« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月30日 (土)

【要注意!】気持ち悪い話

 初めに言っておきます。今日の日記は、めちゃくちゃ気持ち悪いです!

 芋虫の話なので、芋虫が苦手な人は読まないでください。写真もあります。

 なんで こんな気持ち悪い日記を書くかと言うと 「芋虫と闘った勇敢な花桃ゆう」をちょと自慢したいのと、M気質からです。

 でも…自分でも思い出しても鳥肌が立つので、苦手な人は絶対に読んではダメです。

 閉じるなら ここですよ。

 

 ここまで読んだ人は覚悟ができてるんだと受け取りましたから、責任は負いません。

 閉じるなら ここがチャンスです。

 ここからは また段階を経て「閉じる」事を促しますので、用心しつつお進みください。

 それは先週の日曜日の事。

 燃えないゴミを左手に、右手にステッキを持ってベランダに出ようとした時でした…。

 網戸を開ける為にステッキを窓枠に立てかけ、ベランダに出た時、プランターのアイビーの葉の中に ちょっと太めの枝があるのに気づいた。

 元気に茂るアイビーだから、枝も巨大化したのかな。でも あまり綺麗じゃないな。

 とってしまおうと思って、空いた右手で枝をつまんだ瞬間…

 「うぉうぇわぁっ!!!」

 跳びのいた瞬間に、左手に持っていた燃えないゴミを周りに投げ散らかすほどの衝撃。

 枝だと思ってつまんだそれは、むにょっとしていた!

 落ち着いて顔を近づけて見たら、それは何かの幼虫だった!

 「うぅわっ…」 あらためて声が漏れる。

 でも見れば見るほど「枝」に見える。すごい擬態だ。…こんな幼虫がベランダに居るなんて。

 さてどうしよう。

 網戸の向こう側のソファーには夫が座ってるんだけど、我が家では こういう時「お願~い。これなんとかして~」ってシステムが無い。

 最初に見つけた時「きゃぁ~」って言わなかったのもいけないね…汗。

 ここから また気持ち悪さがアップします。閉じるならここです。

 よく見るとプランターの下には黒い糞がいっぱい落ちてる。いつの間に…!?

Image295

 これは ここで始末しないと、とんでも無い事になる。

 割り箸を取りに戻るのが、足の悪い私には とっても面倒。(でも携帯は取りに戻ってたわ)

 それで、散らばった燃えないゴミの中から、長細い物を拾って、それでヤツを枝から外すことにした。

 「うぅわぁ…」「ひぃ~」と言いながらヤツをつついたら、緑色の液体が出た! いっぱい出た! 

 ↓↓↓ この下に、ぼかした写真があります。

Image297

 「いやだーーーーー」 早く引っ剥がさないと。

 「うぅ…どうしよう…」 

 次の段階です。閉じるならここです。

 ヤツが体をくくっとさせると、筒状の体と同じ大きさの糞が端っこから ぐぐぐっと押しだされてきた。 

 おぞましい。 本当に「おぞましい」姿。

「うぅあ…」身悶えしながら、プラスチック容器の端っこで ヤツと闘う。

 緑色の液体も まだ出てくる。これは体液? 食べた葉っぱ?

 なんとかプラスチック容器の端にのっける事に成功。

 さて、これをどうする?

 ベランダに置いてある「燃えるゴミ」の袋にヤツだけを落とし、プラスチック容器は「燃えないゴミ」の容器に入れた。

 燃えるごみの袋の口をぎゅっと縛った。

 本当は潰した方がいいと思ったんだけど、どうしてもできなかった。

 後で燃えるごみを入れに来た時の怖かった事。縛った口元に上がってきてないか?

 火曜日の朝、袋の底にヤツの姿は無かった。どこへ行ったんだろう? 袋の中のどこかに居ると信じて「燃えるごみ」収集所に出した。さようなら~。

 その後、黒い糞も見当たらないから、ベランダで生き延びてはいなさそう。

 あれは何の幼虫だったんだろう?

 ベランダに飛んで来て卵を産んだんだよね。綺麗な蝶だったのかな。

 最後に、ぼかしの無い写真です。

 ほんと~に気持ち悪いから!(いつもより小さめにしてあるよ)

Image294

 昔は みみずだってつまめたし、蛇だって見るくらいは平気だったのに、こんなに気持ち悪く感じるようになったのは どうしてなんだろう?

 そして、アイビーをよく見たら 葉っぱが食いつくされて茎だけになってた部分がいくつもあった。すごい旺盛な食欲だったんだ…ぞぞぞ~。

|

2011年7月29日 (金)

弱々さん同士の待ち合わせ♪

 ちょっと教えて欲しい・意見を聞きたい事があって、病気友達のまつちよさんに「会えない?」とメールしたのは7月の初旬。

「まつちよさんの診察日に 私も病院まで行くから時間を作ってくれない?」と。

「通院日は家族が一緒なので、できれば他の日に」とまつちよさん。

 そこから二人の細かい打ち合わせが始まった。

 何しろ弱々さん同士なので、普通の人みたいに簡単に待ち合せができない。

 第一段階で、7月27日(水) 私がKMK駅まで迎えにくと決定した。

 数日後、気温が急上昇した時、まつちよさんから「KMK駅までの運転は大変でしょうから、病院の近くまで私が行きます」と提案があった。

 ぴかぴか晴天の中 運転時間はできる限り減らしたいので ありがたく甘える事に。

 それからは、降りるバス停や時刻の確認などと並行して どこで何を食べるか?なんて楽しい打ち合わせもあり。

 その中でも「お互いの体調により当日ドタキャンあり」は基本。

  これは私の健康な友達にも適用させてもらってる(汗)

 ところが、途中で母の都合が変わり、27日をそれに当てて、まつちよさんとの逢瀬は28日に変更。 

 その後もバス停の時間帯による日蔭の有無(これ最重要)、店までの距離など、微調整を繰り返した。

 先週は台風の影響で大雨になり「雨の時は私がKMK駅まで行きます」と提案。

「雨の日のバスの乗降は大変なので、お願いします」と これも決まり。

「当日の朝、お互いの体調や天候など最終確認しましょう」が最後の決めごと。

 そして昨日 やっと逢瀬がかないました。

 バスから降りたまつちよさんの第一声は「日差し大丈夫でした?」

 私はバスの日の当らない方に座ってる彼女をすでに確認している。

 車から降りて店まで歩く私を見て

「足、痛そう…」とまつちよさん。

!!! 驚いた。

 確かに痛いんだけど、もう私には当たり前の痛さになってて、いつも見ている母も夫も 特別に「痛そう」と言った事が無い。

 友達も『ゆうは長時間でなければステッキで歩ける』という認識なので、痛みまでは意識されていないと思う。

 時々、本当にステッキにすがらないと一歩も動けない時があるので、そこそこ歩ける時が私には「普通」の状態だった。

「この前 逢った時よりも痛そうに見える」って。

 そうなんだ~~~! そうよ。だって よく考えたら、痛みは少しずつ増してるんだもん。

 以前は「杖無しでも歩けるでしょう」「杖は飾りだね」と言われるくらいすたすた歩いてたんだった。

 なんかね、こういう事を分かってもらえる時って嬉しいんだ。

「辛そうだね。苦しそうだね」って、あえて言わないようにしてくれてる人もいるとは思うけどね。

 そして本題の意見を聞いた。、それからいろんな話に発展。 

 まつちよさんの 何気ない一言に「あ、そういう事もあるんだ!」と新発見もした。

 帰りのバスは4時半。日陰になるバス停も確認済み。

 食べてしゃべって、最後に時計を見た時は3時。

 あと1時間ちょっとあるね…と思ってしゃべってたら、気付いた時には4時50分!

「回り道にならないなら病院まで乗せてくれますか? そこから出てるバスに乗ります」と言われて送る。

 駅まで送らなくてごめんね。

 充実のおしゃべりをしたせいか、別れてからも気分が高揚してて、無料券でシャンプーに寄った美容院でも、帰宅後 夫にも多弁になってて 自分でおかしかった。

 そして 向かい合ってしゃべってる最中、まつちよオリジナルのマフラーの巻き方がとっても素敵で気になってて 巻き方を教わった。

 帰宅後やってみたら ちゃんとできた! うぴっ♪

 弱々さん同士が 一番の鬼門「夏」に待ち合わせるなんて無謀だったけど、神様がそっと見守っててくれたようです。

 …でも、後から まつちよさんは、この朝 ステロイド剤を増量。ドーピングの威力もあったと聞きました(笑

 

|

2011年7月28日 (木)

ナビスコ杯 VS 川崎 第2戦

7月27日 水曜日

【広島 対 川崎】 等々力陸上競技場(スカパー観戦)

 soccer1-3 広島勝てず

 soccerゴール…寿人shine

 夕飯が少し遅れて、テレビの前に座ったのは10分くらい。

 その直前、チュン君のパスに飛び込む寿人…合わずってシーンがあった。

 いいパスに見えたんだけどなぁ。寿人 目測を誤ったのかなぁ。視力が落ちてるって事ないよねぇ?

 ノリは先発。張り切ってるだろうな。けっこう落ち着いてるけど、すごいファイト見せてる。頑張れ!

 抜け出した寿人、DFに体を寄せられながらもシュート! GKキャッチするも、よしっ!よしっ!

 こういうのをどんどんやって。

 そして…ナカジ→寿人ヒール→洋次郎→寿人 体を回転させながらシュート! ゴール!!

 やったーーーーーーっ!!(金切り声)

 そして「ありがとう、神様 ありがとう」 しばし合掌して目を閉じる。

 仏教徒の私に「神様」は無い。 ただただ見えない大きな力に…サポーターの想い、チームメイトの団結力、寿人の努力と根性に「神様ありがとう」と。

 ハーフタイムのハイライトで ゴール直後の寿人の『どや顔』ならぬ『とぅおりゃー顔』を見た。

 ロスタイム2分。

 ジョニーニョの突破。あーダメだーやられるーーーー! そこに良太のスライディング! 良太 すごすぎる~頼もしすぎる~!

 後半。

 ボールが自陣に来ると、失点するなー。守れー止めろー。

 公太さんが落ち着いてクロスをあげる。飛び込んだ寿人の左足ボレーは枠左。うーかっちょよかったんだけどなぁ。

 すぐにまた公太さんのクロス。寿人のヘディングはGK弾く。

 続けてノリの突破→公太さんクロス→寿人フリーでヘディングシュート! GKジャンプして弾く。

 あ~怒涛の寿人だったのになぁ。

 これ全部 決まってたら勝ち抜けだったなぁ。

 でも…ミーハー寿人ファンの私としては、いい感じの寿人シュートを見られたのは嬉しい。

 2失点。3失点。 ううぅ、このまま大量失点は嫌よ。

 ミキッチ倒され PA外の判定。駆け寄り抗議する寿人。

 続いてライン際でハンドとファウルの判定を巡って、洋次郎が珍しく猛抗議。寿人も一緒に「おかしいでしょーー!」 

 スタンドからは「ヒ・サ・ト! ヒ・サ・ト!」 いやぁ~ん、寿人が余計に張り切っちゃうじゃ~ん。

 うあぁ! 寿人がペットボトルを地面に投げつけたよ。イエローカード! 監督も退場処分。

 プレー再開。周作がナイスセーブして、すぐに審判に駆け寄る。ピッチ中央付近で良太が顔面をはたかれてたらしい。(リプレイ)

 寿人も詰め寄る。ひーーー寿人~2枚目出ちゃうよ~。

 みんなー熱い気持ちはいいけど、頭はクールにしてー。怒ってプレーしちゃだめー(あ、もしかしたら怒りがパワーになるかも)

 CK。スタンドを煽る寿人。

 ロスタイムは7分だって!しんどいけど、まだチャンスがあるって事だ!

 みんなに走る力を! へなちょこな私のエネルギーじゃ心元無いけど、でもどうか私のエネルギーをピッチの選手たちに!

 試合終了。

 川崎の選手のヒーローインタビューの画面に ♪立ちあが~れ 広島 勝~利 目指~し 走~れ♪ が聞こえてくる。サポーターさん達の想いが聞こえてくる。

 ナビスコ杯が終わった…。

 ここはもう「リーグ戦、天皇杯に集中できる」と思うしかないね。

 寿人は、早速ブログを更新し、追加得点できなかった事をわびていた。

 確かに…後半の3本のうちの2本を決めていれば勝ち抜けだったんだもんね。

 でも 寿人を責める人は居ないと思いたい。

 すぐに次の試合が迫る。

 今度こそ「勝利」を!

|

2011年7月27日 (水)

泣きっ面に蜂

 今日は母をS医院につれて行く日。

 夕べ、実家の御近所のAさんから電話があった。

「ヤマダさんが鍵を無くして、今 うちにみえてるので、迎えに来てください」と。

 いつも散歩に行く時、鍵を手に持っているので 以前「落とすといけないから手提げに入れるとか、首から下げるとかしたら?」と 言ったら「ちゃんとキーホルダーに指を通してるから絶対に落とさない!」と怒らせてしまった。

 母は自分の行動に口出しされると「老い」を指摘されたような気持ちになってしまうんだろうな。だから、もうそれ以上は言わなかった。

 そしたらこのありさまよ。

「ほらごらん!だから私の言う事を聞きなさいよ!」と心で怒りつつ、作りかけの夕飯を仕上げて、食べないまま車に乗った。

 「結局、私が尻拭いするんじゃん」という怒りと「6時から数回、電話した時 出なかったのは、ずっと鍵を探していたんだろうな。(この時7時半)今はAさん宅で心細い思いをしてるんだろうな」と思うと可哀想で、泣きたいのに涙が出ない。

 それでもAさんちへ行って、私の電話番号を伝える知恵は ちゃんとあるじゃん。電話番号も覚えてたし。このまま迷子にならなくてよかったじゃん。ご近所さん ありがたいわ。 とも思った。

 ここで怒ったら、きっと不安で混乱するから「怒るまい!」と 自分に言い聞かせながら運転し、Aさんちへ到着。

 優しい顔で迎えてあげようと思ってたら、母はけろっとしている。

 ひたすらAさんご夫婦に感謝するばかり。

 私のスペアキーで家に入って、失くした経緯を聞いた。

 夕方、出かけたS医院とパン屋さんにも ちゃんと自分で尋ねて行ったんだって。そこはしっかりしてるじゃん。

 でもね突然こう言いだす。

「あ、○○○○(デイサービス施設)で誰かが持って行ったかもしれない。お母さん、いつもカバンを置いたまま、お手伝いしてるから、ちょっとイタズラで簡単に持っていけるもん」

 あのね…デイサービスから一旦帰宅してるんです。夕刊もちゃんととりこんであるし、施設からの連絡帳もテーブルにのってる。

 そういう説明をノートテイクすると「あ、そうかぁ…」と納得するけど、今日もまだ同じ事を言ってたからなぁ…。自分のミスを認めたくないんだろうね。

 ネジが錆びてない頃は、こういう所は素直だったのに。

 『近所で鍵を落とした』のは間違いないので、今日は鍵を取り換える事にした。その手配をしてからS医院ヘ。

 怒れてくるのを我慢してる微妙な空気。母も気を遣ってる感じ。

 母にしてみれば私は『いろんな細かい事をやってもらわなきゃいけないから逆らえない』なんだろうね。

 私にすれば『結局 私が尻拭いするんだから、何でも私の言う通りにしてよ!全然 言うこと聞いてくれないじゃん』なのに。

 こんな雰囲気で待合室でMのおばさんに会ってしまった。

 今風に言えば『Mママ』ね。

 Mのおばさんは 私を見るなり「まあ~ ゆうこちゃぁ~ん。久しぶりだねぇ~。太った? なんだか顔が太って見えるけど」 えぇぇ~~~~~~~~~~!?

 「体も太りました」と笑って答えたつもりだけど、絶対に引きつってたね。

 この前は Fちゃんのおばさん(今風に言えばFちゃんママ)とも偶然会って

「まぁ~ゆうこちゃぁ~ん。こんなに元気になって~!よかったねぇ~! 肉もしっかりついてるし。立派になったねぇ~」って 私の肩や腕や太腿を手でさすりまくってくれた。

 ご近所のおばさん達の頭には「病気のゆうこちゃん。小さくて細いゆうこちゃん」なんだろうねぇ。

 二十歳までは普通に健康少女だったんだけどな。

 ご近所さんが 今もまだ私の病気を気遣ってくれて、母が何かあれば助けてくれて、それはとっても幸せな事だとは思う。

 でも…なんだかなぁ…。ちょっと群青色の私なのでした。

|

2011年7月26日 (火)

ちょっと反省

 今日のセールス電話は 中年の慣れた感じの良い声の女性。

『保険の見直し』をお勧めしているそうな。

 これは一番シンプルな『夫がそういう関係の仕事してますので』でお断りできる楽ちんなパターン。

「新たな保険をお勧めするわけではないんです」「ハイ」

 保険の見直しだけを親切にしてくれるはずが無い。

 どこかに利益が出るからこそ、こうしてわざわざ電話してくるわけだ。

「わが社は、50社以上の保険会社を統括してまして…」「エエ」

 心に余裕があるので、ハンディモップで、あちこち拭きながら 感じよく返事をした。

「その方に一番ふさわしい保険をご紹介する事ができます」「ハイ」

「ここ一年の間に保険の見直しなどされた事はございますか?」

 来た!やっと私の発言の番。絶好のチャンス!

「…うちは夫がそういう仕事をしてますので…」

「あらまっ! 奥様~(笑った感じの声)そうでしたかぁ。申し訳ございません」

「イイエ~」

「失礼いたしました」

「ハイ 御苦労さまです」ここはいつものように『同業者として頑張りましょうね』モードで。

 全行程、わずか1分足らずだったとは思うけど、もう少し早く言ってあげればよかったかな。

 だって立て板に水で、綺麗な声だったから、聞いてるのがそれほど苦痛でもなく、切れ目が無いから、無理やり「夫が…」と言い出せば 話の途中でさえぎる感じになりそうだったのよ。

 ハンディモップでお掃除なんてしながら聞いてたから、切れ目を逃してたかな。

 って事で、本日、花桃の夫は『保険屋さん』であります。

|

2011年7月25日 (月)

第6節 サンフレッチェ広島 対 名古屋グランパス

おそまきながら7月23日 土曜日

【広島 対 名古屋】瑞穂陸上競技場

行って来た!

 soccer2対3 広島勝てず

 soccerゴール…チュン君・アオちゃん

 スカパー観戦ではないので解説が無く、よってメモも無く、ほんとにサッカーを好きな人には どーでもいいような感想ばかりですので、ご了承ください。

 出発。日よけにバスタオルを頭からかぶって後部座席に横になってたら眠ってしまった。

 高速道路を降りた時に ハッと目覚める。

 競技場近くの歩道には 赤い人達に交じって紫の人もちらほら。こういう状況で見る紫は なんだかとっても親近感を感じる。

 5番の男性と11番の女性(年齢も私達夫婦と同じくらい)を見かけた時は 窓を開けて挨拶したいくらいだった。

 でもね…夫はグランパスのレプユニ着用なのよ。

 と言うのも 車椅子入場口を 広島ユニが二人連れて行くのは どうも気が引けて。スタンドで着替えるつもりで紫ユニはバッグの中。

 さて、いよいよ競技場に着いた時、目の前に観光バスが走ってるのに気づいた。

 ここから神様のプレゼントが始まる…☆

「選手のバスかも~」と軽く思った。ウインカーが左に出たので「ほんとにそうかも~♪」と、でも さほどの期待もせず。

 身障者駐車場の入り口で 誘導する人が不足してて「少し待ってください」と待たされた。そこでも別に慌てる事もなく。

 車をとめてから、いつもなら広場でグラン巻きを買うんだけど、この日は車椅子席でもアウェイ側のいい場所をとりたいので まずスタンドに行く事にした。

 受け付けの綺麗なお姉さんにチケットを見せようとしてたら…

 きゃあ~~~~なんと!! 反対側のガラス戸からギシさんが入ってくるじゃん!

 私との距離、2メートルくらい。

 続いてツバ君。

 もうね、お姉さんの対応は夫に任せたわよ。

 浩司が来て、チュン君が来て、良太が来て。

 私は受け付けに対して、体ごと90度横を向いて ひたすら目を☆にし、胸の前で小さく手を振りまくる。

 そしたらね…受け付けのお姉さんが「申し訳ありませんが 係りの者が来るまで ここでお待ちいただけますか?」 その声を背中で聞く。

 はい!喜んで!!

 続いて大輔さん、後ろにミシャ。

 手を振る私に気付いてミシャが優しい笑顔でこちらに来てくれた。両手を出してる。

 これは握手してくれるって事よね?

 …あ、夫 赤いユニだった…汗。と 一瞬思いながらも 握手してもらって

「アシ ダイジョウブデスカ?」と日本語で聞いた。大輔さんが訳してくれるのを期待しつつ。

 すると大輔さんが囁いた様子も無いのに「… ベター …」とチャーミングな笑顔で監督。3つくらい単語を言ったけど 私に分かったのは「ベター」だけ。

 監督も私の「足」と「大丈夫」は 分かってるんだろうね(笑

 もうこんな思いがけないプレゼントがあったから満足。

 …寿人は もう行っちゃってるのかな…こんな思いがけない嬉しい出来事があったから 高望みはすまい。

 …と思ってたら! ガラス戸の向こうに 見覚えのあるシルエット。

「寿人来た!」と夫に小さくつぶやく。

 あ~~間近で見る寿人って、やっぱり可愛くてかっちょいい。

 年に1~2回 前日練習に行けても 選手が急いでたり、ファンサの列が間違ってたりで、車でさ~っと過ぎて行く寿人を見送ったのが最後。

 ここんとこ「親」の気持ちだけになってたけど、至近距離で見たら やっぱり「素敵!」で ミーハーファンの乙女(心だけ)になってしまった。

 他の選手に対するよりも数倍のパワーで両手を振る。

 気付いてくれたので、手話の「頑張る」みたいなポーズをして見せた。

「寿人! できるよ! 頑張るんだよ!」って気持ち。

 一言も発しなかった。

「頑張って」なんて言葉では伝えきれない想いがある。

 私に魔法が使えたら『90分走り続けても疲れない・ボールも相手選手も止まって見える力』を寿人に授けたい。

 せめて私のエネルギーを寿人に注入したい。

 後で思えば おこがましいにもほどがあるけれど、そういう気持ちで両手を伸ばした。

 あの瞬間は本当に「大好きな選手に握手してもらいたい」では無かった。

 握手してもらってから気付いた。

 弱々の私のパワーなんて、プレー中の寿人の一歩分にも足りないわ!

 お互いに無言のまま、寿人はスタッフに案内されて廊下へ。

 そこに!私を誘導してくれる女の子が登場。

「お待たせしてすみません」 いえいえ~~! 全然 すみませんじゃない。

 で、彼女に案内されるまま、寿人の真後ろについて廊下を進んだのであります。

 途中で私は左側のエレベーターに。前の寿人は誰かとお話してたから、ここも声をかけずに別れた。

 去年、広島駅で遭遇した時は ドキドキして足が震えたけど、この日は嬉しいばかりだった。そして心の中で「寿人!今日こそゴールするのよ!」って必死だった。

 駐車場の入り口でちょっと待たされて、今日に限って直接受け付けに行った事が良かった☆ 選手バスだという確信も無かったから、狙ってもいなかったのに。

 席を確保してから、娘っこ達と会う。いつもこっち側まで来てもらって ほんとにありがと。

 で、今の出来事を報告して

「これは きっと良い事あるよ!」「今日は勝つよ!」と盛り上がった。…んだけどね。

 試合前のアップを見てると 高校の同級生のRちゃんが来てくれて

「今日は寿人君だもんね。名古屋で見られるのは1年に一度だもん、しっかり応援してね」って。

 試合開始。

 ゴール裏で 跳び跳びしてる彼女たちを微笑ましく眺める。

 チュン君が早々にゴール決めた時は なおちゃんが どんな喜び方してるかカメラを構えた。(こういうのってピンボケなんだよね…)

 でも一行に追加点の気配が無く。

 寿人だったかが(どんだけ曖昧なのよ)PA内で倒された時は ベンチ裏で試合を見ながらアップしてた選手たちが一斉に ピッチ横に走り出て「PK!PK!」って。

 ハーフタイムには、小学生のT君とT君パパも下りて来てくれて、写真撮影。

「寿人を応援してやってね~!」と手を握る。

 T君パパが「今日は 李忠成が目立ってますね」 はい…そうなんですぅ~。

 後半。

 控えだった公太さんに声がかかった時は、一緒にアップしてた選手たちが みんなでタッチして送り出すのが見えた。

 自分だって行きたいよね。でも そうやって送り出してくれるんだね。

 良太は、受付で間近で見た時「あら!良太すっごくかっちょいいじゃん」と思った。

 以前は「良太はもう少し歳をとってからの方が きっといい。顔立ちはいいんだし」と思ってたんだけど、この日は、見た瞬間「サッカー選手じゃなくて街中で見ても『あら、かっちょいい子』って思うなぁ」だった。

 その良太はプレーもすごい。

「いつの間にそんなに上手くなったの?」「代表合宿でそんなに学べちゃうわけ?」「それにしては効果が出るのが遅かったじゃん」などと 勝手な事を思いつつ、嬉しい気持ちで見てた。

 「うわ、良太~ そこで手を出しちゃダメだってば!」これさえ無くなれば もっと上に行けるのに…と私が思ったプレーは 審判はスルーでした。

 跳び続ける娘っこ達を見習って、私も一生懸命手拍子する。

 いつもは乾いてて「ぱさっぱさっ!」としか鳴らないんだけど、この日は暑さで手が湿ってて「ぽんっぽんっ!」っていい音だった^^

 アオちゃんの「え?」っていうゴールも決まったけれど、3点に追いつく事ができなかった。

 …やっぱり私のパワーなんて 汗の一粒くらいにしかならなかったね。

 久しぶりに生で寿人のプレーを見て、やっぱり好きだなぁと しみじみ思った。

 そして「やっぱりビッグアーチへ行かなくちゃ!」って思った。

 秋までひたすらお利口に過ごすわ。

 バカ親ならぬ ミーハー日記を最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

|

2011年7月23日 (土)

我が家に現れた「未来ちゃん」

 半月以上前、新聞の新刊紹介でこんな記事を見つけた。

 眉間にしわを寄せてフォークを口に運ぶ女の子の写真に目が釘付けになった。

***紹介文***

 川島小鳥写真集『未来ちゃん』

 新潟・佐渡島で暮らす女の子。

 猛然と食べ(写真)、屈託なく笑い、大人の肩の上で遊び、雪の中で憂いの表情を見せる。

 鼻水がたれていたって気にしない。

 移り変わる季節の風景とともに、一年間にわたってカメラがとらえた日常。

「お待たせしました!明るいみんなの未来ちゃんです」という帯の言葉が投げかけるものを、かみしめたい。(ナナロク社・2100円)

 これを読んだら一層 見たくなった。

 で、例のごとく、記事を切り抜いてとっておいた。…でも 本屋まで買いに行こうと思わなかった私って…汗。

 ところが、木曜日に美容院で見てた週刊誌に この写真集の事が載っていた。

 他にも数枚 写真が掲載されてて、それを見たら「うきゃぁ~~~! やっぱり見た~~い!」となった。

 夜、夫に しまってあった記事の切り抜きを見せたら、なんとすぐにネットで注文してくれた。

 それが今日 届いた。 はやっ!! 私が本屋へ買いに行くより確実で早い!

Image293

 もうね…もう…ほんとに(涙笑)

 ページをめくるたびに

「うふふ」「んふっ」「ふにゃあ~~~ん」と声が出てしまう。

 昭和の時代のわらし。自然児。

 季節の風景も心を洗われる。

 ちょっと前にここで公開した『こどもチャレンジ』の広告の子は、我が家で「はるちゃん」と名付けた。

 今も食器棚の前に立てかけてあって、事あるごとに

「ね、はるちゃん♪」と声をかけてる。

 はるちゃんの事は 触りたい。抱っこしたい。ほっぺをぷにゅってしたい。

 この未来ちゃんは、ちょっと違う。

 そうねぇ…やっぱり そっと見ていたいかな。

 …抱っこはしなくていい(笑

 おそらく抱っこさせてくれないな。野性児だから^^

 黒目がちのぱっちりお目目で、お顔は可愛いのよ。

 でもそれよりも 自由過ぎる表情や行動に目が奪われちゃって、笑うのが先。

 けっこうな量の写真だったので、2100円以上の価値がある。

|

2011年7月22日 (金)

花桃 歯医者であわわわわ!する

 月に一度の「歯のお掃除」

 数年前の骨折入院で中断したけれど、ここんとこ復活。

 でも 今日は、初体験をした。

 若い女の歯科助手さんがいっぱいいるんだけど、今日は、私が初めて見る人だった。

 でね、その彼女、私の顔の上に覆いかぶさるようにして頭上のライトを引っ張ったのよ。

 む、胸が 私の顔にむぎゅ…。

 あらぁ~~男性患者さんだったら こういう瞬間 ドッキーン♪だよねぇ。

 歯石除去の時、私の胸の上にガーゼを乗せる人がほとんどだけど、今日はなぜか彼女の腕が乗っている。

 でね、やっぱり頭を抱え込むようにしてくれるので、私の頭のてっぺんが やっぱり何か柔らかい物にずっと当たってるわけよ。

 花桃日記を読んでくださってる男性は さほど多くは無いと思うけど

「歯医者 行ってみようかな…」と思ったかな? こういう状況に出会う確立は あまり高くは無いですから。

 歯石除去って がりがり 結構強い力。

 多少の痛みは覚悟してるけど、油断してよそ事考えてる時に「痛っ」ってなると 一瞬、眉間にしわが寄る。

「痛かったですねぇ。ごめんなさいね~」 いえいえ そんなのは大丈夫なんです。

 でも、今日は慌てた!

 小さな鏡が先に付いた器具で舌を抑えたり、裏側をうつして見たりするでしょ。

 その器具が喉の入り口に触ってるの。

 おえってなりそうなのを最初は我慢できた。でも2度目に当たった時は 眉間にしわが。

「あ、ごめんなさいね~ 痛かったですね~」 いえ…痛いんじゃなくて…

 うっ!3度目が来て ほんとにげぼってなる~~。

 お腹の上に置いておいた両手をあわわわわって振った。

 手を止めてくれたので

「えづきそうです…」

「あ!ごめんなさ~い!」

 いつも「痛かったら片手をあげてください」って言われるけど、今まであげた事なかった。

 今日は両手をあわわわわ!

 げぼしなくてよかった~。

|

2011年7月20日 (水)

第5節 サンフレッチェ広島 対 アビスパ福岡

おそまきながら7月18日 日曜日

【広島 対 福岡】ビッグアーチ(スカパー観戦)

 soccer0-0

 この日の明け方には なでしこジャパンが優勝した。

 昼に記念番組や録画を見て やっぱり泣ける。

 先制されて追いつき、延長戦でも先制されて そこでも追いつき…ここまで来るとアメリカの方が精神的にきついよね。

 日本はPKで負けても「運」だし、ここまで来た事が素晴らしい。

 ところが…ここまでだけで終わらなかった。

 PK止めたあゆみ選手、ほんとに鳥肌が立ったわ。(使い方違うけど)

 2度も追いついての優勝…私の憧れの「逆転勝利」

 この日の夜の広島も先制されたとしても逆転勝ちを!! と この時は思った。

 放送開始。

 監督まだ復帰できないって…。

 蜂窩織炎って、人工関節の感染症を引き起こさないのかなぁ。

 次の名古屋戦は大丈夫らしいけど、車椅子で来てほしいわ。せめてステッキを使ってほしい。ミシャがおしゃれなステッキ使ってたら、とってもかっちょいいと思うんだけどなぁ。 

 股関節の手術前、相当痛かったはずだけど、杖を使わずに歩いてたんだから、きっと嫌なんだよねぇ。

 ミキッチが狙い澄ましてゴール前にクロス。すべり込んだ寿人のシュートは枠外。

 うぅ~~そこを決めるのが寿人なのにぃ。

 すべり込んだ勢いでめくれ上がったパンツの裾をひっぱってる姿に ちょっとにやけてしまった私をお許しください。

 その後も絶妙クロスに寿人がいい飛び出しを見せるんだけど、相手の好守備につぶされる。

 でもチャンスはありそう。

 マサさん横断幕が半分めくれ上がってるのも直った^^ (どこを見てるんでしょ私)

 カズは今日も心眼ですごいプレーを見せてくれてる。

 後半。

 ミキッチのクロスにゴール前の寿人が跳び、その後ろのチュンが頭で合わせる。

 バレーボールの時間差攻撃みたい♪

 剛平さんの高さも足の長さも活きてる! 

 城後選手のシュートも周作が止める! よっしゃーーーーー!

 良太もさらっと相手ボールを奪う。ミキッチもがんがん打つ。

 …でも途中から気付く。

 失礼ながら下位のチーム相手に なぜこんなに苦戦してるの?

 大量得点できるかも…って思ってた私がいけないの?

 もやもやっとして来たところに チュン君がドリブルで猛然と上がり、相手選手をかわしてロングシュート! ぐいん!って。キャッチされるもサポーターを煽るチュン君。

 私も思わずシャキーンとする。

 この前より早めに投入されたマサさんが マサさん横断幕の方向めがけて全力で走ってボールを奪いに行く。

 それぞれにいいプレーしてるように見えるんだけどなぁ。なんでゴールできないのかなぁ。

 ギシさんからゴール前の寿人にパス。寿人のシュートはGKの脇をすり抜けて入ったように私には見えた! 遠近感が狂ってるからなぁ…。実際はGKがきっちりキャッチ。

 CKから、マサさんがヘディングシュート。次は良太がシュート。

 寿人っ!!!

 アディショナルタイム3分。

 解説が「山崎いいですよ」って。スタジアムのエンヌ達に聞かせてあげたい。

 ミシャはテレビで見てるんだろうか?

 いつもピッチ脇で見てるのをテレビで全体見たら違う物が見えて

「次は山崎をもっと使ってみよう」って思ってるといいな。

 でもね…もしかすると監督の頭には「マサさんは1トップ」なんじゃなかろうかと想像するのよ。

 って事は寿人を下げてマサさんって事になりかねない。ん~~それは困った。

 終了のホイッスル。選手たちはピッチに膝をついたり、膝に手を当てて前かがみになったり…全力で戦いきったんだね。

 試合後、スタンドへ挨拶に行った寿人が 前に進みながらも顔がずっと後ろ向いてた。

 スタンドのサポーターと何か話してるのかな? …もしかして怒ってるのかな?とも思った。

 今日 寿人のブログ「サポーターに怒ってしまいました」を見て そうだったのか…。

 2ちゃんねるを慌てて見て、おおよその事はわかった。

 必死で応援し続けてるサポーターの熱い気持ちも想像できる。

 もちろん選手たちは勝ちたくて必死で戦ってる。

 特に寿人は 何が何でも得点しなければいけないポジション。

 どちらの想いも真っすぐで熱くて…辛いよ。

 次は名古屋戦。

 さあ、ここで会心のゴールを決めて熱いサポーターと熱い寿人の心が一つになった歓喜の抱擁を見せてもらいましょう!

 ちなみに23日は、小学2年生のT君も観戦に来るの。

 私が寿人好きなのをT君は知ってるので ここはもう「うあぁ~佐藤寿人って いいな!」って思わせたいわ♪

「佐藤寿人…探したけど よくわからなかった…」だけは勘弁してください。

|

2011年7月19日 (火)

母…この切なさ

 今朝、7時半頃 母から電話があった。

「ゆうこぉ~ お母さん 頭がちょっとおかしくなってて…腰も痛いし、今日はデイサービス休むわ」

 台風による気圧の変化で気分が悪いんだろうと予想する。

「前も腰が痛いから休むって言って 無理して行ったら元気に楽しかった事あったでしょう」となだめたけれど、今日はどうしてもダメみたい。

 施設へお休みの連絡を入れてから「今日 行くわ」と母に電話した。

 本当は明日 行く予定だったけれど、今日デイサービスを休んだ母が そのまま群青色の気分で家に籠ってるのは良くないと思って。明日は台風が最接近みたいだから、食料品を買い置きしておいてあげたいし。

 それに…「頭がおかしくなった」ってのは、きっと何かあったんだよね。

 ゆうべのおかずの残りを詰めて、昼食用の食材も持って出かけた。

 私の顔を見たら、やっぱり元気なの。

 持って行ったあり合わせの食材で昼食を作って食べる。

 でもね…薬がとうとう1週間分 余分に残ってしまっていた。週に2~3回 飲み忘れてたんだけど それが溜まってまるまる一週間分。

 さりげなく『薬 すごく残ってるね』

 やっぱりこれが導火線に火をつけてしまった。

「ちゃんと飲んでる!」

「ゆうこが居ない時にひとりで行く事もあるから、余分に貰ってあるの!」

 母が一人で行った日のS医院の領収書には「投薬0点」と。私が同行してない時は薬は出さないって事にしてくれてるしね。

 もうここは説明しても無駄。

 それで話を替える。

『明日は台風が最接近するから、今日中に食料品を買いに行く?』

 まだ怒りが消えてない母は「食べるものあるからいい」

 でも冷蔵庫には 母が一人ですぐに食べられる物は何も入ってない…ので、こう聞いてみる。

『明日は何を食べる予定だった?』

 冷蔵庫を開けて「これとか、これとか いっぱいあるから大丈夫」と出したのは 炊き込みご飯の具。

 お母さん もうご飯炊かないじゃん…。

『気分転換にスーパーへ行く? 面倒だったら私 一人で行ってくるから欲しいもの言って』

「何でもあるから、欲しい物は無い」

『じゃあ、私 今からちょっと行ってくるね』

 母がすぐに食べられそうな冷凍食品や果物や総菜パンを買って帰ってくると…玄関が少し開いている。

 これは私が来ると分かってる時に 母がよくする。

 でもふと思った。

 もしかして母は私が怒って帰ってしまったと思ったのでは? 何度も玄関から出て来て道路を見ている母の姿が浮かんだ。

 ドアフォンを鳴らして入ると 母は仏壇の前に居た。

「おかえり~!」

「ただいま~」

「たくさん買って来てくれたねぇ」荷物を下げて台所へ行く母。

 そして手提げの中から食材を出すと仏間へ持って行く。

「お父さん、ゆうこが これ買って来てくれたの。ありがとうね~。お父さん、ゆうこが来てくれてるの」

 ああ、やっぱり不安だったんだ…。

 今朝もきっと何か自信を無くすような事があったんだろうな。

 独り暮らしで すぐ側に頼る人が居なくて 自分が確かじゃなくなってきて…どんなに不安だろう。

 持って来た夕飯のおかずや 買った食品を冷蔵庫に入れる時の ひと手間。

☆7月19日 今夜中に食べるもの

①酢豚 ②長芋の煮つけ ③なすの煮びたし

☆7月20日 明日 食べるもの

①おろしハンバーグ(チンして) ②チーちく(そのまま) ③トマト

その他、桃・林檎・チーズも忘れずに。

 と大きく書いた紙を冷蔵庫に貼る。

 そして冷蔵庫内のそれぞれの食材に 同じように①酢豚 ②長芋の煮つけ…と書いたメモを貼る。

 大きな紙だけだと、そこに書いてある物と冷蔵庫内の物が一致しない事があるから。

 その作業をしていると「いくらだった?」と母。ここは きっちり頂きます。…が、母はそういうところは まだしっかりしてるのよね。

 そして家計簿をつけにかかる^^

 そしたらね…家計簿の間に 以前 私が書いた『○月○日 夕飯 ①なになに ②なになに』の紙が何枚も挟んであるじゃないの。

 筆談した紙は「ゆうこの真心だから全部とってある」と言ったり「すぐに細かく切って捨てておくね」と言ったりだったんだけど、献立メモだけは 別枠で保存してあったんだ…。

 なんか 切なくて。

 母はカレンダーの見方もおかしくなってきてる。

 まったく違う日に「明日はデイサービスだね」と確認の電話をよこしたり「明日はゆうこが来る日だね」と言ったり。

「カレンダー見てよ。○日がデイサービスだよ。私が行くのは△日だよ」と説明しても イマイチ 理解できてない感じがしてた。

 今日が何日か? は、私でも曖昧な時があるけど、カレンダーを見ればわかるんだよね。でも母はもうカレンダーが正しく見られない。

 少しずつ少しずつ、昨日までできていた事ができなくなってくる。

 あんなに頑張りやさんで優しくて穏やかな人が、どうしてこうならなきゃいけないんだろう。

 切ないよ。

|

2011年7月17日 (日)

ぐひぃ~~♪ で もぉ~♪ で きゃぁ~ん♪♪

 今日は一日 眠り姫でした。

 でも夕方、食料品を買いに頑張って出かけた。

 まずコンビニで通販の支払いを。

 その駐車場で…

 おじいちゃんと2歳くらいの女の子と5歳くらいの男の子が居た。

 コンビニの前にトイプードルを抱っこした女性がしゃがんでて、女の子は そのわんこちゃんに心を奪われたらしく そっちを見て動かない。

 おじいちゃんに目でうったえる。私も心の中で「おじいちゃん、触らせてあげて」と。

 女性が気付いて「おいで^^」と言ってくれた。ありがと~!

 再び おじいちゃんを「いい?」って顔で見て、おじいちゃんのOKを貰って わんこちゃんに近づく女の子。

 花のついた帽子にふりふりのスカートと幼児靴。今風じゃなく子どもらしい品のいい可愛い服装。

 私はもう釘づけ。

 女の子は丸まっちい指をそろえて わんこちゃんの鼻のあたりをそ~っと。

 わんこちゃんがびっくりしたのか ぱふぅっ!って反応すると 女の子も驚いて手をひっこめた。でも満足そうな笑顔。

 ぐひぃ~~~がぁわいいぃいい~~~♪

 にやけながら、おじいちゃん一行に続いてコンビニ店内へ。

 その時、そのお兄ちゃんがドアを押さえててくれたの!

 妹とおじいちゃんの為だったとは思うけど、続いて私が入るまで押さえててくれた。

 まだ幼稚園児っぽかったよ。 

 もぉ~~なんていい子なの~~~(感涙

 ほんわか気分で買い物へ。

 重い荷物をカートに積んで、マンション玄関の階段を上がろうとしてたら

「大丈夫ですか?」と声がかかった。

 え?誰?突然 現れた白馬の王子様。

 見ると S君でした~~~!! ほんとに王子様だった! きゃぁ~~~ん♪

「ありがと。大丈夫」

 彼は自転車を駐輪場の前に倒して 走って来てくれたみたい。 彼が帰って来た事さえ私は気付かなかった。

 郵便受けを見てると、駐輪場に停め終えたS君が上がって来た。

「おかえり~。部活だった?」

 両耳からイヤホンをはずしながら笑顔で答えるS君。

「はい。暑かったです~」

 白い制服をパタパタしても汗臭く無いのよねぇ。

 あぁ…頑張って買物に行ってよかった~♪

 でもね…エレベーターでの二人の時間の短い事!

 3階に着くとS君が「さようなら」って言うのよ(笑

 なんかさ…もうちょっと話していたいのに 現実に引き戻される一瞬だわ~。

|

2011年7月16日 (土)

本日の「デ○ーズ集会」

 先に着いたUと私でメニュー(カロリー)を吟味する。

 それぞれに冷製パスタと冷麺に一応決めたけど…

私「でもさぁ、Tが来て またステーキとかって言い出したら、私も石窯パン頼んじゃうかも~」

 案の定、最後に到着したTが「ハンバーグにしようかな」とつぶやいた瞬間、じゃあ私 石窯パンやっぱり頼むわ…と 喉元まで出かかった。

 結局、二人は冷製パスタ。そこにTは、夏スープと石窯パンのセットも!

「ゆうには、半分あげるから」と言われて 私の石窯パンはやめた。

 Tのスープと石窯パンを貰って食べる(笑

 おまけに冷製パスタには、ガーリックトーストが2片ついてて、ひとつ貰った。

 いつものフリードリンクとデザート。

「ゆうさぁ、入院中の3ヶ月は甘味断ちできたのに、どうして寿人君の為に たった3日の我慢ができなかったの~」と叱られる。 てへっ。

 今日の議題は『大人の恋バナ』『介護』『美容・おもに痩身』『娘の成人式』

 4時にデイサービスから帰るおじいちゃんをお迎えする為にTが帰るまでの4時間で、約800㌍。

 どうなんでしょうか?

|

2011年7月15日 (金)

根拠の無い「安心」

 今日は、市役所の音訳ボランティア。回収ダビングは 一番 好きな作業。早く終わるし♪

 それを見越して整形外科の予約も入れてある。

 いざとなると けっこうギリギリ。

 うちのチームは この回収ダビングも記事選択も『時間短縮』を無意識に狙っている。(録音だけは『速い』よりも『正確にわかりやすく』が優先)

 今日は いつもに増して時短の記録更新を目指す。

 念のために「今日はこの後、病院なんです」と言ったら、おねえ様方が そこそこ片付いた時点で「花桃さん、もう行っていいよ」「慌てないで安全運転で行ってよ」と、私だけ帰してくれた。

 ありがとございま~す♪ お言葉に甘えさせていただきま~す♪

 でも整形外科の診察は、受付事務の女性の手違いだったらしく、予約時刻を過ぎて、他の患者さん達が ほとんど居なくなってもまだ呼ばれない。

 こういう時「私 まだですか?」と聞きに行かないのが私…汗。

 そこへR子先生が「花桃さぁ~ん♪」と涼やかに登場☆ 予定通りに呼ばれてたら会えなかったかもしれない。

「この暑さと紫外線、大丈夫ですか~?」って。医師の目線を含む問いかけ。

 間もなく、R子先生もお呼びがかかって(院内PHS)さよなら。

 外の椅子でぽつんと待ってる私に気付いた看護師さんが気付いて呼んでくれた。

 今日は 特定疾患の診断書も書いてもらわないといけないのよね。

「ずっと痛い」と言う私に、レントゲンを見た先生が

「この前と比べて悪くなってる様子は無いし、白い部分が増えてるようにも見えるんだけど…」と、3ヶ月前のと比べて見せてくれた。

 うん、そう言われれば白い部分が濃くなってるようにも見える…でも言われなければわからない(汗

「女性は、たいてい潰れちゃうんだけど、よくもってるねぇ」

 え~~そうなの!? そっかぁ~ 私 よくもってるんだ~~~^^

 これだけで かなりホッとする。痛みは全然 変わらないのにね。

 もう痛いのが当たり前になってるけど、布団をたたむ前には毎回「あ~この動きする時が一番痛いんだよねぇ…たたむの嫌だなぁ」って思う。

 股関節が悪くなければ、私 きっともっといろんな事をやってるだろうな…いや、股関節が悪く無かったら「紫外線が強いから」と言って 今と同じくらいに籠ってるね…苦笑。

 T嬢に「手術やる気満々だったのにねぇ~~」と笑われながら病院を出た。

 その足で保健所へ継続申請に。

 ふぅ~~今日は3つもお仕事したよ。

 せっかくだから、保健所の近くのイ○ンでウインドショッピング(車椅子で)したんだけど、なんだか途中から車椅子をこぐのも嫌になってきて、そのうちに「あ~家だったら寝るのに~」ってほど眠くなってきた。

 ここへ来た時のお楽しみの「ミ○ド」にも寄らず、食料品だけ買って帰宅。よしよし^^

|

2011年7月14日 (木)

第4節 サンフレッチェ広島 対 柏レイソル

7月13日(水)

【広島 対 柏】 日立柏サッカー場(スカパー観戦)

 soccer1-3 広島勝てず

 soccerゴール…寿人shine

 夕飯を食べ終え、6時50分にはテレビの前に。最近では一番早かった!

 そこで監督が膝の治療で指揮をしないと知る! ええええ~~~!

 もしかして人工関節が感染症起こした?! (その後 公式サイトで そうでは無いと知りちょっと安心)

 入場してくる寿人の姿を見た瞬間「寿人!頑張れっ!!」と声をかけた。

 試合開始早々、チュン君・ムジリ・寿人が綺麗にボールを繋ぎながらゴールに向かっていく理想的な形。

 なのに…寿人のコントロールミス(?)で、ボールはあらぬ方向へ…寿人ぉぉう! こぉれ!

 と怒ってたら…アオちゃんから寿人をめがけたロングボールを柏の選手がゴール前でクリアしそこなって 菅野が慌てて追う。

 そこにちっちゃい寿人が追いすがる。

「諦めるな!」 ゴールするとは思ってなかった。ただ相手にとって嫌なプレーをしてほしかったから、最後まで追ってほしかった。

 そしたらね…菅野選手と交錯しながら打ったのが入った!!

 寿人はコーナーフラッグを掴み気迫の表情。

 うえぇ~~~~ん。

 しばらく…ひっくひっく…おさまったと思ったら、またひぃ~~~~ん。よかったね。よかったね。

 あのね…広島のエースよ。FWよ。今期5本目のゴールで泣くって…苦笑。

 バカ親は「大バカ親」になりつつあるわ。

 その後、1失点。

 続いて北島選手のシュートは「入った!」と思ったらバー。 ん!? これはいける。

 チュン君も特別な思いをもって臨んだ古巣との対決で、かわしてキープしてドリブルで上がって気迫のミドルシュート!(解説か実況が「無回転」と言ってた)

 ゴール前での柏のFKは枠外。よっしゃーーーーーっ!

 大ピンチの相手シュートはまたもバー。

 今日は勝利の女神様が広島についてるのかな。

 ゴール至近距離のサポーターの応援がゴールを割らせないのかな。

 前半終了。戻ってくる寿人は なんだかヘロヘロじゃん。後半大丈夫なのかな?

 後半開始。みんなに遅れて入って来た寿人の右腕に包帯らしきものが。

 2失点目は、飛び出した周作からこぼれたボールが北島の前に…。ノッテル時ってこうだよね。

 チュン君のまたぎフェイントは、かっちょ可愛い。

 ギシさんが公太さんに交代。

 公太さん、いいクロスをお願いします!

 ミキッチはボールを奪いに走るのも速い! 奪ってからのドリブルも速い!!ぐんぐんゴールに迫っていく。頼もしいよ~~~!

 ミキッチのクロス。

 ゴール前にいる寿人に「寿人がんばれ!」と叫んだら、寿人の頭上をボールは越えて、飛び込んできたチュン君のダイビングヘッド。菅野選手の好セーブ。

 広島のCK。

 そろそろチュン君が決めるよ!

 遅延行為でイエローカードの菅野選手の後ろに かしまし娘達勢ぞろい(笑

 なおちゃんは ずっと跳び跳びしてる。チュン君への想いが見えて涙ぐんでしまう。

 寿人は前半のようなチャンスが作れなくなってる。

 すると自陣深くまですごい勢いで走ってボール奪取。もつれそうな足でパス。

 その辺りで夫が帰宅したけれど、夫の夕飯は「おあずけ状態」

 チュン君は勢い衰えず「入った!」と思ったのは、なんか偶然誰かに当たって出た感じ。

 お疲れムジリがマサさんにやっと交代。

 夫が「出ました! マサトヒサト!」 だよね~。

 ムジリは上手いけど、長時間は大変そうだもん。もう少し早くマサさん出してもよくない?

 寿人とマサさんのコンビも使えると思うんだけどなぁ。(ミーハーの個人的嗜好)

 アディショナルタイム3分。どうか追いついて! の願い虚しく 3失点目。

 うぅぅ…。

 両方で40本のシュートだって! この前と全然違うのは嬉しいけど…。

 8位まで下がった。

 まだまだこれから!!

 そして今日はOちゃんが来る日。

「寿人君もゴールしたから いいでしょ?」とお土産はコレ↓

Image282

 それぞれが1個ずつ。私はモンブラン♪ 器がとっても素敵☆

Image283

 残り2個。

「とりあえず ゆうこは今夜 もう1つだけ食べて、後は明日だよ!」

 ええ、ええ、さすがに私も一日に3個は食べませんわよ。(多分…)

 今日はOちゃんに『情けない愚痴』を垂れ流した。

 「でも ゆうこ偉いよ。私が褒めたげる!」とおだてられ、自称「最近、だらけててダメ」なOちゃんと

「私達 こういうとこがダメだよねぇ…でもこういうとこはいいよねぇ~~~あはは」と 好き勝手を言い合い、とってもスッキリ。

 寿人ゴールと愚痴放出で、今日からまた頑張る!!

|

2011年7月12日 (火)

懺悔

 寿人が水曜日の柏戦で素晴らしいゴールを決められるよう「スイーツ断ち」をしよう! と 月曜日の朝、密かに決意した。

 ここで表明するには、ちょっと自信が無かった。

 昨日は頑張れた。

 …ただ、おやつに堅あげポテトとカフェオレはいただいた。

 言い訳させてもらうと、私の中で「スイーツ」は あくまでも「甘い固形物」 ちなみに果物はおやつに入りません。(…ああ、ここですでにこんなに甘い)

 ちょっと前にシャト○ーゼの生クリーム大福が美味しいと Kに写メールした。(Kとはスイーツ情報をしばしばやり取りして、Kの推薦には毎回はまる)

 するとKから 早速購入の知らせがあり「抹茶と粒あんクリームが美味しかった」と報告。

 私はなぜか抹茶と粒あんは買わなかったのよね。

 それで、あいちゅくりぃのお部屋がスキスキになってきたので、先日 買いに出かけ、全種類を購入した。

 K推薦の抹茶と粒あんを食べるのを楽しみにしてた矢先の「スイーツ断ち」

 昨日はそれも我慢した!

 そう昨日はね…。

 たかが水曜日までの3日間だもん。

 それが過ぎたら食べられるんだもん。

 なのに…それなのに…

 今日 昼食中、テレビで小豆ミルクプリンを見た瞬間、ほとんど無意識に冷蔵庫のカフェオレプリンを出してしまった。

 一瞬の罪悪感。

 それを打ち消す悪魔の囁き「まだスイーツ断ちするって表明してないし…」

 ごめんなさい! ほんとにごめんなさい!!

 私、食べました。

Image281 

 でも これだけ↑は、明日の試合が終わるまで 我慢するからーーーーー!!

 …うぅぅ こんなんじゃ全然ダメだ。

|

2011年7月11日 (月)

第3節 サンフレッチェ広島 対 セレッソ大阪

7月10日 日曜日

【広島 対 C大阪】 ビッグアーチ

(スカパー観戦)

 soccer1-3 広島勝てず

 soccerゴール…チュン君

 土曜日から35度越え。初日は「あら意外と元気じゃん」だけど2日続くと途端にダメ。

 洗濯物を干した時点で気持ちが悪くなる。

 でも月に一度のお寺参りは行かないと。

 帰宅して少し寝て、キックオフまでに夕飯を済ませるべく頑張って料理する。

 「今日は私よく頑張ったぞ」状態で7時前にはテレビの前に。

 でもね…やっぱりこういう日は画面に集中できてない。

 まずは乾選手の髭!

 加藤清史郎君が最近 【子ども】から【少年】になってきてて、ますます乾選手に似て来たから見わけがつきやすいようにしたのかな?

 セレッソ大阪の桜色と紺色は、いつ見ても綺麗で好き~!

 試合開始。夫としゃべってたら…チュン君が相手ボールを奪って ゴール前に迫っていくな~あ!!入った!! なんかこっちがエンジンかかる前だったわ。

 なおちゃんの応援が相当効いてるネ。

 ゴールパフォーマンスは…何なんだろう? 二人でお辞儀して…夜の番組によると、ウッズの結婚を祝う結婚式のパフォーマンスだった。

 良太のミドルシュート!

 ちょっと前まで「日本代表の」って頭につくと なんかこちょぐったいような「えぇぇ…」みたいな苦笑いしてしまってたんだけど、私 見方が変わって来てたわ!

 ほんとに代表の貫録が出てきた。頼もしくなってきた。私に見えるくらいだから、相当な成長してるんだろうな。

 ピッチの脇で水を飲む乾選手とミシャが談笑してる(笑

ミシャ「君は寿人の双子のお兄ちゃんだね。どうだね、広島へ来ないかい?」

乾「いや、僕 双子じゃないし」

 なんて想像して笑ってたら失点。

 どういう失点だったのかメモが無い…汗。

 ゆうべのメモは いつもに増して「ミーハー目線のどうでもいい事」だらけ。

 そして! カズが2枚目のイエローで退場!! 

 あぁ~~~! 今月の紫熊倶楽部でカズのロングインタビュー読んで感動し「やっぱりカズは変ったんだ」って納得し、今日の試合もカズを見るのが楽しみだったのに。

 10人で後半戦うのもしんどいけど、カズ抜きで大丈夫なの…? 怖いよーーー。

 後半。

 洋次郎がナカジに交代。

 …ところで、寿人、今日まだ一本も打ってなくなぁ~い?

 そして2失点。3失点。あっけなく…って感じ。カズが居たらどうだったんだろう? と未練がましく。

 剛平さんが闘莉王化して、前にがんがん上がってくる。

「FWが打たないから俺が打つ」って感じ?

 ピッチ解説が「ムジリと横竹が準備しています」って。

 うぅ~~「ムジリは寿人かな?」

夫がすかさず「この状況でアタッカーは下げないでしょう」

「でも打たない寿人より、ムジリの方が得点できるよ」 あぁ…バカ親も時には厳しくなるのだ。

 アオちゃんが翔と交代。

 寿人! まだ猶予もらったよ! 最後のチャンスだよ!!

 願い空しく、すぐにムジリと寿人が交代。

 キャプテンマークは チュン君が浩司に投げるのを見たから、寿人がチュン君に頼んだのかな? チュン君に渡したんじゃないのかなぁ?

 う~~~ん、寿人の良さが一つも無かったよ…。私が見えてないだけならいいけど。

 播ちゃん久しぶり! 

 ミキッチは勢い衰えずミドルシュートも放った!

 その頃、夫はソファーでうとうと。私も全体をぼんやり観てる状態。

 ムジリと相手選手が背負い投げみたいになって両方にイエロー。なんか皆殺気立ってる?

 チュン君も気迫のミドルシュート!バテてないなぁ。

 ムジリが怒り、ミキッチが怒り…どうか怪我人が出ませんように。

 アディショナルタイム3分。

 不思議に2点とれるような気がした。ちょっと前 根拠の無い予感が的中したから、この日も期待したんだけど…残念。

 ミキッチがすごいファイトを見せて攻撃! みんな諦めてない。

 終了のホイッスル。

 周作の悔しそうな顔。いつも笑顔の周作がああいう顔してるのは よっぽどだ。

 乾選手がユニフォームを交換して、着ようとしてる。

 汗でびちょびちょなので着るのが難しいの。頑張って着てくれたけど裏表逆だよ~~。

 あれは寿人と交換だったかな? 寿人も白いユニを手に持ってたから。

 もしかして「国内で対戦するの最後だから」って偽兄弟の寿人が貰ったのかな?

 

 チョコレート断ちが苦痛じゃなくなってて「これはもう水曜日までスイーツ断ちをするしか無いか…たった3日間だし…」と思った。

 でも「スイーツ断ちする!」と宣言できない。自信が無いから。

 そして…ゆうべ12時過ぎに

「お腹すいちゃったなぁ…あぁ、こういう時、チョコレートを一かけら舐めると誤魔化せるんだけどなぁ…」と冷蔵庫の前でしばし考えて…結局 私が選んだのは

ハーゲンダッツミニカップ(262K㌍)!!

 何がスイーツ断ちよ! 寿人ごめん。

 

|

2011年7月 9日 (土)

女形の妙

 松井誠さんが有名になる前から、母は小さな劇場での公演を見ていてファンだった。

 有名になってから、母と一緒に大きな劇場で観た。

 本当に綺麗で「動く博多人形」だと思ったし、早変わりや二つのお面を素早く着けたりはずしたりする踊りは まさに「プロフェッショナル!」で、感動したのを覚えている。

 でも ここんとこ年齢に比例して、ちょっとお太りになった感じがしてた。

 そして早乙女太一を観てしまうと「若い子大好物」の私としては「もう松井誠は観なくてもいいな…」ってのが本音だった。

 それがね、昨日 何年ぶりかに観たら…やっぱりいいいわ~!

 少しお太りになったと思ってたのも すっかり戻ってた。背は高いけど顔はちっちゃ~い!

 背中の大きく開いたドレスも、中年のおばさんとは比べ物にならないくらい綺麗だった!

 客席を回った時は、意地悪く間近で背中や首を見たけど やっぱり綺麗だった!

 踊りながら着物を着付けて帯まで結んで見せる。

 男役から女形まで、別人になりきる。

 本当に「技」だね。

 筋肉を鍛えているから、男性の骨格を隠して女性らしい動きができるんだろうね。

 そして役者さんには必須なんだろうけど、観客の目をちゃぁんと見るんだよねぇ~。

 絶対に「私を見た!」って大勢の人が思ってるわ。

 ひとつひとつの所作が美しくかわいらしく妖艶。

 ああいう姿は男性が見ても「お…」と思ってしまうんじゃないかしら。

 早乙女太一の美しさと色気とは また違う。

 早乙女太一は「透明感のある悲しみをまとった色気」

 松井誠は「深紅の大輪の牡丹の花。毒を隠し持った妖艶さ」

 そしてねぇ、観てる時 私は変な事を思うのよ。

「この役を女性が演じたら何の無理もなく綺麗なのに、なぜ男性が演じる事で 私達は興奮するんだろう?」って。

 女っぽい美しい顔や仕種で魅了しながら、その着物の下には お○んちんが付いてるんだよねぇ…なんか不思議~って。

 宝塚も同じ。

 男性が演じれば普通の声でできるのに、わざわざ髪を短くして、胸をぺたんこに押さえてド派手なメイクで低音で「ボクハ…」なんて言ってるんだけど、それがいいんだよねぇ~。

 宝塚の舞台を観る時も 私は男役の人を見ちゃうんだよね。

 不思議な感覚だ。

|

2011年7月 8日 (金)

任務完了…姉の性

 晴れてしまったのよね…泣。

 それでも2往復しなくてもいいんだから…とポジティブに考えて出発。

『一緒にお昼を食べるから、1時まで何も食べずに待っててね』と 昨日書いて置いてきた。

 朝食後1時まで何も食べずに居て、実家から市民会館まで35分として、1時半過ぎまで食事できないのは可哀想だと思い 生クリーム大福を持って行った。

 昨日の大きなメモをテーブルに乗せて ご機嫌な母。

『とりあえずこれを食べて行こう』

「お母さん お腹すいてないからいいわ」

 あれ? 変だな…とちょっと思った。

 市役所の駐車場に入れて、市役所の展望レストランへ。

 そこで!

「お母さん、もう食べて来たからいらないよ」

 ええええええええ~~~~~!!??

 さっきもメモ見てたじゃ~~~ん(泣

 私が食べてないからと言って、つきあわせた。

 松井誠の公演は3部構成の3時間半だった…汗。

 私は この前の早乙女太一のチケット代と照らし合わせて、4時半には終わるだろうと思って、弟にはその時刻に迎えを頼んでいた。

 1部が終わったのが3時50分くらい。

 慌てて弟にメールする。『5時くらいまでかかるかも』

 ところが2部が終わったのが5時過ぎ。おまけに休憩が25分だって。きっと弟はもう家を出てる。…こっちに着いてる。

 もう気が気じゃなくて。

 母は足元が寒いと言いだすから『もう帰る?』

「もったいないから観る」 うん、母にとってはセリフの聞こえない前半のお芝居よりも 後半のレビューの方が楽しみだもんね。

 またも弟にメール。『ごめん。6時過ぎるわ。デニーズかどこかで待ってて』

 弟から『3部構成で終わるのは6時半ですよ』と返信。

 そうだったのか…私は 弟に頼んだ時点で 情報収集もしてなかった。

 待たせて悪いな…どこで待ってるんだろう…もしかしたら4時半からずっと時間を無駄にしてたかも…悪い事しちゃったな…やきもきやきもき。

 昨日まで「私に何もかも任せっぱなしで、たまには本腰入れて親孝行のまねごとしてよ!」って 弟への不満がたまってて、今日会ったら嫌みの一つくらい言ってやろうって思ってたのに、ああぁ…この申し訳なさ。

 6時半過ぎにやっと終わり、車椅子出入り口から出ると、正面玄関の前に立って、私達を探してる弟の姿が見えた。

 全体の姿は弟なんだけど、キャップかぶってサングラスしてて どっかのお兄ちゃんみたいに見えるので「もしかしたら違うかな…」と ちょっと遠慮勝ちに近づいたら、弟が気付いて

「おぉ…」って感じで照れ笑いをした。

 ふぅ~~その顔見た瞬間にね…昨日までの不満が吹っ飛んでしまったんだよね…。

 先ほどの「待たせてごめんね~」のみ。

 こうやって姉は弟を甘やかしてしまうんだよね…小さい頃から甘やかしてきたんだよね…うぅぅ 今頃になって悔しい。

 こうして無事に母を弟に頼んで帰って来た。

 1時間ちょっと運転しただけなのに、顔と頭が熱い。いつものようにおでこを冷やす。でも体の中全体が熱い。扇風機を当てると皮膚だけが冷える。

 夕飯を作れなくて 宅配のどんぶり。

 片付けもせず ちょっと寝た。

 今日はこれを書いたら 探偵ナイトスクープも見ずに寝ます。

|

2011年7月 7日 (木)

やっぱりこうなるのね…

 まずは毎度恒例の「お母さん もうほとんど痛くないからS医院行かなくていいわ」儀式。

 今日は「昨日 自分で行ったし」が新たについた。

 で、昨日なぜか骨量を増やす薬を貰ってて、週に一度飲むのが今週はすでに2回も飲んだシールが貼ってある…。

 でも他の薬が無くなるから行った。

 看護師さんが私を見て わざわざ近寄って来てくれて「昨日 お母さん 独りでみえて、お薬お渡ししたんだけど」と。

 事情を説明すると

「あ~そうでしたか。カルテでは水曜日に飲む事になってたので、そろそろ無いかなと思って こちらから声をかけたんだけど、これからは、お嬢さんが一緒の時しか出さない方がいいですね」と提案してくれた。

 すっごくありがたかった。薬が無くなってると思って声をかけてくれた事も、今後 そのように対応してくれる事も。

 さてさて、事件はこの後起こるのでした。

 明日 観劇に送迎同行してくれる弟の為に、母が迷わないようなメモをあちこちに貼りつけ終わって、母に最終確認。

『明日はAが1時半頃 迎えに来る。

お昼は済ませておいて。

チケットと筆談用具を一緒に入れておくから このままAに渡してね』(ノートテイク)

 すると「ゆうこも来るんでしょ?」と来た。 はいはい、予想はしてました。

 で、説明すると母のテンションが明らかに下がった。

「ゆうこと一緒に観るんだとばかり思ってたから…ゆうこは来ないの?一緒に観れば?」

 チケットが2枚しか無い事。私が2往復するのがしんどいから弟に頼んだ事を説明すると、その瞬間は「あぁ、そうだよねぇ」と納得するんだけど 30秒くらい過ぎると

「ゆうこも一緒に観るんでしょ?」

 そのうちに「Aは会社休んで来てくれるの? そんなの悪いわ…」「Aは、あんなお芝居好きじゃないと思う」

 思わず『お母さん、Aと一緒に観るの(『嫌なの?』と書きたいのを少し考えて) あまり嬉しくない?』

「嬉しくないって事は無いけど…だって、可哀想だし。お母さん、自分ひとりでだって電車乗り継いで行けるんだもん。それをわざわざ迎えに来てもらうのも悪いでしょ」

『電車とバス乗り継いで、バス停から歩くんだよ。大変だよ』 一昨年くらいに すでにこの乗り換えが難しくなってたじゃん。

「タクシーで行くから大丈夫」

 そしてまた「ゆうこもタクシーで来たら?」 だからぁ~行かないってば。

 実は、昨日から かなり迷っていた。

 せっかくの観劇なんだから、私だったら昼食も一緒にして、楽しい半日にしてあげたい。

 弟が「1時半」と言った時点で、なんかがっかりで「もういいわ。私が行くから」と喉まで出かかったのを呑み込んでた。

 ブログを読んだ友達から「A君に頼んだのはよかったよ」とメールも来てて そうだよね、やっぱりこれがベストだよねと納得させようとしてたんだ。

『暑くてしんどかったから2往復は無理だと思って、Aに頼んだ』って何度も説明してるうちに、せっかくあんなに楽しみにしてた観劇なのに…って 母が可哀想になってきた。 

「Aが仕事休んで来てくれると思うと、お母さん 申し訳なくて気を遣うの」

「タクシーで行けばいんだから、迎えになんか来てくれなくても大丈夫」

『A回避』の為に必死になってるのがわかる…。

 私はそこですっごく考えた。 

 そして…とうとう書いてしまった。

『私が迎えに来て、一緒にお昼食べて、一緒に観劇して、帰りだけAに迎えに来てもらう?』

「それがいいんじゃない?」と すっきりにっこりの母。 うえぇ~~~~ん。

 あちこちの張り紙をはずし、新たに【ゆうこ1時に迎えに来る。ご飯は一緒に外食するから食べずに待ってて。チケットはゆうこが持ってる】と大きなメモをカレンダーに貼り付けて来た。

 あぁぁ…やっぱりこうなっちゃうんだ。

 ここ数日 涼しいし、今日みたいな雨だと紫外線も大丈夫だし、体力的には無理では無いんだけど、帰りの車内で急にすごい睡魔に襲われた。これ多分 ストレスからくる眠り病。

 先週、Oちゃんからおしゃべりランチ会の約束を「8日か14日がいい」と言われて、あえて8日をはずしたのは、こうなる事を予想してたんだろうなぁ。

 でもね、きっと全面的に弟に任せてたら「私が行けば良かったかな。どうせ こんな風にだらだらしてるんだし…」って 明日は自分を責めてただろうから、こうなった方がいいんでしょう。

 どうか明日も程よい雨降りでありますように。

 

|

2011年7月 6日 (水)

親心とプライドと

 母から電話があった。

「カレンダーに 明日ゆうこが来るって書いてあるけど、次の日、お芝居に行く時 逢えるから、この暑い中、明日は無理して来なくていいよ」

「金曜日のお芝居は A(弟)に頼んだから、私は行かないんだよ」(と何度も言ったよねえ)

「え~?ゆうこ来ないの~? Aが迎えに来てくれるのは知ってるけど、ゆうこも一緒に観るんでしょ?」

「チケットは2枚しか買ってないから私は行かないよ。Aと一緒に観てね」

「ほんとぉ…ゆうこと一緒に観られると思ってたのに…」 ちょっと可愛い & 弟可哀想。

 そしてね、私が夏に弱い事を知ってるから、明日は来なくていいと わざわざ電話してくれるんだよね。親心はまだ健在。

 しかし ここからがデリケート領域。

「だから明日は、行くからね。S医院へ一緒に行くよ」

「お母さん、ちゃんと行けるから、大丈夫。昨日も行ってきたから」

「リハビリは行ってるけど、明日は薬をもらわないといけないから」

「お母さん、自分で薬ももらえるよ。まだ残ってるし。ゆうこが作ってくれた薬箱も使って、ちゃんと忘れずに飲んでるよ」 

 いやいや…毎週2~3回は飲み忘れてるので、どんどん薬が溜まっていってるんですけど~ほんとなら残っててはおかしいんですけど~・・・これは言わない。

「でも週に一度の骨の薬がもう無いでしょ? それを貰いたいから行くよ」

「お母さん、ひとりで貰えるよ。そんなに心配してくれなくても、お母さん、自分で何でもできるから。これから色々 迷惑かけないといけなくなるから、できる事くらいは自分でやらないと」

 できてないから 私がついて行くようになったんじゃん…。でもここが一番のネックなのよね。

 『心配させたくない。迷惑かけたくない』は『そんなに世話掛けるほどボケてないわ』と背中合わせ。

「お母さんが独りでできるのは知ってるよ。でも 私も先生の顔見たいしさ」

「ほんとぉ。じゃあお願いね。気をつけて来てね」

 母は日時の認知も怪しくなってきてる。

 8日は観劇で、デイサービスはお休みすると すでに私から施設に伝えてあるんだけど、昨日は施設から私に電話があった。

「Yさんから『12日はお休みします』と連絡いただいたんですけど、よろしいですか?」と。

 母にデイサービスよりも嬉しい用事ができて断ったのかもしれないけど、これは確認が必要。

 何度電話しても繋がらない(出ない)留守電にもなってないし。

 今度出なかったら もう行くしかないと思ったらやっと出て

「12日はお芝居観にいくでしょ?」と。 あ~やっぱりね。

 電話口で何度も確認して、デイサービスに欠席取り消しの連絡をした。

 一緒に暮らしていれば こんな行き違いは無いんだけど、こういう出来事が母の自信を奪っていくんだろうなぁ。

 でもね…日時を間違えてるけど ちゃんと自分で欠席の連絡をしてるとこは まだしっかりしてるのよ。

 複数の友達から「無理しないこと」「あなたの体が一番大事」「全部 自分でやろうと思わないで」と言われている。

 8日の観劇の送迎・同行を弟に頼んだものの

『早めに駐車場に入れないと留められないから、1時くらいに行って車を入れてから市役所の展望レストランで昼食とるといいよ』と 駐車場の地図まで書いて郵送したのに(この世話焼きが姉の性)

「何時に迎えに行ってくれる?」と最終確認したら「1時半ごろ」って…涙。

 たまには親孝行しようと思わないの?

 もう…行きだけは私が迎えに行って、お昼を一緒に食べて、観劇と送るのだけを弟に頼もうかしら…と一瞬思った。

 でも! ここは私の体を休めよう!

 介護休暇をとれると言った弟に たまには全部任せよう。

 

|

2011年7月 5日 (火)

何度繰り返すのかしらん…

 先月、実家へ向かう時、ちょうどその日来ているという叔父に「父の日」のプレゼントを買おうと、ユニ○ロへ寄った。

 叔父のベルトだけ買うつもりが、どうしても…ね。目についちゃうんだよね。

 この日、私が引っかかったユニ○ロマジックは クロップドカーゴパンツだった。

 マネキンは、膝小僧がちょうど隠れるくらいの長さ。

 私がはくと きっとふくらはぎ辺りまで来るね。うん、それくらいがいいのよ♪

 裾はゴムで絞ってあって、腰幅が小さい私は こういうふくらみがあった方がいいの♪

 で、試着もせずに購入。(椅子に座らないとできないパンツの試着って 私にはすっごく面倒なのよ)

 購入後、しばらく放置しておくのも よくある事。

 …うん。たしか買った頃はまだ肌寒くて 足首を露出できなかった。

 先日の暑さで ようやくはいてみる気になった…。

 マネキンは膝小僧がちょうど隠れるくらいの丈だったよね。

 私はサブリナパンツが「ちょっと短めの長ズボン」になるんだよね。

 ちゃんとその尺度は頭に入れて買ったんだよね。

 …なのにね、マネキンが膝小僧できゅっとしまってた裾は、私の足首のちょっと上でぶかぶか。

 マネキンが着てたのとは全くの別物!

 そう! これは「ちょっと短めで裾のゴムがゆるんだモンペ」だ!!

 うぅぅ~~マネキンとの身長の差と 身長の割合よりもなお短い私の脚の事は ちゃんと加味してたつもりなんだけどなぁ。

 でもね、負け惜しみ^^

 このモンペも 数日 はき続けると「楽ちんで 体型カバーしてていいじゃん」になってきた♪

 去年、夏の終わりのバーゲンで買った『スリムショートパンツ(膝小僧よりもかなり上)』は、私がはくと『ハーフパンツ(ちょうど膝小僧)』で、これはとっても気に入っている。

 こういう想定外の成功もありで…だから「失敗するかも」と買わずに帰る事ができない。

 今のところ、2勝5敗って感じかな。

 負けた記憶はどんどん薄れている気がするから、実際は8敗くらいかも。

 で、この2勝だけが 鮮明に記憶に残ってるから また夢をみてしまうんだ。

|

2011年7月 4日 (月)

第2節 サンフレッチェ広島 対 大宮アルディージャ

7月3日 日曜日

【広島 対 大宮】NACK5スタジアム大宮1-0

(スカパー観戦)

 soccer1-0 広島勝利

 soccerゴール 剛平さん

 ここ数日、気温が33度以下。湿度もそれほど高くなくて

「あ~体が楽~」と言いまくっていた。(嬉しいのと そう言って暗示にかけるのと両方)

 昨日も夕方から窓の側では28度で「全然しんどくな~い」

 早くから揚げものして片付けも少しして7時にはテレビの前に^^

 今日は3rdユニか…うん、きっとこれの方が違和感なく見られるね。

 寿人中心で見てるから 寿人が前でプレスすると

「お、寿人頑張ってるじゃん」…いや、普通なんでしょうけどね、バカ親なんで。

夫が横で「寿人君は、最初からあんなに走ったらもたない。相手が疲れた頃に走らないと」

たしかに…。

 寿人ドリブル中に倒されて相手にファール。 

「寿人~ もっとドリブルうまかったら、あんな風に捕まらないよ」バカ親だからこその厳しさも。だって寿人にもっとドリブルで仕掛けて欲しいんだもん。

 でも次の瞬間、寿人が相手ボールを奪うと

「お!寿人 頑張った!!」

 良太がグラウンダーのパスをゴール前の寿人に通す。

「え?良太 こんな事できるようになってるんだ!」…私が見えてなかっただけかも。

 チュン君と寿人が まったく同じ角度とスピードで移動した。まるでダンスみたいに。

 これは戦術的には きっとよくないんだろうなぁ。

 でもまた次には 寿人が自陣の深いところでスライディングしてボールを奪おうとするのを見て

「おー寿人、頑張っとる!」(どんどん名古屋弁になっていく)

 カズは この日もすごい! すごいとしか表現できない私が情けない。

 カズの存在・プレーがこのチームをワンランク上げてくれてるような気がする。

 前半、アディショナルタイム。

 広島のシュートは少ないまま。

 私の体は左に倒れて行く。

 ハーフタイムは、台所の洗い物。この後、マルモ見ないといけないからね。

 後半開始。

 CKから剛平さんのヘディングシュートが決まった!

 剛平さぁ~~~~~ん!! よかったねーーーーーーー☆ 嬉しいよ~~~。

 リプレイを見ると…剛平さんの後ろで 寿人も思いっきり飛んでました…苦笑。

 寿人のシュートはオフサイド。でもね…オフサイドでもゴールネット揺らさなきゃ。枠外では…ねぇ。うぅぅ。

 周作が石原選手を倒してPKを与えてしまった。

「止めて止めて止めて!周作止めて!止めろ止めろ止めろ」拳を握りしめた。

 ラファエルのキック…周作弾いて、こぼれ球を押し込まれたのを誰かがブロックし、3回目のシュートを周作がキャッチ! よくやったーーーーーーーっ!!

 カズが目を押さえてピッチ外へ。

「やだ!目が見えなくなったの!?」 コンタクトレンズがとれたんでした。よかったぁ…泣。

 私のメモには『寿人守備に頑張ってる』とある。

 でもさ、この時点でのシュート数、大宮14本に対して広島4本って…。

 まずは打てーーー! 寿人打てーーーーーっ!

 なのにね、また寿人ったら自陣深くまで走りこんで来て守備してるの。

「おーら、寿人ぉ~」もうね、いじらしくて笑ってしまうわ。

 85分。守り通せーーー! 失点するなーーー!

 できれば寿人ゴール決めて楽にしておくれーーー!

 体がどんどん右に倒れて行く。

 アディショナルタイム4分。この時点でシュート大宮15本 広島4本…とほほ。

 チュン君が倒されPKか?!と思ったけどFK。

 ゴール前の大宮の壁の真前でチュン君が両手をひろげ足を踏ん張る。(これがなんか面白可愛かった~~~^^)

 寿人は壁の後ろに紛れ込む。

 で、他の選手たちはピッチに散らばってるの。なぜ?もう1点を死守するって事?

 今日の試合、私は数回 寿人とチュン君を見間違えた。

 昔は公太さんをよく間違えた。

 チュン君と寿人は体型も髪型も全然違うのにね。

 そして終了。

 よかったーーーーーーっ!! 笑顔の剛平さん。普段から笑顔だけど、やっぱりこういう時は特別な笑顔になるね。

 ヒーローインタビューでは「やっぱり点とると気持ちいいっすね」だねーーーー^^

 最終的にシュート数 大宮17本、広島5本だって。

 そして…そんな気はしてたんだけど、今朝の新聞見たら寿人のシュートはゼロでした…。

 チョコレート断ちは続いています(すごい?)

 でもね…チョコレート断ち もう平気になってしまってるの。

 だって…それに代わるスイーツ(生クリーム大福・シュガーコーンアイス・ハーゲンダッツミニカップ)を堪能してるから。

 これじゃ「チョコレート断ち」の効果を期待する方が甘いね。

 

|

2011年7月 1日 (金)

江戸の敵を長崎で討つ

 覚えておいでの方はいらっしゃるかしら? 5月20日のブログ。

http://hanamomodiary.cocolog-nifty.com/hanamomodiary/2011/05/index.html#entry-69576967

 やっとかかってきましたわよ~。

 貴金属買い取のセールス電話。

「使わなくなったアクセサリーとか片方だけのイヤリングとか 金歯でもいいんです。買い取らせていただけないでしょうか?」

 とっても低姿勢で感じの良い電話だったんだけど一刀両断。

「ごめんなさいね。残念ながら貴金属 一つも持ってないんですぅ~」

 これには付け入る隙がありませんでしたね^^

 お互いに気持ち良く「御苦労さまです」と電話を切りました。

 久々の爽快感♪

|

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »