« どこか痛いのが当たり前 | トップページ | 活躍の時期再来 »

2011年6月 1日 (水)

ステッキと傘と

 実家の帰りにスーパーに寄る。小さなスーパーの時は車椅子を下ろすのが面倒なのでステッキで歩く。

 雨の日の買物は ピカピカ晴天で暑い日よりは楽だけど、傘とステッキの両刀がとっても面倒。

 車の乗り降りでさえも、助手席から傘をとって、ステッキをとって、買物袋をとって、バッグを肩からかけて…ってやってると、何かを落とす。

 傘とステッキをどう持てばいいのか こんがらがる。

 バランスもとりにくい。

 ドアから体を中に突っ込んで あれこれしてるけど、結局すごく濡れる。

「ンもぉ~!」ってなる。

 そしたらね、前に停めた車から若いママが降りた。

 まず助手席側にまわって赤ちゃんをチャイルドシートからおろして抱っこひも(?)で胸の前に固定する。

 つづいて後部座席に居たお兄ちゃんの両手を持ってぴょんと下す。

 お兄ちゃんの傘をささせて手を引く。

 店内に着くと 子ども用の楽しい乗り物(?)に乗せる。押す。お兄ちゃん ハンドル握って回す。

 事もなげにすべての行程を遂行してるんだよね。

 私の友達も そうやって何年間かを過ごして来たんだよね。

 走り回りたい子どもから目が離せなくて、ゆっくり買物できない時もあったはず。

 それを思えば、ステッキと傘くらいが何よ。

 でもさぁ…子どもはいずれ大きくなって手が離れるけど、ステッキから解放される事は無いのよね…苦笑。

(あ~でも左も人工関節にして数年はステッキ無しで歩けるか)

 それにね…子どもは連れてて可愛いけど、ステッキは可愛くないのよ~。

|

« どこか痛いのが当たり前 | トップページ | 活躍の時期再来 »

病気(SLE・骨頭壊死など)」カテゴリの記事