« 母の操縦 | トップページ | またも…甘栗地獄 »

2012年1月13日 (金)

ドクターからの「GO」

 今日は整形外科の診察日。

 【ボノテオ(骨量を増やす薬)】の効果を期待してるT先生が

「痛みはどう?」

私「痛いんです…」

T先生「薬飲んでても痛いですか…」

私「たまに ほとんど痛くない時もあるけれど、総合すると半年前より痛いです」

T先生「じゃあ、レントゲン撮りましょう。ひょっとして変形が一気に進んでるかもしれないし」

 ひぃ~~~~。

 うちの病院は(笑…私物化してますの)こういう時 とっても便利。

 ドクターからパソコンでレントゲン撮影の手続きしてくれて、私は すぐにレントゲン室受け付けで票を出すだけ。

 そして撮影後も、そのまま診察室に画像が送られてきて、すぐに診てもらえる♪


 数分後、ラウエンと正面画像を見てくださって

T先生「ん~、ちょっと隙間が狭くなってるかなぁ。手術しますか。どうせいずれはしないといけないんだし」

私「そうですねぇ。去年 するつもりだったし……(ここで内心の葛藤)」

 前回の画像と比べて定規を当てて

T先生「いや、それほど変化してないけどなぁ。よくもってると思うよ。薬の効果で進行が遅れてるのもあるし」

 そう言われると なんか安心しちゃうじゃんね…。

 でも…とにかく「手術」にGOサインは出ました。

 去年は「まだもったいない」と言われたもんね。

 後は私の都合で、私から「したい」と申し出れば一ヶ月後くらいにはしてもらえるって。

 
 会計待ちの間に、偶然 内科のW先生にもお会いして

「今日はなんだ?」

「整形外科です」

「何か言われたか?」

私「手術OKが出ました。私の都合で執刀の日を決められます。今のところ 内科的にはいい時期ですよね」

W先生「そうかぁ…手術するか。内科は問題無いよ」(健康な人の正常値では無いけどね)


 2011年の初めには、みんなに「この春 左も人工関節置換の手術する」と言いまくったから、1年遅れただけなんだけど。

 いざとなると やっぱり「すぐやるー!」って気にはなれないわ。怖いよ。

 でもさ…と また考える。

①全身麻酔だから 眠ってしまえば痛くもなんともないうちに手術は終わるじゃん。

②術後だって、人工関節の安静期間は短いじゃん。

 骨切り回転術の後の3週間張り付けの事を思えば 軽いもんだ♪

③術後のリハビリ期間も、昔よりうんと短縮されてる。

 多分 入院も10日間くらいしかさせてくれないはず。(「させてくれない」って…笑)

 10日間なんて、私にとっては入院なんてほどじゃなく「ちょっと病院に泊まってくる」レベル。

④骨折縫合手術の後よりも 絶対に楽だ。

⑤何よりも、日常的に当たり前になってる痛みは、本当は普通じゃないわけで、それから解放されたら、きっと気持ち良くなる♪

⑥たまには(TPOに応じて)ステッキも無しでお洒落して歩けるじゃん♪

 ほいほい♪ 

 最初は 自分を奮い立たせる為の「大丈夫。○○に比べたら楽」を並べたけど、途中から【痛みが無くなったら こんなに素敵】の想像になった。

 やるしかないなぁ。

 でも! まずはJリーグの日程発表が出てからネ♪

 ホーム開幕戦は行こう。

 名古屋での試合も行けるように。

 ついでに近場も。

 そこをはずして手術だ! でも…真夏は 張り付けもしんどいしなぁ。

 …と また迷う。要するに怖いだけ。

 今までの手術の中で 一番 怖くないんだよ☆(右の人工関節置換は、骨切り回転術の後だったから、ひと手間余計にかかってた)

 あ…でも「じゃあ、決心がついたら予約日前でも診察に来てください」とT先生がおっしゃって、そのついでに「薬の効果で、この先まだ痛みがやわらぐ事もあるし」

 えええ~~~~。ぐらぐらよ。

|

« 母の操縦 | トップページ | またも…甘栗地獄 »

病気(SLE・骨頭壊死など)」カテゴリの記事