« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月31日 (火)

どこか痛いのが当たり前

 先週、病院で待ってる間に、同じ信仰してるYちゃん夫妻とばったり会った。

 彼女は病名は違うけど似たような治療をし、同様に大腿骨頭壊死を発症した。年齢も同じ。

 人工関節にしたYちゃんの勧めで、私は骨切りの後を人工関節に置換した経緯がある。

 お寺で逢えばお互いの体調を聞き、健康情報をやり取りする。

 そのYちゃんが「私達のしんどさは数値では表せない」と言った。

 先週、すごくしんどかったけど、血液検査は『私の合格ライン内』だったのよね。

 ひとしきり、Yちゃん夫妻と

「私達って、どこかが痛いのが普通だもんねぇ~」

「一度でいいから『すっごい元気!今日は快調!』ってのを味わってみたいよね」と盛り上がった。

 Yちゃんも私も『耐えられないほどの痛みじゃなくて、普通に生活できる』レベルが『いい調子』だから。

 でも私はちらっと思う。

 ETが人差し指をくっつけるようにして誰か健康な人の指にくっつけると、私の体調を相手が感知できるとしたら…私が「しんどい」と言いまくってるこの状態が

「え? 別に普通じゃん。私もこんなもんだよ」かもしれないって。

 その半面

「ええ~~!? なに?この重さ、しんどさ。よくこんな状態で買物に行くねぇ!」って思われるかも…とも期待する。

spade私の体調レベルspade

【レベル1】普通の人の7割程度だけど、私にとっては「いい調子」

【レベル2】痛みや不調の個所が「ここ」って限定できるが我慢もできる。

【レベル3】不調が我慢できないが薬を飲めば楽になる。又は やたらと眠ってしまう。

【レベル4】薬飲んでも、一日中寝ても だるい、しんどい。どうしようもない。でも病院へ行くのもしんどい。

【レベル5】先生~なんとかして~! もう病院へ行くしかない。

 …と分類して、じゃあ今は? となった時

【レベル2】よりはしんどくて、薬もあまり効かず、眠りも浅いままだけど【レベル4】と言うほどでもない…苦笑。

 なんとも曖昧なレベル分類でした。

 若い頃は(二十歳で発病・37歳で骨頭壊死)病気持ちでも

「今日は元気!(普通の人の8~9割)」って思える日があったんだけどなぁ。

「やっぱり私 怠け者じゃないわ。元気だと こんなに色々やれるじゃん」って胸を張れる時があったんだけどなぁ。

 年齢と共にこらえ性が無くなってるのかなぁ。

 ここんとこずっと出力ぎりぎりで必死で低空飛行し続けてる気がする。

「やっぱり入院してるのが一番楽ちんかも、私には合ってるのかも」って どこかで囁いてるのが聞こえるよ…。

 あら、結局 怠け者か。

 

|

2011年5月30日 (月)

第13節 サンフレッチェ広島 対 鹿島アントラーズ

5月29日 日曜日

【広島 対 鹿島】 ビッグアーチ(スカパー観戦)

  soccer2対1 広島勝利
  soccerゴール…浩司×2

 豊田スタジアム観戦をとりやめて 早めの夕食とって準備万端。

 こちらの風雨はそれほどでも無いけど、ビッグアーチはどうなんだろう?

 雨のせい? 寿人のパーマがのびちゃってる。…って言うより のびすぎー。

 月曜日に美容院へ行ってらっしゃいな~。

 公太さん 350試合出場のセレモニー。ほんとスマートでかっちょいいわ。

 

 さて、この日の私、数日前から肩と背中が異常に凝ってて痛い! 湿布もスプレーも効かない。ロキソニンがかろうじて効果あり。

 でもずっと服用し続けるわけにいかないので、観戦に集中していれば痛くないかも…と我慢の予定。

 痛かった。

 両手を揚げてると多少和らぐので、スタンドで両拳をあげて応援してる人達の気持ちになって、私も揚げてみた。

 毎度の事ながらプレーの内容はよくわからず、やたらと髪型が目につく。

 うん、寿人はパーマの問題じゃなく髪自体がのび過ぎ! 一刻も早く散髪を。

 良太は この前パーマかけた時「今までで一番いい」と思ったけど、より短く切ったんだね。

 代表に召集されて決意の表明なのか、この前のレッド退場のみそぎか。

 どちらにせよ精悍で清々しくていいよ! 心意気を感じる。

 ミキッチも短髪に! 今までずっとあの長い髪が気になってたのよ。

 …ほんとおばさんは短髪が好き。でも中には長髪が合ってる人もいるんだけどね。

 などと、両手をバンザイしながら見てると…浩司のミドルシュート。ゴール!!

 打つ瞬間 私には珍しくスローモーションを見てるようだった。

 思わず「やった!!」と両手をパンッと叩いた。

 ブースの中の笑顔の槙野が映り、相撲のゴールパフォーマンス。

 浩司 嬉しかったよね!

 そのうち…バンザイしてる両手が疲れてきて、気づいたら頭の上に載せてた。

 雨の中で応援し続けてるサポーターの皆さん ごめんなさい。

 小笠原のシュートはカズがブロック。もうこういうシーン 最近何度見たことか。カズ ほんとすごい☆

 ミキッチからゴール前の寿人に出たボール、寿人は忍者みたいにスチャッ!!と合わせたんだけどGK正面キャッチ。

 うぅ~残念。

 でも寿人のシュートを見るのが嬉しい。

 後半、ノリ投入。すごい勢いで走ってた。

 最初の2本のシュートは「あらあら、何でもかんでも打てばいいってもんじゃないわよ…」と思ってしまったけど、それが彼の良さだったのね。

 3本目は無知の私が見ても見事だった! あれが近いうちに決まるんだよね。

 そして73分には 寿人・ムジリをマサさん・洋次郎に2枚替え。

 え~~~もうぉ~~!? ちぇぇ~~~~。

 この日、私は昼過ぎから

「今日 寿人がゴールしなかったら、私どうなるんだろう? 暴れるかも。それかもう口もきけない腰も立たない状態になるかも」と 先週の経験から想像してた。

 そうリアル想像してたせいかな? 

「ちえぇ~~~~」と一度言ったら、後は平常心だった。

 勝ったらサンフレッチェ劇場に槙野が出るってピッチレポーターさん。

 これは勝ってもらわなきゃ。

 そして90分が目前になった時 不思議に突然「勝つなぁ」と思った。

 プレーを見る目が無いから「優勢だから」とか「○○がノッテルから」「いいパス回しができてるから」って根拠も無く。

「誰が決めるんだろう?」って思った。

 そしたら浩司よ~~~!!

 ひゃぁ~~~~~!!うあぁ~~~~い☆☆☆

 このまま終わるかと思いきや、良太レッドで退場。

 うっそーーーーーっ! 良太のああいう顔も何度も見た気がする。

 守れーーーーーっ!後少し 守り通せーーーー!!

 鹿島のFK…やめてーーーー!! もうアディショナルタイムも過ぎてるじゃーーん!

 ホイッスル。 ふぅーーーーーー。

 浩司を真ん中に輪ができる。寿人が飛びつく。

 さて、ここで9時になってしまった。

 我が家では裏録画をした事が無い。

 5時から私が夕食の支度をしてる間に夫が予約録画してたようなので「裏録予約できたのかな」と思ってたら…どうやらしなかったらしい。

 浩司のヒーローインタビューの途中で「マルモ見ないと」と相成りました。

 だから まだ劇場見てません。

 夜のスポーツニュースで 2本目のゴールを決めてベンチに向かってくる浩司に真っ先に抱きついてとびとびする寿人の後ろ姿と、劇場に登場して思わせぶりにサングラスをはずす槙野を見た^^

 明日のお楽しみにしときます♪

 これで広島は4位。

 負けなしも良かったけど、やっぱり勝利は気持ちいいね。

 お陰で私もグレずに済みました。

 でもね、寿人のゴールは見たいよ!

 先週の月曜日からチョコレート断ちしております。(チョコケーキはチョコレートに含まれません)

 ゆうべも寝る前に「あ~ちょっと口寂しいなぁ。こういう時は歯磨きしなくてもいい(?)ミルクチョコレートを舐めるのが一番なんだけどなぁ…」と 悪魔が囁いたけど我慢したもんね。

 自分のダイエットも兼ねて「スイーツ断ち」すればいいんだけど、そこまでやれる根性が無いのを自覚してるので、こんな自分に甘い「チョコ断ち」しかできなくてごめん。

 寿人ぉ~ 私に一日も早くチョコレートを食べさせて~。

 

|

2011年5月29日 (日)

雨ニモマケテ

 今日は豊田スタジアムで 名古屋 対 福岡を観戦するはずの日。

 紫のポンチョ(まだ一度も着てない…)を着ていくわけにはいかないから、サンフレッチェのマーク付きの袋に入った透明ポンチョ(300円だったと思う)と、百円均一のビニール合羽も用意しておいた。

 でも昼前に夫が「今日はとりやめ」と決定。

 内心 ほっとする。

 夫は夫で、先週の私のへたり具合を見て懲りてるんだろうな。

 グラン巻きを食べられないのだけが残念。

 でも これで夜のスカパー「広島対鹿島」を落ち着いて観られる。

 あ~チケットはもったいない。

 急だから同じマンションのS君に電話してみたけど家中留守でした。

 こんな天候の日に押し付けて何かあっても困るから、これで良かったかもね。

Image255

 そして…今夜、広島ビッグアーチも 悪天候で大変だろうなぁ。

 濡れたピッチで選手が怪我しないように、先週もサポーターも雨の中で風邪ひかないように、そして気持ちよく勝ってくれますように。

|

2011年5月27日 (金)

ケーキが食べたくて…

 それは水曜日の夜のドラマのせいでした…。

 ケーキを両手につかんでムシャムシャと食べるシーンを見て

「うあぁ~~ケーキ食べた~~~い!」

「明日、病院の帰りにパ●テルでケーキ食べるぞ!」と。

 で、昨日、診察終了後、意気揚々と出かけたわけです。

 T嬢から「カロリー少なめのケーキにしましょうね」と言われたけれど、あそこのケーキは大きいのよ…。

 順番待ちを経てテーブルへ。

 すでに決めてあったのはケーキセットなんだけど、ランチタイムはきっとケーキだけはダメだと思い、サラダも頼んだ。(これで昼食にするつもり)

 すると店員さんが「お食事の方は何になさいますか?」と。

 サラダは食事じゃないんだ~~~!

 慌てて「今の取り消してください。パスタセット(パスタとドリンク)にケーキをお願いします」

 ケーキがセットになってるのは、パスタ+ドリンク+ケーキにピザもついてるのよ。それはダメでしょ?

「ケーキを先に持ってきてくださいね」

「はい、かしこまりました」

 …なのにね、ドリンクだけが来てケーキが来ないの。

 お嬢さん忘れてるのかな? ケーキ出すのに時間がかかるのかな? しばらく待ったけど どうやら忘れてるようなので

「ケーキを先にください」と再度お願いした(汗

 そして運ばれたのがコレ!

Image248

 もうね、前の晩から夢想してたから、フォークでほぐほぐっと切って、バフバフっと口に入れたわよ。

 かなり大きいのに、6回くらいで完食したんじゃないかしら。

 もぉ~~すっごく美味しかった~~~♪

 そしてパスタが来た。

Image249

 ん…なんかもうお腹いっぱいな感じよ。

 でも甘いお口には ちょっと辛いものが欲しいしね。

 と食べ始めたけど、美味しいのに途中からもう要らない感じ。

 あ~この注文の仕方 よかったわ!

 先にパスタを全部食べてたら、ケーキの美味しさが堪能できなかったと思う。

 それでもケーキを残す気はないから、無理して全部食べたに違いない。

 執着の無いパスタだから躊躇無く残せた。

 次からは「デザートを先に」だわ♪

 

 …友達は付き合ってくれないだろうなぁ。

|

2011年5月26日 (木)

自称「通院のベテラン」も電子カルテに苦戦

 5月から電子カルテに変わり、私は今月初の診察。

「ひと月近くたったから、職員さん達も少しは慣れたかな~」なんて上から目線で出かけた。

 いつものように2階の検査受付へ診察券を出すと

「入口の受付 済まされましたか?」 え? なんですかそれ?

 窓口のお姉さんは「電子カルテに移行し、玄関横で診察券を機械に通してから 検査も診察もされる」事を丁寧に説明してくれた。

 そして「次回からは、1階の機械に通してからこちらにお越しくださいね。今日は私がやっておきます(にっこり)」

 私はてっきり手元のPC操作でお姉さんがやってくれるんだと思ってたら、受付から出て行こうとする様子。

「あ、もしかして1階まで行ってくださるの?」

「はい^^」

「ええ~大丈夫です。私 行きます」

「いいですよ。私行って来ますから」

 窓口の人が一人席をはずすと待ってる患者さんにも影響ありそうだもん。車椅子だから気を遣ってくれたんだろうな。

 でも滑らかな床を車椅子で疾走(…いえ院内は安全走行)するのは全然苦にならないのよ。

 で、お姉さんの厚意を振り切って自分で行ってきた。

 なんだかどこもかしこも人がいっぱいよ。

 「今週はよその病院で研修中で花桃さんに会いに行けません」と連絡くれたR子先生も 電子カルテ導入のてんやわんやを時々 聞かせてくれる。

 診察室の外に番号が表示されるのを見ながら『おぉ~電子カルテ!』と思って、長椅子で待ってると 予約時刻を30分ほど過ぎた頃にW先生が出てらして

「あれ?花桃さん、もしかして受付通してない?」 

「通しました」

カウンターのお姉さんにも「花桃さん ちゃんと通してある?」と確認。

他にも予定してる患者さんを探して

「○○さんは?」「あ、△△さん、受付済んでる?」と。 

先生が中に戻られた後、私の側に座ってらした上品なおば様が 私にこっそり

「失礼ですけど…さっきの先生って、院長先生ですよね?」

「はい、そうです」と お互いに含み笑いをする。

「そうよねぇ…あんなにマメに動かれる先生ってみえないわよねぇ。普通 偉くなるともっとこんなに(腹を突き出し胸を張って鼻の上に拳をあてる)なるわよ」

「ですよね~^^ ほんとに親しみ易くてありがたいです」

「患者も全然 萎縮してないものねぇ」

 診察室で、ここ3週間ほどの体調不良と薬物濫用(プレドニン増量・ロキソニン・睡眠剤・抗アレルギー薬)の報告メモを見せる。

「やっぱりこの季節はいかんか…」

「母の事がストレスになってるかも…これこれしかじか」と手短かに。

「健康な者でも大変だから、そりゃ花桃さんがやったら大変だなぁ」

 こういう言葉が私にはすごく効果的♪

 今日の検尿は±だったし、血液検査もいい感じ。

 さて、会計。

 今までと請求書もちょっと違う。

 カウンターで受け取って移動し、留守になってた薬局受付の呼び鈴を押した。

 すると背後で「花桃さん!花桃さ~ん」と処方箋のお姉さまが呼ぶ。(今日はT嬢はお休み)

 『後で行きま~す』と合図して、薬局の人に紙を出すと

「まず会計をなさってくださいね。そして、直接 院外処方箋コーナーへ行くように変わったんですよ」

 えええ~~! あ、それでお姉さま達が「そっち行かなくていいのよ」って呼んでくれたんだ。

 おまけに会計をすっ飛ばしてたなんて!! これは電子カルテとは無関係。

 来月はちゃんとするわよ。「通院のベテラン」の名がすたるもん。

|

2011年5月25日 (水)

心は穏やか^^

 昨日、『25日、S医院へ行くよ』と、確認の電話をすると「老人会の集まりがある」と言う。

 先週から約束してたのになぁ…を ぐっと飲み込んで

「じゃあ集会所へ迎えに行くわ」「お願いね」

 そして、今日 約束の時刻に、あえて集会所を通り過ぎて実家へ直行。

 居りました(笑

「行かなかったの?」と思わず問い掛けたけど、聞こえないから返事無し。ノートテイクするほどでも無いと思い

「S医院へ行くから支度してね」

 でも集会に行かなかったわりに、お化粧もしてて、この時期にぴったりのおしゃれもしてたなぁ…。

 機嫌良くスカートをはきかえながら

「どこへ行くの?」 笑

耳元で大声で「S医院だよ」

また「もう腰は痛くないから行かなくてもいいんだけど…」

「薬を貰わないと…」と 毎度お決まりのやり取り。

 でも今日は、素直に納得してくれた。前回の先生や看護師さんの言葉がよみがえったのかもしれない(だといいな)

 こういう母だと私も穏やかで居られる。

『お母さん、今日のセーターいいじゃん。ブローチもよく合うよ』(ノートテイク)

 嬉しそうに笑う母。

『それに 今日は綺麗にお化粧してるね』

「お化粧なんてしてないんだよ。眉と口紅だけ」

『でもほっぺが綺麗だよ』

「あ~これね、白粉じゃないんだよ。天花粉」と また嬉しそうに笑う。

 診察室では、いつものように優しくユーモアたっぷりの先生から

「おしゃれなブローチだねぇ。女性は綺麗でいる事が一番」と言われ そういう事は聞こえるらしく、私が書くより早く照れ笑いしてた。

 注射してもらうのを廊下で待ってる私に、看護師さんが

「今日は調子いいみたいね。綺麗にお化粧もしてるし」と。

 あ~よく分かってるんだなぁ。

「はい、今日はご機嫌です」と、以前いただいたアドバイスの事などを話すと

「こうやって波があるのよね。この前みたいに怒っちゃうとね…」って。

 待合室で私に怒ってたのも ちゃんと知ってるんだね。

 ランチして帰宅すると、家計簿をつけ始める。

 薬も自分で仕分けしようとしてる。

 …数分後「ゆうこぉ…お母さん、薬 わからなくなっちゃったんだわ…」とSOSが出た。

 でもそれも私が作った薬箱に入れようとしたら

「それに入れると取り出す時、指に刺さるの。こうやって自分で指で押しだせるから大丈夫。せっかくゆうこが苦心して作ってくれた箱なのにごめんね」と。

 SOS発信した事は忘れてしまったけど、途中で自分でやれる目処がたったのね。

 だから『さっき分からないって言ったじゃん』は飲み込んだ。

 扇風機ももう出してあった。

 トイレには予備のトイレットペーパーが置いてあって、ちょうど使い切った私は助かった。

『お母さん、扇風機は出してある、トイレットペーパーの予備も置いてある、よく気が回るね!』

 先週、母が「お母さんって認知症なの…?」と悲しげに電話で言った事で、私は手紙を出した。

「ゆうこの手紙 お母さんの宝物だよ」と言った次の瞬間

「この個所がどうしても納得できなくて ちょっと怒れた」と。

「ごめんね」と軽く流して

『これ綺麗だね!』とテーブルの上の花を褒めたら

「これ庭に咲いた牡丹だよ」とにっこり。

 うんうん、今日の私は ちゃんと学習した事を実行できてるぞ。

 と言うわけで、今日は穏やかに帰って来られた。

 またも道路の真ん中まで出てずっと見てる母に、角を曲がる時は窓から右手を出して振った。

 でもね…体はやっぱりしんどかった。

 もしかしたら精神的負担でしんどいんじゃないかと思ってたんだけど、どうやら違うよう。

 明日は内科の診察で、血液検査もあるから…それで楽になるわけじゃないのに、なんか安心してる私って…。

|

2011年5月24日 (火)

第12節 広島 対 神戸

今更ですが…5月21日 土曜日

【サンフレッチェ広島 対 ヴィッセル神戸】 ホームスタジアム神戸

(スカパー観戦)

 豊田スタジアムを試合終了前に出て来て、コンビニでお弁当を買って、スカパー放送開始に間に合った!

