« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月31日 (月)

チュン君の輝き

 昨日からテレビはアジア杯優勝でいっぱい☆

 代表チームが一試合ごとに成長していくのが サッカー無知な私にも見えるようだった。

 そして何と言っても「優勝」を決めたチュン君の扱いは大きい。

 ゴール直後、弓矢パフォをする前に 本田を振り切り、倒れながらもチュン君のユニフォームを掴んで離さない本田を引きずりながら、次々と飛びついてくる岡崎や誰か忘れたけど数人を必死で振り払ってたんだね^^

 矢を放つパフォーマンスをする為に…涙笑。

 ちゃんと背中から矢を引き抜いて弓を構えて、放った瞬間は弓がびゅんと跳ねる。芸が細かいよ^^

 在日四世としてサッカー選手になり、韓国でも日本でも『認めてもらえない』苦悩を乗り越えてきた事は、今までも何かで読んだ記憶がある。

 帰化して「李忠成」を名乗り「チュンソンと呼んでください」と韓国の誇りも捨てない。

 だから私も彼が広島に移籍してから「チュン君」と(勝手に)愛情をこめて呼んでいた。

 今回のゴールで まぎれもない「日本のエース・ヒーロー」になったチュン君。

 インタビューで自ら「エリートでも無く、雑草だった」と語っていた。

 私は韓国に対する差別や偏見には全く関心が無く、理解もできない。

 それでも「差別」は存在するんだと 彼によって教えられた気がする。

 偏見に立ち向かい、私には想像もつかない苦しみをチュン君は乗り越えて来たんでしょう。

 「神様はいると思っています」とインタビューで答えていた。

 努力し続けた人だけが感じられる「神様」の存在。

 よかったね…本当によかったね!

 チュン君は、サッカー人生もドラマティックだし、なんといっても顔が可愛いし、マスコミもほっておかないわ。

 随分前に私は「佐藤寿人の歩み」みたいな特番をテレビでやってる夢をみたんだよね。

 06年W杯直前の「巻対佐藤」の番組はYouTubeから消えてしまったし…。

 幼い長男クンが起用にドリブルしてて可愛かったんだ~。

 もし今 ああいう番組ができたら、いっちょまえのサッカー少年になった長男クンと、天真爛漫な次男クンの姿も放映されるだろうな。

 見たいよ!

|

2011年1月30日 (日)

アジア杯優勝☆

 本当に優勝したね☆

 この数試合の戦いは、本当に「強い・上手い」と 私には思えた。

 W杯直前の頃とは 全く別のチーム(メンバーもかなり変わってるしね)に見える。

 先制されてから逆転勝ちするっていうのは、私の人生では「まず無い事」だった。

 広島も逆転勝ちは少ないんじゃないかな。

 やっぱり劣勢なところから盛り返す精神力ってすごい。

 その典型がチュン君だ。

 広島へ移籍して来てから、思ったような活躍ができなかった。

 昨秋までは、彼の苦悩の表情を見るのが痛々しかった。

 それでもチュン君は負けてなかった。ずっとずっと努力し続けて来たんだよね。

 寿人の怪我離脱による代役起用で予想以上の大活躍を見せ(それが彼の実力だった)代表召集まで。

 そして最後に…延長戦での決勝ゴール!

 神様は努力に見合ったご褒美を用意してくれてる。

 矢を放つパフォーマンスを見せたのは天晴れ☆

 ゴール直後の気迫の顔! 赤鬼みたいな形相に 彼のそれまでの想いが溢れていたように感じた。嬉しかったよね!

「俺やったぞ!!」だったよね。

 そして気迫の顔から一転して笑うと とってもチャーミング。

 チュン君の熱烈サポのNちゃんは今回のアジア杯で、なかなか起用されない間『まだ出る時じゃない』と落ち着いていた。

 彼女はこうなる事を予測していたのかも!?

 去年は「10ゴールできますように」と ずっと祈っていた彼女。チュン君は11ゴールした。

 きっと今回も Nちゃんは全身全霊をかけて祈っていたに違いない。だから『まだ出る時じゃない』⇒『最高のステージが絶対にある』と どっしり構えていられたんだろうね。

 寿人だって、今のあの代表チームだったら、以前よりはずっとやりやすく、自分らしいプレーができてゴールもできただろうな…と思うと少し切ない。

 私は「寿人サポ」とは名乗れない。寿人の応援も小手先の事しかしてないし。

 Nちゃんを見習って、微力ながらも何かしなくちゃ。

|

2011年1月28日 (金)

遠近両用眼鏡の威力

 お値打ち老眼鏡を使うようになって1週間。

 最初に装着した時の使い心地は、それまで使っていた15倍の値段の遠近両用眼鏡と大差なかった。

でも 1日使用したら

「やっぱり違うんだ~」と感心している。

 以前のは『遠近両用』と言いながら、台所のテーブルで新聞を読みながら、リビングのテレビを見ると「んん~~~~」だった。

 装着してスーパーを歩くのは絶対に無理。

 それで今回は、遠近両用じゃなくていいと思ったわけ。

 ところがね、このお値打ち老眼鏡を着けてみたら以前の比じゃない。

 テーブルで新聞を見てて、お茶をいれようと数歩移動する時でさえ眼鏡をはずす。

「手元で物を見る時だけ用でいいんです」と言ったのは私だもんね。

 遠近両用眼鏡さん「全然 両用じゃないじゃん」と思っててごめんね。

|

2011年1月27日 (木)

生の大志郎クン

 先日 外出先で 忍さんと大志郎クンにバッタリ会った。

 転輪太鼓の子供達は 人と話す時、きちんと体を相手に向けて、顔をしっかり見る。

 今まで舞台や稽古場で そういう姿は何度も見て来た。

 でも この日は『お母さんと一緒にいる高1の男の子』

 …それでもやっぱり ちゃぁんとこちらを向いて、私と忍さんの話をじっと聞いてるの。

私が「ブログには県外からも『転輪太鼓 大志郎』で検索して来る人いますよ」と言うと

「そうなんですか! ありがとうございます」とにっこり。

 ステージで太鼓を叩いてると、本当にプロだし『スターの風格』があるので近寄りがたいの。

 でもこうして私服でいて話をすると『感じのいいお兄ちゃん♪』

 高校1年生には見えないけどね。どう見ても大学生だわ。

 少し前に新聞に大きく写真が載った時は「ちょっと太った(筋肉がついた)かな?」と思ったけど、実際に会ったら「顔ちっちゃ!!」でした。

 4月には またコンサートがあるはず。

 去年はチケットを買いながら入院か何かで行けなかった(夫が一人で行ったはず)から、今年は絶対に行くよ!

|

2011年1月25日 (火)

全然セルフじゃないんですけど…汗

 腕時計を買いに母を連れて行く途中、ガソリンが残り少ないのに気付いた。

 道中にあるガソリンスタンドを思い浮かべ「あそこしかない…」と不本意ながら右折帯に入って準備。

 赤信号で待つ間に 目的のスタンドに「セルフ」の文字があるのに気付いた。

 ええぇ~~~無理だぁ~~~どうしよう~~でももう右折帯に入っちゃったよ~。

 信号が変わり流れに逆らえず右折。そして否応なくスタンドに進入。

 でもね、スタンドの店員さん(?)達が数人、いかにも「お手伝いしますよ」って感じで立ってこっちを見てる。

 一応、スペースに車を停めて降りる。

「あの…できないんですけど…」と 複数いる店員さん達の中で最も優しそうな顔つきの女性を見ながらうったえる。

 「いいですよ」と来てくれたのはお兄ちゃん。

 「このカードを作ると3円安くなりますけど どうします?」

よくわからなかったけど「お願いします」と言ってしまう。(会員証みたいなものかな)

 「ここに入れて…」「ここを押して」「現金でいいですか? じゃ ここを押して」と言いながらお兄ちゃんが全てやってくれる。

 「現金 先に要るのね?」 助手席のバッグを取りに、わざわざ運転席の方に回ってしまう…汗。

 そしてガソリン注入。

 その時になってやっと持たせてくれた。

「ここを強く握ってください」「ここ?」

 えへっ…なんかスタンドの人になったみたい♪ と思ったのは ほんの一瞬。

「あ、止まりましたね」

 何が止まったのかも分からない私から『注入するやつ』を取り上げると

「車によっては、角度とか難しいんですよ」

 え?そうなの? いつも行くスタンドでもそうだったのかな? 普通の国産車だけどなぁ。

 お兄ちゃんが『注入するやつ』を出したり入れたりしながら角度を調整している。

 そうこうしてるうちに終わったらしい。

「どうして満タンってわかるんですか?」

「入口の横からガソリンが出て来てたでしょう?」 

うん出てた。でも『注入するやつ』を入れっぱなしにしてたら見えないじゃん。私には無理だ!

「ごめんね~全然セルフじゃなかったね」

「いいですよ。いつでも声をかけてください。じゃあ このレシートのバーコードをあっちにかざしてください」

 ひぇ~~さっきこっちにお金を入れたのに、清算はあっちの機械なんだ…。

 ぜ~~~ったい私には無理だ!

 たしか私、3回目のセルフスタンド。前回は何年前だったか。…覚えられないよ。

|

2011年1月24日 (月)

買っちゃった~☆再び

 去年の入院中に同じ部屋だったYさんが素敵な老眼鏡をしてた。べっ甲みたいなの。

「百均よ」と聞いてびっくり。

 100円なら使い捨てでもいいから、私も退院したら買おう!と思ってて、百円均一のお店に行くたびに探したけど「これっ!」って言うのになかなか出会えず、忘れかけていた。

 そしたら年明け、音訳の先輩も華やかなおしゃれな老眼鏡を持ってらした。

「眼鏡屋さんで3890円よ。色違いもあったわよ」と。

 これだっ!!

 いつか眼鏡屋さんへ行く用事があれば…もしくは道すがらに眼鏡屋さんを見つけたら買おうと思った。

 先週、サ○ィに行った時、奥に眼鏡屋さんがあるのに気付いた。

 参考までに見ておこうと行ってみたら、一目ぼれ!

