« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月30日 (土)

第8節 サンフレッチェ広島 対 ジュビロ磐田

4月29日 金曜日

【広島 対 磐田】 ヤマハスタジアム (瑞穂に行っていた!)

  soccer1対1 
  soccerゴール…チュン君

 静岡なら夫の運転で行ける範囲なんだけど、この季節は私にとっての鬼門。

 長時間のドライブはダメージが大きいし、GW突入で渋滞も予想される。

 涙をのんで磐田・清水戦の2試合はスカパー観戦する事にした。

 …で、昨日はスカパー観戦もならず。

 瑞穂陸上競技場での名古屋対川崎を観戦です。

 心ここにあらずなので、勝敗も試合内容もどうでもいいんだけどね…。偽りの赤いレプユニを着て…それも『まっきゆうき(巻佑樹レンタル中)』で…汗。

 今回も、車椅子で別の入り口から入場して「誰かに会わないかな~」ときょろきょろしてたら…うひひ、廊下で水沼さんを見つけた!

 誰かとお話されてたので声はかけなかったけど、しっかり見た! そしてその瞬間の私は口をぽか~んと開いていた。

 グラン巻きは4つ買った。

 豊田スタジアムでは300円だったような気がするんだけど…250円だった。そして なんかちょっと小さいような気がした。(あくまでも個人の感想です)

Image227

 高校2年の時、同じクラスで、一緒に遊ぶグループでは無かったけど 30代の頃のクラス会で再会して年賀状のやりとりをしてるRちゃんがいる。

 その年賀状の中でお互いにサッカー観戦してる事がわかり、昨日は初めてスタジアムで対面する事に。

 例のごとく 一度座ったら終了まで動かない私の為に探してもらう。

「ゆうちゃぁ~ん!」「Rちゃぁ~ん!」

 52歳が『ちゃん付け』で手を握り合う美しい光景を見せられた周りの皆様 ごめんなさい。

 Rちゃんもシーズンチケットなので「席もわかったし、これから毎回ゆうちゃんとこへ来るわね」と。

 次回7日は、Tも夫君と観戦するので ミニミニ同窓会だわ。

 前の列には小学生の男の子3人。ジャージ姿のいかにもサッカー少年。

 名古屋チャントに手振りもつけて参加してるの可愛かった~♪

 小学生くらいの子って選手の事を呼び捨てしないのね。必ず「○○選手ぅ~~~!」って言うの。相手は大人だから呼び捨てしてはいけないって思うんでしょうね。ほんと可愛い。

 左後ろには幼稚園児くらいのお兄ちゃんと幼児の弟。このお兄ちゃんが声を上げるタイミングが大人と一緒で(笑) 弟はきっとお兄ちゃんの真似をしてるだけだろうけど、同じタイミングで「アァ~」「キィ~」と言うのが これまた面白可愛くて(涙笑)

 でも右後ろにはうるさいおじさん(多分私より若い)が居て、気に入らないプレーにいちいち「おぅい!」とよく通る声を出す。「戻れ戻れ!」「サイドサイド! そぉう!」

 その隣には若いお嬢ちゃんが二人で「○○がさ~こう言ってああ言って」「△△は こうでさ、ああでさ」って、ずっと関係無い話をしてて、何をしに来たんじゃ!(と上の空の私がつぶやいてみる)

 携帯速報を見たかったけど、私の携帯の文字は「特大」3列後ろからでも見える。おばさんの携帯なんで誰ものぞき見しようと思わないだろうけど あまりの文字の大きさに

「な・な・なんだ!? あれは?」って思わず二度見されそうなのよね。で、ハーフタイムまで開けなかった。

 試合中は一応 名古屋チャントに合わせて手拍子しつつ「今頃、寿人はどうやって走ってるかな」「どうかゴールさせて」と赤と水色のピッチに幻を見てた。

 名古屋の試合は玉田が復帰2ゴール。うぅぅ…。やっぱり力があるんだね。

 もし寿人を好きになってなかったら、私はきっと名古屋を心から応援して、玉田が大好きだったと思う。だってハンサムだもん♪

 でも寿人を好きになった今は、玉田はライバル(って私だけが思っている)

 どうかどうか寿人もゴールを…!

 祈りむなしく、試合終了後、急いで携帯サイトを見ると…引き分けでチュン君のゴールだけでした。

 寿人ゴールがあれば帰宅してから録画を見るだろうけど、ゆうべはフィギアスケートも見なくちゃいけないし。

 アフターゲームショーの途中(チュン君が倒されてPKとるとこから)しか見られなかった。

 チュン君は何か持ってるね。動きがなんか可愛いんだよね。プレー中は足が長くてスピードがあってかっちょいいんだけど、何かの拍子に なんか可愛い動きが出る。

 そういうとこが柏時代から好きだったんだよね。

 そして広島のセカンドユニ初披露。

 テレビ画面では朱色じゃなくピンクに見えた。これはやっぱり私が着なくちゃ!

 新ユニの紫の方も 今までのいかにもスポーツ着ってデザインじゃなくて 私は気に入ってるの。でも…あのピンク色も着たいよ!

 まだピンク色寿人を見てません。

 今日もお出かけなので、録画観賞は明日だわ。

 

 

|

2011年4月29日 (金)

初めてのシーズンチケット使用

 去年、地元名古屋グランパスが優勝した事で、夫は嬉しくなってしまって、今年は名古屋のシーズンチケットを購入した。

 3月のリーグ開幕戦は、広島ホーム開幕戦と重なったので、躊躇無く広島へ。(なのに寿人はインフルエンザで欠場って…)

 名古屋戦のチケットは友達親子に行ってもらった。

 その後もACL関連の試合は平日の夜ばかりで、シーズンチケット購入時の勢いはどこへやら「平日は無理」と夫。

 その上、東日本大震災の影響でリーグ戦の日程が変更になり、土日だったものが平日に…。

 広島戦だけは土曜日でよかったけど、名古屋ホーム寄りで観るわけにはいかないから、その日だけは別にアウェイ側指定席を購入した。

 試合の度にシーズンチケットを譲る人を探す。

 来年はもう買わないぞ。本当に行きたい試合だけ、ちょっと贅沢してカテゴリー2くらいを買ってもシーズンチケットよりは安い。

 そして今夜 やっと!シーズンチケットを初めて使うのです。

 でもね…同じ時間帯に広島対磐田の試合もあるのよ。

 私はもともと名古屋の試合には何の執着も無い。

 今夜はそれに加えて 広島の試合が気になって仕方ないだろうね。

 携帯速報に集中だわ。

 偽りの赤いレプユニを着てるけど、抜け殻でスタンドに座ってることでしょう。

 そして今、仙台が浦和に勝利しました!!

 川崎・浦和と撃破しちゃうなんて…ベガルタ仙台 すごいぞ~~~!!

 きっと多くのサポーターさん達は「自分のチームは別だけど」 仙台勝て!って思ってるだろうね。

 広島は震災前にホームで一戦してるからね^^

|

2011年4月28日 (木)

自称 優良患者だけど…^^

 今日は定期診察。

 先々週、気温が急に高くなった頃、体がだるく、プレドニンを2錠に増やした事と、左胸が痛む事を報告した。

 するとW先生が「左胸が痛い? 嫌な事を言うなぁ(笑)」

 一番痛い時は過ぎて、最近はほとんど痛くない。ネットで調べた結果、ストレスからくるんだろうと自己診断して、今日は『報告程度』のつもりだった。

 予想外の先生の反応に驚く。

 W先生は、私が『きっとどこか悪いに違いない』と心配しつつ報告すると

「大したことない。しばらく様子を見よう」とおっしゃる事が多々ある。

 そしてそういう時は必ず 本当に何事もなく症状は消失する。

 その先生が「嫌な事」って…。

 ベテラン医師のデータに 何か引っかかったんでしょうね。

「去年の5月9日だったしなぁ…(救急外来で入院)心電図と胸のレントゲン撮っておくか」

「え~? 大丈夫です。今はほとんど痛くないし…しばらく様子見ます」…言いきった。

「今日は検査やりたくないか^^」

「はい^^」 またも言いきった。

 これはもう優良患者と名乗ってはいけないかな。

 そんな我儘を押し通して私がその後したのは…

 お昼休憩のT嬢と一緒にご飯を食べる事(笑

「昨日、母と喧嘩した~」と 愚痴報告。

 抹茶プリンをご馳走になってご機嫌。

 休憩を終えたT嬢と一緒にエレベーターに乗ると、途中で乗り込んできたおば様が、私達に向かって

「姉妹?」

 お互いに顔を見合わせてもごもごしてると おば様は重ねて

「双子?」

『モデルさんみたい』と言われるT嬢と双子に見られた私は「ありがとうございます」だけど、否定してエレベーターを降りた。

「姉妹って…どっちが姉? どうせ私でしょ」とT嬢。 …T嬢の戸惑いはそれか。

「私が車椅子に乗ってなかったら、絶対に姉妹に見えなかったよ」

 だって~ すらりモデル体型のT嬢と 超ちっこい私ですから。

 車椅子に乗ってると 私大きく見えるのよ(座高が高く顔が大きいから)

 今日はT嬢の真似をして、こてで巻いてベルばらみたいなヘアスタイルにしてたの。それで似て見えたんだろうね^^ ちょっと嬉しい♪

 さてW先生を押し切った手前、次の診察日まで元気でいなくちゃね。

「さすが自分の体はよくわかっとるな」って先生を感心させなくちゃ。

|

2011年4月27日 (水)

私も張りきって行ったけど…

 昨日は なんだか嬉しい気持ちでデイサービス施設へ向かった。

 約束の捺印を終えると ケアマネIさんが

「お母様、今日もとっても楽しそうにしてらっしゃいますよ。他の利用者さんの事を気遣ったりして、それがまたお相手の方にも良い刺激を与えてるみたいです」と話してくれた。

 よかった~^^ ほぼ予想通り。

 喫茶コーナーのコーヒーチケットを購入しておこうと行ってみたら、そこに母が居た。

「ゆうこ~ どうして来たの?」 昨日も今日も『午後 顔出すよ』って言ったのに~(でも ここはまだ微笑ましかった)

 そして周りの人に私の髪をなでながら「娘です」って紹介しまくり。

 その中にはN君のお母さんも居て…この前 会ってるんだけど(苦笑)

「じゃあ 私は ゆうこと帰るね」

「違うよ。ここの人が送ってくれるんだよ。それにまだ帰る時刻じゃないよ」

「送ってもらえるの? 悪いねぇ」

 そこへ、母の担当のI君(今風のかっちょいいお兄ちゃん)が、足の悪いご婦人の手を引いて登場。

「花桃母さんも 一緒に散歩されますか?」

「行っておいでよ。私は先に家に行ってるからね」

すると母は「お母さん、どうしてここに来てるのか よくわからないんだわ。皆さん 親切だし、ご飯も美味しいから楽しいんだけど」

 ん~~~「ここは デイサービスだよ。お年寄りの学校みたいなもの。給食食べたり、お手伝いしたり、入浴したり、勉強したりしたでしょ?」

 わかったようなわからないような顔をしたものの、次の瞬間にはI君と手を繋いで にこにこ顔で歩いていきました。

 若い可愛い男の子が好きなのは昔から(ここも親子で同じ…汗)

 職員さん達に挨拶をして、先に実家へ行く。

 母が戻ってくる前に、春物衣服を出したり、持ってきたおかずを器に移したりする。

 そこで…

 以前、私が作った7マス3列の薬入れ箱。

Image219

 火曜日まで無くなってなきゃいけないのに、日・月・火と3日分も残ってる…。

 冷蔵庫には、半月前に持ってきたハヤシライスが スプーンでひと匙すくった形で入ってた…。

 春物のブラウス、以前、母は おしゃれで上質なブラウスをたくさん持ってたのに、一枚も見当たらない。どうしたんだろう? 誰かにあげちゃったのかなぁ? 私がもう少し年取ったら着るつもりだったのにな…。まさか捨てた?

 いろんなモヤモヤが沸き起こってくる。

 母が帰宅。

★コーヒーチケットを買って店に置いてあるから、次からはお金は持たないで行っていい。

★財布が要らないから、タオル類を入れた手提げふくろにチェーンで取り付けたポーチに鍵を入れて行く。よってバッグは持たなくていい。

 これは私が 母が便利なようにと考えたんだけど、母には慣れたバッグとタオル類の手提げ袋2つを持って行くのは面倒では無いらしい。

 チケットの事はきっと忘れるから、施設との連絡帳にその旨を書いておく。

「お母さん、薬はちゃんと曜日を確認して毎日飲んでよ」

「ちゃんと飲んでるよ」

「でも3日分 残ってるよ」

「そんなはずないけどねぇ…毎日 飲んでるもん」

「曜日を確認すれば 今日飲んだかどうかわかるでしょ」

「曜日はこだわらないで 左から順番にのんでるよ」

 うぅぅ…曜日の感覚が曖昧なんだよね。これは仕事してない人には ありがちだけど。

 母は カレンダーや新聞と突き合わせて確認するって事が もう無理になってるんだね。

 手作り薬箱が功を成さないとすると、どうすりゃいいの?

 

 次のデイサービス・次の私の訪問・母の誕生日のお出かけをカレンダーに書き込んでから母に伝える。

「え!? また行けるの?! 嬉しい~!また迎えに来てくれるのかしら?」

『毎週火曜・水曜に送迎してくれる』って もう何十回言ったやら…苦笑。

 もしかして、私が先回りし過ぎるからダメなのかな。

 子育て中、親の理想を子供に押し付けて、自分の思い通りにならなくて落胆したり怒ったりするのと同じ事をしてるのかもしれない。

 そこまで手出し口出ししなくても、ちゃんと子供は自分で考えて、たまに失敗もしつつ成長していくんだよね。

 子育て経験の無い私には、その辺りがわからない。

 母に失敗させたくない。私も尻拭いの手間が増えるし(結局、ここか)

 昨日も帰りの車内では、ちょっと気がふさいだけど、先週みたいに泣く程ではなかった。

 デイサービスでの晴れやかな母を見て、職員さんと一緒に会話することで、私も癒されるんだろうね。

|

2011年4月26日 (火)

いい調子♪

 昨日、公文の教室から帰宅すると、母の留守電がはいっていた。

 母は昔から留守電は上手に話し、今もそれは衰えてない。難聴なのに、私の留守電応答メッセージはちゃんと聞こえてるんだよね。

「ゆうこ~お帰り~。今日は塾だったねぇ」 お! ちゃんとわかってるじゃん^^

「お母さんは、明日 デイサービスです」 おぉ! それもわかってるんだ。すごいすごい 今日はねじがキッチリ締まってるぞ^^

「お母さんね、デイサービス とっても楽しみにしてるの。ゆうこが手配してくれたお陰です。本当にありがとうね」 うんうん^^ 私達 母娘は お互いを称え合うおめでたい親子なのです。

 『ゆうこに面倒な事を次から次へ押しつけられる』と 悪者にされてたはずだけど…笑。

「ゆうこが用意してくれたバスタオルやタオルを入れた袋を持って行けばいいよね?」

 そうそう! 完璧じゃん! すっかり昔のお母さんじゃん♪

 ところが…笑。

「550円は持って行かないといけないね?」 来たーーーーーっ。

 もうこの件については、10回以上は説明してる(苦笑)

 最初の「お試し」だけ食事代(おやつ代含む)550円を持って行ったけれど、これからはまとめて請求だから、お金は持って行かなくてもいい。

 ★でも喫茶コーナーでお茶したければ、500円くらい持ってるといいよ。

 これが混乱を招くかもと思って、★は毎回は言ってないんだ。

 最初の『550円』って金額も忘れてないんだよね。不思議な脳回路だ。

 で、すぐに電話して、お金はいらないと何度目かの説明をすると…

「まあ!お金いらないの!? それであんなご馳走食べさせてくれて、あれこれお世話してくれるの? まぁ…(感激のため息)」

「まとめて請求なんだよ」 

「ほんとぉ~ 助かるねぇ~」 ん~~利用料は、私が思ってたよりは高かったから、通帳を見てまたビックリしないでよ。

 とにかく、母がデイサービスを楽しみにしてくれてて、それが生活の張りになりつつあるから 私も嬉しい。

 脳のMRも血流も 左側は問題無かったところから、もしかしたら老人性鬱だったのかもしれない…と かすかな期待も芽生えてきた。

 この前、友達が「お義母さんが意欲を無くし、顔付きまで変わってしまって『これはいよいよ認知症か』と慌てたけれど、その後の働きかけで回復して、以前と変わらない状態に戻った」と話してくれたのに該当するかもしれない。

 さて、今日はまた 私もデイサービスに行ってきます。

 この前の手続きの際、向こうの書類の不備で、私の印鑑がまた必要になったの…うぅ。

 捺印ついでに 張りきってお手伝いをしてるであろう母を見て来ます。

|

2011年4月25日 (月)

第7節 サンフレッチェ広島 対 ガンバ大阪

4月24日 日曜日

【広島 対 G大阪】 ビッグアーチ(スカパー観戦)

  soccer4対1 広島勝利
  soccerゴール…チュン・浩司・ミキッチ・寿人shine

 23日、土曜日は街宣から帰宅すると、スカパー観戦していた夫が

「仙台 逆転勝ちしたよ」と。

 私は逆転勝ちに すっごく憧れる。すごい力を感じる。

 土曜夜のニュースでも 日曜の朝刊でも、仙台勝利は別枠での扱い。

 仙台サポーターさんの中には被災し、家族を亡くされた人もいるでしょう。

 それでも…試合中90分間はプレーに集中し、力いっぱい応援し、辛いことを忘れていられたんではないかしら。

 もちろんサッカーを見て嬉しかったからって、現状は何も変わっていない。

 けれど、ずっと苦しい気持ちでいる中で ほんの数十分、別の事を考えられたというのは、心の回復を助けてくれたと思う。

 そして勝利。逆転勝利。どれだけ勇気づけられたか。

 サッカーに関心の無い人には これも関係無い事でしょうけれど、少なくともサッカーファンの人達にプラスの影響を与えた。

 夫が仙台の試合をわざわざ見たのだって、自分の好きな名古屋や広島の対戦相手であるベガルタ仙台が気になるから、ベガルタ仙台を応援したいから。

 さて、そんな感動の一夜が明けて、今度は広島の試合。

 寿人にとっては事実上の開幕戦。

 広島サポーターも ♪ベぇガぁルぅタ せぇんだぁ~い GO! 行くぞ せぇんだぁ~い♪ って歌ったのかな。

 スカパーでは その場面は放送されなかった。 

 …などと思ってたら チュン君が決めた! 早っ!!

 車に乗り込んでシートベルト締めるより先って感じよ。

 選手たちはベンチに向かって並び ザキさんのお子さん誕生を祝ってゆりかご。

(ザキさん 結婚してたのね…知らなかった)

 続いて弓矢パフォーマンス。一列に並んでやるのもいい感じ。

 槙野のバク転からの豪快で美しい弓矢パフォ 好きだったな…遠い目。

 浩司のCKを寿人が頭で逸らしてシュートはサイドネット。

 あ~。浩司と寿人で得点したかったな。

 その浩司が次はFKからゴール!

 リプレイでは、壁の中に立った寿人が少し屈んだ穴を狙ったように私には見えた。

 二人の間でそういう約束があったのかな。

 浩司が元気にプレーしてくれてるだけでも嬉しいのに、こうして浩司らしいゴールを決めてくれると なおさら嬉しい☆

 注目されてる洋次郎もいい! アオちゃんもいいじゃん! ミキッチいいじゃん!!

 サッカー無知の私には、技術なんてわからない。

 ただひたすらにボールを追い、体を張り、いいパスを出すと「いい!」って思っちゃう。

 なんか今日の広島は、すごくいい。

 でも…寿人のシュートだけが決まらないのよ。

 チャンスはある。

 抜け出した寿人が打ったボールはゴール上。

 良太からのパスを打ったのは GK弾く。

 うぅぅ。 でもね、この時点では、まだ「寿人がたくさん打ってくれるのが楽しい」

 3点目は、ゴール前で寿人と中澤聡太が絡み合って転げてるところを斜めからミキッチが走りこんで来て…決まったーーーーー!! ミキッチぃ~~~~~♪

 その後も、寿人は自陣深くまで戻って守備をする。

 画面外から超スピードで突如現れる寿人は牛若丸みたいだった。

 

 後半開始。

 寿人がボールを奪いドリブルでゴールに向かう。GKと1対1。

「行けっ!!」 ね、私が力むと…ね。

 どうなったのかさえ見えなかったけど、GKの足に当たったらしい。うー興奮した。

 この辺りから、解説者と実況が「このまま勝つとガンバには10年ぶりの勝利…」とかって言いだす。

 だめーーーーっ。まだ勝った気になっちゃだめーーーー!

 寿人開幕でもあるんだから、ここは寿人にも絶対に決めてもらわないと。

 寿人→洋次郎→飛び込むチュン。 すごく速くてかっちょいいコンビネーション。

 うぅ~~でも 寿人がちっとも決められないよぉ。

 CKから寿人のヘディングシュートも弾かれる。

 今日の寿人は いつもに増して献身的に走り回っている(ように私には見える)だから神様、どうか寿人に決めさせて。

 とうとうその時は来た。

 ムジリからのパスを寿人が左側からシュート! ポストに当たったボールは内側へ。

 あーーーよかったぁ~~~~~っ!

 チュン君がおとりになってたのかな?3人のゴールなんだね。

 寿人・チュン・ムジリが肩を組んでサポーターの方へ。

 周作は黒いユニフォームが精悍で似合う。安心して見ていられる。

 サッカー無知の私でも ゴール前に攻め込まれるとひやひやハラハラして「ちょちょちょ~」って叫ぶんだけど、周作が守ってると そういう叫びはほとんど無い。

 そしてまた寿人が抜け出す! 寿人の真骨頂。

「あーーちゃちゃちゃ! 寿人ぉーーー きゃーーー!」

…ね、私が力むと…ね。ボールはゴール右へ。飛び込んできたチュン君も間に合わず。ごめんね。

 それにしても 寿人とチュン君のコンビネーションは、どんどんいやらしさを増してきてる気がする。

 寿人を抑え込んだと思ったらチュンが来たーーー! って事が どんどん増えてる。

 ここで寿人は交代。

 カズにキャプテンマークを渡して、頭をぽんぽんされてた。

 カズと浩司はフル出場だ。よく頑張った!

 どうかこのまま無失点で終われ~~~! 

 ってね、私が力むとね…ほら。

 ちぃ…CKから失点。

 アディショナルタイムは3分。早く終わって…と願っていたら、カズがドリブルで上がる。

おぉ!そーれそれそれ! 浩司が受けてシュート!これも決めさせたかった~。

 ナカジがあの細い体を張って、ごついアドリアーノを止める。

 なんだか、もう…みんなの必死さが この私にも見える。

 そして終了。

 やったーーーーーっ!! 

 やっぱりバカ親なので、寿人のゴールのある勝利は特別に嬉しい。

 ヒーローインタビューは 寿人とチュン君。

「チュンが得点王になってくれると思うんで」と寿人。

 え!? そうなの? 寿人がそう願うなら、私はいいよ。

「チュンと良いコンビネーションができてきている」とも。

 うんうん。昔、ウエズレイが寿人を盛りたててくれたように、今度は寿人が若いチュン君をサポートする番だね。

 二人で相手チームを翻弄してゴール量産してもらいましょう。

 インタビューを終えてスタンドへ向かう二人は、手振りを交えてずっと会話してた。

「あそこで僕がこう行ったけど、今度はこうしてみようか」

「じゃあ、俺は次はこう行きますね」って感じかな。

 久しぶりの劇場には、ムジリも登場。良太が仕切り^^ 

 寿人だけひよこのかぶり物だったのは可愛い♪(バカ親なんで…汗) ノリも頑張れ。

 劇場要員から ピッチでも重要なポジションを担って。

 大差で勝利って本当に気持ちいい。

 今週は先週に続き 市役所音訳ボランティアから始まるハードさだけど、今日はご機嫌で午前の仕事を終えることができました♪

 

|

2011年4月23日 (土)

うぐいす嬢 葛藤する

 4年ぶりの選挙カーうぐいす嬢 無事に終えました。

 これをやって3回目。

 毎回思うんだけど…。

 候補者の名前を連呼…だけならまだいいけど、喚き散らす選挙カーって迷惑なだけで

「○○候補の選挙カー 頑張ってるな。○○さんに投票しよう!」って思ってくれる人は皆無ではなかろうか?

 私が選挙カーの街宣を聞いて「あ…」と気持ちをひかれるのは、やっぱり穏やかに綺麗な声と発音で、内容がちゃんと伝わってくるもの。

 時に「あ…これは、何かちゃんと習ってる人だな」って 別の興味をそそられることもある。

 私も一応 朗読を習ってる者として『正しい発音アクセントで、聞いている人に内容が伝わる街宣を』と心がけている。

「○○をよろしくお願い申し上げます」と言っていると、本当に『どうかお願いします!』って気持ちがどんどん高まってくる。

 それでも…「○○を最後の最後までっ!なにとぞ!なにとぞっ!よろしくお願い申し上げますっ!!」って金切り声をはりあげるのは、私の美学に反する。

 『お地元の皆様』って言い回しも、どうしても言いたくない。なんか変で…。

 お願いに対して 時々、手を振って応えてくださる方があって、そういう時は

「お手を振ってのご声援ありがとうございます」と言うのが、先輩方から自然に伝わったやり方。

 でも…『声援じゃないよね…』と思う私は、それも言いたくない。

 『厳しい選挙戦です。○○は今日も頑張っておりますっ!』…って、街宣で頑張ったって市民は何も嬉しくないよ。勝手に大声張り上げてるだけじゃん…。

 こういう拘りが強い私は、渡された原稿内で、どうしても言いたくないフレーズは言わないで、自分の言葉で街宣する。

 選挙カー街宣にかけては、プロのようなお姉さまもいらして、そういう方と一緒に乗った時は、それに倣ってやらなきゃいけないような感じ…これが辛い。

 今日、最終日は、その典型とも思えるようなお姉さまと一緒だった。

 それはそれはすごい迫力。無声映画の弁士のような言い回しと発声で、がんがんいく。

 うぅ…果たしてこれを聞いた人達は「よく頑張ってるな」って思ってくれるんだろうか?

 時にその場にぴったりなアドリブで ふふっと笑いを誘ってくれたりする技術は尊敬の一言なんだけどね。

 候補者さんや選対本部のおじ様達は、こういう迫力のある方がお好みなのかもしれない。

 最終日の今日は「8時までできます」と言ってあったけど、私は6時で終わりだった。

『最後の最後のお願いにあがりましたっ!!』は、花桃では物足りないとの評価なんでしょうね。

 それでも一部のおじ様には うけが良いらしい。

 上手に煽ててもらって、毎回気分良くやらせてもらってます。

 そして今回は 夜間が1回。曇天が1回。今日は雨降りで、紫外線が天敵の私には最適な状況。

 雨の中 窓を開けて半身濡れながら(片側だけカールはとれる、化粧もとれる)もきついけど、紫外線浴びっぱなしとは比べ物にならないほど楽。

 …でも 6時に帰宅したら、先ほどまでベテランお姉さまになるべく合わせて声を張ってきたせいか、頭の中が酸欠気味。

 お姉さまは私の3倍の声量と迫力で、午後からずっと乗りっぱなしなのに、ずっとパワフルだわ。

 8時間近になって、あちこちの街宣車が「○○を!」「○○でございます!」と喚き散らして走り回っているのが聞こえた。

 明日は投票日。

 明日の今頃、選挙事務所をベランダから見て、一緒に万歳できますように。

|

2011年4月22日 (金)

続・ゆうべは責めたけど

 昨日はゆっくりしたので、夜も今までで一番 体が楽だった。

 プレドニン2錠の効果もあるのかもね。

 で、またいろいろ考えたし、昨日の日記の補足をしたくなった。

 20日 水曜日、医者の領収証を発見できないまま帰宅したら、家の留守電に

「財布の中にあった」と母の声が入ってた。

 ちゃんとあれから探したんだね…。

 そして…最初に私は 母の財布の中も見たんだから、そこで見つけられなかった私にも責任はある。

 そういえば、その財布の中に「S田先生、健康診断書」と 母のメモ書きが入っていた。

 月曜日の夜「水曜日に市民病院の帰りにデイサービスの手続きに行くけど、その時までに健康診断書をもらっておいてくれると助かるんだけど」と母に言ってみた。

 S医院に行けば貰えるばかりにしてあるから、母でもできると思って。

 でも 母はその時、きっと難しい事に感じたんだろうね。

「2万円いるから持って行ってね」と言った瞬間に

「どうして2万円もするの!? お母さん どこも悪くないのに、どうしてそんなにお金かかるの?!」

「デイサービスを利用する為に診断書が要るんだよ。この前 いろいろ検査したでしょう」

「そんなものがいるなら、デイサービスなんか行かない!」

 と怒りに変わってしまったので

「いいわ。私が水曜日に市民病院へ行く前に貰うから」と その場を収めた。

 …でも 母は その後で 正気に戻ったんだろうね。

 自分で貰っておこうと 財布にメモ書きを入れたんだろうね。

 やっぱり しっかり者の母なんだ。

 水曜日は 結局私一人で あれもこれもしなきゃいけないって 背負い込んでしまって辛くなったけど、私って本当に『動きたくない人』なんだね。

 同世代の友達は、20代からずっと 『子供が熱出した』『子供の幼稚園の支度』『子供の学校の工作の材料そろえる』『塾の送迎』って、たくさんの事を毎日こなしてきてる。

 子供が大勢いる子は、それに比例して、外出や予定の急な変更が しょっちゅうあっただろうね。

 でも だぁれも泣き言も愚痴も言わなかった。

 私は、そういう役目無しで、自分の事だけ考えて、52歳まで生きてきたんだもん。

 今からやっと 少しだけ皆に近づけるのかもしれない。

 

 水曜日、泣きそうになりながら帰ってきたけど、食料を買いに寄ったスーパーで、デイサービスで「持ってきてほしい」と言われたビニールポーチを購入した。

 それに可愛いシールを貼り、名前も書いた。

 母に可愛い物を持たせたいから。

 届けるのは来週になっちゃうけどね。

 ふふふ…初めて幼稚園に子供を出す時の親の気持ちに似てるかもね^^

|

2011年4月21日 (木)

ゆうべは責めたけど…

 今日のタイトル、ゆうべは「私がいけない」にするつもりだった。

 昨日はPCを開く時間も気力も無かった。

 一晩たって、今日は一日中家に居られるって事で、気持ちが楽になったせいか、タイトルも「ゆうべは責めたけど」に変更。

 

 昨日は、朝から母を迎えに行き、近所の整形外科で健康診断書(デイサービス施設へ提出用)を貰い、アリセプトを含む飲み薬をもらうのが最初の仕事。

 ドキドキしながら時計を見て、次は市民病院の神経内科へ。先週のMRIと脳血流検査の診断を受けに。

 移動の車内で 母は領収証を見て「どうして2万円もするの!」

 ん~~~もう何十回と説明したじゃん…。

 信号で止まった時に「健康診断書のお金だから2万円なんだよ」と後ろを向いて手を口に当てて叫ぶ。

 火曜日に友達に心を包まれて、昨日の私は この時点ではけっこういい調子だった。

 市民病院で待ってる間も母と他愛ない会話(私はノートテイクで)をし笑い、可愛い子どもを見つけては二人で喜び、昔の母と私に戻っていた。

 私には不慣れなこの病院のシステムも 案内の人に聞きながら、少しずつスムーズにいくようになってた。

「お母さん一人ではこんなとこ来られないわ。ゆうこが居てくれてよかった」

 うん、私でも迷うもん。きっと誰でもそうだよ。

 予約時刻になっても、担当医の順番パネルが進まないので、喫茶室でコーヒーとミニサンドイッチを頼む。

「美味しいね~!」と にこにこの母に 私も和む。

 予約時刻1時間半を過ぎてやっと呼ばれた。

 この前の先生の異動で、今回はかっちょいい若い男の先生。(30年前には考えられなかったわ。近頃の医師は男女とも見たくれがかっちょよすぎる)

 私のノートテイクを利用して、簡単なテスト。私が書いてきた母の様子も読んだ上で、写真の診断は…

「アルツハイマーですとは言いにくい」って。 えええええええ~~~!

 MRIは「右が少し痩せてるが 左側はそうでもない」

 脳血流も「左側はちゃんと十分あるでしょう」

 私の目にも それはわかった。

 すでにアリセプトを服用してると伝えると「それが効いてて 左側がこういう状態なのかもしれないけど…」

 で、経過観察となった。

 一応「やる気を出す薬」を3ヶ月分処方された。(これが後でまた問題になる)

「この前よりも良くなってる?」と母に聞かれ、う~~~ん。

 この説明は難しい。

 院外処方箋を貰い、受付の女性に車椅子駐車場である事を告げると 二人で相談して

「○○がいいでしょう」と決めてくれたんだけど…なんとそこはドライブスルーどころか駐車場も無く、要するに私が車椅子で道路を横断して行ける距離。

 幸い、駐車場のおじさんが誘導してくれたけど、車椅子テクニックに自信があっても、一般道を横切るのは慣れてないのよ。もちろん母は車内でちんまり待ってるし。

 診察を終えて、次はデイサービス施設へ正式手続きに行く約束。

 それまで少し時間があったので、ショッピングモールへ。

 ハンバーガーを食べたり、母が義母にプレゼントしたいと言い出してエプロンを選んだりと、ここでも優しい時間が流れた。

 そしてデイサービス施設へ着くと「ここは何の店?」と母。(苦笑)

 ケアマネのIさん(会うのは3回目)と 施設の責任者Aさんと手続きを始める。

 その最中も Iさん・Aさんは、母に何かと話しかけてくれて 母はご機嫌で自分語りを始める。

『どこから そんな話が出て来たの~~~!?』って事も たくさんあったけど、そういう状況には慣れっこのお二人なので、私も穏やかに聞き流せた。

 先週のお試しの時 担当してくれた若い男性職員さんが通りかかって声をかけてくれると、母は彼の手をぎゅーっと掴んで、二人で感動の再会。こういうとこは変わってないのよね。

 母の独演会の合間に、契約書の説明や署名捺印をしたけど、雑談が長くて5時近くに施設を出た。

 この頃から、私の心はとげとげしくなってくる。

 …夕方には家に居たかったのよ。

 今月は医療費がかなりかかったので、母の生活費を下ろしておこうと、ちゃんと通帳とカードも持ってきた私。(いいぞ私!と自画自賛してた)

 ATMでなぜか下ろせない。電話で行員さんが来てくれて操作してくれて

「暗証番号を3回間違えてるかもしれませんね」と確認に行ってくれて…ビンゴでした。

 なんでよ~!

 一昨年、私がカードを作ってから暗証番号を間違えて3回入れて、手続きをして再度新しい暗証番号とカードを入手したんだよ。カードを入れてある所には、暗証番号をメモにして入れてあったんだよ。

 去年、私が入院してから、ここでの引き出しはノータッチだったの。

 また手続きしなくちゃいけない。

 …ここで、私の限界が来た。

 実家に着くと、私は書類を整理し、飲み薬を1日分ごとに切り分けて チョコレートの箱(7マス3列)に入れ、夕飯用に持ってきたかつ丼を準備し…と いろいろしなくちゃいけない。

 なのに…医者の領収証と、介護認定証の入った封筒が見当たらない。

 母に聞いても「無いよ」

 介護施設において来たかもと電話する。探してくれて電話くれるのを待つ。待つ間にも、母の記録帳をつけたり、不要な書類を捨てたりする。

 母の次の予定を書いて、母に確認させ、目に着くところに貼りつける。

 この時 すでに頭がぐるぐる。

 時間がどんどん過ぎていく。

 施設から「こちらにもありませんでした」と電話。

 あ~、どこに入れたんだろう? 再び探す。

 そして!封筒は私が帰宅して 最初に介護関連のファイルに入れた事を思い出す。

 あぁ…私もこんなもんだ。まあ思い出しただけマシだけど。

 領収書は、母が後部座席で見てたのを知ってるので、車の中に落ちてるかもと見に行く。母の鞄の中も財布の中も見た。(これができるのは娘だからだよねぇ)

 そうやってあたふたしてる私を尻目に 母は「お腹すいちゃった~。ゆうこが作ってくれるおかずは いつも美味しいんだわ~」と。

 も~それどころじゃないわ(泣)

 結局6時過ぎても見つからず、領収書は無くてもいいわ…と諦めて帰宅する事に。

「え? もう帰っちゃうの? ご飯 食べないの?」

「うちで食べるのぉ!」(←聴こえないけど叫ぶ)

 外は風が強い。車の運転席側まで見送りに出てくる母(いつも大抵そう)の耳に口をつけて背中を抱いて

「風邪ひかないようにね」

「ありがとうね。今日もゆうこに1日中、世話かけちゃったねぇ」

 今日の母は 少しも困ったチャンじゃなかった。

 なのに帰りの車の中で、私は眉間にしわがより、口がとんがってる。

 計画してた夕飯の献立を作る気力がもう無くて、スーパーに寄りお惣菜を買う。

 帰宅して台所で荷物を広げてたら泣きたくなってきた。

 夫が帰宅して「今日はこうでさ~」と 一言 口にしたら泣けて来た。

 ぐひっ…ぐひっ…ずりぃ~ 肘をついて顔を覆って少しだけ泣いた。

 夫が黙って頭をぽんぽんしてくれた。

 30秒くらい泣いてから、お惣菜を器に移して並べ夕飯。

 淡々と「こうでさ、ああでさ」と詳細を報告。

「薬もちゃんと飲んでるって言うから信用してたのに、念のため この前1日分ごとの箱を作って入れておいたら、無くなってるはずなのにまだ残ってたしさぁ…」

 すると夫が「飲まなきゃ死んじゃうっていう薬じゃないんだから、もうそこは大雑把でいいんだよ。何事もきちんとしたいのは、君のいいところでもあるけど、悪いところでもあるよね」

 そうなんだよね!

 もうね…うちの夫、普段は余計な事は口にしない。私が言ってほしい事(料理がおいしいとか、その服が似合うとか)も言ってくれないから、もぉ~~~~!!(怒)って なる事が多いんだけど、その人がたまに言うアドバイスは的を射てるんだよね。

 そうじゃん。飲み忘れてても 特別 どうって事なかったんだもん。

 頭がいっぱいいっぱいになってたから、言われないと気付かないんだよね。

 「今日は母もおりこうだった。私もできる事はやった」これでいいじゃんね。

 「書類を取りに行くとか、車に乗せていくとか、平日昼間でも僕にできる事はするよ。仕事もなんとかなるし(夫の勤め先は実家の近く)」と夫が言ってくれるだけでも救われるし。

 じゃあお願いしよ! とはいかないのが 私の良い所でもあり、悪い所でもあるんだけど、自分できる限りはやって、それがダメな時は頼める人が居るってだけでも違うんだよね。

 ここんとこ毎晩、PL(すごくだるくて気持ち悪い時)かロキソニン(左胸が痛い。右足小指をぶつけて青くなってる)を服用して12時前には蒲団の中にいる。(でも夫が深夜1時に消灯する時は「おやすみ」をちゃんと言うの)

 それでも今日は久々のアヒル寝を5時間した。

 私にとって「魔」のゴールデンウイーク目前。乗り切らなきゃね。

 

 ちなみに、上記の「処方された薬で問題発生」は…院外で出された薬の効能書きを見たら『インフルエンザの予防・手足の震えをおさえる』とあり、やる気とは無関係に思えたのです。

 昨日 実家で気づき、母が飲まないように持って帰って来た。

 今日、病院へ問い合わせて「一般的にやる気を出させる目的で使ってる薬」と確認できた。

 でもね「飲んでおかしくなったら診てもらってください」って。

 一緒に住んで無いから、何かあってもわからないのよ…。

 こういう所も 薬に対して過敏(情報過多)になってるから気になるんだよね。

|

2011年4月19日 (火)

傾聴

 今日は、中学の友達 MちゃんとKとランチ。

「しんどそうだけど大丈夫なの?」と心配されるも、こういう時は元気なのよね。

 昨日から涼しいし、今日は肌寒いくらいだし、プレドニンは2錠に増やしてるし^^

 おしゃべりは、東日本大震災から、娘の事から、介護の事から…。

「私達もそういう年齢になったんだよね」

 離れて暮らす両親との時間を大切にしてるMちゃん。

 同居する義母の通院の付き添いを当たり前のようにしてるK。

 私が母にしてる事なんて、その何分の一にもならない。

 なのに しんどがってる私って…。

 でも二人は

 「わかるよ~! 自分の親だと そうなるのよ~」

 「花桃ひとりで それをやってるのは偉いよ~」

 救われる。

 「花桃のおばさんが そんな風に怒るなんて 想像できない。おばさんは いつも優しく笑ってるイメージ」

 昔の母を知っててくれるのも とってもありがたい。

 気やすさから、つい愚痴モードになってしまう私とKに対して、いつも毅然と暮らしてるMちゃんの口癖は

「優雅に水面をすべってるように見える白鳥は、水面下で脚をバタバタさせてるのよ」

 今日はそれは出なかったけど、老いて行く親の話に「そうだよねぇ…」とどんよりするKと私に

「それでもね、私達には また別の世界もあるんだから^^ 楽しく生きなくちゃ」

 そうだよね。震災で避難所生活を強いられて、身内や仕事を失って途方にくれてる人が大勢いるのに、こんな風にランチして 好き勝手な事を言い合える私達は幸せだと思わなきゃ罰があたる。

「愚痴は 内情をよく知ってる人に聞いてほしいものよね」とMちゃん。

 そうなんだ。

 母の事も、よく知ってる人達に聞いてもらって「わかるよ」って言ってもらって、私は救われる。

 二人と別れて、買い物して、夕飯の支度して、さあ、これから市議会議員候補のうぐいす嬢をやってきます!

 …ちょっと眠いです。

|

2011年4月18日 (月)

ちょっとしんどい

 4月に入って、気温が上昇し始めた頃は「コートを脱げて楽になったな~。おしゃれする気が起きるな~」って嬉しかった。

 母を連れて、長野の父方の親戚を訪ねようとも思っていた。

 ところが…!

 やっぱりこの季節は私にとって鬼門だったわ~!

 先週、久しぶりに一日中 家に居られた日、だらだらと過ごしたのに夕方には すごく体が重かった。

 夜のニュースで「気温24度。今年最高」と知って ああ、なるほどね。

 室内にいると それほど暑いって感じてないのに、体内のアンテナは感度がいいわ。

 先週から予定がいっぱい。

 それまで調子が良かった(普通の人の70%だけど、私のパワー全開)から、あれもしておこう、これをしなくちゃってのを どんどん詰め込んでた。

 母関係の事も少しずつ進められたのはよかったね。

 昨日は 早朝から貸し切りバスで静岡の総本山へ参詣に。

 もちろん車椅子持参。つば広帽子にサングラス、手袋。車椅子操作用に腕カバー、(お気に入りの服の袖がタイヤで汚れる)滑り止め付き軍手(長い下り坂を下りる時、これでブレーキをかけ続ける)。バスに車椅子を収納してもらう時ようのクッション。バス内で脚を冷やさないように膝かけ。薬服用の為の水。

 フル装備☆

 本山では、同じ末寺の若いお兄さんが車椅子担当で付いててくれる。

 でもね、人に押されるの怖いのよ~。

「長い上り坂の時だけお願いします」

 他のおじ様・おば様達が「見てる方が心配でハラハラしちゃうけど、花桃さん上手いね~」

 でしょ~!

 押してくれるお兄ちゃん達(時々、別の一人がサポートしてくれる)も 徐々に私のペースを掴んでくれたようで

 『これくらいの上り坂なら自分で行けるかな…ちょっと無理かな…』と躊躇するレベルでは

「押しますよ~」と声をかけてから押してくれる。

 高い桟を越える時は私は降りて、車椅子をかついでもらうんだけど、その時、装着してあるステッキをはずしてくれたのには感激した。

「ごめんね~ 重いの担がせて」

「いいえ、これ軽いですよね~」

 小さな段に差し掛かった時、お兄ちゃんとおじ様達が 私を載せたまま担ごうとしたので

「車椅子は軽いけど、私は重いです~!」

 Image213_2 ご開扉を終えると、車椅子の人は別の出入り口。私は付き添い無しで来てるので、自分のペースで そこのスロープを下る。

 

←ここを一人で走り抜けて来た。

 一番に出て来たから、誰も居ない広い回廊(少し下りになってた…よって行きはけっこうきつかった)を、さーーーーっと走り抜ける。これは本当に気持ちいいの。自転車だね。

 富士山が綺麗でしょ。

 散り始めた桜の下を走る時は、つば広帽子が邪魔して、見上げる事ができなかったけど。

 紫外線は困るけど、雨の車椅子よりはマシ。

 3時には下山。

 その頃から、私はどんどんしんどくなってきた。

 いつもなら、参詣を済ませると 私の中では、ただのバス旅行と化し、サービスエリアでお買い物するのが楽しみなんだけど、昨日はトイレに1回降りただけで、後はずっと車内に居た。

 チョコレートだけは家から持って行ってたけど、それすら2粒食べただけ。

 おば様達がくれるお菓子も食べる気がせず。

 横になりたい…2席だから、補助席も使えば横になれるんだけどな…でも ちょっと恥ずかしいな。

 世話役のおじ様やおば様が「花桃さん、大丈夫?」と 何度も声をかけてくれるけど、それは特別顔色が悪いからってわけじゃなく、いつもの事。

「ちょっとしんどいけど大丈夫です」と答えるしか無くて。

 6時近くに「どこ走ってるかわからないけど、まだ2時間かかると誰かが言ってたから、夕飯は外食してください」と夫にメールする。

 吐き気までいかなかったからよかった。

 帰りのバス内では いつも釣りバカ日誌のDVDをみせてくれる。一度だけインディジョーンズだったなぁ。

 昨日は寅さんだった。途中から けっこう入り込んで見てたから、大分 楽になってたんだね。ちなみに、寅さんっていいね! テレビの放送でも見ないけど、なんかすごくよかったわ。最初の方を見そびれたのが残念。

 少しずつ持ち直し、でもサービスエリアでは降りられないまま8時にお寺に到着。

「花桃さん、お迎えに来てもらえるの?」

「いいえ、自分で運転です」

「偉いねー!」「気をつけて帰ってよ」「車椅子 載せるよ」

 最後の最後まで見送られて帰って来た。

 夕飯を食べて無いから、何か食べないと、夜の薬が飲めない。

 いつもならサービスエリアでお弁当やお饅頭を買うのにな…。

「大福が食べたい!」

 コンビニで大福とロールケーキといちごプリンとなぜかカレーパンとコーンスープまで買ってしまった。

 うん、コンビニへ「パンを買いに」行くと、必ずこういう事になるからね。想定内。

 でも、家に着いたら、大福とスープしか食べられませんでした。

「JIN」も録画してるのを確認して早寝した。

 今日は朗読サロンなんだけど、お休みしました。

 今週もハードなのです。

|

2011年4月15日 (金)

納得!

 二ヶ月ぶりの整形外科受診。

 先回「今、手術するのはもったいない」と言われ、骨量を増やす薬を処方された。

 レントゲンで「軟骨もまだ十分あるし、骨頭の変形もまだ大丈夫」と言われて

「でも痛いんです」と訴えたところ、先の薬の処方となった。

 壊死してる骨頭が この薬で修復するはずは無い。

 次の診察の時に ちゃんと聞いてみようと思ってた。

 薬の効果が出るのに二ヶ月くらいかかるって…その二ヶ月目が今日だったわけ。

 車椅子で診察室に行くと

「あれ? まだ歩けないかね?」

「以前から歩けないわけでは無いんですが、病院は広いから これの方が楽で安全なので」

 室内ではステッキを時々 置き忘れる事を報告した。

 この数ヵ月は、室内でも痛くて痛くて、ステッキを頼りによたよた歩いてたから、置き忘れるのは、かなり痛みが減ってるって事。

 でもね…去年の年明けには、外出時もステッキ無しで大丈夫だったんだよね…。

 そういう状態を経験しちゃうと、すたすた歩けないのは、やっぱり壊死が進行してるから…としか思えなくて。

 で、先回からの疑問を尋ねてみたら

「普通の人でも長く歩くと目に見えない骨折をしてます。あなたの場合も 見えない骨折があるから、骨が痛いんですよ。この薬でそれが改善されるはずなんです。男性だと これで壊死の進行が止まってしまう事が多いんですよ。女性は そうはいかないけれど…」

 なぁるほどね!!

 同じ薬を飲むにも 私は目的や効果を知ってる方が良く効く!

 見えない小さな骨折個所に どんどん新しい骨を作って丈夫にするぞ!

 …その為には運動もしなきゃね。

 前より歩けないのは、入院で脚力が落ちたせいもある。

 痛みと相談しながら、ちょっとずつ負荷をかけなきゃいけないかな。

 今日は内科じゃないからR子先生は来てくれないだろうな…あの爽やかな白い風がさ~っと吹くのを見たいなぁ…なんて思ってたら、整形外科の中待合室に それは吹いた!

「さすがに整形外科はちょっと気がひけます~」と笑いながら。

 子供のある人は 身近に若い人がいるのが当たり前だろうけど、夫婦二人だけの生活だと、若い人を間近に見る(感じる)機会って少ないのよ。

 向かい合っておしゃべりしてると、綺麗な皮膚や手指が目に入って とっても新鮮なの。

 私にもし娘が居たら…って想像するひととき。

 あ~でも こんな優秀で綺麗な娘は 私には産めっこ無いか…汗。

 

 今日はT嬢がお休み。

 一旦 帰りかけて「あ、病院でトイレ行っておこう」と引き返し、トイレを済ませて、エレベーターの前を通り過ぎようとしたら、扉の中にS先生の姿が!

 さすがに「Sせんせーーー!」とは呼ばなかったけど、大きく手を振ったら、閉じかけた扉を開けて出て来てくれた。

 夕方は近所の歯科医で治療。

 今日は4人のお医者さんと会いました♪

|

2011年4月14日 (木)

花桃、車庫入れの師匠になる!

 先週、マンションの機械式駐車場前に到着すると 若い男の子が車庫入れ中。

 うちの機械式駐車場は2ヶ所あり、それぞれ1台ずつしか操作できないので、先客がいる場合は待つ。

 で、私も少し離れた所にとめて待ってると…

ん? なんだか入れたり出したりしてて、一向に終わらなさそうだぞ…。

 すると男の子が窓を開けて「あの…先に入れますか?」と聞く。

「いいわよ~。待ってるからゆっくりやって~」と笑顔で返事する。

 Oさんちの次男君だ…(と思う。Oさんちには男の子が2人か3人いるはず。大きくなってきたら見わけがつかなくなった)

 私もこの車庫入れには苦労してるからね^^ 少々時間がかかる事くらい平気よ。

 …待つ事 数分。

 いや…いくらなんでも 時間かかり過ぎでしょう。

 心の声が聴こえたのか、彼がもう一度「先に入れてください」と言う。

「大丈夫、大丈夫」と答えつつ、彼が苦労してるのを ずっと見てるのも忍びない気がしてきた。

 私も人を待たせてて上手に入れられないと 余計に焦るもん。

「待つのは平気だよ。私で良ければ誘導するけど?」と冗談半分で言ったら

「お願いします。助かります」と懇願されてしまった!

 うそっ!!

 ええい! 乗りかかった船だ。

 車を下りて、駐車場内に行って誘導を開始する。

「ハンドルを右に切って」「最初の坂は ぐっとアクセル踏んで」

「そこだけ思いっきり踏んで」 うん…ここで思いっきり踏むのは怖いんだよねぇ。

 思いっきり踏めない彼は、そこで毎回 エンストする。

「そこは、かなり踏み込んでも大丈夫だから。上がったらすぐに離せばいいから」

 数回のエンストの後、なんとか最初の坂をクリアする。

 でもせっかくそこを越えたのに、車の向きがすごい事になってる。

「少し前に出て 向きを直そうか」…あ~でも坂を下りちゃったら困るなぁ…。

 そもそも私の誘導なんて全然 あてにならない。

 自分で入れても ハンドルを右に切ったり左に切ったりした挙句、入れ終わった車体は見事に斜めだったりする。(ここへ住んですでに20年ですが…)

「そうそう! そのまま真っ直ぐ!」やっとここまで。

「あ~右にそれて来た。ハンドル戻して」

 ほんとごめん。私の誘導が下手過ぎるんだわ。

 でも彼はきっと自分が下手だと思ってるよね。

 かなりの時間を費やして なんとか入れ終わった。

「ありがとうございました」と降りて来た彼は真新しいスーツ。

「あら、新社会人?」

「はい、まだオリエンテーリング中ですけど」

「そう^^ お疲れ様。私の誘導が下手でごめんね」

「いいえ、助かりました」

 あの彼は まさか毎回 あんな苦労してるんじゃないよね?

 その後、駐車場で会う事も無いので、するするっと入れられるようになってるんだろうね。

 …と思ってたら、昨日 夫が帰宅して

「Oさんの奥さんとエレベーターで会って、息子が車庫入れに手間取って、奥さんに助けてもらいました。ありがとうございましたって言ったよ」と。

 ひぇ~~~息子!あの日、ちゃんと報告したんだ~(笑

 私だという認識あったんだ~。あの時、ステッキついてたかなぁ? 乗ってた車で分かったのかな?

 きっと「あの人も下手そうだった」って言っただろうなぁ(汗

|

2011年4月12日 (火)

はじめてのデイサービス

 「お試し」デイサービスの日。

 9時にお迎えの車が到着。明るく元気な女性スタッフが「おはようございます~!」って。

 車まで送ると、車内に見覚えのある女性の顔…誰だかは分からない。

 すると母が「Nさ~ん!」 うん、きっと同じ団地の人なんだね。そして昔の知り合いは 覚えてるんだね。

 午前中は、母の留守を利用して布団を干したりシーツを洗ったり、掃除機までかけた^^

 自分ちでも こんなにやらないよ。

 おまけに自分ちの2倍以上の広さだよ。

 時々 休憩しながら上記の家事をしてたらすぐにお昼。

 母はデイサービスでお昼ご飯を頂いてるかな。

 用意してきた昼食を一人で食べて、夕飯の支度にとりかかる。

 出来上がったところで、デイサービスを覗きに行く。

 大きな建物! 中もすごく綺麗!

 「こんにちは~!」すれ違う度にスタッフが声をかけてくれる。

 うん、とってもいい感じ♪

 デイサービスのフロアに行くと、母は先ほどのNさんとおしゃべり中。

 なんと私の同級生(男子)のお母様でした。そう言われればそうだった。

私「お昼御飯 何を食べたの?」

母「え~っと…なんだったかしら?」と Nさんを見る。

Nさん「…忘れちゃったわ。でもおいしかったよね」

 おぉ! こういう物忘れ 母だけじゃなかったのね。

 フロアのいくつかのテーブルでは、ぬり絵、縫物、パソコン、パズル…いろんな事をしてる。

 お試しの母達は手持無沙汰っぽい。

 スタッフさんにそう告げると「お茶会」に連れてってくれた。(私も一緒に^^)

 3階の和室で和服の女性がお抹茶をたててる。私まで御相伴しちゃった。

 館内を案内されながら戻る。

 また母達は手持無沙汰で「待ってばかりで疲れたから早く家に帰りたい」と言い出す始末。

 利用者の自主性に任せる方針らしく「あれをしてみましょう」「これをやってください」って強制は無いみたい。

 キッチンで調理やお茶を淹れるのも利用者さんにお願いすると聞いたので、母を「洗い物する?」と促した。

 湯呑み茶碗を洗っているスタッフさんに「洗わせてやってください」とお願いすると

「まあ~!洗ってくれるの!? 助かるわ~!」って、上手に受け入れてくれる。

「手際がいいですね」なんて煽てられて、母も上機嫌。

 洗い物をしてる母の背中は、数年前の母だった。

 続いて「あちらでNさんと一緒に洗濯ものを干していただけますか?」

 スタッフさんが干せば5分とかからないタオル類を4人で干す。

 お二人の方は 母達よりも ぼんやり度が高そう。

 Nさんと母が タオルをぱぱっと振りさばいて、次々とピンチで挟むのに比べて、あとのお二人は どうしていいのかわからないって様子。

 ここに居ると母は すごくしっかりしてるように見える。従来の母に戻ってる。

 先に戻って、母の帰りを待つ。

 明るいスタッフさんに送られて帰宅。

「みんないい人ばかりだった。楽しかった」と母。

 ん~~あまり楽しそうには見えなかったんだけどな。

 でも、これから どんどん楽しくなっていくと思うし、嫌では無さそう。

 明日は、市民病院での検査と、近所の整形外科で健康診断書を書いてもらう。

「ゆうこ 毎日 来ないといけないねぇ。悪いねぇ。お願いね」

 二十歳過ぎた私が ちょっと面倒な検査がある時は、一緒に名古屋の病院まで付いて来てくれたじゃん。

 

|

2011年4月11日 (月)

今度こそ!

 要約筆記ボランティア時代にお世話になった571さんからメールをいただいた。

 私の無知で無謀な花の育て方を見てらんなくて丁寧なアドバイスをくださった♪

 それによると、私は「してはいけない事」を これでもかこれでもかとやってたらしい(汗)

 いくつかのアドバイスを読んで「うちのベランダは花を育てるのに向いてない」と結論付けようとしてたけど、もう一度だけ挑戦してみる気になった。

 【根っこは触ってはいけない】

 前回、ポット(571さんが『ポットから抜く時は…』と書いてくださったので、容器では無くポットだと知る)から抜いた時、二株だけは土が黒々として根っこものびのびとしてたので、ほぐほぐしないで移植した。

 その二株は葉っぱもしっかりしてきてるので、そのまま様子見。

 新しく買った薄黄色に真ん中紫のは、アドバイス通りに ほぐほぐしないで移植し、室内に置く事にした。

Image210

 でも以前のと混ぜ混ぜで植えてるからなぁ…。

 ラナンキュラスは、この前 一旦はごみ袋に入れたのを引っ張り出して、ヒヤシンスみたいに水を張ったガラスにそのままつけておいたら、なんか ちょっとシャンとしてきた。

 それももう一度土に植えた。

 お日様には一日 2~3時間当てれば十分だそうなので、部屋の中を移動して反対側のベランダに移す作業も無くなった^^

 前回は翌日には もうヘナヘナっとしてたけど、今度はいいみたい♪

 でもね…昨日 投票に出かけた小学校の花壇には、うちのと同じ種類のパンジーがいっぱいい~~っぱい笑って揺れてた!

「うあぁ~同じ種類なのに~ こんなにいっぱい咲くんだ~!」

 うちのプランターも あんな風にパンジーが笑ってくれるといいのにな。

 ちょっとだけ咲いたのは、摘み取って流し台のグラスに挿してます♪

 毎日、少しずつ違うのが咲くから、こんなに☆

Image192 Image195Image208  Image211

 …ただね すでに不安材料が。

 うちの子達は、茎や葉っぱがするすると伸びちゃう。もやしっこ?

 小学校の笑う子達は、ずっしりと地面に張り付いて花がいっぱい付いてたのよね。

|

2011年4月10日 (日)

チャリティマッチ サンフレッチェ広島  対 ヴィッセル神戸

4月9日 土曜日

【広島 対 神戸】 ビッグアーチ (スカパー観戦)

 soccer3対2 広島勝利

 soccerゴール…ミキッチ・チュン・トミッチ

 休日の朝「あ~今日はスカパーで広島の試合見られる~♪」

 チャリティマッチは、両チーム入り混じって記念撮影する。

 寿人は大久保と肩を組んで^^

 前半。

 早速 大久保に決められる。大久保もまだまだやるなぁ!

 今年の仙台のユニフォームのパンツは 後ろにプリーツみたいなのが入ってた。

青いパンツに赤いプリーツだったから、走る度に赤がちらちらして なんか「変」だったんだけど、神戸もだった~~~^^

 神戸は黒いパンツにエンジがちらちら。きっと動きやすいんだろうけど…見た目は微妙。同系色にすればいいんじゃないかなぁ。

 浩司からのパスに寿人が打ったのは、ゴール枠右。うー惜しい。

 そしてミキッチのゴール!!

 思わず「ひゃぁーーーー! ほぉっほっほっほっ!」

 実況アナが「あの(あのって…)ミキッチが決めるようになりましたね」って感慨深げ。

 そりゃ失礼だよ~~~笑。

 でも…私もミキッチがシュートをはずして頭を抱えるのが すっかり定番になってて「うあぁ~残念!」って言うよりも「ミキッチぃ~~」って、なんか笑ってしまうようになってたんだよね。

 2点目はチュン君。

 岸さんのパスをゴール前に走り込んできた寿人がスルーして(ん~~スルーしたのか、タイミング合わなくて蹴りそこなったのか…)その向こうに走り込んでたチュンがズドン☆

 これが寿人の一瞬の判断によるスルーだったら『寿人&チュン』の連係がいよいよ完成って事だよね。

 後半開始。

 その寿人とチュンが二人してゴール前でボールを回す回す。

 相手選手も含めて きっちり決めごとをしてある殺陣みたいに「僕がこう蹴るから、そっちに走ってて」「敵がこうくるだろうから、切り返すよ」「最後は ほれ!」って。

 その最後は、寿人が相手GKとDFの脚の間に ころんと蹴ったけどゴールならず。

 ああ、これが決まってたら本当に「寿人&チュン 恐るべし」だったね。

 これからきっとそうなっていくんでしょう。期待期待☆

 寿人が交代。

 キャプテンマークを渡す映像は無かったけど、プレー再開したらチュンがつけてた^^

 その後、大量に交代したけど「サブメンバー」って感じがしない。公太さんもいるんだよね。

 なんか…広島っていつの間にか層が厚くなってる?

 実況アナから「リーグ再開の試合で、サポグループが被災地に送る文房具を募集する」との案内。

 いろんな事をやってくれるね。

 3点目はトミッチ。

 チュン君が奪って 誰か(私のメモには『し』と書いてある…誰じゃ?)に、誰かがザキさんに。

 そこまで見てて「すごーっ」

 で、ゴール前のザキさんがスルー。

 え~? なんでザキさん打たないのよ~? スルーした先に誰も居ないじゃん…と思ったら画面左側からトミッチが走って来てた!

 試合終了後は、両チームの選手が挨拶。

 神戸はキャプテンだったけど、広島は新選手会長のアオちゃん。

 途中で止まった時は はらはらしたわ~^^

 でもその後は落ち着いてしっかり最後まで言ってくれました。

 無知な私が見ても面白い試合だった^^

 ①寿人 ②寿人&チュン(ポジションを変えながら) ③チュン 3パターンを毎試合で使ったら、相手チームは対応が困るんじゃないかな?

 なぁんて…花桃監督は にんまりするのでした。

 

 

|

2011年4月 8日 (金)

贅沢な三人誕生会♪

 今年の「三人誕生会」は、ミッ○ランドスクエア41階の今○。

 ヤイちゃん・のりちゃん・私は「運動はあまり得意じゃない」

 私の中で運動神経と運転技術は正比例するんだけど、ヤイちゃんは運転は得意なんだよね…。

 『郊外に住む中年女性は名古屋市内の運転は怖くてできない』と私は思ってるんだけど、ヤイちゃんはできるんだよね…。

 で、ヤイちゃんの運転で出発。

 名古屋駅周辺の広い広い道路・ごちゃごちゃした交差点、私は身がすくむけど、ヤイちゃんは ぺらぺらしゃべりながら運転する…すごい。

 お店も「すごい!」の一言。

Image207

 仲居さんの応対が超一流。『こんなお値打ちなランチ頼んでごめんなさい』と恐縮してしまうほど丁重。

 お部屋もこんなに素敵☆Image199

 こうして いちいち写真を撮ってしまうのは、いかにも「初めて来ました。一生に一度しか来られないと思います。田舎者です」って証ね。

Image200

  窓の外は名古屋の街が はるか下に。海まで見える。

 恒例のプレゼント交換。

「ごゆっくりお召し上がりください」と言われたのに、三人とも美味しくて美味しくて ぱくぱくぱくぱく。

「一口噛んだら 箸を置けばいいんだけどさぁ~ 美味しいから すぐ次を口に入れちゃうよね」

Image202

 網焼きステーキ御膳のデザートは 選べるアイスクリーム。

 それぞれが違うのを頼んで それぞれ満足。

Image203

 …そして、これは?

Image205

 デザートを食べ終えてからしばらくして、二人は以前 気に入ったゆずジュースを頼むと言う。

 私はもう水分は要らない。(だってお茶も食事に合わせて3種類 順番に出してくれるんだよ。それを全部 飲んだの)

 「さっきのアイスクリームを単品で頼めるかなぁ…」

頼めました。

「先ほどのものより 単品ですと量が多いです」と言われ

「え~~~~~!?」と困惑の悲鳴をあげたつもりだったけど 顔は嬉しそうだったらしい…汗。

 で、ペロッと食べてしまいました。

 

 食後は、行列のできるクリ○ピードーナツを買いに行く。

 エレベーターのある所を探して移動したんだけど、見つけられなかった時は、階段を二人が私の車椅子を持って上がってくれる。(もちろん帰りは持って下りてくれる)

 少し時間があったので高○屋もブラブラする。

 そしてまた しゃべりっぱなしで運転してもらって帰って来た。

 あんなにたくさん食べて「今夜はご飯抜きにしないと」と言ってたのに、帰りの車中で「このドーナツ 今すぐ食べたい」とつぶやいてしまった私。

「食べや~」

「我慢する!」

 でも帰宅して すぐに1つ食べてしまった。1つ食べて美味しいと「もう一つ!」ってなるのが私の悪い癖。

 で2つ食べ終わると「もう一つ!」ってなるのが恐ろしい。(3個買ってきた)

 最後の1つに手を伸ばしかけた時、夫が帰宅して停止。

 飲み会に行く夫を配達する頃には、お腹がぽんぽんになってきた。あのまま3つ食べてたら気持ち悪くなるとこだった。

 気持ち悪くなるまで食べるなって話。

 で、先ほど「明日 夫と半分こする」とメールしたけど、明日まであるかどうか保証はありません。

 贅沢な一日を過ごしました。

「1年に1度だもん、いいよね」と言うけど、二人は今年2回目なんだよ…。

|

2011年4月 7日 (木)

花桃 褒められた!

 Oちゃんが来てくれて、おしゃべり。

 いつものように、あっちの話から、こっちの話からとりとめもなく…。

 その中で Oちゃんが「過剰に期待すると 実現しなかった時の落胆が大きいから、あえて『これくらいでいいわ』って自分を抑えちゃう」って話をしたので、私の最近の思いを報告した。

「私もね、以前はリアルに想像すると実現しないから、寿人がゴールするって あまり思わないようにしてきた。

それこそゴールできなかった時の落胆のショックも小さくて済むかなと無意識の自己防衛。

でも2月から変わったんだ。『寿人がゴールするって信じて祈る』って。

でね、この前の代表チームとの慈善試合、ゴールしなかったじゃん。

あえて期待しないようにしてた時も期待して信じて祈った時も 落胆の度合いって同じだったの。

だったら これからも本気で『寿人ゴールするって信じて祈ろう』って。

それに以前の私だったら『やっぱり私がリアルに想像すると実現しないんだよね…もう祈るのはやめよう』って思うけど、今度はくじけないよ。

次こそゴールって祈ろうって決めた。

落胆するのだって 弱っちいハートを鍛える事になるし。

次こそゴールって祈って、ダメだったら落胆して、ハートが丈夫になる。

その積み重ねでいいんだって思えたんだ」

 次の瞬間。

「ゆうこ! すごくいい事言った!」とOちゃん。

 思いがけなく褒められてしまいました^^

 その後は、また あんな話やこんな話をして、でも最後にはOちゃんが

「ゆうこの言った、期待しててもしてなくても落胆は同じってのを肝に銘じて、私も前向きに考えるわ」と締めくくりました。

 ちなみに 本日のおやつは

 Oちゃんが買って来てくれた桜餅とよもぎ餅、Sちゃんがくれた桜のお茶。

Image197

 春の香りと味を堪能しました。

 その他にも Oちゃん土産の「いちご・紅ほっぺ」で、お腹ははちきれそうです。

|

2011年4月 6日 (水)

また一歩

 今日は、母がいつもかかっている整形外科で薬を貰う為に 私も一緒に行く約束の日。

 年配の男の先生は、誰に対してもとっても優しい。

 母がちんぷんかんぷんな対応しても 包み込むようにして応えてくれる。

 その中で、私への配慮もちらりと見せてくれて救われる。

 二週間分の薬を貰って、実家に戻ると 地域包括支援センターから電話。

 介護保険を使ってサービスを受ける為の面談に ケアマネージャさんが来てくださることに。

 母は、最初に来てくれた地域包括支援センターのMさんが明るくて、母の話を笑顔で聞いてくれたので「また聞いてもらえる♪」って感じ。

 今日は初対面のケアマネージャーIさんだったけど、やっぱり上手に相手してくれる。

「まぁ~すごいですね!」

「いえいえ、お若いですよ~!」

「達筆ですね~! お習字ならってらしたんですか?」

 母のテンションは ぐんぐん上昇。

 私も ああしてあげればいいのにね。

 これからどんどん私は学んでいかないとね。

 認知症には昔から関心を持ってたので、知識だけは そこそこあるつもり。

 だから母の言動の理由も分かってるのに…呆れたり怒れたりしてきちゃう。

 地域包括支援センターのMさんが 選んでくれた(んだと思う)ケアマネージャーのIさんも とっても感じのいい方^^

 これから長いお付き合いになるけど、頼りになりそう・信頼できそうな方でよかった^^

|

2011年4月 5日 (火)

またしても…!?

 再挑戦のパンジー・ラナンキュラス・ディモルフォセカ。

 プランターに移植した翌日には、なんだかもうラナンキュラスが おひたし状態になりそうだった!

 ディモルフォセカも 買った時についてた蕾が開かないまましぼんでいる感じ。

 パンジーは 紫と青紫の2株だけは 葉っぱもまだしっかりしてるけど、他の3つは へたれてきた。

 なんだか…ダメっぽい…。

 どうして? 何がいけないの?

 プランターを見ると 情けなくなってくる。

 今度は水もやってないよ。

 赤紫のは、あっという間に ヘナヘナになってしまった。見るに忍びなくて引っこ抜いて捨てた…。

 ラナンキュラスも…引っこ抜いた。

 決して怒りにまかせての行為じゃなく、泣く泣く…です。

 諦めきれずに オレンジ色のラナンキュラスはつぼみだけ切り取って グラスにつけた。

(今、キッチンで少し膨らんでます)

 スーパーの花屋さんで、うっすら黄色がかった白に真ん中紫の株を買った。(しぶといでしょ)

「買ったまま(ビニール容器に入れたまま)家の中に置いてみたら?」と夫に言われ、そうしてみる事にした。

 室内に置き場を設けて、新パンジーの株を置いた時、ふと思いついて 一度は捨てたラナンキュラスの株も袋から引っ張り出して置いてみた。

 白い方は 根っこの土をさわさわっと払って、カップに水をはってそこに入れた。

 オレンジのラナンキュラスとディモルフォセカは、買った時のビニール容器に戻した。

 少し持ち直したような気がする。

 今日は、その株達を 午前中は いつも通り ベランダの日の当たる所を移動し、午後からは反対側のベランダにまで移動させた。

 我が家は 午後になると表のベランダには日が当らないの。おまけにベランダは繋がってないから部屋を横切って移動させるの。

 これから毎日 午前と午後でベランダの移動させるの…? ちょっと面倒。

 いや ここで面倒がるからダメなんだね。

 はぁ…外出する時は それもできないし。

 これでダメだったら「私は鉢植えの花を咲かせられない」と自覚して、今後は買わない事だね。

|

2011年4月 4日 (月)

心の栄養 目の保養

 昨日は市民会館で 「転輪太鼓 勝鬨四」を堪能してきた。

 もうねぇ…ほんと…すごいとしか言えないわ。

 中学生だった男の子二人が 高校生になったのかな? イケメン度は ますますアップ。

 小学校低学年だった子達は ますます成長してて、もうプロみたいだし。

 高学年の女の子達は どんどん綺麗になっていて華が出てきたし。 

 GAIAの人達のパフォーマンスは そりゃもうプロフェッショナルで 我を忘れて見入ってしまうけど、こども達のそれは、また違う感動があるわけ。

 隣のおじ様は 途中からハンカチを出して涙を拭いてました。

 私も 口をへの字に曲げて 笑いながら泣いてました。

 豆ぞう組は ぐへ~~~もう~~~かあぁあいいんだ~~~!

 照明が明るくなったら、ステージに ちんまいのが い~っぱい並んでて、会場からは

「ふあぁ~~~」って裏声のざわめきが起こる。

 豆組の演奏だって可愛いだけじゃありません。

 まだ初心者っぽい子は、叩いてるリズムは 時々 はずれる、周りをちょっと見ちゃう。

 でも「エイサー!」の掛け声の時は 少しのずれもなく腕を高く上げてポーズを決めてるのよ…泣。 体でリズムを覚えちゃってて自然にそうなるんだろうね。

 ぐひぃ~~~があいい~~~~!

 センターはもちろん、その両隣も きっと「けっこう出来る子」なんだろうね。

 叩いてる最中にその一人が撥を落として 私が思わず「はぁっ!」と息を飲んだら、ちっちゃいその子は慌てず撥を拾い 口をぎゅっと結んで 何事も無かったかのように演奏を続けた。

 前に見た時は「まだ赤ちゃんじゃん~^^」(ほやほやの初心児を舞台に出して叩かせた事がある)だった子が もういっちょ前の演奏をしてる。

 こどもは吸収して成長するのが早いね!

 そして大志郎君と雅さんの殺陣には びっくりした。

 去年はチケットを買ったのに、入院してしまって見られなかったので、初めて見た。(夫は去年も見たって、すごく上手くなってるって言ってた)

 昔、アイドルがドラマでやった殺陣が 腰が据わって無くて踊りみたいになってて「まあ 仕方ないな」と思った事がある。

 大志郎君も雅さんも 和太鼓演奏で重心移動が完成されてるからね~。見ごたえあったわ!

 そして上半身裸になって大太鼓を叩く雅さんの背中や肩の筋肉の美しさ!

 私は男性の筋肉には まったく興味が無かった(どっちかと言うと嫌悪感)んだけど

「うあぁ~~~綺麗~~~」と見とれてしまいました。

 転輪太鼓は ある程度完成してると思ってたのに、まだどんどん進化する。

 今回は 転輪太鼓十二周年記念のコンサートだったのが、東日本大震災が起き、被災者を支援する為のチャリティとなった。

 こども達も東北へ行って、被災した人達に太鼓で元気を与えたいって挨拶。

 こどもは純真だからね…涙。

 あの演出を考えるのは誰なんだろう? すごい才能だわ。

 そして それをちゃんと演じきる子供達もすごい!

 コメディタッチな表現をさらりと演じてる子も居た。天性の才能なのかな?

 最後は、会場と舞台が一緒になり、國分入道光雲さんの掛け声に唱和して

「DONと来い!ニッポン!」と拳をつきあげる事 3回。

 すごいエネルギーを感じた2時間半でした。

 送り出しをしながら募金活動もするこども達は、先ほどの衣装のまま。

 汗をかいた後の寒風は きついだろうなぁ…。

 その列に並んでた雅さんに握手してもらったら、その手は傷だらけでした。

 今回は「写真撮影は許可を得た人のみ」だと 会場で知ったので、許可を得る事もできず、撮れなかった…。撮りたかったな。

 

|

2011年4月 3日 (日)

チャリティマッチ 名古屋グランパス 対 サンフレッチェ広島

4月2日 土曜日

チャリティマッチ【名古屋 対 広島】

豊田スタジアム 行って来た!

 soccer0対2 広島勝利

 soccerゴール…ムジリ・寿人shine

 入場無料なので、どれだけ人が来るのか、何時に行けば良い席に座れるのか…。

 今回、無料開放の駐車場は、身障者駐車場の予約も無いので、車を停められるとは限らない。

 キックオフは2時なのに、スタジアムには9時20分くらいに着いた。

 12時開場の予定が少し早まって 11時45分。

 並ぶ列でも車椅子に座っていられるから良かった。

  日陰だから紫外線に当たらなくて済むのも良かった…でも寒かった~。

 ちゃんと席がとれるのかドキドキ。

 それがね…思いのほか、すんなりとれて…。

 アウェイのゴール裏は、12時過ぎに到着しても十分 いい席が残ってる感じだった。

 チャリティマッチだから鳴り物の応援も無しなのね。

 関東のみきちゃん・長野のなおちゃんと再会。

 そこでみきちゃんのお知り合いのMさんを紹介された。

みきちゃん「寿人サポのMさん」

私「初めまして、寿人ファンの ゆうです」

Mさん「あ、そうなんですね!ありがとうございます!」

 こんな綺麗な人が 寿人を応援して全国 巡ってるんだ。

 そのMさんと一緒にいらした女性…私は以前から一方的に『知っていた』

「○○で見てからずっと知ってます。京都にもいらしたでしょ?」

 グランパスサポ(ファン)の多いメイン席で 紫女が ちょっとかしましくしてしまいました…汗。

 みきちゃん・なおちゃんは いつものゴール裏へ移動。

 

 ピッチでプレーする寿人 生で見るのは本当に久しぶり!

 グレーの練習着も なんかいいなぁ~^^ (まあ…何を着ててもいいんでしょうね)

Img_8580

 周作が戻って来る時、手を振ったら ちゃんと手を振って笑顔で応えてくれた。

 「彼の笑顔には癒される」と みんなが言うけど、あんな風にしてくれると本当に「いい子だなぁ」って思えちゃって嬉しくなるね。

 赤や私服の人達の中の ほんのわずかな紫が見えたから 手を振り返してくれたんだと思うけど、それでもね^^

 周りの赤や私服の人達も そんな周作に拍手を送ってました。そりゃなんてたって日本代表選手ですもん。

 そして…きっと あそこら辺に居たグランパスファンの人達の心も あの笑顔でがっちりつかんだ事でしょう。

Img_8603

 試合が始まると、後ろの列にいたMさんと そのお友達のNさんが きゃーきゃーひゃーひゃーわいわい言う。

 そのタイミングが ほとんど私と同じ(笑

 アオちゃんがボールを持つと 寿人に出してほしくて「アオちゃん! アオちゃん!」

 誰かが倒されると「きゃーーーっ!」「痛そう!」「大丈夫~?!」

 白いユニフォームは初めて見た。中学の体操服みたいで、これまた可愛いのよ…。

 もぉね…寿人 髪形も体操服も とってもとっても可愛いのよ。

 寿人をこんなに「可愛い」と思ったのも久しぶり。

 

 ベンチの選手がアップをしてるのは、ほんとに目の前。

 「○○く~ん!」じゃなく「○○君」って呼びかけたら応えてくれそうな距離なんだけど、さすがに呼べなかった。

 ハーフタイムになり きたんちゃんに報告メール。

 「スカパー放送も無いから、ゆうちゃんのレビューが頼りだからね」とプレッシャーをかけられてたけど、最初から『試合内容の情報』は期待はされてないはず(笑

 ベンチのザキさんが 時々 ピッチの試合を見ながら、真面目に走ってる姿はチェック。

 ベンチコートをちっとも脱がないのもチェック。

 以前、ザキエンヌ達が「最後までベンチコート脱がんね」「もっとやる気出しんさい」と愛の叱咤をしてたからね^^

 後半。

 ゴール前で ごちゃごちゃやってる中から寿人がぽーんと蹴ったのは見た。 

 次の瞬間

「え?入ったの?」 今もって どういうゴールだったのかわからない。

 (日曜日の地元テレビで グランパスの試合結果として流れた映像では、ゴール前でねばってねばってのゴールでした。よく諦めなかったね!)

 ただただもう必死で目の前にあるコーナーフラッグにカメラの焦点を合わせて待ったわよ。

 なのにね…全然 フレームインして来ないじゃん。

 カメラから目を離してピッチを見たら、もうセンターサークルの方に向かってました…。

 そっかぁ、チャリティマッチだから、派手なゴールパフォーマンスも無いのね。

 寿人が足を痛そうに引きずってたのが心配。

 チャントも無い静かなスタジアムは、選手の声がよく聴こえる。

 周作が「コンパクトに!コンパクトに!」って言ってた。

 こういうのも また楽しいな。

Img_8682

 選手達は全力でプレーしてた。

 カズは やっぱり上手いなぁ~(私が言っても説得力無いけど)

 後半、大量交替した。

 私は きたんちゃん達の想いを胸に

「ザキさん! ザキさん! そうそう! そこそこ!!」と。

 他にも レギュラーの座を虎視眈々と狙う若手達のプレーに

「ノリ! ノリ!」「マル!」

 そして後ろのMさん・Nさんも まったく同じように(私の5倍の迫力)叫んでました。

 チャリティマッチだから 試合の写真を公開してもいいのかな?(広島側はいいはず)

 久しぶりに「HISATO」ページを更新しようかと思います。(いつになるか未定)

 

 

 

|

2011年4月 1日 (金)

諦めない気持ち…方向が違うけど

 パンジー・ラナンキュラス・ディモルフォセカを全滅させてから

「もう一度 買って植え直す!」と決めていた。

 ところが最近、スーパーの花売り場に並ぶ花株に それらの姿が無くなってる。 

 ああ、季節が変わったんだ…もう遅いんだ…どうしてもあの3種類がよかったのに…。

 昨日、いつもの花屋さんを覗いてみたら あったあった!

 でもね…前に買った時よりも 花の勢いが無い・色の種類も少ない。

 ラナンキュラスは3株しか無かった。どれも蕾なので、はっきりしないけど、オレンジ色と黄色と黄色がかった白。

 オレンジ色だと信じて買った。

 ディモルフォセカは1つしかなくて、紫がかったピンク。

 ん~~~この前の青みがかった紫がよかったなぁ。

 パンジーはたくさんあったけど、ディモルフォセカに合わせて、なんとなく青・紫系統のものばかりにしてしまった。(帰宅後 やっぱり黄色を一つくらい入れるべきだったと反省)

Image191

 レジで「全滅させてしまった経緯」を話して、今後の指導を乞うた。

 水のやり過ぎがまずいけなかった。

「苛めた方が綺麗に咲きますよ」 そうなんだよねぇ~。知ってたけどさ~。

 そしてやっぱり使い回しの土ではダメだって。

「古い土も黒いビニールの上にひろげてほぐして天日干しを一週間くらいして、石灰を入れると使えますよ」

 一週間~~!?

「そんなに待てな~い。すぐに植えたいの」 

それに そんな面倒な作業…したくない。

 で、土も買った。

 大きな袋を持ってみて無理だったので、小さい「ビオラ用」の^^

 今度こそ、今度こそ! いっぱい咲かせます。

 今日は、今週初めて「一日 おうちに居られる日」だったのに 余計にだらけてしまって、溜まっていた仕事、何一つできてませんの…汗。

 前回の株は、夕方 急いで植え替えたのも全滅させる原因の一つだったんじゃないかと思うので、今回は余裕のある時に ゆっくりやりましょ。

 ついでに…花の美しさってどこなんだろうね?

 私は「花なら何でも好き」ってわけじゃないんだよね。

 形(種類)が先かな。その中で好きな色になるかな。

 でも好きな花であっても、花束にするとダメとか、あまり好きじゃないけど鉢植えにすると好きってのもある。

 私にとって香りはオマケかな。

|

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »