« 手術からの日々…詳細 | トップページ | 日々、進歩 »

2012年4月24日 (火)

こんな日に限って…

 日曜日の夕方、お休みのはずのリハビリのK先生が白衣で現れた。

「月曜日なんだけど…これこれしかじかの用で休ませてもらうんだわ。他の先生に頼むけど、もし嫌だったら朝イチで僕が来てやるけど」

「これこれしかじかじゃ、無理しちゃダメだよ~!他の先生に頼んで~。ただし優しい先生ね」

 で、昨日はO先生だった。

「K先生から、こうすると痛がるから、こうやって…と言われてます」とやさしい。

 ところが、昨日は神経痛が薄らいでて私、絶好調。

「今日なら、ちょっと無理して曲げても大丈夫!」な感じ。

 こんな日に限ってK先生が居ないなんて…。

 代理のO先生は、やっぱり今までの状況を知らないから、いきなり新領域にチャレンジはしなかった。

 それにそこで記録更新したら、K先生に申し訳ないじゃんねぇ(苦笑)

 そして今日…せっかくのK先生だったのに、昨日より痛いの~!

 よって記録更新ならず。現状維持。

 それでも今まで無かった『錘をつけて膝を伸ばす』のが加わった。

 股関節自体は、どんどん違和感が無くなってるからね。

 それにしても…同じ施術でも手が違うと こんなに違うもんなんだなぁ…と 思ったことでした。

 K先生の手に慣れちゃってるんだなぁ…なんか変な想像(大笑)

 

 
 そうそう…O先生の施術を受けながら

「花桃さんって、この前のすごい嵐の日、そこを走ってなかった?どこかで見た人だなぁ…と思って見てて、今日 会って『あ、K先生の患者さんだった』と気付いたんだわ」

 ぎゃーーーーー!! 例の「春の嵐」の日の無謀な強行突破を見られていた!

 週に一度、W先生が覗いてくださる。

 必要とあらば、血液検査の結果をささっと見て来てくれる。

「Y君(R子先生)は 時々 来てるんだろ?」

「はい。ちょくちょく覗いてくださってます」

「採血もしてないな。Y君に任せておけば問題無いから」

 あら?それはR子先生に下請けって事かしら?

 これでR子先生は、正規業務のついでに私を覗く(けっこう無関係なおしゃべりもしてる)のではなく、私も晴れてR子先生の正規業務の対象になりました!

 ゆうべは、さっそくR子先生が 薬の残りを見て、次の処方の予定を立て、採血も予約してくれました。

|

« 手術からの日々…詳細 | トップページ | 日々、進歩 »

病気(SLE・骨頭壊死など)」カテゴリの記事