけ。

「寿人が泣いてる~」と言って 二人で笑い泣きしたっけ。

 ホーム最終戦は やっぱりいいな。

 そこからは、ザキエンヌなKちゃん・Sちゃんは マサさんを探し、私は寿人だけじゃなく、お子達を楽しみにする。

 だって…下田選手の家族が花束持って出て来た時、寿人ジュニア弟が一緒に飛び出して来たんだもん(笑

 帰宅後、スカパー録画を見たら、飛び出す弟を一瞬止めようとして諦めた兄君の姿まで映ってた(涙笑

「マサさん どこ?」と探す二人の為に 私はカメラのズームを使って撮る。撮ったのを見て確認する。(数枚、マサさんと思って航平くんを撮ってた…汗)

 胴上げの最中、子供達がわらわらっと出て来て遠巻きに見てる。うん、あまり近づくと危ないからね。私は胴上げされてる選手よりも、お子達を注目してる。

 圧巻はセンターライン上での選手全員によるエグザイルもどきのパフォーマンス。

 先頭は下さん。

 そして!! 先ほど 胴上げを遠巻きに見てた寿人ジュニアが その列の中に!

 これね、スカパーは正面からの映像で ちっちゃい彼らの姿は全然映ってないのよ。

 下さん・マキ・チュン・弟・兄・寿人・つばさ・・・だったと思うんだけど、完全に死角に入ってる。

 私の席は正面から かなりはずれてるので 逆によく見える。

 夢中でシャッターを切ってた。 

 きっと家で練習してきたんだろうなぁ。満面の笑みで体を回してた^^

 選手達がほどけて、子供達も戻ってくる。

 中央の大きなボードを ジュニア弟、なぜよじ登る~~!?(笑

 登ってまたいでこっち側へ。

 彼にとっては、ボードを避けて回り込むよりも魅力的な行程なんだね。

 そしてこれまたいつものように「ちょっと見ていい?」と 夫じゃなくKちゃんなのに平気でお願いして、例の場所を見る。にやける。

 夜はこれから。

「花子忘年会」 会場までは、Pさんに乗せて貰えるようにお願いしてある。

 去年同様、美味しい料理に舌鼓を打つ。飲み放題だけど 私はウーロン茶1杯しか飲めなかった。たくさん食べたかったからジュースはやめたのよ。

 去年と違ったのは、料理長Iさんのご厚意による「選手グッズ」のプレゼント大会。お目当ての選手のグッズに名乗りを上げ、熱いじゃんけんバトルを繰り広げて それぞれが素敵なプレゼントを貰った。

 もちろん私も 寿人のマッチデープログラム(コメント付)を Mちゃんパパと競り合った。じゃんけんは負けたけど「遠くから来たんだから」とパパさんが譲ってくれた♪

 寿人缶バッチは パパさんに譲るつもりだったんだけど、なんともうすでに帽子についてて…結局二つとも貰えてしまった^^ Mちゃんパパには、行きも帰りも車椅子をかついで店の階段を上下してもらったし、タクシーの手配もしてもらったし…ほんとに助かりました。

 12時近く、若いみんな(+Kちゃん、C姉)は二次会に行くけど、私はもうダメ…。タクシーに乗れば心配ないからと振りきるのに「送って行きたいの!」と酔っ払いになってるC姉(笑

 Kちゃん・C姉が同乗してホテル前まで。

 ほんと箱入りおばさんで ごめんね。

 さて、そこから二次会に合流したお二人さんには、思いがけないサプライズがあったようです。

 28日 日曜日。快晴。

 あえて予定を入れてなかったのは、最終日、どれだけ体力があるか自信なかったから。

 起きてみたら思いのほか元気だったので、このまま一人でぶらぶらしてるのは もったいないな…と。

 チュン君と寿人の事で、本音メールのやり取りをして お互いに感動泣きしてるNちゃんと もっと語ろうと連絡したら、娘っこ達は全員一緒に泊まってた。

 前夜3時過ぎまで 例のサプライズ二次会の現場にいたのに、若いって元気だねぇ。

「Vポイントへ行きませんか?」

 行ってみたかったけれど、私の広島はいつも『ホテル⇔スタジアム』だけで、他を回る欲を出したことが無かった。

 思い切って行ってみたら、そんなに遠くなく、おまけにジュニアの誕生日に来店した寿人とお子達のサイン付の写真を見る事ができた!

 限定「寿人表紙の雑誌」もスタジアムでは売り切れで、Mちゃんが店員さんに聞いたら、店でも売り切れ。仕方ないね。

 ネットで見るよりも実物を見ると購買欲も湧く。いくつかを膝に乗せていると、先ほどの店員さんがMちゃんに耳打ち。

 なんとかの雑誌がただいま入荷。私の分も確保して来てくれた。

 彼女達と一緒じゃなければ行けなかった場所。買えなかった雑誌。

 ワッフルのお店でお茶。

 いろんな裏話を聞き、時々 泣いたりもしながら、気がつくと新幹線発車の時刻の1時間前。びっくり!

 ここでも若いお嬢さん達がタクシーを止めて乗せてくれるとこまで付き合ってくれた。みんなの貴重な時間を使うの申し訳なくて「一人で大丈夫だから」って言ったんだけどね。

 出待ちの選手を見送るのと同じように、私の乗ったタクシーが動き出しても まだ手を振ってくれてる。

 笑えるのはお別れの挨拶「また来週ねぇ~~~」

 愛知県在住の私と長野県・関東地方のお嬢さん達です。来週の名古屋戦、みんな来るから^^

 ありがとう~~~!

 満足感と満腹感を抱えて新幹線に乗る。

 いつもなら何か飲食物を買って乗るけど、もうお腹いっぱい。

 新幹線に乗れさえすれば、もう何もしなくても名古屋まで連れてってくれる。

 広島のみんなにお礼メールをいくつか送って、眠って、目覚めたらもう岐阜羽島だった!

 充実のひとり広島でした。

 車椅子での公共交通機関利用も自信がついた!

「またおいでよ」と言ってくれるマダムなお友達の厚意に甘えて、来期もチャンスがあれば 一人でささっと行ってしまおう!

 もちろん、快く出してくれた夫には感謝してます☆

 おまけに…洗濯もお風呂掃除もしてあった!

|

2010年11月29日 (月)

無事帰還☆

 車椅子単独広島から 日曜日の夕方、無事に帰還しました。

 充実の二泊三日の出来事は またおいおい書きます。

 今日は朝から市役所音訳ボランティア・午後は公文のお手伝いで、ゆっくり書く事ができません。

 私の車椅子ひとり旅を心配してくれてた皆さま、ありがとうございました☆

 

|

2010年11月26日 (金)

ひとり広島 1日目

 車椅子で公共交通機関を利用したことがないのに、いきなり広島まで一人で来てしまった!

 全く歩けないわけではないから、どうしても駄目な時は自分で車椅子を押せばいいと思ってたけど、実際はやっぱり人の助けを借りた。

 各駅ではスロープを設置してもらう。

 ビッグアーチではタクシーの運転手も私も入り口を間違えて、上まで上がれず、清掃のお兄さんに長い坂道を押してもらった。

 明日の試合に向けて準備に忙しいのに、チームスタッフのMさんを運良く見つけ(私が一方的に知ってるだけ)エレベーターでスタンドまで上げてもらい、明日の駐車場の地図をもらい・・・前から「いい人だ~」と思ってたけど、ますますそう思った!

 コンコースに上がったらサンフレ娘達が「ゆうさぁ~~~ん!」と駆けて来てくれて、日が当たらなくて寒いのに、降りられない私に付き合ってスタンド中段でおしゃべり。仕事中のはずのPさんも現れる。

 マル秘情報を聞く。

 練習が始まると マル秘情報とつき合わせて「だから・・・なのか」「やっぱり・・・なんだ」と また噂し合う。

 Tねえも登場し、中年は中年同士並んで・・・でも会話の内容はさほど変わりなく。

 寒さに耐え切れず、そしてやっぱり目の前で選手を見たくて、みんなに荷物を持ってもらい、手をとってもらって階段を下りる。どこぞのお嬢様か!

 車椅子に積んだままの荷物を「Mちゃん 取って来てくれない?」とあつかましくお願いする・・・どこぞの大奥様だわ(汗

 それぞれがお目当ての選手にプレゼントを持ってきてて、私も寿人にいつ渡せるか・・・渡せないかも・・・と思ってたんだけど、娘っこ達が「ゆうさん、ここがチャンスですってば」と背中を押してくれて、練習から引き上げてくる寿人にスタンドの上から渡すことができた。

 それで十分満足だったんだけど、みんなやはり出待ちもするよね。私もいつもよりも大船に乗った気分で参加。

 スタンドから出る時「車椅子は裏を通らせてくれたよ」と囁いたら、介助者が3人ついた!3人を従えて関係者エレベーターに乗ったけど、関係者や選手には誰一人会えず、あっと言う間に外に出ちゃった。

 出待ちでは、dちょっとした階段が上れないし、視線が低いので遠くが見えない私に代わって「寿人が出てきたら知らせるから」と偵察をしてくれる。もちろん「でも○○が出てきちゃったらそれどころじゃないから・・・」

 するとPさんが、選手達とは逆の方向を指差して「○○と奥さんがいるよ」と。きゃぁ~~~! 大好きな大好きな寿人Jr(長男)よ!! 飛んで行ってN夫人に握手と写真の許可をもらう。

「握手してくれる?」 一昨年ははにかみながら こくんと頷いてくれたのに、今日は逃げる素振り。N夫人が「握手してって」と促してくれて、やっとしてくれたけど ほんの一瞬! なんか すっかり「男の子」だった! ・・・まさか可愛いお姉さんだったら笑顔で握手してくれるって差別じゃないよね? 寿人も小学生の頃、こんな風だったのかなと ちょっと想像した。

 弟クンはおうちだそうで・・・残念。兄クンが蹴ったボールをよちよちと抑えようとしてるのは、なんとS選手のJrでした! さっきスタンドでそれとは知らず、可愛い顔してよちよち近づいて来たから、両手の指から頬からなでくりまわしてました・・・汗。

 すると、先ほどまで居た場所からPさんや娘っこ達が「ゆうさん!!寿人!寿人来た!」と大騒ぎして呼んでくれてる。

 車椅子をかっ飛ばす。娘っこMちゃんが上り坂を押してくれる。

 タクシーの助手席に乗った寿人に若い女性が2人近寄って挨拶してる。その少し離れた後ろにいる私には全然目もくれない。視野に入ってない。

 すると私の側に立ってた娘っこ達が「寿人ーーー!寿人ーーー!」と大きな声で呼んでくれて、こっちの方を見てくれた・・・気がする(爆

 右にカーブしていく車の助手席から片手を一生懸命に伸ばして振ってくれた・・・ような気がする。

 単なる思い込み・希望的観測かもしれない。

 それでも娘っこ達の威力に感謝感謝。

 その後見た面白シーン・・・周作君の後部車輪が見学の少年が地面に置いた手提げ袋の上を通過してしまい、中の何かが損壊した。

 車を止めて降りてくる周作くん。周りの人たちが少年を慰めながら「周作に何かもらわないといけんわ」 すると・・・トランクから何かを出して渡す周作くん。周りで起こる歓声。

 箱入りのシューズとサイン色紙だったみたい。シューズは新品に見えたわ。

 その後、発進するであろう車の前を車椅子で横切る。みんなが「ゆうさん、気をつけて」 

いやそこは「ゆうさん、轢かれて」でしょう。

 アストラムラインで帰る娘っこ達がスタジアムの下まで付き添ってくれる。私がタクシーに乗って出発するまで手を振って見送ってくれた。

 さて、ホテルに着いたら、夜のお楽しみ♪ ・・・怪しい?

 Cちゃんと夕食・デザート・おしゃべり。あっという間の3時間半でした。

 

|

2010年11月25日 (木)

やっぱり…?

 明日から二泊三日 広島へ行く。一人で…それも車椅子で…sign03

 市役所・病院・ショッピングモールなどの施設内でのドライビングテクニックには自信がある。

 でも…公共交通機関を利用するのは初めてなのよ~~。

 数年前に、自宅から市役所までの徒歩10分程度の市道を車椅子で行ってみたら、途中で「誰か…助けてください」って思うくらい大変だった。誰も通りかからなかったので、休み休み行きましたわよ…汗・涙。以後、市役所は四輪車で行っている。

 それくらい「お外」の経験は無い。

 そしていきなりの単独デビューだし…震。

 そんな事を思っていたからか、こんな夢をみた。

 広島らしきところを私がマイ車椅子(別名ぴっちぃ号)で颯爽と走行している。競輪場みたいなところを へっちゃらで走っている。

 友達が「大丈夫~?」「なんかすごいね~」って感じでみてる。

 目の前に大きな溝がある。

 私は何の迷いも無く加速して「端っこにちょっとくらいは 引っかかるだろう」とジャンプした!

 …端っこに引っかかっただけじゃ溝に落ちるんだけどなぁ。そして普段の私は「これくらい跨げるだろう」と思う所でも「もしかしたら届かないかも」とやめておく『超慎重派』 

 夢の中では「落ちるかも」なんて これっぽちも思わなかった。

 そして! ジャンプは予想以上に高く遠く、端っこどころかかなりの余裕を残して美しく着地したのです!!

 私も内心「あらま、すごかったわ」だし、見ている友達からは驚嘆の歓声。

 てへっ^^

 それがね…そこからが問題。

 傾斜のある地面に大きな穴が開いてて、それこそそんな場所は普段ならぴっちぃ号をクイッと切り返して避けられるのに、なんででしょうねぇ…片側の車輪を落としちゃったのよねぇ。穴の下は別世界。

「わぁ~どうしよ~」でも不思議に落ち着いては居て、まずは友達に「これを持ってて」となぜか持ってた紙を持ってもらう。

 それくらいじゃ何ともならず「下から支えてくれない?」と 地面がどこかもわからない別世界を指す。

 そこが夢なんだけど、なぜかゴム長靴をはいた友達が「任せて!」と 下の世界の地面に すっくと立つ。…でも届かない。友達の上にもう一人の友達が乗る。…まだ届かない。3人目が肩に乗った。

 こんなぐらぐらで大丈夫なのかなぁ…? で目が覚めた。

 車椅子テクに自信があるとうそぶいてて、とんでも無い事になって、友達に迷惑かけるっていう予知夢?

 …ここまで書いてたら、競輪場みたいな場所とか、3人の友達とか、ゴム長靴はブーツかも…とか 現実に符合しなくもない事に気付いた。

 心して行きまする。

|

2010年11月24日 (水)

しまったぁ・・・

 サ○ィへ買い物に行った。

 私の中でランク付けがあり、清○屋は普段着ノーメイクでもOK。サ○ィは、ノーメイクはちょっと気が引ける。普段着でいいけど小奇麗にして行きたい場所。

 それが今日は「マスクもしてる事だしノーメイクでいっかぁ~。車椅子だから着る物もさほど見えないしね」と、そりゃもう酷い格好で出かけた。それこそ知人に会ったら 絶対に知らない振りしちゃうくらいの。

 あるお店に入ったら声をかけてくれた店員さんが可愛い男の子! 第一印象は『まあ今時のそこそこの子』だったんだけど、私の買いたい物のサイズ違いをを探してくれたり、似たようなのを薦めてくれたりと、会話してるうちに(…えっとぉ~おそらく…かなり長く会話してました…)「すんごく可愛いじゃん♪」と思えるようになってきた。

 最近はレジを終えるとカウンターのこっち側まで わざわざ出て来て商品を渡し、中には店を出るまでお見送りしてくれる店も珍しくない。

 それが車椅子で行くと、もっと親切!

 おしなべて車椅子の前に跪いてくれる。申し訳ないくらい。

 今日の可愛い男の子もそうだった。ラッピングの種類を確かめる時も、カードのサインをする時も…「そこからで大丈夫よ」と思うのに、いちいち出て来て跪いてくれる。

 可愛さ倍増。

 私が持ち帰る用の紙袋とは別に『渡す時用』の紙袋も入れてくれて「こんな風でいかがでしょうか?」と とびきりの笑顔と共にラッピングした包みを見せてくれたら、ネーム入りのリボンが綺麗に結ばれていた。こんな若い男の子がちゃんと結べるかしら?と ほとんど期待してなかったので

「ダブルフェイス 結ぶの難しいでしょう。すごく綺麗にできてる」と言ったら もう…可愛さにラメをまぶしたかと思われるようなはにかんだ笑顔で

「はい、ポイントの所をしっかり押さえないとダメです」

「すごく上手にできてるわ。どうもありがとう」

「ありがとうございました。またお越しください」深々とお辞儀をされて見送られ・・・うふっ 小さな幸せ。

 そして・・・あぁ!! 忘れていた!! 私、普段着のすっぴんだった!! 

 化粧してればどうだったわけ? と聞かれると困るけど…。

 でも悔やまれるのよーーー。

|

2010年11月23日 (火)

衝撃画像…かも?

 以前 予告した「粉瘤摘出後の傷跡画像」です。Image100_2

ほんとに『ヤ○ザさん』でしょ~笑。

 51歳とはいえ、一応女性の花桃の頬にこの傷は可哀想…と思うよねぇ。

 私も最初に見た時はびっくりした。でも薄くなっていく事は 股関節の手術でも、鼻の下の黒子除去手術でも立証済み。

 Image117_2 で、これが最新の状態です。写真に撮ると まだけっこうすごいね。実際は それほどでもないのよ。

 普段はちゃんと例のテープをはっているので 貼り替える(5日間隔くらい)時しか見られないの。

 テープ姿は 会う人も別に何とも思わないみたい。薄茶色だから目立たないのもある。(…と私が思ってるだけで、もしかしたら 可哀想で触れられないのかも?)

 半年はテープを貼り続けるので、まだまだ薄くなるはず。

|

2010年11月20日 (土)

小花モチーフ☆新作

 小花モチーフ まだまだ飽きずに編んでおりますの。

 でも、1本のマフラーを完成させるのに、モチーフを80枚近く編むのは さすがにちょっと飽きた(笑)

 で、少ないモチーフで そこそこ魅せられるのを作ってみた^^

 去年、一度やってみて、懲りすぎたのをもっとシンプルにしたネックレス。

Img_7596

 普通に首を通せばロングネックレス。

 襟周りに渡せばシンプルなセーターのアクセント。裏から安全ピンで好きな位置に留めれば、もっといろんなデザインにできそう。

Img_7594

 そしてラリエッタ風のも作ってみた。

 胸元でクロスさせるとこう。

Img_7613

 首に一巻きして端っこをたらすとこう。

Img_7617

 どうかなぁ~?

 モチーフを相当数編みあげてから、並べる順番を決めるんだけど、これで出来栄えが全然違う。

 これはこっち、これとこれは並べない方がいいね、でもこう動かすとこれが合わなくなるし…でも楽しい瞬間。

 納得して編みつけて、実際に首に巻いてみると…重なった部分に偶然同じ色合いのモチーフが来ちゃって、あぁ残念って事もあり。

 「小花モチーフを否定はしないけど、私が着けるのは無理。勘弁して」と最初から私のプレゼントを拒否してたYちゃん。

 「そろそろ『してもいいかな?』って思ってない?」と挑発してみたけど「死ぬまでこの気持ちは変わらない」そうな。

 それでも未練たらしく「これならどぉ~?」smile

|

2010年11月19日 (金)

・・・あ、終わっちゃったの?

 先週、ヘアカラーをしたので「施術後のフォロー」として『無料シャンプーブロー券』が貰えた。

 ここ数日「本当は今夜 洗髪したいんだけど寒いし、眠いしなぁ…」とのばしのばしにして、さんざん汚れた状態で美容院へ行った。

 こういう時って自分で洗っても すっごく気持ちいいよね。かなりためた汚れを落として頭が軽くなる。

 それがプロの手でやってもらえる至福の時。否が応でも期待は膨らむ。

 この美容院で 私が一番お気に入りの「シャンプー上手さん」は、別の店に異動してしまった。彼女に次ぐ上手い人はまだ居ない。

 今日の担当は、最近入った(新人さんでは無さそう)Iさん。モデルさんみたいにスレンダーボディでおしゃれ。

 どうかシャンプーテクニシャンでありますように…。

 あ、いい感じ♪。

 見極めようと集中していた神経がホッとして緩んだ。

 で、彼女の髪形について私が尋ねたところ、彼女のツボだったらしく話が弾んだ。それはそれで私の参考にもなり有意義だった。

 ところが!!

 ひとしきり話が終わって、ハッと気づくとコンディショナー的な施術が始まってる。

『まだだよね?もう一度しっかり洗ってくれるんだよね?これはリンスじゃないよね?』

 と、願う間もなくタオルを巻きつけられ「お疲れ様でした。椅子起こしますね」

「あ…はい…」

 えええええええ~~~~!! 痒いとこやってもらってないよ~。ためた垢、落としてもらってないよ~。

 濡らしてシャンプーまぶして流して、リンスしただけって感じ。

 席に戻ると これもいつも楽しみなマッサージ。Iさんの手指は力もあり微妙な動きを加えてくれて、なかなか気持ちいい。

 でも私の心は「あ~もう少し洗ってほしかったよ…」の思いでいっぱいで、マッサージの気持ち良さを堪能できない。

 教訓:シャンプーの時は集中してもらえるように、興味深い話はしない!

|

2010年11月18日 (木)

可愛いっ☆

 今日は形成外科で「傷のその後チェック」

 今月、R子先生は内視鏡のお部屋にいる事が多いらしい。

 できればそこへ「患者」として行きたくない(苦笑)

 勤務中は おそらく院内用のピッチのみで、私用携帯は持ってないはずなので、前もって「18日、11時に形成外科受診」と知らせておいた。

「その日は内視鏡室にこもってます~。また会えますよね!」とお返事。

 私も今日は実家へ行くし、あまり時間が無いから「来月を楽しみにしてます」と返信した。

 そして今日、診察を終え会計をしていると…ぴょんっと現れた!

「R子せんせ~~~~! 出て来ていいの~?」

「これはね、おつかいを頼まれたんです~。用事は2階なんですけど、1階に来れば花桃さんに会えるかなと思って、来ました~」

 まあ!! もぉ~~~可愛い過ぎる~~~☆

 そして…よく会えたよねぇ。

 担当の先生~~~、R子先生のお使い、少しばかり時間かかりすぎたかもしれませんが、決しておやつを買ってたわけじゃありませんから~!

 

|

2010年11月17日 (水)

天使か? 悪魔か?

 今日はOちゃんが年賀状を持って来てくれる。

 毎年この季節は「天津甘栗」を買って来てくれるんだけど、今回は先々週くらいに、私がこうリクエストした。

「今朝の朝刊の広告にミスドのクーポンがついてるから、それを使ってポンデの何かとフレンチクルーラーの何かを買って来て。二人で食べきれるくらいの個数。栗はいいから」

 さて、本日訪れたOちゃん…いやに大きな袋を持ってますよ…。

 いつものお寿司を食べてから我が家の台所のテーブルにつく。

「あのね~~~」と笑っているOちゃん。

「今日ね、10個で980円っていうのをやってたんだわ~。どれを選んでもいいって言うんだわ~」

 そりゃ10個買うでしょう!

 箱に入りきらず袋もある^^

「お寿司食べたばかりで、今は食べられないけど まず見せて」

 うぴぴ。全部違う種類^^ 

 私はあえて「ポンデの何か、フレンチクルーラーの何か」と言ったの。広告を見て「コレコレナニナニ」って言っちゃうと いつも私が買うものになっちゃうから、ここはOちゃんに任せて、私が食べた事ないのを食べてみようって魂胆。

 見事に「食べた事ない」ものがズラリ。

 Oちゃんが「私、これが食べてみたかったの」と指差したのが…うん、私も食べてみたい。それで半分こする事にした。

 お~いし~~~~♪

 その次のポンデ(クリームあずき?)も半分こ。

 やっぱりポンデは美味しいねえ~~~♪ あっという間に食べ終えて

私「ねえ、これでまだ1個分だよね?」

Oちゃん「そうだよ。もう1個は食べていいよね」 あ、そうなんだ^^ 2個は食べていいんだ♪

 で3個目も半分こ。これがね、おしょうゆとのりがかかったポンデなの。甘くなった口にこれを食べると また次の甘いのが美味しくなるだろうと 二人で選んだ。

 それが思ったより辛くなくて…そりゃドーナツだもの。

 それで何となくドーナツの口が「満足」状態に。

 するとOちゃんの天使(悪魔)の囁きが。

「天津甘栗も買って来ちゃったんだわ~。これ袋が小さいし」

 確かに普段のより小ぶり(…に見えた)

 お寿司とドーナツで満腹だったはずの二人は 天津甘栗に向かって新たな食指を動かす。何度となく天津甘栗を一緒に食べた二人が「これは美味しいね!」…そう たまに「あまり美味しくないね」ってのがあったのです。

Oちゃん「これで398円なら安い?」

 そう言われて袋をよくよく見ると…270グラムで398円。

 私がいつも買うのは300グラムで398円よ。

「これ高いよ~!」「だから美味しいんだね~」

 …で、小ぶりと言っても30グラム少ないだけだった!

 7個残ったドーナツは「私の為を思って少し持って帰ってね」

 Oちゃんは フレンチクルーラーは好きじゃないとの事で それ以外の数個を袋に入れました。…ほとんど残ってる感じだ。

 「ダイエットしなくちゃいけないゆうこに悪かったわね~」と大声で笑いながら 天使で悪魔なOちゃんは帰って行きました。

|

2010年11月16日 (火)

第30節 サンフレッチェ広島 対 ガンバ大阪

11月14日 日曜日

【広島 対 G大阪】 万博記念競技場(スカパー観戦)

  soccer0対2 広島勝てず

 この日はなんだか朝から元気が無かった。

「寿人ゴールで勝ってくれると元気が出るかも」と思った。でも「なんか今日は最後までこんな気持ちでいそうな気がする…」と続いた。

 寿人ゴールでチーム勝利で「うあぁーーーい♪」な私が想像できない。…って事は? うふふ。 

 選手入場。ガンバの選手達、赤ちゃん抱っこしてる人が多いこと多いこと^^ 中澤聡太君も子供いたんだ!? びっくり☆ 可愛いおマメちゃんが見たくて テレビに近づいて見る。

 …寿人はスタメンじゃないのよね。この日、携帯のメルマガ(スタメン情報)も読んで無かった。うっすらと「スタメンでしょ」って気持ちがあった。

 入場の先頭に寿人が居ない図…なかなか慣れる事ができない。

 でもチーム勝利の為には、これも良い戦術かもと思う。好調のチュン君を使わない手はないし、皆が疲れてきた頃に寿人が投入されたら、相手は「嫌だな」って思うもんね。そう思わせるだけでも効果あるだろうし。

 試合開始。

 カズは、しょっちゅうシュートを至近距離で体で止めるよね。危険察知能力が高いんだよねぇ。そしてそれにすぐ反応できる。すごい選手だ。どうか体調をうまく管理してチームを導いてほしい。

「ウェズレイと寿人の2トップの頃、得点はしたが、その分 失点も多かったので、チュンソン・寿人の2トップはやりたくないとペトロビッチ監督は言ってます」って。…そうなの。

「西野監督は、李忠成と佐藤寿人の2トップとは やりたくないと言ってます」って。そりゃそうだよ。

 あくまでもミーハー素人の私の考えだけど、ウェズレイ・寿人の2トップの頃は、前と後ろの意思疎通がうまくいってなかったから失点も多かったんじゃないの?

 今のチームなら、前と後ろがうまくバランスとって2トップも生きると思うんだけどなぁ。やってみてよ~。

…って、結局 寿人をスタメンで見たいだけかも。

 一誠が練習中の故障で離脱したのは、残念。一誠も急成長中だったからね。でもそれも「寿人をそこに入れて変則2トップ(チュン・洋次郎・寿人)にしなさいって御神託なのかも」などと思ってしまったのよね。

「佐藤寿人も90分やるスタミナは戻ってないと本人も認めてる」と解説か実況アナが言ったから、それなら仕方ないか…。

 後半開始。

 浦和戦の時のように前半終了前からアップの指示が出てなかったから、後半途中からだな…と思ってたら57分「佐藤寿人が呼ばれました」やっとだ。

 チュン君が下がって どうしても2トップはしないらしい。

 ・・・そして! 

 ある時、急にスタジアムが静かになった。え?どうしたの?スタンドで何か起きたの?って思うくらいに両方のサポーターが静か。

 そのうちに手拍子とチャントだけが再開した。太鼓の無いチャント。

 …あ、もしかして夜9時を過ぎたから? 

 残り4試合。ACL出場権を諦めずに、勝ち点3を積み重ねてほしい。

 そして寿人にも 一つでも多くゴールを決めてほしい。

|

2010年11月13日 (土)

デ○ーズ大好き♪

 夫が出勤の土曜日、友達とデ○ーズランチからのデ○ーズおやつ♪

 きっと私は あの店のブラックリストに載ってるでしょうね。『超ロングステイさん』って名前がついてるわ。

 私のブログを見て「石窯パンが食べてみたい」と言うT。

 私は先週も別の友達と食べてるのよね。その時、彼女が食べたきのこリゾットを今度は食べようと思ってた。そこに石窯パンを食べると炭水化物が多すぎるから「この次は、石窯パンはやめておく」と密かに思ってたんだけど、メニューを見るとやっぱりどうしても食べたい!

 またも洋食セット(コーンスープと石窯パン)と他に低カロリーな一品で…と考えてると Tが「洋食セットだけ頼めないの? 私が聞いてあげるわ」頼もしい~♪

 店員さんに聞いてみたら案の定「お料理を注文された方のみになります」って。でしょうねぇ~。

 この前の温野菜は、あまりにわびしかったし…。

 今日はサイドメニューのから揚げにした。大正解。

「バターをつけなければカロリーはそんなに高くないんだよ」と囁かれるも、バターはつけたいのよ。

Image115

 そして…やっぱり美味しいにょ~~~♪

 長居するので、食後にかなりおしゃべりしてからデザートを頼む作戦。

 3時近くなったのでデザートを何にするかそれぞれ考える。

 前回、フレンチトーストアイス添えを一緒に食べたUは、その時やめたキャラメルパンケーキを、Tはフレンチトーストを、私はどっちも食べてるので(何回行ってるやら…汗)今回は目新しいところで、白玉抹茶パルフェにした。

 これも大正解♪ 

Image116

 この頃、ちょっと思うの。

 このお店、お代り自由のドリンクを注文すると、頻繁に「コーヒーのお代わりはいかがですか?」って来てくれるんだけど、それはもしかすると「まだ居るつもりですか?」ってアピールなのかも。

 ごめんねぇ~~~これからも お世話になります。

|

2010年11月12日 (金)

慣れるしか無いんだけど…

 左目の外転神経麻痺が 未だ完全には治らない。

 車の運転が一番怖いので、病院・市役所・買い物の3つのコースしか運転していない。10分くらいが最長。

 先週、どうしても実家へ行く用があり、病院を少し超えて距離を伸ばし、でも途中のホームセンター駐車場に停めてタクシーを呼んだ。

  真っ直ぐ運転してる分には大丈夫。でも気付くと顔を少し左側に向けて、右目を真ん中にして見てる。

 左折する時や左右確認する時がすごく難しい。私はドアミラーもバックミラーも けっこうちらちらと見てるので(今回 確信した)そうやって視線が動く時も 焦点が合わずに気持ち悪い。

 元々 運転は苦手だったのに、これじゃあ遠くや名古屋の片側4車線なんて絶対に運転できないわ。

 昨日もまた実家へ行く事になり…往復のタクシー代がどうしてももったいなくて、とうとう自分で行った!

 行きは無事だったけど、帰り道、道路工事の看板が出てて狭くなった所を通り抜けようとして(これも以前から苦手だった。自分のお尻をすぼめてしまう)左側のドアミラーを当ててしまった。

 バコンって音がして「何だろう?ホイールが外れたかな?」と最初は思った。でもそこは普段からミラーをちらちら見る私、すぐに左側のドアミラーがたたまれてるのを発見。

 すぐに路肩に停めて直す。

 それから用心してたのに、今度はスーパーの駐車場で柱に当ててバコン。

 ドアミラーだから当てれば畳まれるので問題は無い。相手も看板と柱で被害は無い…と思う。

 慣れていくしかないんだろうなぁ。

 完全に左目が見えないなら、片目で見る事に慣れていくのかもしれないけど、視力はあるから困る。(語弊があるけど)

 左側を見る時だけ焦点が合わない。

 じゃあ…と その時だけ左目を閉じると距離感覚が狂う。

 これも慣れて行くのかしら…。

|

2010年11月10日 (水)

毎年恒例の年賀状作成の季節

 一年が過ぎるのが早い!

 もう年賀状作成の季節だわ。

 Oちゃんが届けてくれるのは来週だけど、それまでにPCで図案を完成させておきたい。

 使いこなせてないPhotoShopは、1年たっても少しも進歩してなくて(そうやってもう何年も過ぎた)適当にいじってできた事が翌日にはできなくて…。

 あちこちクリックしてるうちに すでに疲労困憊の私のPCが いよいよ青息吐息となり、まったく言う事を聞いてくれなくなる。

「あれ~? この操作で色合いの変更できたはずなのになぁ…」触っても触っても何の変化もない。

 リカバリー済みの古いPCに移してやってみたら出来た!

 フラッシュメモリで新旧のPCを何度も移動させてるうちに、新しい方のデーターを消してしまったし。

 頭の中の構想をPhotoShopで体現する技術が無いのが悲しい。

「私の技術なら これくらいで仕方ないね」と折り合いをつけて一応完成。

 あとは いつもの一手間(切った花弁を貼りつけたり、金色のペンで模様を描き込んだり)で そこそこ綺麗なものに仕上がるでしょう。

 今年こそは手抜きするぞ! 夫関係の物は一手間を省くぞ! と毎年思うのに、結局やってしまうのよね。

 今年もすでに 年賀状用に和紙やペンなどを買って2900円の出費です。印刷屋さんで頼んだ方が絶対にお値打ち。

 …それでも 数年前まではプリントごっこで輪郭だけを刷り、手描きで彩色してたんだよね。200枚だった年もあった。入院中、はりつけのベッドの上で作業した事もあった。(10月末の入院だったから、全部準備して行った)

 根気があったなぁ…遠い目。

|

2010年11月 9日 (火)

音訳復帰

 退院後3ヶ月、昨日やっと市役所の音訳ボランティアに復帰した。

 少し前に録音テープの回収ダビング作業には復帰してたんだけど、録音作業は気持ちが違う。

 前の週に届いた原稿をリライトするんだけど、なんだかぼんやりしたままパソコンで作り上げた。それも日曜の夜ぎりぎりに。

「明日、読みの練習する時に間違いは見つけてもらえるわ…」って人任せな気持ち半分。

 回収ダビング作業では、久しぶりに会うお姉さま方に挨拶したけど、全員揃うのは録音作業の日。

「長い間 ご迷惑おかけしてすみませんでした。

 そして心配してくださったり応援してくださったり、本当にありがとうございました。

 またお世話をおかけする事になりますが、よろしくお願いします」

 みんなの笑顔が私を見てる。

「迷惑なんてかけてないわよ。あなたが居なくて、ただ寂しかっただけ」と言ってくださるOさん…ありがとうございますです。

 同世代のUさんは、甲斐甲斐しく世話をやいてくれる。居心地の良い場所。

 この日は、来年度の活動意思の確認もある。

「続けます」と回答したものの、股関節の手術でまた休むのよね…。我儘が許されるのに感謝しつつ頑張ります。

 さて、久々の録音は…。

 昼食後、いつものように「眠くなるね~~」と雑談もし、そのままのテンションで録音室へ。

 録音ボランティアのダンディなおじ様Kさんとも久々の対面。

「もう良くなったかね」「いろいろ残ってますが、またお世話になります^^」

 早い順番だったので緊張する暇もなくブースの中へ。

 ちょっと怪しい個所をひとつねじ伏せた。

 今まではブースの向こう側の人達の反応を見ながら読んでたけど、この日は全然見てなかった。

 でも次の個所では完全に噛んだ。「すみませ~~~ん」

 そこをやり直して、最後の方でもう一度 怪しかったけど ねじ伏せた。

 ブースから出ると職員のSさんが「ブランクをまったく感じさせない出来でした」とねぎらってくれた。そりゃそう言うしかないよね…。

 ブースに入った直後の試し読みの時、多分 声量が無かったんでしょう。

 KさんとSさんが ちらっと顔を見合わせて機械を調整してるのだけは知ってましたから~。

 

|

2010年11月 8日 (月)

第29節 サンフレッチェ広島 対 浦和レッズ

11月7日 日曜日

【広島 対 浦和】 ビッグアーチ(スカパー観戦)

  soccer2対1 広島勝利 shine
  soccerゴール…チュンソン・寿人bell

 この日もスタメンじゃないのね…。

 好調の前3人を使うのは当然だから、寿人をスタメンで使えないのも納得してる。

 それでも入場の先頭に寿人が居ないのを夢をみてるみたいな気持ちで眺める。

 バックスタンドの上段までびっしり。ナビスコ戦を見て感動した人が「行ってみようか」って思って来てくれたのかも。

 でも前半で失点。

 ピッチ解説が「監督から佐藤寿人にアップするよう指示が出ました」って。とうとう来るんだ!

 ピッチ脇で軽く走る寿人の姿が映し出された。どんな気持ちだろう。

 でも交代ないまま前半終了。

 後半開始直前、スタンドの寿人横断幕のアップ。いやに長く映してるなぁと思ったら、後半頭から入ってた!嬉しそうな顔の寿人! チームメイトと一緒にビッグアーチで試合できる喜びを感じてるのかな。

 寿人が試合中、当たられて転ぶのは『怪我しないように上手に受け身をとってる(あの怪我は芝に足をとられて転んだと思う)』と私は思ってるから、普段は転んでも あまり驚かないんだけど、この日は転ぶと、また肩を傷めるんじゃないかと「うわわわわぁ」と叫んでしまう。 

 本人はもう怖くないんだろうか? 私は慎重だから、ドクターから解除OKが出ても防御体制はしばらく継続するのよね(苦笑)

 寿人のファーストシュートは、はずれ。

でも実況アナも解説も「佐藤寿人らしいプレー」「これが佐藤寿人の怖さですね」って。てへっ^^

 そしたらミキッチからのパスをチュン君が綺麗なボレーでゴール! 寿人が少し前に居たのに…一瞬「ちぇ」と思ってしまった。(自己中で情けない)

 でもこれも寿人が囮になってるんだよね。ゴール前の寿人には2人か3人がついてたもん。

 メモにはもう一度 寿人のシュートが残ってるけど、どんなだったか記憶が無い(汗)

 1対1…もし寿人のゴールで勝ち越したら、そのまま決勝ゴールになったら、私はどんな気持ちになるだろう…。

 この時、不思議な事に「決勝ゴールになったら私は泣くよ!」じゃなかった。リアル想像になりきらずに、白いもやがかかったままだった。

 チュン君が浩司と交代。若い前3人が 中堅(ベテラン?)3人に完全に入れ替わった。チュン君は走って出てくる。偉いなぁ。タッチしてからピッチの方をちゃんと向いてお辞儀して、本当に可愛い。

 アオからのパスに寿人シュート。アオ君も これがずっとやりたかったよね。

 アディショナルタイム3分。

 キーパーに向かってボールを持って走る寿人。突っ込んでくるキーパー。こういうのって難しいよね。思い切り足を振りぬいたら怪我させちゃうから、どうしても遠慮しちゃうし。…と思って見てたら ボールを掴もうとスライディングしてきたキーパーを ぴょんととび越えちゃったじゃん。ボールもまだ持ってるよ。角度の無いところから ポーンと蹴り込んだボールはゴール右のネットを揺らした。

 やったーーーーーーー!! 

 ソファーの隣に座ってた夫は思わず腰を浮かしてたわ。スタンドだったら周りと一緒になって立ち上がってるね。

 私はすごい音をたてて手を叩いた。こんな音が出るんだ!?って 自分でびっくりするくらい。

 いつものようにサポーターの所へ全速力で走っていく寿人をチームメイトが追っかけて後ろから乗って、次から次へと乗って、山盛りになってる^^

 どうか一番下で寿人の肋骨が折れてませんように。

 山が崩れると、次はぽこぽこぽこぽこ叩かれてる。

 サポーターだけじゃなく、チームメイトがこんなに寿人の復帰ゴールを喜んでくれてる。

 どうかどうかこのまま終わってください!

 そしてホイッスル。浦和に勝ったんだ。

 寿人はピッチに両膝をつき、そのまま正座みたいに座り込んだ。しばらくしてベンチから控えの選手達が飛び出してきた。イリアンが後ろから寿人を抱きあげて、みんなでもみくちゃにしてる。ぽんぽん叩きまくってる。

 よかった…本当によかった。

 ヒーローインタビュー「今日はこの人しかいません! 佐藤寿人選手です!」よく通る女性のインタビュアーの声。

「ゴールよりもチームが勝った事が嬉しいです」って どこまでも優等生キャプテンな寿人。

 寿人ゲーフラがたくさん映り、寿人チャントが繰り返される。

 こんな復帰戦ができて本当によかったね!

 こうなってみるとナビスコ戦で後半残り20分に投入されて前田に同点ゴールされて終わるより良かったかもしれない。

 あぁ~でもなぁ~ 寿人を入れたら山岸さんに続いてゴールして磐田を突き放して優勝してたかもしれないしなぁ…。

 などと嬉しさのあまり、勝手な事を想像しております。

 それにしても…私の「良いリアル想像は実現しない」は、逆に「能力」と思っていいのかもしれない。

 「そこだ!打て!」「寿人!ここで決めてーーー!」で寿人ゴールになった事は一度も無く「そりゃ無理だわ…」とぼんやり見てる時に限って決まるし、今回は決勝ゴールが白い靄の向こうだったし。

 だとすると、良いリアル想像をしなければいいんだけど、ふわっと浮かんじゃうんだよね。それをコントロールできるようになれば「能力」か。

|

2010年11月 6日 (土)

詐欺写

 ちょっと前に、頬の粉瘤摘出にちなみ、左頬の写真を載せた。

 それを見た友達から「肌が綺麗!」とメールが来た。

 ・・・ごめんなさい。

 あれ加工してありますの・・・汗。

 携帯の写真、馬鹿にできませんね。

 小さいサイズで撮影してもPCに移して見ると、小じわやしみや透けた血管まで鮮やかに再現されてる!!

 「ぎゃっ」となって、部分的にぼかしを入れてみたら、あらなんとまあ、思いがけない効果が生まれまして・・・美肌が完成しちゃったのであります。

 以前、デジカメで手を撮って「え~~~私の手って こんなにおばあさんなの!?」と衝撃を受けて以来『手や肌はアップで写してはいけない!』と自戒している。

 でも!あのぼかしは使えるわ~^^ 

|

2010年11月 5日 (金)

ナビスコカップ 決勝戦

 11月3日 水曜日 

【サンフレッチェ広島 対 ジュビロ磐田】

 国立競技場 (テレビ観戦)

 試合前の様子の放送が30分あるので、フジテレビNEXTを解約せずにおいた。

 ピッチ解説の山口さんがポイントの一つとして「途中から入ってくるかもしれない佐藤寿人」と。

 途中から…なんだ。

 怪我のリハビリを終えて、2回くらいはリーグ戦途中出場か途中交代でプレーして、ナビスコ決勝は完璧な状態で出るもんだと思ってた。

 キックオフ前の選手達のアップの映像。寿人のチャントが聞こえる。何度も何度も繰り返してくれた。ゴール裏のスタンドは紫で埋まってる。

 いつものようにサブメンバーはピッチの端でボールを使ってアップしている。その中にいる寿人・イリアン・アオ…なんか不思議。

 選手入場。紫ゴール裏の上方からのカメラ映像が綺麗! 紫の波の中からピッチに差しのべられたたくさんの腕・腕・腕!

 オープニングの音楽もおごそか。これが決勝戦なんだね。スタジアムには荘厳な輝きと熱が溢れてる。

 広島側スタンドのコレオグラフィが映った! 大勢のサポーターが協力して早朝から準備する事になってた。

 真ん中には黄色い(金色)大きな優勝カップが!! これには驚いた! よくやったね!すごく綺麗だよ!

 テレビには映らなかったけど、後で聞けば、紫と白に色分けされたスタンドコレオグラフィの中央に、いつものビッグオーレがするすると上がり、それが下がった時にカップが浮かび上がったんだって。

 テレビ~~~そこを撮っておくれよ~泣。

 試合開始。

 いきなりマキが磐田の前田選手にがんがん体をぶつけてる。気迫あふれるプレー。

 風間さんが解説なので期待してたら、やっぱり「ベンチに居ても、いつ出てくるかと相手に脅威を与える佐藤寿人」って。でも「前田の動きだしを他の選手が活かしきれない」とは、どこかでも聞きました~(苦笑)

 耳慣れてるせいか、広島のチャントしか聞こえて来ない。

 この日、なぜか何度も何度も電話がかかる。この時点で3本目の電話は母。「今 電話くれた?」って。

「してないよ! 今 大事な試合してるから」 テレビの前に戻ったら失点。

 ザック監督が来てる!! どうか寿人が良いアピールできますように!

 ミキッチが切り込み、粘り、出したボールをチュンがよろけながらも押し込んだ。

 チュン、本当にすごいね! 代表入りがまた一歩近づいて来た。(その分、寿人枠がまた狭まった…)

 実況アナが「さあ、出るぞ 出るぞ!」 うふふ。こんなに期待されてるゴールパフォーマンス♪

 全員が外向きに輪になり矢を射る。え?オレンジユニが混ざってる! 周作~~~ここまで走らされたんだ~~笑。ベンチの寿人も両手を上げて万歳してる。右腕を好きなように挙げられるようになってよかったよかった^^

 先制されて追いつくってのは、私的にはすごくいい展開。この勢いに乗ってちょうだい。

 ロスタイムのすごい攻撃。メモする余裕もなく、テレビにのめり込むようにして見てた。

 後半開始2分で山岸のゴール!!勝ち越した!! そうそう!! スタンドで観戦・応援してる人達、すごい感激してるだろうな。これは行った人しか味わえない。

 後半頭から一誠をマサさんに替えていたところへ ピッチから「広島二人目の交代ですね」

実況アナが思わず「おぅ!」と言ったのは、きっと私と同じ気持ちだったに違いない。

 でも期待虚しく浩司がアオに。

 この前もそうだったけど、ここで私は「アオの調子を上げてから寿人投入」と期待値を上げた。

 このまま逃げ切れば優勝だ!!ドキドキしてきた。

 ところがその瞬間、私の頭に優勝カップを掲げる寿人の姿が浮かんでしまった。ゼロックス優勝の時と同じ絵なんだけど、このままで勝ったとしたら、ゴールの無かった寿人は、どんな気持ちでそれを掲げるんだろう? ゼロックスの時のような「喜び爆発」とは違うんじゃないかしら…などと余計な事まで想像してしまった。

 私がリアル想像すると………むむむぅ。

 後半22分を過ぎて2対1のまま。ここまで来ちゃうともう「寿人先生、ここはひとつ頼みますよ!」って投入は見込めないな…。

 あるとすれば、4対1くらいになって最後の数分に「寿人を国立のピッチに立たせたい!」っていう配慮の投入か…。

 この頃は不思議な事に、私の心は「寿人出番無し」を静かに受け入れてた。

 するとそこへ現地に行ってる友達から『たぶん寿人くる!』と慌てて打ったであろう短文メールが来た。きっとベンチ裏で監督に呼ばれてる寿人が見えたんだね。嬉しいけど、今度は心配になる。

「僕もゴールを決めるぞ!」って想いが空回りしちゃうんじゃないかって。

 そしたら『ごめん つばだった』と2通目。(つば=横竹翔)

 ほぼ同時にテレビでもミキッチと交代する翔が映った。 その時もすでに私は受け入れ済みだったから「そっか…翔か。うん後は守って逃げ切りだもんね」と。 

 これも後で聞けば、ミキッチ本人から「交代してくれ」だったそうな。この交代が無ければ寿人を出す予定だったんだって。(前述の『国立のピッチに寿人を立たせたい』だね) 

 これを知っても、やっぱり私は「あれで仕方ない」と思っている。

 ただ…この大事な試合をベンチで見てるしかない寿人の心情を思うと、やりきれなかった。

 この舞台に立つ事を目標にして、手術・リハビリ・トレーニングと頑張って来た寿人は 出られないと決まった試合をどんな気持ちで見てるんだろう。

 私は自分の人生で「悔しい」と思った事が無い。負ければ「あ~負けちゃった…」で簡単に受容して過ぎてきてしまった。(よって、悔しい→何くそと奮起して努力する→成長 っていう経験も無い)

 その私が「これが悔しいっていう気持ちかも」と思った。自分の事ではないけどね…。

 ピッチ解説の山口さんが「佐藤寿人が声も出さず祈るような表情でピッチをじっと見つめてますね」って。

 プレーで貢献できない分、勝利を祈ってたのかな? 悔しさを噛みしめてたんじゃないかな?

 後半41分を過ぎた。本当にもうすぐそこに「優勝」が見えてる! ピッチの選手達も全力で走ってる、躍動してる。

 私が泣けてくるのは、そんな選手達を見た感動なのかな? なんか違うような気がする…と自問自答してたら「あっ!」(金切り声)

 那須のヘディングシュートを西川がこぼした所に 前田の脚がにゅっとのびて来た。

 まさかの同点。茫然。

 ロスタイム5分。

 延長戦になったらみんなしんどいよ。もう交代無いし。カズは大丈夫なの?

 ホイッスル。

 延長戦に挑む選手達がそれぞれケアしてる。寿人も誰かの脚をのばしてやってる。いつもされる側なのにね…。(試合中に相手選手にしてあげてるのは見た事あるわ)

 それから一人ひとりの肩を軽く叩いて回ってる。きっと「頼むぞ」「頑張って」とでも声もかけてるんだろうね。

 ♪さぁ~行こ~ぜ どこまで~も~ひろしま、ひろしま♪しか聞こえて来ない。

 両チームの全選手が円陣を組んで心を一つにして気持ちを高めている。寿人も大きな声を出してる。

 こみ上げてくる涙は、これから始まる死闘に向かっていく選手達から発せられる気迫に感動してるからなのかな。…寿人が出てたら間違いなくそれなんだけどな。

 洋次郎のシュートがすごい音を立ててバーに当たる。

 そこに試合中4本目の電話…。嫌がらせチックな偶然。

 正面からのFKを弾いて防いだ周作が思わず見せた笑顔。その一瞬、私の心がゆるゆる~っとなった。それまでずっと私ヒリヒリしてたんだね。

 なのに…3失点…続けて4失点目のゴール。

 ごめん…本当に根性無しの私「もうダメだ…」と思ってしまった。

 でも選手は誰も諦めて無かった。マキのFKがゴールネットに突き刺さった。うおぅっ!! 心に渇が入った。

 あと1点いれれば とりあえずPK戦まで持ち込める!

 延長戦後半。

 無情の5失点目。

 この男、本当にしぶとい。マキがPK獲得。キーパーに背を向けて立った! 振り向いて走り出す! 蹴った! 

 川口弾く! うぅ~~~ん。でも弾かれた球は、マキのところへ。もう一度蹴るも枠外。

 終了のホイッスル。

 磐田の監督がミシャに挨拶に行く姿が映った。珍しくベンチに腰掛けてたミシャ。隣の大輔さんも慌てて立ちあがって握手したものの、すぐに手で顔を覆って座ってしまった。大輔さんは間違いなく泣いてた。ミシャも放心状態でベンチに座ったんだろうなぁ。

 そのベンチの反対側には寿人が膝に両手をついて俯いてる。泣いてるんだろうな…顔を上げたら眼が赤かった。

 準優勝の表彰を終えてスタンドの階段を下りてくる時、表彰式の為に上がってくる磐田の選手達と狭い階段ですれ違う。讃え合う選手達。負けた方にとっては辛い瞬間でもあるね。

 ピッチに下りて表彰台を見上げる広島の選手達。ちゃんと見届けて偉いよ。

 MVP前田選手が発表されると 寿人は両手を高く上げて拍手してた。どこまでも優等生な寿人。

 すっかり日も傾いたスタジアム。120分+ロスタイム10分の長い長い戦いだった。

 笑顔笑顔の磐田の選手達、スタンドでとびとびする水色のレプユニ。表彰台の下では水色の紙吹雪が勢いよく噴射された。

 これが紫だった可能性も50%はあったんだよね。

 現地へ応援に行った友達、広島のスポーツカフェで観戦してる友達。試合前にはメールし合ってたけど、なんか…何も言えなくなっちゃった。

 昨日は 花桃日記を見てくれてる友達3人から『泣いてるよね・泣かないでね・残念だったけど』と同時に「最後まで見ちゃった。良い試合だったね・30分も長くいい試合見られた・サッカーよくわからないけど感動した」とメールが来た。

 『サッカー無知な ただの寿人ファン』である私は、余計な事を考えて見てしまったけど、私情をはさまない人達から見て「いい試合」と思われる戦いをしてくれた選手達に感謝。大変な準備をし、最後まで声をあげてくれたサポーターさん達に感謝。

 2008年元旦 天皇杯決勝で同じように破れ、唇をかみしめて天を仰ぐ寿人の写真が掲載されて2ヶ月後のゼロックスで、優勝カップを高く掲げたんだもん。きっとサンフレッチェ広島は挑戦し続けてくれる。そしてまたこういう場所に連れてってくれる。…いつか必ず「ユニフォームにやっと星をつけられた!」って言う日がくるよね。

|

2010年11月 3日 (水)

分かってるんだけど…

 ナビスコ決勝の朝です。快晴です。でも私の心は…。

 朝刊の予想フォーメーションに寿人の名前は無かった…。

 そりゃそうだよね。

 好調の前3人を使わないはずないもん。

 「初優勝」のかかった大切な試合なんだもん。

 怪我で長期離脱明けの寿人をお試しするとこじゃないよね。

 私が監督でも ここは堅実に『チュン君1トップ・一誠・洋次郎』でいくわ。

 ここで「せっかく寿人が怪我から戻って来たんだから」って寿人をスタメンで1トップに据えたら『ちょっとぉ~~~!草サッカーじゃないんだから!』って 私でも思うよ。

 …うん、そうだよ。

 ちゃんと分かってるよ。

 分かってるけどすごく悲しいの。

 どうしてスタメンじゃないのか、ちゃんとわかってるけど「どうして…?」って言いたくなるの。

 うあぁーーーーん! って泣きたい感じなの。

soccersoccersoccersoccersoccersoccersoccerナビスコ杯決勝soccersoccersoccersoccersoccersoccersoccersoccersoccersoccersoccersoccersoccersoccer

 本日 午後2時から フジテレビで放送されます。

 diamondサンフレッチェ広島 背番号11番 キャプテン佐藤寿人diamond

 9月の怪我で手術をし、2ヶ月離脱して戻って来たばかりです。

 公式戦には まだ出ていません。

 もしかしたら今日も出ないかもしれません。

 もしも出たら、皆さま、どうか応援してやってくださいませ。

 clover花桃ゆうから切実なお願いclover

 

|

2010年11月 2日 (火)

そしてどうなるの? 気になるぅ♪

 モバゲーのテレビCM『同窓会ドラマ』

 時任三郎が同窓会に居るのを見た瞬間に「ふぞろいの…」を思い出したら、柳沢慎吾まで居てくれて^^

「ちひろ、離婚したらしいよ」と聞いた瞬間に、まさか石原まりこか手塚里美…と期待したら、さすがにそれは無かった。

 でも麻生祐未は、かえって新鮮でいい☆

「オス!」って綺麗な人がわざとぶっきらぼうに現れて。

  ロングバージョンでは「離婚したらしいよ」の後で「お前と結婚すればよかったんだよ」が続き、時任三郎の表情が何ともいえずいい!

 この短い時間で、すごい事が見える。これ作った人、すごいね!

 そしたら、すぐに続きが放映された。

 3人で海へドライブだね。うんうん、同窓会で盛り上がって、早速デートって…ありがち~~^^

「また付き合ってみる?」と笑いながら冗談めかして挑発する麻生祐未がいい。

 それに対する 男二人のそれぞれ違うリアクションも すごくいい。役者だねぇ~~~!

 で、どうなるのよ?と ニヤニヤワクワクしてたら、またまたすぐに次が。

 海辺での誘いに「俺はいいよ」とモバゲーしてたのに、ホテルで真剣な顔して麻生祐未を見つめる柳沢慎吾…こういうシチュエーション、彼上手いよねぇ~~~!! 真剣になればなるほど滑稽に見える(ように演じる)

 「・・・モバゲーは?」とつぶやいて、この場を誤魔化した気な麻生祐未。うぅ~~この心情わかるぅ~~~。

 二人の脚先だけが映る。

 彼女のバッグの中の携帯が振動する。外では時任三郎が通じない携帯で「モバゲーでもするか…」って。

 も~~~ほんとに これ作った人すごいわ!!

 麻生祐未が「ごめんね」と部屋を飛び出すシーンで終わる。

 これからどうなっていくのよ~~~~!!

 3本繋げても数分にも満たないのに、すごいドラマになってる。まあ、よくあるドラマだけど。

 でもいいんだわ~~~。役者が上手いせいもあるね。

 早く次を見せてほしいわ。

 連続ドラマの「次週」を待つ心境♪

|

2010年11月 1日 (月)

第28節 サンフレッチェ広島 対 横浜F・マリノス

10月31日 日曜日

【広島 対 マリノス】 ニッパツ三ツ沢球技場(スカパー観戦)

  soccer1対2 広島勝てず…
  soccerゴール…洋次郎

 前日から広島の友達(マリノス戦・ナビスコ決勝と遠征中)とメールしてた。

 寿人はスタメンじゃないのかもしれない…と 半ば諦めつつ。

 携帯のメルマガを見るのすら忘れてテレビの前に。選手入場に寿人が居ないのを見て、あらためて「スタメンじゃないんだ」と実感する。

 ナビスコ決勝に照準を合わせての采配なのかなぁ。

 キックオフと同時に槙野のシュート! ちゃんと画面を見てたのに、全然 わからなかった(笑) どんだけ見えてないのよ。

 今日は特に画面から目を一瞬たりとも離せないのよ。だってベンチの寿人が映るかもしれないじゃん。

 ザック監督が視察に来てる! うあぁ~~~寿人ぉ~~~アピールのチャンスじゃ~~~ん!!

 一誠のキープから、チュンソンへ。チュンソンがゴール前で粘って粘ってこらえてこらえて…処理しきれないか…と思った瞬間、洋次郎がささっと来てスコン! ゴール☆

 すごいよ~この3人!

 こんな風に連係プレーがきまると やってて楽しいだろうなぁ♪

 恒例のゴールパフォーマンス…今日は何? 槙野が「集合」かけてる^^ と、ここで審判が「戻りなさい」

 これについては、その夜の番組で、やべっちも 魔裟斗も「見たかったのに」って言ってた。

 楽しみにしてくれてる人もいるわけだから、ここは審判がきちんと規定を公開してほしいわ。

【アウェイではやっちゃダメ】【1分以内(1分過ぎたらセンターサークルからプレー始めちゃうぞ)】とかって。

 そしたら【やっていい】時には躊躇なく全力でスピーディにできて、相手チームへの精神的迷惑も最小限で済むでしょ。広島サポーター(私みたいなミーハーファンも含む)は もちろん嬉し楽しだし、サポーターじゃない人も単純に面白がって見てくれるでしょ。

 それがサッカー観戦への興味を持つきっかけになるかもしれないんだから、一切ダメにしちゃうのは日本サッカーにとってマイナスだと思うんだけどな。

 そして1失点。あぁ…。

 でもここで浅はかな私は妄想開始。

 1対1の状況に寿人が投入され、決勝ゴールを決めて「復帰と決勝ゴール」二つのおめでとうインタビューを受ける。あるよね~! 寿人はそういう美味しいとこ取りできる運を持ってるもん!

 リアル想像は実現しないというジンクスを持つ私が こんな妄想をしてしまったらダメなんだけど、この日に限っては「いいや『引き寄せの法則』よ! 絶対にこの妄想映像が実現する!」と強気に念じた。

 後半開始。

 「寿人はいつ出るの?」とじりじりしてたら、実況アナが「佐藤寿人がいつ投入されるか」って。

 「佐藤寿人が入ります」…ピッチ脇でとびとびしてる寿人の姿を想像してワクワク。

 またも実況が「7試合ぶりに佐藤寿人がベンチに帰って来ました」って。なんだか『すごいのが帰ってきたぞ』って聞こえて、ちょっと気分いい。

 そこにピッチレポーターが控え目な声で「広島…」と言うので「寿人きたか!」とドキッとする。

「ミキッチですね」と続ける。…仕方ない。

 私の中で、寿人登場シーンがどんどんリアルになってきて ドキドキしっぱなし。

 するとそこへまた「青山が呼ばれてますね」と控えめな声。

 …ん~~~寿人はまだか。

 そっか…寿人にいいパスを出してくれるアオを先に入れて調子を上げさせておいて、整った頃に寿人登場ってシナリオか!

 …まさか…もしかして…寿人、今日は無し…?

 初めて不安が頭をもたげた。

 残る1枚の交代。寿人を入れたら誰を下げるの?前の3人を残したまま寿人を入れても無意味どころか、混乱しそうだし。

 3人のうちの誰かと交代させたら、せっかくのコンビネーションがもったいないし。

 …無い? まだ半分くらい期待してた。

「ミシャ~~ 試合に集中するあまり、ベンチに寿人がいる事 忘れてない?」

「ひらめきで2人交代させちゃって、今頃『あ、あと一人しか交代できないんだった』って あ慌ててない?」

 でもなぁ~~代表チームみたいに、後半残り10分で投入されてもねぇ…。

 ミーハー無知レベルのいろんな事を考えた。

 またも実況が「佐藤寿人ストライカーの投入がいつあるのか!?」って煽る。いかにも『大物がまだ控えてますよ~怖いですよ~』って感じ。

 寿人も武者震いしてるだろうなぁ。

 大切な大切な次の1点。それを決めて、気迫の表情でスタンドに向かって飛行機ポーズで走る寿人の姿が浮かぶ。

 するとピッチレポーター「広島、交代はどうやら山崎のようですね」と低い声。

 え゛ーーーーっ!! ナビスコどうすんのーーー!? えーーー? 

 ぶっつけ本番でナビスコ? まさかナビスコもベンチ?

 しかしながら、この試合に関しては 寿人投入が今日はもう無いとなったら 思いのほか気が楽になった。

 この状況で入ってゴールできなかったら「役立たず」みたいに思われそうだもん。

 ここからはシンプルに「広島勝利」だけを祈る。

 でも…誰でもいいならマサさんにゴールさせたって~~~~! と ちょっとだけミーハー魂はうずく。

 なのに…無情の2失点目。決められる時って「え?」「あ…」ってあっ気ない。

 ロスタイムは3分。見てる私の体はゴールのある右に倒れて行く。

 誰か劇的な同点ゴールを!!

 歓喜の雄たけびを!!

 ホイッスル。

 やっぱり私には『引き寄せる』力は無いのね。

 『リアル想像は実現しない』を再認識しなきゃダメね。

cloverclovercloverclovercloverclovercloverclovercloverclovercloverclover

 花桃ブログを読んでくださってる皆さま、11月3日(祝) 午後2時 フジテレビでナビスコ杯決勝(広島対磐田)が放送されます。

 地上波の全国放送で寿人の雄姿が見られる(はず)貴重な機会です。

 お時間のある方は、放送をご覧になって、寿人を応援してやってくださいませ。

 国立競技場近くにお住まいの方は、スタジアムへお出かけになって応援してくださいませ。 できれば紫色の物(マフラーでもトレーナーでもダウンコートでもウィッグでも)を身に着けて広島サポーターの大勢居る方に混ざってくださいませ。

 花桃からの勝手なお願いです。

|

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »