« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月31日 (月)

やっぱり今年も…

 スーパーに栗が並び始めてかなりたった。

 でも 私はまだ一度も購入していない!

 一度買えば、絶対にエンドレスになるに決まってるから。

 先日は いつも買う赤い袋の天津甘栗じゃない甘栗が安くて「どんな味か食べてみたいなァ」と一瞬思ったけど「いやいや、はまったら困るじゃん」と踏みとどまった。

 ところが、ゆうべのテレビでTOKIOのメンバーが丹波の栗を拾うのを見てしまった。

 栗ひろいには 苺狩りと同じくらい憧れがある私。(苺狩りは体験した)

 それで見入ってしまったんだけど…食べるシーンになったら「うわぁっ!食べたいっ!!」

 急激に「食べたい」気持ちが溢れて来た。

 テレビの画面を凝視し、手元にあの栗があるような錯覚をわざと起こして、はぐっと食べる真似。

 うぅ~~~どうしても食べたい!! 

「栗~食べた~い」と数分間 つぶやき続けました。

 そして今、昼の番組で またも焼き栗の映像。

 も~ダメだ! 食べない限り、この飢餓感は消えない。

 のらちゃんが送ってくれた栗じゃむをトーストに塗って食べたけど、かたまりの栗を食べたい!

 今から食料品を買いに行く! 

 天津甘栗もいいけど、大きな栗を買って、自慢の焼き芋鍋(980万円)で焼いてみるのはどうだろう?

 焼き芋の正しいカロリーを知ってからは、焼き芋も自重してるんだけど…あぁ、やっぱり秋は美味しい物がいっぱいよね。

 季節の美味しい物を幸せな気持ちで味わえるんならいいよね。

 そうそう、今年のロザリオは 値段とルックスが なかなか私の合格ラインに到達しなかった。

 半月ほど前にやっと買えたんだけど、酸っぱかった…。

 だから冷蔵庫にまだ少し残っている。傷まないのが不思議…何か仕掛けがあるんだよねぇ。

 今年はロザリオ1つで済むのかしら?

|

2011年10月29日 (土)

今日の「妖怪人間ベム」

 いいねぇ~~~亀梨君。

 杏ちゃんも セリフがとってもいい! アイシャドーをまゆ毛の下まで塗りつぶしてほしいな。

 福くんは、サンゲツのCMの新バージョンを見た。と~ってもいいじゃん♪ のびのびとやってるね。

 福くんがこんなに有名になる前から、私はサンゲツのあのCM好きだった。

「この子をもうちょっと見たいなぁ」って思ってた。

 だから幼稚園児が5人で冒険の旅(?)に出る特番を見た時「あ、この子、サンゲツの子じゃない?!」と思った。

 新サンゲツCMは、福くんの可愛らしさがいっぱいで嬉しい♪

 ドラマの方は…戦いの場面って、元祖のアニメもあんな風に悲しかったっけ? 全然記憶にない。

 今のはBGM効果もあるのか悲しいねぇ…。亀梨君だと思うから、余計に切ない。

 その直後に、福くんの笑顔が出てくると救われる。

 福くんを優しく見つめたり、ふっと微笑む亀梨君に また「いやぁ~~ん」となる。

 で~~~ 柄本明さん演じる「名前の無い男」 彼のコスチュームこそが、元祖ベムだよね! 

 ああ、この「うひひ感」を味わえるのは、50歳以上の人だけなんだろうか?


 私は どんどん亀梨君が好きになっております。

 今朝は四つ折りの紳士服の広告の中まで開いて 亀梨君を見ました♪

|

2011年10月28日 (金)

向き不向き

 歯医者さんの駐車場での今日の出来事。

 けっこうすいていて、ホッとしながら3つの空きスペースの真ん中に入れて微調整(運転席側の窓を全開にして目視で下がる)していると、次の人が入って来た。

 頭から入ってくるかと思ったら、入口を少し通り過ぎた。

 この駐車場は坂道の途中にある。その坂道を上がると もう一つよその駐車場がある。

「あ、上の駐車場の人か…」と思ったら、運転席の女性が窓を開けてこちらを見ている。

「私 邪魔かしらん?…ちゃんとスペースに入ってるし、両隣も空いてるよね…」でも なんだか自信が無い。

 すると! その女性、坂道をもう少し上に上がったかと思ったら、私の左側にお尻から入って来た!!

 す・す・素晴らしい!! そっか~~~そういう手があるのかーーー。

 私は出やすいようにお尻から入れて前向きで停めたい。でも駐車場にお尻から入るのは とても難しい事に思える。

 だからとりあえず頭から入って、中で何度も何度も切り返してお尻からとめる。

 この歯医者さんの駐車場は、一番左に入れると、出る時はすぐ左でUターンする事になる。これがまた難しい。

 以前、さんざん切り返した挙句、どうしても出られそうになくて、上の駐車場まで上がって、そこでちゃっかり向きを変えて下りて来た。

 それ以来、左端には停めない事にしている。

 歯医者さんへ着いた時は、まず駐車場の状況が気になる。

 なのに…なのに この人 何の迷いも無くシャーっと入れた。かっちょいいです!

 坂道でバックなんて神技! 

 それにつけても私のドン臭さよ…。

 免許をとってから、もう30年くらいになるのに、ちっとも運転技術は向上してない。私に運転は向いてないんだよ。

 ゴールド免許なのは、最低限しか走ってないから。

 ただ一度だけ速度違反して、取り締まりの車の中で泣きそうになりましたが…。

 リアル花桃を知ってる人は「花桃が速度違反って!?」って笑ったよ。

 市街地の片側一車線の道路(確か制限速度40キロだけど、誰もそんなのろく走らない見通しの良い直線道路)を…そうそう! あの時も、この歯医者に向かってたわ…59キロくらいで走ってただけなんだもん。

 あ~~ほんとに私は運転が苦手だ!

 股関節が悪くならなければ、今でも『免許も車も持ってるけど、バスと電車で行きます』だったよ。

 

|

2011年10月27日 (木)

こんなところにも…

 先日、地元のJR駅で新幹線指定席券を購入したら

「よく広島へ行かれますね」と窓口のお兄さんが。…そう言えば、前もこのお兄さんだった。

私「サッカー観戦に行くんです」

お兄さん「広島へ? あ、森崎兄弟ですか?」

私「いえ、私は佐藤寿人なんですけど」

お兄さん「あ~佐藤寿人ですか」

私「詳しいですね」

お兄さん「自分もサッカーやるんで。森崎好きなんです」

へぇ~~~~~!

私「森崎兄弟、いいですよね。最近 また調子上げてるし」

お兄さん「ほんとそうみたいですね!」とにっこり。

 ほんとに好きそう。

 カズと浩司は、私も好きだし応援してるから、こんなところにもファンが居て嬉しかった。

 去年、初めて車椅子で(それも一人で)広島へ行った時、帰りはこの駅で降りた。(行きはエレベーターのある隣の駅)

 その時、降車の介助をしてくれた駅員さんも「広島へサッカー観戦に行った」と話したら「僕もサッカーやってます。広島まで観戦なんて、いいですね~!」って言ったなぁ。(最近 見かけないぞ)

 近頃は、大きな荷物さえなければ介助無しで、車椅子を降りて自分で押して乗降させる。

 一般の人はおそらく『車椅子=歩行できない』と思ってるだろうから「え?歩けるんなら車椅子いらないでしょ」って思うよねぇ。

 自販機で高い位置のボタンは、立って押したり、側に誰かいたら「押していただけませんか?」と頼んでしまう。ごめんね…立てるのに。

 夫が同行の時は、夫がうまく前輪を上げて乗せてくれる。夫も上手くなりましたよ。

 初の単独車椅子の時は、各駅に連絡が行ってて、ドアの外にスロープ持った駅員さんが待っててくれた。

 乗車待ちの列のお客さん達を「下にー下にー」みたいに両側へ待機させて、私が前向きでしずしずと降ろされる。(角度によっては後ろ向き)

 ほんと申し訳ない…汗が出てくる。

 だからなるべく自分でやりたいのよね。

 新幹線も自分でウィリーして乗降できるって話を聞いた事があるけど、さすがにそれは私には…涙。

 来月の単独広島行きは、ボストンバッグとショルダーバッグを膝にのせてるから、やっぱりお願いしなきゃダメかな。(後ろに重い物をぶら下げると重心が後ろに行ってしまってこけそうになる)

 長い登り坂も荷物が無ければ勢いをつけて自力で上がるけど、荷物が重いと上がれない。

 この前経験したのは、長い下り坂も重い荷物をのせてると加速がすごい! 物理で習ったよねぇ。忘れてて、いきなり怖かったよ~。

 長い上り坂は、絶対周りに人がいるから 優しそうな人に「押していただけませんか?」って頼めば絶対に助けてもらえる。

 長い下り坂は、滑りとめ手袋して滑走する。

 でもたった数段でも階段だけはね…。以前 YちゃんとNちゃんには車椅子を抱えて上ってもらったな。(もちろん私は降りたよ。車椅子も軽量)

 なんといっても言葉の通じる日本国内、優しい人もいっぱいいる。なんとかなるでしょう!

 おばさん強し。

|

2011年10月26日 (水)

デートで満腹♪

 昨日はT嬢とデート♪

 4月の彼女の誕生日の頃にデートしようと言ってて、お互いの体調や予定のタイミングが合わず、秋になってやっと実現した。

 それまでの診察日には、顔を合わせて挨拶はしてるんだけどね。

 処方箋コーナーのお仕事をお昼過ぎに終えて○ステルへ駆けつけてくれた。

 さて…いくつかのランチメニューから二人が選んだのは(私色かなり強し)パスタ・ピザ・ケーキ・飲み物のセット。

 ここで私の我儘発動。

「ケーキを先にください」と店員さんに。

 だってね、パスタとピザを食べると かなりお腹が膨れるのよ。その時点で食べるケーキは、味わうよりも押し込む感じ。でもケーキは絶対に残したくない。

 「美味しい~~~~! 幸せ~~~!!」とも感じられずにカロリーだけが増えるのは避けたい。同じカロリーを摂るのなら 美味しく幸せにいただきたいじゃない。

 で、普通の順序を待つT嬢の前に、ピザと私のケーキが届いた^^

Image311

 1時過ぎて空腹感も絶頂の私は、ケーキにむしゃぶりつく。

 ケーキって普通はフォークでちょっとずつ崩しながら にこにこと味わうものよね。

 でも私は、フォークでガホッガホッと削って口に運ぶ。美味しいっ!!

 「早いね」とT嬢がいたずらっぽい顔で笑う。

 あっと言う間にケーキはお腹の中へ。 

 そして甘い口直しにピザをつまむ。

 パスタが届いた頃には、もうかなり満腹。

 T嬢の頼んだパスタともうやっこしながら2種類を味わう。

 そして躊躇なく残す!(3口くらい) ケーキだったら口から溢れそうになっても押し込むのよね。

 ケーキを先に頼んでよかった~~~^^

 飲み物は、特製アイスティとホットコーヒーだけは チェンジもおかわりも自由。

 私は酸っぱいコーヒーがあまり好きじゃない。ここのコーヒーはそれが無くて美味しい。

 特製アイスティもアールグレーのような風味があって大好き。

 だから両方を楽しんだ。

 ピザは、店員さんが「おかわりいかがですか?」と席に来てくれる。

「もうけっこうです」と最初は言った。もう入らないよ。

 でも…「焼き立てと交換しましょうか?」と言われた瞬間に「お願いします」

 そして二人で「やっぱり熱々は美味しいね~」 もう入らないはずだったのに、ちゃんと入る場所があったんだ。

Image313   

 T嬢のケーキが運ばれた来た時には、もう私は満腹度120%。

「あげようか?」のお誘いも キッパリお断りいたしました(キリッ!)

 最後にコーヒーをもう一杯いただく予定だったけど、おしゃべりしてるうちに お腹の中でピザが膨らみ もう飲めそうになかった。ちょっと心残り。

 濃い~話から、軽い話まで、充実の3時間半を過ごしました。

 T嬢から薔薇の香りのプレゼント♪ しゃーわせーー☆

|

2011年10月24日 (月)

懐かしい「妖怪人間」

 楽しみにしていた「妖怪人間」の実写版ドラマ。

 オープニングも昔のアニメそのまんまを実写にしてた!

「うあぁ~~~そうそう! 次は こうだったはず…そうそう!」

 テレビのワイドショーのゲストコメンテーターのどなたかが「昔はあのオープニングアニメが怖かった」って言ってた。

 そうだったなぁ…おどろおどろしかった。

 歌も昔の曲を今風にアレンジしてある。新ベム・ベラ・ベロが歌ってて元祖より軽くてポップな感じ。昔のは確か男性コーラスだったと思う。

 この違い分かるのは50歳以上かなぁ。

 今の若い人は「妖怪人間」って もっと違うイメージを抱くんじゃないかな?

 配役は、私のイメージは…

spadeベム→椎名桔平(アニメはスキンヘッドみたいだったし、30歳以上に見えた)

spadeベラ→五輪真弓(!…役者じゃないけど、ほんとあのまんま)

spadeベロ→加藤清史郎(目がつりあがってて面白可愛い)

 でもね、亀梨君は近頃 とっても好きなの^^  そして鈴木福クンも文句なしに可愛いし、杏さんも特に問題無いし…って事で 私の中では合格☆

 そしていざドラマを見たら…けっこう切ないのね。

 うん…そう言えば元祖も「早く人間になりたい」妖怪が 人間の迫害を避ける為に身を隠して、それでも人間を助ける話だったわ。

 毎回毎回、大変な思いをして助けるのに、最終的に報われない一話完結だったと記憶してる。

 でも子どもだった私は マイノリティとか差別とか、あまりよくわかってなかったのよね。

 今の子どもは、私達がそれくらいだった時よりも そういう部分ではおマセさんかもしれない。情報も多いしね。

 色気と憂いを含んだ亀梨君は やっぱりいい!!

 杏さんも ちょっとハスッパ(って死語?)なしゃべり方で頑張ってる。

 福クンは癒しだね。

 ともすれば重く暗くなりそうなところに ぽっと明りを灯してくれる。

 ベロの服装は、元祖は体にぴったり張り付いてたよね。ゴーグルは覚えて無いなぁ。

 でもあのだっぽり服は 福クンの可愛らしさを引き立てていいわ^^

 元祖ベムはジャケットの下に白いアスコットタイみたいなのしてたはず。

 そこは現代風 亀梨君でロングマフラーに長い銀髪ね。

 アクションシーンがかっちょよかったーーーーー!寂しげな瞳も素敵。ますます亀梨君好きになった。

 青春アミーゴだったかがヒットしてた頃は「あらまぁ…ジャニーズも こんな安っぽいホストみたいな子を出すようになったのか…」ってガッカリだったのに、ジャニーさんは やっぱり見る目があるね。

 「Going」のレギュラーになってからは、誠実さや真面目さが際立ち、顔つきも品が出てきた。

 私は若くて魅力的な男性芸能人の「好き」の表現として「彼になら騙されてもいい」とよく言う。

 でも亀梨君は騙さないと思う。

 何か見返りを期待できたとしても「ごめんなさい。僕は、貴女を愛せません」と最初から言いそう。

 …出た出た! 妄想癖(大笑)


 そんなこんなで、ストーリーよりも亀梨君・福クン見たさに、このドラマは毎週のお楽しみになりそう♪

 

|

2011年10月23日 (日)

第30節 サンフレッチェ広島 対 柏レイソル

10月22日(土)

【広島 対 柏】ビッグアーチ(行って来た!)

 soccer1-3 広島勝てず

 soccerゴール…チュン君

 ゆうべのうちに雨が降り切ってくれるといいな…と思ってた。

 目覚めるとやんでる! おぉ私ってすごい。

 ホテルに隣接したカフェで朝食。これがいつも楽しみ。

Image306

 でも天気予報は昼ごろ降るそうな。

Image308

 ↑初めて見たサンフレッチェ電車。これを撮った直後に土砂降りに。(広島駅付近限定だったらしい)

 スタジアムに着いたらやんでるし、降った様子も無い。広島ひろし!

 広場でみんなと再会。

 興奮で声が大きくなってしまうのゴメンナサイ。

 きたんちゃん(昨日に引き続き)ちよねえ・みきちゃん&みきちゃんママ・まみちゃん・きたんちゃんのお友達。さなえちゃんは遅れて来るって。

 試合前の選手アップが始まる前には解散。それぞれ違うエリアでの観戦なのよ。

 今回も車椅子席を頼むのが遅くてアウェイ側。

 試合開始時には とうとう雨が降り出した。

 やっとサンフレッチェポンチョ(高い方)の出番♪

 でもね、車椅子ごとすっぽり覆えるのは、300円の透明ポンチョなんだ。

 けど、ここはやっぱり紫ポンチョでしょう!

 ところが! この紫ポンチョ、着てると必ず脱ぐはめになる。これを着てじょぼじょぼに濡れた事が無い。

 この日も途中から晴れて来て脱いだ。

 そうか…今度から降りそうな時は 早めに着よう!

 チュン君のゴールシーンは…私 寿人だと思ってたのよ。

 ホーム側のゴールだったから、遠くて余計に見えにくかったけど…。

 寿人が蹴ったのがスポーンとゴールに吸い込まれた(ように見えた)

「やったーーーーーーーっ!」 寿人のゴールは「やったー!」が大きいの。

「あ~やっぱり私が力んでない時にゴールするなぁ」などと思いながら、ちょっと泣けそうになったりして、カメラをかまえて寿人を撮る。

 裸眼なのでゴールの近くで万歳してる黄色いキャプテンマークをつけた人を寿人だと信じて撮る。

 万歳はしてるけど、誰も祝福に集まって来ないな…いつもの寿人ならスタンドに走って行って煽るのにな…。

 するとスタジアムDJが「今のゴールは、李ー李ーーー李ーーー!」と。

「え?寿人じゃ無かったの?!」

「そうだよ」と夫。

 私 一体何を見てたの? 切実な願いが見せた幻? きつねにつままれたみたい。

 後で老眼鏡で液晶画面を確認したら、確かに万歳してるのは寿人でしたが…。

 テレビでは、メインスタンドの方へ弓矢パフォもし、砂かぶり席の前で大の字に寝るチュン君の姿が。

 う~~寿人を撮るのに必死で、それすら見逃したよ。

 その後、ムジリが準備。ドキドキドキ…。

 交代の背番号を書いた札がよく見えないの。

「11のような気がする…」と私。

「まだ20分以上も残ってるから、それは無いでしょ」と夫。

 ああ!無情にも寿人だった…。

 その瞬間も泣けそうだった。 なんか力が抜けちゃう感じ。

 ベンチに座った寿人の後ろ姿…どんな気持ちでいるんだろう。

 そして柏の猛攻。

 途中から入った北嶋選手の2ゴール。

 私の座ったアウェイ側は、柏のファン・サポーターさんが多い。

 そりゃもうすごい歓喜よ。

 後半残りわずかになった頃、もう周りの紫の観客が帰り始めた。

 試合終了。

 大盛り上がりの柏サポーター。ゴール裏も、私の周りの黄色い人達も♪お前がやらなきゃ誰がやる 北嶋~♪ って大歓声。

 ユニフォームを脱いで(サポーターさんにプレゼント)ゴール裏に駆け寄る北嶋選手。

 そんな喜びの真ん中で、ピッチの向こう側を挨拶に歩く広島の選手達を見た。

 夫も名古屋優勝の為には、ここで柏から勝ち点3を奪っておいて欲しかったから残念そう。

 はぁ・・・・・・・・・・・・。

 チュン君のゴールに続いて、寿人が1点決めていたら、また違う流れになっていたかもしれない。

 どんより気分でエレベーターで下りると、みんなが待っててくれた。

 さなえちゃんと のりちゃんも合流。

 

 そして嬉しい嬉しい出来事。

 広島へ来たら、寿人よりも会いたい小さな人に逢えた!

 もうそれで、寿人ノーゴールの悲しみが帳消しになった。

「来月も来ます!」

 Image310

 新幹線発車まで駅ビルで夕飯。

 とっても綺麗な夕方の景色。

 さよなら、広島。ありがとう。

      Image305  

 ↑ゆうべ食べた穴子寿司。

 そして前日練習後のファンサービス中の寿人↓

Img_9238

 こんな笑顔、私には向けてくれないんだけどね…涙。

|

2011年10月22日 (土)

IN 広島

昨日から広島に来ています。
金曜の前日練習から見る為に 広島にお昼に着くよう新幹線指定席もホテルもとり、あとは体調を整えて、この日を待ってた。
ところが!木曜の夕方に『前日練習は午前中』と知った!
大慌てで計画変更。
 車椅子は普通の外出よりひと手間余計にかかるのよね…。
昨日は早朝に家を出て、指定席も三人掛しかとれず、バタバタの出発。
お陰で腕時計と結婚指輪を忘れた!
広島のちよねえが教えてくれなければ、2時少し前にスタジアムに着き「選手ちっとも来ないなぁ。見学者も居ないし…変だな」と お間抜けな事態になるとこでした。
 広島駅からタクシーでビッグアーチに向かってる途中で ちえちゃんからも『ゆうさん、今日の練習10時半からだよ!』とメール。
木曜日に知らずに居たら新幹線の中で受信して地だんだ踏むとこでした。
スタジアムでは、早速きたんちゃんと再会。名古屋でみきちゃんに紹介されたNさんも一緒。
こうして縁が繋がっていくんだね。また名前を聞いた私を許して…。3度目には ちゃんと「Nさんこんにちは」と言えますように。
まほちゃんにも再会して、ずっと車椅子席で付き合ってくれた。
練習は軽く。写真撮ったけど、裸眼ではピッチの選手の判別がつかない。
 寿人だと思って撮ってたらコウヘイだったり。
 老眼鏡をかけてズームでピントを合わせ、カメラの液晶画面を見て誰だか確認する。
そのまま顔を上げると、隣にいるきたんちゃん達がぼやける。…あぁ、老眼の悲しさ。

おまけに、左側の焦点が合わないから、後ろに居る夫を見ようとすると、体を捩曲げてしかめ面(焦点を合わせようと目を細める)になる。
 最後にシュート練習するかと期待してたのに 寿人は さっさと引き上げた。珍しい…。
 そして、去年のホーム最終戦以来の出待ち。
あの時よりは人が少ない。
私は至近距離で私服の寿人を撮影できれば満足なの。名古屋土産を渡せたら そこで一瞬コンタクトできるし。
そしたら夫がレプユニにサインを貰うって。
え〜いいよ〜。できればサインより2ショット写真撮りたい…。
すると皆が「サインも撮影もできるって」と。
一人で そんな長時間 選手を拘束しちゃダメでしょ…こういう時 私は超弱気。 でも皆に勇気をもらい、レプユニとマジックペンとカメラとお土産をスタンバイ。
いよいよ寿人が出て来て端っこから対応してる。このまま順番にいけば 自然に私の前にも来てくれるはず。
車椅子の事でお世話になったフロントのMさんも「名古屋から来たんです」と寿人に耳打ちしてくれたし、これはサインも写真もお願いしても良いって事よね。
と都合良く解釈。私の後に待ってる人も さほど多くないし。
レプユニにサインを貰う機会は今までにも数回あったのに遠慮してた。
やっと!貰えた。皆のお陰。
2ショット写真は 撮影をまほちゃんに頼んだ。夫は失敗の前科があるからね。
寿人は車椅子の私に合わせて少し屈んでくれた。『直立の寿人の下の方に私』の図も覚悟してたから嬉しかった。さすが気配りのできる寿人。
 最後のチュン君を見送った頃 雨がぱらつき始めた。
すぐに本格的な雨に。
 ファンサービス中に降らなくて本当によかった。寿人を雨に濡れさせるわけにいかないし、ビニールポンチョに覆われた私の写真も嫌だしね。
さて一夜明けて 今は雨はやんでる。
試合中はサンフレッチェ紫ポンチョをすっぽりかぶって じっと座ってればいいけど 移動中は降らないでほしい。
そして寿人ゴールで広島勝利が見られますように。

|

2011年10月20日 (木)

同じ嗜好の人☆

 昨日、スーパーの豆腐売り場を見ていると、すぐ後ろに人の気配。

「あ、私邪魔かな」と思って、ちょっとずれた。

 でも またさっきと同じ距離感が続く。

 そして

「…あの、すみません」と声をかけられた。私よりちょっと年上な感じの女性。

 何か頼まれるのか? やっぱり私 何かいけない事を気づかずにしてるのか?

 その女性は「それって手作りですか?」

 え? ああ! と気付く。

 昨日、この秋 初めての小花モチーフネックレスを付けてた。

 ニットチェニックの襟ぐりの裏側から安全ピンで数か所留めて。

Image301

「はい」と笑顔で答える。

「素敵ですね~! どうやって編んであるのかしら…」と興味深げ。

「どうぞどうぞ見てください」と私。

 彼女はもう一歩近づいて

「あ~中心を編んでから、花弁を編んでいくんですね。あ、ここは2段なんですね」と。

「ええ、最初キットを買って、後は自分でアレンジなんです。編み図を差し上げたいくらいです」(欲しいと言われたら連絡先を聞いて本当にあげたい)

「キットがあるんですね」と しげしげと見て

「長編みと鎖編みで花弁にしていけばいいんですね」

 うん、よくわかってらっしゃる。

 私も以前、我流で花のモチーフは編んだ事あるので、きっとそれらしい物はできるでしょう。

「私も残り毛糸で編んでみるわ。ほんと素敵。このセーターの色にもぴったり」

「ありがとうございます~」


 小花モチーフマフラーをプレゼントした友達からも時々「素敵ね」「手編みですか?」と声をかけられたと連絡がある。

 ああいうのを好きな人って「私も編んでみようかな」って思うんだろうね。そして声をかけずにいられない人が多いのかも(笑

 そう言えば、昨日はスーパーの入り口でも 私をじっと見てる女性がいた。

 最初は「どこかで会った人かな?」と私も考えた。

 でも思い当たらないし、その人もすぐに目を逸らしたので、人違いだったのかな?と。

 もしかしたら~~その人も 小花モチーフが気になったのかも!

 ちなみに「編もうか?」と私が言ったら「私は使えないからいいわ」と 丁寧に断った友達が3人います(笑

 ほんとアレは好みが分かれるところ。

|

2011年10月19日 (水)

喜びの再会♪

 一昨年だったか、その前だったか…画像付きで『ミスターイトウのアメリカンソフトクッキー』の事を書いた。

 先月半ば、戸棚(別名『お菓子の別館』)の奥に居た『ミスターイトウのアメリカンソフトクッキー』を発見した!

 あ!まだ残ってたんだ!! 念のため、賞味期限を見ると…2011.2.10

 いい! たとえお腹を壊してもいいの! 私は食べるわよ!

 多少、食感は落ちてる気がするものの「やっぱり美味しいなぁ~♪」

 きっと次のを買うまでは食べないつもりでお菓子の別館にしまってあったんだね。そう、いつも備蓄されてないとダメだからね。

 そして最後のアメリカンソフトクッキーを食べ終わったので「次のを買わなきゃ!」と。

 ところが売ってないのよ。

 私が利用する3つのスーパーに行く度に見たけど売ってない。

「もしかしてもう製造してないのかな?」

「お店に『仕入れてください』って頼もうかな」

「会社宛に『送ってください』って頼もうかな」(そういう事もあろうかと袋をとってある)

 …まさか、もう会社が無いなんて事は…。

 と考えていたら…

 昨日、あったーーーーーーーーーっ!!

 この前は無かった○フコのお菓子の棚の端っこの『新製品お買い得』のコーナーに 懐かしいあの袋があったーーーーーーーっ!!

 おまけに、去年までは無かったチョコレートも!!

Image305

 この金色の袋の何とも美味しそうな事よ♪

 そりゃもう迷う事なく2つ買いましたよ。

 夜、夫に報告すると

「買い占めて来た?」

 そうだった!! そういう手段もあったんだった!! 

 でもね…かさばるから、お菓子の別館がいっぱいになっちゃうしなぁ…。

 ここはやっぱり「食べたら次の分」でいきましょう。

 さて、このカロリーなんだけど、たしか以前は90とか98カロリーとかだったように思うんだけど、88と89カロリーでした。

 小さくなったのかな?

 2008年、激太りでレコーディングダイエットを開始した時、この1枚を両手で持ってリスのように、ちまちまちまちま食べたっけ。

 今年は平気で4枚一度に食べちゃってるわ…。

 それと…メイプルなんとか(くるみも入ってたような…)も好きだったんだ。それは今年は無いのかな?

 …入院で減った(それでも過去のベストよりは3キロ多い)体重も じわじわと増え、先月からの一ヶ月で急増。完全に戻ってしまった(汗

 また『リス喰い』に戻らねば……言ってみただけ。

|

2011年10月18日 (火)

憧れる~~~♪

 去年、同じ部屋で入院生活を送った「病気友達」のYさんが 銅版画の個展を開いたので、行って来た。

 受け付けにみえたご主人は 車椅子の私を目ざとく見つけてくださった。

 こういう時 車椅子って目印になる^^

 ご主人とは、入院中は挨拶程度で、ほとんど顔は合わせてないのよね。

 私は申し訳ないけど、わからなかった…。

 カーテン越しの声だけは、はっきりと記憶してるんだよ。

 久しぶりにお会いするYさんは、うぐいす色の透ける長袖Tシャツに ちょっと濃いうぐいす色のベストを重ね、同系色のアジアンテイストの首飾り。タフタみたいな生地の黒いロングスカート。(あ~こっちも写真撮っておけばよかった~)

 うあぁ~~~素敵~~~~!! いかにも芸術家って感じ。

 ちょうど人が途切れて、作品の説明を聞きながらいくつかを見た。

「これ どうやって作るんですか?」 あのねぇ…まったくもう素人はコレだから・・・汗。

 CDジャケットを自分で創ったのも展示されてる。

 紙版画だって。

 次に銅版画。

 去年、私がいただいたのもあった。

「気に入ったのがあったら、また刷りますよ」 うぴっ♪

 仏像をモチーフにしたいくつかの作品で 小さいのに妙に心惹かれる一つがあった。

「これ すごくいいですね」

「私 一番好きなのよ」  ひゃぁ~~~!

 水彩画を遠くから、近くから眺める。

 こんな風に描けたらなぁ。

 これを小さくして部屋に飾りたいわ。

 油絵も大きな作品がある。

 これ売れるんじゃない?

 同好会や油絵サークルの作品展は 時々見るけど「上手な素人」って感じのも多い。

 でもYさんのはプロに見えちゃう。

 私は、中学の時、美術の先生に油絵を描く事を勧められて、道具一式を両親に買ってもらった。

 で、夏休みに1枚描いて…それっきり。

 今でも描いてみたい…ちゃんと習ってみたい…気持ちはある。

 でもね、油絵って出しっぱなしにしておける部屋が無いとねぇ…。アトリエってやつよ。

 これ以上、我が家に何かを出しっぱなしにしたら、物置きにしか見えなくなる。

 それにね、こんな立派な作品見ちゃうと 私がちょっと習ったくらいじゃ「素人の手習い」だよね~と やる前から思ってしまう。

 Yさんは、マリンバも習ってて、顔がひろい。私が見てるうちにも どんどんお友達がやってきた。

 オッシャレ~な女性。

 絵を見ながら、こっそりのその人のファッションまで見ちゃったわよ。

 あ~~ほんと とにかく素敵なの!

 Yさんは別れ際に「お互い 病気は頑張りましょうね!」と 両手を握ってくれました。



 さて、そんな素敵なYさんの個展のお祝いだから、私もお花には 力を入れました。

 まず大事にとってあった留め金付きのバスケットを引っ張り出す。そしてベランダのアイビーを数本切り取って いつもの花屋さんへ。

 いつもの店員さんが居なくて ちょっぴり不安だったけど、若くて可愛い店員さんに 

「これと これを使ってアレンジお願いします」と。

 花も自分で選んだ。 後はお任せ。

 最後は店員さんが「シックな色のリボンをつけましょうか?」

 そ~~~! 実は私もそう思ってたのよ。ほんとはリボンも持って行こうかと思ってたくらい。でも店で花を見ないと リボンの色が決められないから。

 こうしてできたのがコレ!

 Image328  
 携帯で撮ったから、画像はイマイチだけど、素敵なのは分かるでしょ?

 箱からお花がこぼれ出す感じ。

 蓋を支えるプラスチックの棒も持って行ったんだ^^

 別の角度から見るとこう↓

Image330

 宝石箱みたいでしょ~~~!

 私が欲しいわ。

|

2011年10月17日 (月)

しみついた名古屋弁

 午前中は、朗読教室。

 今まで、いくつかの作品を朗読してきたけど、この頃「朗読するなら、こういうのが好き」ってのが決まって来た感じ。

 宮沢賢治や新美南吉の面白さも知った。

 でも私の声質や読み方が一番しっくりくるのは時代物。

 重々しく読むのが好き。

 リアル花桃を知ってる人は「え?」って思うかもね。


 今日の教材はエッセー。

 こういうのは、内容が面白くても朗読するのは あまり楽しくない。

 よって先月、渡された原稿で読む練習もお座なり。

 自分の好きな教材の時は しっかり読みこむの。

 でもね、しっかり読みこんで行っても、おざなり練習で行っても、アクセントチェックには かならず引っかかるのよ~~~(苦笑)

 体にしみついた名古屋弁は直すの難しい…とほほ。

 朗読を始めた当初、注意されたのは「居る」

 私の生活圏ではこれを「る」(色文字にアクセント)と発音するけど、正しくは「い

「犬がる」じゃなくて「犬がい

 これは すんなり直せた。

 人が読んでるのを聞いてて「あれ?これ違うよね」と思う事も増えて来た。

 ただ「違うよね」というのは「私が違うかも」なのです。

 気にし出すと、どんどん自信が無くなる。

 「こごろ」なのか「このごろ(平板)」なのか。

 「線が引れて」なのか「線が引かれて(平板)」なのか。

 「やって来るひとを(平板)」と意識して読んだら「やって来るひを」だったり…。

 「照らしてみる」「照してみる」 も~~どんどん分からなくなる。

 アクセント辞典も持ってるんだけどなぁ。(持ってるだけじゃ覚えられないか)



 これを読んだ『花桃と同一地域在住』の人達は間違ってる方でも違和感無く聞ける(はず)

 あと10年やっても きっと同じようなところで躓いてると思うわ。

 テレビの街頭インタビューなんかで、オシャレな女性が「あたたかい」なんて言うと あ~名古屋の人だ~って思うのよ。…残念~って。

 私が地元の友達と話す時は「あたたかい」って普通なのにね。

 可愛らしい方言ってあるけど、名古屋弁は やっぱり女の子向きでは無さそう。

 昔、長野の従兄弟の子ども(5歳くらい) 私が話してるのを聞いてて

「お姉ちゃん なんで怒ってるだ?」って不思議そうに言った。

「○○なんだわ」とか「○○だがね」って きつく聞こえるらしい。

|

2011年10月16日 (日)

雨の観戦

 瑞穂陸上競技場での名古屋対G大阪戦。

 天気予報をうのみにして、だんだん晴れてくると信じ込んでいた。

 だからビッグアーチで取り急ぎ購入した300円のポンチョと、以前百均で買ったビニールレインコートだけ持って出発。

 そしたらね…走ってる途中で降り出した。

 予約しておいた身障者駐車場は、残念ながら道路の向こう側。

 私をスタジアム入り口近くに降ろして、夫だけ駐車場へ。

 受け付け前で待ちながら はっと思いつき「グラン巻きを買ってきてください」とメールしたけど、案の定 かないませんでした…。

 百均のビニールレインコートの前をはだけでドクターコートをなびかせるみたいにして到着した夫…それじゃレインコートの役目果たしてないって。

 試合が始まったら雨がどんどん強くなる。

 車椅子席の人達は傘を開いて膝に乗せてる。(誰にも迷惑じゃない)

 あ~~~私 全然 準備してないのよ。

 ビニールレインコートの夫は もう膝がびしょぬれ。

 売店を見に行った夫は「レインコートは売り切れだった」って。

 私のサンフレッチェ(安いほうの)レインポンチョは優れもの! 車椅子ごとすっぽり覆われてる。

 ただね、どんな雨具でも車椅子を覆って自走するのは難しいの。

 タイヤが巻き込んでしまうから。

 広島の試合は3時キックオフ。

 携帯サイトも見たいから 名古屋の試合中に「トイレ行って、ついでに裏をぶらぶらしてくるわ」と言い残し、ポンチョを夫の膝にかけて私は裏へ待避。

 広島前半終了で0-0

 ざざ~っと詳細を見る。

 う~ん、寿人~。

 スタジアムの中にはグラン巻きは売ってない。広場へ降りるには、ポンチョを脱いで来てしまった。

 スタッフの方に頼んでエレベーターに乗せてもらって上の階へ。そこでグランパスレインコートを購入。

 夫は上の売店まで気付かなかったらしい。

 車椅子は普通 視野はとっても低い所に限られてる。子ども目線と同じ高さ。

 それでも「売店はここだけじゃないはず」と思いついて 売り子さんに聞き、スタッフさんにエレベーターに乗せてもらった。

 あ~私って ほんと使える妻☆自画自賛。

 
 そして広島の試合終了。

 ムジリの得点で追いついた。

 ん~~~~~寿人~~~~!

 この瞬間「寿人 なんでゴールできないのよ!」って怒れちゃうんだよ。

 でも詳細を見てすぐに「寿人 頑張ったじゃん^^」って思うんだけどね。

 名古屋が後半始まった頃には雨もあがった。

Image307

 やっと私も試合を見る。それまでは、すぐ下の水たまりばかり見てた。

 名古屋快勝。

 今日、広島の試合の録画を見た。

 寿人 髪を切ったんだ^^

 ちょっと長めのくりんくりんの黄色っぽい髪、ビジュアル的には 私は好きなんだ。

 寿人をよりチャーミングに見せてる。

 でも…プロスポーツ選手としては、チャラ過ぎる。

 だから久しぶりの短い髪を見て「ん~~前に戻っちゃったなぁ。せっかくおっしゃれーになってたのに…」と思いつつも「これが寿人の決意の表明なんだ!」って誇らしくも思う。

 ばか親でしょ~~~。

 浩司のシュートも、寿人・チュン君・洋次郎のパス回しも、いい所はいっぱいあった。

 中澤が寿人へのパスをカットする度に

「こぉらぁ~中澤~!寿人の邪魔すんなーーー」(目玉おやじの声で) でも中澤選手 好きなんですよ。

 そしてムジリありがとう~~~~~!!

 ミキッチは どんどんたくましくなってくよ~~~~!!


 夫は、やっぱり名古屋に優勝してほしいらしい。

「来週は、広島が柏に勝ってもらわないと!」って力んでます。

 私とは目的が違うけど、とにかく広島には勝ってもらいましょう!

 寿人の8年連続二桁ゴールも達成してもらいましょう☆

|

2011年10月14日 (金)

ちょっと安心

 整形外科の診察日。

 9月21日の階段踏み外し事件から3週間が過ぎた。

 あの夜の右足の激痛と変な感じは、薄紙をはぐように回復している。…って事は、人工関節や骨折縫合プレーとには異常は無かったって思っていいよね。

 それでも まだ21日直前の状態には戻ってなくて「これが私の普通」のレベルがまたワンランク下がってる気がする。

 そしてそれよりも何よりも 左股関節の痛みが進行してた!

 右股関節・右太ももに気を取られてたし、右を庇ってたから、左股関節には、それまで以上の負担をかけてたはず。

 気付けば左足を組めなくなってた。(右は脱臼を恐れて絶対に組まない)

 布団の中で真っすぐ寝てても痛い時があるし、室内でも片松葉が手放せない。

「先生が『まだもったいない』と言っても、私が『左も人工関節にしてください!』って言えば 手術してもらえるよね。もう そう言おうかしらん」と思い始めてた。

 でも いざ診察日が来ると やっぱり手術は嫌だなぁ…と。

 階段を踏み外して、右がおかしくなった事も もう言わないでおこうかしらんとまで思った。

 でも そこは真面目な患者なので、ちゃんと報告した。

 案の定「レントゲン撮りましょう」

 K市民病院は、こういう時 とってもスムーズ。

 母を連れて行った某市民病院は『次の検査の予約をしていってください』から始まったからなぁ。(頭のMRIだったせいもあるかも)

 慣れた『正面(両つま先の親指をくっつける)』と『ラウエン』今日は左右1枚ずつ。

 すぐにT先生のPCに送られて、診察もその日のうちに受けられる。

 で、画像を見たT先生

「よかったねぇ~ 大丈夫で」

 え? そうなんですか…。

「左も変形はさほど進んでないし」

 でも痛みは増加してるんだけどなぁ。

「転倒したら右は間違いなく骨折だからね。この骨 もうぺらぺらに薄いでしょう。骨折の仕方によっては、足の切断になるよ」

「ひぃ~~~~! そうなんですか~~~!」

 この前の骨折で長いプレートが入ってるから、今度折れるとしたら、そのプレートの無いところ…膝か。

「あと1回くらいは手術できるけど、難しいからねぇ」

 怖いよ~~~~~!

 結局「手術してください!」は言わなかった。

 先生が「今服用してる薬(骨を造る)を続ければ また戻ると思うから」

 手術したくない(恐いから)思いが強くなってたので、先生のこの言葉が神の声に聞こえた。

 悪い病気を心配してて「問題無いですよ」と言われるのとは違うんだよね…。

 手放しで喜べない。

 執行猶予期間が延長されただけかな。

 W先生の「大丈夫。問題無い」は 絶対的な威力なんだけど、T先生とは、まだお付き合いが浅いし、病気が違うからなぁ…。

 これからは よりいっそう『転倒』に注意しなくちゃ。

|

2011年10月13日 (木)

女子会のつもりだったけど…汗

 高校時代の仲良しグループ5人が全員集合したのは もう4年前が最後。

 バラバラでは時折逢ってるんだけどね。

 最近 Nの長女が結婚して、写メを送ってくれたのをきっかけに「久しぶりに5人で集まろう」となった。

 仕事と介護をしてるY子だけが「ギリギリにならないと行けるかどうかわからない」と。

 ちなみに クラス会への出席表明をぎりぎりまで待ってもらえる私の特別待遇の事を Oちゃんが『ドタ決』と名付けました。

 結局、今回はY子はダメで4人だけの夜の集会となりました。


 それぞれが好きな物を頼む。

「私 これ食べたい」

「いいね」

「二つ頼む?」

「一つにしといて美味しかったら また頼もうよ。いろんな種類食べたいし」

 主婦だねぇ~。

Image301_2

 私が運転して行ける所ってのが条件なので、私が店を決めた。

 クーポン券も持って行った。

「きっと ゆうが何か持ってくるだろうなとは思ってたけど、一応私も検索して割引券プリントしてきた」とSやん。

 主婦でしょ~~~^^

 さんざん食べて さあデザート行きますか!

 テーブルの空いたお皿を さささっと片づける。

 さあ、デザートいつでも来い!

Image302_2 

 するとNが「もう少しお腹にたまるもの食べたい」と茶そばを注文する事にした。

「2つ頼む?」

「もういいわ~お腹いっぱい」と私達3人。

 でも運ばれてきた茶そばには そば猪口が4つ。気が利くね~♪

Image303

「一口だけ貰うわ」

「3人が一口ずつ食べたら、Nの分も一口しか残らないよ」

「じゃあ、一人3本ずつ」

 こういう事してる時は、女子高生時代となんら変わりないんだよね。

 でも話題は 孫の話(すでに2人がおばあちゃん)・親の介護・老眼・肌の老化…。

 おばさんだよねぇ~~~(苦笑)

 今更の発見! みんな布おむつを使って子育てしたんだって!!(3人目の子どもあたりから紙おむつ)

 どんだけ昔よ。


 さて、いよいよデザートタイム♪

 メニューを覗きこみながら

「どれにする~?」

「これもいいね~」

「これも美味しそうだよ~」

 写真は4つ。「季節の氷菓」ってのも書いてある。

「全部頼んで みんなで回せば…?」独り言風につぶやいてみた。

 すると!! 店員さんに「これ全部ください」とN。 ほんとにやったワ・・・季節の氷菓を入れて5つなんですけど~。

 そしたら、写真の中の一つがもう無いそうで^^

 4つが運ばれてきました~♪

Image304

 それぞれがスプーンをつっこんで、全種類を味わいました。


 お酒も飲んでないのに、閉店間際まで4時間。

 昼間、母を医者へ連れて行って、また心のすれ違いがあって いろいろ切なかったのも一掃された。

 やっぱり主婦のストレス発散は、気のおけない友達とのおしゃべりが一番だね。

 安上がりだわ~!

 皆には遠くまで慣れない道を運転させて申し訳ないので「またやろう!」とは言えないんだけど。

|

2011年10月12日 (水)

予想以上の苦戦

 昨日 カラ元気を出して市役所に向かったけど、予想以上に苦戦しました。

 まずいつもは隣の席の人と組んでリライト漏れやミスが無いかチェックする。

 今回は、例の小難しいコーナー(16分の予定)を3人で割り振られていたので、Oさん(ベテランのお姉さま)Uさん(私と同い年で気心がしれてる)と私の3人でチェックする事に。

 しか~し! チェックより先に 細かい調整が必要だった。

 一つのコーナー内の表現を統一したくて、お互いのリライトの良い所を残しつつ修正していく作業。

 何度も音読してみて、他の二人が聞き比べて「こっちの方がわかりやすい」と判定。

 原稿を手直しする。

 そして やっぱり3人ともが「この内容自体が難しい!」「何の事だから 目で読んでてもわからない!」

 声の広報担当職員のSさんに確認しながら リライト原稿を完成させていく。

 そして最終的に漏れやミスが無いかチェックし合う。

「花桃さんのが一番 大変だったね~」とUさん。

 ん~~3人とも それぞれ別の理由の大変さがあったけど、そう言ってもらうと嬉しい私って 、おバカでしょ~。

 歳出総額(A)▶821億4170万円 ・・・・(略)・・・人件費(B)▶134億9665万円・・・人件費率(B/A)▶16.4%

 これを「聞いて理解できる文章」にリライトするわけよ…涙。

「歳出総額のうち人件費が占める 人件費率は16.4%です」

 こんなのの連続よ。

 他の組の人達は さっさと済ませて、職員Sさんの前で音読して最終チェックを受けてる。

 そこでOKが出ると原稿をコピーに行く。普段は この時点で11時20分くらい。

 今回は、私達3人の所が原稿すら未完成。

 なんとかSさんチェックを終えたのが11時50分。

 先発コピー隊をUさんが追いかけてくれてコピー終了。

 それから市役所の展望レストランで皆でランチ。

 ところが、この日はなぜか注文してから料理が出てくるまで時間がかかった。

「今 うどんを手打ちしてるんだわ」

「揚げたての天ぷらが来るね^^」と 最初は暢気に微笑んで待ってたけど

…「忘れてるんじゃない?」となる。

 だって午後1時から録音が始まり、それまでに読みの練習しておきたいのよ。

 いつもは12時ちょっと過ぎにはランチも終えて、練習時間もたっぷりなの(前回 私は昼寝もした)

 食事が終わったのは12時45分くらい。

 急いで戻り各自が練習に入る。

 ベテランOさんは、標準語のアクセントが完璧。

 私は身にしみついた名古屋弁が どうしても抜けないのよ。

 名古屋弁って 別に「みゃあみゃあ」言うわけじゃないの。

「あたたかい」が「あたたかい」(赤く濃い所が一番高い)になるのが名古屋弁。

 この地方では「あたたかい」でも 全く違和感は無いんだけど、声の広報は標準語が理想とされてる。

 そして今回は大きな金額をたくさん読まなければいけない。

 この数字と それに「円」がつくと これまた曲者。

 「さんんえん」なのか「さんぜんえん(平板)」なのか。 

 私は ここが まだしっかり身についてない。

 だからOさんチェックを頼りにしてたのに、その時間がとれなかった!!

 1時になり、最初の二人が出かけ、すぐに私達3人の番。

 残った人達に「私達 すごく時間かかると思う。遅くなったら、すみませ~ん」と謝ってから録音室に向かった。

 廊下を歩きながら(私は車椅子)「今日は絶対にミスする~。数字のアクセントが全然わからな~い」と泣きごと連発。

「花桃さんが読む前にこんなに弱気なの珍しいわね~」とOさん、Uさん。

 そう、いつも私は「最悪、2回や3回はミスしてもいいわ~」なのよ。

 いざ録音が始まる。まずはベテランOさんが録音ブースに入る。いつもながらアナウンサーみたいな切れの良い口調と声。でも一度だけミス。

「もっとミスしてくれなきゃ、私のプレッシャーがぁ…」

 そして私。

 読み進むうち、自分の原稿の「?」な部分に気付いてしまった。

 家でPCで作った原稿を 現場で手直しした時「平成23年4月1日現在の」を移動する際に「平成23年4月1日現在の」と手書きしていた。

 だって…今回は「○年度」と「○年」が繰り返し出てきたんだもん…。

 3人のチェックもSさんチェックも気づかれなかった(こういう事はよくある)

 読みながら「あれ…? ここは年度は要らないよねぇ…」と 前後の文章を目で追う。

 ちらりとブースの外のお姉さま方を見る。うん、動きは無い。(問題が見つかると 皆がこちらを見て合図する)

 もういいか~。 次の項目は「23年」にしとこう。(臨機応援というか、強引なねじ伏せというか)

 強引にねじ伏せる割に、内心は動揺しまくり。

 この後はもう文字を追うだけで精いっぱい。アクセントなんて「読んだとこ勝負」

 どうせ利用されてる人達は この地方の方ばかり。名古屋弁でも違和感は無い(はず!)

 珍しく汗まで出てきた。

 何とか読み終えてブースを出る。

「23年度って言っちゃいました~。元原稿って どうでしたっけ?」

 …あぁ、やっぱり「23年」でした。

 戻ってやり直すには長すぎる。Sさんから温情のOKが出る。

 Oさんが「私もあれ?と思ったのよ。でも花桃さんを見たら、そのままいくんだなって見えたから あえて何も言わなかったの」

私「アクセントもめちゃくちゃでした~」

Oさん「花桃さん、自分で分かってたでしょ^^ そう思って止めなかったわ。大丈夫よ。違和感ないから」

 ふぅ~~~こういう日は 疲労度が半端ない。

 1週間後には利用者さんに配布されるカセットテープが自宅にも届く。ネットでも公開される。

 それを聞いて また青ざめるわ…。

|

2011年10月11日 (火)

予想通り…

 8月9日のブログ、覚えて無いと思いますが…。

 市役所の声の広報のボランティアの事を書きました。

 あの時、予想した通りの事が起きました…。

 あ~次の原稿割り振りの時「そう言えば、4組の花桃さんが最近、グラフや表のリライトをしてないって言ってたわよ」ってなりそう…。

 この事です。

 見事に表のある小難しい原稿が届きました…。

 土曜の夜からリライトにとりかかったものの、久しぶりの大規模改築で 構想がまとまらず「今日はここまでにしとこう。明日になれば、また違うアイディアが浮かぶかも」と、日曜・月曜と 3日かけてやっと完成した。

 それでも自信が無いから、今日の録音前の読み合わせで先輩にアドバイスをもらいながら手直しする事になる。

 その上、今回は言いなれない単語の羅列で、録音にも時間がかかりそう…(汗)

「歳出総額○△□億○△□◇万円。実質収支○△□億△□◇○千万円」 数字も大きい。

「特別職に支給される給料・報酬など」

「支出された職員の給与」 給料と給与…絶対に読み間違うわ。

 原稿に網かけして 区別がつきやすいようにしたけど…。

「主事・主任・主査・統括主任」 サ行の連続もしんどいよ~。

「新人歌手総出演 新春シャンソンショー」の早口言葉は 私の得意とするところ。

でも「主査」が とっても難しい…。

原稿作ってる段階で苦手意識を持つと、本番で過剰に意識しちゃうんだよね。

 そして、そこを無事に通過した直後に、気が緩んで どうって事ないところでミスする。

 ふぅ~~~。

 今日は大変だ…。

 こんな時刻に 花桃がPC開いてブログ書くなんて 相当 気持ちが高ぶってる証拠です。

 さぁ! 頑張って行って来ますか!

 

|

2011年10月10日 (月)

劇団四季「ミュージカル・ウィキッド」で泣く

 『誰も知らない、もう一つのオズの物語』

 オズの魔法使いは大好きな物語。

 緑色の肌の少女なんて そこには出てこなかったけどなぁ。

 とにかく劇団四季の舞台は仕掛けがすごい。

 イリュージョンを見てるみたいで、それだけで楽しめる。

 魔法使いの物語なら、さぞやすごい仕掛けを見せてくれるだろうな。

 車椅子で出かけたので、一度席に座ったら、幕間も立たない覚悟。

 開演ぎりぎりでトイレに行って着席する。

 ステージに目を凝らす。

「あそこから何か出てくるかも~」「あれが動くかも~~」

 何一つ見落とすまい!

 

 いつものように、オープニングから度肝を抜かれる。

 そしてどんどん引き込まれる。

 男性アンサンブルの中に槙野(ケルン・元サンフレッチェ広島)を見つける^^

 フィエロは、生田斗真に似てるなぁ。素敵☆

 冴えない女の子だと思ってたエルファバが「悪い魔女」として宣言する一幕のラストは総毛だった。

 この女優さん『アィーダ』の人かも。

 会場が明るくなった瞬間、泣き顔で笑いながら「すごいねぇ~!」と夫に。

 すると前の席でも二人の女性が「すごかったねぇ」「すごいね~」

 ほんと「すごいね」としか言いようがないんだよね。

 そして第二幕。

 愛の場面に また涙。

 よくタモリさんが「ミュージカルは、普通にしゃべれば30秒で済むところを延々と歌うのが嫌」みたいな事を言うよね。

 うん、確かにそう。

 でもね、その歌が上手いと、声がいいと、もっと聞いていたくなるのよ。

 二人のハモリも引き込まれる。

 そして物語はエンディングへと突き進んでいく。

 「オズの魔法使い」に通じる いくつもの秘密が明らかになる。

 ひぇ~~そういう事だったのか~~~~~!!

 ジグソーパズルがどんどん埋まって行くような快感。

 フィナーレには、会場がスタンディングオベーション。こういう時、私は立ちそびれちゃうのよ。ちょっとくらいなら立ってても大丈夫なんだけどね…。

 帰宅して『ラ・アルプ』を引っ張り出す。毎月届く会報誌なんだけど、舞台を見てから読むと さらに面白い。

 こういう舞台を見るといつも思う。

「ミュージカル俳優っていいなぁ!」

 生まれ変わったら私もやってみたい。

 …でも そこそこ才能があったとしても、その後は血のにじむような努力を続けないといけないんだよね。

 それだけ努力してもスポットライトを浴びる主役になれるのは ほんの一握りの人。

 今回のエルファバやグリンダを見てても「やっぱり違うな」って思う。

 正義感が強く真っすぐな故に「悪い魔女」にならざるを得なかったエルファバ。

 ちゃっかりしてるのに憎めない人気者のグリンダ。

 二人ともが魅力的で「良い魔女」「悪い魔女」と 簡単に割り切れない。

 それが狙いのキャスティングだよね。

 もうほんとに「すごい」としか言えない。じわじわと ずっと泣いてたような気がする。

 

|

2011年10月 8日 (土)

ビクビクしながらのご馳走

 今日は年に一度の贅沢…松茸の日♪

 岐阜の山の方へ松茸を買いに行きます。

 おぉ~花桃セレブ~と思うでしょう?

 いやいや、これは夫の「松茸貯金」で賄いますの。

 500円玉だけを1年間 貯めると、けっこうな金額になるの。

 もっと言えば、夫はこの春 禁煙に成功。煙草代が要らなくなったのに 月のお小遣いは変わりないので、実質的に以前より残ってるはず。

 で、なかなかの松茸を購入できました。

Img_9066

 さて、これも1年に一度の登場、七輪を準備。

 一昨年までは、9月中に買いに行ってたので、気温も高く、窓を開け放っての焼き松茸だった。

 でも去年、初めて涼しくなってから七輪を使って、火災警報器を作動させてしまった。

 今年は その経験を踏まえて、電気ストーブを出し、窓は全開、換気扇もオンで始めた。

Img_9094

 そして…やっぱりその時は来た!

 ピロピロピロ! 空気が汚れています! ピロピロピロ! 換気してください。

 すっごく驚く。

 あたふたする。

 うちわであおいだけど

 ピロピロピロ! ガスが漏れています。ピロピロピロ! ガス栓を点検してください!

 なんかアナウンスがエスカレートしてる。

 「止められないの!?」

 夫がテーブルに乗って機械をいじる。…ほんとは私の方がそういうの得意なんだけどな。

 でも今の私はテーブルに上るのが とっても難しい。

 すると! 機械のオレンジ色だったランプが赤色になり

 ピロピロピロ! 火災が発生しています! ピロピロピロ! 火災が発生しています!

 ひぃ~~~~~~~~~っ!!

 もう七輪を洗い桶に入れてしまおうかと思ったわよ。

 うちわであおいだのが効いたのか、夫がいじったのが良かったのか、止まった。

 でも もうそこからは怖くて怖くて…。 あぁ去年もたしかこうだったよなぁ…。

 今年は いつも行く焼き肉屋さんの隣でやってる肉屋さんで買ったカルビとレバーも焼いてる。その脂が煙を倍増させてると気づく。

 肉はフライパンで焼く事にした…。

 しばらくすると…やっぱりまた ピロピロピロ! 空気が汚れています!

 オレンジに点滅。

 きゃぁ~~~~~~~~~!

 夫が扇風機を持ってきた。

 あぁ、私の無精で まだ片づけて無かったのが良かったわ。

 扇風機で煙を飛ばしながらの夕飯となりました。

 寒いわ、警報機が怖いわで、震えました。

 松茸の土瓶蒸しまで無事に進んだ。

Img_9113

 もう少し暑い時期に行けばいいんだけど、夏場は私が助手席にも乗っていられなくなっちゃったからなぁ…。

 天皇杯、広島 対 ツェーゲン金沢は 前半、どうなる事かとひやひやしたけど、結局勝利でき、寿人も2ゴールして ホッと安心。

 警報機さえ無ければ、広島勝利・寿人ゴールを祝う晩餐になったのにね。

 

 

|

2011年10月 7日 (金)

人様の恋のお話から

 行きつけの美容院の美容師さんから「彼氏できました」報告を受けた。

 ちょっと前から「一緒に遊びには行くんだけどぉ~」と相談を受けてたから

「例の彼?」

「そうです^^」

 で、現在のもろもろを聞きながら…「ん~~それはどうなんだろ?」

「実は友達にも『それは長続きしないね』と言われてるんですぅ」

 とっても綺麗で魅力的な娘だから、いい恋をしてほしい。



 もしも私に娘が居たら、こういう話が日常的にあるんだろうなぁ…。

 私が初めての大きな失恋(小さなのはたくさん経験済み)した時は、学校から帰るとめそめそめそめそし続けてた。

 ある日、母がとうとう我慢できずに「F君(よく登場します。家にも連れて来て紹介済み)と何も無かったんでしょうね?」と聞いた。

 忘れもしない、寝る前の歯磨きに向かった洗面所で電灯をつける直前だった。

 母はデリケートな事を問いただす最適なチャンスを狙ってたんだろうな。

 暗がりの中で「…キスした」

「はぁ…。そんな事するから、こんなに辛くなっちゃうんだわ…」

 それを言われた時、私は『キスしたから忘れられない』って思われるのが心外で

「キスしたのはF君が初めてじゃない。○君(対面済み)ともした」 (大笑)

…いや そう言った時の私は真剣だったよ。

 母は愕然とした模様。(今時の高校生なら、肉体関係あっても当然くらいに思うよねぇ…)

「もう ゆうこは、男の子との交際禁止!」

「・・・はい」当然だと思ったから、受け入れるしかない。(なんて純情な母娘だったことか)

 で、翌日から男の子からの電話は「今いません」と切られた(笑)

 その時の私は失恋のショックの方が大きくて、ボーイフレンドからの電話を取り次いでもらえないのなんて どうって事なかった。

 でもね^^ 「交際禁止令」は、たしか半月も継続してないと思う。

 相変わらずめそめそしてる私に母がある日

「ゆうこ、A君なんかどう? お母さん A君が いいと思うよ」 母はA君と会った事は無いけど、私はきっとよくA君の話をしてたんだろうね。

 あの頃、まるで小学生みたいに毎日『今日学校でねぇ♪』って話してたんだろうなぁ。

 男の子からの電話も いつの間にやら普通に取り次いでくれてた。

 そりゃ夜8時頃に「今いません」は、そうそう長くは使えないでしょう。

 当時、名古屋から帰る電車の最終は8時45分だったと記憶してる。名古屋の友達からは「ゆうんちへ行くのは『小旅行』」と言われる僻地扱いだった。

 そして私は 最終電車まで名古屋で遊ぶなんて事は一度も無かった。(いもねえちゃんだわ)


 
 さてさて、そんな頃、私んちの『あっぱれ君』は中学3年生でして『尊敬する大好きなお姉さん』がメソメソし続けてるのが 母と同じく我慢できず

「Fのやつ、殴ってやりたい」と申しておりました(微笑)

 その後、紆余曲折ありまして、微妙なポジションでF君がうちへ遊びに来た時は あっぱれ君は満面の笑顔でF君と会話してましたが…。

 『姉のいる弟同士』で、分かり合えるものがあったんだろうな。



 私に娘が居たら…今頃はどんな話をしてたんだろう。

 いい恋をしてほしい。

 ドキドキワクワクもたくさん経験してほしい。

 好きな人と初めて旅行に行く…そんな幸せな経験も2回くらいはしてほしい。(私が娘時代は そんなのあり得なかったよ)

 あ~でも、夫と結婚前にダメになりそうだった時、母は「二人で旅行でもしたら?」と言ったなぁ…。婚約中だったからだろうけど。

 

|

2011年10月 6日 (木)

花桃 程良く酔いまする♪

 まだ残暑の厳しい頃…多分、一ヶ月以上前だ。

 テレビCMを見てて急に「あれ飲みた~い」と思った(同時につぶやいてた)

 天海祐希さんが秘書らしき男性と会話しながら「ストロングなんとか~!」って叫ぶやつと、吉瀬美智子さんが缶の中を覗くと 果肉の温水さんが「恥ずかしいから見ないで」とかって言うやつ。

 お酒が全く飲めないのに、あのフルーティな感じが妙に美味しそうに感じて。

 そのCMを見るたびに「あれ飲みたーい」と大きな声で独り言を言い続けて数日後、夫が「これ買ってみたよ」と。

 ウメッシュとダブルゼロカクテル。

 ウメッシュは ♪酔わないウメッシュ~♪とやってるのも見た事あるので「これなら私も飲めるね」と 早速いただいた。

 でも!私 炭酸も弱いのよ。コーラでもファンタでも 一気にごくごくとは飲めない。ちびちびと舐めるようにして飲む。

 ウメッシュも一度では飲みきれなかった。

 なるべく密封できるような蓋をして、数日かけて飲み終わった。後半は炭酸が程良く抜けて、一度に飲める量も増えた。

 さてさて!お次はダブルゼロカクテル☆ こうしてブログを書く為に、缶をしっかり見たけど、実は名前も知らずに飲んでた。

 たしか香里奈さんと聖飢魔のデーモン小暮さんがやってるやつだ…と思った。

 「程良いアルコールで どうとかこうとか」って赤い顔になるデーモンさんを覚えてる。

 缶にもおしゃれなカクテルのイラストがついてる。

 だから私はアルコールが含まれてると思い込んでた。

 毎晩、お風呂上がりに養命酒を飲んでから、ダブルゼロカクテルを飲む。

 アルコールも入ってるし(!)炭酸も強いので、ウメッシュの時よりも もっとちびちび。

 養命酒と一緒に飲んだらダメかもねぇ…でも こんなちょっぴりだから…うん、それほど酔ってないわ。

 こうして飲み始めたのが多分 半月以上前。

 数日飲み続けた頃、例の『香里奈さんとデーモンさん』のCMをまじまじと見た。

「これアルコール入ってないんですよ!」 デーモンさんの赤い顔がみるみる元に戻っていく。

 えーーーーーっ!? アルコール入ってなかったんだーーーーーー!

 あのほろ酔い気分は、養命酒効果だったのか~~~~!

 そうと知ってからは、一度に飲む量も増えてきた。

 そして今回も炭酸がかなりぬけてきた。

 ゆうべ、最後の一口(小さなグラスに半分)をくいっと飲んだ。

 ふぅ~~~1缶で半月ほど楽しんだわ。おまけに程良く酔って(!)

Image297 

 だって、1缶も こ~んなに大きいんだもん! 電柱と同じくらいの高さよ。

 …ヤダッ!!!

 ちゃんと大きく『Alc 0.00% ノンアルコール』って書いてあるじゃん!

 私って取り説も読まないけど、こういうのも全然見て無いのね。

 パッと見た印象だけでお酒だと思い込んでた。

|

2011年10月 5日 (水)

花桃は強し!

 出掛けようと玄関を開けたら、ちょうどドアフォンを鳴らそうとしてたお兄ちゃんと遭遇。

 段ボール箱を抱えた行商の人でした。

 かっこ可愛いお兄ちゃん…だからじゃなく「果物の直送です」と言うし、箱の中には、ちらりと黄緑の葡萄が見えたので、値段によっては買ってもいいなと思った。

「一応見せてくれる?」
お兄ちゃんが一つを取り出して「アレキサンドリアマスカットです。店なら3000円位ですが…」
 間髪入れず「それは高すぎるわ(にっこり)」だって、そんな立派なものじゃないんだもん。

 主婦を侮ってはいけません。特に果物好きの私は甘くないのよ。
 スーパーで買いもしないのに贈答品コーナーの高級品をどれだけチェックしてるか。(だって見るだけでも嬉しいもん)
 マスカットアレキサンドリア たしかに3000円位で売ってるけど、もっといい品。
 このレベルだったら普通の商品の棚で1000円。そして私は買わない。
 私は、マスカット系(ロザリオ専門)と、苺には特にうるさいのよ。

 1000円でも、すごくいい品だったら買う(時もある) でも彼が出したのは、残念ながらそのレベルじゃない。
 相手が値段を言う前に「800円なら買うけど…(あまり欲しそうじゃなく)」と言ってみた。
「…1500円です」 高っ!! 冗談でしょ~! そんなしょぼいのを1500円って。
「ごめんね~ それじゃ買えないわ(にっこり&きっぱり)」
「梨はどうですか?」

「一応見せてくれる?」

 取り出したのは、ざらっとした感のある梨。一般的な幸水や豊水とは違う。
「なんとかかんとか梨です(新興梨だったかな)」

「あ~ちょっと癖があるよね。ちなみにおいくら?」(実はその癖が私はけっこう好きなんですけど…)
「4個で1000円です」

「4個もいらないわ~」
「2個で500円でいいです」 半分になっただけですけど…。

「ん~スーパーで1個200円なら買うかな。あまり売ってないけど(とちゃんと知ってるアピール)」

 私 ほんとにスーパーの果物売り場のチェックは厳しいのよ。

 今年はまだロザリオも買ってないの。

 少しずつ売り出されてるんだけど、私が欲しいクオリティには遠い。そして その割に高い。

 800円前後で、綺麗な黄緑色で、粒が大きくて実に張りがあって、ヘタも綺麗な黄緑色。

 これを満たさない限り、私は買わない(かっちょい~~~☆自画自賛…するとこかな?)

 「ごめんね~私はいらないわ~」

 「上のお宅でも いくつか買っていただいたんですけど」 すぐ上はS君ち。S君ちが買ったからって「じゃあうちも…」とは ならないのだ! そこはシビアなのよ。

「ごめんねぇ~。うちは買えないわ~。御苦労さまでした(超にっこり)」

「そうですか…」

「御苦労さまでした~」もうお帰り~。

 花桃強し。かっこ可愛いお兄ちゃん相手でも 大好きな果物にかけては引くわけにはいかないのよ。

 エレベーターで降りたら、1階フロアで また会ってしまった。

 両手で段ボール箱を抱えてる彼の為に 重いガラス戸を開けてあげました^^

 私が機械式駐車場を操作してる間、前の道路を通りかかったおじさんにも声をかけてる。

 おじさんは ちょっと乗り気な様子で、彼の軽トラックまで着いて行った。

 頑張れ~お兄ちゃん。

 おじさんは、マスカット3000円が1500円と聞いて買っちゃうかもね~。

|

2011年10月 4日 (火)

秋の贈り物♪

 すっかり秋!

 先日、のらちゃんから素敵なプレゼントが届きました♪

Image296

 去年もいただいた栗ジャム。

 今年は、そこにコスモス畑のポストカードも添えられてた。

 誰に出そうかな~♪ しばらくは手元に置いておきます。(おそらく来年の秋まで出せないな…)

 この栗ジャム、美味しいんだわ~。

 去年の今頃は、おやつにさせていただきました♪

 いろんな食べ方はあるんだろうけど、私は、トーストした食パンにバター(いつもはマーガリンなんだけど、栗ジャムの時だけはバター!)をぬり、その上に栗ジャムをのせる。

 も~~~~とっても美味しいの~~~♪

 私の『ご都合換算』で260Kカロリーかな。ケーキよりは低カロリー(と自分で決めている)

 …あまりに美味しいので2枚いけそうなんだよね。

 でも!そこは! この貴重な栗ジャムを長く味わいたいがために我慢できる。その代わりジャムトーストを追加した事はあります…汗。

 先月末辺りから、急激に体重が増加している。

 摂取カロリーは さほど増えてるわけではないのに…。

 こういう時は何を食べても 何も食べなくても 肥るのよ!

「チョコレート食べたいなぁ~~」とつぶやきながら、冷蔵庫の前にしばし佇み「だめだめだめ!」と耐えているんだもの。栗ジャムトーストくらいいいでしょう~^^

 

 

|

2011年10月 3日 (月)

第28節 サンフレッチェ広島 対 ヴィッセル神戸

10月1日(土)

【広島 対 神戸】ビッグアーチ

(スカパー観戦)

 soccer1-0 広島勝利

 soccerゴール…ナカジ

 午前中、夫が録画予約しておいてくれた…つもりだった。

 ところが録画が始まらない! キックオフ前に予約画面を確認したら できてなかった!

 「もし寿人の素敵なゴールがあったら困る~! いいわ大丈夫! きっと再放送があるから」と夫を責める事もなかった。

 責めとけばよかったのかも。

 公太さんがスタメン。公太さんお願いよ~! 寿人に素敵クロスをたくさんあげてね~!

 先日の名古屋対神戸に続いて、大久保の笑顔って…ほんといいわ。どうしましょ。(でもプレー中は やっぱり 野○で…ぶー)

 前半。

 ザックが来てるーーー! 年齢的にも「今更寿人」は無いとは思うけど それでも「おぉ、いい選手だな」って思われたいじゃない。

 チュン君・周作の確認と アオちゃんの見極めでしょうね。

 ここはアオちゃん頑張って!!

 カズからのロングパスは、GKと寿人の間に。

「あれ飛び込めんかったかなぁ…」不満な私。

「あれは無理でしょう」かばう夫。

 解説が「佐藤寿人の動き出しは日本人には無い。ここで僕も勉強したいですね」って。

 元日本代表の人だって…私 代表戦だけは そこそこ見てたけど記憶になくてごめんなさい。

 そんな風に見てくれる人がいるんだね。ありがとう!

 ミキッチは私の中では「優しい外人さん」だったのに すごく凛々しい顔付きになってる。やっぱり獅子奮迅の働きをして、チームメイトやサポーターからの信頼がどんどんあつくなるのを感じて自信があらわれるんだろうね。

 待望の復帰を果たした良太が早々に不調を訴えて交代。

 ハムストリング? まだ不完全だったんだね…。辛いだろうなぁ。どうか気持ちを切らさずに頑張り続けてね。

 きっといつか「あの時の故障が今の僕を作った」って言える日がくるよ!

「佐藤寿人は、J2も含めて、あと1ゴールで8年連続二桁ゴールです。過去の達成はジョニーニョだけです」

「代表に定着しないのが不思議ですね」

 ありがとうございます~~~(泣)

 うんうん!やっぱり!どうしても!二桁ゴールは達成してもらいましょう!

 0-0のまま後半。

 浩司のチャンスに出ました私の「打てーーーっ!」ボールはゴールのわずか右。

 …ほんと 私の「打てー!」は、寿人に限らず逆効果しか生まない(汗

 実況が「試合が動き始めましたね」 

 ん~~~私には よくわかりませんが…。でも前半は ちょっとつまんなかった。

 それが後半は「そーそー!」「うーーー!」「そーーーーーーっ!!!」と叫ぶ事が増えた。…これは動き出したからなのね。

 カズ→チュン君→寿人とパスが面白いように繋がり、寿人からうけたナカジは忍者みたいなシュート! よかったよーーー!(これが最後につながるのか)

 ムジリが準備…と聞くと、寿人交代かと思ってドキドキする。

 アオちゃんとムジリが交代。洋次郎を下げて『寿人・チュン君・ムジリ』で攻撃。

 公太さんのピンポイントクロス!「公太さん!(素敵!)」

 寿人のヘディングは…うぅぅ。 寿人~~~~~~泣。

 ミキッチ足が攣ったのかギシさんと交代。

 今日勝たなかったら…。今日寿人がゴール決めなかったら…私の思考はどんどん群青色に。

 寿人 この前の不発で失ったサポーターの信頼を取り戻すにはゴールしかないのよ!

 そして…浩司のCK。相手がクリアしたのを公太さん→チュン君が絶妙な落とし、ゴール前のごちゃごちゃの中から誰かがゴール!

 寿人? 寿人いたよね! カメラはナカジのアップ。って事はナカジか。

 リプレイで 寿人がオーバーヘッドシュートの体勢に入ると同時に ナカジが飛び込んで来て頭で合わせるのを確認。

 寿人は『ひとりでんぐり返り』になってました(可愛い!)

 あれで寿人が触ってたらどうだったんだろう…? もし決まったらベストゴールにもなり得たけど、もし決められなかったら…怖!!

 ナカジありがとう~~~!! 寿人の足が頭に当たらなくて良かったよ~~!

 なんとか勝利できた! ふぅ~~でも これで寿人のノーゴールが帳消しになったわけじゃない。

 ナカジのヒーローインタビュー、面白可愛かった^^

 飄々としてて独特だな~^^

「こんな歳ですけど、決勝ゴールは初めてなんで、いい思い出になりました」だったっけ?笑わせてくれるわ~!

「本当は嬉しいんだけど、それを表に出すのが恥ずかしいので」みたいな事も言ってたよね。

 うんうん^^ そういうのが恥ずかしいんだね^^

 とにかく勝ってよかった! 

 でも…精彩を欠いた寿人が心配。

 私が欲するよりも何十倍も何百倍も寿人の方がゴールしたいに決まってる。

 いい加減な気持ちで試合に出てる選手なんて居ない。

 特に負けず嫌いで目立ちたがりな寿人は誰よりもゴールを決めたくて必死でプレーしてると思う。

 何が足りないの? 神様、教えてあげてください。

 …と言いながら「こんな時もあるよ。いつもいつもスポットライトを浴びてるよりも、たまには報われない体験も必要だよ」と思う私もいるのです。

 逃げる口実なのかな。

 

|

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »