« 乗り換え~♪ | トップページ | 第3節 サンフレッチェ広島 対 鹿島アントラーズ »

2012年3月23日 (金)

おばさん化のひとつ?

 以前から気にはなってた。

 でも最近 すっごく気になる。

 電話で住所などを伝える時、イラッとする事が増えて来た気がする。

 
 
 
  
 私の苗字がとってもヘンチクリンなので、電話で初めて聞く人は「???」となるのは覚悟してる。

 それは仕方ないから、何度でも説明する。

 でもね…嫌なのは、こういう人。

私「○○市」 

「まるーまるーしー」

私「△町」

「さんーかくーまちー」

私「1の2の3」

「いちのーにのーさんー」

 朗読を習ってる身としては、滑舌良く、解り易く発音しているから聞き間違いは無いんだけど、書きとるのに なぜ そんなに時間をかけるー!?

 私は自分がこういうのを受ける時は、自分だけが読める程度の字で、相手が普通に「○○市 △町 1の2の3」と言えるくらいの速さで書きとる。

 全部言い終えたら復唱して確認し、電話を切った後で清書すればいいんだから。

 おそらく先の人は メモではなく、本気の記録なんでしょうねぇ。

 どれだけ丁寧な文字で書いてるのよ!

 それなのに、そこから送られてきた郵便の宛名が 一般的によく間違われる表記(解る人にしか解らなくてごめんなさい)だったりすると もうガッカリよ。

 あれだけ説明したじゃ~ん(泣) 何を聞いてたのよ? 何をメモしてたのよ?


 公文のお手伝いの時も、子どもから、お迎えの電話を頼まれると、子機を左肩にはさんで、採点の手を止めない私。

 こういうのって 結局「うるさいおばさん」なんでしょうねぇ…。

|

« 乗り換え~♪ | トップページ | 第3節 サンフレッチェ広島 対 鹿島アントラーズ »

おばさんの独り言」カテゴリの記事