« 緊急お知らせ・追記しました | トップページ | 明日が楽しみ♪ »

2012年4月29日 (日)

ぴっちぃ号復活☆

 術後、病院の車椅子に乗っていた。

 私のぴっちぃ号は、特殊な形をしてるので、乗るのにちょっとコツがいり、術後の痛みや禁肢位のある体では乗れないから。

 …そして、昨日、晴れて ぴっちぃ号に復帰。

Image471

 おっかなびっくりだったけど、なんとか乗れた。

 …と言う事は、痛みも軽くなり、動ける範囲も増えてるって事だ。

 乗る時の難しさも 一つのリハビリになるなぁって実感。

 そして…やっぱり ぴっちぃ号は軽い! 

 ひと漕ぎで スーッと進む。

 ああ、これだから一人で新幹線に乗って広島まで行けちゃうんだろうなぁ。

 病院の車椅子では無理だ。

 などと愛車に感謝。

 でもね、やっぱり乗るまでに時間はかかるよ。これがスムーズに乗れるようになったら、術前の状況にかなり近づくんだよね。

 スエーデン歩行器も 最初に比べると楽になって来た。左足にかける体重も増えて来た。

 月曜日には、リハビリのK先生を驚かせなきゃ。

 K先生…金曜日に「曲げる曲げる曲げる~~~。はい、力抜いて~」ぎゅーっ。をやった時

「いい感じに曲がってるよ」と。

 …本当に新領域に達した時は 満面の笑みで「すごいじゃん、ここまで曲がったじゃん」って嬉しそうな顔してくれるんだよねぇ。

 普通の顔で「いい感じ…」は、実は先生の落胆を表してるのを知ってるのだ。

 この三連休中に、私は地道にスエーデン歩行器で歩き、月曜日には

「おーすごく上手く歩けるようになってるじゃ~ん」と 笑顔にさせるのだ。

 そんな意気込みはあるのだけれど、荷物のある時はどうしてもぴっちぃ号。

 今日は、Oちゃんが来てくれて、濡れティッシュや、インスタント飲み物や、その他諸々を膝に乗せてデイルームへ。

 デイルームで車椅子から椅子に乗り移る時も 慎重に慎重に。

 お茶を汲みに行くのも、以前の私なら

「私が行くよ」と、ぴっちぃ号に乗って、シャーっと行くんだけど、今日はOちゃんに全部やってもらった…苦笑。

 途中でトイレに行きたくなった。

 一番近いのは、ちっちゃなトイレ。

 昨日だったら使用は無理。

 でも今日は行けそうな気がしたー♪ 行ってみたら使えた~。トイレの中では苦戦したけどね。

 戻ったら「早かったじゃん」とOちゃん。

 日に日に、色んな事が楽になって来てるのを実感する。


 デイルームで友達としゃべってると、入院してる事を忘れる。

 遠方からも楽しいメールが届く。

 私が楽しく入院生活をおくれるのは、友達のお陰だ。

|

« 緊急お知らせ・追記しました | トップページ | 明日が楽しみ♪ »

病気(SLE・骨頭壊死など)」カテゴリの記事