« 私が「世界の真ん中で愛を叫」んでいた頃 | トップページ | やっぱりつっこんだ »

2011年8月12日 (金)

新しいお気に入り♪

 Nちゃんと待ち合わせたのは、二人の住まいの間で、私から三分の一、Nちゃんから三分の二の距離にあるパ○テル。

「お花の家まで迎えに行ってもいいんだよ」「デ○ーズ(私の家の近所)でもいいよ」とNちゃんは提案してくれたけど、忙しいNちゃんにばかり負担をかけるのも申し訳ないのと、私も買い物があったので。

 ところがパ○テルは満員。待つ時間がもったいないと言う事で、Nちゃんが思いついた喫茶店へ。

 私の住む市なのに、Nちゃんの方が詳しいって…。

 小さな喫茶店の道路に面した駐車場は3台分が全部空いていた。

 先に走っていた私は1台しか通れない出入り口に頭から入れる。

 入れてから…さて どうしよう?

 もちろん次に入れるNちゃんの為に 私は奥に入れたいけど、頭から入れると出る時 難しいなぁ。

 3台分 空いてるスペースで切り返し切り返し、やっとこさ向きを変えた。

 Nちゃんは、舗道にぎりぎり寄せて待機。待たせてごめんね~。

 なんとか私が予定通りのスペースに収まりかけた頃、Nちゃんはお尻から入って来た。

 ぎゃ~~そうじゃ~~ん! 私ってほんとに ドンくさい。

 私がやっときちんと収めて、ほぼ同時に車から降りると 笑顔のNちゃんが

「お花~ うまいじゃ~ん!」

 あれ? うまかったの? いや…そんなはずは無い…汗。

 下手くそのレベルにしては、予想より早くおさめたって事だね。

 で、店に入ると…わぉ!! 素敵!! 以前から前は通っていたんだけど、一度も入る機会がなかった。

「どら焼きがあるんだよ」との言葉通り、和風のデザートの写真がある。

 私は どら焼き。Nちゃんは「じゃあ ロールケーキにするわ。半分っこすればいいでしょ」

 で、これ↓

Image277

 お皿もカップも和風で素敵♪

 静かで落ち着いたお店で どら焼きとロールケーキをもうやっこして、それから3時間。

 お互いに分析好きで、感覚も似ているから「そうそう!!」だったり「それ嫌だよね~」だったりが同じ。

 1年くらい前だったか朝刊に 五木寛之の親鸞が連載されていた。

 昔から、二人とも新聞の小説を読むのが好きだったんだけど、なぜか私、この小説は途中で読まなくなった。

 そして最近、その続きの「下」の連載がスタート。すると今度はなぜか面白くて毎日楽しみに読んでいる。

 「続きが楽しみ」と言い合ってたらNちゃんが「前のは 私 途中で読まなくなったの」と!!

 私もだよ~~~!! どうしてだろうねぇ!?

 と 話し合ったのは、少し前。

 すると今日は「前の連載が単行本になったのを母の日に息子が買ってくれたんだけど、読み始めたら面白いし、すぐに読めちゃったんだわ」と 貸してくれた。

 今連載中の『下』は、前に登場した人物もかかわってきて、細切れの記憶はあるんだけど、何しろ全部をきちんと読んでないのよね。

 『上』もしっかり読んでおけば、もっと面白いのにな…と思ってたところ。

 私はお返しに『未来ちゃん』を貸しました^^

 この静かで雰囲気の良い喫茶店は これから私のお気に入り。

 いいお店を教えてくれて、気持ちのいい時間を作ってくれて、ありがとう!

|

« 私が「世界の真ん中で愛を叫」んでいた頃 | トップページ | やっぱりつっこんだ »

日々のこと」カテゴリの記事