« 最後の夜に | トップページ | 初通院は夫付き »

2012年5月14日 (月)

帰って来たー☆

 12日、土曜日、たくさんの人の真心に包まれた入院生活を終えました。

 珍獣ちゃんとも ちゃんと笑顔で握手して来ました^^

 一ヶ月は短かった!

 いつもは退院の日、夫の車に乗った途端に「ひぃ~ん」と泣く(楽しい楽しい入院生活であっても)けれど、それも無かった。

 入院前の日常と違和感無く繋がってた。

 さすがに、この日は夫も私を「姫」扱いしてくれる。

 駐車場と部屋を二往復して、夫が荷物を運んでくれた。

 部屋もね、綺麗に掃除機がかけてあった。

 昨日の分の洗濯も済んでた。これは帰って来た私が 洗濯かごを見て「はぁ…」とため息をつくのを回避する為だね。

 ほんとにね、空っぽの洗濯かごを見たらホッとするのよ。

 どっちみち、自分が持って来た物で すぐにいっぱいになるんだけど(私も病院でできる限りの洗濯は済ませて来たよ)

 この日 運んだ大きな荷物は6個。

 「これ使わないから持って帰って」や、退院に向けて先に持って帰ってもらった物などで、和室には大きな紙袋がごろごろ。

 ふぅ…これを片付けていくわけか…。毎度の事だけど、大変だ。

「1週間くらいかけてゆっくりやるわ」と言いながらも 目につくものから片づける。

 その合間に、家の中もちらちらと点検。

 食器棚のガラスのコップのくもりを見て「うふふ…やっぱり私が居ないとこうなのよね」と密かに自己満足。

 流し台も洗面台も なんとなく薄汚れた感じがする。(こういう事は 内心 うふふ…と思うだけで口にはしない)

 でも夫がすごく頑張ってくれてたのが よーくわかる。

 夫のワイシャツ3枚に すでにアイロンがかけられてあった。

 これも退院後の私が すぐにしなくても良いようにとの心遣い。

 驚く事に、私の布団が干してあった! 冬用のシーツも洗って干してある。

 ベランダのアイビーは元気いっぱい。(2010年は枯らした)

 こういう事は いちいち「うわぁ~布団 干してくれたんだ~」「シーツも洗ってくれたんだ~」「アイロンかけてくれてあるんだ~。これで数日は 私 しなくても済むわ~」「アイビー元気じゃ~~ん。水やってくれたんだね~」と 大げさにお礼を言う。

 ただ…残念な事は、去年、医者通いして禁煙に成功した夫が 以前のように吸うようになってました…。ストレスだったんだろうな。

 土・日と過ぎてみて、もっと気付いた事。

 ゴミも分別して、月曜に出せるようにしてあって、私が気付かずに居たら、自分で持って行ってくれた。(普段は、私が「持って行ってね」と言う)

 雑誌や古新聞もすでに廃品回収に出してくれた様子。

 一ヶ月分の「はぁ…溜まってるなぁ」は 何一つ無かった。


 土曜の午後は、スカパーで広島戦を見る。

 『祝退院ゴール・勝利』があったら劇的なのにね…無かったわ。途中で私 数分寝たし。

 目が覚めて、寿人ゴールのチャンスに「打てーー!」と叫んでしまったし。

 あの時、まだ半眠りでいたら決めたかもしれない。

 夕方は美容院へ。入院直前にした白髪染めが限界だったから。用心して車椅子でね。

 夫が送迎してくれて、ついでに食料品を買って、夜は外食。

 土曜の夜は10時には起きてられなくなりました。(入院後遺症)


 日曜のお昼は 昨日買った食材でお昼を作ったよ。

 何をするにも時間が余分にかかる(汗)

 午後は、月に一度のお寺のお参りの日。

 どうせ火曜日には内科の診察で運転するんだから、お寺へ行くのに運転するなら仏様が守ってくれるでしょう! と 自分一人で運転して行った。

 右足の時でさえ、必要に迫られて早い段階で運転したけど、今回は左足だから尚更大丈夫でしょう。

 ただ乗り降りは格段に難しくなってた。

 そしてね…やっぱり仏様の御使いの助けがあるのよ。

 マンションの機械式駐車場は、操作するのにいちいち車を降りないといけない。

 でも仲良くしてるTさんが偶然 来て「降りなくていいよ」と 私に代わって操作してくれた。ありがたく甘えさせてもらった。

 お寺では椅子が満員…と思った瞬間、Eさんがキャスター付き椅子を持って来てくれて「押さえてるから」と。

 そう! 押さえて貰って無いと、今の私では座れないの。

 帰る時も、下に置いた(正確には下に投げた)バッグや松葉つえを拾って渡してくれた。

 「助けて」って言わなくても、誰か彼かが気付いてくれて手を貸してくれる。

 ありがたいことです。


 想定外だった事もある。

 安定した台に掴まって、布団からの寝起きもできると過去の経験から安易に考えてたのに、いざ寝る段になったら「あれ?ここからどうやって横になろう? 左足が内側に入っちゃうよね…」としばし固まって考える。

 同じ手術をした2号さんは、もう好きなように動いてるんだから、考えすぎなければきっとできるんだろうけど、でも私は脱臼が怖い!

 二日間の寝起きで、クッションを股に挟み、ころんと裏返ってから寝起きする技術を編み出した。(人様には見せられない)

 そしてもう一つ驚いた事。

 左右の足の長さの差が 一段と大きくなった。

Image497

 T先生は「左が長くなり過ぎないようにしたからね」とおっしゃったけど、自分の足にこれだけの差があるのは初めて見た。

 ちょっぴり泣きたくなった。鏡でよく見たら、骨盤の位置も右がかなり下がってる。

 靴の中にインソールを入れればいいかな。
 

 そうそう! 期待した体重変化は、人工関節の300グラム分を引けば、1キロは減った。

 でもね、今回は以前のような断固とした「スイーツ断ち」はしなかったのです(苦笑)

 あえて書かなかったけれど、友達が洋菓子をけっこう持って来てくれてて、食べてました~~~! 

 今日は入院前と同じ日常。

 いつものように夫を送り出して洗濯した。(時間はかかる)掃除はしない(笑)

 あちこちに連絡を入れる事もあり、やっぱり一ヶ月の空白は いろんな雑事を作りだすわ。

 

|

« 最後の夜に | トップページ | 初通院は夫付き »

病気(SLE・骨頭壊死など)」カテゴリの記事