 既製品の服のS・M・Lみたいな合わせ方で、一番見えやすいのを買った。

Img_8362

 今までに2回作り替えた(毎回、しっかり検眼して)老眼鏡の15分の1の値段。

 使ってみると、今までのと大差ない。ん~~気付かない変化があるのかなぁ。

Img_8369

 プラスチックだからケースも すぐに傷つき、色あせるだろうけどね。 

|

2011年1月23日 (日)

清らかな心で・・・

 サッカー日本代表の試合中継…ここんとこずっと「へんてこ」な気分で見ている。

 5年前まではシンプルに、日本が勝てば嬉しい。そして選手のルックスだけで「田中達也いい」「宮本素敵」「森本ってオランウータンみたいで可愛い」「平山は木偶の坊みたいで可愛い」と、勝手な『好き』を連発して、楽しんで見てた。

 今も戦術やプレー内容が何も見えてないのは変わりないけれど、余計な事ばかり考えてしまって、心から楽しめない。

 去年のW杯以後の代表戦は、不貞寝して見なかったしね(苦笑

 2006年、代表戦のテレビ中継で寿人を初めて見た。

「こっちこっちってアピールしてて なんだかうっとおしい」と思ったのは最初の瞬間だけ。

 その日のうちに「なんだかとっても気になる」に変化し、それはすぐに「佐藤寿人好き!」と進化した。

 それまでの「田中達也かっこいい」とは違うレベル。

 サンフレッチェ広島の名前さえ知らなかったのにね。

 スポーツニュースで寿人が映るとにやけてしまう。

 翌年にはとうとうスタジアムで初観戦。

「一生に一度」くらいのつもりだったのに、その年の秋には 広島まで。それも「最初で最後」のつもりだったのに、それ以来、静岡・関西方面も含めて、何度行った事か。

 そして代表戦をテレビで見る時は「寿人をいつ出すのよ~」とやきもきし、後半途中に寿人が出れば「寿人にゴールさせて!」と祈り、試合内容や勝ち負けなんて二の次となった。

 去年3月3日の豊田スタジアム(バーレーン戦だったかな)は 張り切ってチケットを取ったのに、寿人は召集されず…。

 W杯は、寿人を呼ばない監督を逆恨みし…感情論で「あの監督はダメ。あんな監督に呼ばれなくてもいいわ」とまで思った。

 寿人の今年の個人目標は「J1100ゴール(あと16ゴール)と代表復帰」らしい。(タイトルをとる!」ってのもあったような…)

 「寿人、もういいよ。代表なんか行かなくてもいいじゃん。広島のヒーローで居れば十分だよ」と思っていた自分が情けない。

 寿人が出ようが出まいが、日本の代表として戦っている選手達を心から応援し、一緒に一喜一憂できる清らかな心を取り戻さなきゃね。

 そして寿人はサンフレッチェ広島の初タイトル奪取に向けて、寿人らしいゴールを一つずつ積み重ねていってくれるでしょう。

|

2011年1月21日 (金)

それぞれの想い

 今日は、母を歯医者に連れて行く日。先週、腕時計が壊れたので、歯医者の後、腕時計も買いに連れて行こうと決めていた。

 ウインドーショッピングは気分転換になるからか、母も喜ぶ。喜びついでに私に何か買ってくれるし♪

 少し早目に実家へ行き、ずっと気になっていた布団干しをした。

「ゆうこの足に負担かかるから、お母さんやるわ」と出てくる母。二人で協力して干し終えた。そこまでは和気あいあい。

 布団干しに時間がかかり、歯医者の予約時刻が間近になってしまった。

 なのに母は、前日乾き切らなかった洗濯ものを畳んでいる。

(そんなの帰って来てからすればいいのに…)不満を飲み込んで

「予約時刻だから早く行かないと。そろそろ行くよ」

 それが母のスイッチを入れてしまった。

 胃のあたりを押さえながら苦しそうな顔をして

「ゆうこが急かすから胃が痛くなった。ゆうこが来るとお母さん、神経使うわ」

 !!!!!!!!!

 一気に気が萎えた。不機嫌な顔で歯医者へ。治療にはもちろんノートテイクで付き添う。

 治療後、車に戻った母は

「お腹すいたねぇ。何か食べて行こう」とケロッとしている。私は不機嫌モード継続中。

 腕時計を買いにショッピングモールへ行ってそこでランチするつもりだったのに、もうそんな気持ちは私には無い。

「回転寿司でもいいよ。この前の店もよかったね」

 もぉ~~~~! 

 母は、不機嫌な私を『しんどくて運転したくない』と思ったらしい。

「遠かったら近くのうどん屋さんでもいいし。スーパーで何か買って家で食べてもいいよ」

 道すがらの喫茶店でランチを食べながら

「私が来るのはお母さんにはストレスなんだね。もうあれこれうるさく言わないようにする」旨を書いて伝えた。

 母は先ほどの「ゆうこが急かすから…神経使う」発言はすっかり忘れていて、どうして私がそんな事を言い出すのか分からない様子。

「見にくい目で遠くから運転して来てくれて、本当に申し訳ないと思ってるよ。ゆうこをストレスに感じるはずないでしょ」

 そこで先ほど、家を出る時の件を書いて再現すると…

「お母さんね、洗濯物を畳んで、ゆうこに『さすがお母さん、手早いね』って褒めてもらえると思ってたんだわ」

 そうだったんだ!!

 褒めてもらえると思ってたところが「早くしてよ」と急かされてガッカリしたんだね。

 私は私で「もう…お母さん、なんでそんなに要領悪くなっちゃったの…」と不満の気持ちでいたもんね。

 そういう気持ちの私だから、母の心を察してやれなかったんだ。

 子育てと同じ。

「勉強しなさい」「早くしなさい」「遊んでばかりいちゃダメ」

子供を親の理想にはめようと親が勝手に必死になってるだけで、子供の心には届いていない。

 言われる子供は「自分の為に言ってくれてる」とは思えず「うるさいな…」となる。

 今日も私がもっと優しい気持ちで居たら、洗濯物を畳む母をほほえましく見られただろうし「さすがお母さん」と言っていたら、母も自信が持てて、ご機嫌さんになったよね。

 子育の経験も無い私は、これから母への対応で学んでいくのかな。

 歯医者へ向かう時は「もう今日は歯医者が終わったら布団を取りこんですぐ帰る! 来週も母が来てほしいと言わないなら行かない!」と 密かに決意してたけど、結局、ランチ後、スーパーで食料品を買い、帰宅して布団を取りこみ

「来週は腕時計を買いに行こうね」

「連れてってくれる?お願いね。寒いから風邪ひかないでよ。運転気をつけてね」と別れてきました…。

 …ここが母娘だよね。

|

2011年1月20日 (木)

入院は好きだけど…

 粉瘤摘出の痕を定期的に診ていただく為、今日は形成外科受診。

 律儀に絆創膏を貼り続けておりますの^^ 傷跡は目立たなくなってきた。

先生「絆創膏、まだ貼り続ける事できますか?」

私「はい!もちろんです」(化粧するのと同じくらいの感覚で貼ってるわよ)

先生「次の予約はどうしましょうか」

私「このまま薄くなっていくと思うので、何か異変があったら来ます。それに春には股関節の手術をする予定なので、その時 一緒に(ついでに…)診ていただけるし(と勝手に)。巻き爪もその時(重ねて勝手に)」

 股関節の手術だって、まだこちらの整形外科にさえかかってないのにね(苦笑)

 

 さて、会計を済ませると処方箋コーナーのたまちゃんがT嬢の事を「今 お昼ご飯中で多分 上にいるよ」と。

 今日は午後から、友達の結婚祝いを買いに行く予定で、お昼はどこかで食べようと思ってた。

 急ぎ売店でサンドイッチとミルクティを買い、2階のデイルームへ。

 居た居た^^

 食事を終えたT嬢も自販機の飲み物で付き合ってくれて、おしゃべりしながらカツサンドを食べた。

 日当たりの良いお昼のデイルーム♪

 ここでT嬢とおしゃべりするのって懐かしい感じなんだ。

 去年の5~8月まで、6階のデイルームで しょちゅう話聞いてもらってたもんね。

 なぁんか好きなんだなぁ~こういう雰囲気。

 ・・・数ヵ月後には また手術でここを利用するわ。

 陽だまりで自販機のココアを飲みながらおしゃべり♪

 ・・・ってね、その前には手術よ!!

 人工関節置換の手術は、多分10日間くらいの入院だと思う。

 14年前には、人工関節でも1週間くらいの張り付け期間があって、入院期間は一か月くらいだった気がする。

 6年前に私がした時は3日後には車椅子許可が出た。でも当時のそれは試験的だったみたいで、車椅子で廊下をのろのろ移動する(さすがに痛くてぶっ飛ばせない)私を見て看護師さんが「ひやぁ~花桃さん!3日前に手術したばかりだよね!」と悲鳴をあげてたっけ。だって主治医が「乗ってみよう!」って言ったんだもん…私だって痛いし怖かったよ。

 でも2005年暮れに骨折で入院した時、同時期に人工関節の手術をした人は1週間ちょっとでステッキで退院だったように思う。

 人工関節は、日進月歩だね。

 だから私も車椅子OKになれば、少々の痛みもなんのその、極楽入院ライフのはずなんだよね。

 …でも その前には、怖い想いもしなければね。まあ全身麻酔だから眠ってる間に終わるんだけど。

 私は自分の人工関節手術のDVD見ちゃったからなぁ…。あれをされるんだと思うと…ね。

 それと目が覚めた時は痛いんだよねぇ…硬膜外麻酔してもらうと楽だけど、それはそれで麻酔を入れる時が怖いし。

 あぁ…いろいろ考えちゃうわ。

「えぇ~~もう退院しなきゃいけないの~? もう少し居たいよぉ」と 後半ごねるパラダイスな事だけ想像しておこ♪

|

2011年1月19日 (水)

買っちゃった~♪

 生活便利用品の広告に「焼きいも鍋」を見つけた。こんがり美味しそうな焼き芋の写真がついてる。

 いいなぁ~♪ これ欲しいなぁ~♪

 でも990円なんて安すぎない? 蓋もついてるんだよ。 それに鍋でこんな焦げ目ってつくかな?

Img_8398

 …ああ、けど990円なら失敗してもいいか。最悪、普通の鍋として使ってもいいし。

 って事で買った!

 同じ日にさつま芋も買った。帰宅後、すぐに焼いてみた!

Img_8399

 なんと鍋の底には小さな穴がいくつも開けてあって、それで焦げ目がつく。

 鳴門金時を買ったせいもあり、甘い甘い! 合格~!

 翌日は、おにぎりも焼いてみた。(ぶぶ茶漬けにした) いける。

 夏になったらとうもろこしも焼いてみよう。

 今日は2度目の焼き芋。

Img_8377_2

 どう?この出来栄え。美味しそうでしょ~~~~!!

 でもね、問題がある。

 今日のさつま芋は2本で398円。30分以上はガスにかけるので、ガス代を含めると、スーパーで売ってる焼き芋1本198円の方が安いような気がする。

 それとね、一般的なサイズのさつま芋は260Kcalと認識している。最初に買ったさつま芋は一袋3本入りだった。同じ30分ガスにかけるのなら3本一度に焼きたいのが主婦の性。

 で、目の前に焼きたてのお芋があると「熱いうちに食べなきゃ」「美味しいなぁ~もう1本食べちゃお」と思ってしまうのが私の性。さすがに3本同時は無理だったけど、2本は同時に、残りの1本も寝るまでにはお腹の中に。

 …1日でさつま芋780Kcal!!

 だから今日は1本だけにした…ガス代がもったいないなぁ。

 家中に焼き芋の匂いが漂うのもいいよ^^

 当分は 焼き芋やきまくりですね。

【大変!!】アップ後、正確なカロリーを調べた…今日、私が食べたさつま芋は240グラム、そのカロリーは390Kcal!!!

 最初の日に食べたのは もう少し小さかったけど、3本で1000Kcalは いってたcoldsweats02

|

2011年1月18日 (火)

緊張の一日

 昨日は雪の後の初外出。

 公文の教室までの歩き…すごい緊張だった。

 すでに友達から「滑らないように注意」とメールが2通届いてた。弟からも「バッグは斜めがけにして両手を空け、2点接地するように」と(笑

 「斜めがけショルダーバッグ」は私の基本なのです。片手はステッキ用に必要だから。

 明るい往路でさえ、一歩一歩踏みしめて歩いた。午後からは日も差して完全にとけてるところもあるんだけど、それで気を抜いてると、よく見えないところが凍ってたりするからね。

 そうやって05年暮れに転んで骨折したんだから。それを思い出すと足がすくんで前に出ない。これくらいの方がいいんでしょうね。

 明るいうちに帰ろうと思ってたんだけど、教室の混み具合で6時半まで出られなかった。

 教室を出て、最初の一歩…こあいよ~~~~! 後ろから来る人にどんどん追い越され、目の前の信号が青なのに早歩きもできず、後ろから来た人はもう信号を渡りきってしまったわ。

 とにかく慎重に慎重に帰って来ました。 

 あまりの緊張で、帰宅したら体が痛い。相当 あちこちに力を入れてたんでしょうね。

|

2011年1月16日 (日)

残念…涙

 「オペラ座の怪人」を観に行く予定の朝、いつもの休日よりは早起きした。

 で、変に余裕を持ってしまって、新聞もゆっくり見てたら…洗濯物を干す頃には、もうギリギリになってしまってた。

 車椅子を夫の車に積み替えて「最悪、首都高で行く」と飛び出した。

 昼食もコンビニでおにぎりと助六を購入。

 その頃から雪の降り方が激しくなってきた。首都高はやめて、いつもの下道で。

「名古屋の方が降ってないだろう」との思惑に反して、どんどん周りが白くなってくる。

名古屋に入った頃には、フロントガラスに雪がびゅんびゅん迫ってくる。

目の前はもう灰色で視界が悪い。駐車してる車にもすっかり雪が積もってる。

タイヤも時々ぐぐっぐぐっと変な音をたてる。

「どうする…?」

「この辺に停めてタクシー拾う?」

「帰りが困る」

「やめようか…」

「…そうだね」

 北区で方向転換。

 …残念で残念で仕方ない。

 去年の「オペラ座の怪人」は、チケット購入が遅くて端っこの席だったせいで、舞台の一部がよく見えてなかった。

 あの舞台は隅々まで見ないともったいない。

 今回は真ん中に近い右側の前から4列目。この前 見えなかった所がよく見えるはず。

 それを見られないなんて…。

 K市に戻る道すがら、今度は薄日が差して来て、K市に入った時には完全にお日様が顔を出した。道路も濡れてる程度。さっきまでの雪景色とは別世界。

 もしかしたら名古屋もあの地区以外は大丈夫だったのかも。あそこさえ抜ければ、行けたのかも。

 もう一度 引き返したい…でも 最初がぎりぎりの出発だったから、今引き返しても開演には間に合わない。一人で葛藤しつつ、真っ直ぐに家に着いた。

 身障者駐車場キャンセルの電話をしてから、コンビニのおにぎりと助六を食べる…あぁ~あ。

 ところが…また雪が降り始めた。

 3時40分頃のベランダからの景色。

Img_8324

Img_8327

 これじゃあ、観劇後、帰って来るのが大変だったわ。

「やめて良かったね」

 1月のチケットを買う時「冬場は雪が降るかもしれないんだよね…」と思ったんだ。

 やめて良かったけど、でもやっぱり残念。

|

2011年1月15日 (土)

新ユニフォーム♪

 去年、モデルチェンジしたばかりだと言うのに、もうデザインが変更になってしまった。

 スポンサーが変わったせいだけど…。

 1年しか(それも私は片手で数えられる程)着てないのに もったいないなぁ…。

 でも新ユニのデザインは なかなか斬新。

 文字は前の方が好きだったけど。

 今回も私は迷うことなく「11・HISATO」を注文した。

 問題は夫。今まではずっと槙野を買ってたのよね。

「一緒に寿人にしたら?」「それでもいいけど」

 いろいろ考えた結果…12番にして、名前は…うふふ、なーいしょ!

 サンフレッチェ関連で親しくしてくれてる人達は「もしかして!?」と閃いたかな?

「でもまさか、あの旦那さんが…」かな?

 私がその名前を連呼してるのを知ってる地元のごくごく親しい友達も「まさか!?」と思ってるかも^^ 

「たろう(12月27日のブログ参照) 無理矢理決めさせられたんだろうなぁ…可哀想に」と同情してるだろうね。

|

2011年1月14日 (金)

今日は笑顔で

 母を歯医者に連れて行く約束の日。

 朝のテレビの星占いで『一番ラッキーな星座』だった。「笑顔がつきを招く」だったかな。

 母に対しても優しい笑顔を見せたいな。

 介護の仕事をしてるMちゃんからのアドバイスも胸に、いざ実家へ。

 ここ数年、私は母に対して なんだかぶっきらぼうなんだよね。

 

 私が少し気持ちを変化させたせいなのか、今日の母はとても素直で 以前の母だった。

 この3日間ばかりは、電話すると とても明るくてしゃっきりしてて、それがまた私には「あんな失礼な事を言っておいて、忘れてケロッとしてるんだから…」と思えたりするんだよね…鬼だ。

 でも やっぱり「本来の母」が好きだ。

 こういう時もあるから、また不条理な我儘や怒りをぶつけられても我慢するしかないね。

 母に対しては我慢するけど、その分…私の泣きごとを聞かされる夫や友達、ごめんね~。

|

2011年1月13日 (木)

温まれ^^

 先日、味噌ラーメンを食べた後、テーブルの上にどんぶりを放置して数分後、どんぶりの中に こんなハートが浮かんでました♪

Image141

 これを撮った後、箸でつついて形を整えようとしたらダメでした。ハートの上の真ん中の切れ込みは深くできたんだけど、下のすぼまりがイマイチ。

 そして全体像は この画像が一番良かった。

 ラーメンの残り汁の中から浮かび上がったハートって、あったかそうでしょ^^

|

2011年1月12日 (水)

超新着情報!「ラビットマスク?」

 市役所の広報公聴課から電話があった。

 昨日の録音の私の部分に不手際があり、一部再録音させてほしいとの事。

 今日は一日だらだらの予定だったので、慌てて化粧して出かけた。

 駐車場に入るのに手間取り(後ほど詳しく)、約束の時間に遅れ、市役所の地下の薄暗い廊下で車椅子をかっ飛ばす。

 少々、息が上がった状態で録音開始。一発OK。

私「朝刊に写真載りましたね。いい記事でしたね」

Sさん「大きな写真でしたよねぇ。実はあの記事を見て『カセットテープを使ってください』と連絡くださった方があるんですよ」

 わぉ☆ すごいじゃん!

 ゆうべは、K市の伊達直人さんのニュースをいろんなチャンネルで見たけど、それに触発されて『自分も何かしたい』と思われる人が多いのかもしれない。

 きっと昔買い溜めしたカセットテープの使い道が無くて、家に放置してあったんだろうな。

 タイガーマスクならぬ「ラビットマスク」だね。

 Sさんと「こういう気持ちが拡がって いいですよね」と話しあった事でした。

 …と、美しいお話で終わればいいんだけど、おばさんは ちょっとだけ怒っています。

 今日は市役所で何か行事でもあるのか、駐車場へ入るのにすごい行列ができてた。敷地の前の道路にも並ぶくらい。

 私はそんな事とはつゆ知らず、いつものように右折して入るつもりで行ってみると、反対車線には、入口を目指す車の列。

 ん~~ここへ私が右折で入るのは無理だなぁ…あ、警備員さんがいるから順番に誘導してくれるかも。

 すると警備員さんが私のところへ近寄り「向こう側から回ってほしい」と。

 …ん~仕方ないか。

 運転にかけてはアドリブの効かない私だけれど、ここは勝手知ったる市役所だし、周りの交通量もさほど多くないから、ぐる~っと回って空き地で方向転換して左折で入れる列に並んだ。

 だんだん入口が近づいて来た時、さっき私が来た車線に赤い車がウインカーを出して止まっている。

『ぐるっと行って方向転換して こっちの列に並ばないとダメなのよ』と心でつぶやいていると…案の定、警備員さんが近寄って行って…

 うそーーーっ!! こっち側の先頭車両に軽く合図して、赤い車を右折で入れるじゃないの!!?? 信じらんなーーい!! 私はもう約束の時刻に遅刻しそうなのよ。でも回り道してこっちに並んだのよ。まだ入れずに並んでるのよ!!

 なのに、後から来た人を入れちゃうわけ!?

 赤い車と私と何が違うの? 

 …赤い車の運転手は若い女の子だった。

 そっか…それか…。

 世の中、不公平だ~~~~~っ。涙。

|

2011年1月11日 (火)

取材待ち?

 今日は市役所の音訳ボランティア。

 朝、市役所職員のSさんが「今回は声の広報500回なんで、新聞の取材がはいるかもしれません」と。

 その時点では皆で「そうとわかっていたら もっとお化粧してきたのに」と笑えるレベル。

 それが午後の録音が始まった頃「取材が3時頃はいる」と伝達が来た。

 今日の私は11人中の9番目。トップの二人は担当の録音が終わると『オープニング』のシナリオを作って、全員の録音が終わってから二人の掛け合いを吹き込む。

 オープニング録音は間違いなく3時過ぎるね…。私はどうだろう?

 1時から始まった録音、前の人達が順調に進み、予想より早くお呼びがかかった。

 録音室に行くとSさんが「実は、うちにもタイガーマスクが来まして…今日はテレビの取材も来てるんです…それで 声の広報もニュースで流れる事になるかも…ただ、ここまで録音が早く出来過ぎちゃって…もう少し遅くまで居ていただけると…いいんですが…」と もにょもにょしてる。

 うちにもタイガーマスク来たんだーーーっ^^ K市にもタイガーマスク居たんだーーー^^

 私の録音も今日はノーミスで終わった。残るは二人。

 Sさんが誰かと連絡をとってる。

「今 別の取材に出てるので3時過ぎるそうなんですが・・・」

 夕方のニュースを見たらランドセルを購入したサ○ィに行ってたようね。

 私の後の二人もさらさらさらっと録音を終えてしまった。

「これ以上 待っていただく訳にはいかないですもんね」とSさん。

 今回のオープニングは特別に、別の組の大ベテランさんの言葉も入れるとの事。うちの組の二人と 大ベテランさんの三人が居たら十分でしょう^^

 …って事で帰って来ちゃいました。

  

 夕刊を見ると『伊達直人』だけじゃなく『桃太郎』『肝っ玉かあさん』『矢吹ジョー』も出現したそうな。

 もし私がやるとしたら…笠地蔵だな♪

 なんだか今日の音訳ボランティアは、いつもと違うワクワク感(緊張感?)がありました。

|

2011年1月 7日 (金)

ぶぶ茶漬け

 今日は一日 家でのんびりゆったり(だらだら)しておりました。

 写真は 懇意にしてる店の「ぶぶ茶漬け」

Image135

 大将が握るおにぎりは、丸三角。私の三角おにぎりは、真ん中をへこませ加減にするんだけど、大将のおにぎりは逆で、真ん中がふっくら丸い。

 「ぶぶ茶漬け」は、このもっこりおにぎりを焼いてだし汁をかける。焼くのもじっくりじっくり時間をかけて。

 10年前にお店を開店した時から、私の大好きなメニュー。

 当初は、中に佃煮などの具が入ってたし、焼き網の魚の匂いがしたりしてたけど、だんだん改良されていったんだね。

 シンプルで上品な焼きおにぎりのお茶漬けと進化した。

 わさびを少しずつ溶かしながらレンゲでおにぎりを崩していただく。だし汁の美味しさと おこげの香ばしさがたまりません。

 大将の店のメニューはいつも豊富。決まったメニューの他に「本日の…」ってのが数えきれない程(だって本当に数えられないんだわ)印刷されてテーブルにある。

 一人で厨房を切り盛りし「○○3人前・△△2人前・◇◇・▽▽入りました!」「はいよ!」

 私はいつも「…今の注文、私 全部は覚えられない」とカウンターでささやく。

 いくつもの注文を一度に受けてもパニックにもならず、淡々と作り上げて行く手際の良さ。

 注文が次から次へと続いていて、カウンターの私たちに愛想できない事を「すみません」と頭を下げるのを忘れない。

 初めて店を訪れた時は、若い大将のそんな姿に感動さえした。美人でチャーミングな奥さんと二人で仲良く元気よく、美味しい料理を食べさせてくれた。

 10年過ぎて、店は繁盛し続けてる。

 …でも昨年末に閉店する事になった。私よりも夫の落胆が大きい。

 暮れには2度行って、最後の日はどて煮を二人前 パックに詰めてもらった。お正月中、どて煮を食べて、出汁をあえて残し、大将に教わったようにのばして大根を煮た。

 ぶぶ茶漬けは 私なりにアレンジして作ってみようと思ってる。おにぎりは真ん中をふっくらと握ってね^^

 まずはそれ用の渋いお椀を買いに行かなくちゃ♪

 そして大将の次なるチャレンジの報告を待つのです。

|

2011年1月 6日 (木)

嬉しい一日☆

 今日は内科の定期診察の後、母の補聴器のフィッティングに行く約束がある。

 昨日からそれで気が重かった…。

 でもね!

 いつものように内科の中待合室で待ってたら、R子先生がまた来てくれた!

 実はね、私の診察の度に仕事をやりくりして私を探して来てくれるのが申し訳なくて、今回は「6日に行くよ」と連絡しなかったの。偶然会えたらいいわって。

 それが『医師の特権(笑)』で、私の院内での動き(受付した・処方箋が出た・検査した)は把握できちゃうのよね~~^^

 まずは新年、爽やかな風に吹かれる事ができました。

 母の事も愚痴り・相談し…右奥歯なのか歯茎なのかの違和感も報告し、頼れる研修医R子先生なのでした。

 そしてW先生に呼ばれて診察室に入る時、車椅子から立ち上がった拍子に、手提げ袋を逆さにしてしまい、中身(老眼鏡・本・駐車券など)がガサガサガサっとこぼれてしまった。

 狭い診察室の床に散らばった物を屈んで拾うのは私には難しいのよ…と思うより早く、W先生が拾い集めてくれました~涙。

「すみませ~~~~ん」と言いながら立ったままの私って…汗。

 処方箋のT嬢とも今年初対面。

「今から母を補聴器屋さんに連れていく…」と言う私の顔を見ただけで いろんな事を察してくれて

「頑張って行っておいで」と。

 さり気ない優しさに 私は囲まれてるなぁ…。

 実家へ向かう途中、父の墓に寄った。

「お父さん、お母さんを見守ってね」

 母を乗せて店に向かう道すがら、またも憎らしい事を言う。

 …他人だったら、二度と来ないよ…。娘だから、一番心を許してるから言えちゃうんだよね…。分かってても涙がにじむ。

 店でも担当者には割と素直。

 それでも「娘がうるさいから仕方なく買いました。私はつけなくても全然困らないのに、この子が納得しないから」と精一杯の抗議。

 担当の人が前回とは違う検査をして

「これだけ聴こえてないんですよ。絶対に補聴器が必要なレベルですよ」と優しく何度も諭してくれた。

 前回同様、隣でノートテイクしている私を指して

「こんな風に家族だって書いてくれませんよ」

それに対して母「要約筆記のボランティアをしてますから」(もう辞めて5年たったってば…)

「僕は仕事でも面倒で書けませんよ」

 優しく根気よく諭してくれる彼のお陰か、最後には

「私が慣れないといけないですね。慣れるように努力します」と 心から言ってくれた。

 補聴器をつけたままショッピングセンターでウインドウショッピング。

 食料品も買って帰宅して

母「お母さんって補聴器ずっとつけてたかしら? 全然違和感が無いわ」

私「じゃあ今夜 それでテレビ見てみてね」

母「このままずっとつけてるから見るわ。今日はゆうこのお陰で自信がついたよ。本当にありがとう。暗くなる前に帰って。風邪ひかないようにね」

 …いつもの【お母さん】だった。嬉しくて泣きたい気分だった。

「また買い物も行こうね」と言って帰って来た。

 帰りの車中も じわじわと嬉しさがこみ上げてくる。ここんとこ実家へ行くと帰り道は精神的にすっごく疲れてたの。すると体もしんどくなって、夕飯を済ませると横になって そのまま眠ってしまったりもしたんだ。

 今日は違った^^

 行きの車中で言われた「憎たらしい事」が何だったのかさえ思い出せないくらいに、母が愛しく、そう思える自分にも安心し…。

 T嬢に報告したら「また憎らしい事も言うだろうけど、こういう日もあったって○つけておこうね」って。

 T嬢の提案で花丸カレンダーをつける事にした。

 

|

2011年1月 5日 (水)

母の老い

 一般的な会社のお仕事も始まったようす。

 我が家も日常が再開しました。

 元旦には、実家に、おじ・私たち夫婦が行き、久しぶりに弟と甥っ子が合流して賑やかに。いつもは大人(熟年…老人)だけのテーブルに中学生が一人居るだけで和やかで明るくていいね♪

 母は難聴が進行。年末には補聴器をやっと買わせる事ができた。3年前にも試聴までは行ったんだけど「頭が痛くなる」と言って購入には至らなかった。

 今回は「ゆうこが言うから仕方なく買うわ」…なので、使用にも積極的じゃなくて…。高いお金出して買ったのに。

 私も『補聴器をつければ聴こえる』ものじゃないって事は 要約筆記をやってる時に学んで知ってる。だからこそフィッティングにもまめに通う覚悟をしてる。

 でも当の母が「面倒臭いねぇ」と怒り気味…。

 母は物忘れが急激に加速してきてる。いよいよ認知障碍の始まりかな。

 元旦は、私が補聴器を装着してやったけれど、まだ聴こえを大きく設定してないので、効果を感じられない。もっぱら私のノートテイクが頼り。それで余計に「補聴器なんて全然役に立たない」って思うんだよね。

 思い込みでいい加減な返事をしたり、私が書いた事もすぐに忘れたりの様子を見た弟が

「姉さんも大変だなぁ…」 あなたのお母さんでもあるんですけど…。

 でもね、夫に愚痴をこぼしたり、身内が「大変だな」と思ってくれる事で少しは救われるんだよね。

 まだ「介護」でも無いのに、すでに私の精神は参ってる。この先 どうなっていくんだろう。

 母は本当に真面目に一生懸命に「お母さん」をやって来た人。

 私に どれだけの愛情を注いで来たことか。子供の頃はもちろん、私が二十歳で発病してからも、体力も時間もお金も気力も 私の為に使ってくれた。

 母が今の私の年齢の時は、病の父を看取り、私も病気で自宅療養中。でも いつも元気に明るく振る舞ってた。

 私が結婚してからも、私のいろんな話を一生懸命聞いてくれた。私が体調を崩せば実家に1ヶ月くらい避難して、上げ前据え膳で過ごさせてくれた。

 70歳過ぎてからは「子供達に迷惑かけないように」が口癖だったのに。

 どうしてその母がこんなに我儘になってしまうんだろう。

 今年届いた年賀状には「介護」に関する添え書きが複数あった。そういう年齢だよね。

 どうかこれから、母に対して大らかな気持ちで接する事ができますように。

|

2011年1月 2日 (日)

あけましておめでとうございます

 2011年が始まりました。

 今年はどんな事があるんだろう?

 今年の最後に何を思うんだろう?

 どうか穏やかで平和な一年でありますように。

 ここを読んでくださってる皆さまにとっても 幸多き一年になりますように。

Image142_2

 

 写真は、毎年恒例、暮れにばら園から届けてもらう薔薇を贅沢に使ってアレンジする正月花。(自分ち・義母宅・実家用)

 ちなみにキッチンで活けます。流し台の中に大きなバケツを置いて ドサッと入れた薔薇を水切りする。

 台所はすんごい事になります。

 本年もどうぞよろしくお願いいたします。

|

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »