« 怒り過ぎたその後 | トップページ | 朝ドラで きゅん »

2012年1月23日 (月)

余計な心配

 昨日、いつものように母に夕方の電話をすると

「今日は 美容院へ行って来た」との事。

 昨秋、私が予約するのに『お菓子屋さんと間違えた事件』の店へ一人で行って来たって。

「染めてもらって12000円だったよ。でも綺麗になったから嬉しい」って、ご機嫌な声。

 ん~~~。

 昔から行ってた近所の美容院は「時間ばかりかかって、染めただけで8000円もするから、もう行かない」と言いだしたのは、一昨年くらい。

 「ヘッドスパもしましょうか?」「特別なトリートメントもしますか?」と聞かれて、難聴の母が聞こえないままに「はい」と返事して 時間のかかる施術を受け、お金も余分にかかってたんじゃないかと 私は想像してたんだけど。

 母の言う金額も本当かどうかさだかじゃないし。

 本人が「高い」って怒ってないなら良いんだよね。

 会員証は持って行くのを忘れたらしい。財布に入れてあるはずなんだけどな…。

 それよりも…私はここ数日「そろそろ美容院へ連れて行かなくちゃ」と毎日考えてた。

 半日付き合う事になるから、私の他の都合とタイミングの合う時じゃないと…白髪染めとパーマと両方だと、また母が嫌になりそうだし…って。

 一人で行けるんじゃん☆

「もう母はこれができない」って決めつけちゃってたらダメね。

 母は聞こえない事を あまり苦にしてない。

 私と居る時は、ノートテイクを頼りにするけど、無くても困らないみたい。

 私が同行してると、看護師さんや店員さんや、偶然会った知人の問いかけにまったく無反応だったり、いい加減に返事をしてるのが見てられなくて つい書いてしまうけど、それが無ければ無いで母は別にいいんでしょう。

 私のノートテイクに特別感謝してる様子も無いし、時には「ゆうこがせっかく書いてるから読まないと悪いと思って見る」なんて言う事も(苦笑


 何でも先回りして、母が困らないようにと気を張ってるつもりだけど、余計なお世話なんだろうなぁ。

 とにかく…美容院へは一人で行ける事が確認できてよかった^^

 これからは「そろそろ美容院へ行ったら?」って言うだけでいいね。

 私の責任が一つ減った~♪

 ちょっと小奇麗になった母に会うのも楽しみ^^

|

« 怒り過ぎたその後 | トップページ | 朝ドラで きゅん »

母の老い」カテゴリの記事