« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月29日 (木)

言い訳

 ここんとこ秋晴れ。爽やかで気持ちいい。

 こんな日は 大きなものもお洗濯して、布団を干して、衣替えして………ネ!

 洗濯はするわよ。

 でも…布団は干せない。

 両足とも痛くて できるだけ じっと座っていたい。立ちあがる、片松葉で歩く、座る、かがむ…これらの動作が難しい。

 衣替えは、片松葉なので両手で持てないから、少量ずつしか移動できない。

 おまけに押入れの下段にある衣類箪笥に入れるのには、腰を落とさなければならず、それがとっても負担。

 洗濯を終えたものから、押入れの前に積んである…汗。

 これって…言い訳? うん、半分 そんな気もする(苦笑。

 足が痛く無いって どういう風だっただろう? 痛く無ければ、私は今 どれだけ家事をしてるだろう?

 ええ、ええ、元々 掃除機かけるのは好きじゃありませんでしたっ!

 脚が悪くない時でも 毎日かけてませんでした!(威張るとこじゃない…)

 でもさ…人工関節置換後、痛みがあまり無い時期があった。

 それでも医師の「なるべく杖をついてください」を律儀に守って、室内でも片松葉だった。それをステッキに替えたのは、私にしては英断だった。

 それで不便さが半減して、気持ちは随分楽になったなぁ。

 その後、骨折入院の時「人工関節置換後は、多くの人は杖無しで生活してる」事を知った。

 おそるおそる、私も試してみた。別に痛くないんだもんねぇ。ただただ「先生の言いつけを守ろう」だっただけだもん。

 もっと言えば、最初の骨切り回転術後、10年くらいは、寝る時はクッションを股に挟んでいた。

 寝返りうつ時は きちんと挟みなおしてた。そして右側(患肢側)は向かなかった。

 クッションをやめても脱臼しないって自信がついて、好きな方向を向いて眠れた時の気持ちよさ!

 ステッキ無しで掃除機をかけた時の軽快さ!

 …そんな時もあったじゃん。

 だから今は できなくてもいいよね。しなくてもいいよね…?

 布団干しは、夫にお願いしよう。

 それでもね…「窓の所まで運んで」って頼むくらいよ。

 だって夫の干し方だと 絶対に修正が必要だもん。

 すっごく機嫌(気分・体調じゃなく)が悪い時は 全部任せるけど、そうじゃなければ最低限のお願いだけして、自分でできそうな事は ちょっと無理してでもやる。

 ベランダに軸足(まだマシな方の足)で立ち、後は腰の力で体を回転させて手すりに布団をかける。それはもう勇ましい姿。時々、布団の端が地面をこするけど見ない!

 ね! やれる時は頑張ってたんだから、今は仕方ないよね?

 雑然とした室内を見てため息。

 …かと言って、もし今 両足とも何とも無くてもやったかどうかは 自分でもわかりませ~ん。

 股関節痛を免罪符にして怠けてるだけかも…。

 

 

|

2011年9月28日 (水)

たまる溜まる~♪

 秋はチョコレートが美味しい季節です♪

 でも…今年の花桃は チョコレートを食べてません!

 寿人のゴールを一つでも増やす為の願掛けのチョコレート断ちです。

 裏では『チョコチップクッキーはいいのか!?』という厳しいご指摘もあり、Oちゃん言うところの「花桃基準は難しい」わけであります。

 だって…だって! 私の好きなチョコレートは 茶色いチョコレートの塊なんだもん。

 それもビターじゃなくスイート、ミルクたっぷりのやつ。アーモンドやマカダミアナッツも好き♪

 あぁ…あの茶色い宝石よ。甘美な塊よ。

 匂いさえ嗅がなくなって久しい…チョコレート断ち始めたのは、5月くらいだったかなぁ…。

 夏場はあまりチョコレートを食べたいとも思わず、楽に過ぎたけれど、秋は新作も出るし、ほんとチョコレートが恋しい季節なのよ。

 でも!スーパーへ行っても新作チョコレートなんて見ませんよ! 見たら欲しくなるでしょ! (おぉ~頑張ってるな)

 ところがね…とんだ落とし穴よ。

 今日 実家へ行く途中のコンビニに寄った。

 そこは今月末に閉店になる。

 お店の商品棚は、もうガラガラ。

 そして! わずかな商品は閉店セールで 半値ほどの値札が付いてる。

 …これは買わずにいられないでしょう!

 で、電池とか要約筆記用のサインペンとかを籠に入れ…他に残ってる商品は…と 棚をさらさら~っと見て行ったら…チョコレートの所に行っちゃったんだよ~(泣

 そしたら半額になってるのよ~~~~(笑泣

 これはもう買うでしょう!

「別に今 食べるわけじゃないもん。最終節を終えてから食べるんだもん」と 心で言い訳しながら籠に…。

 帰宅して冷蔵庫の あちこちに ちょっこり置いてあるチョコレートを全部出してみた。

 そして今日 買った半額チョコレートも入れた。

 

 じゃーーーーーーーん!!

Image295  

 これ…最終節終了後 何日で無くなるんだろう。その時が怖いわ。

 そして この写真を撮る為に、冷蔵庫最上段の奥に入り込んでしまっていた「チョコレートのBOX」も出してしまった…。

 誘惑に負けない為に、もう一度 最上段の奥深くに突っ込んでおこう!

|

2011年9月27日 (火)

夢の残り香

 9月9日の 日記を覚えておいででしょうか…?

 今、お昼の番組に「あたくしのウエンツ」が出てますの。

 近頃の私は、きゅんきゅんするアンテナが錆びてしまってて あの夢をみて目覚めた時でさえ「あ~そうだった~」ってレベルだった。

 若い頃は 目覚めてもまだ心が半分 夢の中にとどまってて 恋してる気分だったりした。

 そんな私でも、その直後、テレビでカメラ目線(私を見てる)のウエンツ君を見て 照れてしまった。

 ああ、これが夢の効果よ。

 現実では体験できない事で きゅんきゅんして いいホルモンが分泌されているに違いない!(どんなホルモンかな…? ただの加齢臭だったりして…)

 あれからもう3週間近く過ぎて、さすがに効果は消えただろうと思ってた。

 でも朝刊で彼が出るのを見つけて、ちゃんとお昼にテレビをつけた。

 そして…彼が登場して、可愛い事を言うたびに…もうにやけるにやける。

 私に逢える日を楽しみに お仕事頑張ってるんだね~♪ …って。

 私の携帯には、彼が仕事中に撮って送ってくれた写真がちゃぁんと保存されてる…わけないじゃん!!

|

2011年9月26日 (月)

第27節 サンフレッチェ広島 対 アビスパ福岡

 9月25日(日)

【広島 対 福岡】 レベルファイブスタジアム

(携帯速報と録画早送り)

  soccer1-2 広島勝てず

  soccerゴール…水本

 昨日、帰りのバス内のDVDは、寅さんでも無く釣りバカでも無く「きみまろ」さんだった。

 これなら、じっと見てなくてもいいから、携帯サイトに集中できる。

 でも 例のごとく『パケ放題』じゃないから、長時間のネット接続はしたくない私。

 それに…家でスカパー観戦してる夫は、寿人がゴールしたら きっとメールで知らせてくれるはず。

 鳴らない携帯を見つめて我慢できず、携帯サイトに接続する。

 開始10分…0-0だ。

 うぅぅ~~~大量得点のはずなのに。そろそろゴールしてもよくない?

 総本山の本尊の前で読経してる最中、曼荼羅の文字が金色に光って立体的に見えてきた。これは吉兆に違いないと思ってたの。

 何度目かに携帯サイトを開いた時、得点してたのは福岡の方。

 えええ~~~~!!?? 申し訳ないけど下位のチームよ。

 でも先制して油断するより1点くらいとられて発奮する方が いい結果につながるかも。

 寿人がフリーで打ったのが枠外って記述もあった。

 うんうん、そういうのを何度も繰り返して決まるようになるんだよ。

 怖気づく事なく シュートし続けて。

 ハーフタイム。

 ちょうどサービスエリアに入ったけど、足が思うように動かないから、トイレ以外は降りない。

 いつもはお店をぶらぶらして、スイーツを買うのも楽しみなんだけどね。

 車内で待つ間も携帯を握りしめて祈る。

 ドキドキして 具合が悪くなりそう。

 「後半、始まったなぁ…」しばらく開けない。

 夫からのメールを待つ…何も無い。きみまろさんを見る…たたんだ携帯を見つめる。ドキドキする。

 そしてまた我慢できずに開く。

 0-2!! うっそーーーーーーーーーーっ!

 残りは10分くらいか。

 10分あれば2点とれる!

 寿人頑張れ。泣きそうな気持ちで念を送る。

 ああ、そろそろ終わるなぁ…夫からのメールは無いままだったなぁ…少し待ってから携帯を開く。

 1-2で終わってた。得点はミズ。ミズのゴールは嬉しい!

 でも…福岡になぜ勝てなかったの?(上から目線で、福岡さん、ごめんなさい)

 脱力なのか…悲しいのか悔しいのか感覚が無い。

 夫から「福岡がかなり頑張ったと思いますが、勝たないといけませんな」とメールが来た。

 帰宅して片づけ物して 夜の読経を済ませて アフターゲームショーの録画を見た。

 ん~~~寿人ぉ~~~あれ決められなかったかぁ…。

 スタンドの娘っこ達の姿が大写しになり「あ、なおちゃん 行ったんだ!」

夫が「本編には もっとたくさん映ってたよ」(夫 よくぞ見つけたね♪)

 で、23時過ぎに まだお風呂も入ってないのに、試合の録画を見始めてしまった。

 元気に飛び跳びしてる娘っこ達の姿を確認して にんまり。可愛いね~♪

 夫の記憶で「このあたりで寿人が…」と早送りしては、寿人のシュートシーンだけ見る。

「お!寿人得意のパターンじゃん!」ってとこで空振り? こんな空振りってあるの?

 解説も「変なバウンドしたのかも。佐藤寿人がこれを打てないのは信じられない」みたいな事を言った。(メモしてないので曖昧)

 ボレーシュートもなぁ…かっちょよかったんだけどなぁ…決まってたら もっと良かったんだけどなぁ…。

 寿人 自陣深くまで戻って守備もしてるじゃん。

 ミズのゴールの後、ゴール内のボールを掻っ攫ってセンターに走って行く寿人。諦めて無いんだ。

 神様…なんでゴールさせてくれないの? 

 私が自分勝手な変なお願いしたから?

|

2011年9月25日 (日)

決断

今日は信仰してる仏教の総本山に参詣。
8月の申し込みの時点では「この暑さ、行くのは無理!」だった。
でも さすがに9月になり、ここへ来て「行けなくないな」と思い始めた。
葛藤の日々を数日過ごした。
◇信仰の基本だし、母の事・自分の体の事、しっかりご祈念しなきゃ。『行こう』
◇クラス会に行くのに、参詣には行かないなんて罰当たりだ。『行こう』
◆広島の試合4時から…スカパーでリアルタイム観戦できないな『やめる』
◇でも私がテレビの前で力むと良い事は無い。それより仏様を拝んだ方が効果あるんじゃないか?『行こう』

◆でも右足まで変になっちゃったしな…広い境内や本堂は車椅子で行けるけど、宿坊はステッキだし、歩けないかも…『やっぱり無理か』
◇地元の末寺の人達がサポートしてくれるからな〜『行けるわ』
◇貸し切りバスで秋の景色見るの楽しいじゃん♪『行こう』
◇帰りには車内で、釣りバカ日誌か、男はつらいよのDVD見せてくれるのも楽しいんだよね♪『行こう』

と言うわけで、今朝は6時前に家を出た。
いつもはチョコレートを持って行くんだけど(家にたくさんの備蓄あり)持って行かないぞ−!
キャンディとチョコチップクッキーは良いんです!

 地元のお寺の皆さんに助けてもらいながら、無事に御開扉を終え、帰りのバスです♪
 大御本尊様に願ったのは…
1母の胃の不調が治り食欲が出ますように。
2今日も寿人がゴールしますように。できればハットトリック…いや、ドッピエッタ。(あぁ、こんな具体的に想像しちゃったから…)
3右足が何事もなく元の状態に戻りますように。
 こんな自分本意のお願いをきいてもらおうなんて…汗。
おじ様・おば様方は、私の車椅子を押す係に若いお兄ちゃんを決めてくれてるけど「人に押されると怖い。長い上り坂だけお願い」と、滑り止付き手袋・腕カバー(服の袖がタイヤと擦れて汚れる)クリップで服に留めたつば広帽子のフル装備で果敢に自走です。
長い下り坂を両手でブレーキかけながら走っていく私を おじ様方は「見てると心配」と。
でもコーナーを鮮やかに回るから「花桃さん上手いなぁ」いつも そうじゃん♪
さて、いつもは「大事な仕事(?)を果たし、帰りは、すっきりのんびり、ご褒美タ〜イム♪」だけど 今日はドキドキしながら携帯速報とにらめっこです。
…眠ってしまわなければネ。

|

2011年9月24日 (土)

観戦日和

 昨日は、名古屋グランパス対ヴィッセル神戸戦を瑞穂陸上競技場へ見に行った。

 夫は さすがに名古屋の連続優勝を射程圏内に入れて、かなり力が入って来てる。

 私は『夫の運転だし、車椅子だし、グラン巻き買えるし』って事でお付き合い気分。

 車椅子席もちょうど日陰で風もあって気持ちいい。

 試合前のアップに出ている選手たちの中で、ひときわ目を引いたのが大久保!(ぎりぎり到着だったのでアウェイ寄りの席)真っ黒に日焼けしてて精悍な感じがして「黒鬼」って感じでオーラを放ってる。

私「うぅわ!大久保~やっぱりふてぶてしいわ~」

夫「そういう気持ちで見るからだわ」 そうかも(笑

 でもね、そういう気持ちで見てたけど、なんか今までと違うものを感じた。

 髪型や髭が かっちょよく見えてきた!

 アップを終えて、ほんとに目の前に歩いてくる。

「え…なんか すっごく男前になってるじゃん」

 上半身も鋼のよう。神戸のぴちぴちユニが ぴたっと張り付いて とっても綺麗なシルエット。

 スタッフと談笑してる姿は 穏やかで「大人のスポーツマン」だった。見直した~!

 …でもね、試合中、シュートが決まらなかった直後、ゴールポストを蹴ってた(笑)やっぱり大久保^^

 試合中は いつものように、神戸サポーターの応援を観察し~の、初めて線審の動きに注目し~の、あちこちきょろきょろしてました。

 まぶしいピッチだけを見てると 目がくらくらしてくるからね。

 先制されてからの逆転勝ち。

 広島にも そういう勝ち方をしてほしい。

Image298

 C大阪は、播ちゃんがまたゴールしてるね。

 朝刊見たら、播ちゃん、もう9ゴールじゃん! それもフル出場じゃなかったのに。

 寿人ぉ~~~頑張れ~~~!

|

2011年9月22日 (木)

無謀なお出掛け♪

 昨日は高校のクラス会(と言う名の、不良中年の集い…半年前にやったばかりって話)だった。

 私は、テーブルか掘り炬燵、駅から近い店を選んで貰ってる上に「体調優先。ぎりぎりまで出席表明しなくていい」という特別待遇をしてもらってる。

 昨日は台風。

 午前中に幹事から「今日はJR利用の人達は無理だね」とメールがあった。私も「じゃあ残念だけど、私は次回を楽しみに」と返信。

 でも午後3時を過ぎて だんだん空が明るくなってくると 行く気満々だったのが蘇って来た。

 だってだって…どうしても着たい服があるのよ~!

 それは、今の季節しか着られないの。来月になってばばシャツを着たらもうダメなの。

 だから猛然と行く事にした!

 県外の友達から「ニュースで見たけど、そっちは大丈夫?」「避難勧告出てるね」「自衛隊派遣だって?」「マンションだからいいかな?」って 次々とメールが来てるのが申し訳ない(汗)

 確かに新聞でもテレビでも 盛んに私の住む町の名前が出てた…。でも我が家の近辺はいたって平和だったのよ…。午後4時には、雨もやみ薄日もさしてきたし。

 そんな訳で無謀にも出かけました。

 F君(昔彼・私を振った彼)に店の近くの駅までお迎えを命令・指示・要請して。

 ちなみにF君「嫁が『ゆうこさん家まで迎えに行かなくていいの?』って言うから、台風だから来んだろ」だったそう。

 奥さん公認の昔彼女の私って…どんだけ安全パイよ。

 そんな我儘お出掛けだから、早々に罰が当たった。

 店の暗い外階段を上ってて、間違いに気づいて下りかけた時、転びそうになった!

 無意識に股関節をかばうので、余計に変なねじり方をした。

 幸い、F君にバッグと手提げ袋を持たせ…持ってもらってたので、片手はステッキ、もう一方の手で手すりを掴んでたから転げ落ちずに済んだ。

 もしバッグを持ってたら、ステッキだけで間違いなく転んで骨折してた…(冷や汗)

 おまけに あの暗い外階段で手提げ袋の中身は吹っ飛んでたと思う。拾い集めるのは不可能だと思う。それ以前に救急車だわ。

 最悪の事態は免れたけれど、もうすでに右足が変!

 何とか店内にたどり着き、掘り炬燵席に座った。座っていれば大丈夫。

 そして…私の心が見えたかのように、女子が「ゆう~~その服 可愛い~~!」

「てへ~~っ 実はさ~ これが着たくて 今日 頑張って来ちゃったんだってば~」

 台風の影響で来られなくなった人6名。

 ゆうべは7名が円卓を囲んで、皆で話ができた。(いつもはテーブルごとになりがち)

 うちのクラス会(と言う名の…)は、当日、好き勝手に料理を頼むシステム。

 フライドポテトや空揚げの定番に チャンジャ(?)とか、馬肉のカルパッチョとか、私が絶対に頼まない物も 誰かが頼んで試食。

 一通り食べ終えて…さあ、スイーツタ~イム♪

 私は最初から「栗のロールケーキ」「豆腐アイスの黒蜜きな粉かけ」に目をつけていた。

「でも二つは無理…って言うか~食べちゃダメだしな~」

「いいじゃん、もうやっこすれば」って事で それぞれを2つずつ注文する。

 で、なぜか2種類とも私の前に。

Image291

「はい、ゆう 来たよ来たよ~」

「ほら、ゆう、食べや~」

 で、何となく自然な流れで二つを食べる。

「Mちゃんも食べてよ~」と ちょっぴり隣の子に押し付けつつ。

 で~ もう一つ 食べたいなと思ってた「二種類のアイス あんと蜜かけ(だったかな?)」の写真をTが見てるので「それも食べたかったんだ~」

 で、注文。

 で~Tの前に来たけど、自然の流れで私のとこにくる。

Image293

 この夜も、すっごい食べた…。お陰で体重は 普段の800グラム増し。

 さて、お開きになり席を立ったら…思ってた通り、右足は変なまま。

 来る時とは別人のように歩けなくなってた。

 でも皆の手前、格好つけようとするんだけど「よぼよぼのおばあさん」状態。

 女子に手を引かれ、店の迷路のような廊下をしずしずと進む。

 店を出てF君が「この服が着たくて 今日 来たんだと」と なぜかそんな所でまた言い、女子が再び「だってすごくいいも~ん」「ジュリエットみたい~」と褒めそやしてくれて、ほんとうは そこでくるりと回って見せたかったんだけど、足が動かせない。

 数人の女子にバッグを持って貰い、片手を引いてもらって駅へ。

 JRの別の路線に乗るMちゃんが最後まで付き添ってくれた。

 改札口の外では、TとGちゃんが手を振ってる。

 Mちゃんと歩き出しながら…きっとまだ見てくれてるな…普通なら歩きながら振り返るけど、私の場合は ちゃんと止まって振り向く。

 案の定 見ててくれた二人に最後のお手振り。

 私の乗る路線は やはりダイヤが乱れてた。行きは予想外にスムーズだったのに。

 ほんとに「足の悪い人」候の姿でK駅までたどり着き、個人駐車場を借りて止めたぴっちー号に乗り込み、アクセルもブレーキもこわごわ踏みながら帰宅できた。

 家ではもう松葉杖2本じゃないと歩けない。

 あんな天候の中「この服がどうしても着たい」なんて理由で無謀なお出掛けをしたんだから自業自得。

 今日は母をS医院へ連れて行く日。

 片松葉で何とか行ってこられた。

 捻挫とか筋肉の問題だったらいいんだけど、人工関節と骨折後のプレートやボルトの異変だと困る…。

|

2011年9月21日 (水)

どんだけ好き?

 新聞の日曜版にこんな文字が!【寿人遊星】

Image288

 『1986年、ハレー彗星の地球接近を記念して人々の清福を望み、星と縁の深い寿老人を模して製作されたもの』なんだって。

 東京都千代田区九段北にあるそうな。

 寿人とは全然 関係無いんだけど、こういうの見つけただけで嬉しい…wink 

 ほんと おバカさん。

 そしてついでにこちら。

Image287

 これは夫が見つけて「○○ト(寿人の次男坊)」と。

 うあぁ~ほんと なんか似てる!

 寿人ジュニアの方が もっと垢ぬけてて可愛らしいけどね。

 で、まじまじと見てると だんだん寿人に見えてくるから不思議。

 そりゃそうだ。ジュニアに似てるんだから。

 以前、こどもちゃれんじの広告の子を「はるちゃん」と名付けて カップボードの前に立てかけて眺めてた。

 もう2枚を並べてカップボードの中に貼りつけたわよ!

 食事中も、炊事中も ちらっと見ては にまぁ~っとしてる。

 でね、寿人もどきちゃんを見てから、はるちゃんを見ると…「はるちゃんって おもち…」

 和むわ~~~~♪

|

2011年9月20日 (火)

台風接近なのに…

 少し前から あえてイニシャルを伏せてる友達と会う約束の日。

 台風接近で雨がひどい。

「延期しようか?」とメールが来たけど、私は食料品の買物もしたいので、行く気満々。

 私の買い物先が清○屋だと確認すると、彼女から「清○屋で待ち合わせに変更しよう」と提案があった。

 清○屋で待ち合わせて一台に乗り合わせてデニー○かな?と 一瞬思うドンくさい私。

 清○屋の屋内駐車場に入れて、店内の喫茶店で会えば、そのまま濡れずに買い物もできるってわけでした! さすが機転のきく○ちゃん☆

 で、喫茶店に入ると、ケーキとサンドイッチの写真を撮るのも忘れて怒涛のおしゃべり開始。

 弟の留守電の内容を語る。

「別に全然 驚かないよ」と○ちゃん。

 そして『姉の居る弟』な、○ちゃんの夫君の言動を交えて『弟目線』の意見を聞かせてくれた。

 私は夫君のお姉さんの気持ちがすっごくわかる。

 でも○ちゃんが夫君を通じて感じるお姉さんへの違和感も理解できた。

 彼女が語るお姉さんは、まるっきり私だった。

 どっちも悪くないんだよねぇ…。

 そして弟には、やっぱり面倒臭い姉なんだよねぇ…。

 そうこうしてると、○ちゃんの携帯に息子・娘から次々と電話がはいる。

「JRが一部止まった」

「名鉄も止まった」

 彼女は すぐに夫君に電話して対応を考える。そりゃもう素早いわよ。

 とりあえず、清○屋の食料品売り場で ささっと買い物を済ませる事に。

 レジの入り口で「今日はありがとう~じゃあね~」と別行動。

 不思議に店内では再会しなかった。

 …と思ってたら「花桃!」と声が。

 すでにエコバッグに詰め終わった○ちゃんが 清○屋のシール(200枚集めると500円券になる。私は その恩恵にかなりあずかっている)を持って「はい、これ」 ぷふふ。ありがたく頂戴しました。

 そこに真ん中娘からも「電車止まったらしいよ」とメール。

 途中の駅で時間つぶすと言う長男君。ばあちゃんちへ行こうかと言う次女ちゃん。

 心配して情報提供してくる長女ちゃん。

 子ども達は いつの間にか成長してます。

 さてさて、本日のあたくしのいでたちは…。

 荷物と傘とステッキは心もとないので、傘をやめた。

 その代わりに…サンフレッチェポンチョ!!

 紫の2500円のじゃなく「降らない」と思って 紫ポンチョを持って行かなくて、スタジアムで急きょ買った300円のビニールポンチョ。

 これが意外にすぐれものだった~。

 ポンチョの中に荷物もすっぽり入るし、ステッキもその中で使えるし、丈も私のふくらはぎくらいまであっていい感じ。

 ただ…なにしろ300円なので 透明の大きなビニールをかぶってるようにしか見えない。

 風でフード部分が脱げてしまうので、ヘアバンドで押さえて…。

 ん~~~知ってる人には見られたくないかも。

 でも お陰で濡れずに帰宅したよ~!

 ロールケーキを食べたのに、帰宅してすぐ○ちゃんお手製のおはぎを3個も食べてしまった…こんなお姉さん。

 

|

2011年9月18日 (日)

第26節 サンフレッチェ広島 対 ジュビロ磐田

9月17日(土)

【広島 対 磐田】ビッグアーチ

(スカパー観戦)

 soccer3-1 広島勝利

 soccerゴール…チュン君×2・寿人(PK)shine

 夕飯の仕度を早めにした。

 私自慢のトンカツ!

 食事もしっかりして いざテレビの前に。

 入場してくる選手たち、この前の大逆転負けを引きずる風もなく、すっきりしてる。

 チュン君は 余分な力の抜けた可愛い顔してる。

 試合開始直後は、私が暖気運転状態。

 そんな時にチュン君のゴール!!

 リプレイを見ると ミキッチからゴール前の寿人の方に。寿人はスルーしたのか空振りなのか? この後、何度もリプレイがあって、寿人は飛びあがってボールが行く方に体を回転させてるから、スルーだったんだね。

 その先にはギシさんが。打ちきれず…あ~せっかくのチャンスだったのに…と思ったら、後ろ真ん中からするするっとチュン君が来てて…見事なゴール!

 はやーい! そして可愛い弓矢パフォ。

 この日は私「可愛い♪」連発。

 寿人が良いトラップやパスする度、転んでも「おー寿人」「わー寿人」と 可愛さに笑ってしまう。

 ミキッチがPK獲得。

 誰が打つんだろう…? とまず思った私。

隣では

夫「寿人蹴れ、蹴れ~。寿人ボール早く持て!寿人蹴れーーー!」

 え~~~私は怖いのよ~。

 もし決められなかったら…。

 だから夫の煽りにも苦笑いで黙ってた。でも夫には心の声が聞こえたらしい。

夫「はずしても1点とってあるんだから」

 いや…でもね…寿人に失敗させたくないのよ~。

 ばか親としては「うちの寿人に蹴らして!」なんだろうけど、変なところで気が小さいのよ。

 ばか親以上の「バカな親」だわ私。

夫「浩司か…でも寿人蹴れ」

 あ、浩司ね。なんか安心する私。

 ところが!! カードが出たり、ジュビロの選手たちの抗議の画面から ゴール前にカメラが移動すると…ボールの一番近くにいるのは寿人じゃん!! しゃがんで靴の紐結んでるじゃん!

「寿人じゃない? ひーーーー」

 もうドキドキよ。

 そしてパッカーンと決まった! 川口が飛んだ方向ではあったけれど届かなかった。

 よかったーーーーーーっ!!

 頭から血が下がった感じ。はぁ~よかったぁ~。ふぅ~まだドキドキする~。

 これで2-0。

 でもね、これじゃリードしてる気になれないのよ…。(広島を応援してる人はきっとみんなそう)

 と、思ってたら前田のゴール。げーーーー!

 事もなげに決めた。

 この頃から、私は体調が悪くなってきてた。首と肩が凝り、頭が重い。さっきの寿人PKで酸欠状態になってたのかもしれない。

 しばらく我慢して、ハーフタイムに薬を飲んだ。

 魔法の薬PLか…?でも、伝家の宝刀を使うにはちょっと…。 頭痛って程じゃないからロキソニンじゃ無いし…。で、私が決めたのは抗アレルギー薬。喉が痒いのも気になったから。

 これで体調不良まで回復するとは思えないけど…。

 後半開始。

 次の1点は大きいよ。2-2にされたら私は折れる。3-1になれば、多少は余裕が持てる。どうかどうか先にとって!

 あ、ミズがあんな前に来てる!

 ミズから寿人へ。真ん中で受けた寿人はすぐに出す。その先には、もっとゴールに近づいてたミズ。

 おーそういう事か。寿人ちゃんと見てるだ~^^ (ばか親なので甘い)

 寿人のシュートみたいなパスを至近距離で駒ちゃんが受けてお腹を押さえてる。

「寿人ごめんは?」

 先にとれと言った割に こんな風に見ててごめん。

 そしてチュン君のゴール!! 浩司のCKからゴール前のごちゃごちゃの中で「あ!」って感じ。

 これで13ゴールじゃない!? 

 今期寿人が言ってた「チュンと二人で30ゴール」の目標も達成できそうじゃない?

 最初は「ちょっと高すぎる目標じゃない?」と思ったんだけど。

 この調子で行けばチュン君は20ゴール行くでしょう。

 で、まず寿人は10ゴールは最低限のお約束よ。

 でもさ、広島のエースとしては チュン君20 ぼく10ゴールじゃ ちょっと…ね。

 チュン君18 僕12ゴールくらいでいかがでしょう?

 なおちゃんにそうメールしたら「二人とも20ゴールで」と。

 ん~~今の寿人にそれは…。

 でも!別に30ゴールで終わる必要は無いもんね。

 二人で30ゴール以上とれば文句ないわ。

 寿人も「10ゴールは通過点」と言ってるらしい。

『まずは10ゴール。それまでチョコレート断ち』と言ってた私が恥ずかしい。

 ミキッチが倒れて仰向けになってる。

 はい、お世話係寿人君の出番よ。ミキッチの足を伸ばしてるけど、バツが出た。

 ノリに交代。

 チュン君がドリブルで前へ前へ。その周りを寿人がくるくるくるくる。

 ゴール前、チュン君が自分で行くかと思いきや、複数の相手の中にパス。そこに寿人が回りこんで来てた。

 おぉ~すごく面白かったけど…寿人打てず。

 アオちゃんイエロー4枚目。いーーーーっ!

 ムジリはいつかなぁ…?

 寿人は自陣の深い所にいるし…苦笑。

 両手を前にしてパタンと倒れる寿人が可愛い。

 失点しないで~~~~!

 突っ込む菅沼と周作が交錯。膝を押さえてうずくまる周作。

 寿人が審判に懸命の抗議。

「それじゃわかんないよ!」って聞こえた。

 他の選手たちも審判の周りに集まって来た。

 笛が鳴る前に磐田がリスタートしたみたい。

 アオちゃんが剛平さんと交代。

 ムジリはいつ…。

 え? ムジリ チュン君と交代? 寿人だと思ってドキドキしてた。

 チュン君はやり切った清々しい顔。

 アディショナルタイム3分。

 倒れた寿人は、磐田の誰かに強引に引っ張り起こされる。可愛い。

 そして終了のホイッスル。

 勝ったーーーーーーっ!!

 ヒーローインタビュー チュン君だと思ってたら寿人! なんで? チュン君は劇場の準備かな?(と、この時は暢気に思ってた)

 寿人が戻るとピッチ上で待ってた皆が円陣を組んでとびとびぐるぐる。

 以前は、インタビューの選手以外は、先にスタンドに挨拶に行って、インタビューの選手は、少し遅れて一人でスタンドに走ってた。最近は、インタビューが終わるまでみんな待ってるね。とってもいいと思う。

 そしてまた全員が手を繋いで走り出す。実況の君崎さんが「ビクトリーラン」と。知らなかった^^

 そこにもチュン君が居ない…ようやく「何かあった?」と気付く。

 そのあと、チュン君がインタビューの予定だったが、足首のアイシングを受けて、寿人と交代だって説明があった。

「いきなりでも ちゃんとやってくれるのが佐藤寿人」と君崎さん。ありがとう~^^

 久々に勝った気がするの。劇場は良太が居ないから無いらしい。

 ん~周作とノリでもいいのになぁ。

 チュン君も居ないとなると難しかったか…。

 とにかく勝ってよかった。

 そして今日は 名古屋のケネディも玉ちゃんもゴール無くて、チュン君 いけるぞ~~~♪

 いや、私 玉ちゃんに呪いはかけてませんから~!

 

|

2011年9月16日 (金)

使えない(いろんな意味で)

 ゆうべ、お風呂でシャンプーしてたら、シャワーのお湯がどんどんぬるくなっていく。

 リモコンの表示を見たら、いつもの画面が消えて「H2」となってる。

 これは何か異常が起きてるんだ!

 こうういう時、私は慌てずに一度 電源を切って再度入れてみる。

 するといつもの画面になり、お湯も復活してくる。

 ところが…またしばらくすると「H2」になって、ぬるくなる。

 髪は泡だらけ。このまま出るわけにもいかない。

 電源を切ったり入れたり、何度も繰り返して、リンスまでたどり着いた。

 被災地で長い間、ライフラインが止まってしまった地域の人達、台風で同様の状態になってしまった人達の不便を思った。

 蛇口をひねれば当たり前にお湯が出てくる事がこんなにありがたいって、失ってみて痛感するね。

 さて、普通のお宅では、こういう時「やだ~お湯が出な~い。どうしよう~」って奥さんは騒ぎ立て、夫君が黙々と対応するのでは無いかしら?

 我が家では、そういう役目は私なんです…。

 夫だってやれるとは思うんだけど、夫を頼るより先に、自分で何とかしようと思ってしまう悲しい性。

 ここんとこ「姉の悲哀」でネガティブになってるので、ゆうべは 夫にも意地悪な気持ちになってしまった。

 だましだましのシャワー入浴を終えて知らん顔しておいた。

 もしかしたら、前日の晩、私の後に夫がシャワーを使った時、すでにおかしかったかもしれない…でも 夫は一晩寝れば何とかなると高をくくってたのかも…ほっておけばゆうこがなんとかすると思ったに違いない…と 妄想も甚だしい。

 夫がシャワーを終えて出て来ても あえてお湯の事は聞かなかった。(なんて意地悪~)

 ちょっとしてから「シャワー 変じゃなかった?」と夫。さすがに我慢しきれなかったらしい。

「うん、変だった」

「水でシャワーして来たの?」 え? もしかして夫は 電源を切ってみるって事しなくて、水浴びで出てきたの? (苦笑)

「だましだましお湯使えたよ」

「そうですか」 夫は だましだましのやり方 知らないかも…。

 さて、その後、何もしなければ、翌日もシャワーはだましだましになるわけで…。

 結局、私が動き出すのです。だって夫は私の返事を聞いても 動じる様子も無く、普段通りに冷蔵庫の水を出してリビングへ行っちゃうんだもん。

 予想してたけど…。

 やっぱり私が、給湯器の取り説を引っ張り出して 故障なのかどうか調べる事に。

 そして『出水部分に異常。業者に連絡してください』にたどり着く。

 平日の昼間は家にいる妻が業者に連絡して対応してもらうのが普通なんだろうけどさ…。

 「壊れた~ どうしよ~」って 夫君に全面的に頼れる奥さんがうらやましい。

 昨日の『姉のいる弟』な夫を持つ友達(再び、あえてイニシャル出しません)んとこは、絶対に「壊れた~」って夫君に言うはず。そして彼女の夫君は、なんとかしてくれるはずだ!

 ちなみに、昨日 ブログを読んだ当人から「『妹もいる兄でもあるので、美味しいまずいの感想も言わない性質も持ち合せる』というのを伏せ、めちゃ名誉を守ってくれて…」とメールがあった(笑

 そして「私が鬼だから…きっと皆に言いふらすわ~」と。(鬼嫁が売りなので)

 彼女は『(弟桃+夫桃)の悪い部分=うちの夫の日常』とまで(苦笑

 みんな 自分の身内には厳しいのよね。

 でも~私から見ると そんな彼女は 夫君をかなり頼りにして(惚れて)ますのよ。

 さて、先ほど無事に修理してもらいましたが

「このマンションは、どのお家も長持ちされてますね。(18年になる)でもすでに3件程は本体の寿命で取り換えましたよ」と。

 今回は応急処置で、正規の部品が入り次第、また直してくれる。費用は4~5千円程度だそう。

 参考までに本体を取り換える値段を聞いてみたら「16万円くらいです」って!

 うちは、夫婦二人だけだから、子どもの居る家庭の半分しか使ってない(単純計算) 何年でももたせたいわ!

 

|

2011年9月15日 (木)

姉弟 共に甘やかされる

 ここ数日のブログを読んだ友達から やさしいやさしいメールが届いた。

 あえてイニシャルも出しませんが…(彼女の夫君の名誉の為に)

 自分の夫君が『姉のいる弟』な彼女。

 「お姉さんに対しては、うちもそうだよ」と。

 彼女は 子どもの頃からのリアル弟桃を知ってるので、余計に弟桃に対しての評価は『甘い』

 で、そういう彼女には、今回 私を怒り泣かせた留守電の詳細を「話したくないから、会うのを躊躇してる」私。(今度は弟桃の名誉の為に)

 会えば絶対に話してしまうに決まってるし(汗)

 でも 別件でどうしても会わないといけないので(笑)近々 会って ついでに話してしまう事でしょう。

 まああの時の怒りは もう消えてるから、笑い話レベルね。

 でも 彼女の中の弟桃の評価は、3点くらい下がるかな…。

 そして もう一人、これもイニシャルはあえて出しませんが…。

 義父母を介護している友達から「弟桃君は、やる気があるだけ、うちの夫より ずっといい」と。

 なんかさ~ほんと 二人の夫君に申し訳ないわ。

 ひとえに私を励ます為に 自らの夫君を貶めてくれてるんだよね。

 なんだかんだと言って、結局私も みんなの厚意に甘えて言いたい放題。

 そして弟も「やる気があるからいい」と認めてもらって…。

 お恥ずかしい姉弟でございます。

 でも…ほんと ありがとう!

 ついでに弟桃!(このブログの存在は知らないはず) みんなが「やる気があるだけいい」と言ってくれても、本当にやるかどうかは、これからだからね!

 …と、ここで気炎を吐いても、面と向かうと 厳しく言わないあまあまの姉なんです(嘲笑)

 それこそ、男兄弟の長男であるうちの夫から見たら「甘やかし過ぎ」だろうね。(口には出さないけど…そこが夫のいいところでもある)

|

2011年9月14日 (水)

姉なんて ちょろいもんよ…

 ケアマネさんとの面談の日。

 弟が「今度も僕が行く」と言ったけれど、この前の件で「私が行きます」とメールしておいた。

 持って行った昼食を食べ始めた時、母が「弟桃がもうすぐ来る」と言いだした。

 へぇ~来るんだ。(ちょっと見直す)

 母は半分も食べられず残したまま 一応 昼食を終えたところに弟登場。

「ご飯食べに行くよ。車の冷房もかけてある」って。

 う~ん、お互いの予定を把握しあっていれば こんな事にはならないのに。

 母は残したご飯を(もしかしたら弟の為に残した?)上手に盛りつけて「お姉さんが作ってくれたから、弟桃 これ食べなさい」

 弟は食べながら「このおにぎり美味しいね。全体にいい感じに味が回ってる」とか「かぼちゃも美味しいなぁ」などと言う。

 うちの弟、昔からそうなのですよ…。こういうところは好きなんだよねぇ。(うちの夫に見習ってほしい)

 食事を終えたところで、この前 説明する気も失せた怒りの中から、大切な事だけを伝えた。

 弟は本当に納得してるのかどうか怪しいけれど、反論せず聞いている。

 喧嘩にならないんだよねぇ…。

 本当に私の言ってる事が納得できたなら、真剣に謝ると思うんだけどな…。

 不完全燃焼だけれど、反論されなければ、それ以上 私も言う事ないし。

 微妙な空気の中へ、ケアマネIさん登場。

 いつものように要約筆記しながら、私も聞いて欲しい事を伝える。

 すると…弟も自然に割り込んで…入ってくるんだよね。

 え? あなた お母さんの状況 わかってないでしょ?

 なんだかね「僕も姉と共に頑張ってます」なんだよね~。

 Iさん、まさか先々週 この弟が薬を貰わずに知らん顔してたとは想像もできまい。

 母に対しても 弟は笑顔で(さっきまで仏頂面してたのは、私のせい?)対応して「いい息子」

 いつもIさんとの面談は和やかなんだけど、今日もそうだった。

 来月の約束をIさんとしていると、弟も手帳に書き込んでいる。

 来月も来るつもりなんだ!?

 母も「弟桃、会社休んで来てくれたの?ありがとうね~」と。

 なんだかさ~美味しいとこ取りされてるみたいな感じだけれど、助けてくれる気があるんなら良しとしなきゃね。

「今日の夕飯は僕が連れていくから」と言うので、私も安心して帰って来た。

 面談中にも「僕と外食すると全部食べる」と言ってたっけ。

 玄関まで見送りに出てきた母は私に「弟桃 まだ居るの?」

耳元で「夕飯 連れてってくれるって」

「え~もう帰ってほしいのに」苦笑。

 母が弟を嫌がるのは、気を遣って緊張するからかもしれない。

 同性の娘と異性の息子の違いだね。

 ほんと なんだかうまい事 誤魔化されたような感じなんだけど、今日の帰り道も穏やかな気持ちでいられた。

 要するに母の機嫌が良ければ私はいいんだろうね。

 今夜の母の食事の心配もしなくてよくなったし。弟に感謝ね。

 あ~ぁ、姉なんて ほんとちょろいもんだわ。

|

2011年9月13日 (火)

こんな嘘はつきたくなかった…

 今日のセールス電話は、化粧品会社。

「2年ほど前に一度 お電話さしあげたのですが、今回は会社の創立○周年を記念して、無料お試し2週間セットをご紹介させていただきます」

 記憶をたどる。

 セールス電話の中で、私が一番 難しいと感じるのが化粧品・エステ関係。

「夫がそういう関係の仕事をしてます」が使いにくい。

で「実家が化粧品屋してます」を主に使うんだけど、攻撃力はかなり弱いと感じてる。

 この「2年前」と言うのが また曲者。

 ひょっとして…と思い、賭けに出た。

「2年前、私 皮膚が弱いから普通の化粧品は使えないと言ったと思いますが…」

 どうやらビンゴだったらしい。

「まだ調子はお悪いんですか?」

「ええ、一生の病気なので」…SLEは確かに皮膚症状もある。でも私は かつてはにきびに悩まされたけど、年齢と共にそれは消失。今は日光への過剰な反応くらい。

 だからここで病気を理由にするのは、なんとなく気が引けた。

 でもね…相手が食い下がってくるのよ。

「わが社の製品は天然由来で 皮膚の敏感な方にも、どうとかこうとか…」

「私は医師の処方するものしか使えないんです」 そんな処方あるのかなぁ~? 苦笑。

「わが社の製品は医療関係でも使われる なんとかかんとかの成分で…」

 そんな事 聞いたってわからないよ~。

「今は医師処方の化粧品で満足していますので 他を使ってみようとは思わないんです。 ごめんなさいね」

「そうですか…では、またの機会がございましたら」

「はい、御苦労さまです」

 すっきり勝利感が無い…。

 セールス電話に上手に対応できるのが自慢だけれど、内容によっては ちょっぴり罪悪感も残るのでした。

|

2011年9月12日 (月)

第25節 サンフレッチェ広島 対 セレッソ大阪

9月10日(土)

【広島 対 C大阪】大阪長居スタジアム

(スカパー観戦)

 soccer4-5 広島勝てず

 soccerゴール…ミキッチ・洋次郎・寿人×2shine

 寿人ゴールのあった日は、いつもに増してミーハー度高く、長くなりますのでご了承ください。

 この日は、午後から蒸し暑くて、どんどん体がしんどくなり、夕方 我慢できずにPL顆粒(一般的な風邪薬だけど、私には魔法の薬)を飲んだ。

 お陰でしんどさは軽減してたけど、キックオフの頃、睡魔が頂点に。

 セレッソ大阪…乾は居ないのかぁ…つまんない。

 チュン君も清武も代表帰りでスタメン…タフだなぁ~。

 PL効果でぽや~んと気持ちいい状態なので、口調もぽよ~ん、メモの文字もみみず。

 周作が早速のスーパーセーブ。緊迫の場面にも笑顔。おそるべし周作^^

 倒れた茂庭選手の背中をさする寿人♪ お世話係~。

 ボールと人が二人、ゴールに突っ込む。その混乱の中でボールをしっかりつかんでる周作(と、私には見えた)なんかマジック見たみたい。

 眠いんだけど…ドラマだったら録画して寝るんだけど…これも録画はしてるんだけど…やっぱりリアルタイムで見たいの。

 ゴール前で広島のFK。

 あれ?壁の中に寿人が居ないよ…え?ボールのとこに 寿人・チュン君・洋次郎が立って相談してるじゃん。

 チュン君に12ゴール目を獲らせる? うん、なんかチュン君の顔が普通じゃなくにやけてる。

 …と思ってたら寿人が走り出す! え?寿人蹴るんだ?! と思いきやまたぐ。

 と同時に洋次郎が走り出した! …これもまたぐ。

 そしてやっぱりチュン君! 誰かに当たってコースが変わり枠外。ん~~残念!

 ミキッチのクロスがジャンプした寿人の頭上を越えて そのままゴールに!

 ひやぁ~~~!! 

 GKは、きっと目の前の寿人との対決だと気を引き締めてたに違いない。で、寿人が届かなかったから あ~よかったぁ~って。(と、ミーハーファンの想像)

 2点目は洋次郎がゴール前で受けてかわしてキープして、きわどくゴール。

 そのあと、メモには「あ~ん寿人!」ってある。状況全く記憶にないけど 1点!って場面だったと思う。

 チュン君は早くもちょうちんブルマになってる。もう広島のパンツはブルマにしちゃいなさいよ。だって可愛いんだもん。

 そして…アオちゃんからゴール真前の寿人に。ちょっと右へずれて(こんな表現しかできなくて…汗)右足でシュート! はずしたと思ったよ。

 コーナーフラッグを掴んで「えっへん」の寿人。久しぶりに見るよ~!アオちゃんも笑顔♪

 泣けるかと思ったけど、不思議にこの時は「やったーーーーっ!」って握りこぶしを突き上げただけ。

 この後、数分間は思い出しては「よかった~」「よかったぁ~」ってつぶやいてた。

 そして小さく「寿人もう1点いっとけ」と低音で。

 どうか無失点で!

 ヘディングで競り合ったチュン君が倒れ、両手指で頭頂部をこちょこちょする。(急に何か当たって痛い時、私もそうやってタッピングする)

 可愛いーーーーー!

 すると そこへ寿人ちゃんがペットボトルの水をかけに来た。

 も~小動物が毛づくろいしてるみたいじゃ~~ん! かぁあいいーーーーー!

「寿人君、チュンにシャンプーしてます」と夫の解説。

 2点の時点では「2点じゃ逆転される恐れがあるんだよね」と 全然 安心してなかった。でも3点になった時は「さすがに前半で3点取られたら相手も戦意喪失するでしょう」と もう勝った気になってた。

 後半。播ちゃん投入。

 あ~きっと寿人は練習の時「ハットトリックおめでとう」って播ちゃんに言いに行っただろうな^^ (この後まさか あんな事になるとは…)

 早々に清武の1点で3-1に。

 繋いで走って、ゴール前でチュン君から寿人へ。

「あーーー! 寿人ばかぁ」左足でふかした。せっかくチュン君がくれたのに~。

 播ちゃんのヘディングシュートが決まった! 3-2。

 ミキッチのシュートのこぼれ球への寿人の反応はよかった!

 …とメモをしてたら

 播ちゃんの2ゴール目! うわぁーーうわぁーーー! 3-3。

 3-0から12分で同点とは…。

 ここで負けるわけにはいかないよ。最初の3点を無駄にしない為に もう1点とればいいんだから!

 代表戦でお疲れのチュン君がムジリと交代。

 ベンチで上半身裸のチュン君が映る。写真集出せば売れるな…と PLでらりらりの頭で考える。

 電話と宅配便が続く。ん~もぉ~。

 良太が翔に交代。この前から良太は怪我してるのかなぁ?

 そして悪夢の4失点目。C大阪 繋いで繋いで粘って粘って。3-4。

うわーーーん。くぅーーー。

「3対0からの逆転は そうないんじゃないですか」って実況。

 うあ~ん、これじゃスポーツニュースの話題になっちゃうよ~。追いつけ~追い越せ~。最終的に勝って「すごい試合でしたね」って話題になるならいいのだ。

 PL効果の眠気の頂点を越えて、頭がしっかりしてきた。

 そして! やっ!! 播ちゃんの無情のゴールで5点。3-5。

 播ちゃん再びハットトリック。もーー播ちゃんは好きだけどさぁー。

 ソファーの上で、私は、いつもはゴールの方向へ体が倒れて行くんだけど、この日は、ボールに合わせて右へ左へ前へ後ろへ。一緒に走ってた。

 寿人~! ここで1点返してエースの意地を見せて!できれば2点で追いついて。播ちゃんと並んでハットトリックってのも いい話題になるよ!(と ここでまたばか親の勝手な妄想)

 ミキッチはまったく疲れを見せずに走ってる! よくやってるな~と思ってたらゴール前へグラウンダーのパス。寿人の右足が合わせる。ゴール!!

 ほんとに私が力を入れてない時に限って決まるわ。

 寿人はすごい勢いでゴールの中のボールを抱えるとセンターサークルに走り出す。

次の1点を目指して。

 左手でチームメイトをサポーターを煽りながら。

 アディショナルタイム4分。

 どうか寿人 もう1点とって「播戸と寿人 ハットトリック対決の名勝負!」と語り継がれるゲームにして。

 願い虚しく4-5で終了。

 ハイライトはゴールシーンの連続だった。

 今、公式サイトの寿人インタビューの動画を見たら、自分のゴールには触れず、今のチームの順位、この後どう勝って行くかについて真剣な顔で語ってた。

 「寿人のゴールはチームを盛り上げる」と言ってくれるサポさんも居る。

 3-0で勝ってた試合を落として脱力してるサポさん達には申し訳ないけれど、寿人ファンの私は 久々の寿人の2ゴールで、体の底からじわじわと力がわき出てくるの。

 次は「広島の天敵前田選手」のいる磐田だなぁ…。

 ここで勝って勢いをつけて、なんとか上位に食い込んでほしい。

 私のチョコレート断ちも継続です!

 

 

|

2011年9月 9日 (金)

うふふっ♪

***夢をみた***

 ウエンツ瑛士君からメールが来た。

 あ!私 付き合ってたんだった!

 なのに最後にメールしたのいつだったのか覚えてないくらい 私からしてないわ!

 ウエンツ君からのメールは『早く逢いたい』って。…最後に逢ったのは、いつだったんだっけ?

 『今度逢えた時は、口にちゅーするよ』って。…そうだった。まだおでこや ほっぺにちゅっしかしてないんだった。今度はほんとのキスかぁ…。

 『逢えない間、僕の写真を見ててね』って、テレビの撮影中に撮ったと思われる写メ。…ちゃんとお仕事してるなぁ。逢えない間は写真見ててって、可愛いなぁ…。

 私、結婚してる事 知ってたっけなぁ? それに私 芸能人とこんな風にメールしてるって すごいじゃん。バレたら色々大変じゃん。

 キュンとするわけでもなく目覚めた。

 そして一昨日、テレビでウエンツ瑛士君を見た。

 カメラ目線だから、私を見てるわけよ。

「あら…」照れてしまいましたっ!

 以前から彼の事は好きでしたよ。可愛いから^^

 でも この照れる感じは久しぶりで気持ちよかった。

|

2011年9月 8日 (木)

「やるねぇ~!弟!」

 昨日、2週間ぶりに実家へ行った。

 先週 弟が「全部任せて」と言ってくれたから、いくつかのお願いをメールし、念のため、ハガキにも書いて出した。

 全部やってくれたと思いこんでたら…薬を貰ってくれてなかった!

 母は(私の計算上)9月2日から薬を飲んでない事になる。

 あの日の夜、弟に状況を聞こうと電話しても通じなかった。

「お疲れ様でした。詳しい報告を聞かせて」とメールもしたけど返信無しだった。

 まさか薬が無いとは思ってなかった…。

 昨日、実家の帰り道に「貰わなかったのなら報告してほしかったよ。明日、私がまたS医院へ連れて行きます」とメールした。

 それに対して弟から留守電が入ってた。車を止めて聞いた瞬間…怒りで動悸がした。泣けてきた。

 折り返し電話したけど出ない。仕事中だから仕方ない…と諦める。

 帰宅して、誰かに聞いてほしくてT嬢に電話した。

 ひとしきり状況を説明し終わると…T嬢はまず高らかに笑った!

「アハハ」よりは上品で「おほほ」よりは可愛くて「キャハハ」よりは大人っぽくて「うふふ」よりは豪快な笑い方。

 そして「やるねぇ~!弟!」

 もうね、それ聞いた瞬間、私も笑っちゃったわよ。

「あなたの気持ち よーくわかるわよ。でも そこまで言える弟はあっぱれね」

 一気に「あっぱれ君」となった弟。

 T嬢も私と同じ長女。お互いに典型的な「長女気質」

「気がつき過ぎるのって損よね。でも あっぱれ君には あなたは勝てないの。タイプAの あなたや私は『も~~どうして!』って怒れてくるけど、タイプBのあっぱれ君は『うるさいなぁ』としか思ってないの」

「だよねぇ~! 一生こうやっていくしかないんだねぇ」

「そうそう。でもね、あっぱれ君から戻ってこなくても、ちゃんと巡り巡ってくるから。そうでしょ?」

「うん、そう!」

 T嬢の最初の笑いから、私はずっと笑顔で怒っていた。

 お陰で ゆうべは怒りもほとんど消失してた。

 笑うってすごい力だ。

 さて、今日は また実家まで行き、S医院へ。とんぼ帰りで公文です。

 真夏の暑さを思えば楽ちん楽ちん…楽ちん…のはず…。

cloverclover行って来ましたcloverclover

 朝一で、癒しの友達からメールが来てた。

 昨日のT嬢・今朝の癒しメール、私は支えられてる。

 今日の母は素直で穏やかだった。

 S医院から帰宅し、持って行ったおかずを二人で食べた。

 母の嫌いな魚だけど「薬だと思って頑張って食べるね」と。いじらしくて可愛い。

 半身の半分で「もうお腹いっぱい…」だったけどね。

 裏庭の隅に生えてるミョウガをたくさん採ってあって『ゆうこ忘れずに持って行って』ってメモ書きが。(私はメモしてなくてもいいんだってば…笑)

 「行ってよかった」と帰りの車の中で思った。

 

 気分が良かったので、シャトレー○に寄り道して、生クリーム大福やバウムクーヘンやアイスクリームをいっぱい買ってしまった♪

 いやはや…気分が良いのは いい事なのか悪い事なのか…。

 でも嬉しい。

|

2011年9月 6日 (火)

嫌いになったもの

 最近気付いて 自分でもびっくりしている。

 私は ずっと蛇とか爬虫類とかを別段嫌だと思った事がなかった。

 そりゃ大蛇を首に巻けと言われたら嫌だけど、庭に蛇が居ても見てる分には平気だった。

 それどころか珍しいから、行動をじっと見ちゃったりしてた。(蛙を呑み込むのを長時間見てた事もある)

 子どもの頃は、棒を使えば蛇だってつかめた。噛みさえしなければ怖くなんてなかった。

 だから女性が蛇を見てきゃーきゃー言うのが不思議だった。

 それが…それが!!

 少し前の「ベランダのプランターの芋虫事件」で 自分の意外な反応を知ってしまったのです。

 あの時は最初は思ってもみない感触に飛び退いた。そこまでは仕方ない。誰だってそうでしょう。

 硬いと思ってたものが異様に柔らかかったんだから。

 でもそのあと、プラスチック片を使って触る時でさえ、私の顔は引きつり、恐る恐る、腰は引けて…だった。

 この頃、テレビで蛇が映っても 眉間にしわを寄せて思わずのけぞってしまう。

 この前は蛙の映像にまで!

 えええぇ~~子どもの頃 素手で触って蛙なんておもちゃにしてたのに…。

 蛇の抜け殻の映像も「うぇぇぇ~~~」だった。

 人間が蛇を嫌いなわけ…別に何か怖い事をされたわけじゃないのに、本能的に嫌がるわけ…長いのがダメだとか何とか…以前 読んだ記憶がある。

 それを読んだ時も「???」だったから、しっかり記憶に残って無いんだけど。

 なんでこの歳になって急に嫌になったんだろう? やっと人間らしくなったって事かな?

|

2011年9月 5日 (月)

バトンタッチ☆

 夫が世界陸上の番組を見てるので、私も見るともなく見る。

 ゆうべは、4×100メートルリレーを見て なんか泣きそうになってしまった。

 小学生の頃、リレーの練習では、バトンタッチが大きなポイントだった。

 トップアスリートのリレーのそれは 比べ物にはならないよね。

 第一走者がスタートして、あれよあれよと言う間に100メートル走っちゃう。

 …と、レーンの先のところどころになんかしゃがんでるじゃん。

 え? スタートの準備?

 あ!走り出した!! 

 リレーだったって事を思い出す。

 第二走者は、私が思う100メートル走のスタートダッシュのように飛び出す。

 そこにこれまた全力疾走のすごい形相の第一走者が追走してくる(ように見える)

 第二走者は後ろも見ずに走りながら、片腕を後ろに伸ばす。

 そこにバトンがしっかり渡される。

 すごいスピードの中で行われるこの動作。

 第二走者は、バトンを自分の手に渡してくれる第一走者を信じて、全速力で飛びだせるんだよね。

 そのバトンをしっかと握って、今度は第三走者に渡す為に、少しでも速いタイムで渡す為に 前だけを見て走って行く。

 すごい信頼関係が そこに横たわっている。

 4×100メートルって、一瞬の競技だ。

 スタートのピストルが鳴って、お、お、お…と思ってるうちに最終走者がゴールする。

 その僅かな時間の中で、あれだけのドラマを見せてくれる。

「バトンタッチって…なんか…」と口に出したら涙声になってしまい、それ以上 言葉にできなかった。

 まだ発病もしてなくて、普通の元気な学生だった頃でも 私は運動会のリレーには無縁だった。

 クラスで足の速い子達が出る種目だからね^^

 声をからして応援するのが 私のリレー競走だった。

 でも あんな風に4人で走れたら素敵だなぁって、昨日は初めて思った。

|

2011年9月 2日 (金)

こんなおやつ♪

 今日は一日中 家に居られる♪ ほんとに おうちが好き…。

 で、ちょっと早いけど、本日のおやつ。

 白玉団子~☆

 黒蜜ときな粉とゆで小豆を添えて。

 もちもちちゅるん。

Image280

 これね^^ 作るのとっても簡単なの。

 普通は白玉粉を練り練りするんだよね。

 でも…私のは、お手軽白玉団子。

 こんな風に棒状の白玉団子を輪切りにしてゆでるだけ!

Image281

 ゆでたてのアツアツも 普通の白玉団子とは別物としていける♪

 お餅みたいに とろ~んと伸びる。

 で、冷蔵庫で冷やすと、こしのあるもっちり白玉団子になる。

 どっちも捨てがたくて、茹であがった時点で「味見」と言って 半分くらい食べてしまう。

「ちゃんと白玉団子になってからも食べたいじゃん」と気付いて 冷蔵庫へ。

 バターや生クリームを使う洋菓子よりは、カロリーは低いであろうと、希望的観測。

 念のため、カロリーを計算してみたら…

 白玉団子(1本) 238㌔カロリー

 きな粉(砂糖入り)90㌔カロリー

 黒蜜 50㌔カロリー

 ゆで小豆 150㌔カロリー

 合計…528!!!??? うそーーーん

 焼き芋を180㌔カロリーだと思い込んでた時と同じくらいのミスだ…。

 それでも食べるよ! だってチョコレート断ちしてるんだもん!!(って、無意味な言い訳)

|

2011年9月 1日 (木)

差し伸べられる手

 電話がかかってきた。

「Tですけど…」

「あ~!M-ちゃん!」

 母の親友Dおばさんの娘M-ちゃん(私より4つ下)からの何十年ぶりかの電話。

「この前、おばさんから電話があったんだけど…なんだか いつものおばさんと様子が違ってたので、気になって。ゆうこちゃんの年賀状にも ちらっと書いてあったから、どうなのかなって思って…」って。

 今年の年賀状に 私は母の事もちょっと書いたらしい(記憶は曖昧)

 Dおばさんも 実は数年前から認知症が進行し、今は施設に入所している。

 そういう状況もあり、M-ちゃんには 色々 教えてほしいなと思ってたところだった。

 で「軽度アルツハイマーと診断されたこと」「デイサービスに行ってる事」などを話し「病気だから仕方がないと分かってるのに怒れちゃうの」と。

 するとM-ちゃんが「ゆうこちゃん、今が一番 辛い時かも」って。M姉ちゃんと同じ事を言う。

「うちの母も ゆうこちゃんとこのおばさんも しっかり者だったでしょう。だからギャップがどうしても受け入れられなくて。私も『どうしてそんな事するの!』って何度も怒ったもん」って。

「今はもう私の事も分からないし、ご飯も認識できないから食べさせないと食べない」って。

「そこまで来ちゃうと、かえって気持ちは楽になる」って。

 Dおばさんは、長男を病気で亡くしてるので、私が発病した時は、私の両親と同じくらいに心を痛めてくれた。

 入院する度に面会に来てくれて、退院後もよく家に来てくれて、お小遣いをたくさんくれて、泣いてくれて、母を励まし、私を励まし(その頃の私は 心が元気だったので、そんなに心配してくれる事に違和感があるくらいだった)て くれた人。

 若い頃のM-ちゃんは、妹気質の可愛い甘えん坊さんだった。

 でも久しぶりの電話は とっても大人になってて(そりゃそうだ、二人の子どもも居て もう40代後半なんだもんね)「ゆうこちゃん、私でできる事はするから言ってね」って。

 私のブログも知らないM-ちゃんからの突然の電話。

 ちゃんと神様が 誰かを使わしてくれるんだろうな。

 昨日はSちゃんが「ためしてガッテンで『マッサージで認知症改善』みてる?」ってメールをくれた。

 こうして気にかけてくれる人が居るって 本当にありがたい。

 新聞で「家族が認知症になると、世間から隠そうとして家族も引きこもったりする」って読んだ。

 一昔はそうだったかもしれないね。

 認知症を差別せず「皆で助け合っていこう」って時代に変わってきてるのも ありがたい事です。

 昨日は 役目を終えた弟から「これからは少しずつ僕にバトンタッチです」とメールが来た。

「バトンタッチするつもりは無いから。二人で助け合っていこうね」と返信した。

 まだまだ「介護」なんて呼べるレベルじゃない。

 目下のところは、私の「母」に対する想いが現状の母を認めたくなくて、でも病気だから仕方ないんだ認めて受け入れなきゃって葛藤が、しんどいだけなんだろうな。

 自己嫌悪に陥ったりもして、試行錯誤して、少しずつ学習して、周りの助けも借りて、母の最期の時間を優しい娘として過ごしたい。

 M-ちゃんのように「もう私の事もわからない」って時が来るかもしれないんだから、私だと認識して我儘をぶつけてくるのも 幸せな時間なのかもしれない。

 

 

|

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »