« 第12節 広島 対 神戸 | トップページ | 自称「通院のベテラン」も電子カルテに苦戦 »

2011年5月25日 (水)

心は穏やか^^

 昨日、『25日、S医院へ行くよ』と、確認の電話をすると「老人会の集まりがある」と言う。

 先週から約束してたのになぁ…を ぐっと飲み込んで

「じゃあ集会所へ迎えに行くわ」「お願いね」

 そして、今日 約束の時刻に、あえて集会所を通り過ぎて実家へ直行。

 居りました(笑

「行かなかったの?」と思わず問い掛けたけど、聞こえないから返事無し。ノートテイクするほどでも無いと思い

「S医院へ行くから支度してね」

 でも集会に行かなかったわりに、お化粧もしてて、この時期にぴったりのおしゃれもしてたなぁ…。

 機嫌良くスカートをはきかえながら

「どこへ行くの?」 笑

耳元で大声で「S医院だよ」

また「もう腰は痛くないから行かなくてもいいんだけど…」

「薬を貰わないと…」と 毎度お決まりのやり取り。

 でも今日は、素直に納得してくれた。前回の先生や看護師さんの言葉がよみがえったのかもしれない(だといいな)

 こういう母だと私も穏やかで居られる。

『お母さん、今日のセーターいいじゃん。ブローチもよく合うよ』(ノートテイク)

 嬉しそうに笑う母。

『それに 今日は綺麗にお化粧してるね』

「お化粧なんてしてないんだよ。眉と口紅だけ」

『でもほっぺが綺麗だよ』

「あ~これね、白粉じゃないんだよ。天花粉」と また嬉しそうに笑う。

 診察室では、いつものように優しくユーモアたっぷりの先生から

「おしゃれなブローチだねぇ。女性は綺麗でいる事が一番」と言われ そういう事は聞こえるらしく、私が書くより早く照れ笑いしてた。

 注射してもらうのを廊下で待ってる私に、看護師さんが

「今日は調子いいみたいね。綺麗にお化粧もしてるし」と。

 あ~よく分かってるんだなぁ。

「はい、今日はご機嫌です」と、以前いただいたアドバイスの事などを話すと

「こうやって波があるのよね。この前みたいに怒っちゃうとね…」って。

 待合室で私に怒ってたのも ちゃんと知ってるんだね。

 ランチして帰宅すると、家計簿をつけ始める。

 薬も自分で仕分けしようとしてる。

 …数分後「ゆうこぉ…お母さん、薬 わからなくなっちゃったんだわ…」とSOSが出た。

 でもそれも私が作った薬箱に入れようとしたら

「それに入れると取り出す時、指に刺さるの。こうやって自分で指で押しだせるから大丈夫。せっかくゆうこが苦心して作ってくれた箱なのにごめんね」と。

 SOS発信した事は忘れてしまったけど、途中で自分でやれる目処がたったのね。

 だから『さっき分からないって言ったじゃん』は飲み込んだ。

 扇風機ももう出してあった。

 トイレには予備のトイレットペーパーが置いてあって、ちょうど使い切った私は助かった。

『お母さん、扇風機は出してある、トイレットペーパーの予備も置いてある、よく気が回るね!』

 先週、母が「お母さんって認知症なの…?」と悲しげに電話で言った事で、私は手紙を出した。

「ゆうこの手紙 お母さんの宝物だよ」と言った次の瞬間

「この個所がどうしても納得できなくて ちょっと怒れた」と。

「ごめんね」と軽く流して

『これ綺麗だね!』とテーブルの上の花を褒めたら

「これ庭に咲いた牡丹だよ」とにっこり。

 うんうん、今日の私は ちゃんと学習した事を実行できてるぞ。

 と言うわけで、今日は穏やかに帰って来られた。

 またも道路の真ん中まで出てずっと見てる母に、角を曲がる時は窓から右手を出して振った。

 でもね…体はやっぱりしんどかった。

 もしかしたら精神的負担でしんどいんじゃないかと思ってたんだけど、どうやら違うよう。

 明日は内科の診察で、血液検査もあるから…それで楽になるわけじゃないのに、なんか安心してる私って…。

|

« 第12節 広島 対 神戸 | トップページ | 自称「通院のベテラン」も電子カルテに苦戦 »

母の老い」カテゴリの記事