« わたせせいぞうさんに泣かされた | トップページ | 小さな春の輝き »

2011年2月18日 (金)

「手術するする」と言ってたけれど…汗

 結論から言います。

 まだしなくていいんですって~~!

 とっくに覚悟はできてるつもりだったのに、ゆうべ何だか急に怖くなった。

 診察なんて痛くも痒くもないのに、それさえ不安な感じ。

 でも、今朝はお天気も良くなったので、レントゲンを撮りやすい服装で出かけました。

 レントゲンを見たT先生

「軟骨の隙間もまだ十分あるし、手術してもいいけど、今するのは もったいない」

 えええええ~~~~! そうなんですかぁ!

 私、自分の都合を優先させて「できれば この辺りで…」って目星つけた期間をメモしてきたのに。

「形もまだいいし…真ん中辺りは壊死してるのかもしれないね」

 診察台に仰向けになって、左股関節をいろんな角度に曲げて

「こっちに曲げるのと、あっちに曲げるのとでは どっちが痛い?」

「こっちです」

「こうするのと ああするのとでは、どっちが痛い?」

「こうすると痛いです」

「これは痛い?」

「あまり痛くありません」

「これは?」

「痛いです」

 これでいろんな事がわかるんだよね。

 結局、H先生と同じ見立てでした…。そっか…真ん中は体重がかからないから壊死してても大丈夫なんだ…。

 ついでに正面からのレントゲンを見て

「右の人工関節も骨折のプレートも いいですねぇ! 抜釘はしない方がいいでしょう。外国はしません」

 私、右太ももが時々痛くなるのは、プレートのせいで、それを取れば大丈夫なのかと思ってたの。

 そっかぁ…私の場合は、抜いた釘の穴(たくさんある)から骨折する可能性があるわけだ。

「男性なら、このままもつ人は多いです。女性としても よくもってる方ですよ」

 そうなんだ~~~! 紫外線を浴びず、運動をせず、歩きもせず、ひたすら骨に悪い生活を送って来たのに、思ったより私の骨、頑張ってたらしい。

 そして『骨を作る薬』の服用をする事になった。(起床後服用し、その後30分間は食事も横になる事もダメなヤツ)

 効果がでるのは2ヶ月先。

「痛みは、これで改善されるかもしれません。薬が飲めなかったり、何かあったら来てください。何もなければ次の診察は2ヶ月後」との事でした。

 処方箋コーナーのT嬢に「手術しなくていいんだって~」と報告。

「あら、なに?そのあまり嬉しそうじゃない顔は」

 やっぱりぃ~? 

 手術さえすれば またしばらくステッキも無しで歩けるって思ってたから。

 秋にはステッキ無しでサッカー観戦!って。

 友達とのランチやお茶も、私から出掛ける事もできる!って。

 でも…もしかしたら薬で手術回避できるんだもんね!

 やっぱり手術は怖い。術後も大変だし。

 とりあえず今回は回避できたって事で…汗。

 またもや「お騒がせ」して申し訳ありません。

 あれだけ「するする」と言いまくってたから、なんか恥ずかしいよ。

|

« わたせせいぞうさんに泣かされた | トップページ | 小さな春の輝き »

病気(SLE・骨頭壊死など)」カテゴリの記事