« ご長寿クイズ | トップページ | 自称「車椅子テクニシャン」だったけど… »

2011年2月 6日 (日)

好感度アップ☆

 気に入ってるうどん屋さんがある。

 今日は投票へ行く前に お昼をそこで食べる事にした。

 夫は定食(から揚げとご飯とうどん) 私はかき揚げうどん。

 一口食べて…ん? 二口食べても…んん? まぜまぜして食べても…んんん?

 夫を見ると 夫もんんん?の顔。

「変だよね。味しないよね」

「どうする?」

 ここのうどん屋さん 美味しいから好きだったのに、これを食べて帰るのは つまんない。

 思い切って店員さんを そっと呼んだ。

「いつもと味が違うような気がするんですけど…」

!!!「申し訳ありません。ちょっと下げさせていただいていいですか?」

 もしかすると私たちの口がおかしいのかもしれない…難癖つけたと思われたらいやだな…。

 すぐに店員さんが戻って来て「申し訳ありませんでした。作り直します」と。

 そして出来上がったうどんは いつもの美味しいうどんでした^^

「申し訳ありませんでした。かえしを3杯入れるところを2杯しか入れてませんでした」

 説明もされたので 私たちの味覚がおかしかったわけではないと胸をなでおろす。

 美味しく食べていると、店主さんらしき男性が

「いつも来ていただいているので 良かったらこれ召しあがってみてください」と わらび餅のパックを差し出した。

 レジの横に 野菜や卵などが並んでいて、その中にあったわらび餅…帰りに買って行こうかなって思ってたんだ^^

 遠慮なくいただきました。(帰宅後 さっそく食べたらおいしかった~~~!)

 お金を払う時、またもお詫びを言われるので

「こちらこそ失礼かな…と思ったんですが、いつも美味しかったから…」

「いいえ、言っていただいて良かったです」

 こうして気持ち良く店を出ました。

 前から美味しいし、店も綺麗で好きだったんだけど、今回の事で お店の人達の好感度もアップしました。

 実は私、人生の中で『味の無い麺』を食べたのが3回目。

 最初は自動車学校に通ってる時、車校の横のうどん屋さん。ちょくちょく行ってたある日、いつもと明らかに違う味の五目ラーメンだった。

 底の方に味が沈んでるのかも…とかき回しても変わらず、若い私は店員さんに言う事もできず、具の味だけで食べ終えてお金を払って出て来た。 

 2回目は、割と最近。

 私は天丼か何かを注文し、夫がうどんを食べ、最後の方に「ちょっとだけちょうだい」と交換したら…味がしない!

「これ味しなくない?」

「うん」

 でも もう半分以上 夫は食べちゃってる。

 もし厨房で何か異変があったのなら、次のお客さんへの影響もあるから教えてあげた方がいいと考えて、お金を払った後で「味がちょっと変でした。あのテーブルです。確かめてみてください」と耳打ちして帰った。(その後 どうしたかは知らない)

 今日の経験で「かえしの量が不足してたんだね。そして、こういう事はたまにあるんだ」ってわかった^^

 でも…今日ももし食べたのが夫だけだったら、あのまま我慢して食べちゃうんだろうね。

|

« ご長寿クイズ | トップページ | 自称「車椅子テクニシャン」だったけど… »

おばさんの独り言」カテゴリの記事