 わぁぉ~サードユニ いいじゃ~ん♪

 浩司は急な発熱でベンチにも居ない。

 そして私は、やはりしんどくて、おでこを冷やしながら。

 このおでこ冷やし…薬局で販売されてるおでこに貼るやつじゃないのよ。

 洋菓子なんかについてる保冷剤を凍らせてガーゼ手ぬぐいで包み、はちまきのように頭に結ぶ。人様には絶対にお見せできない姿。

 だって脳みそが膨張してる感じで、熱冷ましじゃ効かないのよ。

 後日 この日30度を超えてたのを知る。…なるほどね。

 マサさん弾幕を発見したけど、この日はテレビ画面に近づいて確認する元気が無い。

 寿人係は、今日は二人? 北本選手と河本選手。チュン君が居ないから二人して徹底マークか…。

 1失点の後、寿人のシュートは枠左。

「うぅ~ダメじゃぁ~ん、ひさとぅ~!」いつに無く 強い口調の独り言。

 ギシさんが怪我で公太さんに交代。

 おぉ~~☆ 

 私が広島の試合を一生懸命に見始めた頃から ずっと活躍してる公太さん。

 私の中では無知ながら「広島の基本ポジション」ってのがあって、そこには公太さんが居るんだよね。

 後半終了前には、ゴール前で寿人が数人を背負いながら、胸で落としてムジリがシュート…も枠外。

 うぅぅ。

 この日、私はかなりしんどかった。だからメモもいい加減ではあるけれど、今読むと内容が荒れている(苦笑

 後半開始。

「寿人ぅ~待っとってかんてー自分でとりに行かなー!」(注:待っててはいけないわ。自分でとりに行かないと!)

 柄の悪い名古屋のおばちゃんと化して無責任な叱咤。

 マルちゃんが マサさんに交代。

 私、チュン君が居ないなら 寿人&マサさんもいいと思ってるんだ。

 マサさんの投入で寿人にもいい風が吹きますように!

 ザキエンヌ達の熱い想いに私の勝手な願いも束ねてもらう。

 この日はザック監督の二度目の視察。

 前回は けっこう良いとこ見せられたと思うので(あくまでもバカ親&無知の見解)これで決定的にしてほしかったの。

 こういう自分勝手な思い入れで観てるから駄目ね。

 公太さんの綺麗なクロスに寿人飛び込んで頭で合わせようとするも身長が足らず。

「そーー!そこで反転して打てーーーっ!」「もぉーー寿人ぉーーーー!!」

 夫がたまらず「5人居たから…(無理だよ)」となだめる。

 寿人へのロングパスは ことごとく北本選手がカットする。

 私、北本選手はなんとなく好きなのよ。寿人と対戦する時プレー中は厳しいけど、試合前や終了後に フレンドリーな対応をしてくれる。

 寿人も尊敬してるように見えるし、北本選手も寿人の事を認めてくれてるように感じるから。(多分 年上よね)

 そういう好感を持ってるのにも関わらず、この日の私はカットされる度に

「きたもとばかっ」

 開けたベランダの窓際で叫んでるから、きっと近所にまる聞こえでしょうね。

『なんて乱暴なおばちゃん…』と思われてるね。

 健闘空しく、0対1で初黒星。

 うぅぅ…寿人が1ゴールでも決めていたら…。

 終了ホイッスルが鳴った時、両方の選手達の多くが座り込んだ。

 それくらいの死闘だったんでしょう。

 …でも 私は完全にへこたれてしまいました。

 土曜日の夜は早寝。

 日曜日はご飯も食べられずに寝てた。

 月曜日も公文のお手伝いをお休み。

 今日 やっと少し動けるようになったとこ。

 『広島が負けたから、寿人がゴールできなかったから』だけが原因じゃないのよ。

 この時期、毎年こうだから。

 でもこんな時こそ、広島快勝!寿人ゴール!だと 元気になれるのよね~。他力本願でごめん。

|

2011年5月21日 (土)

しんどい豊田スタジアム

しんどい豊田スタジアム
偽りの赤いレプユニに身を包み 豊田スタジアムに来ております。
暑い…しんどい。
夫の運転で車椅子だから 乗り換えも無く 本当に楽ちんなのにね…。
広島の試合を見るのとは モチベーションが違うから(苦笑)
今年は リーグ戦での豊田スタジアムは初。
去年までと売店やファンクラブブースの位置が変わってて グラン巻きを買うのに コンコースをかなり走り回ったわ…。
レミちゃんからも『グラン巻きが見つからない』とメール。『外に出るんだよ』と教える。
私の席は、後ろと横に若いお嬢さん二人連れが二組。
どちらも透明感のある白さと いい匂い(笑)ちょっと くらっとする。
「肉食いて〜」
「○○多くね?」
にはア然。見た目があんなに可愛いから残念すぎる…おばさんのつぶやき。

 キックオフ直前、大型スクリーンに寿人が映り、浩司(砂かぶり席のファンに笑顔を向けてるように見えた)が映り、思わずにやける。
試合中 私は日陰で風も通り、気持ち良いのに 体の中と顔が暑くて気分が悪い。横になって見たい感じ。それなのに…か、だからなのか グラン巻きを2個も食べてしまった。
広島の試合は7時から。録画予約はしてあるけど 夫もリアルタイムで見たいらしい。
後半40分過ぎに出てきた。
今日の広島戦は 神戸のスタジアムに『広島マダム+娘っこ』達が集結する予定。
 ゴール裏の彼女達の勇姿も見なくちゃ☆

|

2011年5月20日 (金)

セールス電話対応の達人のはずが…

 このブログで「私はセールス電話の対応が上手い。かかってきても全然嫌じゃない。お互いに気持ち良く電話を終えられる」と何度も書いてきた。

 でもここんとこ2回続けて「…うぅぅ なんだかなぁ」をやってしまった。

 先ほどかかってきたのは パソコンの接続変更(プロバイダー?接続方法?)を勧める電話。

 元々 これは我が家では不必要。なぜなら変更に伴うもろもろの作業を私がしたくないから。ひと月ン十円くらい安くなるよりも、面倒な作業を避ける事の方が大切。

 それでも数ヶ月前には、接続スピードが上がるからと「光」に替えた。

 もちろんその際の配線(?)作業をした私は「もう二度とやらない!」だった。

 で、今日は

「PCをお使いになるのは主に奥様でよろしいですか?」と来た。

 こういうのはもう面倒臭いので

「いいえ。PCは使っておりません」 

ね!PC持ってないんだから それ以上 どうしようも無いでしょ? (それでも以前 『これからお持ちになる計画はございませんか?』と食い下がったセールスあったなぁ…汗)

 すると今回は「では、御主人様が主にお使いになられますか?」 

だぁかぁらぁ…「いいえ。うちはPCは使っておりません」

「ではPCは置いてあるだけですか?」 置いてあるだけって…PC使えないのかぁ…みたいに。

なんか悔しくなってきたけど「いいえ。PC持ってないんです」

「あ、そうでしたか。お持ちじゃないんですか」すごく驚いた感じ。

「はい」

「あ…それは失礼いたしました」

「いいえ。御苦労さまです」と かろうじて最後はいつもの調子で感じよく終了したけど、なに? この敗北感。

『PC持ってて当たり前』 

『まさか持ってないって事ないでしょう』

『え~持ってないんだ…へぇ…』的な相手の感情の変化を感じて、ちょっと惨めな気分になってしまった。

 

 そして数日前は「持病があっても入れる保険」のセールス。

 保険のセールスはちょっと弱い。だって『これってうちが入ってるとこかな?』って 一瞬考えてしまうから。(我が家は複数はいってる)

 加入してるとこからの大事な連絡かもしれないから『お世話になってます』姿勢でいかないといけないでしょ。

 その日は「持病をお持ちの方でもはいれる新しい保険の御案内」と言われたので、去年 加入したそれのバージョンアップかな?と思ってしまった。

 それで「パンフレットをお送りしてもよろしいでしょうか?」と言われ「はい」と。とりあえず見るだけ見ようって。

 そしたらね、いきなり「では、お客様のご年齢をお伺いします」と来た。

 ん? すでに契約してるとこじゃないのかな? と 疑惑が芽生えつつ

「52歳です」

「お誕生日は?」

 え~~~?これは違うな…とやっと確信を持つ。

「誕生日まで あなたに言わないといけませんか?」と やんわり。

「はい、その方に合った資料をお送りさせていただきたいので」

「あ、ごめんなさい。先日 そういう保険に入ったばかりなので、新規契約するつもりは無いんです。資料もいりませんので…」

 ごめんね~さっき 送っていいって言ったのに。

 戸惑っているのか電話口で無言のままの若い女性に対して 精一杯の真心をこめて

「ごめんなさいね。苦労さまです」

「あ…はい」 そして そっと受話器を置いた。

 ん~~どちらも スッキリ感が無い。3回続かない事を祈るわ。

 自信回復のキレの良い一発を披露したい。

 こちらの時間がある時に かかってこいっ!

|

2011年5月19日 (木)

おかあさん…

 母の銀行の手続きをしに行くので、いつもに増して面倒くさい、外はピカピカだし…そんな気持ちで出かけた。

 …今日の母は、最初からすごく素直だった。

 玄関で顔を見た途端、嬉しそうに笑って。

 先に食事に行こうって時もすぐ近所の喫茶店へ行くと言う。そこは母が歩いて行けるので、せっかく私が居る時は、違うところがいいと言うと

「ゆうこが運転大変だから」って…涙。

 食後、銀行で複数の手続きをする。(カードの再発行・記帳・預け替え・その他)

 私の小さな脳みそでは一度に複数の作業はとても難しい。

 おまけに自分ちではした事の無い手続きも初体験。

 行員の可愛いお兄ちゃんに説明を受けながら、母にノートテイクしながら終える。

 母の相続税対策の知識は私よりも豊富だった事を思い知らされる。

 私がメガネケースを落とせば、年老いた母が拾う。銀行のドアも母が開ける。車から降りる時も母は運転席のドアを抑えようとしてくれる。(私はステッキ・ノートテイク道具・バッグで、確かに両手はふさがってるけど)

 『病気の娘』をかばう母なんだ。

 なのにね…私は少しも笑わないの…。

「ゆうこ、可愛い服着てるねぇ^^」こんな事 言ってくれるのは『おかあさん』だけだよ。

 なのにね…私は聞こえないのを前提に返事もしないの…。

 母が怒る話をして「花桃のお母さんが怒るなんて想像できない」と言う友達は、同じように こんなぶっきらぼうな私も想像できないだろうな。

 通帳などを確認しながら片づけるんだけど、やっぱり同じ説明を何度も何度もしなければいけない。

 母にとっては初めて聞く事なんだ…って分かってるのに、3回目になると「さっきも言ったじゃん! これこれしかじか!!」って、怒鳴り口調になる。

 「お母さんねぇ、デイサービスほんとに楽しいの! ゆうこのお陰」と 本当に嬉しそうな顔で言う母。

 私が作ってきたおかずを冷蔵庫に入れて説明のメモを貼り付けた上で、母を呼んで見せてノートテイクすると

「わぁ~美味しそう~!今夜は大ご馳走だわ!ありがとね~」と またも笑顔。

「来週は○日に来るからね。カレンダーにも書いたよ」

「来てくれるの。ありがとね~お願いします」

 車を発進させたら、家の前の道路の真ん中まで出て来て、私が角を曲がるまで立ってた。(ミラーで確認してる私…)

 この前の帰り道は たしか怒りモードだった。眉間にしわが寄って「ほんとにもーーー」だったはず(こういう記憶が定かじゃないのは やっぱり母娘だからだね)

 『一ヶ月くらい母の事を一切忘れて暮らしたい』とさえ思った。(私が勝手に心配してるだけなんだけどね)

 今日は途中から泣けてきた。

 道路の真ん中に立って私の車をずっと見送ってる母の姿を思い出して切なくて泣けてきた。優しくできなかった自分が情けなくて泣けてきた。

 買物して帰宅して電話した。

「今日 優しくなくてごめんね」と言おうとしたのに、母が先に「ゆうこぉ~ お母さんって認知症なの?」と。

「うん、でも軽度のだからね」

「そうなの…ごめんね。心配ばかりかけて。これからもどんな心配かけるかわからないね。ごめんね。お母さん、これ以上悪くならないように一生懸命に祈るから(我が家は仏教の信仰をしてる)それでも迷惑かけるだろうから ごめんね」

「大丈夫だよ。それより今日 優しくなくてごめんね」

 そこは聞こえたのか聞こえなかったのか…

「ゆうこが作って来てくれたおかずね~ 一口食べたけど美味しかったわ~!夜が楽しみ♪」と弾んだ声。

 物忘れはこういう時 良い働きをしてくれる。

 …それよりも 母の愛なんだよね。

 ごめんね、ごめんねおかあさん。

 優しくできなくて(普通にできなくて)ごめんね。

 昔のように、嬉しい事も悲しい事も 母に聞いてもらって(今後は書いて)一緒に笑ったり泣いたりしよう。

 …と打って しばらくエンター押せなかった。

 母と意思の疎通がまだできる今を大切にしよう。

|

2011年5月18日 (水)

うっとり

 マンションの前の公園のいい匂いのする樹…これです。

Img_8789 

 花の部分はこれ。

Img_8801

 あえて「香り」じゃなく「匂い」なんだよね。

 朝、目覚めて窓を開けた瞬間に匂う日もあり、クンクンしても匂ない日もあり。

 雨の方が匂うような気がしたり、でも雨降りなのに全然 匂わなかったり。

 風向きのせいかな?

 去年の今頃は入院してたから、この匂いを嗅ぐのは2年振り。

 この分譲マンションを購入してからもう20年が過ぎた。…びっくり。(まだローン支払い中…聞いてないか)

 公園が目の前にあるのは嬉しかった。

 公園の角にある欅の樹が 最初はすごく好きだった。

 今も その欅が早春に芽吹くのを見るのは楽しみ。

 このいい匂いのする樹に気付いたのは いつだったかなぁ。最初の頃は匂わなかったような気がする。

 去年の今頃は「一生 眼帯するんだな…」って 変な覚悟してたっけ。

 今こうして(多少 左側が見づらいのは歳のせいだと思える程度)普通に見えてる事に感謝しなくちゃね。

 今年も 欅の芽吹きを見られて、このいい匂いを嗅げて、昨日と同じ日常をおくれる事を幸せだって思わなくちゃね。

Img_8807_2

|

2011年5月16日 (月)

ジェネレーションギャップ

 朗読サロンの現在の教材は「永遠のゼロ・百田尚樹著」の「第十二章 流星」

 特攻隊員だった祖父の回想を交えた章。家で練習している時も何度も泣けてしまって読むのが止まった。

 特攻隊員の心情などをテーマにした小説は珍しくは無いんだけどね。でも入れ込んで朗読しようとするとね…。

 で、今日の教室で私が当てられたのは、最後の部分で もう特攻場面では無い。

 安心して読み始めたら…無くなった上官の奥さんのセリフ。

(前部略)

「あの人は別れ際に言いました。必ず生きて帰ってくる。たとえ腕が無くなっても、足が無くなっても、戻ってくる-----と」

 私は頷いた。

「そして、宮部はこう言いました。たとえ死んでも、それでもぼくは戻ってくる。生まれ変わってでも、必ず君の元に戻ってくる、と」

 しまったーーーーー! ここも泣けるんだった~~。私は「生まれ変わり」をすごく信じてるので、こういうのに弱いのよ~。

 涙声で読み切りました。

 

 他の人の朗読中に「傷痍軍人に募金をする」シーンが出て来て、先生が「私達が子どもの頃は よく見かけたわよねぇ…」と。

 教室の生徒さんは60代前後の人が多い。

 ところが、私も家で読んでる時 この傷痍軍人の件で「あ~私も見た事あるわ~」と思ってたのですよ。

 小学校低学年の頃、大きな七夕祭りのアーケード街で。父と一緒に歩いていて、そういう人を初めて見た。

 父が「戦争で手足を無くした軍人さんだよ」と そっと教えてくれた。

 直視してはいけないような気がしたのを覚えている。父にお金を貰って箱に入れたような気もするけど、そこは定かではない。

 先生が「この中で見た事あるわって人は?」と促すと 予想通り、お姉さま方は全員挙手。もちろん私も。

 先生が「あら~!花桃さんでも見た事あるの~?」と。

「ありますぅ~!」

 でも…私もちょっと不思議なのよね。私が8歳だとして、戦後20年くらい?

 夢や思い違いでは無い自信がある。とても鮮明な情景の記憶だから。

 そしたら、私よりももっともっと若い(30歳くらいだと思う)人までが「私も見たことあります…」と自信無さげに。

「韓国では、今も見かけますよね」 そっか…韓国旅行で見たのね。

 彼女以外の30代は二人とも挙手しなかった。

 ああ、私も間違いなく「戦後生まれ」と あえて区別しなければいけない微妙な世代なのねぇ。あらためて驚いた。

|

2011年5月15日 (日)

第11節 広島 対 横浜F・マリノス

5月14日 土曜日

【広島 対 F・マリノス】ビッグアーチ(スカパー観戦)

 soccer3対2 広島勝利

 soccerゴール…チュン君×2・ムジリ

 久しぶりにリアルタイムでスカパー観戦できる^^

 キックオフ前の情報で「前日も今日も アオちゃんが松葉杖で声をかけに来た」って。

 スタンドには「4」のゲーフラが林立。

 寿人のキャプテンマークにも大きく「4」が刺繍されてる。

 周作のグローブは「WITH MIZU 4」 メーカーに注文して入れてもらってるって。

 みんなの気持ちがいっぱい。

 ミズはテレビ見られるのかな? ゆうべの情報ではちゃんと見てたのね^^

 リアルタイム観戦は久しぶりなのでドキドキする。胸が気持ち悪い。結果を知って観る方が私向きかも。

 前半18分、ミキッチのクロスを寿人が『ちっちゃい怪獣がガオー!』みたいなポーズで頭で折り返したところをチュン君がボレーシュート。

 無知な私が「おぉ、アジア杯決勝ゴールみたいじゃん!」と思ったら、朝刊に「必殺ボレーと書いてください」と言ったって載ってた。やっぱりこれはチュン君の得意なゴールだったんだね!

 プレーを観る目を持ってないから何の根拠も無いけど、カズって上手いなぁ~!と何度も思った。

 相手のシュートコースにズザッと体をすべり込ませて止めるなんてしょっちゅう。この日は低くて速くて長いパスをどんどん繰り出してるし、ドリブルで上がっていく姿は久しぶりに観た気がするけど、冷静で無駄が無く美しい。

「俺達の誇り」の意味をしみじみと感じた。

 そして31分頃、寿人が転びながら出したボールをチュン君が持つと 相手選手を次々のかわしながらゴールに迫る。

 寿人が走って来るかな…と思ってたら来なくて、チュン君はゴール前でGKとDF二人とほとんど接触しながら決めちゃった。

 うあぁ~~あんなの決めるんだ~! なんかすごいシュートだった。

 チュン君の背中にギシさんが飛びついておんぶされてるところに、寿人まで乗っかろうとしてる。重いよっ!(笑

 中澤に1点返される。

 寿人・チュン君・ムジリの誰かがボールを持って前を向き、他の二人も走り出すと一気に勢いづく感じ。わくわくする。相手にとっては怖いだろうなぁ。

 ハーフタイム。スタジアムグルメの紹介で サンフレッチェレディースの中の一人、お箸の持ち方が…ううぅ。箸の持ち方にはうるさい私。可愛い女の子だと余計に残念。

 後半。

 カズがまたもバンビみたいな愛くるしい顔して、体を張って相手のチャンスをつぶしてくれてる。

 周作と中澤が空中で激しく頭をぶつけた。起き上がれない周作。

「やだ!怪我!?」 息をのむ。ミズの怪我が頭をよぎる。立ちあがったからって安心できないよ…。

 良太は最近「うわぁ~良太~(苦笑)」ってシーンが無いなぁと思ってた矢先、レッドで退場。

 俊輔のFKには 寿人まで壁に並んでた。

 壁に当たり、バーに当たり、周作の手に当たり、弾いたのをまた打たれ、それがまたバーに当たり、ゴール前でドタバタドタバタ。よく入らなかったよ…。

 寿人が洋次郎と交代らしい。

 解説の沖原さんが「佐藤寿人は中盤もうまいんですがねぇ」と納得いかない様子。

 私も「なんで今? もしかして何かあった?」と。

 するとチュンが相手を数人引きつけながら出したボールを寿人に代わってトップに入ったムジリがシンプルに決めた。

 これは監督の采配見事というしかない。

 俊輔に2点目を決められる。

 翔が剛平さんと交代。

 うあぁ~~~! ピッチでユニ姿の剛平さん見るの久しぶりだ~~! あの優しい笑顔に鋼の体。嬉しいよ~!

 ムジリもマサさんに交代。

 寿人&マサさんを見たかったな。ザキエンヌ達はとびとびして喜んでるだろうな。

 ミキッチのスピード・マサさんの猟犬みたいにすばしっこく食らいついていく姿、いいな!!

 チュン君に4枚目のイエローカード…。うぅ~今日中にハットトリックしちゃえ!

 CKから、剛平さんがトラップしてシュート!

 あ~いつだったか剛平さんが決めたゴールあったなぁ。「さすが元FW」って言ってたなぁ。また見られるといいな。

 アディショナルタイム5分だって!? ひぃーーーーーーっ。

 早く終わってーーーーー!

 終了のホイッスル。あ~~~勝ったよ~~~!よかったぁ~~!

 今期負けなしの唯一のチームになった! 暫定2位だし!

 ヒーローインタビューに向かうチュン君は前髪を引っ張って整える^^ うんその方が可愛いよ。

 ムジリのインタビューを待って芝の上に座るチュン君、5月の薫風の中できらきらしてた。絵になる少年だわ。

 寿人&チュン君の連係は どんどん進化していってるんだね。

 さあ、寿人も次は決めてね!

 寿人が決めた週は それを思い出すと元気が出るのよ。

 次の試合までエネルギー切れだわ。

|

2011年5月14日 (土)

大人な気分♪

 昨日、あれから考えた。

 母の冬布団を干して薄い布団に替えないといけないな…と思ってたけど、すでに替えてあった。

 この前「ブラウスが無くなってる」と私は思ったけど、ちゃんとおしゃれなブラウスを着て、春の装いをしていた。

 私があれこれ心配するほど、母は老いてはいない。

 

 でも…夫の居ない土曜日の夜、私は母よりも自分の楽しみを優先させてしまいました…汗。

「夫君 留守ならランチかお茶しない?」とTが誘ってくれて

「土曜日は2時50分から広島の試合をスカパーで観るから、夫を駅まで配達して1時~2時半か、夕方か、日曜日がいい」と我儘を言ったら 日曜日がダメなTの提案で夕方からになりました。

 名古屋市を横断して遠方から、運転の苦手なUも来てくれて、いつものデ○ーズ。

「今 ダイエット中なんだ」と言うUは「ポテトフライだけにしようかな」

「私はずっとダイエット中、気持ちだけね」と私は「筍ドリア(400カロリー弱)にするわ」 

「週始めに2日間ダイエットしたんだ。だから今日はハンバーグにしようかな」とTが言ったら、Uも私もずるずるになっていく。

 最終的に…Tはハンバーグ(の中でも一番カロリーの低いメニュー)と石窯パン。

 Uと私は、ビーフシチューに石窯パン。なんで石窯パンまで頼むのよ~~~泣。

 そしてもちろんフリードリンク。食後には、二人はフレンチトースト。私はキャラメルパンケーキ。

 夫への不満などをこぼして「それはゆうの我儘だわ~」と たしなめられたり、義父母の介護の経験からアドバイス貰ったり、あんな話やこんな話をしてるうちに、11時をまわる。

 おぉ~~クラス会や旅行でも無いのに こんな時刻に外にいるなんて…おっとな~♪

 そして…「あ~またあのロングステイだ。夜でも長いんだ…」ってお店のブラックリストに再登録されてるだろうな。

 深夜になると声が枯れてくるんだけど、立ち去り難い女子会でした。

 この後、名古屋在住のTは「意気が25分(どんだけ飛ばした?)だったから帰りは20分だわ」と言い、夜の運転初体験のUは「帰りの事で頭がいっぱい」と笑いながら帰って行きました。

 私も運転が苦手だから、以前、名古屋まで運転して行って友達と会ってる時は楽しいんだけど、帰りが近づくにつれて帰り途が心配だった。

 私に付き合ってくれて、こんなとこまで来てくれてありがと~~~♪

|

2011年5月13日 (金)

簡単には学習できない…

 昨日は、母を近所のかかりつけ医へ連れていく日。

 アリセプトや骨量を増やす薬が無くなるから。(私は薬の管理に関しては徹底してる)

 それで前日からひと悶着。迎えに行く時刻の確認の電話をすると

「どうして医者に行かないといけないの?」(すでに怒りモードの母)

「薬が無くなるでしょ」

「お母さん、もう薬なんか要らないよ。腰の痛みももう無いんだから」(前の日に腰が痛いって言ってたのに…)

「腰の薬じゃなくて、物忘れの薬」

「そんなもの飲んだって治らないのに」 

 こういう電話のやり取りがあって、昨日は行く前から気が重かった。

「今から出るよ。支度しておいてね」と電話すると またしても

「どこへ行くの?」

「S医院だよ」

「何しに行くの!? お母さん もう行かなくていいのに」

 で、前日の説明を繰り返す。

 実家に着くと普段着のまま…でも穏やかに

「S医院行くから支度してね」

…そして「何しに行くの?」から以後繰り返し。

 今度はいちいちノートテイクだから 面倒くささが2倍。

 すると「診察券が無い」と来た。

「○○どこにある?」「どこだっけ…」も ここんとこ毎回の事。病気だから仕方ないと そこは穏やかに(穏やかなふりをして)一緒に探す。

 バッグも財布のポケットも貴重品の引き出しも。捜しながら、私の中の次の予定の『母の生活費を下す』為に通帳や印鑑も準備する。

 持ってきたおかずも 器に移して それぞれに説明メモを書いて貼り付け、冷蔵庫に入れる。冷蔵庫にも『ハンバーグ・サラダ・えんどう卵とじ・筍・コーンスープ 冷蔵庫にあり。5月12日 夜に食べて』と大きく書いて貼り付ける。

 バタバタしてる私の横で 母は落ち着いた声で「無い」 

 無いじゃないわ! と内心舌打ちしながら

「いいわ。再発行してもらえばいいから、とにかく行こ」

 母はこの時、おそらく失くした事で自信を失ってるんだろうな。どんどん不機嫌になっていく。私も同じ。

 向かう車内で 母が財布の横のポケットから診察券発見。(ん~このポケット 私が気付かなかったのは悔やまれる)

 S医院へ着くと待合室で「どうしてこんなに何度も来ないといけないの」と怒りの発言。

 上記の説明を繰り返す。

「高いお金ばかりとって。この前も2万円も払ってるよ。年寄りは金づるなんだわ。お母さん、どこも悪くないのに」

 その2万円はデイサービスを利用する為に提出する健康診断の費用。それについても もうすでに何十回と説明してる。

 「デイサービスを利用するのに必要で…」と 同じ説明をノートテイクする。

 でも母の怒りはどんどん上昇していく。声が大きくなる。

「もう薬なんか飲まないよ。飲んだって良くなる病気じゃないんだから」

「良くならなくても悪くなるのを抑えてるんだよ」と書く。

「どこも悪くないのに、面倒な検査させられて認知症にされて、薬飲まされて、もうお母さん、医者には来ないから。薬要らないんだから来なければ済むでしょ」

「じゃあお母さんから先生にそう言って。先生が了承してくれたら、もう来ないから」と書く。 私だって連れてくるの面倒だわ!

「そんな事 失礼でよう言わない。ゆうこが言って」 ちょっとぉ~~~苦笑。

「私が言っても お母さんには聞こえないから、お母さんが自分で言って、先生の答えを私が書くから」と書く。

 S医院の先生はダンディで優しくて、いつも母を包み込むようにして話を聞いてくれるし、看護師さん達も経験豊かな年代の人達が多くて お年寄りに対して温かく親しみやすく接してくれてる。母も大好きだったの。

「先生も看護師さんも いつも優しくて、あそこへ行くと お母さん元気になる」と喜んでリハビリに行ってたのにね…。

 診察室に呼ばれて「先生、薬は飲まないといけませんか? もう全然 痛くないんですけど」と母。

「薬は痛み止めじゃないからね」と優しく先生が言ってくれる。

「私が薬を無理強いするのが気に入らないんだと思います」と そっと伝える。

 事情を察した先生は一層優しく母に語りかけてくれる。

「骨の薬と おしっこが近いのもあるし、物忘れもあるでしょう」

 私が書くのを待ってくれる先生。その上「書いてくれてありがとうね」とまで言ってくれる。

「もう私80歳なんです。いつ死んでもいいんです。だから薬なんて飲まなくてもいいんです」

「でもねぇ、そう簡単には死ねんよ。生きてる限りは元気でいないと。皆が心配するよ。娘さんが一番心配するんだよ。骨折でもして寝込んだら大変でしょう。老いては子に従え、娘さんの言う事 ちゃんと聞かないと」

 さすがに『老いては…娘さんの言うこと…』は書かなかったけど、私が涙ぐみそうだった。

 看護師さん達からも「また来てよ。待ってるからね」と抱きしめられて 母は泣きながら「はい、わかりました」

 その後、ファミレスへ。無言のまま食事。普段でも母がしゃべって私は書くので、傍から見たら『お母さんが一人でしゃべって娘はずっと無言』に見えてると思うけど、この日は母も無言。

『どれにする?』『飲み物は何にする?』『ご飯は残して持って帰ればいいよ』必要事項だけ書く。

 銀行へは生活費を下す他に 暗証番号を3回間違えて使用できなくなったので、その変更手続きもしたい。

 使用不能になったカードも持っていかなきゃいけない事を知らずに、この日は手続きできず。

 1時半にはケアマネIさんの月に一度の面談。

 Iさんの第一声「娘さんはお体の具合どうですか?」

 私 きっとすごく疲れた怖い顔してたんだと思う。

 で、前日からの母とのいざこざを話す。

「相手の話に合わせて否定しないようにするって事は分かってるけど、例えば医者で2万円払わされたと言うのに『それは高いねぇ』と言えばいいんですか?」 そんなのお医者さんに申し訳ないよ。

Iさんの答えは「説明しても忘れてしまうのだから そこは『ほんとぉ~』と流しておけばいいんですよ」

 やっぱりそうなのね。難しいよ…涙。

 母はデイサービスが楽しいと嬉々としてIさんに話す。ノートテイクしながら、私は笑えない。

 Iさんは 母からの、もう何度も聞かされた話を 初めて聞くように「まぁ~!」「すごいですね~!」「よかったですねぇ~」と 表情豊かに対応してくれている。

 うん、それが一番だって事もわかってるんだ。

 私は勝手な事を言う時の母にそれができない。だから母も よけいに頑なになっていくんだよね。

 母がデイサービスに喜んで行ってくれてるだけでいいじゃん。

 寝込んでるわけでもない、一人暮らしも頑張ってるんだもん。

 こうやって日記を書いてると 私は何がそんなに負担なんだろう…って思うんだけど。

 今週末、夫はマラソン大会に参加する為、一泊する。

 本当ならそんな夜は 母のところへ行って一緒に夕飯食べるんだけど、今の私は 母と一緒に過ごしたくない。きっと母も同じだと思う。

 7月には 私の住む市に 母の好きな松井誠の演劇が来る。

「チケット買っておいてくれない?」 それは私の送迎と同行も意味するんだよね。

 7月に実家まで2往復はしんどいよ。

 それに こういう精神状況の時に 母の為に無理をする気力もない。(薄情だね…)

 チケットはネットで買った。

 でも送迎と同行は弟に頼もうと思う。

 こんな風に薄情な本音をつづっていたら、デイサービスから帰った母から電話があった。(こういう報告電話を忘ずにできるんだもん。ちゃんとしてるじゃんね)

「今日もお母さん 楽しかったよ。ありがとうね」と明るい声。

 それで私の心も少し和む。

 でも…まだ「土曜日の夜 一緒にご飯食べよ」とは言いたくない。

「来週木曜日に行くからね」(声のトーンは低い)

「木曜日は公文じゃないの?」

「今は月曜日だけにしてもらってる」

「じゃあ、お願いね。待ってまぁす」

 やっぱり可愛い母なんだ。

 この先、認知障碍がどんどん進行して、私が誰だかも分からなくなってしまったら

「あの頃は『自慢の娘なんです』と皆に言ってくれてたなぁ。電話もかけてよこしたし、観劇したい気持ちもあったし、チケットの発売もちゃんと分かってたんだよね」って思うんだよね。

 今の状況に感謝して、今 母と過ごす時間を大切にしなきゃいけないね。

 私が心から笑顔で 母の言う理不尽な事も聞き流し、上手に対応できるようになれば、母も機嫌がよく、私も愛しさと満足感で気持ち良く過ごせるんだろうね。

|

2011年5月11日 (水)

感謝感激☆名鉄百貨店夫人靴売り場さま様

 まずこの写真をご覧ください。

Image223   

 3月に、母と早乙女太一を観た帰りに名鉄百貨店の靴売り場で母に買ってもらった靴です。特売コーナーだったので、とってもお値打ちでした。

 でもこの写真、買ったものとはちょっと違ってます。

 右足の靴が買った時のもの。

Image225

 実はこのコサージュを片方失くしてしまい、苦肉の策で昔使っていたイヤリングをつけたの…。

 イヤリングの靴も そこそこ気に入ってはいるんだけど、やっぱりこのコサージュが可愛い。

 で、靴の中敷きにあるメーカーに問い合わせようと ネットで検索したら見つからない。

 オークションに出てるだけで、メーカーの公式サイトらしきものが無い。

 「○○という靴のメーカーを知りませんか?」って書き込みまであった。

 ダメ元で、靴を購入した名鉄百貨店にお手紙を書いた。

 靴の写真をプリントした便せんに、メーカーの名前を書き、コサージュを取り寄せたいので、連絡先を教えてくださいと。

 返信用に私の住所を書いた葉書も同封した。

 そしたらね! 今日、名鉄百貨店から封書が届いた。なにやら一部膨らんでる。

 もしや!?

 入ってました~~~~~!! あのコサージュ!!

 お手紙も入ってて、丁寧な挨拶に続き『メーカーに問い合わせたら在庫が無く材料も使い切ってしまったので生産できないと返答あり。今回は店の在庫分より御用意させていただいたので 今後も御愛用ください』って(要約)

 そして新品の葉書も同封されてました。

 どれほど私が嬉しかったか想像つくでしょ!

 早速 お礼の電話をしたら、送ってくださった担当のSさんはお休みとのこと。でも売り場の方も分かってらしたようで「伝えておきます。わざわざお電話ありがとうございました」って。

 電話を切ってから気付いて、もう一度電話する。

「代金はどのようにお支払いしましょうか?」

「今回は頂かないと担当から聞いております」

 ありがとう! ありがとうございますぅ!! 涙。

 実はこの封書、40円の料金不足でした^^

 でもありがたく払わせていただきます。

 うあぁ~~~い♪ 可愛い可愛い靴~~~♪ 大事にはくよ~~~♪

|

2011年5月10日 (火)

納得!

 芦田愛菜ちゃん…かなりブレークしてる。

 私は彼女の出世作となった『Mother』を見てない。

 でも彼女が 今すごく注目されてるのは知ってた。

 CMにもいくつか出てるし、ワイドショーでインタビューを受けてる姿も何度も見た。

 そして思ってたのは「ん~~こまっしゃくれた子だな。子どもの着ぐるみを着た女優だわ」でした。

 だからみんなが「可愛い!」「かわいい!」と言うのに なんとなく反発する気持ちがあった。

 ところがね…マルモのオキテを見だしたら…180度の心変わり。

 このドラマは阿部サダヲに期待して見始めた。彼の主演映画はDVDレンタルして、はずれが無い。

 そしたらねぇ…期待以上の面白さよ。

 それもこれも芦田愛菜ちゃんの魅力で。

 双子の鈴木福くんもいいよね! 彼はもしかして ♪○○の壁紙はね~~♪の子かなぁ? 

おっきなわんこと「やりすぎましたっ」ってやってるのは すごく好きだった。

 この二人がもう本当に面白くて可愛くて。

 こまっしゃくれてると思ってた愛菜ちゃんは やっぱり名子役なんだよね。

 所作は本当に子どもらしくて可愛いんだもん。

 エンディングの歌と踊りも すっごく楽しくて可愛くて。日中、家事をしながら♪まるまるもりも~り ナントカカントカ…てかてかつるつ~る…1・2の3・4で ごましおさん♪とうろ覚えのまま口ずさんだりして。

 正直なところ、踊りも覚えて一緒に踊りたい。

 我が家は「JIN」を楽しみにしてたけど、先週はJINを見ながら マルモを録画した。

 で、夫が「この頃 私はJINよりマルモなんだよね」と言うのを聞いて あらま!私もそうだったわ!と気付いたのでした。

 そしたら今日、夕方の再放送で Motherをやってるのに気づいて 初めて見た。

 きっともう終盤なんだろうね。

 想像通りの演技で…やっぱり泣かせてくれるわ。

 ちょっと前の特別番組で 幼稚園児の5人組が冒険の旅に出る? のやってて、それも ちらちらと見た。

 あれにも福君出てるよね。

 あれを見てる時は まだ「ん~~こまっしゃくれてるなぁ」だったのよ。

 でももう今は違います。

 こまっしゃくれてても愛菜ちゃんが可愛い! そして福クンとのコンビもいい味出してる!

 日曜の夜の楽しみです♪

|

2011年5月 8日 (日)

第10節 サンフレッチェ広島 対 ヴァンフォーレ甲府

5月7日 土曜日

【広島 対 甲府】 ビッグアーチ (スカパー録画観戦)

  soccer1対1 
  soccerゴール…寿人PK shine

 ゆうべ深夜にかけて録画を見た。

 寿人ゴールがあると…ね。

 水本・アオちゃん・ナカジが怪我で交代するって知って見てるから、最初に水本が倒れた時は「これか…」

 でもその後もずっとプレーしてるじゃん…。

 アオちゃんは、まるで「もうボク プレーしないよ」って感じで 突然 体操座りするし…。

 うあぁ…自分だから分かる異変なんだ…! 担架に乗ってもまだ体操座りのままで表情も痛いとか苦しいとかじゃないところが ますます怖いよ…。

 水本はハーフタイムで交代を申し出なかったのかしらん。

 アオちゃんに続いてナカジが交代し、交代枠の残りが1つしか無いから「僕も…」とは言いだせなかったのかしらん。

 いつもはカズと浩司の顔ばかり気にして見ちゃう。しんどく無いかしら…まだ大丈夫みたい…無理してないかしら。

 でもゆうべは、カズの側に映った水本の顔を見ちゃったわよ。

 眉間にしわ寄せて明らかに辛そう。

 カズが指で交代を要請したようにも見えた。カズ…人の事をサポートできるくらい回復してるんだね^^ それはすごく嬉しかった。

 そしてようやく水本の交代。

 今朝の朝刊で『頭蓋骨骨折 硬膜外血腫で手術をした』と知った。

 なんですって!! キックオフ早々に頭蓋骨骨折して、そのままでプレーしてたのね!

 言葉が無いよ。

 以前 剛平さんも顔を骨折したままプレー続行してて ヘディングだってしてた事あった。

 プロサッカー選手って…。

 全治4ヶ月…今頃は術後の発熱や痛みと闘ってるんだろうな。

 どうかどうか一日も早く元気になってくれますように。

 寿人のPKは、ミキッチが獲得したものだった。

 それを寿人が蹴る…もしはずしたら…。リアルタイムで見てたら心臓がつぶれそうだっただろうな。

 録画で良かった。

 やっぱり広島へ行きたいな。

 来週はスカパーでリアルタイムで観戦できる。

 怪我人続出でスタメン組むのに大変だった去年と違って、今年は控えの選手層も厚い。

 アオちゃんは経過観察だと公式サイトに発表があった。ナカジは?

 

|

2011年5月 7日 (土)

またまた瑞穂へ

 GW最後のサッカー観戦。

 スタジアム前の広場でグラン巻きの列に並ぼうとしてると 後ろから

「ゆうちゃん みーっけ♪」 Rちゃんでした。

 後で聞けば、もっと前から見つけてたんだけど、私があまりに速くて追いつけなかったって(そうでしょう~^^)

 それにしても…グラン巻きを買う為に屋台に向かう私の勢いは相当なものなのね…汗。

 今日は「おもてなし武将隊」のCDデビューのお披露目会。

 2時にはちゃんと車椅子席で待ってました♪

Image237

 朝のテレビで見てた人達…なかなか見ごたえあったよ。

 夫君のお付き合いで初観戦するTからメール。

 お互いの位置を電話で確認。

 だいたい分かったところでTが「立とうか?」「うん立って」

 あー!間違いない!「手振ってるでしょ」

 ゴール裏のバックスタンド寄りのTと、メイン正面の私が手を振り合うって…携帯電話さまさまだね。

 清水の応援は相変わらずすごい!

 試合開始前に 携帯で広島の状況をチェックする。

 先制されてるじゃん…寿人はオフサイド…って事は 一応ネットは揺らしたのかな。

 ここまで見ちゃうと、もう気になって気になって仕方ない。

 こちらの試合は3時キックオフ。

 広島の後半の速報のトップを見ると 1対1になってる。

 さささーっと遡ると…寿人ゴールだ! んPK? じっくり見る事はできなかったけど、とにかく寿人ゴールだけ見て涙がにじんだ。どんだけバカ親か。

 それからは、ひたすら広島の逆転勝ちを願う。 逆転勝ち…私の憧れの逆転勝ち!

 名古屋対清水がハーフタイムになり、携帯サイトをじっくり見る。

 1対1の引き分けか…。開幕以来負けなしなのは嬉しいけど、勝ちたかったなぁ。怪我人が出てるみたいだし、それも心配。大事ないといいんだけど。

 と思ってたら、なんとTが現れた。

「よくここまで来られたねぇ!」

 野球は好きだけどサッカーはさほど興味無くて今日が初観戦なのに、この行動力☆

 Tの今日の楽しみは『グラン巻きを食べる事』だったそうな。

「グラン巻きって言う名前から おっしゃれ~な食べ物を想像してたのに、藤田屋の大あんまきじゃんね~」と笑ってた。でも美味しかったって。そうでしょ♪

 実は私 4月29日・5月4日・7日と3回来て、グラン巻きは合計10個(4・3・3)買ったのよね。翌日のおやつに夫も2個は食べたけど、残り8個は…(恐

 今、アフターゲームショーだけ見た。

 寿人 オフサイドじゃなければ 今日はハットトリックだったんだね。

 ミキッチが得たPKを寿人が蹴る事になった経緯を知りたいわ。

 今夜、録画を見られるかなぁ…。

 

 

|

2011年5月 6日 (金)

最近のお気に入り♪

 プリンだったり、巨峰だったり、天津甘栗だったり、ポンデリングだったり、はまると ずっとそれを食べ続け(買い続け)てしまう悪い癖。

 目下、気に入ってるのはコレ↓

Image221

 このアーモンドラッシュって とっても美味しいの。

 入院中に愛用してた「お菓子入れ」に割っていれてあり、食後とか寝る前とか(よりによって!!)に「一かけらだけ…」と缶の蓋を開けてつまむ。

 そして一かけらだけのはずが、二かけら…三かけら…となる事がほとんど。

 この黒いミルクチョコレートは 私の中では二番手。一番いいのは赤いハイミルク。

 アーモンドラッシュは砕いたアーモンドがたくさん入ってるので どうしても歯で噛まなくちゃいけない。歯磨きした後で「ひとかけらだけ…」をやるのに不便(笑)

 その点、ミルクチョコレートは舐めてれば溶けるから(って 歯磨きしない理由にしていいのか?)

 で、どうしてこんなにたくさんあるのかと言うと…特売の時に買い溜めするからでーす♪

 レジの人はきっと「お孫さんが遊びに来るのに備えてるんだろうな」って思ってるね。

 苺は 私の中の一過性の流行りとは別格で永遠に大好きなので、苺が平均的なお値段で売られてる間は併用してますの。

 こんな間食生活の積み重ねで、私の体重はじわじわと増えております。

 去年の入院で『一日1300㌍・間食無し』をしたら一ヶ月で1.5キロ減り、3ヶ月の入院中に3.5キロ減って、本来の体重にかなり近づいたのに、現在、入院前の体重が目前です。

 お菓子をやめれば絶対に痩せるってわかってるのにね…。

|

2011年5月 4日 (水)

やっぱり買う!

 サンフレッチェ広島のセカンドユニ買います! もう諦める理由なんて探しません!

 ゆうべ、録画を見た。16年間勝てなかった日本平での清水戦にとうとう勝った歓喜のゲーム。

 私はと言うと…寿人ゴールは無いし、後半早い時間帯に交代してる状況を知った上での録画観賞。

 ムジリのゴールの瞬間、寿人が仁王立ちして両拳を突き上げてる姿…可愛い。

 その直後、スタンドに向かって走るムジリに飛びつこうとする寿人が吹っ飛ばされたのも可愛かった。

 戻って来たムジリの頭を両手で何度もぺしぺしぺしぺししてたし。ムジリも寿人がしやすいように(?)頭を下げ気味にしてたし。

 試合終了後の挨拶の時、寿人はサンダル履きだった。

 清水戦を現地観戦したみきちゃんから「ベンチでアイシングしてた。腰も痛そうにしてた」と聞いた。早めの交代は やっぱり何か異変があったのかな。

 そのみきちゃんが「終了後の挨拶の時の喜びようが子どもみたいで可愛かった」とも言ってた。

 たしかに^^ 寿人はまるで自分のゴールで勝利したかのような喜び方だった^^

 コメントでも本当に嬉しそうだったしね。

 広島の長いジンクスを覆した記念すべき試合だったもんね。

 さてさて、私は、今日はまたも瑞穂陸上競技場でした。

 ACL 名古屋グランパス 対 杭州緑城。

 29日の川崎戦で やっと使用したシーズンチケット。

 その日、車椅子をエレベーターで案内してくれた係りの人が 当然のように車椅子席に誘導してくれた。

「あっちの指定席まで杖で下りるので…」と断って向かった指定席は 前から2列目なんだけど、コーナーよりも外側。

 おまけに後ろには耳障りなおじさんが居る…苦笑。

 それで今日は誘導されるままに車椅子席に行ってみた。

 そしたら…うひひ。

 と~っても良い眺めなのよ。もう次からもここにするわ。

Image233

 広島戦の時は 最初からシーズンチケットの指定席(メインのホーム寄り)には座らないつもりで、アウェイ寄りの指定席を別に買った。

 それよりも車椅子席の方がいい事に気づいてしまったわけです。

 ただね…ここはやっぱり名古屋。車椅子席にも赤い人達がいっぱいなわけよ。

『対戦相手のファンは車椅子席使わせません』って事は無いと思うけど、赤い人達の真ん中(後ろもメイン指定席)で、違うレプユニ着て特別にいい感じの場所に座るのは気が引けるじゃない。

 で、あのセカンドユニだったら

「どこのユニだ?」でスルーされるかもしれないし

「グランパスユニを間違えて漂泊しちゃったのか?」って誤解してくれるかもしれない。

 だからもう買うのだ! これはもう立派な「買う理由」だ。

 今日もRちゃんは車椅子席まで下りて来てくれました。Rちゃんも「来年はペアシート買わない(苦笑)」って言ってた。

 そして私は今日もグラン巻きを買いました。でも今日は3つだけ(この前は4つ)

 その代り「とんむす」なるものを買ってみました。うん、なかなか美味しかったよ。

|

2011年5月 3日 (火)

バ~ベキュ~♪

 中学の恩師のお宅で 毎年恒例のバーベキュー。

 もう何年になるだろう?

 まずそれぞれが連れてくる子供たちが いつの間にか子どもじゃなくなってる。

 親と一緒にビールを飲む人数が増えていく。

 そして恩師の御子息・御令息にも 赤ちゃんが誕生し、歩き出し、しゃべり出し、小学校に上がり…と、確実に時は流れている。

 私達世代の子ども達(私には無かったけど)が広いお屋敷内をドタバタ駆けずりまわっていたのが、今度は先生のお孫ちゃん達がはしゃぐようになる。

 世代交代…時の流れをひしひしと感じる。

 かつおのたたきがメインだった時代もあり、採れたて山菜の天ぷらや豆腐田楽を経て、ここ数年は 先生お手製のバーベキューセット(これがかなり立派!)の周りに男性陣が座って肉を焼くスタイルになってきた。

 この大がかりなバーベキューセットを携帯で撮影したのに保存してなかったみたい(涙)

 それもブログに載せるからと、飲んだくれてる男性が写りこむのをよしとせず 避けてもらったにもかかわらず…。

 この日は女性陣は室内で「お肉まだ~?」と言っていられる^^

 今年は手作り餃子もあった。

 毎年、それぞれの家族が何か一品作っていくのも ここ数年の習わし。

 で、かなり以前から【お決まり】のようになってたのがコレ。

Image230

 写真では分からないけど、この容器 すっごく大きいんだよ。

 今回は大人(高校生含む)が20人+子ども5人(赤ちゃん一人含む)の一部がおかわりをしつつ食べられる量。

 そしてもう一つの【お約束】デザートがコレ。

Image231

 さんざん食べてお腹いっぱいだったのに、最後にこれを食べられちゃうんだよね。困った困った。

 おまけ画像は、カービングのプリンスメロン。

Image228

 Gさんちのお嬢ちゃんが作りました。

「気立てのいい可愛い女の子」で、就職してからは花がほころぶように美しさを増してて どんな人と結婚するんだろうと密かに楽しみにしてたら、いつの間にか28歳になってて びっくり!!

 ここに集まる家族は皆 ホームドラマに出てくるような仲良しファミリーなんだけど、Gさん曰く

「仲が良すぎて、一生5人家族で暮らしてるかも」って(笑

 サンフレッチェの試合は、今回も携帯サイトで結果だけ見て、録画を見ます。

 明日は 偽りの赤いユニです…苦笑。

|

2011年5月 2日 (月)

セカンドユニが欲しい!

 29日のジュビロ戦の録画をやっと見た^^

 当日夜のアフターゲームショーでちらっと見た時は 緑のピッチにジュビロの水色と広島のピンク色がさわやかでとっても綺麗だった。

 さて、じっくり見るとどうなんでしょ?

 入場は、白ジャケットにピンクのパンツって^^ 周作は白ジャケットに黄緑のパンツって^^

 新幼稚園児みたいで可愛いよ~~~(泣笑)

 私はとっても好きだけど、サッカー選手としては あまり強そうに見えないかな。

 結果を知ってて見るのは冷静でいいね。

 寿人からチュン君へ。

 チュン君から寿人へ。

 ゴール前でパスがつながる。

 ゴールはできなかったけど、二人で親指を立てて目配せする。いい感じ~♪

 アオのミドルシュートがバー直撃から チュン君・寿人・洋次郎と立て続けのシュート!

 すごーーーーっ!!

 ピンク色ユニに黄緑色のくっくの寿人…かわゆい。…と思ってたら黄色に交換。

 実況アナが「のせたら怖い5人が もう前線に入っています」おーなんか すごくつおそう^^  怖い5人って、寿人・チュン君・洋次郎・ミキッチ?・良太?

 後半。

 パステルカラーのピッチ上の風景にも すっかり馴染んだ。和むわ~♪ 優しい気持ちになれるわ~♪

 …いや、試合中に優しい気持ちになっちゃいけないか。

 実況アナは「薄いオレンジ」って言うなぁ。テレビではオレンジって感じはしない。ピンクが勝ってる…サーモンピンクってとこかな。

 うぅ~~やっぱりどうしてもかなり欲しい。

 ビッグアーチで実物を見た時は「…色褪せたオレンジ色って感じだなぁ」と思ったけど、女性にはいいんじゃない? 

 でも購入済みのホームの紫ユニも今年は気に入ってるの。

 セカンドユニを買っても、何回着られるか…。

 日常着にしてもいいかな。

 でも私はああいうスポーティなスタイルが本当に似合わない。

 肩幅が狭いからTシャツが映えないのよ。

 スタイルの良い人があのサーモンピンクユニを着てジーパンはいたら いいと思うわ~!

 ヤマハスタジアムはピッチが近いね。

 ゴールした金園がスタンドに駆け寄ったら、最前列の女の子が友達みたいに両手を伸ばした。そりゃあの距離だもの伸ばしたくなるわ。おまけにその両手は見事に彼の両肩をとらえるんだもの。

 で、友達では無い証拠に、次の瞬間、その女の子「私、どうしましょ!?」って表情で肩をすくめ両手をこぶしにして自分の両頬にくっつけてた。

 可愛い~~~^^ その気持ちわかるわ~~~^^

 寿人がドリブルで正面に…ああ、これが携帯サイトで見た「寿人ミドルも枠外」か。

 うん…一瞬フリーに見えたけどボールは大きくゴールの上だった。

 決まる時は こういうのが当たり前のように決まるのになぁ…。

 そして周作と前田のPA内での接触。

 うあぁ~~~えらいこっちゃ!! なんだけど PK止めるの知ってるもんね♪

 止めた瞬間「よっしゃーーーっ!」って誰の声だろう? 思わず戻して確認したわ。結局 わからなかったけど。

 周作すごいわ。公式サイトの動画で「PKを止めたのはリーグ戦では初めて」って言ってた。気持ちいいよね。自信になるよね。

 ウッズが大好きだけど、周作の能力の高さを認めないわけにはいかないわ。

 そして最後の見せ場は、ゴール前にミキッチから出たボールに寿人が行くも、チュン君も突っ込んで来て、チュン君がシュート! 川口が足で防いだのが寿人の前に!

 うぅぅ…ここで決めるのが寿人なのになぁ。

 寿人のシュートも磐田のDFと川口の体や足が幾重にも伸びてゴールネットは揺らせなかった。

 この一連のセーブには、川口達が大喜びしてたから、彼らが上手かったって事で。

 さて、セカンドユニ…ほぼ買う気になってるの。

 でも「諦める理由」を探してもいる。

 買うならビッグアーチで会員割引…となると秋だし、日常に着るなら夏前がいいし。

 あのピンクユニを日常に着てても きっとほとんどの人が「あの人には似合わないTシャツだな」って思う程度で、まさかサンフレッチェ広島のレプユニだとは思うまい。

|

2011年5月 1日 (日)

焼き肉屋さんのサプライズ♪

 来週が母の誕生日だけれど、グランパスの試合があるので、昨日 誕生祝いをした。

 午後から迎えに行って、まず私の行きつけの美容院へ。染めてカットしてもらった。

「若返りましたね」と美容師さんに言われて笑顔。

 夕方からは、我が家がいつも利用する焼き肉屋さんへ。

 そこで以前、お誕生日イベントをやってるのに遭遇した事がある。

 当事者に知られないように、店員さんが各テーブルに

『お誕生日のお祝いをするので消灯しますがご協力をお願いします』と書いた札を見せて回る。

 数分後、それまで流れていた店内BGMが消え、明りが消える。

 可愛い女性店員さん達が♪ハッピバァスデー トゥユー♪と歌い手拍子しながら お誕生日の人のテーブルに集まってくる。

 手にしたお皿には花火。どうやらお肉をケーキ風に盛りつけてあるみたい。

 それを思い出したので、予約する時に 母の傘寿の誕生祝いである事を告げた。

 果たして…この日も途中でBGMが消えた。

 周りのテーブルに札を見せてる姿は気付かなかったなぁ。(実は注意深く見てたんだけど)

 そして消灯。

 母は停電だと思ったらしい。

 間もなく♪ハッピバァスデー トゥユー♪と手拍子が近づいてきた^^

 母はまだわかってない。

 花火のついたお皿が母の横に置かれても 何が何だかわからない様子。

Img_8785

「お母さんのお誕生日祝いだよ」と耳元で言うと ようやく事態が呑み込めた様子。

 両手で顔を覆って「ありがとうございます」と。

 店内の他のお客さん達にもわかるように ちょっと立ち上がって「ありがとうございます」

Img_8787

 隣の席の親子連れのお父さんも 私達が来る前にこのイベントをやってもらったそうで(そういえば、テーブルにそれらしいお皿があったわ)母のお皿の『80歳』を見て

「僕の倍ですね。でも80歳には見えない。お若いです」と。

 よく聞こえないまま 曖昧に微笑む母にノートテイクすると途端に笑顔がはじける。

 奥さんまでもが「お肌もきれい」と言ってくれたので すかさずそれも書きかけると…

「お肉をいただいたからです」って…聞こえてるんだ。

 私がいつも食後に頼む特製プリンを母にも頼もうか聞いたら

「1つは食べられない」と言うから「じゃあ半分こしよう」と1つだけ注文した。

 先に母に食べさせて「あとは ゆうこ食べて」と渡されたので、もう堪能したのかと残りを全部食べたら

「全部 食べちゃったの? 私ももう少し欲しい」って^^ 

 もう一つ頼んで今度こそ堪能しました。

 そして会計時、可愛い女店員さんが

「何もできませんでしたが、これ 私達からです」と手書きのカードをくれた。

 これは私も知らなかった!

 もう母は大感激。

 帰りの車内でも「こんな誕生日 生まれて初めて!」と繰り返してた。

 私が子供の頃も けっこうやってたはずなんだけどな…。結婚後も いろいろしてたんだけどな…汗。

「他のお客さん達も立って手拍子してくれたねぇ」って。(私は見てない…運んでくれた店員さん達がテーブル脇に立って手拍子してたのをそう思ってるのかも)

 自分だけスポットライトを浴びて晴れがましい気持ちになったんだろうね^^

 

 今日の朝刊の「くらしの作文」で、認知症の親御さんを看取った経験の中で

『①褒める ②注意をしない ③話を合わせる』の3点に気をつけると 平静で機嫌良く過ごしてもらえるとあった。

 本当にその通りだわ。

 簡単な事なんだけど、私には②と③が難しいんだ。

 昨日も出掛けに 着るものをアドバイスして怒らせ「もう行かない!」と。

 送り届けて帰る間際に 薬の飲み忘れに注意を喚起して「そんなに心配してもらわなくていい! お母さん、薬は絶対にのみ忘れてないから!」と。

『飲み忘れてないなら こんな心配しない。すでに数回飲み忘れてるから言ってるの!』心で叫んだ。

 見事に私は②と③に反するんだよね。

| | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »