« 予想通り… | トップページ | 女子会のつもりだったけど…汗 »

2011年10月12日 (水)

予想以上の苦戦

 昨日 カラ元気を出して市役所に向かったけど、予想以上に苦戦しました。

 まずいつもは隣の席の人と組んでリライト漏れやミスが無いかチェックする。

 今回は、例の小難しいコーナー(16分の予定)を3人で割り振られていたので、Oさん(ベテランのお姉さま)Uさん(私と同い年で気心がしれてる)と私の3人でチェックする事に。

 しか~し! チェックより先に 細かい調整が必要だった。

 一つのコーナー内の表現を統一したくて、お互いのリライトの良い所を残しつつ修正していく作業。

 何度も音読してみて、他の二人が聞き比べて「こっちの方がわかりやすい」と判定。

 原稿を手直しする。

 そして やっぱり3人ともが「この内容自体が難しい!」「何の事だから 目で読んでてもわからない!」

 声の広報担当職員のSさんに確認しながら リライト原稿を完成させていく。

 そして最終的に漏れやミスが無いかチェックし合う。

「花桃さんのが一番 大変だったね~」とUさん。

 ん~~3人とも それぞれ別の理由の大変さがあったけど、そう言ってもらうと嬉しい私って 、おバカでしょ~。

 歳出総額(A)▶821億4170万円 ・・・・(略)・・・人件費(B)▶134億9665万円・・・人件費率(B/A)▶16.4%

 これを「聞いて理解できる文章」にリライトするわけよ…涙。

「歳出総額のうち人件費が占める 人件費率は16.4%です」

 こんなのの連続よ。

 他の組の人達は さっさと済ませて、職員Sさんの前で音読して最終チェックを受けてる。

 そこでOKが出ると原稿をコピーに行く。普段は この時点で11時20分くらい。

 今回は、私達3人の所が原稿すら未完成。

 なんとかSさんチェックを終えたのが11時50分。

 先発コピー隊をUさんが追いかけてくれてコピー終了。

 それから市役所の展望レストランで皆でランチ。

 ところが、この日はなぜか注文してから料理が出てくるまで時間がかかった。

「今 うどんを手打ちしてるんだわ」

「揚げたての天ぷらが来るね^^」と 最初は暢気に微笑んで待ってたけど

…「忘れてるんじゃない?」となる。

 だって午後1時から録音が始まり、それまでに読みの練習しておきたいのよ。

 いつもは12時ちょっと過ぎにはランチも終えて、練習時間もたっぷりなの(前回 私は昼寝もした)

 食事が終わったのは12時45分くらい。

 急いで戻り各自が練習に入る。

 ベテランOさんは、標準語のアクセントが完璧。

 私は身にしみついた名古屋弁が どうしても抜けないのよ。

 名古屋弁って 別に「みゃあみゃあ」言うわけじゃないの。

「あたたかい」が「あたたかい」(赤く濃い所が一番高い)になるのが名古屋弁。

 この地方では「あたたかい」でも 全く違和感は無いんだけど、声の広報は標準語が理想とされてる。

 そして今回は大きな金額をたくさん読まなければいけない。

 この数字と それに「円」がつくと これまた曲者。

 「さんんえん」なのか「さんぜんえん(平板)」なのか。 

 私は ここが まだしっかり身についてない。

 だからOさんチェックを頼りにしてたのに、その時間がとれなかった!!

 1時になり、最初の二人が出かけ、すぐに私達3人の番。

 残った人達に「私達 すごく時間かかると思う。遅くなったら、すみませ~ん」と謝ってから録音室に向かった。

 廊下を歩きながら(私は車椅子)「今日は絶対にミスする~。数字のアクセントが全然わからな~い」と泣きごと連発。

「花桃さんが読む前にこんなに弱気なの珍しいわね~」とOさん、Uさん。

 そう、いつも私は「最悪、2回や3回はミスしてもいいわ~」なのよ。

 いざ録音が始まる。まずはベテランOさんが録音ブースに入る。いつもながらアナウンサーみたいな切れの良い口調と声。でも一度だけミス。

「もっとミスしてくれなきゃ、私のプレッシャーがぁ…」

 そして私。

 読み進むうち、自分の原稿の「?」な部分に気付いてしまった。

 家でPCで作った原稿を 現場で手直しした時「平成23年4月1日現在の」を移動する際に「平成23年4月1日現在の」と手書きしていた。

 だって…今回は「○年度」と「○年」が繰り返し出てきたんだもん…。

 3人のチェックもSさんチェックも気づかれなかった(こういう事はよくある)

 読みながら「あれ…? ここは年度は要らないよねぇ…」と 前後の文章を目で追う。

 ちらりとブースの外のお姉さま方を見る。うん、動きは無い。(問題が見つかると 皆がこちらを見て合図する)

 もういいか~。 次の項目は「23年」にしとこう。(臨機応援というか、強引なねじ伏せというか)

 強引にねじ伏せる割に、内心は動揺しまくり。

 この後はもう文字を追うだけで精いっぱい。アクセントなんて「読んだとこ勝負」

 どうせ利用されてる人達は この地方の方ばかり。名古屋弁でも違和感は無い(はず!)

 珍しく汗まで出てきた。

 何とか読み終えてブースを出る。

「23年度って言っちゃいました~。元原稿って どうでしたっけ?」

 …あぁ、やっぱり「23年」でした。

 戻ってやり直すには長すぎる。Sさんから温情のOKが出る。

 Oさんが「私もあれ?と思ったのよ。でも花桃さんを見たら、そのままいくんだなって見えたから あえて何も言わなかったの」

私「アクセントもめちゃくちゃでした~」

Oさん「花桃さん、自分で分かってたでしょ^^ そう思って止めなかったわ。大丈夫よ。違和感ないから」

 ふぅ~~~こういう日は 疲労度が半端ない。

 1週間後には利用者さんに配布されるカセットテープが自宅にも届く。ネットでも公開される。

 それを聞いて また青ざめるわ…。

|

« 予想通り… | トップページ | 女子会のつもりだったけど…汗 »

日々のこと」カテゴリの記事