« たまる溜まる~♪ | トップページ | 第28節 サンフレッチェ広島 対 ヴィッセル神戸 »

2011年9月29日 (木)

言い訳

 ここんとこ秋晴れ。爽やかで気持ちいい。

 こんな日は 大きなものもお洗濯して、布団を干して、衣替えして………ネ!

 洗濯はするわよ。

 でも…布団は干せない。

 両足とも痛くて できるだけ じっと座っていたい。立ちあがる、片松葉で歩く、座る、かがむ…これらの動作が難しい。

 衣替えは、片松葉なので両手で持てないから、少量ずつしか移動できない。

 おまけに押入れの下段にある衣類箪笥に入れるのには、腰を落とさなければならず、それがとっても負担。

 洗濯を終えたものから、押入れの前に積んである…汗。

 これって…言い訳? うん、半分 そんな気もする(苦笑。

 足が痛く無いって どういう風だっただろう? 痛く無ければ、私は今 どれだけ家事をしてるだろう?

 ええ、ええ、元々 掃除機かけるのは好きじゃありませんでしたっ!

 脚が悪くない時でも 毎日かけてませんでした!(威張るとこじゃない…)

 でもさ…人工関節置換後、痛みがあまり無い時期があった。

 それでも医師の「なるべく杖をついてください」を律儀に守って、室内でも片松葉だった。それをステッキに替えたのは、私にしては英断だった。

 それで不便さが半減して、気持ちは随分楽になったなぁ。

 その後、骨折入院の時「人工関節置換後は、多くの人は杖無しで生活してる」事を知った。

 おそるおそる、私も試してみた。別に痛くないんだもんねぇ。ただただ「先生の言いつけを守ろう」だっただけだもん。

 もっと言えば、最初の骨切り回転術後、10年くらいは、寝る時はクッションを股に挟んでいた。

 寝返りうつ時は きちんと挟みなおしてた。そして右側(患肢側)は向かなかった。

 クッションをやめても脱臼しないって自信がついて、好きな方向を向いて眠れた時の気持ちよさ!

 ステッキ無しで掃除機をかけた時の軽快さ!

 …そんな時もあったじゃん。

 だから今は できなくてもいいよね。しなくてもいいよね…?

 布団干しは、夫にお願いしよう。

 それでもね…「窓の所まで運んで」って頼むくらいよ。

 だって夫の干し方だと 絶対に修正が必要だもん。

 すっごく機嫌(気分・体調じゃなく)が悪い時は 全部任せるけど、そうじゃなければ最低限のお願いだけして、自分でできそうな事は ちょっと無理してでもやる。

 ベランダに軸足(まだマシな方の足)で立ち、後は腰の力で体を回転させて手すりに布団をかける。それはもう勇ましい姿。時々、布団の端が地面をこするけど見ない!

 ね! やれる時は頑張ってたんだから、今は仕方ないよね?

 雑然とした室内を見てため息。

 …かと言って、もし今 両足とも何とも無くてもやったかどうかは 自分でもわかりませ~ん。

 股関節痛を免罪符にして怠けてるだけかも…。

 

 

|

« たまる溜まる~♪ | トップページ | 第28節 サンフレッチェ広島 対 ヴィッセル神戸 »

病気(SLE・骨頭壊死など)」カテゴリの記事