« 母の勘 | トップページ | 前進と左折あるのみ! »

2012年2月20日 (月)

てへーっ

 今日は朗読教室。

 最初に、滑舌練習・滑舌調音・早口言葉などで 毎回、口の動きを滑らかにする。

 今日は新しい教材。

『あ・い・う・え・お い・う・え・お・あ う・え・お・あ・い え・お・あ・い・う お・あ・い・う・え』

15人がタイミングをそろえて唱和する。

先生「か行いきます。母音をしっかりね~」

『か・き・く・け・こ き・く・け・こ・か・・・・・・・』

先生「さ行 いきます。『す』の音 気をつけて~」

『さ・し・す・せ・そ・・・・』

先生「た行 いきます。『チ』と『ツ』は無声化してくださ~い」

『た・ち・つ・て・と ち・つ・て・と・た』 誰かかれかが 無声化し忘れて、その度に 小さな笑いが起きる。

先生「無声化してるから、聞こえないはずですよ~」

・て・と・た・ち て・と・た・チ・ツ』 おぉ! 初めて全員が無声化したぞ♪

『と・た・ち・つ・て』!!! 私だよっ!!!

先生「は行ね。『フ』も無声化してくださいよ~」

 そのへんになると もう皆 くすくす笑いたいのをこらえてる。

なんとか最後まで。

そのあと、早口言葉。

先生「どんどん老化していきますからね。この辺り(口の周りや顎)が痛くなった人は、今の練習がしっかりできてます。痛くない人は、まだまだ足りませんよ。普段使わない口の周りの筋肉をしっかり動かしたら痛くなりますからね」

 …私です。

 あまり痛くないのは、まだ若いから…と思ってはいけませんか。

|

« 母の勘 | トップページ | 前進と左折あるのみ! »

笑…?」カテゴリの記事