« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月29日 (水)

さよなら、懐かしい病院

 昨日は一年ぶりに○大病院の整形外科へ。

 内科でかかっている地元の市民病院で、股関節も一緒に診てもらう事にしたので、御挨拶。

 15年前に 初めてここへ入院した時は、まだ古い病棟だった。

 入院中に新病棟が完成し、大がかりな引っ越しという貴重な体験をした。

 建物はこの数年で増築・改修を経て、すっかり姿を変えている。

 私が最初に入った病棟は もう無くなってるのかな?

 外来病棟もすっかり様変わり。

 先生のお顔だけは変りなく…。

「外転神経麻痺で名古屋市内の運転が怖くてできなくなった。母が老いてきて、入院手術となった時も地元の方が便利が良い」という理由での転院。

「長い間 お世話になりました」

「なんか名残惜しいねぇ。また何かあったら来てください」

「何かあったら困るけれど、先生のお顔は見に来たいです」

 …もうここへ診察に来る事は無いんだなぁ…。

 入院病棟の食事は良かったなぁ。

 特に朝食が楽しかったなぁ。

 37歳の入院は、まるで合宿生活みたいだった。

 小学生数人と最年長の私を含む10人くらいで、毎日 ワイワイやってた。

 朝食後には食堂で そのままおしゃべり。

 食堂の前のラウンジではトランプしたり。

 小学生達と車椅子を連ねて(ぞれぞれが前の車椅子をつかんで連結)廊下を走ったり。

 二十代の女の子達からは「花桃さんと私達の間には深い谷があるんだよ。花桃さんは あっち側」と言われつつ、ずっと仲良くしてた。

 ピザをみんなでとったこともあった。

 私が退院する時は、数人が前日にこっそり花束を買っておいてくれた。

 みんなに見送られた玄関も 今はもう違う形になってる。

 そして、あの時、一緒に過ごした小学生達のうち二人は天使になった。きっと今頃はどこかに元気な体で生まれ変わってるだろうな。

 唯一の大人の男性は あの病棟の看護師さんと結婚した。

 48時間におよぶ大手術をして、傷自慢をし合った22歳のKちゃんも 去年結婚した。

 15年の歳月が流れた。 

 あの入院での出会いによってつくられたものが、今の私を形成する大きな部分になってる事もある。

 古い病棟の風景、新病棟の食堂から見下ろす公園の景色…大切な私の記憶。

 車を出して、もう一度振り返って見た。

 さよなら…。

|

2011年6月27日 (月)

第18節 サンフレッチェ広島 対 ガンバ大阪

6月26日 日曜日 

【広島 対 G大阪】万博記念競技場(スカパー観戦)

 soccer3-5 広島勝てず

 soccerゴール 浩司・ナカジ・ムジリ

 土曜日に夫に付き合って(苦笑)豊田スタジアムへ。

 行く準備をしてる間は けっこう元気だった。おにぎり弁当を作る余裕まであった。

 でも車に乗った瞬間「あ、この日差しはまずい」と感じて後部座席へ移動し、ずっと横になっていた。

 スタジアムに着いて車椅子をこぐのも ちょっと重い。

 指定席カテゴリーに入ったら、なんだかサウナ状態。ピッチは煙って見える。

 もう階段を下りる気力も体力も無いので、夫だけ下りて、車椅子に座ったまま上で待機。

 とても試合を見てられない。ピッチ上で動くものを見てるだけで眩暈がしそう(しそうなだけで 眩暈はしてない)

 こういう時、車椅子は楽チン。自分のペースで外へ出たり入ったり。(頑張って席までステッキで降りたら、試合終了まで動かない・動けない)

 夫が途中で「もう帰ろうか?」 

「大丈夫」混雑した道を走って来たし、浦和戦だからね。帰りはまた横になっていけばいいし。

 結局、この前と同じように終了5分前に出てきた。

 横になって帰る。帰宅後は片付けもせず寝る。

 日曜日はプレドニンを2錠服用。

 前日と違い風が通って過ごしやすいんだけど、体が重い。

 手抜きの昼食、夫に買ってきてもらったお惣菜の夕食を済ませ、テレビの前に。

 でもね、ピッチに駆けだす選手の姿を見ただけで「ふぅ~~~」と息苦しくなる。

 試合開始。

 やっぱり動き回る選手たちを見てるのがしんどい。

 ソファーに体を沈めて ほとんと寝てる状態で見てた。よってメモもごくごくわずか。おまけに、今そのメモを見たら ほとんど読めない(汗

 CKからナカジのヘディングシュートがバーを叩いた時は 思わず起き上がった!

 エンヌ達のマサちゃん横断幕らしき物が目に入ったら確認したくなる。

 ちょっと起きてはまた沈むの繰り返し。

 浩司のゴールで また起き上がる! 浩司すごいよ~!

 

 後半。

 寿人は相手選手をブロックしてチームメイトのシュートコースをつくったり、走ってボールを奪い、いいパスも出してる。

 どうか報われてほしい。

 と思った直後、絶好のチャンスを生かせなかったらしい。この時、私はなぜか見てないのよ…。

 3失点の後、3人が一度に交代。

 これで寿人はフルなんだけど…。

 解説の山野さんは、みんなの良い所を見つけては褒めてくれる。

 今日の広島はすでに11本も打ってるのね。…私 ほんとに見てないわ。

 そしてCKから ナカジのヘディングシュートが今度は決まった!

 この時は、チュン君が中澤選手をブロックしてた。

 うん、両エース 献身的なプレーしてるんだよ。

 3-2まで追いついたから「あと1点」と思った矢先に 4失点目。

 そして…防いで弾いて防いで…って頑張ったのに5点目を入れられた。うぅ…。

 でも最後にムジリが意地の1発を見せてくれた。

 …寿人じゃないのね。

 6位まで下がってしまった。

 得点したい想いは 私なんかの想像以上に強いはず。努力もしてるだろうし、試合も全力で頑張ってる。

 連戦も終わり少しだけ間が空く。

 気持ちも体もリフレッシュしてくださいね。

 私もプレドニン2錠に増やして頑張ります。

 

|

2011年6月25日 (土)

あいちゅくりぃのお部屋

 去年だったか、シャト○ーゼで、生クリーム大福を見つけた。冷凍してあって自然解凍で食べると、周りはむっち~もっちゃぁ~とのび、中のクリームは いろんな種類があって楽しめる。

 試しに3個くらい買って、気に入って、次に買いに行った時はもうシーズンオフだったらしく無かった。

 最近、それを見つけちゃいました~♪

Image279

 もうお試ししてるので大量買い。

 クリームの種類が去年より増えてる。

Image278

 そして、あの店に行くと つい他のものまで買ってしまうんだよね。

 シュガーコーンアイスがこれまた美味しいの!

 ここ数年、よく食べてる。

 ただ…カロリーがかなり高い。そして私の悪い癖で 深夜に食べてしまう。

 だから買ってはいけないんだけど…買うよねぇ。

 そしてうちの冷蔵庫の冷凍室(小)は、こんな事になってます。通称「あいちゅくりぃのお部屋」なのです。

Image277

 実はこの写真を撮ったのは、半月くらい前。今はもうすっきりしてて「いつでも次の大量買いOKよ」状態。

 去年の今頃は別荘で(つい最近「花桃さんって別荘も持ってるのね」と誤解されましたので、あえて言いますが病院です!)禁欲生活をおくって3ヶ月で3.5キロ減量できたのになぁ…。

 えぇ、えぇ、退院後は着実に地道に元の体重に戻りかけてますとも。

|

2011年6月24日 (金)

第17節 サンフレッチェ広島 対 モンテディオ山形

6月22日 水曜日(遅過ぎ…)

【広島 対 山形】ビッグアーチ(スカパー観戦)

  soccer3-2 広島勝利

  soccerゴール 寿人shine・チュン君・浩司

 実家・美容院・買物の予定がずれて、この日もキックオフ時は夕飯の支度中。

 やっとテレビの前に座ったのは開始して18分。

 山形の西河選手…08年だったか、開幕前イベントで笑顔でサポーターさんと話してるのを見て きたんちゃんと私が一瞬で惚れてしまったお方。

 広島では出番が無く山形へ移籍して輝いてくれたのがすごく嬉しい。

 でも! 今日は活躍しないでね。

 この日は いい感じにボールも人も動いてる(ように私には見える)この時点でシュートも5本。前回とは違うぞ。

 …そして、ミキッチがすごいスピードと粘りを見せて、ゴール脇の「そんなとこから…」って角度からクロスを上げる。

「ミキッチすご~い!」と感心してたら、それを寿人ゴーーールーーーーっ!

 まったく予想してなかったので「やったーーーっ!」って金切り声さえ上げなかった。

 ぽかーんって感じ。ほんとに私が力を入れずに見てる時に限って決めるよねぇ。

 そしてなんと長身の剛平さん(2人目誕生)を皆で支えてゆりかご。落っことさないでよ~。

 でもその後、ミキッチがイエロー、4枚目で次は出場停止。うぁ~ん、あんなに頑張ってたのにぃ~。

 与えたPK。

夫「周作は止めるでしょうか」

私「止める!」

夫「右でしょうか、左でしょうか」

私「…右っ!」

 果たしてボールは左に飛び、周作は右に。周作を読んだ私って。いや、周作と同じ読みをした私だ。

 実況が「佐藤寿人には西河がしっかりと付いています」 しょうご~~だから、やめてよねぇーーー!

 浩司のFKは、はずれたけどギューンと飛ぶ。ああいうのいいなぁ。寿人 教えてもらやー。

 2点目は、剛平さんからチュン君へ。相手選手をうまくブロックしながら決めた!

 チュン君の弓矢パフォは 槙野とは違うかっちょよさ。可愛いさがある。

 後半。

 ミキッチから寿人へ、そしてチュン君へ。いいじゃーーん♪

 この前と何がそんなに違うんだろう? どうしてこの前 こういう事ができなかったんだろう?

 夫が「相手の寄せが甘い」と。私よりは見る目があるけど、そうなのかな?

 浩司がドリブルで上がりそのままシュート! 今度はギュイ~~ンと飛んだ。枠の上だったけどいいよ!

 そして…チュン君→ムジリ→抜け出した寿人 チャンス!!! 相手選手に体を当てられ打てず…ほらね、私が力むと…。

 すると寿人を洋次郎に交代。ええ~~もぉう~~? なんでだろう? 何か不調があったのかな?

 マサちゃんが準備。あ~寿人&マサちゃんも見たかったのに。

 と思ってたら2失点目。

 ムジリがマサちゃんと交代。

 そしてなんと西河にレッド。えっ!えっ~? 

「今日は活躍しないでね。寿人の邪魔しないでね」とは思ったけど、退場までは望んでなかったよ。

 ナカジがアオちゃんに交代。

 あ~~アオちゃんから寿人へのパスも見たかったよ~。(寿人中心でごめん)

 この日はボールを失ってもすぐに取り返す。見てて楽しい。

 カズが倒されてPK獲得。

 誰が蹴る?! 浩司? あれ? さっき倒されたのって浩司だった?(カズが蹴らせてくれたってヒーローインタビューで言ってたね)

 落ち着いて見事決めた! ベンチで喜ぶ寿人は、ナカジにおんぶされてるんですけど。一瞬、足に何か異変が起きておんぶしてもらわないといけないのか?と心配したわ。

 勝手に後ろから飛び乗ったんだろうね。ごめんね、ナカジ細いのに。

 残り5分。どうか失点しないで。なんか怖いよ…。

 マサちゃんが ここで「ヤンチャなサッカー小僧」みたいなプレー。

 今日は皆すごくいいじゃん♪

 そして終了。あ~~~勝ったぁ~~~!

 ヒーローインタビューは浩司。またも^^

 なんか嬉しいよ。よくここまで復活してくれたね。ほんとに…よくここまで…しみじみ。

 そしてスタンド前では、また皆が手を繋いで「おぉ~~~~~~」と前進をやってる☆

 スタンドマイクが無くて、カメラマンも前に居て呑み込まれなくて ちょっと残念(?)

 

 得点ランキングには、チュン君の名前がかろうじて載り、寿人はその下の団子状態に埋もれている。

「二人で30ゴール」の目標を立てたんだから、寿人10ゴールはしないと。

|

2011年6月22日 (水)

ちょっと学習したかな

 朝、母から怒り声の電話。

「今日 来る時、あのテレビを買った店の人 連れて来て! もうちっとも映らなくて 腹が立つ」

 ああ、またか…。途端に動悸がする。

 昨日から準備していたおかずと 山形から取り寄せた佐藤錦(母の大好物、以前は毎年「一年に一度の贅沢」と言って自分で買っていた)も 急に空しくなる。

 こういう気持ちで行くと私の顔もきつくて、お互いに悪循環。

 車を運転しながら最初の場面を想定して、穏やかに接する事を考えた。そしてS医院へ同行する役目を終えたら すぐに帰って来ようと決めた。

 実家でドアフォンを鳴らすも反応なし。・・・うん 怒ってるからね。

 自分の鍵で中に入るとテレビの大音量が玄関まで聞こえる。

 ああ、テレビ見ててドアフォン聞こえないんだ…もう一度 外に出て鳴らす。

 それでも出てこないのは、反抗の気持ちなのか まだ聞こえないのか…。

 聞こえないんだと想定して、驚かさないように大きな音を立てて廊下を歩き、テレビのある居間へ。

 母は寝そべってテレビの方を見ていた。

「お母さん」数回呼びかけたけど気付かない。

 絶対に驚くよなぁ…でも他に方法が無いから「お母さん」と呼びながら、そっと肩に触れる。

 案の定、飛び上がった。

 胸を押さえて呻いている。

 あぁ…最悪の対面だ…ダメな時って 全部ダメだなぁ。

「あぁ、びっくりした。水持って来て!」 はいはい。びっくりさせた私が悪いんです! 後ろを向いて『憎ったらしい!』とつぶやく。(友達から教わったストレス発散法)

 それが功を奏して、水を持って行った時は「ごめんね。びっくりさせたね」と大げさなくらいに謝る事ができた。

 ちょっと怒りの気をそがれた様子の母。

 でも「S医院へ行くよ」と言ったら、いつもの儀式よりもワンランク重い

「もう行かない!」が来た。

 なんとか なだめて連れ出した。

 今日は運よく、診察に早く呼ばれた。先にリハビリ室で電気をかけてる母に

『もう呼ばれたよ。今日は待ち時間が短くてよかったネ!』と書いて気分を盛り上げる。

 私の作戦勝ちで怒りモード【強】まではいかないけれど、不機嫌は直らない。

 こういう時は もっぱら違う話をふる。

 以前の私なら、ここでテレビの説明をした。 そして怒りモード【強】に上昇させてしまっていただろうな。

 今日は【弱】くらいで済んでたと思う。

 そして極めつけは診察室の先生。

 母と私の顔を見れば怒りモードの状態も推測できるみたい。

「あなたは いつもいい服着てるねぇ」 そういうのは すかさず書く!

 とたんに母の顔がほころぶ。

「私 もう80歳なんですけど、自分では80歳のつもりじゃないんです」

「そんなになるかね?そりゃ80歳には見えんよ。」

看護師さんも「若く見えるもんねぇ」と合わせてくれる。

 一言ももらさず書く!

 はい、母は上機嫌♪

「いい娘さん産んどいて良かったねえ」 これも今日は書いた。

「はい。ほんとに。なんだか一人がさみしくて、他に怒れる人が居ないから、今日は娘に怒ってしまったんだけど、悪い事したなぁと思ってるんです」

 診察室を出る時は母娘共々「ありがとうございました~!」って溢れる感謝の気持ちを込めて挨拶。

 先生が「お世話かけますね」と私に…。心の治療をしてもらった。

 機嫌の直った母と昼食を食べ、スーパーに買物に。母は上機嫌。

 帰宅すると 家は暑い…。台所の網戸だけは取り付けられてて「ああ、ちゃんと自分でつけたんだ…」と感心してた。

 でも他の部屋がまだだ。…私がするのはしんどいなぁ…。

 食料や薬・保険証を所定の位置にセットし、連絡帳やカレンダーなどをチェックし、飲み水用にお湯を沸かし…としてる間に 母は網戸を出しに行った様子。

 間もなく「ちょっと横になるわ」と戻ってきた。

 ああ、急に蒸し暑くなったから 体がしんどいんだ…。私のしんどいのと似てるかもしれない。

 頭を冷やす物を用意して寝かせる。

 そして…網戸との格闘にとりかかる。

 独身時代は手伝った事もあったはずなんだけど、結婚してからはやった記憶がない。

 古い家屋の網戸は大きくてすごくたくさんある。どれがどこのか? どうやってはめるのか?

 ええい! はまる所にはめてしまえ~!

 ガタガタと引っ張り出してると 母が起きて来て「ごめんね~ゆうこ~一番嫌な事させるねぇ」

「いいから寝てて」(ここで笑顔ができれば申し分無いんだけど………汗)

 網戸を取り付けてて気づいた。網戸の端っこに「東の6」とか「2階西」とかってマジックで書いてあるの。

 そっかぁ…母が間違えないように書いたんだねぇ…。ほんと きっちりしてるんだ。

 1階部分だけ終了した。2階は放置!

 網戸で涼しくなった和室に 母を移動させた。

 ケーブルテレビから来てる申込書の問い合わせ電話をする。一緒に住んでいれば 空いた時間に簡単にできるんだけど、一度にあれこれしようとするから 余計に面倒くさいんだよね。

 休んでる母も気になるし、返事は実家にかかってくるので少し待つ。でも私も銀行や美容院へ行く予定があるので

『ケーブルテレビから電話があったら私の所に連絡してって言ってね』と書いて見せて帰って来た。

 結局 美容院は予約してなかったから1時間待ったけど、夕飯の支度に間に合いそうになくて「また来ます」と帰って来た。

 帰宅したら母から留守電。

「ゆうこが帰ったの知らなくてごめんね。今日は親孝行してもらって お母さん ほんとに幸せ。ありがとうね」

 え?知らなかったんだ? でもちゃんとケーブルテレビからの留守電も入ってたから、任務は遂行したんだよ。

 ここ半月ばかり 母は穏やかだったので、アルツハイマーっぽいとんちんかんな出来事も 夫や友達に笑い話で話せるくらいだった。

 今日は久しぶりに いや~な気持ちになったけど、帰りは普通の気持ちだったし、留守電を聞いたら また愛しさが膨らんできたし。

 よしよし私。

|

2011年6月21日 (火)

イタズラ坊主も高校生に

 私の住むマンションには、爽やかサッカ少年ーS君と もう一人、同世代の男の子がいる。

 彼が小学生の頃、隣のアパートの屋根に上ってるのを見つけた私は、思わず

「Nくん やめて~! 落ちたらどうするの~?おばさん心配だからすぐ下りて~」と。

 当時 イタズラ盛りの腕白坊主だったので 鼻であしらわれるかと思ったら、意外にもすぐに下りた。

 ところが数日後 また同じ場面に遭遇。

 私の姿を見つけたら、照れくさそうに笑って、これまたすぐに下りる素振りを見せたので

「あ~よかった。気をつけて下りてよ」そしてその後は、上ってるところを見たことがない。

 

 うちのマンションは、エトランスの奥まったところに郵便受けが並んでいる。

 帰宅して、エレベーターに乗るつもりでそこを通る時、住民が郵便物を出してると、エレベーターが来た時「開」を押して待ってあげる事がしばしばある。

 でもこれは けっこう微妙。

 私が郵便物を出してる時に、誰かが待っててくれると思うと気が急くし、新しく入居した人なのか、外部の人なのか分からない人と一緒に乗るのも面倒だし。

 よって、私は自分がエレベーターに先に着き、郵便物を誰かが出してる時は、顔見知りじゃなければ待たずに乗ってしまう事もある。

 で、先ほどのN君が中学生の頃、私が郵便物を出してると学校帰りのN君がエレベーターに乗った気配がした。

 当然 先に行ってるだろうと、マイペースで郵便物を取り出して出てみると「開」を押して待っててくれた!

「N君、待っててくれたの? ありがと~」

「普通 待ってますよね」

「そう? 大人でも先に行っちゃう人いるよ」

「この前、小学生を待ってたら、俺を見て階段で行っちゃって。俺 そんなに怖いかなぁ」

「そりゃ小学生から見たら大きくて怖いわ」

 思いのほか人懐っこい事を知った。

 そして、昨日 また郵便物を取り出してたら、自転車置き場から 携帯電話で話す声が聞こえた。

 薄暗がりでダイヤルを合わせて開けるボックスにとまどっていたら、背後に声が近づいて来た。

 そして「こんにちは~!」 え?

 振り向くとN君が携帯電話を折りたたみながら通り過ぎる。

 やっと郵便物を取り出してエレベーターに向かうと 案の定「開」を押して待っててくれた。

「ありがとね~。N君 高校生になった?」

「はい」

「どこの高校?」 ここがおばさんだね(苦笑

「○○高校」

「へぇ~ 私の弟も○○高校だったんだよ」

「マジっすかぁ!?」 どてっ!

 実は彼のお父さんは きっと昔 不良だっただろうなぁと想像できるタイプ。

 お母さんは そんな不良男子をブイブイ言わせてただろうなぁと想像できる「イイ女」

 長男は、ママ似ですらりとした美形。

 高校生くらいまでは、よくエレベーターで会ったので「その髪型かっこいいね」とか「二重になったの?」とかって おばさんの図々しさで話しかけてた。

 最近は、大きなバイクや外車をマンションに横付したりしてる。うん、予想通りの成長ぶり。

 で、元ヤンキーだっただろうな…と 私が勝手に想像する夫婦だけれど、私に対しては二人とも感じがいい。

 ママとはエレベーターに乗り合わせた時

「お兄ちゃん かっこいいわね~。二人で歩いてると年下の恋人連れてるように見えるよ~」なんて言っちゃうし。

 夜、ごみを出しに行くママと出くわした時は

「あ、見つかっちゃった~」

「見~ちゃった」って。

「マジっすか!?」の彼も含めて憎めない一家なのです。

 

|

2011年6月20日 (月)

第16節 サンフレッチェ広島 対 川崎フロンターレ

6月18日 土曜日

【広島 対 川崎】等々力陸上競技場(スカパー観戦)

 soccer0対2 広島勝てず

 こういう時の日記を書くのは気が重い…。

 この日は、会員になってる焼き肉屋さんの割引ハガキの使用期限。

 牛カルビ半額に目がくらみ「試合 見られないかも」覚悟で行った。

 でも5時の開店と同時の予約をしたので、焼き肉を堪能して、なんと6時20分には店を出た。余裕~♪

 出たっ!! ピンク色ユニ!! テレビで見ると いい感じのサーモンピンクなんだよねぇ~。

 周作の黄緑と皆のサーモンピンクと 川崎の水色がピッチに映えるんだよねぇ。

 見れば見るほど いい色なんだよねぇ…。

 淡い期待が芽生えてしまって、キャリーバッグに入れてある2ndユニを もう一度引っ張り出して見てみた。

 …あぁ、やっぱりこういう色だ(汗

Image243  

(左は1stユニ 子どもサイズ。2ndユニは子どもサイズ無くてSサイズだけど やっぱり私には大きかった)

 実況アナが「リーグ最少失点」と。えーーーっ!? そうなの!?

 私が広島ファンになってから、得点しても失点が多いんだよね…ってのが広島だったのよ。いつの間にそんな事になってたの? ちょっと照れるわ。

 今日は浩司がトップ下。寿人はやり易いかもって勝手に期待する。

 相手のCKを剛平さんの高さでクリア。 あ~あの剛平さんが戻って来たんだ!

 稲本のシュートは周作が触って枠外に。ありがとう!! 

 でも…なんだか右半分(広島ゴール)のピッチしか使ってないよ…。

 数分後に左側へボールが行った時は「あ、久しぶり」とさえ思ってしまった。ちゃんと左側に川崎ゴールあったんだ。

 でも解説の水沼さんは

「広島は最終ラインでボールを回しているように見えて 実は前線の動きが怖い。いつも背後を狙っているので、川崎のDFラインがじりじりと下がってしまう」って。

 そうなのか…私には どっちみち見えないけど。

 この日もカズが鬼神の動きで、相手シュートを未然に防ぐシーン続出。

 でもとうとう破られて1失点。

 前半終了時点で、広島のシュートはゼロ。…ゼロって!?

 後半、寿人のヘディングシュートは 身長が足らなかった? 叩きつける事ができなかった。

 川崎の矢島選手のドリブル、すごいスピード!って見とれてたら左からクロスを上げ、ゴール右側から豪快なヘディングシュートが決まってしまった。綺麗すぎる!

 寿人のヘディングシュートも決まる時は モモンガ(ムササビ?)みたいに空中で丸四角くなってかっちょ可愛いんだけどなぁ。

 矢島選手には何度も攻め込まれる。カズ対矢島。頑張れ頑張れカズ! 止めた!

 そしてやっと相手ゴール前で広島のパスが回り出した。

 蹴鞠のようにぽんぽんっぽんって。

 ・・・楽しかったのは、そこだけかも。

 サッカーを見る目の無い私には、決まらなくてもいいからシュートを打つとか、パスがどんどん繋がるとか、ドリブルでどんどん上がっていくとか、見た目に分かりやすいプレーが無いと つまんないのよ…。必死で戦ってる選手達 ごめんね。

 ただ、決定的な相手のチャンスを カズが潰すシーンは 何度繰り返されても「すごい!!」って感動する。

 も~~カズ~~すごすぎるわ~(泣)

 ミキッチが頑張って追いついてギリギリのところから いいクロスを上げたんだけど、またもゴール前の寿人のヘディングシュートは枠外。

 うぅぅ…と唇をかむ私を見て

「でも反応できてるんだからいいんじゃない?」と夫。(またも絶妙なフォロー)

 浩司のミドルシュート! いいぞいいぞ!これを待ってたんだ! でも決まらず。

 アディショナルタイム4分。まだ何とかなる! せめて1点返そうよ。

 FKは浩司。何かしてくれそう。

 …いいキックだったんだけどなぁ。

 周作のゴールキック。さー寿人ぉー!! 体ぶつけたんだけどなぁ…。

 終わってみれば、なんかメモも少ないし、メモを見てもシーンが蘇らない。

 いいプレーがあっても続かない。細切れの印象しかない。

 私の集中力が落ちてるのかしらん。

 次は水曜日。体を休める時間が足りないだろうなぁ。

 雨の中の連戦で、選手たちも体調維持するの大変だろうなぁ。

 サポーターさん達も大変だろうなぁ。

 ここはスカッと勝たないと、疲れだけが溜まっていきそうよ。

|

2011年6月17日 (金)

にっひ~~~♪

 新聞チラシで見つけた。

 こどもちゃれんじの広告。

Image276

 もぉ~もぉーーーー 可愛いでしょーーーーーーー!!

 ご機嫌さんな幼児って、ほんと可愛いよね~!

 前髪が短すぎるのもかあいい!

 きっとママかパパが切ったんだろうなぁ。

 まつ毛の端っこが長いのもかぁいい!!

 なんと言っても このお口がかぁあいい~~~~!

 何をしてる時の顔なんだろうね?

 満足ご機嫌さんだよね♪

 写真館の広告にも よく可愛い子どもが写ってて、それを切り取って冷蔵庫に貼り付けてある。

 これは いつものよりも大きくて厚いので、食器棚の前に立ててある。

 台所で動いてる時、ぱっと視線に入ると「にっひ~~~ぃ」と笑ってしまう。

 この子がしゃべったり動いたりしてるところ 見たいなぁ!

|

2011年6月16日 (木)

第15節 サンフレッチェ広島 対 浦和レッズ

6月15日 水曜日

【広島 対 浦和】ビッグアーチ

(スカパー観戦)

 0対0 引き分け

 昨日は夕方 義母と長電話をしていて、7時までに食事を終えられなかった。

 放送が始まった6時50分には、まだ台所で調理中。

 キックオフの頃、夫の帰宅を待たずに食事を始めたので、気持ちが焦って集中できず。

 解説の吉田さんが寿人の「視野から消える動き」を褒めた。

 私には それが見えてませんの。一応 私の視野には入ってるんですけど。

 食卓でメモしながら、リビングのテレビを睨み(老眼で焦点が合いにくい)ご飯を食べる…子どもだったら叱られるね。

 周作のゴールキックは直接寿人に。

解説「ゴールキックはオフサイドありませんから」 へぇ~そうなんだ!

周作は「寿人さんのシュートをアシストしたい」と言ってたなぁ。どんどんやって!

 そして今日もカズ。カズ!

 ピッチレポーターが試合前に「なぜそんなに守れるのか」たずねたら

「相手がシュートしそうな球の持ち方をしたら、先に足を出すだけ(私の理解なので怪しい)」って。

 うん、理論的には私にもわかる。

 どうか若手は真似してほしい。カズも理論と実践で後輩に伝えてほしい。だってほんとに素晴らしいんだもん。

 カズは病気によるいろんな症状が出て、見えにくい時もあるって。

 その分、心眼が発達したのかもしれない。

 そう思えてしまうほど「またカズが止めたじゃん」ってシーンが連続するんだもん。

 今日も「ボールは寿人に集めろ」作戦なのか、みんなが寿人を見てくれてる感じ。

 ムジリ→寿人ボレーなのかな? お空の彼方へ行っちゃったんですけど…。

 その次は、チュンがゴールを背に落としたのを寿人がぽんって。…ぽんっ過ぎるよ。GKが簡単にキャッチしちゃった。ループ狙ったのかな? 右足だったのね。

「右足シュートも練習しないといけない」と本人インタビューで言ってましたが、はい、まだ練習中なので…長い目で見てやってくださいませ。

 浩司も戻って来てくれて嬉しい。そして頼もしい!

 浦和の田中達也選手は、すごく髪を短くしたね。2年くらい前『どこへ行こうとしているのか?』って髪型だったの。私、寿人以前は田中達也好きだったんだ。

 マルシオのシュートは周作と公太さんが防ぐ。すごいよ!

 おまけに、陽介のシュートは寿人がブロック。自陣ゴール前なんですけど…なんで寿人クン そこに居るの?

 浩司がボールを奪いドリブルで上がるのと同時に、ムジリ・寿人・チュン君が一斉に走り出す。すごい迫力!

 寿人がサイドから真ん中へ出したけど、そこは白いユニフォームの人達ばかり…ちょっとぉ寿人ぉ~と思ったら、後ろからチュン君が風のように走りこんできた!

 解説「お互いを信じ切ってますね」 ありがとう~! ちょっと涙ぐむ。

 ノーゴールのまま後半へ。

 ナカジが変な格好で座り込む。大丈夫!? ナカジって何か起きても何食わぬ顔でプレー続行しそうなんだよね。

 寿人~ケアしに行ってあげや~。

 洋次郎が準備と聞いて「寿人か…」と。ムジリでした。

 浩司もトミッチに交代。もっと浩司を見たかったけど、体調考慮なんだろうな。

 公太さんがギシさんに。

 これで交代枠は使い切った。

 寿人&チュン君で90分やるわけね。でもマサちゃんの出番は無くなってしまった…。

 この頃、夫が帰宅し「試合終わってからでいいよ」と食事を待ってくれたけど、なんだか中途半端。

 シュートは72分を過ぎて 広島3本・浦和12本だって。

 うぅ~寿人 後半 全然打ってない?

 試合終了。

 私が集中して見てなかったせいか、なんだかなぁ…の試合だった。まあ寿人ゴールが無かったせいもあるけど。

 負けなくて良かったと思うしかないね。

 名古屋のハンサムなあの人は、30歳過ぎてゴール量産してるわよ。

 寿人&チュン君で30ゴール奪う為には、この時点で15ゴールは無いと…。

 バカ親な私は、勝手に自分の期待を押しつけるのでありました。

|

2011年6月15日 (水)

 年に一度のマンション植え込みの剪定が半月ほど前にあった。

 参加した夫が帰宅して「鳩の巣があった」と。

 マンション玄関横の植え込みの中よ!?

Hato2

 前は路側帯で、通学の小学生の団体は毎日通るし、一般の人通りも多い。片側一車線の道路は けっこう車も通る。

 そんな場所に…!

 5月に入った頃から、植え込みの樹は、玄関の階段を下りる時、邪魔なくらいに茂ってた。そんな茂みの中だから、誰も気づかなかったんだよね。

 剪定作業中は親らしき鳥が近くからずっと見てたらしい。

 ドキドキしてただろうなぁ。

 巣の中には雛が二羽。その子達もビックリしてただろうなぁ。

 うちのマンションは 以前から鳩の被害が多い。

 ベランダに置いた物の隙間に卵が産み落とされてた事もあったんだって。

「可哀想だったけど捨てたわ」と言うOさんだったけど、さすがに雛の居る巣は撤去できなかった。

 マンション住民の情けにより、鳩の巣は残された。

 以後、私は通る度に見る。見る!覗く!背伸びして覗きこむ!!段差に上がりたいんだけど、つかまるものが無いと私は上がれない。(子どもでも上れる段差)

 とうとう精一杯背伸びして携帯電話を差し込みタイマー撮影まで。(私の目線よりは高くなるから)

 それまで全然動かなかった雛が巣の中で立ちあがった。ごめん…怖がらせたよね。

 …と反省したかと思いきや、携帯写真じゃ不満足で、先日 とうとう脚立を持ってデジカメで撮った。

 脚立を上るのも怖いんだよ。人通りのあるところで股関節をかばいながら うんとこしょどっこいしょと脚立を上る。

 撮影してると、通りすがりの人が立ち止まって「何か居るんですか?」

 ごめんね、鳩。 皆に言いふらす事になってしまいました。

 マンション住民のN夫妻が来た時は

「こっちからの方がよく見えるよ」と夫君がアドバイスしてくれて。

 人の声はするわ、何か黒い物体が近づいてくるわ。子鳩は心臓破裂しそうだったよね。

Hato1

 巣の周りの枝は 多めに残してある。マンション住民の愛だ。

 巣の下のタイル部分には フンがどんどん増えてきた。

 これもね「一時的な事だから」「後で掃除すればいいんだから」と温情。

 ここ二日間、私が見た時は巣の中は空っぽだった。

 飛べるようになったのかな。でも夜は帰ってきてここで寝るのかな?

|

2011年6月13日 (月)

第14節 サンフレッチェ広島 対 アルビレックス新潟

6月11日 土曜日
【広島 対 新潟】東北電力ビッグスワンスタジアム
(スカパー観戦)

 soccer1-0 広島勝利
 soccerゴール 寿人shine

【お詫び】
 いつも『寿人贔屓・寿人中心』の観賞記を書いていますが、今回はいつもに増して『寿人寿人寿人!』のバカ親感想文になっております。ご了承ください。

 メモには、他の選手の事やプレーについて、いくつかのコメントが残してあるんだけど割愛します。

 試合開始。
「寿人ーーーーーーー!」 ミキッチから寿人へ。うまく抜けたのになぁ。シュートは決まらず。
 公太さんのシュート、GK弾いたのを見送る寿人。
「こぼれ球を狙えなかったかなぁ。やっぱりそういう感覚が鈍ってきてるのかなぁ」
夫が「今のは無理だよ」とさり気なくフォローする。どんだけ気を遣わせてるか。

 3rdユニだからかな、キャプテンマークは薄紫色。

 実況が「チーム全体に、ボールを奪ったら佐藤寿人にというのが徹底されてますね」
 そうだったんだ…今日はいやにチュン君にチャンスが無いと思ったんだ。
 もしかして「後半途中で交代させるから、それまでは寿人にチャンスをやってくれ」って監督の指示なのかな。
 もしそうなら、そのチャンスを無駄にしないで!!(悲壮な思い)

 実況が「7年連続二桁ゴールは日本人初」と。あ、やっぱり7年連続だったんだ。今年が8年目に挑戦だったんだね。
 J2が2回入ってるとは言え、すでに記録は創ったわけだ…。
 だったらそれでもう十分じゃん…と、私に都合よい弱気な納得。
 寿人自身が自分の衰えを感じていて「自分がゴールするよりも確率の高いチュン君や他の選手を活かそう」と思ってるのなら、それを遂行すればいいよ。
寿人が選んだのなら、私はそれを応援するよ。

 

  後半開始。
 公太さんのいいクロスがゴール前の寿人に。合わせられず…ん~どうして?なんで?
 長いパスにも いちいち寿人の反応が遅い気がする。(私の見え方じゃ怪しいもんだけど)
 ナカジから寿人へのパスに、体勢崩しながらのシュートも枠外。
うーーー好調な時は こういうのを決めてたのになぁ。
 そろそろ決めないと。今日もノーゴールだったら、次の試合のプレッシャーはもっと大きくなるよ。
 ガチガチになって余計な事を考えて、ますますゴールが遠くなる。悪循環だよ…。悲壮感アップ。

 ムジリが交代。寿人もセットで交代? ドキドキ。残った(ほっ…)

 寿人ぉ~せめて枠に行こうよ(泣)
 相手選手が足を攣らせて、またケアしてるの寿人(笑)そんな寿人が好きなんだけどさ。

 またも寿人にチャンス!
 「寿人!打て!」って思わずに さら~っと見てた。
GKへのパスになっちゃった。やっぱり『きっと入らないな…』って思って見てちゃいけないのかな。

 75分。監督~どうかこらえてください。
「これだけチャンスが来てるから、そろそろ決める」と思って交代は待ってください。
でもこれって「これだけチャンスがあっても決められないから…」と紙一重だよね。

 ゴール正面のFK。誰が蹴るんだろう?と思ったらチュン君。直接狙いGKにキャッチされたけどズドンって感じ。
 チュン君、あんなの蹴れるようになってるんだ! 寿人ももっと武器を磨いて増やさないと。

 そして…やっと…やっとその時は来た。
 洋次郎が倒れながら出したボールをマサちゃん(きたんちゃんが本人にそう呼ぶ許可を貰った)が持って猛然とゴールに向かう。
 そのまま打つかと思ったら、左側に寿人も上がってて、そこにパス。
 私には、寿人は横に一人相手選手が居たけど ほぼフリーに見えた。
 足を振りぬく瞬間も、私は「無理かな…」ってソファーにもたれたままだった。
 ボールはゴール右隅のネットを揺らした!
「やったーーーーーっ!」金切り声。
 寿人はプレー中のターボがかかったくらいの勢いでピッチの外へ走り出す。
 そこからはもう涙涙。「よかったぁ~」「よかったねぇ~寿人ぉ~」
 監督とひしと抱き合う寿人。色んな想いがあったんだろうな。普通の抱き合い方じゃなかった。
「監督、こらえて使ってくれてありがとうございます」と私も参加したい。
 そんな二人の後ろにはチュン君の笑顔が。
 試合後のハイライトや夜のスポーツニュースを見たら、寿人はゴールの後、ゴールの裏側を回ってベンチに向かってた。
 最初にミキッチが飛びつこうとしたけど、寿人の勢いに弾き飛ばされ、次はチュン君が腰を低く落として両手をひろげ「来るか?来るか?」って構えてた。
そのチュン君アタックにピョンっと抱きついてからも 勢いは衰えず、監督の元へ飛び込む。
 いつもなら、コーナーフラッグに行くか、サポーターの処へ煽りに行くのにね。やっぱり特別に嬉しかったんだね。
 ここからは私、プレー中もう何度も「ひぃ~~~ん」「んむ~~~」と泣いていた。

 アディショナルタイム3分。もう終わって~! トイレも行きたいのよ。おしっこもれそうなのよ。ひぃ~~~ん。
 ゴール前で新潟のFK。止めてーーっ! 守ってーーーーっ!!

 終了。
 勝った。よかった…。
 ベンチの選手達とハイタッチする笑顔の寿人。よかったね、ホッとしたね。
 私も喜びよりも安堵。

 スタンドに娘っこ達の姿発見。
 選手達はその娘っこ達の方に向かって全員が手をつないで「おぉぉーーーー」って いつもはつないだ両手を一斉に上げるのに、なんとそのまま全員が前進!
 うわっ!どこまで行くの~? 
 取材カメラマン達も予想外の動きに後ずさりするのに必死よ。放送スタッフが転んでるし。
 スタンドマイクも飲み込まれて倒れ、まだ前進。
 なんか楽しいよ~これ♪
 次からは取材スタッフさん達、心の準備よろしく。

 久々のヒーローインタビュー。
「しばらくゴールできなくて、チームに迷惑かけてきた。チームメイト・監督・スタッフ・サポーターのみんなが獲らせてくれたゴール」
 うん、そうだね! 寿人はちゃんとわかってる。

 決勝ゴールを決めた人(だったっけ?)が貰えるマック1万円分(だっけ?)カードとビッグマック型のクッションを貰う。
 ジュニアが取りあいするといけないから、もう1個貰えるように頑張ろうね。

 再びスタンドに向かうとユニフォームを脱いで投げ入れた!
 うあっ!今日の3rdユニは売ってないから、寿人ファンじゃなくても広島サポなら欲しいよね。
 そして、寿人 よっぽど嬉しかったんだね。
 去年、怪我から復帰した浦和戦ゴールと同じくらい特別なゴールだったんだろうね。
 
 この頃、スタンドのなおちゃん(チュン君サポ)は興奮のあまり私に電話をくれていた。
 気付かずに居たら、写メが送られていた。

20110611
 こっちはみきっち(ナカジサポ)「寿くんユニ取れなくてごめんね」って。

20110611_2

 広島の友達からも次々と「おめでとう」メール。
 日曜日は サッカーに特別関心があるわけじゃない友達も新聞を読んで「よかったね」とメール。
 広島でキャプテンマークつけて11番背負ってる人がゴールして こんなに称えて貰えるのを喜んでばかりはいられないんだけど、本当にそれくらい苦しい時間があったのよ。
 私が気をもんでるのを知ってたからこそ「泣けたわ」「祝・チョコレート解禁」のメールなんだよね。
 寿人自身も苦悩してたはず。
 
 寿人、この日 ブログを2回も更新してたね。ハイテンションなのがよくわかるわ。

 日経新聞朝刊には「悶々としたものをぶつけて思い切り打てた」と晴れやかに話した。と。
 FWが1ゴール決めたくらいで「よくやった!」とは思ってないけど、これが突破口になるといいな。

 アフターJリーグショーでは、秋田さんが
「このシュートは素晴らしい。この高さ・角度ではなかなか決まりません」って。(そうだったのか…汗)
 私は「マサちゃんがいいパスくれて、寿人はほとんどフリー状態だったから、あれをはずしたらもう…」だと思ってた。
 バカ親の贔屓目も逆に当てになりませぬ。

 そして、ゆうべのやべっちでは、名波さんがナンカシラン(WOWだったっけ?)に寿人のゴールを選んでくれた。
 
 今、某巨大掲示板で、寿人ゴールを喜び、褒め称えてくれるたくさんの書きこみを見てきた。
 今頃になって私もようやく「嬉しさ」がこみ上げて来てる。
 今までずっと「…やっとゴールできてよかった」って安堵感だけだったんだね。

 広島は暫定2位。

 次もいい試合をして勝ってほしい。連勝は勢いがつくよね。

 そしてバカ親としては、寿人がまたゴールを決めて「さすが寿人」と思わせてほしい。

 寿人を心配してくれてた皆さん「寿人は絶対にやってくれるよ」「そろそろ寿人が決めるよ」と信じてくれていた皆さん、本当にありがとうございました。

|

2011年6月10日 (金)

若い男の子からのプレゼント♪

 夜9時頃、チャイムが鳴った。

 手が離せなかった私に代わって夫が応対し

「○○○号室の△△ですって言ってるけど、息子みたい」

 途端に離せなかった手を離して玄関へ急ぐ私。

 ドアの外にはS君(たびたび登場する同じマンションのサッカー少年)が立ってました^^

 夜目にもつやつやの日焼けした顔。学校の夏服の白いポロシャツ。まぁ~爽やかな事。

「こんばんは! いつもお世話になってありがとうございます。あの…北海道へ修学旅行に行って来たんですけど これお土産です」

 どんなお世話してるかって言うと…今年に入ってから、我が家が行けない試合のチケットを「行けたらどうぞ」とお誘いした事。

 でもいつも彼の都合が悪くて(高校2年生だからサッカー部の部活が一番忙しいよね)一度もチケットは貰ってもらえてない。

 そんな状況でお土産を貰うなんて恐縮よ。

 唯一、3~4年前にグランパスのファン感謝デーの招待券をあげた時は行ってくれた。「すごく楽しかったです!!(輝く笑顔付き)」と 『手風琴の調べ』を買って来てくれた。

 後日、お母さんが「どうして手風琴の調べなのかしらねぇ」と苦笑してたけど、私 あれ大好きです!

  我が家が今年 シーズンチケットを買って、行けない試合が多く、あちこちに強引に押し付けてる事は言ってある。

「すごく行きたいんで、また誘ってください」

 いちいち断るのも面倒だろうなと思って、チケットと一緒に「行けなかったら 花桃の新聞受けにこのまま入れておいて」と手紙を入れて、S君ちの新聞受けに入れておくと、ちゃんとチャイムを鳴らして

「せっかくですけど、この日は行けないんです。ありがとうございました」と持ってくる。

 高校生の男の子なんて、近所のおばさんと口きくの面倒じゃない。

 去年、豊田スタジアムで偶然会った時も、私は気付かず、彼は友達が一緒だったのに

「こんにちは!!」と大きな声で挨拶してくれた。

 これがまた可愛い顔しててネ。おばさん とっても嬉しいわけよ。

 お土産はコレ。ルタオのドゥーブルフロマージュ。

Image266  

 冷凍だから、北海道のお店から送るようにしてあったんでしょう。

「こんな小さいのですみません」

 十分な大きさだよ~~~!

 玄関先でしばしおしゃべり♪

「今はポジションどこなの?」

「サイドハーフです」

…どこだっけ?ちょっと考えた私。

 中学生の頃は「キーパー以外ならどこでもやります」って言ってた。 

 フォワードとかボランチ(ディフェンダーってイメージは無かった)って言うと思ってたから、サイドハーフって…。

あ! 「広島だと服部公太のとこね」

「…すみません、広島はよく知らなくて」(寿人好きなのは知ってる)

「サイドを上下に走り続けてるんでしょ?」拙い知識。

「はい、そうです(にっこり)」

 うあぁ~~~ん、ばかばか私。

「今の代表の長友かウッチーのとこね」って言えばよかったぁ~~~泣。

 もう気分はるんるん♪

 おばあさんが若いセールスマンにちょっと優しくされて、あれこれ買ってしまう気持ちわかるわ~。

|

2011年6月 9日 (木)

病は気から…だったのかな

 今日はNちゃんとランチ。

 先月のしんどい時に「このままだと鬱病再燃しちゃいそう。ここは強いエネルギーを放出してる人とおしゃべりしなきゃ」って なんとなく思った。

 愚痴や弱音をひたすら聞いて「わかるよ」って言ってほしい時もあるけど、先月はそれをやったら、ますます群青色になりそうだった。

 で、忙しいNちゃんに「時間つくって」とお願いしたら「6月9日なら」って事に。

 今月に入ってから、私は復調してきた。

 体がしんどいから、心もひわひわになるのか、心が弱ってるから体にも表れるのか、自分でも分からないまま、心も体も「あ、先月よりずっと元気だぞ」って。

 『愚痴は言うまい』って制御は私には無い。

 でも今日は これと言った愚痴は出なかった(と思う)

 最初に「お母さんの事、花桃は、すごく頑張ってると思うよ。私自分だったらやれないと思う」って言われた事で、もう何も愚痴る事が無くなったのかもしれない。

「だから、そこまで自分を責める必要ないと思うよ」って。

 私のしてる事なんて介護の入り口にもまだ入れないレベルで、それ以上の大変な状況をずっと頑張ってる人は大勢いると思うんだけどね。

 その程度なのに「しんどい」と言ってしまう自分が情けないんだけどね。

 11時半の開店と同時に入店し、1500円のランチ(デザート付)とおしゃべりで3時の閉店ぎりぎりまで。あっと言う間。

Image272

Image273 

  実は一昨日から右手首が痛かった。昨日はその痛みがこれまた激痛になって湿布薬を貼ってもあまり効かない。

 ゆうべはお風呂でタオルも絞れなかった。

 今朝は歯ブラシを口に入れるだけで痛みが増し、髪を巻く事も痛みでできなかった。

 「手根管症候群」かもしれないな…と自己診断。

 今日も湿布薬を手首から手のひらにかけて貼っての外出。痛みが治まらなかったら金曜日に病院へ行くつもりだった。

 

 それがね…3時に店を出る時 痛くないのに気づいたのよ。

 そう言えば、普通に箸を持って食べてたわ。いつから痛くなかったんだろう?

 買物をして帰宅して、またも気づく。

 この頃、室内でもステッキをすごく頼りにして歩いてたのに、無しでも歩けるじゃん。

 なぁに?この変わりよう?

 Nちゃんに『痛みが無くなってる』とメールしたら『穏やかないい顔してたよ』と返信。

 Nちゃんはどんな魔法をかけてくれたんだろう?

|

2011年6月 8日 (水)

見守り

 今日は月に一度のケアマネIさんの面談。

 そこで こんな報告を聞いた。

 数日前、喫茶店から帰宅する母を 職員さんが偶然 見かけて声をかけてくれたそう。

職「花桃母さん、こんにちは! どこへ行かれるんですか?」

母「家に帰るところです」 おそらく母は声をかけてくれたのが誰だかわかってない。

職「どうやって帰るんですか?」

母「ここを真っすぐ歩いて行きます」

職「そうですか。じゃあ気をつけて帰ってくださいね」

 すぐに職員さんからケアマネIさんに連絡が行き、母の住まいの住所を確認。

 真っすぐ行くのが家の方角だと確認して一同安心したとのこと。

 母は、喫茶店の帰り道に声をかけてもらった事も覚えてなかった。(毎日 夕方電話してるけど、そんな報告は無かったし)

 それにしても…デイサービスで週に2回、温かい時間を過ごさせてもらえるだけでも嬉しいのに、こんなところまで見ててくれるんだと知って、あらためて感謝しちゃった。

 母は「お母さんねぇ、デイサービスがすごく楽しみ。あそこが今は生き甲斐」と。

 最初に同行した時、手持無沙汰だった母に 洗い物を手伝ったら?と提案してみたのが功を奏しているみたい。

 母は元々 そういう事が好きだし、手際が良いから。

 職員さん達が「花桃母さんが手伝ってくださるから本当に助かります」と 私が行けば言ってくれるし、連絡帳にも書いてある。(母はそれを自分の通知表のように楽しみに見てる)

 近頃では「お母さんねぇ、けっこう頼りにされてるんだよ」と ちょっと自慢げ。

『職員さん達は これも日常生活リハビリの一環として やらせてくれてるんだよ』と言いたいのを呑み込んで

「そりゃ、お母さん よく間に合うから喜ばれるわ」と合わせてある。

 若い男性職員さんも大好き。

 ちょっと偉い立場のAさんとは、私も最初に手続きや面談で会ってる。

「あのねぇ、本人には言えないけど、Mさん(私の夫)にそっくりな人がいるんだわ。もうその人見てるとMさんが重なってねぇ。すごく優しくて、お母さん いつも涙がでちゃう」

 …面談でAさんと初対面した時に「あなた、娘の婿さんにそっくり」って何回も言ったんですけど(笑

「髪がぼさぼさで大きな男の人が この頃、お母さん見ると頭をなでなでってしてくれるの。お母さん、嬉しくって」

 タレントの照英さんに似た感じの野性的な職員さんの事じゃないかなぁと思ってたけど、今日Iさんと確認しあって間違いないという事になりました。

 ちなみに髪はぼさぼさじゃなく、ワイルドにつんつんたててあるんですけど。

 デイサービスに行くのを勧め始めた頃は(一年がかりで やんわりと洗脳)

『老人扱いしてるって思って嫌がるだろうな…でも行けば絶対に気にいる』と思ってた。

 案の定、今日はIさんに「最初、この子にデイサービスへ行こうと言われた時は、どうしてそんなところに行かないといけないのって内心怒れたけど、この子が言うから仕方なく従っておこうって気持ちだったの。でも今は本当にいいところへ入れてくれたって感謝してる」って。

 今日は午前中、S医院へ行き

「腰はもう痛くないんだけど」

『薬をもらわないと』

「腰が痛くないから もう薬は要らないよ」

『物忘れ・骨量を増やす・コレステロール・頻尿改善』

 と、いつもの儀式がありましたが…苦笑。

 物忘れは相変わらずひどいけど、母が本来の姿で穏やかに笑っているから、私も嬉しい。

|

2011年6月 7日 (火)

ナビスコ杯一回戦 VS 川崎フロンターレ 第一戦

6月5日 日曜日

ナビスコ杯【広島 対 川崎】ビッグアーチ

(スカパー観戦)

 ウッズが久しぶりに公式戦に出る。

 ウッズ好きだから嬉しいんだけど、ちょっと心配も。

 ここんとこずっと試合を見てて、あ~西川だと安心して見てられるんだよねぇ…。以前はゴール前にボールが来ると(バックパスでもボール回してる時でも)「ひぃ~」「こわいよ~」「ちょちょちょ~」って思わず言ってたもんねぇ…などと思ってたんだよね。

 どうかそんな無知な私の心配を杞憂に終わらせてほしい。

 できれば無失点で!

 できなければ、得点>失点 でいいんだから! =寿人がんばれ。

 さて、寿人髪切ってました^^

 きっと私だけじゃなく、誰もがこの前「寿人 髪切れ」って思ったでしょうね。

 エンヌ達のマサさん新弾幕が大きく映った!

 左側が一部 映ってなくて『崎雅人』 これだと 他にも似たようなデザインがあるんだよね。エンヌ達のは左側にはオリジナルの図があるのよ。

 でも…隠しマークを発見♪ 間違いない! エンヌ達の新弾幕!

 このマーク、デザイン的にもいいと思ってたけど目印にもなるわ。

 

 そして寿人とマサさんがキックオフ! きゃぁ~~~♪

 私もスタジアムに行けてたらエンヌ達と狂喜乱舞の瞬間だったな。

 ウッズも髪をすごく刈り込んでた。闘志の表れ…いいんだけど…ん~ウッズは短かすぎる気がする。

 髪型ウォッチングしてるうちに 山瀬に決められる。

 カズが飛び込んでったんだけどなぁ…。

 広島にもチャンス到来。相手ゴール前にボールも人も集まってるんだけど、なかなか打てない。

「打てー」「誰か打てー」と私が2回叫べるほど時間がかかった挙句、打たずに終わった…しょぼん。

 すぐに次のチャンス。

 公太さん打てーーー! いつだったか神がかったジャンピングボレーで決めたじゃん!ああいうのをもう一度見せてよ! うぅ~~ん。

 剛平さんが最初から居るのも久しぶりで嬉しい♪

 私が見始めた頃のサンフレッチェ広島だよ。

 カズと浩司は守備に攻撃に随所随所で効果的なプレーを見せてくれてる。

 二人が元気で楽しそうにプレーしてる姿を見るだけでも嬉しいのに、あんなに活躍してくれるから、もうオマケいっぱい貰った感じ。

 どうかこのまま一年、元気に広島を牽引してほしい。

 カズがドリブルで上がって行く姿って綺麗でかっちょいいんだよね~。

 寿人もドリブルをカズに習ってほしい。

 雑誌の対談で、チュン君のドリブルがすごく上手くなったって褒めてる場合じゃないわよ。

 こういう試合を見てる時、私はソファーの上でゴール側に体が傾いていく。

 かなり右側に傾いてるのに気づいた瞬間 広島のゴール!

「誰?誰?!」 公太さんのヘディングだった!

 やったーーーーーっ!! 公太さん よかったねーーーーー!!

 リプレイ見たら、マサさんの折り返しからじゃん。体をねじって公太さんの所へ送ったマサさんもかっちょよかったよ!

 後半。

 メモに「寿人 にこにこしてる場合じゃないじょ。まずは打て」って書いてある…。どういうシーンだったか…?

 実況「佐藤寿人の得点の嗅覚を生かすチャンスがまだ無いですね」

 風間「佐藤の場合、一回チャンスが来れば入れますからねぇ」

 そうなんです、そうなんですよ。風間さんは いつも寿人に優しい解説をしてくれるから期待してたんだ~。

 ムジリが準備。交代は洋次郎かなぁ…寿人だったりして!

 と思ってたらマサさん! えぇーーー! もう少し見せてよ。

 洋次郎がドリブルで真ん中を上がる。左右に寿人とムジリが先回り。

 洋次郎はムジリに…あぁ寿人じゃないんだ~と思った瞬間、ムジリがゴールを決めた!

 この選択が正しかったと思うしかないんだね。

 2対1と逆転した。

 もう失点しないで、このまま終わってぇ~!

風間「佐藤のマークが厳しいですね」

 そうなのよ~。寿人にボールが通らないのよ。だから寿人に全然チャンスが無いのよ~。

 寿人 今日 何した? 泣笑。

 ムジリがドリブルでズンズン!と上がる。

実況「ムジリの前には誰もいません」

 って、寿人ぉ~どこに居るのよ~。そこは寿人が居ないと…でしょ~。まさかまたピッチサイドで水飲んでる?(以前 その最中に柏木が一人で上がってゴール決めた)

 井波が準備。

 今度こそ寿人かなぁ…。

 寿人でした。 あーやっぱりぃ…。

 寿人のゴール…もうずっと見てないよ…。

 新人の井波はわんこ系で可愛いんだけどな。

 こわんこ系でも 浦和の山田わんこは豆しばだけど、井波はスマートな洋犬って感じ。

 ベンチでマサさんがそれはそれは爽やかな笑顔で話す相手は寿人…寿人ファン&エンヌ達には垂涎もののシーン。

 マサさんのああいう笑顔って貴重なんだよね~。でもさ、寛いでしゃべってられる状況かい? 二人とも!

 懸命な走りを見せていたノリが足をつらせて航平に交代。

 おぉ!プレーする航平を見るのも久しぶり!顔付きが少し大人になってる!

 これで交代枠を使い切った。

 剛平さんと公太さん、しんどいだろうけど90分 頑張り通しておくれ~。

 ブースの向こうに水本がキャップを被って談笑してる姿が映った。

 ああ、もう日常生活には支障の無いところまで回復したんだね! よかった!

 洋次郎→ムジリ→井波 決定的なシュートはゴール左。

 うぅぅ…公式戦デビューでゴールしたかったよね。

 洋次郎もムジリもゴールさせてやろうってのが見え見えだったよね。

 そんな事を考えてたら…失点! ぎゃぁ~~~!!

 アディショナルタイムは3分。

 決め手なく終了。

 ベンチでスタッフと握手する寿人は口元をぎゅっと結んでる。

 スタンドに向かうウッズはうなだれてて、その頭をぽんっとする寿人。

 アウェイゴールを2本とられてるから、川崎との2戦目 厳しい事になっちゃったなぁ。

 周作・チュン君・良太が帰ってくる事に期待するしかないのか。

 …寿人。

 

 この頃、寿人はフル出場してない。

 途中で交代させられる理由を想像してみた。

①何か体に不安を抱えていて、自ら交代を申し出ている。

②監督との間で『この辺で交代』という話し合いがなされている。

③監督が寿人の年齢などを加味し、次の試合に備えて体力温存させたい。

④交代させて、寿人のさらなる奮起を促す監督の親心。

⑤「もう寿人じゃダメだ」

 え~~~~ん、⑤だったらどうしよう!

 ④でも 寿人の今後のプレーによっては⑤に変わる。

  今だって怠けてるはずはない。

 負けず嫌いで努力家で責任感の強い寿人だから、チーム勝利の為にも自分がゴールを決めなければって 練習から必死でやってるはず。

 それでもゴールできないのは…。

 寿人は今までよく頑張ったよ。

 8年連続(7年だっけ?)で二桁ゴールを決めた。

 私がファンになった当時、ゴールランキングを争っていた選手たちの名前が、今はほとんど見られなくなってる事を思うと、寿人の能力だけ突出してるんだと思える。

 …だからもう十分だよ。

 ここからは、若手を生かすのを最優先し、チームの底力としてゆったりと構えていけばいいよ。

 …と本来の私は思ってしまう。

 でもそれは寿人の力を信じてない事なんだろうね。

「いやいや、寿人はまだ枯れるには早すぎる。もうひと頑張りしてもう一段 上れるよ!」って叱咤しないといけないのかな。

 チョコレート断ち開始してから まだ10日?

 私もまだまだ頑張れます。

 (他の甘いもの食べてるから胸は張れないけど…)

 

 

 

|

2011年6月 4日 (土)

努力・成長

 【やめないよ・三浦和良著】【心を整える。・長谷部誠著】【日本男児・長友佑都著】3冊を、夫が次々に買ってきた。

 【やめないよ】は、以前から呼んでた日経新聞のコラムを集めたものなので、初めての感動は無い。

 でもカズが言う事には説得力があると、常々感心して読んでいた。

 読者に対して「こうこうすべき」って文章でもなく、彼が日々感じてる事を彼特有の言葉で綴ってる感じなんだけど「やっぱり頂点を極めた人は違うなぁ」と感心する。

 イケイケ時代のカズを知ってるだけに「いい大人になったなぁ」と感慨深い。

 【心を整える。】【日本男児】は、つい最近の代表戦の事も書かれていて「ああ、あの時の…」と興味もそそられる。

 3人に共通しているのは『努力を怠らなかった』ってとこだ。

 特に最後に読んだ【日本男児】では、

『壁に突き当たった時、これを乗り越えれば成長できると考える』

『目標から逆算して準備をする』

『弱点を見つけたら、そこを練習して向上させる』

などが、いくつものエピソードの中で 何度も語られる。あまりの厳しさに涙が出る事もしばしば。

 それこそが私には欠落している部分だ。

 挫折した時「努力してもう一度挑戦してみよう!」と思うか「これでいいや」と諦めるかで、その後は180度変わってしまう。

 努力して挑戦して、前の挫折を乗り越えて、自分の成長を感じた経験を一度でもすれば「今は辛いけど、ここで頑張れば、またあの喜びを味わえる」って思うんだろうなぁ。

 私の人生、病気からは逃げられないから、次々と現れる壁も仕方なくよじ登って来た。

 病気は「壁」と言うよりも「舗装道路」から「砂利道」に、そこを頑張って歩いてたら「どろどろの道」それでも歩かないわけにいかないから頑張ってると、今度は「棘の道」だ…って感じ。

 頑張って乗り越えて「次の景色が見えた!」ってのとは違うしなぁ…。

 そして、その他の事は…。

 記憶にあるのは、中学の部活。

 卓球部で、2年生の新人戦はレギュラーだった。

 それまでも一生懸命練習したわけじゃなく、おしゃべりしながら、毎日 遊び半分で打ってた。

 基礎練習なんてのは「きまりだから仕方なく」形だけ。素振りなんて何の意味があるんだろう? 同じ事の繰り返しでつまんない。

 当時の私は みんなも同じ気持ちだとと思ってた。

 そして3年生になって 当時の部活の集大成ともいえる「市内大会」の時、私はレギュラーでは無くなってた。

 昔、クラブ内で練習試合すると、いとも簡単に勝てた子達が いつの間にか強くなってて、レギュラーとして市内大会に出た。

 その時でさえ、悔しいと思った記憶が無い。

「あ~レギュラーじゃなくなっちゃったか~」って すんなり受け入れてたんだと思う。

 元々運動神経なんて良くない私は、感性だけで2年生まではやれてた。

 でもその後は、向上心を持って地道な努力をした人が伸びる。

 私が少しでも努力していたなら、その時 悔しさも感じてたのかもしれない。

 大人になってから気付いた。

 あの時、強くなった子達は「今度は負けないぞ」と思って練習してきたんだろうなって。

 素振りだって、筋トレ(当時はそう言わなかったと思う)だって、ちゃんと目的意識を持ってやっていれば結果も違っていたんだろうな。

 カズも長谷部も長友も、高い目的意識を持ち、毎日の小さな積み重ねを怠らず、ひとつ目標を達しても満足せず、次の目標をつくってる。

 きっと3人とも「まだ成し遂げてない」と言うだろうけれど、一定以上の結果を残した人は、本当にすごいなって思う。

|

2011年6月 2日 (木)

活躍の時期再来

 この冬に購入した「焼き芋鍋」次の活躍のチャンスは予想より早く訪れました。

「夏になったら焼きとうもろこし~♪」と思ってたら、もう売ってたの!

 早速 今日はそれを焼き焼き♪

 それがね、そのとうもろこし、全然期待してなかったのに、生でかじってみたら それで食べられそうだった。

 でもせっかくだから焼いてみたよ~!

Image256

 うんうん、元々が甘かったので美味しいわ~!

 クリーンメンテナンス中の歯の隙間に挟まるのが難点だけどね。

 さて、この冬、焼き芋に大活躍したこの鍋。980円。

 こんなに安いから大したことないって、ほとんど期待してなかったのに、すっかり元をとったよ。

 ただね…焼き芋は「ガス代がもったいないから」って3本同時に焼いてたの。

 そうするとね…一日で食べちゃうわけよ。

 私は何を間違ったか、最初 サツマイモは普通サイズで180㌍だと思い込んでて。洋菓子よりも健康的でいいと、変な自信を持ってて…。

 ネットでカロリー表を見つけてから、ちゃんと重さを測って換算したら…私が食べてる大きさは400㌍前後だったの!! ショック!

 今回はとうもろこし、出始めって事もあって1本しか買いませんでした。

|

2011年6月 1日 (水)

ステッキと傘と

 実家の帰りにスーパーに寄る。小さなスーパーの時は車椅子を下ろすのが面倒なのでステッキで歩く。

 雨の日の買物は ピカピカ晴天で暑い日よりは楽だけど、傘とステッキの両刀がとっても面倒。

 車の乗り降りでさえも、助手席から傘をとって、ステッキをとって、買物袋をとって、バッグを肩からかけて…ってやってると、何かを落とす。

 傘とステッキをどう持てばいいのか こんがらがる。

 バランスもとりにくい。

 ドアから体を中に突っ込んで あれこれしてるけど、結局すごく濡れる。

「ンもぉ~!」ってなる。

 そしたらね、前に停めた車から若いママが降りた。

 まず助手席側にまわって赤ちゃんをチャイルドシートからおろして抱っこひも(?)で胸の前に固定する。

 つづいて後部座席に居たお兄ちゃんの両手を持ってぴょんと下す。

 お兄ちゃんの傘をささせて手を引く。

 店内に着くと 子ども用の楽しい乗り物(?)に乗せる。押す。お兄ちゃん ハンドル握って回す。

 事もなげにすべての行程を遂行してるんだよね。

 私の友達も そうやって何年間かを過ごして来たんだよね。

 走り回りたい子どもから目が離せなくて、ゆっくり買物できない時もあったはず。

 それを思えば、ステッキと傘くらいが何よ。

 でもさぁ…子どもはいずれ大きくなって手が離れるけど、ステッキから解放される事は無いのよね…苦笑。

(あ~でも左も人工関節にして数年はステッキ無しで歩けるか)

 それにね…子どもは連れてて可愛いけど、ステッキは可愛くないのよ~。

|

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »