« 奮闘中! | トップページ | 怒らずに「中掃除」^^ »

2010年12月27日 (月)

怒りながら年賀状を書く!

 5枚書いては 肩と背中が痛くなって、寝転んで電動マッサージ器を当てる。

 昨日は ほとんどかかりっきり。

 今日もまだ書いております。

 そして…疲労のあまり怒りが湧いてくる。

 結婚した頃、披露宴でお会いした夫のおじ様・おば様宛の年賀状を書く時、私は連名にした。

 もちろんおじ様の伴侶、おば様の伴侶のお名前も 宛て名にきちんと並べて書いた。

 ところがね、うちへ来る年賀状は、みんな夫宛て。

「嫁なんて無視なのね!」と 内心憤慨しながら、次の年も、その次の年も、宛て名も差出人も連名で書き続けた。

 私の想いが通じたのか、数年後には連名宛てで届くようになった。溜飲が下がった。

 ここ数年は、パソコンで作った物が増えたので、宛て名も連名で登録してあるんでしょうね。

 だからこれは怒らなくてもいいんだけど…。

 夫の会社関連の人でも、面識のある人には連名で出す。

 それに対して「夫」宛てでしかくれない人は、もう仕方ないと半ば諦めてる。

 「夫」宛ての人には、私も自分の名前は書かないようにした。一度もお会いした事の無い人は、最初から夫の名前だけ書く。

 でもさ! 

「この○○さんって方、まだ定年されてない?」

「△△さんとは、まだ取引ある?出した方がいい?」と 夫に確認しながら

『お元気でいらっしゃいますか?』とか『本年もよろしくお願いいたします』と書いてるのは、アタシなんだよー!! 

 相手によっては「何を書いたらいいの?」って事もあるのよ。…それでも必死で考えて何か書いてるのは、アタシなんだよーーー!!!。

 怒りゲージが少しずつ上昇する。

 自分でPCで作ったであろう年賀状の差出人住所に郵便番号が無いじゃん! もぉ~~~。

 怒りゲージ…ぐぐぐっ。

 あるレベルまで行ちゃうと、些細な事でも上昇する。

 花桃の本名は ちょっと個性的。

 太良山(たろやま)とでもしておきましょう。この真ん中の「良」という漢字が曲者でして。

 初対面の人は たいがい「太山(たろうやま)さん」だと思ってしまう。正直言うと、小・中学校の同級生(クラスは一度も一緒になってない)だった私も 夫の事は「たろうやま君」だと ずっと思っていた。幼馴染で夫と同じクラスだったYちゃんはじめ、同級生は「たろう」と呼ぶしね。それはもう「たろうやま君」でしょう。

 ところが本当は「太山(たやま)」だったのよ~。

 PCで絶対に変換できないから「太山」で登録されてしまう。

 親しい友達は いちいち「太い」「良い」「山」とでも入れて登録してくれてるみたいだけど。

 だから…「ちょっとぉ~~~この人、まだ太山じゃん! 一度登録したら確認しないんだよね…。毎年 ざざ~~っと印刷するだけで楽でいいわね! そんな貴方に 私はこんなに苦労して作って書いてるのよ!ぷんっ」

 こうして どんどん怒りゲージが満タンになっていく。

 これはもう「ねぇ…少し手伝ってくれない?」と 夫関係の分は、全部 夫に引き渡すしかないね。

 印刷も花弁貼りも花芯描きも完成させてるんだから、宛て名とメッセージくらいは書かせてもいいよね?

 夫は殺気を感じてるのか「来年からは、もう宛て名は印刷すれば」だって。

 

 注:花桃の本名は「太良山」では、ありませんので^^  

|

« 奮闘中! | トップページ | 怒らずに「中掃除」^^ »

おばさんの独り言」カテゴリの記事